1年高値2,593 円
1年安値2,161 円
出来高79 千株
市場東証1
業種建設業
会計日本
EV/EBITDA11.1 倍
PBR0.7 倍
PSR・会予0.9 倍
ROA2.4 %
ROIC1.4 %
営利率4.2 %
決算3月末
設立日1944/9/29
上場日1949/6/22
配当・会予104.0 円
配当性向94.0 %
PEGレシオ-5.3 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:2.5 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:-10.3 %
純利5y CAGR・予想:-10.8 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別利益率
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
会社の詳細

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

当社の事業セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象としているものである。

当社は、屋内電気工事、空調管工事、情報通信工事、配電線工事、発送変電工事の設備工事全般を受注施工しており、工事の一部については連結子会社に外注施工として発注している。当社は、設備工事業全般を行う事業場を単位として総合的なマネジメントを行っているため、「設備工事業」を事業セグメントとしている。

また、一部の連結子会社においては、工事に関連する材料・機器販売及び保険代理・賃貸等の「その他の事業」を営んでいる。

なお、量的基準より判断して、当社の報告セグメントは「設備工事業」のみとなるため、「報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法」等の記載を省略している。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  2017年4月1日  至  2018年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略した。

 

2.地域ごとの情報

(売上高)

 本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略した。

 

(有形固定資産)

 本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略した。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

  (単位:百万円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

中国電力㈱

36,850

設備工事業

 

 

 

当連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略した。

 

2.地域ごとの情報

(売上高)

 本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略した。

 

(有形固定資産)

 本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略した。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

  (単位:百万円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

中国電力㈱

34,132

設備工事業

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  2017年4月1日  至  2018年3月31日)
  報告セグメントは設備工事業のみとなるため、記載を省略した。

 

当連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

 該当事項なし

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  2017年4月1日  至  2018年3月31日)

報告セグメントは設備工事業のみとなるため、記載を省略した。

 

当連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

報告セグメントは設備工事業のみとなるため、記載を省略した。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  2017年4月1日  至  2018年3月31日)

該当事項なし

 

当連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

該当事項なし

 

※2  このうち主要な費目及び金額は、次のとおりである。

 

 

前連結会計年度

(自  2017年4月1日

至  2018年3月31日)

当連結会計年度

(自  2018年4月1日

至  2019年3月31日)

従業員給料手当

5,594

百万円

5,702

百万円

役員賞与引当金繰入額

65

 

61

 

退職給付費用

415

 

283

 

役員退職慰労引当金繰入額

57

 

62

 

貸倒引当金繰入額

△11

 

8

 

 

 

【借入金等明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期末残高
(百万円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

1,500

0.26

1年以内に返済予定の長期借入金

56

25

0.43

1年以内に返済予定のリース債務

200

176

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

323

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

412

366

 2020年~2026年

その他有利子負債

合計

992

2,067

 

 (注)1.平均利率は、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載している。

なお、リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載していない。

2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりである。

区分

1年超2年以内

2年超3年以内

3年超4年以内

4年超5年以内

長期借入金(百万円)

リース債務(百万円)

131

101

77

41

 

3.1年以内に返済予定の長期借入金の25百万円のうち17百万円は「信託型従業員持株インセンティブ・プラン」の導入に伴い、「中電工従業員株式投資会専用信託口」が借り入れたものである。当該信託が保有する株式の売却代金等相当額を返済することになっており、個々の分割返済について金額による定めはない。このため、当該借入金の期末残高を最終返済日に一括返済した場合を想定して記載している。

 

【社債明細表】

該当事項なし

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値120,129 百万円
純有利子負債-21,455 百万円
EBITDA・会予10,850 百万円
株数(自己株控除後)55,697,942 株
設備投資額- 百万円
減価償却費2,960 百万円
のれん償却費790 百万円
研究開発費240 百万円
代表者
資本金3,481 百万円
住所
電話番号

類似企業比較