宝ホールディングス【2531】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2018/6/282018/12/172019/6/272020/6/26
外国人保有比率10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満
親会社
役員数9人9人9人9人
社外役員数2人2人3人3人
役員数(定款)10人10人10人10人
役員任期1年1年1年1年
社外役員の選任選任している選任している選任している選任している
買収防衛××
※以下の文中における記載は平成28年6月29日時点の情報に基づくものであります。 【当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)について】  当社は、平成19年6月28日開催の当社第96回定時株主総会における株主の皆様のご承認により、当社及び当社グループの企業価値、ひいては、株主の皆様の共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として、当社取締役会の事前の賛同を得ずに行われる当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)を導入いたしました。  その後、平成22年6月29日開催の当社第99回定時株主総会及び平成25年6月27日開催の当社第102回定時株主総会において、買収防衛策の一部変更及び継続についてそれぞれ株主の皆様のご承認をいただきましたが、買収防衛策の有効期間は、平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会の終結の時までとなっているため、平成28年5月9日開催の当社取締役会において、買収防衛策の一部変更及び継続を決議いたしました。  そして、平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会において、大規模買付者が買収防衛策に定める大規模買付ルールを遵守しなかった場合の対抗措置としての新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を、当社取締役会に委任する旨の議案が承認され、一部変更後の買収防衛策の効力が発生いたしました。  以下は買収防衛策の概要であり、その全文(日本語版のみ)につきましては、当社ウェブサイト(https://www.takara.co.jp/)掲載の平成28年5月9日付「当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)の一部変更及び継続に関するお知らせ」をご参照願います。 <当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)の概要> 1.当社の株主共同の利益の確保・向上に関する取り組み (1) 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下「基本方針」といいます。)  当社は、上場会社として、当社株式の売買は原則として市場における株主及び投資家の皆様の自由な判断に委ねるべきものであると考えており、当社株式を取得することにより当社の経営支配権を獲得しようとする者に対して、株主の皆様が、当社株式の売却を行うか否かについても、最終的には当社株式を保有する株主の皆様の判断によるものと考えております。  また、当社は、特定の株主グループが当社の経営支配権を取得することになったとしても、そのこと自体により直ちに企業価値、ひいては、株主の皆様の共同の利益(以下、単に「株主共同の利益」といいます。)が害されるということはなく、反対に、それが結果的に当社の株主共同の利益の最大化に資することもあり得るため、そのような場合であれば、特定の株主グループが当社の経営支配権を取得することを拒むものではありません。  一方で、当社及び当社グループ(以下、総称して「当社グループ」といいます。)は、「自然との調和を大切に、発酵やバイオの技術を通じて人間の健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献します」という企業理念の下、日本伝統の酒造りの発酵技術と最先端のバイオ技術の革新を通じて、食生活や生活文化、ライフサイエンスにおける新たな可能性を探求し、新たな価値を創造し続けることによって、社会への貢献を果たしてまいりました。  また、グループとしての企業価値の向上を一層追求するため、平成14年には、酒類・食品事業(現:酒類・調味料事業)を主たる事業領域とする宝酒造グループと、バイオ事業を主たる事業領域とするタカラバイオグループを傘下に置く持株会社体制に移行しました。その後、平成18年には、宝酒造グループの機能性食品事業とタカラバイオグループの健康志向食品事業とのシナジーを最大化するため、グループ内の事業を再編し、健康食品事業を推進する宝ヘルスケア株式会社を設立しました。このように、当社は持株会社として、それぞれの事業会社グループの独自性と自立性を確保しながら、グループ全体の経営を調整、統括することにより、最大限の事業成果を追求してまいりました。このような取り組みを通じて、当社グループは、酒類・調味料事業を安定的な収益基盤とし、バイオ事業と健康食品事業という有望な将来性のある成長事業を有する独自の強固な事業ポートフォリオを築いてきましたが、この事業ポートフォリオをベースに、国内はもとより海外においても事業を伸ばし、さらに環境変化に強いバランスのとれた事業構造を確立するため、平成23年には、10年間の長期経営ビジョン「宝グループ・ビジョン2020」を策定しました。「宝グループ・ビジョン2020」では、「国内外の強みを活かせる市場で事業を伸ばし、環境変化に強いバランスのとれた事業構造を確立する」ことを経営目標に、技術に裏付けられた安心・安全な商品やサービスを世界中にお届けするとともに、医療の進歩に貢献し、世界の人々の暮らしを豊かなものにしていくことを通じて、当社グループの企業価値の向上を目指しております。  以上のような状況において、当社は、当社グループの経営にあたっては、事業会社グループの主たる事業である酒類・調味料事業とバイオ事業、健康食品事業という異なるビジネスモデルを持つ各事業に関する高度な専門知識と豊富な経験が必要であり、また、当社グループをとりまく国内外のあらゆるステークホルダーとの間に築かれた信頼関係が不可欠であると考えております。これらの諸要素こそが、当社グループの企業価値の源泉となっているため、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、将来にわたる株主共同の利益の確保、向上を追求する前提において、このような関係性を十分理解する必要があると考えております。  また、当社株式を大規模に買付け、当社の経営支配権を獲得しようとする者の中には、真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、ただ株価をつり上げて、高値で株式等を会社関係者に引き取らせる目的で買付けを行う者(いわゆるグリーンメイラー)等の濫用目的を持って当社株式を取得しようとしていると考えられる者や、最初の買付けで全株式の買付けの勧誘をすることなく、二段階目の買付条件を不利に設定し(あるいは明確にしないで)、買付けを行うことにより、当社株主の皆様に事実上売却を強要しようとする者(いわゆる二段階強圧的買収)等、株主共同の利益を害することが明らかな者が含まれている場合もありますが、そのような者が、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者となることが適当でないことは、明白であると考えております。  当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方について以上のように考えており、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として相応しくない者が現れた場合に対する一定の備えを設ける必要があると考えております。 (2) 基本方針に則って当社が取り組んでいる将来にわたる株主共同の利益の向上策  当社グループは、基本方針を実現するために、「酒類・調味料事業で安定的な収益をあげ、健康食品事業を将来の成長事業に育成し、バイオ事業(特に遺伝子医療事業分野)で大きく飛躍する」という方向性に基づいて事業を推進し、企業価値の持続的な向上に取り組んでおります。  なお、各セグメントの主な戦略は以下のとおりです。 ●宝酒造グループ(酒類・調味料事業):  当社グループの中核である宝酒造グループは、焼酎、清酒、ソフトアルコール飲料や調味料、原料用アルコールなど、技術で差異化されたオリジナリティのある製品を製造し、日本国内のみならずグローバルに販売することで、安定したキャッシュフローを創出するとともに、海外では日本食レストラン向けに和食の食材・調味料などを販売する海外日本食材卸事業の拡大を通じ、日本の食文化を世界に広めることで、持続的な成長を実現する。 ●タカラバイオグループ(バイオ事業):  当社グループの成長を担うタカラバイオグループは、収益基盤であるバイオ産業支援事業において、バイオ研究者向けの試薬・機器の製造・販売や、遺伝子・細胞プロセッシングセンターを中核拠点としたバイオ医薬品や再生医療等製品などの製造開発支援サービス(CDMO)事業を拡大させることで、安定的な利益を創出する。また、健康食品素材の開発やキノコの栽培・販売などの医食品バイオ事業を第二の収益事業として育成する。同時に、これらの事業から得た収益を遺伝子医療事業に投入し、遺伝子治療の商業化に向けた臨床開発プロジェクトを積極的に推進することで将来キャッシュフローの最大化を目指す。 ●宝ヘルスケア(健康食品事業):  宝ヘルスケアは、ガゴメ昆布「フコイダン」やボタンボウフウ「イソサミジン」など、タカラバイオの研究に裏付けられた独自素材やその技術を活かした安心・安全な健康食品を開発し、通信販売やBtoB市場での販売を拡大することで、当社グループの成長事業として確立できるよう、事業基盤の構築を進める。  また、当社グループは、企業としての社会的責任を果たし、当社グループを取り巻く様々なステークホルダーから信頼されることによって、持続的な企業価値の向上が可能になると考えています。このような認識の下、当社グループでは、コーポレート・ガバナンスの充実を重要な経営課題と捉え、以下の体制のもと、「宝ホールディングス コーポレートガバナンスポリシー」を定め、株主や投資家の皆様との積極的な対話や、取締役会を中心とした最適なガバナンス体制の構築などに取り組んでおります。  具体的には、平成28年6月29日現在、当社は、9名の取締役(うち2名は会社法第2条第15号に定める社外取締役)で構成される取締役会のほか、監査役制度を採用しております。5名の監査役のうち3名は会社法第2条第16号に定める社外監査役であり、当社の監査役は、取締役会等の重要会議への出席や重要書類の調査を通じて、取締役の意思決定状況や職務執行の適法性を監査しています。また、経営環境への迅速な対応、取締役の経営責任の明確化のために、取締役の任期は1年としております。なお、平成28年6月29日現在、社外取締役2名及び社外監査役1名の計3名を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。  以上のとおり、当社グループは、将来にわたり株主共同の利益を最大化するために、基本方針に則った取り組みに基づき、日々の事業活動を行っております。 2.本プラン導入・継続の目的  当社は、前記1.(1)のとおり、株主共同の利益を確保し、又は向上させるために基本方針を設けているところ、基本方針に照らして相応しくない者によって、財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止し、もって、株主共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として、当社取締役会の事前の賛同を得ずに行われる当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)(以下「本プラン」といいます。)を策定することが望ましいと考えております。  また、株主の皆様が、当社取締役会の事前の賛同を得ずに一定程度の経営支配権の異動が生じ得るような買付行為が行われる場合において、当該買付行為に応じて当社株式を売却するか否かの判断を行う際には、必要十分な情報の提供を受け、かつ、一定の検討期間が確保された熟慮の上で意思決定を行うことが可能となる体制を確保することが、株主共同の利益を確保し、又は向上することに資するものと考えております。  さらには、特定の株主グループの買付行為に対して対抗措置(詳細は、後記3-4.(3)をご参照願います。)の発動を行う場合には、当社取締役会による恣意的な判断を可及的に排除するため、大規模買付者(後記3-1.において定義します。以下同じとします。)が3-3.記載の大規模買付ルールを遵守しなかった場合を除き、対抗措置発動の是非を株主の皆様にご判断いただくこととし、当社株主総会を開催し、新株予約権無償割当てに関する事項の決定に係る議案をお諮りすることとします。このように、対抗措置の発動にあたって株主の皆様の意思を反映することは、株主共同の利益の確保、又は向上に資するものと考えております。  このような考えに基づき、当社は、平成19年5月15日開催の当社取締役会において、本プランの内容を決議し、同年6月28日開催の当社第96回定時株主総会において、株主の皆様のご承認をいただき、本プランを導入しました。  その後、平成28年6月29日現在までの間に、当社の経営支配権を獲得しようとしているか否かに関わらず、本プランの適用可能性があるような、当社株式を大規模に買付け、又は買付けようとする者の存在を特に認識してはおりませんが、将来において、そのような者が現れる可能性は依然として否定できません。  そこで、株主共同の利益を害する買付行為から株主共同の利益を保護し、当社株主の皆様が、経営支配権の異動が生じ得る場面において、必要十分な情報及び一定の検討期間に基づいて、ある買付行為に応じて当社株式を売却するか否かを判断すること及び当該買付行為に対して対抗措置を発動することの是非を判断することができるよう、本プランを継続します。  なお、本プランの継続にあたっては、本プランの導入以後の大規模な買付行為への対応方針に関する議論の動向等を踏まえ、大規模買付ルールに則った一連の手続に関する客観性及び合理性をより一層担保するため、並びに大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する当社取締役会の判断の客観性及び合理性をさらに担保するため、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置することの他、所要の変更を行います。 3.本プランの概要 3-1..本プランの適用の要件 (1) 大規模買付者による大規模買付行為に適用されるものとします。 ア 大規模買付行為 ⇒特定株主グループ(注1)の議決権割合(注2)を20%以上とすることを目的とする当社株券等(注3)の買付行為又は結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となるような当社株券等の買付行為(当社取締役会が事前に賛同の意思を表明した買付行為は除く。) イ 大規模買付者 ⇒大規模買付行為を行おうとする者 (2) 大規模買付者は、大規模買付行為を行うに当たり、大規模買付ルールを遵守しなければならないものとします。 (注1)「特定株主グループ」とは、<1>当社の株券等(金融商品取引法(昭和23年4月13日法律25号。その後の改正を含みます。以下同じとします。)第27条の23第1項に規定する株券等をいいます。)の保有者(同法第27条の23第1項に規定する保有者をいい、同条第3項に基づき保有者に含まれる者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者を含みます。)及びその共同保有者(同法第27条の23第5項に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づき共同保有者とみなされる者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者を含みます。)、又は<2>当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいいます。)の買付け等(同法第27条の2第1項に規定する買付け等をいい、取引所金融商品市場において行われるものを含みます。)を行う者及びその特別関係者(同法第27条の2第7項に規定する特別関係者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者をいいます。)を意味し、以下同じとします。 (注2)「議決権割合」とは、<1>特定株主グループが、前記(注1)の<1>の記載に該当する場合は、当社の株券等の保有者の株券等保有割合(金融商品取引法第27条の23第4項に規定する株券等保有割合をいいます。この場合においては、当該保有者の共同保有者の保有株券等の数(同項に規定する保有株券等の数をいいます。)も計算上考慮されるものとします。)をいい、<2>特定株主グループが、前記(注1)の<2>の記載に該当する場合は、当社の株券等の買付け等を行う者及びその特別関係者の株券等所有割合(同法第27条の2第8項に規定する株券等所有割合をいいます。)の合計をいい、以下同じとします。 (注3)「株券等」とは、金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等又は同法第27条の2第1項に規定する株券等のいずれかに該当するものを意味し、以下同じとします。 3-2.独立委員会の設置 (1) 概要  大規模買付ルールに則った一連の手続に関する客観性及び合理性をより一層担保するため、並びに大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する当社取締役会の判断の客観性及び合理性をさらに担保するため、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置し、下記(3)の事項に係る検討及び当社取締役会に対する勧告を行うこととします。 当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重し、大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の判断、株主意思確認株主総会の招集手続その他の対応を行うこととします。 (2) 独立委員会の構成  独立委員会の委員は、当社が別途定める「社外役員の独立性判断基準」を満たした、当社経営陣から独立している社外取締役、社外監査役及び弁護士、公認会計士その他の公正な社外有識者の中から選任し、その人数は3名以上とします。本プランの継続時における独立委員会の委員は、当社の社外取締役又は社外監査役の3名によって構成されます。 (3) 独立委員会の役割 ア 必要情報の十分性の検討及び取締役会への勧告 イ 変更買付提案がなされた場合における必要情報としての十分性及び新たな検討期間を設けることの検討並びに取締役会への勧告 ウ 買付提案に対する対抗措置発動の必要性・相当性に係る取締役会への勧告 エ 大規模買付ルール不遵守の場合における対抗措置発動の可否に係る取締役会への勧告 オ 取締役会が独立委員会に諮問した事項についての検討及び取締役会への勧告 3-3.大規模買付ルールの内容 (1) 大規模買付ルール<1> 大規模買付者は、当社取締役会に対して、事前に大規模買付行為に関する必要十分な情報を提出すること ア 大規模買付者から当社取締役会に対して提出を求めるもの ■意向表明書 ⇒名称、住所、設立準拠法、代表者の氏名、国内連絡先及び大規模買付者の行う大規模買付行為(以下「買付提案」といいます。)の概要並びに大規模買付ルールを遵守する旨を記載した当社所定の書面 ■必要情報 ⇒意向表明書受領日の翌日から5営業日以内に、当社取締役会が大規模買付者に対して交付する必要情報リストに基づいて提出を要する情報(必要情報リストに基づいて提出を求める情報は、当社株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のために必要な情報に限定されるものとします。大規模買付者が外国語によって作成された書面を提出する場合には、全文について日本語訳を添付しなければならないものとし、かつ、日本語の書面をもって正本とみなします。) イ 必要情報の十分性についての判断  大規模買付者から情報が提出された場合、当社取締役会は、独立委員会からの勧告を最大限尊重しつつ、大規模買付者から提出された情報が当社株主の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のための必要情報として十分であるか否かについての検討を行い、必要情報として十分ではないと判断した場合には、大規模買付者に対して、改めて必要な情報を提出するよう求めるものとします。 当社株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のための必要情報として十分な情報が提出された日を検討期間(当社取締役会が、買付提案の評価検討を行う期間である、検討期間開始日から最大30営業日以内の間をいいます。以下同じとします。)の開始日(以下「検討期間開始日」といいます。)として、買付提案についての検討を開始します。なお、検討期間開始日は、必要情報リストに基づいて大規模買付者から最初の情報提供があった日(以下「初回情報提供日」といいます。)から最大30営業日以内とし、必要情報として十分な情報が揃わない場合であっても初回情報提供日から30営業日が経過したときは、直ちに検討期間を開始するものとします。また、初回情報提供日から30営業日が経過する前であっても、必要情報として十分な情報が提出された場合には、直ちに検討期間を開始するものとします。 (2) 大規模買付ルール<2> (a) すべての大規模買付者は、検討期間開始日から30営業日を上限とする当社取締役会による買付提案の評価検討が終了するまでは、大規模買付行為を開始してはならないこと (b) 株主意思確認株主総会が開催される場合には、株主意思確認株主総会が終了するまでは、大規模買付行為を開始してはならないこと ア 当社取締役会及び独立委員会による検討  当社取締役会は、検討期間の間、大規模買付者から受領した必要情報等に基づき、買付提案が、当社の株主共同の利益を確保し、又は向上することに資するか否かを検討し、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について決議を行い、当該決議の結果を公表するものとします。 当社取締役会は、対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する決議に先立ち、独立委員会に対して、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について諮問します。独立委員会は、買付提案及び大規模買付者から提出を受けた必要情報を検討し、買付提案に対して対抗措置を発動することの必要性・相当性の有無について、当社取締役会に対し、検討期間内に勧告を行うものとし、当社取締役会は、その決議にあたり、独立委員会の勧告を最大限尊重することとします。 大規模買付者は、当社取締役会による買収提案の評価検討が終了し、当社取締役会が、対抗措置発動の必要性・相当性がなく、対抗措置発動を株主意思確認株主総会に付議する必要がないと判断し、その旨決議して公表するまで、大規模買付行為を開始してはならないものとします。 イ 株主意思確認株主総会の開催  検討期間開始日から30営業日を上限とする当社取締役会の評価検討の結果、当社取締役会が、対抗措置発動の必要性・相当性があると判断し、その旨を決議して公表した場合(以下、公表を行った日を「検討期間終了日」といいます。)、新株予約権の無償割当てに関する事項の決定に係る議案を付議するために、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催するものとします。なお、事務手続上の理由から、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催できない場合は、遅滞なく準備を進め、事務手続き上可能かつ合理的な最も早い営業日において開催するものとします。 株主意思確認株主総会が開催される場合、大規模買付者は、当該株主意思確認株主総会が終了するまでは、大規模買付行為を開始することができないものとします。 (3) 買付提案が変更された場合  当社取締役会は、大規模買付者が、検討期間開始日以降に、買付提案について変更を行った場合には、必要に応じて、変更後の買付提案(以下「変更買付提案」といいます。)に係る必要情報の提供を求めることとし、必要情報として十分な情報の提出があった日を新たな検討期間開始日として検討を開始します。なお、変更買付提案に係る検討期間開始日は、大規模買付者から変更買付提案に係る最初の情報提供があった日から最大30営業日以内とします。当社取締役会は、上記(2)アと同様に、検討期間開始日から最大30営業日以内の検討期間の間、変更買付提案を検討し、独立委員会の勧告を最大限尊重して、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について決議を行い、当該決議の結果を公表するものとします。 3-4.大規模買付者への対応 (1) 大規模買付ルールが遵守された場合 ■当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置発動の必要性・相当性がないと判断した場合 ⇒大規模買付者は、当社取締役会の決議の結果の公表後から大規模買付行為を開始することができます。 ■当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置発動の必要性・相当性があると判断した場合 ⇒大規模買付者に対する対抗措置を発動するか否かの判断を株主の皆様が行うために、原則として検討期間終了後60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催するものとします(事務手続上の理由から、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催できない場合は、遅滞なく準備を進め、事務手続上可能かつ合理的な最も早い営業日において開催するものとします。)。 ⇒株主意思確認株主総会において、新株予約権の無償割当てに関する事項に係る議案が可決された場合には本プランに基づく対抗措置を発動し、否決された場合には本プランに基づく対抗措置を発動しないものとします。 (2) 大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合 ⇒大規模買付ルールに明白に違反していることが明らかとなった時点で対抗措置を発動するものとします(なお、対抗措置発動の可否について、独立委員会の勧告を最大限尊重するものとします。)。 (3) 対抗措置の内容 一定の者の行使を制限する行使条件、取得条項等が付された新株予約権の無償割当てを行うものとします。 4.株主及び投資家の皆様に与える影響等 (1) 本プランの導入時において株主及び投資家の皆様に与える影響  導入時点では株主及び投資家の皆様の権利関係への影響はございません。 (2) 株主意思確認株主総会を開催する場合において株主及び投資家の皆様に与える影響  株主意思確認株主総会で議決権を行使できる株主の皆様を確定するために一定の日を基準日として公告しますので、基準日の最終の株主名簿に株主として記録される必要がある点にご留意下さい。 (3) 対抗措置の発動時において株主及び投資家の皆様に与える影響  新株予約権の無償割当てを受けた株主の皆様が、所定の行使期間内に、権利行使を行わなかった場合、他の株主様による本新株予約権の行使により議決権比率及び経済的価値が低下することになります(ただし、取得条項に基づく取得の結果として当社普通株式が交付される場合、議決権比率の低下は生じないことになります。)。もっとも、大規模買付者が大規模買付行為を撤回した等の事情により、新株予約権の行使期間開始日前日までに、当社が新株予約権の無償取得を行う場合等には、当社株式の価格が少なからず変動することがあります。 (4) 対抗措置の発動時において株主の皆様に必要となる手続  株主の皆様において特段の手続は不要ですが、割当基準日における最終の株主名簿に記録された株主の皆様が、新株予約権無償割当ての効力発生日において、当然に新株予約権者となるため、割当基準日における株主名簿に株主として記録されている必要があります。 (5) 当社による本新株予約権の取得に伴って必要となる手続  当社が、当社取締役会が定める一定の日において、本新株予約権を取得する際には、株主の皆様に、自身が大規模買付者に該当しないことを証する書面等の提出を求める場合がございます。 5.本プランの合理性 (1) 買収防衛策に関する指針等の要件を充足していること  経済産業省及び法務省が平成17年5月27日付けで公表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」に定められた三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を完全に充足しており、企業価値研究会が平成20年6月30日付けで公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容も踏まえたものとなっております。また、会社法及び金融商品取引法等の各種法令、その他金融商品取引所が定める規則に合致しております。 (2) 株主共同の利益の確保・向上を目的として導入するものであること  本プランは、当社グループの株主共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として導入するものであり、株主の皆様が必要十分な情報及び一定の検討期間に基づいて、買付提案に応じるか否か、あるいは、対抗措置の発動に賛成するか否かを判断できる仕組となっています。 (3) 株主の皆様の意思を反映するものであること  本プランは、平成19年6月28日開催の当社第96回定時株主総会において、新株予約権の無償割当ての決定機関に関する定款変更案及び新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を当社取締役会に委任する旨の議案が承認されたことをもって導入されており、その導入に株主の皆様の意思が反映されています。また、平成22年6月29日開催の当社第99回定時株主総会、平成25年6月27日開催の当社第102回定時株主総会及び平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会において、それぞれ新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を当社取締役会に委任する旨の議案の承認を受けて継続されており、その継続にも株主の皆様の意思が反映される仕組となっております。また、実際に大規模買付者が登場した際に、大規模買付者に対して対抗措置を発動する場合には、株主意思確認株主総会において、その是非を株主の皆様が判断することとしており、株主の皆様の意思が十分に反映できる内容となっています。 (4) デットハンド型やスロー・ハンド型ではないこと  本プランは、取締役会の構成員の過半数が交代した場合には、廃止することができるものであり、いわゆるデットハンド型の買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。また、当社の取締役の任期は1年となっており、いわゆるスロー・ハンド型(取締役の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止しにくい買収防衛策)の買収防衛策ではありません。 (5) 独立委員会の意見を尊重すること  当社取締役会が買付提案に対する対抗措置の発動等に関する判断をするに際しては、当社が別途定める「社外役員の独立性判断基準」を満たした、当社経営陣から独立している社外取締役、社外監査役及び弁護士、公認会計士その他の公正な社外有識者のみで構成される独立委員会へ諮問し、同委員会の判断を最大限尊重することとされており、本プランの運用の客観性及び合理性が確保されていると考えております。 6.本プランの有効期間及び改廃手続  本プランの有効期間は、平成31年に開催される当社定時株主総会の終結の時までとします。  本プランは、当社取締役会又は株主総会の決議に基づいて廃止することができるものとします。
※以下の文中における記載は平成28年6月29日時点の情報に基づくものであります。 【当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)について】  当社は、平成19年6月28日開催の当社第96回定時株主総会における株主の皆様のご承認により、当社及び当社グループの企業価値、ひいては、株主の皆様の共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として、当社取締役会の事前の賛同を得ずに行われる当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)を導入いたしました。  その後、平成22年6月29日開催の当社第99回定時株主総会及び平成25年6月27日開催の当社第102回定時株主総会において、買収防衛策の一部変更及び継続についてそれぞれ株主の皆様のご承認をいただきましたが、買収防衛策の有効期間は、平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会の終結の時までとなっているため、平成28年5月9日開催の当社取締役会において、買収防衛策の一部変更及び継続を決議いたしました。  そして、平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会において、大規模買付者が買収防衛策に定める大規模買付ルールを遵守しなかった場合の対抗措置としての新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を、当社取締役会に委任する旨の議案が承認され、一部変更後の買収防衛策の効力が発生いたしました。  以下は買収防衛策の概要であり、その全文(日本語版のみ)につきましては、当社ウェブサイト(https://www.takara.co.jp/)掲載の平成28年5月9日付「当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)の一部変更及び継続に関するお知らせ」をご参照願います。 <当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)の概要> 1.当社の株主共同の利益の確保・向上に関する取り組み (1) 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下「基本方針」といいます。)  当社は、上場会社として、当社株式の売買は原則として市場における株主及び投資家の皆様の自由な判断に委ねるべきものであると考えており、当社株式を取得することにより当社の経営支配権を獲得しようとする者に対して、株主の皆様が、当社株式の売却を行うか否かについても、最終的には当社株式を保有する株主の皆様の判断によるものと考えております。  また、当社は、特定の株主グループが当社の経営支配権を取得することになったとしても、そのこと自体により直ちに企業価値、ひいては、株主の皆様の共同の利益(以下、単に「株主共同の利益」といいます。)が害されるということはなく、反対に、それが結果的に当社の株主共同の利益の最大化に資することもあり得るため、そのような場合であれば、特定の株主グループが当社の経営支配権を取得することを拒むものではありません。  一方で、当社及び当社グループ(以下、総称して「当社グループ」といいます。)は、「自然との調和を大切に、発酵やバイオの技術を通じて人間の健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献します」という企業理念の下、日本伝統の酒造りの発酵技術と最先端のバイオ技術の革新を通じて、食生活や生活文化、ライフサイエンスにおける新たな可能性を探求し、新たな価値を創造し続けることによって、社会への貢献を果たしてまいりました。  また、グループとしての企業価値の向上を一層追求するため、平成14年には、酒類・食品事業(現:酒類・調味料事業)を主たる事業領域とする宝酒造グループと、バイオ事業を主たる事業領域とするタカラバイオグループを傘下に置く持株会社体制に移行しました。その後、平成18年には、宝酒造グループの機能性食品事業とタカラバイオグループの健康志向食品事業とのシナジーを最大化するため、グループ内の事業を再編し、健康食品事業を推進する宝ヘルスケア株式会社を設立しました。このように、当社は持株会社として、それぞれの事業会社グループの独自性と自立性を確保しながら、グループ全体の経営を調整、統括することにより、最大限の事業成果を追求してまいりました。このような取り組みを通じて、当社グループは、酒類・調味料事業を安定的な収益基盤とし、バイオ事業と健康食品事業という有望な将来性のある成長事業を有する独自の強固な事業ポートフォリオを築いてきましたが、この事業ポートフォリオをベースに、国内はもとより海外においても事業を伸ばし、さらに環境変化に強いバランスのとれた事業構造を確立するため、平成23年には、10年間の長期経営ビジョン「宝グループ・ビジョン2020」を策定しました。「宝グループ・ビジョン2020」では、「国内外の強みを活かせる市場で事業を伸ばし、環境変化に強いバランスのとれた事業構造を確立する」ことを経営目標に、技術に裏付けられた安心・安全な商品やサービスを世界中にお届けするとともに、医療の進歩に貢献し、世界の人々の暮らしを豊かなものにしていくことを通じて、当社グループの企業価値の向上を目指しております。  以上のような状況において、当社は、当社グループの経営にあたっては、事業会社グループの主たる事業である酒類・調味料事業とバイオ事業、健康食品事業という異なるビジネスモデルを持つ各事業に関する高度な専門知識と豊富な経験が必要であり、また、当社グループをとりまく国内外のあらゆるステークホルダーとの間に築かれた信頼関係が不可欠であると考えております。これらの諸要素こそが、当社グループの企業価値の源泉となっているため、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、将来にわたる株主共同の利益の確保、向上を追求する前提において、このような関係性を十分理解する必要があると考えております。  また、当社株式を大規模に買付け、当社の経営支配権を獲得しようとする者の中には、真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、ただ株価をつり上げて、高値で株式等を会社関係者に引き取らせる目的で買付けを行う者(いわゆるグリーンメイラー)等の濫用目的を持って当社株式を取得しようとしていると考えられる者や、最初の買付けで全株式の買付けの勧誘をすることなく、二段階目の買付条件を不利に設定し(あるいは明確にしないで)、買付けを行うことにより、当社株主の皆様に事実上売却を強要しようとする者(いわゆる二段階強圧的買収)等、株主共同の利益を害することが明らかな者が含まれている場合もありますが、そのような者が、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者となることが適当でないことは、明白であると考えております。  当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方について以上のように考えており、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として相応しくない者が現れた場合に対する一定の備えを設ける必要があると考えております。 (2) 基本方針に則って当社が取り組んでいる将来にわたる株主共同の利益の向上策  当社グループは、基本方針を実現するために、「酒類・調味料事業で安定的な収益をあげ、健康食品事業を将来の成長事業に育成し、バイオ事業(特に遺伝子医療事業分野)で大きく飛躍する」という方向性に基づいて事業を推進し、企業価値の持続的な向上に取り組んでおります。  なお、各セグメントの主な戦略は以下のとおりです。 ●宝酒造グループ(酒類・調味料事業):  当社グループの中核である宝酒造グループは、焼酎、清酒、ソフトアルコール飲料や調味料、原料用アルコールなど、技術で差異化されたオリジナリティのある製品を製造し、日本国内のみならずグローバルに販売することで、安定したキャッシュフローを創出するとともに、海外では日本食レストラン向けに和食の食材・調味料などを販売する海外日本食材卸事業の拡大を通じ、日本の食文化を世界に広めることで、持続的な成長を実現する。 ●タカラバイオグループ(バイオ事業):  当社グループの成長を担うタカラバイオグループは、収益基盤であるバイオ産業支援事業において、バイオ研究者向けの試薬・機器の製造・販売や、遺伝子・細胞プロセッシングセンターを中核拠点としたバイオ医薬品や再生医療等製品などの製造開発支援サービス(CDMO)事業を拡大させることで、安定的な利益を創出する。また、健康食品素材の開発やキノコの栽培・販売などの医食品バイオ事業を第二の収益事業として育成する。同時に、これらの事業から得た収益を遺伝子医療事業に投入し、遺伝子治療の商業化に向けた臨床開発プロジェクトを積極的に推進することで将来キャッシュフローの最大化を目指す。 ●宝ヘルスケア(健康食品事業):  宝ヘルスケアは、ガゴメ昆布「フコイダン」やボタンボウフウ「イソサミジン」など、タカラバイオの研究に裏付けられた独自素材やその技術を活かした安心・安全な健康食品を開発し、通信販売やBtoB市場での販売を拡大することで、当社グループの成長事業として確立できるよう、事業基盤の構築を進める。  また、当社グループは、企業としての社会的責任を果たし、当社グループを取り巻く様々なステークホルダーから信頼されることによって、持続的な企業価値の向上が可能になると考えています。このような認識の下、当社グループでは、コーポレート・ガバナンスの充実を重要な経営課題と捉え、以下の体制のもと、「宝ホールディングス コーポレートガバナンスポリシー」を定め、株主や投資家の皆様との積極的な対話や、取締役会を中心とした最適なガバナンス体制の構築などに取り組んでおります。  具体的には、平成28年6月29日現在、当社は、9名の取締役(うち2名は会社法第2条第15号に定める社外取締役)で構成される取締役会のほか、監査役制度を採用しております。5名の監査役のうち3名は会社法第2条第16号に定める社外監査役であり、当社の監査役は、取締役会等の重要会議への出席や重要書類の調査を通じて、取締役の意思決定状況や職務執行の適法性を監査しています。また、経営環境への迅速な対応、取締役の経営責任の明確化のために、取締役の任期は1年としております。なお、平成28年6月29日現在、社外取締役2名及び社外監査役1名の計3名を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。  以上のとおり、当社グループは、将来にわたり株主共同の利益を最大化するために、基本方針に則った取り組みに基づき、日々の事業活動を行っております。 2.本プラン導入・継続の目的  当社は、前記1.(1)のとおり、株主共同の利益を確保し、又は向上させるために基本方針を設けているところ、基本方針に照らして相応しくない者によって、財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止し、もって、株主共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として、当社取締役会の事前の賛同を得ずに行われる当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)(以下「本プラン」といいます。)を策定することが望ましいと考えております。  また、株主の皆様が、当社取締役会の事前の賛同を得ずに一定程度の経営支配権の異動が生じ得るような買付行為が行われる場合において、当該買付行為に応じて当社株式を売却するか否かの判断を行う際には、必要十分な情報の提供を受け、かつ、一定の検討期間が確保された熟慮の上で意思決定を行うことが可能となる体制を確保することが、株主共同の利益を確保し、又は向上することに資するものと考えております。  さらには、特定の株主グループの買付行為に対して対抗措置(詳細は、後記3-4.(3)をご参照願います。)の発動を行う場合には、当社取締役会による恣意的な判断を可及的に排除するため、大規模買付者(後記3-1.において定義します。以下同じとします。)が3-3.記載の大規模買付ルールを遵守しなかった場合を除き、対抗措置発動の是非を株主の皆様にご判断いただくこととし、当社株主総会を開催し、新株予約権無償割当てに関する事項の決定に係る議案をお諮りすることとします。このように、対抗措置の発動にあたって株主の皆様の意思を反映することは、株主共同の利益の確保、又は向上に資するものと考えております。  このような考えに基づき、当社は、平成19年5月15日開催の当社取締役会において、本プランの内容を決議し、同年6月28日開催の当社第96回定時株主総会において、株主の皆様のご承認をいただき、本プランを導入しました。  その後、平成28年6月29日現在までの間に、当社の経営支配権を獲得しようとしているか否かに関わらず、本プランの適用可能性があるような、当社株式を大規模に買付け、又は買付けようとする者の存在を特に認識してはおりませんが、将来において、そのような者が現れる可能性は依然として否定できません。  そこで、株主共同の利益を害する買付行為から株主共同の利益を保護し、当社株主の皆様が、経営支配権の異動が生じ得る場面において、必要十分な情報及び一定の検討期間に基づいて、ある買付行為に応じて当社株式を売却するか否かを判断すること及び当該買付行為に対して対抗措置を発動することの是非を判断することができるよう、本プランを継続します。  なお、本プランの継続にあたっては、本プランの導入以後の大規模な買付行為への対応方針に関する議論の動向等を踏まえ、大規模買付ルールに則った一連の手続に関する客観性及び合理性をより一層担保するため、並びに大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する当社取締役会の判断の客観性及び合理性をさらに担保するため、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置することの他、所要の変更を行います。 3.本プランの概要 3-1..本プランの適用の要件 (1) 大規模買付者による大規模買付行為に適用されるものとします。 ア 大規模買付行為 ⇒特定株主グループ(注1)の議決権割合(注2)を20%以上とすることを目的とする当社株券等(注3)の買付行為又は結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となるような当社株券等の買付行為(当社取締役会が事前に賛同の意思を表明した買付行為は除く。) イ 大規模買付者 ⇒大規模買付行為を行おうとする者 (2) 大規模買付者は、大規模買付行為を行うに当たり、大規模買付ルールを遵守しなければならないものとします。 (注1)「特定株主グループ」とは、<1>当社の株券等(金融商品取引法(昭和23年4月13日法律25号。その後の改正を含みます。以下同じとします。)第27条の23第1項に規定する株券等をいいます。)の保有者(同法第27条の23第1項に規定する保有者をいい、同条第3項に基づき保有者に含まれる者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者を含みます。)及びその共同保有者(同法第27条の23第5項に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づき共同保有者とみなされる者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者を含みます。)、又は<2>当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいいます。)の買付け等(同法第27条の2第1項に規定する買付け等をいい、取引所金融商品市場において行われるものを含みます。)を行う者及びその特別関係者(同法第27条の2第7項に規定する特別関係者及び当社取締役会がこれに該当すると認めた者をいいます。)を意味し、以下同じとします。 (注2)「議決権割合」とは、<1>特定株主グループが、前記(注1)の<1>の記載に該当する場合は、当社の株券等の保有者の株券等保有割合(金融商品取引法第27条の23第4項に規定する株券等保有割合をいいます。この場合においては、当該保有者の共同保有者の保有株券等の数(同項に規定する保有株券等の数をいいます。)も計算上考慮されるものとします。)をいい、<2>特定株主グループが、前記(注1)の<2>の記載に該当する場合は、当社の株券等の買付け等を行う者及びその特別関係者の株券等所有割合(同法第27条の2第8項に規定する株券等所有割合をいいます。)の合計をいい、以下同じとします。 (注3)「株券等」とは、金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等又は同法第27条の2第1項に規定する株券等のいずれかに該当するものを意味し、以下同じとします。 3-2.独立委員会の設置 (1) 概要  大規模買付ルールに則った一連の手続に関する客観性及び合理性をより一層担保するため、並びに大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する当社取締役会の判断の客観性及び合理性をさらに担保するため、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置し、下記(3)の事項に係る検討及び当社取締役会に対する勧告を行うこととします。 当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重し、大規模買付者に対する対抗措置発動の必要性・相当性の判断、株主意思確認株主総会の招集手続その他の対応を行うこととします。 (2) 独立委員会の構成  独立委員会の委員は、当社が別途定める「社外役員の独立性判断基準」を満たした、当社経営陣から独立している社外取締役、社外監査役及び弁護士、公認会計士その他の公正な社外有識者の中から選任し、その人数は3名以上とします。本プランの継続時における独立委員会の委員は、当社の社外取締役又は社外監査役の3名によって構成されます。 (3) 独立委員会の役割 ア 必要情報の十分性の検討及び取締役会への勧告 イ 変更買付提案がなされた場合における必要情報としての十分性及び新たな検討期間を設けることの検討並びに取締役会への勧告 ウ 買付提案に対する対抗措置発動の必要性・相当性に係る取締役会への勧告 エ 大規模買付ルール不遵守の場合における対抗措置発動の可否に係る取締役会への勧告 オ 取締役会が独立委員会に諮問した事項についての検討及び取締役会への勧告 3-3.大規模買付ルールの内容 (1) 大規模買付ルール<1> 大規模買付者は、当社取締役会に対して、事前に大規模買付行為に関する必要十分な情報を提出すること ア 大規模買付者から当社取締役会に対して提出を求めるもの ■意向表明書 ⇒名称、住所、設立準拠法、代表者の氏名、国内連絡先及び大規模買付者の行う大規模買付行為(以下「買付提案」といいます。)の概要並びに大規模買付ルールを遵守する旨を記載した当社所定の書面 ■必要情報 ⇒意向表明書受領日の翌日から5営業日以内に、当社取締役会が大規模買付者に対して交付する必要情報リストに基づいて提出を要する情報(必要情報リストに基づいて提出を求める情報は、当社株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のために必要な情報に限定されるものとします。大規模買付者が外国語によって作成された書面を提出する場合には、全文について日本語訳を添付しなければならないものとし、かつ、日本語の書面をもって正本とみなします。) イ 必要情報の十分性についての判断  大規模買付者から情報が提出された場合、当社取締役会は、独立委員会からの勧告を最大限尊重しつつ、大規模買付者から提出された情報が当社株主の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のための必要情報として十分であるか否かについての検討を行い、必要情報として十分ではないと判断した場合には、大規模買付者に対して、改めて必要な情報を提出するよう求めるものとします。 当社株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のための必要情報として十分な情報が提出された日を検討期間(当社取締役会が、買付提案の評価検討を行う期間である、検討期間開始日から最大30営業日以内の間をいいます。以下同じとします。)の開始日(以下「検討期間開始日」といいます。)として、買付提案についての検討を開始します。なお、検討期間開始日は、必要情報リストに基づいて大規模買付者から最初の情報提供があった日(以下「初回情報提供日」といいます。)から最大30営業日以内とし、必要情報として十分な情報が揃わない場合であっても初回情報提供日から30営業日が経過したときは、直ちに検討期間を開始するものとします。また、初回情報提供日から30営業日が経過する前であっても、必要情報として十分な情報が提出された場合には、直ちに検討期間を開始するものとします。 (2) 大規模買付ルール<2> (a) すべての大規模買付者は、検討期間開始日から30営業日を上限とする当社取締役会による買付提案の評価検討が終了するまでは、大規模買付行為を開始してはならないこと (b) 株主意思確認株主総会が開催される場合には、株主意思確認株主総会が終了するまでは、大規模買付行為を開始してはならないこと ア 当社取締役会及び独立委員会による検討  当社取締役会は、検討期間の間、大規模買付者から受領した必要情報等に基づき、買付提案が、当社の株主共同の利益を確保し、又は向上することに資するか否かを検討し、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について決議を行い、当該決議の結果を公表するものとします。 当社取締役会は、対抗措置発動の必要性・相当性の有無に関する決議に先立ち、独立委員会に対して、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について諮問します。独立委員会は、買付提案及び大規模買付者から提出を受けた必要情報を検討し、買付提案に対して対抗措置を発動することの必要性・相当性の有無について、当社取締役会に対し、検討期間内に勧告を行うものとし、当社取締役会は、その決議にあたり、独立委員会の勧告を最大限尊重することとします。 大規模買付者は、当社取締役会による買収提案の評価検討が終了し、当社取締役会が、対抗措置発動の必要性・相当性がなく、対抗措置発動を株主意思確認株主総会に付議する必要がないと判断し、その旨決議して公表するまで、大規模買付行為を開始してはならないものとします。 イ 株主意思確認株主総会の開催  検討期間開始日から30営業日を上限とする当社取締役会の評価検討の結果、当社取締役会が、対抗措置発動の必要性・相当性があると判断し、その旨を決議して公表した場合(以下、公表を行った日を「検討期間終了日」といいます。)、新株予約権の無償割当てに関する事項の決定に係る議案を付議するために、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催するものとします。なお、事務手続上の理由から、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催できない場合は、遅滞なく準備を進め、事務手続き上可能かつ合理的な最も早い営業日において開催するものとします。 株主意思確認株主総会が開催される場合、大規模買付者は、当該株主意思確認株主総会が終了するまでは、大規模買付行為を開始することができないものとします。 (3) 買付提案が変更された場合  当社取締役会は、大規模買付者が、検討期間開始日以降に、買付提案について変更を行った場合には、必要に応じて、変更後の買付提案(以下「変更買付提案」といいます。)に係る必要情報の提供を求めることとし、必要情報として十分な情報の提出があった日を新たな検討期間開始日として検討を開始します。なお、変更買付提案に係る検討期間開始日は、大規模買付者から変更買付提案に係る最初の情報提供があった日から最大30営業日以内とします。当社取締役会は、上記(2)アと同様に、検討期間開始日から最大30営業日以内の検討期間の間、変更買付提案を検討し、独立委員会の勧告を最大限尊重して、対抗措置発動の必要性・相当性の有無について決議を行い、当該決議の結果を公表するものとします。 3-4.大規模買付者への対応 (1) 大規模買付ルールが遵守された場合 ■当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置発動の必要性・相当性がないと判断した場合 ⇒大規模買付者は、当社取締役会の決議の結果の公表後から大規模買付行為を開始することができます。 ■当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置発動の必要性・相当性があると判断した場合 ⇒大規模買付者に対する対抗措置を発動するか否かの判断を株主の皆様が行うために、原則として検討期間終了後60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催するものとします(事務手続上の理由から、検討期間終了日から60営業日以内に株主意思確認株主総会を開催できない場合は、遅滞なく準備を進め、事務手続上可能かつ合理的な最も早い営業日において開催するものとします。)。 ⇒株主意思確認株主総会において、新株予約権の無償割当てに関する事項に係る議案が可決された場合には本プランに基づく対抗措置を発動し、否決された場合には本プランに基づく対抗措置を発動しないものとします。 (2) 大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合 ⇒大規模買付ルールに明白に違反していることが明らかとなった時点で対抗措置を発動するものとします(なお、対抗措置発動の可否について、独立委員会の勧告を最大限尊重するものとします。)。 (3) 対抗措置の内容 一定の者の行使を制限する行使条件、取得条項等が付された新株予約権の無償割当てを行うものとします。 4.株主及び投資家の皆様に与える影響等 (1) 本プランの導入時において株主及び投資家の皆様に与える影響  導入時点では株主及び投資家の皆様の権利関係への影響はございません。 (2) 株主意思確認株主総会を開催する場合において株主及び投資家の皆様に与える影響  株主意思確認株主総会で議決権を行使できる株主の皆様を確定するために一定の日を基準日として公告しますので、基準日の最終の株主名簿に株主として記録される必要がある点にご留意下さい。 (3) 対抗措置の発動時において株主及び投資家の皆様に与える影響  新株予約権の無償割当てを受けた株主の皆様が、所定の行使期間内に、権利行使を行わなかった場合、他の株主様による本新株予約権の行使により議決権比率及び経済的価値が低下することになります(ただし、取得条項に基づく取得の結果として当社普通株式が交付される場合、議決権比率の低下は生じないことになります。)。もっとも、大規模買付者が大規模買付行為を撤回した等の事情により、新株予約権の行使期間開始日前日までに、当社が新株予約権の無償取得を行う場合等には、当社株式の価格が少なからず変動することがあります。 (4) 対抗措置の発動時において株主の皆様に必要となる手続  株主の皆様において特段の手続は不要ですが、割当基準日における最終の株主名簿に記録された株主の皆様が、新株予約権無償割当ての効力発生日において、当然に新株予約権者となるため、割当基準日における株主名簿に株主として記録されている必要があります。 (5) 当社による本新株予約権の取得に伴って必要となる手続  当社が、当社取締役会が定める一定の日において、本新株予約権を取得する際には、株主の皆様に、自身が大規模買付者に該当しないことを証する書面等の提出を求める場合がございます。 5.本プランの合理性 (1) 買収防衛策に関する指針等の要件を充足していること  経済産業省及び法務省が平成17年5月27日付けで公表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」に定められた三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を完全に充足しており、企業価値研究会が平成20年6月30日付けで公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容も踏まえたものとなっております。また、会社法及び金融商品取引法等の各種法令、その他金融商品取引所が定める規則に合致しております。 (2) 株主共同の利益の確保・向上を目的として導入するものであること  本プランは、当社グループの株主共同の利益を確保し、又は向上させることを目的として導入するものであり、株主の皆様が必要十分な情報及び一定の検討期間に基づいて、買付提案に応じるか否か、あるいは、対抗措置の発動に賛成するか否かを判断できる仕組となっています。 (3) 株主の皆様の意思を反映するものであること  本プランは、平成19年6月28日開催の当社第96回定時株主総会において、新株予約権の無償割当ての決定機関に関する定款変更案及び新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を当社取締役会に委任する旨の議案が承認されたことをもって導入されており、その導入に株主の皆様の意思が反映されています。また、平成22年6月29日開催の当社第99回定時株主総会、平成25年6月27日開催の当社第102回定時株主総会及び平成28年6月29日開催の当社第105回定時株主総会において、それぞれ新株予約権の無償割当てに関する事項の決定を当社取締役会に委任する旨の議案の承認を受けて継続されており、その継続にも株主の皆様の意思が反映される仕組となっております。また、実際に大規模買付者が登場した際に、大規模買付者に対して対抗措置を発動する場合には、株主意思確認株主総会において、その是非を株主の皆様が判断することとしており、株主の皆様の意思が十分に反映できる内容となっています。 (4) デットハンド型やスロー・ハンド型ではないこと  本プランは、取締役会の構成員の過半数が交代した場合には、廃止することができるものであり、いわゆるデットハンド型の買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。また、当社の取締役の任期は1年となっており、いわゆるスロー・ハンド型(取締役の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止しにくい買収防衛策)の買収防衛策ではありません。 (5) 独立委員会の意見を尊重すること  当社取締役会が買付提案に対する対抗措置の発動等に関する判断をするに際しては、当社が別途定める「社外役員の独立性判断基準」を満たした、当社経営陣から独立している社外取締役、社外監査役及び弁護士、公認会計士その他の公正な社外有識者のみで構成される独立委員会へ諮問し、同委員会の判断を最大限尊重することとされており、本プランの運用の客観性及び合理性が確保されていると考えております。 6.本プランの有効期間及び改廃手続  本プランの有効期間は、平成31年に開催される当社定時株主総会の終結の時までとします。  本プランは、当社取締役会又は株主総会の決議に基づいて廃止することができるものとします。
 当社は、「当社株券等の大規模な買付行為に対する対応方針(買収防衛策)」を導入しておりましたが、2019年6月27日開催の当社第108回定時株主総会の終結時をもって廃止いたしました。  なお、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針につきましては、当社ウェブサイト「経営方針」の中に掲載しております。(https://ir.takara.co.jp/ja/Management_index/Policy.html)
役員の状況

5【役員の状況】

男性12名 女性2名 (役員のうち女性の比率14.3%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

代表取締役会長

 

大宮 久

昭和18年6月9日生

 

昭和43年4月

当社入社

49.4

開発部長

49.5

取締役

57.6

常務取締役

63.6

専務取締役

平成元.7

バイオ事業部門本部長

2.4

東地区酒類事業部門本部長

3.6

代表取締役副社長

5.4

酒類事業部門本部長

5.6

代表取締役社長

14.4

宝酒造㈱代表取締役社長

タカラバイオ㈱取締役会長(現)

24.6

当社代表取締役会長(現)

宝酒造㈱代表取締役会長(現)

29.7

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役会長(現)

 

※1

437,450

代表取締役副会長

 

柿本 敏男

昭和25年8月9日生

 

昭和48年4月

当社入社

平成13.4

技術・供給企画室長

15.4

宝酒造㈱執行役員

15.6

同社取締役

16.6

同社常務取締役

22.6

当社代表取締役副社長

宝酒造㈱代表取締役副社長

24.6

当社代表取締役社長

宝酒造㈱代表取締役社長

29.6

宝酒造㈱取締役(現)

29.7

宝酒造インターナショナル㈱取締役(現)

30.6

当社代表取締役副会長(現)

 

※1

79,500

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

代表取締役社長

 

木村 睦

昭和38年2月3日生

 

昭和60年4月

当社入社

平成14.4

16.6

19.6

21.5

21.6

タカラバイオ㈱取締役

同社常務取締役

同社専務取締役

同社取締役副社長

同社代表取締役副社長

26.6

28.6

29.6

29.7

 

30.6

当社取締役

宝酒造㈱専務取締役

当社代表取締役副社長

宝酒造㈱取締役(現)

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役社長(現)

当社代表取締役社長(現)

 

※1

41,000

取締役

 

仲尾 功一

昭和37年6月16日生

 

昭和60年4月

当社入社

平成14.4

タカラバイオ㈱取締役

15.6

同社常務取締役

16.6

同社専務取締役

19.6

同社代表取締役副社長

21.5

同社代表取締役社長(現)

21.6

当社取締役(現)

 

※1

18,600

取締役

 

村田 謙二

昭和34年11月27日生

 

昭和58年4月

当社入社

平成17.4

宝酒造㈱SCM部長

22.6

同社取締役兼常務執行役員技術・供給本部長

26.6

同社常務取締役調味料・酒精事業本部長

28.6

29.6

当社取締役(現)

宝酒造㈱代表取締役副社長

同社代表取締役社長(現)

 

※1

31,400

取締役

 

髙橋 秀夫

昭和36年12月7日生

 

昭和60年4月

当社入社

平成24.4

人事部長

28.6

宝酒造㈱執行役員人事部長

29.6

当社執行役員人事部長

30.6

当社取締役(現)

宝酒造㈱監査役(現)

 

※1

7,401

取締役

事業管理部長

森 圭助

昭和37年7月8日生

 

昭和60年4月

当社入社

平成20.4

業務革新推進部長

23.4

経営企画部長兼業務革新推進部長

24.4

事業管理部長(現)

27.4

事業管理部長兼事業支援・IT推進部長

28.4

事業管理部長

29.6

執行役員事業管理部長

29.7

30.6

宝酒造インターナショナル㈱監査役(現)

当社取締役(現)

 

※1

3,700

取締役

 

吉田 寿彦

昭和30年3月18日生

 

平成26年7月

国税庁高松国税局長

27.7

同庁退官

27.8

吉田寿彦税理士事務所税理士(現)

28.6

当社取締役(現)

宝酒造㈱取締役(非業務執行取締役)

 

※1

取締役

 

友常 理子

(戸籍上の氏名:井﨑 理子)

昭和47年2月17日生

 

平成14年10月

弁護士登録(第一東京弁護士会)、田辺総合法律事務所入所

22.4

自衛隊員倫理審査会委員(現)

25.4

田辺総合法律事務所パートナー(現)

30.6

当社取締役(現)

 

※1

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

常勤監査役

 

渡邉 酉造

昭和31年3月20日生

 

昭和53年4月

当社入社

平成27.4

宝酒造㈱執行役員 品質保証担当

27.6

当社常勤監査役(現)

宝酒造㈱監査役

 

※2

13,900

常勤監査役

 

山中 俊人

昭和36年1月26日生

 

平成24年4月

㈱みずほ銀行営業店業務第三部長

25.4

同行グループ人事部審議役

25.6

同行退職

当社常勤監査役(現)

宝酒造㈱監査役

 

※3

5,100

常勤監査役

 

三枝 智之

昭和31年6月20日生

 

平成23年6月

農林中央金庫監事

25.6

同金庫監事退任

当社監査役

宝酒造㈱常勤監査役

29.6

当社常勤監査役(現)

 

※3

7,200

常勤監査役

 

鷲野 稔

昭和30年4月23日生

 

昭和53年4月

当社入社

平成15.4

18.4

24.4

法務グループジェネラルマネージャー

CSR推進部長

総務部長

25.6

宝酒造㈱執行役員総務部長

26.6

当社取締役

宝酒造㈱取締役

29.6

当社常務取締役

30.6

当社常勤監査役(現)

 

※4

36,800

監査役

 

北井 久美子

昭和27年10月29日生

 

平成17年8月

厚生労働省雇用均等・児童家庭局長

19.8

同省退官

中央労働災害防止協会専務理事

23.5

同協会理事退任

23.6

当社監査役(現)

宝酒造㈱監査役

26.6

㈱協和エクシオ社外取締役(現)

三井住友建設㈱社外取締役(現)

26.7

勝どき法律事務所弁護士(現)

 

※2

 

 

 

 

 

682,051

 

(注)1.取締役吉田寿彦および友常理子は、社外取締役であります。

2.常勤監査役山中俊人および三枝智之ならびに監査役北井久美子は、社外監査役であります。

3.取締役、監査役の任期は以下のとおりであります。

※1 平成30年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

※2 平成27年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※3 平成29年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※4 平成30年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性3名 (役員のうち女性の比率21.4%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

代表取締役会長

大宮 久

1943年6月9日

 

1968年4月

当社入社

1974年4月

開発部長

1974年5月

取締役

1982年6月

常務取締役

1988年6月

専務取締役

1989年7月

バイオ事業部門本部長

1990年4月

東地区酒類事業部門本部長

1991年6月

代表取締役副社長

1993年4月

酒類事業部門本部長

1993年6月

代表取締役社長

2002年4月

宝酒造㈱代表取締役社長

  〃

タカラバイオ㈱取締役会長(現)

2012年6月

当社代表取締役会長(現)

  〃

宝酒造㈱代表取締役会長(現)

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役会長(現)

 

※1

438,350

代表取締役社長

木村 睦

1963年2月3日

 

1985年4月

当社入社

2002年4月

タカラバイオ㈱取締役

2004年6月

同社常務取締役

2007年6月

同社専務取締役

2009年5月

同社取締役副社長

2009年6月

同社代表取締役副社長

2014年6月

当社取締役

  〃

宝酒造㈱専務取締役

2016年6月

当社代表取締役副社長

2017年6月

宝酒造㈱取締役(現)

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役社長(現)

2018年6月

当社代表取締役社長(現)

 

※1

52,500

取締役

仲尾 功一

1962年6月16日

 

1985年4月

当社入社

2002年4月

タカラバイオ㈱取締役

2003年6月

同社常務取締役

2004年6月

同社専務取締役

2007年6月

同社代表取締役副社長

2009年5月

同社代表取締役社長(現)

2009年6月

当社取締役(現)

 

※1

19,500

取締役

村田 謙二

1959年11月27日

 

1983年4月

当社入社

2005年4月

宝酒造㈱SCM部長

2010年6月

同社取締役兼常務執行役員技術・供給本部長

2014年6月

同社常務取締役調味料・酒精事業本部長

2016年6月

当社取締役(現)

  〃

宝酒造㈱代表取締役副社長

2017年6月

同社代表取締役社長(現)

 

※1

33,700

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

取締役

髙橋 秀夫

1961年12月7日

 

1985年4月

当社入社

2012年4月

人事部長

2016年6月

宝酒造㈱執行役員人事部長

2017年6月

当社執行役員人事部長

2018年6月

  〃

当社取締役(現)

宝酒造㈱監査役(現)

 

※1

10,101

取締役

森 圭助

1962年7月8日

 

1985年4月

当社入社

2008年4月

業務革新推進部長

2011年4月

経営企画部長兼業務革新推進部長

2012年4月

事業管理部長

2015年4月

事業管理部長兼事業支援・IT推進部長

2016年4月

事業管理部長

2017年6月

執行役員事業管理部長

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱監査役

  〃

(現)

2018年6月

当社取締役(現)

 

※1

10,400

取締役

吉田 寿彦

1955年3月18日

 

2014年7月

国税庁高松国税局長

2015年7月

同庁退官

2015年8月

吉田寿彦税理士事務所税理士(現)

2016年6月

当社取締役(現)

  〃

宝酒造㈱取締役(非業務執行取締役)

 

※1

取締役

友常 理子

(戸籍上の氏名:井﨑 理子)

1972年2月17日

 

2002年10月

弁護士登録(第一東京弁護士会)、田辺総合法律事務所入所

2010年4月

自衛隊員倫理審査会委員(現)

2013年4月

田辺総合法律事務所パートナー(現)

2018年6月

当社取締役(現)

 

※1

取締役

 

川上 智子

 

1965年5月3日

 

2009年4月

関西大学商学部教授

2012年8月

INSEADブルーオーシャン戦略研究所(フランス)客員研究員(現)

2013年1月

ワシントン大学 Foster School of Business フルブライト研究員

2013年10月

南洋理工大学アジア消費者インサイト研究所(シンガポール)リサーチフェロー

2015年4月

早稲田大学大学院 商学学術院 経営管理研究科教授(現)

2016年4月

早稲田大学総合研究機構 早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所(現:早稲田ブルー・オーシャン・シフト研究所)幹事(現)

2019年4月

早稲田大学総合研究機構 マーケティング国際研究所所長(現)

2019年6月

当社取締役(現)

 

※1

常勤監査役

渡邉 酉造

1956年3月20日

 

1978年4月

当社入社

2015年4月

宝酒造㈱執行役員 品質保証担当

2015年6月

当社常勤監査役(現)

  〃

宝酒造㈱監査役

 

※4

14,100

常勤監査役

山中 俊人

1961年1月26日

 

2012年4月

㈱みずほ銀行営業店業務第三部長

2013年4月

同行グループ人事部審議役

2013年6月

同行退職

  〃

当社常勤監査役(現)

  〃

宝酒造㈱監査役

 

※2

5,700

常勤監査役

三枝 智之

1956年6月20日

 

2011年6月

農林中央金庫監事

2013年6月

同金庫監事退任

  〃

当社監査役

  〃

宝酒造㈱常勤監査役

2017年6月

当社常勤監査役(現)

 

※2

8,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

常勤監査役

鷲野 稔

1955年4月23日

 

1978年4月

当社入社

2003年4月

2006年4月

2012年4月

法務グループジェネラルマネージャー

CSR推進部長

総務部長

2013年6月

宝酒造㈱執行役員総務部長

2014年6月

当社取締役

  〃

宝酒造㈱取締役

2017年6月

当社常務取締役

2018年6月

当社常勤監査役(現)

 

※3

39,500

監査役

北井 久美子

1952年10月29日

 

2005年8月

厚生労働省雇用均等・児童家庭局長

2007年8月

同省退官

  〃

中央労働災害防止協会専務理事

2011年5月

同協会理事退任

2011年6月

  〃

当社監査役(現)

宝酒造㈱監査役

2014年6月

  〃

㈱協和エクシオ社外取締役

三井住友建設㈱社外取締役

2014年7月

勝どき法律事務所弁護士(現)

2019年6月

大崎電気工業㈱社外監査役(現)

 

※4

631,851

 

(注)1.取締役吉田寿彦、友常理子および川上智子は、社外取締役であります。

2.常勤監査役山中俊人および三枝智之ならびに監査役北井久美子は、社外監査役であります。

3.取締役、監査役の任期は以下のとおりであります。

※1 2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

※2 2017年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※3 2018年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※4 2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

② 社外役員の状況

  当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。当社における社外取締役および社外監査役の独立性に関する判断基準は次のとおりであります。

<社外役員の独立性判断基準>

 当社は、社外取締役および社外監査役(以下総称して「社外役員」という。)のうち、以下の各要件のすべてを満たす場合には、当社からの独立性を有している者と判断する。

1.現在および過去のいずれの時点においても、次の要件を満たすこと。

 当社、当社の子会社または関連会社(以下総称して「当社グループ」という。)の業務執行者(業務執行取締役、執行役または支配人その他の使用人をいう。以下同じ。)でないこと。

2.現在および過去5年間において、次のすべての要件を満たすこと。

(1)当社の大株主(総議決権の10%以上の議決権を直接または間接的に保有している者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(2)当社グループが総議決権の10%以上の議決権を有する会社その他の団体またはその業務執行者でないこと。

(3)当社グループの主要な取引先である者(当社グループとの取引額が、当社の一事業年度における連結売上高の2%以上の者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(4)当社グループを主要な取引先とする者(当社グループとの取引額が、自らの一事業年度における連結売上高の2%以上の者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(5)当社グループの主要な借入先(当社グループの借入金残高が、当社の連結総資産の2%以上の借入先をいう。ただし、これに該当しない場合であっても、当社の事業報告等において「主要な借入先」として記載する借入先については、当社グループの主要な借入先に該当するものとみなす。)またはその業務執行者でないこと。

(6)当社グループから役員報酬以外に、年間1,000万円以上の報酬等を受領している弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタント等の専門サービス提供者(法人その他の団体であるときはそれに所属して当該サービスを提供する者)でないこと。

(7)当社グループの会計監査人(法人であるときはそれに所属して業務を執行する者)でないこと。

(8)当社グループから年間1,000万円以上の寄付を受けている者(法人その他の団体であるときはそれに所属して業務を執行する者)でないこと。

(9)社外役員の相互就任関係(当社グループの業務執行者が当社グループ以外の会社の社外役員であり、かつ、当該当社グループ以外の会社の業務執行者が当社の社外役員である関係をいう。)となる会社の業務執行者でないこと。

(10)近親者(配偶者または二親等内の親族をいう。)が、当社グループの業務執行者(使用人にあっては部長に相当する役職以上の者に限る。)でなく、かつ、上記(1)から(9)までに掲げる者(会社の業務執行者のうち使用人にあっては部長に相当する役職以上の者に限り、会社以外の団体に所属する者にあっては重要な業務を執行する者に限る。)でないこと。

3.その他、独立した社外役員としての職務を果たせないと合理的に判断される事情を有していないこと。

  社外取締役吉田寿彦、友常理子および川上智子、ならびに社外監査役北井久美子の各氏は、当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他一般株主との利益相反を生じるおそれのある関係を有しておらず、独立性を備えた者であると考えております。なお、社外監査役北井久美子氏は、現在、大崎電気工業株式会社の社外監査役でありますが、これらの会社と当社との間には、重要な関係はありません。

  社外監査役山中俊人および三枝智之の両氏は、当社監査役就任前、それぞれ次に記載する当社の特定関係事業者(主要な借入先)の業務執行者でありましたが、その他の利害関係はありません。

  また、社外役員の当社株式の所有状況につきましては、「① 役員一覧」に記載のとおりであります。

・社外監査役 山中俊人氏 株式会社みずほ銀行

・社外監査役 三枝智之氏 農林中央金庫

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

  社外取締役は、取締役会の他、各重要会議にも出席し、より客観的な立場から、その経験や知識と幅広い見識等に裏付けられた発言を行う等、当社の取締役会としての業務執行監督機能のより一層の充実に貢献しております。また、監査部、監査役会および会計監査人との間で必要に応じて適宜情報交換・意見交換を行う等の相互連携を図るとともに、取締役会の一員として、内部統制関連部門の報告等に対して必要に応じて意見・助言等を述べること等により、適正な業務執行の確保を図っております。

  社外監査役は、取締役会および監査役会の他、各重要会議にも出席し、より客観的な立場から、その経験や知識と幅広い見識等に裏付けられた発言を行う等、当社の監査役の機能のより一層の充実に貢献しております。また、監査役会の一員として、監査部および会計監査人との間で必要に応じて適宜情報交換・意見交換を行う等の相互連携を図るとともに、内部統制関連部門の報告等に対して必要に応じて意見等を述べること等により、適正な業務執行の確保を図っております。

  また、当社の社外取締役および社外監査役の選任状況は、当社の企業統治における重要な機能および役割を果たす上において適切であると考えております。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性3名 (役員のうち女性の比率21.4%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

代表取締役会長

大宮 久

1943年6月9日

 

1968年4月

当社入社

1974年4月

開発部長

1974年5月

取締役

1982年6月

常務取締役

1988年6月

専務取締役

1989年7月

バイオ事業部門本部長

1990年4月

東地区酒類事業部門本部長

1991年6月

代表取締役副社長

1993年4月

酒類事業部門本部長

1993年6月

代表取締役社長

2002年4月

宝酒造㈱代表取締役社長

  〃

タカラバイオ㈱取締役会長(現)

2012年6月

当社代表取締役会長(現)

  〃

宝酒造㈱代表取締役会長(現)

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役会長(現)

 

※1

439,450

代表取締役社長

木村 睦

1963年2月3日

 

1985年4月

当社入社

2002年4月

タカラバイオ㈱取締役

2004年6月

同社常務取締役

2007年6月

同社専務取締役

2009年5月

同社取締役副社長

2009年6月

同社代表取締役副社長

2014年6月

当社取締役

  〃

宝酒造㈱専務取締役

2016年6月

当社代表取締役副社長

2017年6月

宝酒造㈱取締役(現)

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱代表取締役社長

2018年6月

当社代表取締役社長(現)

2020年4月

宝酒造インターナショナル㈱取締役(現)

 

※1

63,500

取締役

仲尾 功一

1962年6月16日

 

1985年4月

当社入社

2002年4月

タカラバイオ㈱取締役

2003年6月

同社常務取締役

2004年6月

同社専務取締役

2007年6月

同社代表取締役副社長

2009年5月

同社代表取締役社長(現)

2009年6月

当社取締役(現)

 

※1

20,600

取締役

村田 謙二

1959年11月27日

 

1983年4月

当社入社

2005年4月

宝酒造㈱SCM部長

2010年6月

同社取締役兼常務執行役員技術・供給本部長

2014年6月

同社常務取締役調味料・酒精事業本部長

2016年6月

当社取締役(現)

  〃

宝酒造㈱代表取締役副社長

2017年6月

同社代表取締役社長(現)

 

※1

36,400

取締役

髙橋 秀夫

1961年12月7日

 

1985年4月

当社入社

2012年4月

人事部長

2016年6月

宝酒造㈱執行役員人事部長

2017年6月

当社執行役員人事部長

2018年6月

  〃

2020年6月

当社取締役(現)

宝酒造㈱監査役(現)

宝酒造インターナショナル㈱監査役(現)

 

※1

12,800

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

取締役

森 圭助

1962年7月8日

 

1985年4月

当社入社

2008年4月

業務革新推進部長

2011年4月

経営企画部長兼業務革新推進部長

2012年4月

事業管理部長

2015年4月

事業管理部長兼事業支援・IT推進部長

2016年4月

事業管理部長

2017年6月

執行役員事業管理部長

2017年7月

宝酒造インターナショナル㈱監査役

 

(現)

2018年6月

当社取締役(現)

2020年6月

宝酒造㈱監査役(現)

 

※1

13,600

取締役

吉田 寿彦

1955年3月18日

 

2014年7月

国税庁高松国税局長

2015年7月

同庁退官

2015年8月

吉田寿彦税理士事務所税理士(現)

2016年6月

当社取締役(現)

  〃

宝酒造㈱取締役(非業務執行取締役)

 

※1

取締役

友常 理子

(戸籍上の氏名:井﨑 理子)

1972年2月17日

 

2002年10月

弁護士登録(第一東京弁護士会)、田辺総合法律事務所入所

2010年4月

自衛隊員倫理審査会委員

2013年4月

田辺総合法律事務所パートナー(現)

2018年6月

2020年6月

当社取締役(現)

㈱弘電社社外取締役(監査等委員)(現)

 

※1

取締役

 

川上 智子

 

1965年5月3日

 

2009年4月

関西大学商学部教授

2012年8月

INSEADブルーオーシャン戦略研究所(フランス)客員研究員(現)

2013年1月

ワシントン大学 Foster School of Business フルブライト研究員

2013年10月

南洋理工大学アジア消費者インサイト研究所(シンガポール)リサーチフェロー

2015年4月

早稲田大学大学院 商学学術院 経営管理研究科教授(現)

2016年4月

早稲田大学総合研究機構 早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所(現:早稲田ブルー・オーシャン・シフト研究所)幹事(現)

2019年4月

早稲田大学総合研究機構 マーケティング国際研究所所長(現)

2019年6月

当社取締役(現)

2019年12月

公認会計士試験 試験委員(現)

 

※1

常勤監査役

渡邉 酉造

1956年3月20日

 

1978年4月

当社入社

2015年4月

宝酒造㈱執行役員 品質保証担当

2015年6月

当社常勤監査役(現)

  〃

宝酒造㈱監査役

 

※3

14,300

常勤監査役

山中 俊人

1961年1月26日

 

2012年4月

㈱みずほ銀行営業店業務第三部長

2013年4月

同行グループ人事部審議役

2013年6月

同行退職

  〃

当社常勤監査役(現)

  〃

宝酒造㈱監査役

 

※2

6,600

常勤監査役

三枝 智之

1956年6月20日

 

2011年6月

農林中央金庫監事

2013年6月

同金庫監事退任

  〃

当社監査役

  〃

宝酒造㈱常勤監査役

2017年6月

当社常勤監査役(現)

 

※2

9,100

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

(注3)

所有株式数

(株)

常勤監査役

三井 照明

1961年11月11日

 

1985年4月

当社入社

2015年4月

経理・シェアードサービス部長

2017年6月

 

  〃

当社執行役員経理・シェアードサービス部長

宝酒造㈱監査役

2020年4月

当社執行役員経理部長

2020年6月

当社常勤監査役(現)

 

※4

10,600

監査役

北井 久美子

1952年10月29日

 

2005年8月

厚生労働省雇用均等・児童家庭局長

2007年8月

同省退官

  〃

中央労働災害防止協会専務理事

2011年5月

同協会理事退任

2011年6月

  〃

当社監査役(現)

宝酒造㈱監査役

2014年6月

  〃

㈱協和エクシオ社外取締役

三井住友建設㈱社外取締役

2014年7月

勝どき法律事務所弁護士(現)

2019年6月

2019年10月

大崎電気工業㈱社外監査役(現)

東京都公安委員会委員長(現)

 

※3

626,950

 

(注)1.取締役吉田寿彦、友常理子および川上智子は、社外取締役であります。

2.常勤監査役山中俊人および三枝智之ならびに監査役北井久美子は、社外監査役であります。

3.取締役、監査役の任期は以下のとおりであります。

※1 2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

※2 2017年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※3 2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

※4 2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

② 社外役員の状況

  当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。当社における社外取締役および社外監査役の独立性に関する判断基準は次のとおりであります。

<社外役員の独立性判断基準>

 当社は、社外取締役および社外監査役(以下総称して「社外役員」という。)のうち、以下の各要件のすべてを満たす場合には、当社からの独立性を有している者と判断する。

1.現在および過去のいずれの時点においても、次の要件を満たすこと。

 当社、当社の子会社または関連会社(以下総称して「当社グループ」という。)の業務執行者(業務執行取締役、執行役または支配人その他の使用人をいう。以下同じ。)でないこと。

2.現在および過去5年間において、次のすべての要件を満たすこと。

(1)当社の大株主(総議決権の10%以上の議決権を直接または間接的に保有している者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(2)当社グループが総議決権の10%以上の議決権を有する会社その他の団体またはその業務執行者でないこと。

(3)当社グループの主要な取引先である者(当社グループとの取引額が、当社の一事業年度における連結売上高の2%以上の者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(4)当社グループを主要な取引先とする者(当社グループとの取引額が、自らの一事業年度における連結売上高の2%以上の者をいう。)またはその業務執行者でないこと。

(5)当社グループの主要な借入先(当社グループの借入金残高が、当社の連結総資産の2%以上の借入先をいう。ただし、これに該当しない場合であっても、当社の事業報告等において「主要な借入先」として記載する借入先については、当社グループの主要な借入先に該当するものとみなす。)またはその業務執行者でないこと。

(6)当社グループから役員報酬以外に、年間1,000万円以上の報酬等を受領している弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタント等の専門サービス提供者(法人その他の団体であるときはそれに所属して当該サービスを提供する者)でないこと。

(7)当社グループの会計監査人(法人であるときはそれに所属して業務を執行する者)でないこと。

(8)当社グループから年間1,000万円以上の寄付を受けている者(法人その他の団体であるときはそれに所属して業務を執行する者)でないこと。

(9)社外役員の相互就任関係(当社グループの業務執行者が当社グループ以外の会社の社外役員であり、かつ、当該当社グループ以外の会社の業務執行者が当社の社外役員である関係をいう。)となる会社の業務執行者でないこと。

(10)近親者(配偶者または二親等内の親族をいう。)が、当社グループの業務執行者(使用人にあっては部長に相当する役職以上の者に限る。)でなく、かつ、上記(1)から(9)までに掲げる者(会社の業務執行者のうち使用人にあっては部長に相当する役職以上の者に限り、会社以外の団体に所属する者にあっては重要な業務を執行する者に限る。)でないこと。

3.その他、独立した社外役員としての職務を果たせないと合理的に判断される事情を有していないこと。

  社外取締役吉田寿彦、友常理子および川上智子、ならびに社外監査役北井久美子の各氏は、当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他一般株主との利益相反を生じるおそれのある関係を有しておらず、独立性を備えた者であると考えております。なお、社外取締役友常理子氏は、現在、株式会社弘電社の社外取締役(監査等委員)でありますが、これらの会社と当社との間には、重要な関係はありません。また、社外監査役北井久美子氏は、現在、大崎電気工業株式会社の社外監査役でありますが、これらの会社と当社との間には、重要な関係はありません。

  社外監査役山中俊人および三枝智之の両氏は、当社監査役就任前、それぞれ次に記載する当社の特定関係事業者(主要な借入先)の業務執行者でありましたが、その他の利害関係はありません。

  また、社外役員の当社株式の所有状況につきましては、「① 役員一覧」に記載のとおりであります。

・社外監査役 山中俊人氏 株式会社みずほ銀行

・社外監査役 三枝智之氏 農林中央金庫

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

  社外取締役は、取締役会の他、各重要会議にも出席し、より客観的な立場から、その経験や知識と幅広い見識等に裏付けられた発言を行う等、当社の取締役会としての業務執行監督機能のより一層の充実に貢献しております。
また、監査部、監査役会および会計監査人の間で適宜行われる情報交換・意見交換の結果を必要に応じて共有する等の相互連携を図るとともに、取締役会の一員として、内部統制関連部門の報告等に対して必要に応じて意見・助言等を述べること等により、適正な業務執行の確保を図っております。

  社外監査役は、取締役会および監査役会の他、各重要会議にも出席し、より客観的な立場から、その経験や知識と幅広い見識等に裏付けられた発言を行う等、当社の監査役の機能のより一層の充実に貢献しております。また、監査役会の一員として、監査部および会計監査人との間で必要に応じて適宜情報交換・意見交換を行う等の相互連携を図るとともに、内部統制関連部門の報告等に対して必要に応じて意見等を述べること等により、適正な業務執行の確保を図っております。

  また、当社の社外取締役および社外監査役の選任状況は、当社の企業統治における重要な機能および役割を果たす上において適切であると考えております。

 

社外役員の選任

2018/6/282018/12/172019/6/272020/6/26選任の理由
吉田 寿彦国税庁等において要職を歴任しており、その幅広い見識ならびに税務に関する豊富な経験と実績が、当社の経営体制の一層の充実に反映されると判断したからであります。また、同氏に関しては、当社の定める「社外役員の独立性判断基準」(後記【独立役員関係】「その他独立役員に関する事項」参照)により、一般株主との利益相反の生じるおそれがなく、独立性を備えた者であると判断しております。したがって、同氏を独立役員として指定するものであります。
友常 理子(戸籍上の氏名 : 井﨑 理子)弁護士として、その幅広い見識ならびに企業法務等に関する豊富な経験と実績が、当社の経営体制の一層の充実に反映されると判断したからであります。また、同氏に関しては、当社の定める「社外役員の独立性判断基準」(後記【独立役員関係】「その他独立役員に関する事項」参照)により、一般株主との利益相反の生じるおそれがなく、独立性を備えた者であると判断しております。したがって、同氏を独立役員として指定するものであります。
川上 智子--早稲田大学等において長年にわたり経営学およびマーケティング等に関する研究活動に携わっており、その幅広い見識ならびに豊富な経験と実績が、当社の経営体制の一層の充実に反映されると判断したからであります。また、同氏に関しては、当社の定める「社外役員の独立性判断基準」(後記【独立役員関係】「その他独立役員に関する事項」参照)により、一般株主との利益相反の生じるおそれがなく、独立性を備えた者であると判断しております。したがって、同氏を独立役員として指定するものであります。