1年高値451 円
1年安値305 円
出来高0 株
市場東証1
業種建設業
会計日本
EV/EBITDA4.7 倍
PBR0.6 倍
PSR・会予0.6 倍
ROA5.6 %
ROIC5.5 %
営利率9.8 %
決算3月末
設立日1939/6
上場日1963/10/4
配当・会予8.0 円
配当性向12.8 %
PEGレシオ-0.6 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:0.2 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:-10.8 %
純利5y CAGR・予想:-11.5 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

3【事業の内容】

 当社グループは、当社、子会社2社及び関連会社4社で構成され、鉄構建設事業及び不動産事業の二事業を主な内

容とし、更に各事業に付帯する事業活動を展開している。

 当社グループの事業に係る位置付け及びセグメント情報との関連は、次のとおりである。

 なお、次の二事業はセグメント情報に記載された区分と同一である。

鉄構建設事業……当社は立体構造物・橋梁・鉄骨・鉄塔の設計、製作、施工並びに総合建設工事の企画、設計、施工を行っており、関係会社にその一部を発注している。

不動産事業………当社は不動産の売買、管理及び賃貸借並びにこれらの仲介を行っており、その業務の一部を関係会社に委託している。

 事業の系統図は次のとおりである。

(画像は省略されました)

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの営んでいる事業の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものである。

 当社グループは、当社に事業部門を置き、連結子会社を含め鉄構建設事業に関する全社的な戦略立案とその推進を行っている。

 また、本社部門内の不動産部において不動産事業を遂行している。

 したがって、当社グループは、「鉄構建設事業」及び「不動産事業」の2つを報告セグメントとしている。

 各報告セグメントの概要は以下のとおりである。

  鉄構建設事業:立体構造物・橋梁・鉄骨・鉄塔の設計、製作、施工並びに総合建設工事の企画、設

         計、施工に関する事業

  不動産事業:不動産の売買、管理及び賃貸借並びにこれらの仲介に関する事業

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一である。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

  前連結会計年度(自平成29年4月1日  至平成30年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注1)

連結

財務諸表

計上額

(注2)

 

鉄構建設事業

不動産事業

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

29,551,420

3,804,023

33,355,443

33,355,443

セグメント間の内部売上高

29,551,420

3,804,023

33,355,443

33,355,443

セグメント利益

2,001,829

1,603,721

3,605,550

3,605,550

セグメント資産

18,785,392

14,417,444

33,202,837

18,667,887

51,870,725

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

305,054

332,978

638,033

58,735

696,769

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

669,809

1,800

671,609

65,512

737,121

(注)1.調整額は以下のとおりである。

(1)セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。

(2)有形固定資産及び無形固定資産の増加額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の設備投資額で

ある。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致している。

 

 

  当連結会計年度(自平成30年4月1日  至平成31年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注1)

連結

財務諸表

計上額

(注2)

 

鉄構建設事業

不動産事業

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

28,067,243

4,517,079

32,584,322

32,584,322

セグメント間の内部売上高

28,067,243

4,517,079

32,584,322

32,584,322

セグメント利益

1,729,152

1,466,355

3,195,508

3,195,508

セグメント資産

22,000,616

12,177,909

34,178,526

20,700,206

54,878,733

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

315,577

297,095

612,672

52,416

665,088

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

528,359

1,531

529,891

18,270

548,161

(注)1.調整額は以下のとおりである。

(1)セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。

(2)有形固定資産及び無形固定資産の増加額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の設備投資額で

ある。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致している。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自平成29年4月1日  至平成30年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略した。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

  本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載していない。

 

(2)有形固定資産

  本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載していない。

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

TDK庄内㈱

5,033,923

鉄構建設事業

東京電力パワーグリッド㈱

3,581,355

鉄構建設事業

 

当連結会計年度(自平成30年4月1日  至平成31年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略した。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

  本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載していない。

 

(2)有形固定資産

  本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載していない。

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

清水建設㈱

6,929,145

鉄構建設事業

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自平成29年4月1日  至平成30年3月31日)

該当事項なし

 

当連結会計年度(自平成30年4月1日  至平成31年3月31日)

該当事項なし

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自平成29年4月1日  至平成30年3月31日)

該当事項なし

 

当連結会計年度(自平成30年4月1日  至平成31年3月31日)

該当事項なし

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自平成29年4月1日  至平成30年3月31日)

該当事項なし

 

当連結会計年度(自平成30年4月1日  至平成31年3月31日)

該当事項なし

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。

 

(1)経営方針

当社グループは、「技術の巴」として幅広く株主及び取引先の信頼を得てきた。今後も技術的に特色のある製品及び工法を創り出すとともに、これらを品質第一、低コストで提供することを通じて社会に貢献し、お客様の信頼と満足を得ることで企業利益を確保していくことを目指している。

 

(基本戦略)

1.技術立社

2.企業体質の改善・強化

3.事業領域の拡大、新規事業の創出

4.グループ総力の結集

5.企業価値の向上

 

(企業方針)

1.創造力を発揮し、信頼と安心の技術で社会に貢献する

2.組織の総力を結集し、時代を先取りした積極的な経営を展開する

3.人を大切にし、明るく活力あふれる企業を構築する

 

(2)経営環境及び対処すべき課題

今後のわが国経済の見通しについては、各種政策による国内の需要の高まりを背景に緩やかな回復基調が持続するものと考えられるが、米国の通商問題の動向が世界経済に与える影響や金融資本市場の変動の影響には留意が必要と思われる。

当業界においては、民間設備投資と都市部の大型再開発案件、インフラの老朽化対策等が見込まれており、概ね良好な市場環境にあるものの、資材の高騰や慢性的な労働力不足、公共投資の弱含みなど、引き続き予断を許さない状況におかれるものと思われる。

当社グループとしては、このような情勢に対処するため、さらなる採算改善努力と生産性向上を推進し、「技術立社」の旗印の下、引き続き独自技術開発の推進と鉄構エンジニアリングの拡大を行い、中期経営計画『TOMOE NEXT5』の達成と次期中期経営計画を見据えた事業基盤を整備し、企業収益の向上を目指してまいる所存である。

 

 

2【事業等のリスク】

当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性のあるリスクの主な事項は以下のとおりであり、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があるものと考えている。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。

(1)建設市場の動向

官公庁事業、民間設備投資の減少があった場合には、企業間競争の激化等により、受注量、受注条件の悪化が業績等に影響を及ぼす場合がある。

(2)取引先の信用リスク

工事代金を受領する前に取引先が信用不安に陥った場合、また、下請業者等が同様の事態に陥った場合、一取引における請負金額が多額の場合も多く、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(3)資材価格、労務費の変動

原材料価格、労務費が高騰し、請負金額に反映することが困難な場合には、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(4)資産保有リスク

不動産、有価証券等の資産を保有しているため、時価の変動により、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(5)製品の欠陥

各種工事、製品において誤作、納期遅延又は瑕疵担保責任及び製造物責任による損害賠償が生じた場合には、業績等に影響を及ぼす場合がある。

 

(6)新技術の実用化

新技術を実用化する場合、不測の事態により思わぬ損害が発生し、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(7)法的規制

当社グループは、現時点における法令・諸規則等に従って業務を遂行しているが、将来的に業務に関係する法令・諸規則、実務慣行、解釈等の変更が、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(8)重大事故の発生

事業の活動にあたって、人身や各種工事、製品などに関わる重大な事故が発生した場合、業績等に影響を及ぼす場合がある。

(9)災害リスク

地震等の天災、人災により、事業の継続に思わぬ支障が発生し、業績等に影響を及ぼす場合がある。

 

2【沿革】

大正6年10月

東京・芝区琴平町に野澤一郎によって巴組鐵工所を創立、京橋区月島に工場を開設

大正12年8月

巴組鐵工所を合資会社に改組

昭和9年6月

合資会社を株式会社巴組鐵工所に改組

昭和18年8月

東京・江東区に豊洲工場建設

昭和23年4月

東京・銀座に事務所(29.5本社)開設

昭和28年6月

札幌出張所(37.4札幌支店に昇格)開設

昭和28年10月

建設業法による建設大臣登録(ハ)第874号の登録を受けた。

昭和31年2月

大阪営業所(34.11大阪支店に昇格)開設

昭和31年6月

名古屋事務所(53.6名古屋支店に昇格)開設

昭和37年5月

北海道札幌市に札幌工場建設

昭和38年10月

東京証券取引所市場第二部に株式上場

昭和39年8月

株式会社泉興産(現持分法適用関連会社)を設立

昭和40年5月

昭和41年1月

栃木県小山市に小山工場建設

株式会社野澤工業研究所(現株式会社巴技研・持分法適用関連会社)を設立

昭和41年2月

昭和45年11月

宇都宮出張所(48.10宇都宮支店に昇格)開設

株式会社大阪巴組鐵工所(株式会社OTC・連結子会社)を設立

昭和45年12月

仙台営業所(53.6仙台支店に昇格、現東北支店)開設

昭和46年6月

青森県十和田市に十和田工場建設

昭和46年9月

札幌証券取引所に株式上場

昭和46年11月

東京営業所(48.10東京支店に昇格)開設

昭和47年2月

東京証券取引所市場第一部指定

昭和49年7月

建設業法の改正による建設大臣許可(特-49)第4607号の許可を受けた。(以後3年ごとに更新)

昭和50年6月

北海道広島町(現北広島市)に広島工場(現札幌工場)建設

昭和52年10月

株式会社九州巴組(株式会社九州巴コーポレーション・連結子会社)を設立

昭和58年3月

北海道苫小牧市に苫小牧工場建設

昭和62年4月

株式会社札幌巴組鐵工所(現株式会社札幌巴コーポレーション・連結子会社)を設立

昭和63年6月

宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第3751号の免許を受けた。(以後3年ごとに更新)

平成元年3月

決算期を9月30日から3月31日に変更

平成元年6月

千葉県君津郡袖ケ浦町(現袖ケ浦市)に千葉工場(現千葉事業所)建設

平成4年4月

株式会社十和田巴組鐵工所(現株式会社東北巴コーポレーション・連結子会社)を設立

平成4年10月

商号を株式会社巴コーポレーションに、英文名をTOMOE CORPORATIONに改称

平成7年7月

建設業法の建設大臣許可(特-7)第4607号の許可(更新)を受けた。(以後5年ごとに更新)

平成9年6月

宅地建物取引業法の建設大臣免許(4)第3751号の免許(更新)を受けた。(以後5年ごとに更新)

平成14年9月

東京・江東区豊洲工場を栃木県・小山工場へ集約

平成16年6月

東京・中央区勝どきへ本社移転

平成18年4月

九州支店開設

平成19年6月

宅地建物取引業法の国土交通大臣免許を免許換えし、東京都知事免許(1)第87727号の免許を受けた。(以後5年ごとに更新)

平成24年3月

株式会社九州巴コーポレーション(連結子会社)を解散

平成27年10月

株式会社OTC(連結子会社)を解散

平成29年2月

東京・中央区月島へ本社移転

平成29年10月

創業100周年

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

平成31年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他

の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

27

32

145

54

8

4,749

5,015

所有株式数(単元)

126,857

2,992

152,487

20,865

38

104,206

407,445

18,546

所有株式数の割合(%)

31.1

0.8

37.4

5.1

0.0

25.6

100

(注)1.自己株式265,353株は、「個人その他」に2,653単元及び「単元未満株式の状況」に53株を含めて記載している。

2.「その他の法人」の中に証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれている。

3【配当政策】

利益配分については、長期的な観点から安定的配当に努め、経営基盤の充実と企業競争力の強化を図るべく内部留保の充実に留意し、業績及び将来の見通し等総合的な観点から利益還元を行うことを基本方針としている。

当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本としている。配当の決定機関は株主総会である。

当事業年度(第87期)の配当については、当期の業績及び今後の事業環境等を勘案し、普通配当6円に特別配当4円を加え、普通株式1株につき10円の配当を行うこととした。

当事業年度の剰余金の配当は次のとおりである。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

令和元年6月27日

定時株主総会決議

404,976

10

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 11名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役

社長

社長執行役員

深 沢  隆

昭和30年2月26日

昭和52年4月 当社入社

平成14年6月 当社取締役、鉄構営業部門担当兼鉄構営業第一部統括部長

平成17年7月 当社執行役員、事業開発部兼鉄構部門担当

平成18年1月 当社常務執行役員

平成19年6月 当社取締役(現任)

平成20年6月 当社鉄構部門・事業開発部担当兼事業開発部長

平成21年6月 当社専務執行役員、鉄構部門長、事業開発部担当

平成22年6月 当社副社長執行役員

平成23年6月 当社事業部門長兼営業統括

平成24年6月 当社事業部門長

平成25年6月 当社代表取締役(現任)

平成26年6月 当社代表取締役社長兼社長執行役員(現任)

令和元年6月から1年

101

代表取締役

副社長執行役員

本社部門長

住野 榮治

昭和23年7月22日

昭和46年4月 株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)入行

平成6年10月 同行溜池支店長

平成8年10月 同行シカゴ支店長

平成10年10月 同行米州本部米州営業第一部長

平成11年10月 同行九州法人営業本部長

平成13年4月 株式会社三井住友銀行法人融資第一部長

平成14年10月 泉友不動産株式会社代表取締役社長

平成17年6月 当社入社、取締役兼副社長執行役員(現任)

平成18年4月 当社本社部門長(現任)

平成18年6月 当社代表取締役(現任)

令和元年6月から1年

10

取締役

副社長執行役員

鉄構事業部長

事業開発統括

正岡 典夫

昭和29年9月23日

昭和54年4月 当社入社

平成13年7月 当社営業本部鉄構設計部副統括部長

平成15年6月 当社鉄構営業部門鉄構技術部長

平成17年8月 当社事業開発部長兼鉄構部門鉄構営業部副部長

平成19年5月 当社鉄構部門鉄構営業部長

平成20年4月 当社執行役員、鉄構部門担当兼鉄構営業部長

平成22年5月 当社鉄構部門・鉄塔技術部担当兼鉄構営業部長

平成22年10月 当社鉄構部門副部門長兼鉄構営業統括

平成23年6月 当社取締役(現任)兼常務執行役員、工場副統括兼小山工場長

平成24年6月 当社工場統括兼小山工場長

平成26年6月 当社専務執行役員

平成28年4月 当社副社長執行役員、鉄構事業部長兼事業開発統括(現任)

平成28年6月 株式会社札幌巴コーポレーション代表取締役社長(現任)

令和元年6月から1年

21

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

専務執行役員

建設事業部長

建設工事統括

皆川 宏進

昭和27年8月2日

昭和50年4月 当社入社

平成16年6月 当社建設部門建設工事部長

平成16年11月 当社執行役員、建設部門、安全部担当

平成19年5月 当社札幌支店長

平成23年6月 当社札幌支店長兼札幌事業部統括部長

平成24年4月 当社工事副統括

平成24年6月 当社工事統括

平成26年6月 当社取締役(現任)兼常務執行役員

平成28年4月 当社建設事業部長兼建設工事統括(現任)

平成30年6月 当社専務執行役員(現任)

令和元年6月から1年

 

14

取締役

専務執行役員

鉄構事業副事業部長

鉄構営業統括

西日本営業統括

髙本 敏行

昭和29年8月7日

昭和48年4月 当社入社

平成17年8月 当社鉄構部門鉄構営業部副部長

平成20年4月 当社大阪支店長

平成22年10月 当社鉄構部門鉄構営業副統括兼鉄構営業第一部長

平成23年6月 当社執行役員、事業部門営業副統括兼鉄構営業第一部長兼営業管理部長

平成24年6月 当社鉄構営業統括(現任)

平成26年6月 当社常務執行役員

平成27年6月 当社取締役(現任)

平成28年4月 当社鉄構事業副事業部長兼西日本営業統括(現任)

平成30年6月 当社専務執行役員(現任)

令和元年6月から1年

15

取締役

専務執行役員

建設事業副事業部長

建設営業統括

東日本営業統括

鈴木 信行

昭和26年5月11日

昭和47年4月 当社入社

平成17年7月 当社建設部門建設営業部長

平成19年9月 当社東北支店長

平成22年10月 当社東京支店長兼建設部門建設営業部長

平成23年6月 当社執行役員営業副統括兼東京支店長

平成24年6月 当社建設営業統括(現任)

平成26年6月 当社常務執行役員

平成28年4月 当社建設事業副事業部長兼東日本営業統括(現任)

平成28年6月 当社取締役(現任)

平成31年4月 当社専務執行役員(現任)

令和元年6月から1年

14

取締役

常務執行役員

本社部門副部門長

三木 康裕

昭和39年7月13日

昭和62年4月 株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)入行

平成21年4月 同行東京中央法人営業第三部 副部長

平成25年4月 SMBCキャピタル・マーケット(ニューヨーク)副社長

平成27年4月 アジアSMBCキャピタル・マーケット(香港)社長

平成29年9月 株式会社三井住友銀行監査部上席考査役

平成31年4月 当社入社、常務執行役員、本社部門副部門長(現任)

令和元年6月 当社取締役(現任)

令和元年6月から1年

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

常務執行役員

工場統括

小山工場長

西原 普明

昭和33年1月4日

昭和57年4月 当社入社

平成17年8月 当社小山工場生産管理部副部長

平成19年4月 当社小山工場製造部長

平成22年10月 株式会社東北巴コーポレーション代表取締役社長(現任)

平成24年3月 当社小山工場副工場長

平成27年6月 当社執行役員

平成28年4月 当社上席執行役員

平成29年4月 当社小山工場長(現任)

平成30年4月 当社常務執行役員、工場統括(現任)

令和元年6月 当社取締役(現任)

令和元年6月から1年

8

取締役

(監査等委員)

堀切 良浩

昭和34年3月1日

昭和56年4月 株式会社日本興業銀行(現株式会社みずほ銀行)入行

平成14年1月 同行大阪営業第三部第二班副参事役

平成19年4月 株式会社みずほ証券金融・公共法人営業グループ統括部長

平成20年7月 市光工業株式会社執行役員経理本部長

平成24年4月 保土谷化学工業株式会社執行役員経理部長

平成26年6月 同社取締役兼常務執行役員

平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

平成30年6月から2年

1

取締役

(監査等委員)

神谷 省次

昭和29年11月3日

昭和55年4月 当社入社

平成11年12月 当社設計本部建設設計部副統括部長

平成15年6月 当社建設部門建設営業部長

平成16年6月 当社執行役員、建設部門担当兼東京支店長兼建設営業設計部長

平成16年11月 当社常務執行役員

平成17年6月 当社取締役

平成18年4月 当社建設部門長

平成21年6月 当社専務執行役員

平成23年6月 当社事業部門副部門長兼工事統括兼設計統括

平成24年6月 当社事業部門副部門長

平成26年6月 当社取締役兼副社長執行役員

平成27年3月 株式会社泉興産代表取締役副社長

平成30年3月 同社代表取締役社長(現任)

平成30年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

平成30年6月から2年

37

取締役

(監査等委員)

羽倉 信明

昭和22年12月22日

昭和46年4月 株式会社三菱銀行(現株式会社三菱UFJ銀行)入行

平成9年5月 株式会社東京三菱銀行(現株式会社三菱UFJ銀行)理事 秋葉原支店長

平成11年5月 ダイヤモンド・ビジネス・エンジニアリング株式会社(現エム・ユー・ビジネス・エンジニアリング株式会社)取締役社長

平成12年8月 ビジョン・キャピタル・コーポレーション代表取締役社長

平成22年6月 当社社外監査役

平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

平成30年6月から2年

2

227

 

  (注)1.取締役堀切良浩、羽倉信明は、「社外取締役」である。

         2.所有株式数は、千株未満を切り捨てて表示している。

      3.当社は、監査等委員会設置会社である。監査等委員会の体制は、次のとおりである。

             委員長 堀切良浩 委員 神谷省次 委員 羽倉信明

         4.当社は執行役員制度を導入しており、令和元年6月27日現在の執行役員は以下のとおりである。

  ※は取締役兼務者である。

役名

氏名

職名

※社長執行役員

深沢  隆

 

※副社長執行役員

住野 榮治

本社部門長

※副社長執行役員

正岡 典夫

鉄構事業部長、事業開発統括、札幌担当、鋼構造工事担当

※専務執行役員

皆川 宏進

建設事業部長、建設工事統括

※専務執行役員

髙本 敏行

鉄構事業副事業部長、鉄構営業統括、西日本営業統括

※専務執行役員

鈴木 信行

建設事業副事業部長、建設営業統括、東日本営業統括

※常務執行役員

三木 康裕

本社部門副部門長

※常務執行役員

西原 普明

工場統括、小山工場長、鉄塔担当

常務執行役員

大谷 正美

鋼構造工事統括、橋梁担当

上席執行役員

岡部 哲郎

建設事業技師長

上席執行役員

山内 博文

建設営業副統括、東京支店長、東日本営業副統括

上席執行役員

梅山 俊行

工場副統括、小山工場技師長

上席執行役員

川村 和彦

建設設計統括

執行役員

野澤 善雄

鉄構事業管理部長

執行役員

大内 庸司

購買部長、総務人事担当

執行役員

笠井 昭史

建設工事副統括

執行役員

田沼 良一

鉄構営業副統括、鉄塔副担当、事業管理室長、西日本営業副統括

執行役員

松浦 晴彦

鉄塔CADセンター部長

執行役員

神崎 謙二

建設工事部長

執行役員

板橋 典幸

十和田工場長

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名である。

社外取締役堀切良浩は当社の株式を1,500株、羽倉信明は2,800株保有している。その他人的関係及び資本的関係等特別な利害関係はない。当社は、社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準を定めており、以下8項目に該当する場合、社外取締役に独立性がないものと判断している。①当社及びグループ関係者②主要な取引先の関係者③当社のメインバンクの業務執行者④役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ている者⑤社外役員の相互就任の関係者⑥当社が寄付を行っている関係者⑦主要株主(当社議決権割合の10%以上の株式を所有する者)⑧上記①から⑦に該当する者の離婚、離縁などによって親族関係が解消されていない配偶者及び二親等内の親族である者。社外取締役は当社からの独立性を有しており、一般株主との間で利益相反が生じるおそれはなく、長年の経験及び見識から、経営の健全性を確保するための有益な助言をいただくとともに経営に対する監視機能の強化を図るために選任している。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役2名は、監査等委員である。財務報告の適正性を担保する内部監査の実施結果については、内部監査担当より、会計監査人、監査等委員へ適宜報告され、問題若しくはその疑いがあった場合は、顧問弁護士等の助言、指導も踏まえ、適法性の確保に努める体制となっている。また、監査等委員は、会計監査人、監査等委員でない取締役、内部監査室その他の者から報告を受けた場合、その内容を監査等委員会に報告することとし、監査等委員会は、必要に応じて、会計監査人、監査等委員でない取締役、内部監査室その他の者に対して報告を求めることとしている。

(賃貸等不動産関係)

 当社では、東京都その他の地域において、賃貸用のオフィスビル等(土地を含む)を有している。前連結会

計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は1,020,951千円(賃貸収益は不動産事業売上高に、賃貸費

用は不動産事業売上原価に計上)である。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は

980,448千円(賃貸収益は不動産事業売上高に、賃貸費用は不動産事業売上原価に計上)である。

 また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりである。

 

 

前連結会計年度

(自 平成29年4月1日

至 平成30年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成30年4月1日

至 平成31年3月31日)

連結貸借対照表計上額 (注)1

 

 

 

期首残高       (千円)

14,548,756

12,179,925

 

期中増減額  (注)2(千円)

△2,368,830

△2,422,257

 

期末残高       (千円)

12,179,925

9,757,668

期末時価       (注)3(千円)

32,070,247

35,859,400

 

(注)1.連結貸借対照表計上額は、取得価額から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額である。

2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な減少額は、販売用不動産への振替(1,958,959千円)及び減価償却費(324,908千円)及び売却(105,362千円)である。また、当連結会計年度の主な減少額は、時価を把握することが困難な開発中の賃貸等不動産を除外したこと(2,133,178千円)及び減価償却費(289,078千円)である。

3.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいた社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書を基に、自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行ったものを含む。)である。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な

事業の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

㈱札幌巴コーポレーション

(注)2

札幌市西区

50

鉄構建設事業

100.0

(12.5)

鉄構建設事業に係る製品の加工

 

役員の兼務 1名

 

㈱東北巴コーポレーション

(注)2

青森県十和田市

80

同上

100.0

(30.0)

鉄構建設事業に係る製品の加工

 

役員の兼務 2名

(持分法適用関連会社)

㈱泉興産

(注)3

東京都中央区

360

鉄構建設事業

不動産事業

28.9

[49.4]

資材購入、建物賃貸借他

 

役員の兼務 1名

 

 

㈱巴技研

 

 

東京都中央区

100

鉄構建設事業

32.2

鉄構建設事業に係る製品(部材)の加工、技術研究委託他

 

役員の兼務 -名

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載している。

    2.議決権の所有割合の (  ) 内は、間接所有割合で内数である。

    3.議決権の所有割合の [  ] 内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっている。

【完成工事原価報告書】

 

 

前事業年度

(自平成29年4月1日

至平成30年3月31日)

当事業年度

(自平成30年4月1日

至平成31年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

材料費

 

4,386,607

16.9

4,379,692

17.6

労務費

(うち労務外注費)

 

2,777,628

(2,777,628)

10.7

(10.7)

2,256,676

(2,256,676)

9.1

(9.1)

外注費

 

14,761,453

56.8

15,096,631

60.7

経費

(うち人件費)

 

4,054,605

(2,126,386)

15.6

(8.2)

3,140,325

(2,135,211)

12.6

(8.6)

 

25,980,294

100

24,873,326

100

 

 

 

 

 

 

 (注)原価計算の方法は、個別原価計算である。

【不動産事業売上原価報告書】

 

 

前事業年度

(自平成29年4月1日

至平成30年3月31日)

当事業年度

(自平成30年4月1日

至平成31年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

不動産事業

 

 

 

 

 

土地代他

 

1,101,719

52.5

1,958,959

66.4

売却関係費用等

 

17,591

0.8

26,130

0.9

小計

 

1,119,311

53.3

1,985,089

67.3

不動産賃貸事業

 

 

 

 

 

減価償却費

 

329,115

15.7

293,360

9.9

固定資産税等

 

284,123

13.5

271,325

9.2

その他

 

367,754

17.5

400,915

13.6

小計

 

980,993

46.7

965,602

32.7

合計

 

2,100,304

100

2,950,691

100

 

 

 

 

 

 

 (注)原価計算の方法は、個別原価計算である。

※1 このうち、主要な費目及び金額は、次のとおりである。

 

前連結会計年度

(自平成29年4月1日

  至平成30年3月31日)

当連結会計年度

(自平成30年4月1日

  至平成31年3月31日)

従業員給料手当

755,977千円

707,391千円

賞与引当金繰入額

137,043

133,985

退職給付費用

43,054

38,847

役員退職慰労引当金繰入額

437

450

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度における設備投資の総額は548百万円であり、その主なものは小山工場協力業者管理棟の建設及び提出会社及び国内子会社において購入した工作機械等である。

(鉄構建設事業)

 当連結会計年度は、敷地内有効活用及び協力業者の活性化による効率改善を目的として管理棟の建設及び工場用機械設備等を中心に総額528百万円の投資を行っている。

 

(不動産事業)

 当連結会計年度は、不動産事業における設備投資は行っていない。

 

(注)「第3 設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示している。

 

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高

(千円)

当期末残高

(千円)

平均利率

(%)

返済期限

短期借入金

1年以内に返済予定の長期借入金

730,590

315,590

0.97

1年以内に返済予定のリース債務

46,435

42,623

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

2,802,670

2,987,080

1.05

令和2年~令和14年

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

108,060

75,997

令和2年~令和6年

その他有利子負債

合計

3,687,756

3,421,290

 (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載している。

2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を

連結貸借対照表に計上しているため、記載していない。

3.長期借入金及びリース債務(1年以内返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりである。

 

1年超2年以内

(千円)

2年超3年以内

(千円)

3年超4年以内

(千円)

4年超5年以内

(千円)

長期借入金

315,590

315,590

315,590

315,590

リース債務

39,572

26,877

7,908

1,639

 

 

【社債明細表】

該当事項なし

 

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値11,002 百万円
純有利子負債-6,056 百万円
EBITDA・会予2,365 百万円
株数(自己株控除後)39,579,055 株
設備投資額529 百万円
減価償却費665 百万円
のれん償却費- 百万円
研究開発費- 百万円
代表者代表取締役社長  深沢 隆
資本金3,000 百万円
住所東京都中央区月島四丁目16番13号
電話番号03(3533)5311(代表)

類似企業比較