1年高値395 円
1年安値230 円
出来高1,803 千株
市場東証1
業種サービス業
会計IFRS
EV/EBITDAN/A
PBR1.5 倍
PSR・会予N/A
ROAN/A
ROICN/A
β0.44
決算12月末
設立日1997/10/1
上場日2009/7/17
配当・会予0 円
配当性向0.0 %
PEGレシオN/A
売上高(百万円)&収益性(%)
売上 CAGR・実績:N/A %
利益(百万円)
営利5y CAGR・実績:-53.5 %
純利 CAGR・実績:N/A %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、連結子会社17社で構成されています。各事業における事業内容及び主要なグループ会社の位置付けは、次のとおりです。当連結会計年度より、毎日の料理を楽しみにする事業に集中することを明確にするためにセグメント名称及び開示区分の変更を行っています。

なお、次のセグメントは、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 5.セグメント情報」に掲げるセグメント区分と同一です。

 

セグメント区分

主な売上内容

主な会社

毎日の

料理を

楽しみに

する事業

国内レシピサービス会員売上

国内のプレミアムサービスの会員売上

クックパッド株式会社
CookpadTV株式会社
Cookpad Limited
Cookpad Spain, S.L.
PT COOKPAD DIGITAL INDONESIA
Cookpad MENA S.A.L.

Cookpad Rus LLC

国内レシピサービス広告売上

国内のクックパッドの広告売上

その他売上

上記以外の売上

(レベニューシェア・

海外事業・新規事業等)

 

 

 

 

[事業系統図]

 

(画像は省略されました)


 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は以下の通りです。

 

①経営成績の状況

2019年12月期連結会計年度(2019年1月1日~2019年12月31日)の業績は、以下のとおりです。

(単位:百万円)

事業別売上収益

前連結会計年度

(自  2018年1月1日

 至  2018年12月31日)

当連結会計年度

(自  2019年1月1日

 至  2019年12月31日)

前期比

 売上収益

11,876

11,753

△1.0

 営業利益

1,664

306

△81.6

 税引前当期利益

1,449

269

△81.4

親会社の所有者に帰属する
当期利益

407

△968

 

 

当社グループは「毎日の料理を楽しみにする」というミッションの下、日本のみならず世界中の料理のつくり手を増やすべく、料理に関する様々な課題解決に向けた積極的な投資を行っています。世界中の70億人の中には、すでに料理を楽しんでいる「つくり手」がたくさんいます。「つくり手」で居続けてもらうためには、料理が楽しみに、それも、毎日楽しみになる仕組みづくりが必要だと考えています。

「クックパッド」の2019年10月~12月の国内平均月間利用者数は前年同期と比較して国内は210万人減少し、5,251万人(ブラウザベースまたは端末ベースにより集計した訪問者の月間平均)、海外は164万人増加し、4,185万人(Google Analyticsにより集計した月間平均)となりました。これは主に、主要検索エンジンのアルゴリズム変更により、クックパッドレシピの表示順及び表示数に影響が発生したことによります。レシピ数については、前連結会計年度末と比較して国内投稿数は、18万品増加し323万品となりました。海外投稿数は139万品増加し352万品となり、国内の投稿レシピ数を超え、大幅に増加を続けています。なお、展開国数は74カ国、言語数は32言語(日本を含む)となっています。

当社グループは、毎日の料理が楽しみに、それも毎日楽しみになる仕組みづくりのためにCookpadTVやクックパッドマート等の新規事業への積極的な投資を行っています。また、テクノロジーを駆使した料理に関する課題解決を推進する上で重要なエンジニア・デザイナー等のサービス開発人材を国内外で積極的に採用しています。今後も長期的な企業価値の向上を目指し、邁進してまいります。

これらの結果、当連結会計年度における売上収益は11,753百万円(前期比1.0%減)となりました。これは主に国内レシピサービス広告売上が減少したことおよび、その他売上における通信キャリアとのレベニューシェア型の売上収益が減少したことによります。販売費及び一般管理費は10,367百万円(前期比8.6%増)となりました。これは主に海外の採用活動強化に伴う人件費およびそれに付随する費用と、国内の新規事業に係る費用が増加したことが要因です。また、営業利益はのれんの減損損失769百万円等の計上により306百万円(前期比81.6%減)となりました。税引前当期利益は269百万円(前期比81.4%減)、親会社の所有者に帰属する当期損失は、繰延税金資産の取り崩しによる法人所得税費用の計上に加え、2018年8月に実施したCookpadTV株式会社の第三者割当増資に伴い、子会社の損失の一部が非支配持分に帰属することにより、968百万円となりました。

 

当社グループは、「毎日の料理を楽しみにする事業」の単一セグメントでありますが、売上収益の内訳は、以下のとおりです。なお、当連結会計年度より、セグメント名称、および開示区分を変更しています。従って、前年同期の数値については組み替えをおこなっています。

 

 

前連結会計年度

(自  2018年1月1日

 至  2018年12月31日)

当連結会計年度

(自  2019年1月1日

 至  2019年12月31日)

前期比

毎日の料理を楽しみにする事業

11,876

11,753

△1.0

 

国内レシピサービス会員売上

7,156

7,378

+3.1

国内レシピサービス広告売上

3,212

3,016

△6.1

その他売上

1,506

1,358

△9.8

 

 

当連結会計年度における国内レシピサービス会員売上は7,378百万円(前期比3.1%増)となりました。これは主にプレミアムサービスの課金経路の増加や課金導線の見直し等によりユーザビリティが向上、プレミアム会員数の増加や、単価の上昇により売上収益が増加したことによります。

当連結会計年度における国内レシピサービス広告売上は3,016百万円(前期比6.1%減)となりました。これは主に食品業界における広告資源のテレビCMや店頭販促へのシフト等の影響が発生したことによります。

当連結会計年度におけるその他売上は、1,358百万円(前期比9.8%減)となりました。これは主に通信キャリアとのレベニューシェア型の売上収益が減少したこと等によります。

 

 

②財政状態の状況

(資産)

当連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ1,003百万円減少し、27,205百万円となりました。このうち、流動資産は95百万円増加し、25,412百万円となり、非流動資産は1,099百万円減少し、1,793百万円となりました。

これらの増減の主な要因は、減損損失を計上したことによりのれんが737百万円減少したこと、繰延税金資産の取り崩しにより738百万円減少したこと及び主にIFRS第16号「リース」の適用により有形固定資産が580百万円増加したことによるものです。

 

(負債)

当連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ490百万円増加し、2,383百万円となりました。このうち、流動負債は117百万円減少し、1,428百万円となり、非流動負債は607百万円増加し、955百万円となりました。

これらの増減の主な要因は、流動負債については、未払法人所得税等が770百万円減少したこと及びリース負債が385百万円増加したこと、非流動負債については、リース負債が721百万円増加したことによるものです。

 

(資本)

当連結会計期間末における資本合計は、前連結会計年度末に比べ1,493百万円減少し、24,821百万円となりました。この主な要因は、その他の資本の構成要素が207百万円増加したこと、非支配持分が384百万円減少したこと及び利益剰余金が1,316百万円減少したことによるものです。

 

 

③キャッシュ・フローの状況

当連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は、前連結会計年度末に比べ349百万円増加し、23,105百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりです。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動により獲得した資金は、1,024百万円となりました。この主な要因は、税引前当期利益269百万円、減損損失868百万円、減価償却費及び償却費602百万円を計上した一方で、法人所得税等の支払額1,486百万円が生じたことによるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動により支出した資金は、157百万円となりました。この主な要因は、有形固定資産の取得による支出109百万円が生じたことによるものです。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動により支出した資金は、420百万円となりました。この要因は、IFRS第16号「リース」の適用によりリース負債の返済による支出が生じたことによるものです。

 

④生産、受注及び販売の状況

    (生産実績)

生産に該当する事項がないため、生産実績に関する記載はしていません。

 

   (受注状況)

当社グループでは概ね受注から役務提供の開始までの期間が短いため、受注状況に関する記載を省略しています。

 

  (販売実績)

当連結会計年度の販売実績については、前述の「(1)経営成績等の状況の概要 ①「経営成績の状況」をご参照ください。

 

   なお、主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりです。

相手先

前連結会計年度

(自  2018年1月1日

至  2018年12月31日)

当連結会計年度

(自  2019年1月1日

至  2019年12月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社NTTドコモ

2,487,561

20.9

2,649,610

22.5

Apple Inc.

1,302,403

11.0

2,174,009

18.5

株式会社イーコンテクスト

1,247,585

10.5

1,269,135

10.8

KDDI株式会社

1,715,480

14.4

1,083,378

9.2

 

(注)上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。

 

①重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準(以下 「IFRS」という。)に基づき作成しています。この連結財務諸表を作成するに当たり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表注記」に記載のとおりです。

この連結財務諸表の作成に当たっては、経営者が過去の実績や取引状況を勘案し、会計基準の範囲内かつ合理的と考えられる見積り及び判断を行っている部分があり、この結果は資産・負債、収益・費用の数値に反映されています。これらの見積りについては、一部過去の実績に基づく概算数値を用いるために、不確実性が伴っており実際の結果と異なる場合があります。

 

 ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 (売上収益)

当連結会計年度における売上収益は11,753百万円(前期比1.0%減)となりました。これは主に国内レシピサービス広告売上が減少したことおよび、その他売上における通信キャリアとのレベニューシェア型の売上収益が減少したことによります。
 

 (営業利益)

当連結会計年度における営業利益は306百万円(前期比81.6%減)となりました。これは主に海外の採用活動強化に伴う人件費およびそれに付随する費用と、国内の新規事業に係る費用が増加したことに加え、のれんの減損損失を769百万円計上したことによります。

 

 (親会社の所有者に帰属する当期損失)

親会社の所有者に帰属する当期損失は、968百万円となりました。繰延税金資産の取り崩しによる法人所得税費用の計上に加え、2018年8月に実施したCookpadTV株式会社の第三者割当増資に伴い、子会社の損失の一部が非支配持分に帰属することによります。

 

 ③資本の財源及び資金の流動性についての分析

当連結会計年度のキャッシュ・フローの概況については、「(1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりです。

資金需要につきましては、当社は2017年から10年をさらなる大きな成長のための事業基盤創りに再度注力する「投資フェーズ」としており、サービス開発、ユーザーベース獲得、ブランド構築等の事業拡大のための投資を行っていく想定です。これらの資金需要は手元資金で賄うことを基本とし、必要に応じて資金調達を実施します。

 

 ④経営成績に重要な影響を与える要因について

経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりです。

 

⑤経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項は、以下の通りです。

 

(のれん)

 のれんは、日本基準ではその効果の及ぶ期間で定額償却していますが、IFRSでは償却せずに毎期減損テストを行います。この影響により、前連結会計年度においては、IFRSでは日本基準に比べてのれん償却費(販売費及び一般管理費)が154,318千円減少し、減損損失(その他の費用)が110,578千円増加しています。当連結会計年度においては、IFRSでは日本基準に比べてのれん償却費(販売費及び一般管理費)が136,738千円減少し、減損損失(その他の費用)が281,991千円増加しています。

 

(条件付対価) 

 企業結合における条件付対価について、日本基準の下では交付又は引渡が確実となった時点で認識していましたが、IFRSでは取得日時点において公正価値で認識しています。前連結会計年度において、条件付対価の取崩益が発生したことにより、IFRSでは日本基準に比べてその他の収益が99,218千円増加しています。当連結会計年度はありません。

 

(表示の組替)

 日本基準では、金融収益、費用を除くその他の営業外損益と特別損益項目は営業損益に含まれませんが、IFRSでは、これらの項目も営業損益に含まれています。

 

 

5.セグメント情報

(1) 報告セグメントの概要

報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営会議が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。事業セグメントは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成単位です。

当社グループは、商品・サービス別の事業部及び子会社を置き、各事業部及び子会社は、取り扱う商品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しています。

したがって、当社グループは、事業部及び子会社を基礎とした商品・サービス別のセグメントから構成されており、「毎日の料理を楽しみにする事業」を報告セグメントとしています。

当社グループは、毎日の料理を楽しみにする事業の単一セグメントとなるため、「事業分野ごとの収益、損益及びその他項目」、「主要な製品及び役務からの収益」の記載を省略しています。また、提供している製品及びサービス並びに収益の額については、注記「26.売上収益」に記載の通りです。

 

(2) 地域別に関する情報

国内収益とされた外部顧客からの売上収益が、連結損益計算書の売上収益の大部分を占めるため、地域別の売上収益の記載を省略しています。また、国内の非流動資産が、連結財政状態計算書の非流動資産の金額の大部分を占めるため、地域別の非流動資産(金融資産及び繰延税金資産を除く)の記載を省略しています。

 

(3) 主要な顧客に関する情報

主要顧客に対する売上収益の内訳は、以下のとおりです。

 

 

 

(単位:千円)

 

関連する

報告セグメント名

前連結会計年度

(自  2018年1月1日

  至  2018年12月31日)

当連結会計年度

(自  2019年1月1日

  至  2019年12月31日)

(株)NTTドコモ

毎日の料理を楽しみにする事業

2,487,561

2,649,610

Apple Inc.

毎日の料理を楽しみにする事業

1,302,403

2,174,009

(株)イーコンテクスト

毎日の料理を楽しみにする事業

1,247,585

1,269,135

KDDI(株)

毎日の料理を楽しみにする事業

1,715,480

1,083,378

 

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)会社の経営の基本方針

当社は、「毎日の料理を楽しみにする」という企業理念に基づいて、レシピサービス「クックパッド」を運営し、日本のみならず世界中の料理のつくり手の「料理」に関する様々な課題解決にむけて事業展開を行っています。個人と社会と地球が抱える様々な課題を、料理をとおして見つけ、考え、解決し、これからの時代にふさわしい豊かさをつくっていくことを「クックパッド」の使命と考え、会社の経営の基本方針としています。

 

 (2) 目標とする経営指標

当社は2017年から10年をさらなる大きな成長のための事業基盤創りに再度注力する「投資フェーズ」としており、サービス開発、ユーザーベース獲得、ブランド構築等の事業拡大のための投資を行っていくため、中長期的な財務数値を前提とした経営指標は特に設けていません。
 

(3)対処すべき課題

当社グループは、「毎日の料理を楽しみにする」というミッションの達成に向けて、ITテクノロジーを駆使し料理に関する課題解決を行うためのサービス開発に注力していきます。国内・海外において対処すべき課題は、以下のとおりです。

 

 ① 国内

国内の「クックパッド」は、2019年の直近四半期(10月~12月)の月間平均利用者数が5,200万人(ブラウザベースまたは端末ベースにより集計した訪問者数の月間平均)を超えるユーザーがアクセスするサービスに成長していますが、今後想定される人口の減少や、多様化するユーザーニーズを勘案すれば、右肩上がりに伸ばしていくことは難しい状況です。さらに成長するためには、頻度を高くアクセスするコアユーザーの獲得に加え、毎日の料理が楽しみになる仕組みづくりのための新規事業への投資が必要と認識しています。

 

 ② 海外

海外の「クックパッド」は、2019年の直近四半期(10月~12月)の月間平均利用者数が4,185万人(Google Analyticsにより集計した月間平均)と増加しており、展開国数は74ヵ国となりました。100ヵ国No.1を達成するためには、レシピコミュニティの活性化及び認知度向上、各国の慣習、文化やニーズに応じたサービス提供に取り組むことが必要と認識しています。


 

 

2 【事業等のリスク】

以下において、当社グループの事業の状況及び経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因と考えられる主な事項及びその他投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しています。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針ですが、当社の株式に関する投資判断は、本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えています。

なお、以下の記載のうち将来に関する事項は、特段の記載がない限り、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、不確実性を内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。

 

1. 事業内容に係わるリスク要因について

(1) 「クックパッド」への依存について

当社グループは、レシピの投稿及び検索を中心としたサービスである「クックパッド」を運営しています。当社グループの事業は、「クックパッド」を基盤としているため、利用者の様々なニーズに対応するための機能拡充が順調に進まないこと、予期せぬ事象が発生すること等によりサービスの利便性が低下し、利用者数が減少した場合やサービス運営が不能となった場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(2) 「クックパッド」等の有料サービスの代金回収における特定事業者への依存について

当社グループでは、「クックパッド」等の有料サービスの利用料金の回収について、携帯キャリアやモバイルアプリケーションの配信プラットフォーマー等に回収代行業務を委託しています。これらの会社が回収代行の手数料率や利用者への販売価格の価格テーブルを変更等した場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(3) サービスの健全性の維持について

「クックパッド」では、不特定多数の利用者同士が独自にコミュニケーションを図っており、こうしたコミュニケーションにおいて、他人の知的財産権、名誉、プライバシー、その他の権利等の侵害、その他不適切な投稿がなされる危険性が存在しています。
 このため、禁止事項を利用規約に明記するとともに、利用規約に基づいた利用がされていることを確認するためにユーザーサポート体制を整備し、利用規約に違反した利用者に対しては、ユーザーサポートから改善要請等を行っており、一定の健全性は維持されているものと認識しています。
 しかしながら、急速な利用者数の増加による規模拡大に対して、サービス内における不適切行為の有無等を完全に把握することは困難であり、サービス内においてトラブルが発生した場合には、規約の内容に関わらず、当社が法的責任を問われる可能性があります。また、当社の法的責任が問われない場合においても、トラブルの発生自体がサービスのブランドイメージ悪化を招き、当該事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(4) 「クックパッド」利用者の投稿コンテンツの利用について

当社グループでは、「クックパッド」利用者が投稿したコンテンツを、その事業において利用する場合があります。この場合において、当社グループは必要に応じて投稿コンテンツのオリジナル性を確認するとともに、投稿コンテンツの利用に関する投稿者の意思を確認する等の適切性及び適法性確保のための手続きを行っています。投稿コンテンツに権利侵害等の疑いまたは風評問題が発生した場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(5) 新規事業展開について

当社グループは、「毎日の料理を楽しみにする」というミッションの下、料理を中心とした様々な新規事業の展開を目指しています。しかしながら、新規事業の展開にあたってはその性質上、市場環境等の変化により、計画通りに利益を確保できない可能性があります。このような事態が発生し、新規事業を計画通りに展開できなかった場合には、投資の回収が困難になり、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

 

(6) 国際事業展開について

当社グループは、世界中の人々に利用されるレシピサービスの提供を目指し、グローバルに事業展開を行っています。しかしながら、各国の法令、制度・規制、政治・社会情勢、文化、宗教、ユーザー嗜好、商慣習の違い、為替等をはじめとする潜在的リスクに対処出来ないこと等により事業を推進していくことが困難となった場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(7) 技術革新について

当社グループが事業を展開するインターネット業界においては、事業に関連する技術革新のスピードや顧客ニーズの変化が速く、それに基づく新技術の導入が相次いで行われています。当社グループは、これらの変化に対応するため、技術者の確保や必要な研究活動を行っています。これらが想定通りに進まない場合等、変化に対する適切な対応ができなかった場合には、当社グループの業界における競争力が低下し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(8) システム障害について

「クックパッド」へのアクセスの急増等の一時的な過負荷や電力供給の停止、ソフトウェアの不具合、コンピューターウィルスや外部からの不正な手段によるコンピューターへの侵入、自然災害、事故等、当社グループの予測不可能な様々な要因によってコンピューターシステムに障害が発生した場合には、当社グループの事業活動に支障が生ずる可能性があります。また、コンピューターシステムの作動不能や欠陥に起因して、当社グループの信頼が失墜し取引停止等に至る場合や当社に対する損害賠償請求が発生する場合も想定され、このような場合には当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(9) 競合について

「クックパッド」は、料理レシピの投稿及び検索サービスとして利用者の獲得において先行しているものと認識しています。しかしながら、今後、資本力、マーケティング力、幅広い顧客基盤、高い知名度や専門性を有する企業等の参入及びそのサービス拡大が生じ、競争の激化による顧客の流出やコストの増加等により、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
 このような環境において、今後も優位性を発揮し、企業価値の維持向上が図れるか否かについては不確実な面があるため、競合他社や競合サービスの影響により、当社グループの競争優位性が低下した場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

2.経営成績及び財政状態に影響を及ぼすリスク要因について

(1) コーポレートブランドの価値毀損について

当社グループは、コーポレートブランドの価値がユーザーの信頼確保、ユーザー基盤の拡大、当社サービスの利用促進に貢献していると考えています。したがって、コーポレートブランドに対する否定的な評判・評価がインターネット等を通じて世間に流布される場合には、当社グループのブランド価値が低下し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(2) 法的規制等について

当社グループは、インターネットを活用して事業を展開しております。そのため、今後、インターネットの利用自体やインターネット関連サービス又はインターネット関連事業を営む事業者を規制対象として、新たな法令等の制定や既存法令等の解釈変更等がなされた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(3) 知的財産権に係る方針等について

当社グループによる第三者の知的財産権侵害については、その発生を防ぐべく調査その他の対応を行っていますが、その解釈の違い等、第三者の知的財産権侵害の可能性は完全に排除されているとは言えません。第三者の知的財産権を侵害した場合においては、当社グループが損害賠償請求や差止請求等、または当社グループに対するロイヤリティの支払要求等を受けることにより、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(4) 個人情報保護について

「クックパッド」等では個人情報を取得利用しているため、当社グループは「個人情報の保護に関する法律」、「欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)」、その他の法令に基づき、個人情報保護に関する義務を課されています。当社グループは、個人情報の外部漏洩の防止はもちろん、不適切な利用、改ざん等の防止のため、個人情報の管理を事業運営上の重要事項と捉え、保護管理体制の確立に努めており、当社において個人情報管理規程等を制定し、個人情報の取り扱いに関する業務フローを定めて厳格に管理するとともに、当社グループの役職員を対象として社内教育を徹底する等、同法及び関連法令並びに当社に適用される関連ガイドラインの遵守に努め、個人情報の保護に積極的に取り組んでいます。
 しかしながら、当社グループが保有する個人情報等につき漏洩、改ざん、不正使用等を生じる可能性が完全に排除されているとは言えません。したがって、これらの事態が起こった場合には、適切な対応を行うための相当なコストの負担、損害賠償による損失、社会的信用やブランドイメージの低下によって、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(5) 情報漏えいについて

当社グループは、業務に関連して多数の機密情報を保有しています。情報セキュリティ教育や、アクセス制御等の情報セキュリティ管理体制の整備を通じ、人的・物理的・技術的対策を講じていますが、これら対策にかかわらず、機密情報の漏えいが生じた場合には、適切な対応を行うための相当なコストの負担、損害賠償による損失、社会的信用やブランドイメージの低下によって、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(6) 人材の確保及び育成について

当社グループは、事業拡大に伴い、継続した人材の確保が必要であると考えています。特に利用者向けサービスの構築及び運用面においては高度な技術スキルを有する人材が要求されることから、サービス構築のために必要な人材を適切に確保するとともに、育成を行っていく必要があります。また将来を担う人材として、毎年継続的に新卒者を採用する方針です。
 しかしながら、当社グループが求める優秀な人材の確保や育成が計画通り進まなかった場合、及び既存の人材が社外流出した場合には、競争力の低下や事業拡大の制約要因が生じる可能性があり、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(7) M&Aについて

当社グループがM&Aを実施した場合、被買収企業との融合又は提携先との関係構築・強化が予定通り進捗しない場合、統合又は提携により当初想定した事業のシナジー効果等が得られない場合等、投資に要した資金、時間その他の負担に見合った利益を回収できない可能性があり、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループでは、国際会計基準に基づいて当該事象に伴い発生した相当額ののれんを連結財政状態計算書に計上します。当該のれんについては、将来の収益力を適正に反映していますが、事業の展開等が計画通りに進まない場合、国際会計基準に基づいたのれんの減損処理を行う必要が生じ、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(8) 当社と大株主との関係について

当社の創業者である佐野陽光(以下「佐野氏」といいます。)は、当社の取締役兼執行役であり、かつ、当社の議決権の43.36%を保有している大株主でもあります。したがって、佐野氏は、株主総会や取締役会等を通じ、役員の選解任を含む当社の意思決定に重要な影響を及ぼしうる立場にあります。今後佐野氏の当社の経営に関する考え方に変更が生じた場合等には、当社グループの事業戦略に重要な影響を与える可能性があります。

 

(9) 自然災害について

当社グループの主たる拠点は東京都内にあり、当地域内において、地震、津波等の大規模災害が発生したことにより被害を受けた場合、事業を円滑に運営できなくなる可能性があり、当社グループ事業及び業績に重要な影響を与える可能性があります。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

1997年10月

神奈川県藤沢市にて有限会社コイン(現・クックパッド株式会社)を設立。

1998年3月

料理レシピの検索・投稿インターネットサービスである「kitchen@coin」を開始。

1999年6月

「kitchen@coin」から「クックパッド」へサービス名を変更。

2004年9月

「クックパッド」のプレミアムサービスを開始。

2004年9月

有限会社コインからクックパッド株式会社へ組織変更。

2007年7月

指名委員会等設置会社へ移行。

2009年7月

東京証券取引所マザーズに株式を上場。

2011年12月

東京証券取引所の市場第一部に市場変更。

2013年6月

「クックパッド」のプレミアムサービスの会員数が100万人を突破。

2014年1月

アメリカ子会社Cookpad Inc.(現・連結子会社)を通じてアメリカのレシピサービス運営会社ALLTHECOOKS, LLC(2016年4月Cookpad Inc.に吸収合併)を孫会社化。以後海外展開を本格的に開始。

2014年9月

本社を東京都渋谷区恵比寿に移転。

2016年12月

英国のCookpad Limitedを海外事業の全てを統括する第二本社と位置付け、海外子会社の再編を実施。

 

 

 

 

(5) 【所有者別状況】

2019年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数  100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

18

31

132

133

103

46,595

47,012

所有株式数
(単元)

86,884

18,486

39,405

177,990

863

750,481

1,074,109

18,500

所有株式数
の割合(%)

8.09

1.72

3.67

16.57

0.08

69.87

100.00

 

(注)  自己株式3,961株は、「個人その他」に39単元及び「単元未満株式の状況」に61株を含めて記載しています。

 

 

3 【配当政策】

当社は、2017年からの10年をさらなる大きな成長のための事業基盤創りに再度注力する「投資フェーズ」としています。従って、事業上獲得した資金をサービス開発、ユーザーベース獲得、ブランド構築等の事業拡大のための投資に充当することを優先するため、剰余金の配当は行わない方針です。

 

 

(2) 【役員の状況】

男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率11%)

(1) 取締役の状況

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

佐  野  陽  光

1973年5月1日生

1997年10月

㈲コイン(現 当社)設立

2004年9月

当社代表取締役

2007年7月

当社代表執行役兼取締役

2012年5月

当社取締役兼執行役

2012年7月

当社取締役(現任)

2016年3月

当社執行役(現任)

2016年6月

Cookpad Limited(U.K.) Director (現任)

(注)3

46,582,800

取締役

岩  田 林 平

1974年3月22日生

1996年4月

㈱三和銀行(現 ㈱三菱UFJ銀行)入行

1999年4月

日本輸出入銀行(現 ㈱国際協力銀行)出向

2005年9月

マッキンゼー・アンド・カンパニー インコーポレイテッド・ジャパン入社

2013年4月

同社プリンシパル(パートナー)

2016年2月

当社執行役

2016年3月

当社取締役(現任)

2016年3月

当社代表執行役(現任)

(注)3

取締役

北 川   徹

1960年8月4日生

1983年4月

兼松江商㈱ (現 兼松㈱)入社

1999年11月

日本通信㈱入社 経営企画室長

2001年2月

日本ボルチモアテクノロジーズ㈱入社 財務担当上席執行役員

2002年1月

リーバイ・ストラウス ジャパン㈱入社 ファイナンスコントローラー

2006年9月

スターバックス コーヒー ジャパン㈱入社   CFO/オフィサー

2016年3月

当社取締役(現任)

2017年6月

KOA㈱社外取締役(現任)

2018年3月

㈱カヤック社外取締役(現任)

(注)3

7,800

取締役

柳 澤 大 輔

1974年2月19日生

1996年4月

㈱ソニー・ミュージックエンターテインメント入社

1998年8月

㈾カヤック 設立 無限責任社員

2005年1月

㈱カヤック 設立 代表取締役

2014年12月

同社代表取締役CEO(現任)

2015年9月

㈱テー・オー・ダブリュー社外取締役

(現任)

2016年3月

当社取締役(現任)

2019年10月

INCLUSIVE㈱社外取締役(現任)

(注)3

16,600

取締役

伊 賀 泰 代

1963年4月6日生

1986年4月

日興證券㈱ (現 SMBC日興証券㈱) 入社

1993年6月

カリフォルニア大学バークレー校経営大学院修士号取得

1993年8月

マッキンゼー・アンド・カンパニー インコーポレイテッド・ジャパン入社

1998年5月

同社採用マネージャー

2010年12月

組織・人事コンサルタントとして独立

2017年3月

当社取締役(現任)

(注)3

10,400

46,617,600

 

(注) 1.当社は指名委員会等設置会社であり、「指名委員会」、「報酬委員会」及び「監査委員会」の3委員会を設置しています。

2.北川徹、柳澤大輔、伊賀泰代は社外取締役です。

3.2020年3月24日開催の定時株主総会の終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までです。

 

(2) 執行役の状況

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表執行役

岩  田 林 平

1974年3月22日生

「(1) 取締役の状況」に記載しています。

(注)1

執行役

佐  野  陽  光

1973年5月1日生

「(1) 取締役の状況」に記載しています。

(注)1

46,582,800

執行役

犬 飼 茂利男

1973年2月2日生

1995年10月

朝日監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)入所

2007年7月

ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン(有)入社

2011年11月

㈱ベンチャーリパブリック入社

2016年7月

当社入社 財務担当VP、財務本部長

2016年11月

同社執行役(現任)

(注)1

7,000

執行役

保 田 朋 哉

1975年11月6日生

1999年4月

住友商事㈱入社

2008年4月

マッキンゼー・アンド・カンパニー インコーポレイテッド・ジャーマニー入社

2011年7月

当社入社 新規事業開発室長

2012年8月

同社フーズマーケット事業部部長

2013年8月

同社社長室海外事業担当

2015年9月

Cookpad Limited(U.K.) Director (現任)

2016年4月

当社海外事業担当VP、海外事業本部長(現任)

2016年11月

同社執行役(現任)

(注)1

15,000

執行役

成 田 一 生

1984年1月5日生

2008年4月

ヤフー㈱入社

2010年4月

当社入社

2013年5月

同社インフラストラクチャー部部長

2016年4月

同社エンジニアリング・研究開発担当VP、技術本部長

2016年11月

同社執行役(現任)

(注)1

5,065

執行役

福 﨑 康 平

1991年2月5日生

2014年2月

コーチ・ユナイテッド㈱入社

2016年2月

同社 代表取締役就任

2018年1月

当社入社 

2018年5月

買物事業部部長

2019年1月

買物事業部本部長(現任)

2020年1月

同社執行役(現任)

(注)1

46,609,865

 

(注) 1.2020年3月24日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終了後最初の取締役会の終結の時までです。

2.代表執行役である岩田林平、執行役である佐野陽光は、当社取締役を兼任しています。

 

①社外取締役と当社との関係

当社は、3名の社外取締役を選任しています。社外取締役には、その経験に裏付けされた高次の視点から、当社経営の監督を行うことを期待しており、その役割を担うに相応しい人格、識見及び専門的経験を備えているかを総合的に検討して、十分にその能力がある者を選任しています。なお、当社では、社外取締役を選任するための独立性に関する基準は特段設けていませんが、豊富な知識、経験に基づき客観的な視点から当社の経営等に対し、適切な意見を述べる者を選任しています。

併せて、社外取締役には、当社からの独立性を有している者を含めて選任することとしています。

また、本書提出日現在において、北川徹氏は当社の株式を7,800株、柳澤大輔氏は当社の株式を16,600株、伊賀泰代氏は当社の株式を10,400株所有しています。これらの関係以外に社外取締役と当社との間にその他利害関係はありません。

 

 

4 【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の所有

(又は被所有)

割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

CookpadTV株式会社

日本 東京

100百万円

料理動画事業

50.9

営業上の取引

役員の兼務2名

Cookpad Limited 
(注)

英国 ブリストル

83,995千ポンド

海外子会社の統括とレシピサービスの開発及び運営

100.0

営業上の取引
役員の兼務1名

Cookpad Spain, S.L.
(注)

スペイン アリカンテ

8,703千ユーロ

レシピサービスの開発及び運営

100.0

役員の兼務1名

PT COOKPAD DIGITAL INDONESIA

インドネシア共和国

300千米ドル

レシピサービスの開発及び運営

100.0

役員の兼務1名

Cookpad MENA S.A.L.

レバノン共和国

70,000千

レバノンポンド

レシピサービスの開発及び運営

100.0

役員の兼務1名

 Cookpad Rus LLC

ロシア連邦

10千ルーブル

レシピサービスの開発及び運営

100.0

役員の兼務1名

その他11社

 

 

 

 

 

 

 

(注) 特定子会社に該当します。

 

※2  販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度13.2%、当事業年度11.5%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度86.8%、当事業年度88.5%です。

販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。

 

前事業年度

(自  2018年1月1日

至  2018年12月31日)

当事業年度

(自  2019年1月1日

至  2019年12月31日)

給料手当

2,200,595

千円

3,043,208

千円

売上手数料

858,752

 〃

972,010

 〃

減価償却費

202,161

 〃

203,490

 〃

貸倒引当金繰入額

△223

 〃

△267

 〃

 

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において実施した設備投資(無形固定資産を含む)の総額は166百万円であり、その主なものは、サービス開発に係る器具備品等の取得です。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値13,007 百万円
純有利子負債-22,551 百万円
EBITDA・会予N/A
株数(自己株控除後)107,425,389 株
設備投資額166 百万円
減価償却費603 百万円
のれん償却費N/A
研究開発費N/A
代表者代表執行役    岩田  林平
資本金5,286 百万円
住所東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号
会社HPhttps://cookpad.com/

類似企業比較