コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス【2579】

直近本決算の有報
株価:11月22日時点

1年高値3,480 円
1年安値2,185 円
出来高348 千株
市場東証1
業種食料品
会計IFRS
EV/EBITDAN/A
PBRN/A
PSR・会予0.5 倍
ROAN/A
ROICN/A
営利率1.6 %
決算12月末
設立日1960/12/20
上場日1994/6/15
配当・会予50.0 円
配当性向88.6 %
PEGレシオN/A
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:20.3 %
利益(百万円)
営利 CAGR・実績:N/A %
純利 CAGR・実績:N/A %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

3【事業の内容】

当社グループは、当社(コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社)、子会社11社、関連会社2社により構成されており、飲料事業を主たる業務としております。

また、ザ コカ・コーラカンパニーはその他の関係会社であります。

当社グループの事業内容および持株会社である当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

(1) 飲料事業

コカ・コーラ等の飲料の製造・販売

飲料の販売

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、コカ・コーラ ボトラーズジャパンベンディング株式会社、FVジャパン株式会社、コカ・コーラ ボトラーズジャパンセールスサポート株式会社、株式会社カディアック、コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社、株式会社アペックス西日本が行っております。

 

飲料の製造

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社が行っております。

 

自動販売機関連事業

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、株式会社リソーシズが行っております。

 

不動産事業・保険代理業

コカ・コーラ ボトラーズジャパンベネフィット株式会社が行っております。

 

原材料・資材の調達

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社が行っております。

 

情報システムの開発・保守運用

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社が行っております。

 

(2) ヘルスケア・スキンケア事業

「ケール」を原料とする青汁等の健康食品、化粧品等関連商品の製造・販売

キューサイ株式会社、株式会社キューサイファーム島根、株式会社キューサイ分析研究所が行っております。

 

投資事業

CQベンチャーズ株式会社が行っております。

 

なお、ザ コカ・コーラカンパニーは清涼飲料水(含む原液)の販売を行っております。

 

(注)1.コカ・コーラ ボトラーズジャパンセールスサポート株式会社は、2019年1月1日付で商号をコカ・コーラ ボトラーズジャパンビジネスサービス株式会社へ変更しております。

(注)2.当連結会計年度より報告セグメントの名称を変更しております。詳細は、連結財務諸表注記 7.セグメント情報に記載のとおりであります。

 

(事業系統図)

 以上に述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

(画像は省略されました)

 

 

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)会社の経営の基本方針

当社グループは企業理念として、ミッション、コーポレートアイデンティティ、カルチャーの3つについて定めており、これらを総称して『The Route』としております。

ミッションは、私たちが企業として存在する上での社会に対して果たすべき「使命=存在価値」として、『みんなと地域の日々に、ハッピーな瞬間とさわやかさを』と定めました。コーポレートアイデンティティは、会社として大切にしている価値観として、『地域密着』、『顧客起点』、『品格』、『ダイバーシティ(多様性/多面性)』の4つを定めました。また、カルチャーについては地域社会や顧客に貢献していく企業であるための考え方や行動の指針として、『歴史と伝統』、『未来』、『情熱』、『倫理』、『責任』、『挑戦』、『敬意』、『連携』、『シンプル・スピーディー』を掲げております。

 

(画像は省略されました)

 

(2)主要な目標

当社グループ(連結)の2019年12月期の主要目標としましては、売上収益を前期比1%増、事業の経常的な業績を計る指標である事業利益を185億円にそれぞれ設定しております。

 

(3)当面の対処すべき課題の内容等

今後の見通しにつきましては、前年の猛暑による需要増の反動、10月に予定されている消費税率の引き上げによる消費マインドへの影響、当社を含め清涼飲料業界各社が原材料費や物流コストの上昇を背景に一部製品の価格改定を予定していることなどから、国内の清涼飲料市場は前期比で若干縮小することが見込まれます。

このような状況の中、当社は、2019年を復旧と将来の成長に向けた基盤再構築の年と位置づけ、2018年に発生した供給制約や被災からの復旧に取り組むとともに、2020年以降の成長軌道への回帰を目指し、市場実行の徹底と、製造能力向上や物流ネットワーク最適化に向けた投資を行うとともに、経営環境の変化による新たな課題への対応を進めてまいります。

この一環として、2019年2月14日付で代表取締役の異動と高水準のガバナンス、独立性、ダイバーシティの実現を目指した取締役を発表いたしました。また、環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる、効率的な体制構築に向け、2月1日付で組織改編と執行体制を変更し、執行役員を33名から18名へ削減いたしました。さらに、27年ぶりとなる価格改定の実施を決定するとともに、社員の価値観に基づいた選択肢を提供すべく、希望退職プログラムの実施を発表いたしました。

飲料事業におきましては、前年並みの販売数量を見込み、お客さまの嗜好にきめ細かく対応した製品展開を積極的に進めるとともに、4月には大型PET製品の価格改定を実施するなど、収益を伴う売上高成長を目指してまいります。また、コカ・コーラのラグビー日本代表オフィシャルスポンサーとしての活動や2020東京オリンピックといった、コカ・コーラシステムならではの資産を活用したマーケティングキャンペーンを積極的に展開してまいります。加えて、重要なベンディングチャネルの再生に向け「ベンディング事業本部」を設置し、戦略策定から市場実行までを日本コカ・コーラ株式会社とも協力して「ひとつのチーム」で行う等の活動を強化してまいります。成長実現の鍵となる供給体制の再構築に向けては、製造設備の増強や物流ネットワークの最適化の取り組みを継続するとともに、事業基盤となるERPシステムの導入を完了させ、さらなる効率化を進めてまいります。

健康食品業界および化粧品業界におきましては、市場の拡大が期待されるものの、他業種からの参入などにより厳しい競争環境が続くものと予想されます。このような状況の中、ヘルスケア・スキンケア事業におきましては、効果的な広告宣伝を展開することで、40~50歳代のお客さまの獲得に注力するなど顧客層の拡大を図るとともに、継続して当社製品をご購入いただけるお客さまを増やす活動に注力してまいります。また、新たな主力製品およびブランドを育成すべく、お客さまのニーズを捉えた新製品の開発に注力するとともに、マーケティング活動を強化してまいります。

 

(4)株式会社の支配に関する基本方針について

a.基本方針の内容

当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値の源泉を理解し、当社が企業価値ひいては株主共同の利益を継続的かつ持続的に確保・向上していくことを可能とする者である必要があると考えております。当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には当社の株主全体の意思に基づき行われるべきものと考えております。また、当社は、当社株式の大量買付がなされる場合、これが当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれば、これを否定するものではありません。

しかしながら、株式の大量買付の中には、その目的等から見て対象会社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、対象会社の株主に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主が株式の大量買付の内容等について検討しあるいは対象会社の取締役会が事業計画や代替案等を提示するための十分な時間や情報を提供しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉等を必要とするものなど、対象会社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さないものも少なくありません。

当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、①世界中の国や地域で人々に爽やかさとうるおいを届け、人々の生活スタイルの一部となっている「コカ・コーラ」ブランドを、地域社会に根付かせていくこと、②「いつでもどこでも誰にでも、高品質で安心して飲んでいただける商品」をお届けできるように品質安全性に対してこだわりと情熱を持って積極的に取り組んでいくこと、③お客さまの満足を徹底して追求していこうとする強い使命感を持った社員の存在を理解し、社員一人ひとりに報いるべく彼らの働きがいと生活を大切にすること、④豊かな社会の実現の一助となるよう努力を続ける企業市民としての責任感をもって地域社会への貢献ならびに環境問題への積極的な取り組みを行うこと、これらを十分に理解し、ステークホルダーであるお客さま・お得意さま、株主のみなさま、社員との信頼関係を維持し、ステークホルダーのみなさまの期待に応えていきながら、中長期的な視点に立って当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させる者でなければならないと考えております。

したがって、当社としてはこのような当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さない当社株式の大量買付を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による当社株式の大量買付に対しては必要かつ相当な対抗をすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上する必要があると考えております。

b.基本方針実現のための取組み

(a)基本方針の実現に資する特別な取組みの概要

当社グループは、ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社(ザ コカ・コーラカンパニー100%出資)の戦略的パートナーとして、商品開発やテストマーケティングなどさまざまな取り組みを協働で展開し、日本のコカ・コーラビジネスの変革をリードする役割を担うとともに、ステークホルダーであるお客さま・お得意さま、株主のみなさま、社員から信頼される企業づくりに努めております。

清涼飲料業界においては、市場が成熟化し、大きな成長が期待できない中、清涼飲料各社間の業務提携が拡大するなど生き残りをかけた業界再編が一段と加速しており、当社を取り巻く経営環境はさらに厳しくなることが見込まれます。

このような状況の中、当社グループは、長期的な視点でグループ事業構造の変革を推進し、持続的な成長を果たすため、「成長戦略」、「効率化戦略」、「構造戦略」の3つの基本戦略を柱として、それぞれの基本戦略を着実に実行し、将来に亘って成長を続け、収益力を高める基盤づくりを進めてまいります。

また、当社は、ガバナンス体制の一層の強化を目指し、2016年3月23日開催の第58回定時株主総会における承認を経て、監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

当社は、意思決定および経営管理機能と業務執行機能を分離すべく、1999年3月に取締役会の改革および執行役員制度の導入を行っておりますが、この移行に伴い、当社定款第26条において、「取締役会は、会社法第399条の13第6項の規定により、その決議によって重要な業務執行(同条第5項各号に掲げる事項を除く。)の決定の全部または一部を取締役に委任することができる。」こととしており、取締役会の決議を経て、重要な業務執行の一部を取締役に委任することにより、取締役会において特に重要度の高い事項についての審議をより充実させるとともに、それ以外の事項について、代表取締役以下の経営陣による経営判断の迅速化も図っております。また、常勤の監査等委員である取締役を含む取締役が、執行役員で構成される経営会議等の重要な会議にも出席し、執行役員の業務執行を充分監視できる体制を確立するとともに、業務執行上、疑義が生じた場合においては、弁護士および会計監査人に適宜、助言を仰ぐ体制を敷いております。

(b)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みの概要

当社は、当社株式の大量買付けが行われた際には、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上のために、積極的な情報収集と適時開示に努めるとともに、必要に応じて、法令および当社定款の許容する範囲内において、適切な措置を講じてまいります。

また、今後の社会的な動向も考慮しつつ、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上のために、当社取締役会が買収防衛策を再導入する必要があると判断した場合には、定款の定めに従い、株主総会において株主のみなさまにその導入の是非をお諮りいたします。

c.具体的取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由

前記b.(a)の取り組みは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を継続的かつ持続的に向上させるための具体的方策として策定されたものであり、まさに当社の基本方針に沿うものであります。

また、前記b.(b)の取り組みは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上のために、必要に応じて、法令および当社定款の許容する範囲内で、かつ株主意思を重視した具体的方策として策定されたものであるため、当社の株主共同の利益を損なうものおよび当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した「第2 事業の状況」および「第5 経理の状況」等に関連するリスクのうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のあると考えられる主な事項を記載しております。当社グループは、これらのリスクが発生する可能性を認識したうえで、発生の回避および発生した場合の対処に努めてまいります。

 なお、本項に記載した将来や想定に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 保有資産の変動に関するリスク

当社グループが保有する土地や有価証券等の資産価値の下落があった場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、連結財務諸表には、のれんおよび耐用年数を確定できない無形資産が計上されておりますが、当社グループは、毎年、また潜在的な減損の可能性を示唆する事象や環境の変化がある場合に、減損テストを実施しております。事業環境の変化により期待する成果が得られない場合などには、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(2) 退職給付債務に関するリスク

当社グループの制度資産の運用実績の悪化により前提と実績に乖離が生じた場合や退職給付債務を計算する前提となる割引率等の基礎率を変更した場合等には、退職給付費用や退職給付債務の増加等により、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 原材料等のコストの増加に関するリスク

当社グループが商品製造のために使用する主要な原材料(砂糖、果汁、茶葉、コーヒー豆等)、容器・包装材(アルミ缶、ペットボトル、樹脂、プラスチック、段ボール等)、エネルギー(原油、電気等)、あるいは輸送に関するコストが、市場価格、経済情勢、燃料費、天候、自然災害、為替等の変動あるいは輸送等の人員の不足等の諸事情によって上昇した場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 競争および市場変化に関するリスク

当社グループの主要事業である飲料市場では、メーカー間の商品開発・価格競争、大手小売業者によるプライベート商品開発、大手コンビニエンスストアでのセルフコーヒーの導入といった激しい競争が続いております。当社グループが、市場シェアを維持するためのマーケティングおよびイノベーションの能力を継続的に強化できずその競争優位性を保てない場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 消費者嗜好の変化および健康への懸念に関するリスク

当社グループが、ライフスタイルの変化等に伴う消費者嗜好の変化、および原材料成分、栄養素、原産地への関心等に見られる健康・肥満への懸念に対応できない場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(6) 経済情勢に関するリスク

日本国内における一般的な経済情勢の不利な変化および景気後退は、消費者が当社グループ商品の購入を控えたり、低価格商品にシフトするといった購買行動を取ることにより需要が減少し、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(7) インフラ投資に関するリスク

当社グループは、IT、サプライチェーン、輸送、販売等のインフラに投資を行っておりますが、インフラ投資は通常長期的な性質であるため、今日行われた投資が将来の市場の変化の結果として期待する収益を生み出さない可能性があり、またインフラ投資要件を適切に予測しえなかった場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(8) サプライチェーンに関するリスク

当社グループは、お客さまに商品を届けるために、生産過程に必要な情報を入手し、効果的な供給および流通体制を構築しておりますが、自然災害、製造上の問題、輸送上の問題、労働人員の問題、あるいは主要サプライヤー、取引関係にある物流業者が安定したサービスを提供できないこと等の事情により、当社グループの製造または販売活動に支障が生じ、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(9) 小売環境の変化に関するリスク

当社グループの主要顧客であるコンビニエンスストアを含む大手小売業者においては、プライベートブランド展開にみられるように低価格志向が強く、販売促進費の支出も増加しています。また、ディスカウント店やドラッグストアを含む主要な小売業顧客との良好な関係の維持は当社グループの成功に不可欠であります。急増しているインターネット通販への対応も重要な課題であります。一方、従来からの主要販売チャネルである自動販売機での販売数量は、小売環境の変化に伴い減少しています。主要小売業者との良好な関係および急速に変化する小売環境に適切に対応できない場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(10) 水資源に関するリスク

当社グループの主要事業は飲料であることから、水は、ほぼすべての当社グループ製品の主原料であり製造工程に必要不可欠であります。また、水は当社の事業が依存する農業用原料の製造にも必要であるとともに、私たちが奉仕する地域社会の繁栄にとっても重要であります。水需要の急激な増加、あるいは水源の環境事故、取水制限規制などにより、水不足や水質の低下に見舞われた場合、コスト増加および生産能力に問題が生じ、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(11) 商標およびブランド信用に関するリスク

「コカ・コーラ」を始めとする当社グループの飲料製品の商標は、当社グループがボトラー契約を締結している米国のザ コカ・コーラ カンパニーに帰属するものであります。当社グループの売上のほとんどはザ コカ・コーラ カンパニーが所有する商標(以下「コカ・コーラ社商標」といいます。)を使用した飲料の売上から生じていることから、コカ・コーラ社商標の侵害およびそのブランド信用の毀損は、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

コカ・コーラ社商標と知的財産権およびそのブランド信用を維持することは、小売業者と消費者を惹きつけ、当社グループの成功のために必要不可欠かつ重要な推進力であります。

(12) 関連法規制に関するリスク

当社グループの主要事業である飲料事業においては、食品衛生法、食品表示法、製造物責任法(PL法)、廃棄物処理法、食品リサイクル法、容器包装リサイクル法といった品質、表示、環境・リサイクル関連等の、様々な法規制の遵守が要請されています。将来これら関連の法規制が強化された場合、コストの上昇と当社商品の需要の減少が発生し、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(13) アルコール飲料に関するリスク

当社グループで販売している酒類は国内において酒税等を定める酒税法の規制を受けています。当社グループはその酒税法に基づき酒類卸売業免許を取得しています。今後の事業展開においては酒税法の規制を受けるほか、酒税の税率の変更によって販売価格・動向に影響を受ける可能性があります。なお、酒類は一般的に適度の飲酒ならば様々な効能があるとされていますが、慢性的飲酒による各種弊害も指摘されています。これらのアルコールに関連する諸問題が社会的に一層深刻となった場合には、販売活動に何らかの影響・規制が及ぶ恐れがあり、酒類の将来性、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(14) 税制改正に関するリスク

各種の税制改正、特に消費税や酒税の増税が行われた場合、販売価格の上昇および消費者の購買行動の変化により飲料・酒類の販売量が減少し、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(15) 製品の安全性および品質に関するリスク

当社グループは、関連法令に基づいた品質保証体制を構築し、お客さまに安全な商品と正確な情報を伝えるように努力しております。しかしながら偶発的な事由によるものを含め、製品に係る品質問題が発生した場合、製品回収や不良品の大量廃棄が生じ得るため、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、飲料・酒類業界、社会全体に及ぶ品質問題等が、当社グループの取り組みを超える程度に発生した場合も当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(16) 事業統合に関するリスク

当社グループは、事業買収、業務提携などを実施する可能性があります。これらの実施に際しては、経済的価値や相手企業の調査を十分に行い決定します。しかしながら、事業統合にはさまざまな不確実性要素を伴うため、期待された効果が出せない場合は当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(17) 訴訟に関するリスク

当社グループでは、事業の遂行にあたり、各種法令・規制等を遵守し、コンプライアンス経営を推進しています。しかしながら、事業活動を遂行していくうえで、当社グループ及び従業員が法令等に対する違反の有無にかかわらず、訴訟提起がなされる可能性があります。万一当社グループが訴訟を提起された場合、または不利な判決結果が生じた場合は当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(18) 関連会社の事業に関するリスク

当社グループで開発・製造・販売する健康食品および化粧品等関連商品は、品質・機能面で市場ニーズに合致した製品を適時開発・提供する必要があります。よって市場ニーズが予想を超えて大きく変化した場合や、市場ニーズに合致した製品をタイムリーに提供できない場合は当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。特に健康食品の中には農産物を使用するものもあり、天候を含むその他の要因で原材料が調達できないなど、製品供給体制に不測の事態が生じた場合は当社グループの財政状態および経営成績に影響を与える可能性があります。

(19) ザ・コカ・コーラカンパニーとの依存関係に伴うリスク

当社の事業はザ コカ・コーラ カンパニーおよびその100%子会社である日本コカ・コーラ株式会社との契約に密接に関連しており、この関係の変化は当社グループの事業、財政状態、経営成績および見通しに影響を及ぼす可能性があります。

(20) 天候に関するリスク

当社グループの事業遂行にあたり、天候要因(天気・気温)により、商品への需要が変動し、当社商品の販売量に影響を及ぼす可能性があります。このため悪天候が長期に及ぶ場合、消費者の購買行動の影響により一時的な販売量の減少が生じることで当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(21) 自然災害に関するリスク

2018年7月に発生した平成30年7月豪雨災害により、当社グループの一部工場や倉庫などが被災したことから事業運営に大きな影響を受けました。事業継続能力の向上を図っておりますが、今後も自然災害に起因する事象が当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、国内および海外の将来の大規模な地震、津波、台風等の自然災害、その他の不測の事態が発生した場合には、サプライチェーンの混乱および販売網の毀損、保有施設の物理的な損害、従業員等の被災により当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

なお、当社グループは南海トラフ巨大地震や首都直下型地震などをはじめとする大規模自然災害を想定し、必要とされる安全対策や事業継続・早期復旧のための対策として、2018年度においても事業継続計画(BCP)を見直し改善をしております。

(22) 情報セキュリティに関するリスク

当社グループは生産・物流・販売などの業務を担うITシステムやグループ経営および多数の取引先を含む法人・個人の重要な情報を保持しております。これらの情報管理については、関連法令を遵守するともに社内規定等を整備しております。さらに、従業員に対する教育・研修を通じた情報管理の重要性を周知徹底し、システム上のトラブルなどの万一のシステム障害に備えて最大限の予防措置を講じ、堅牢な情報管理体制の構築を進めております。しかしながら、大規模自然災害、システムの欠陥、新種のコンピュータ・ウイルス感染、ハッキング、悪意をもった不正アクセス、その他セキュリティ上の問題等予測の範囲を超える事態が発生した場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(23) 人材確保・育成に関するリスク

当社グループが継続的に事業を発展させるためには、有能な人材を確保し、継続的に育成していくことが重要となります。また、外部からも積極的に新たな人材を登用し、当社が保有する経験、技術、知識等を共有し、従前から在籍する人材とともに、事業の発展に貢献していただける労働環境を構築する努力をしていかなければなりません。

しかしながら、近年では少子高齢化や労働人口の減少等、雇用環境の変化が急速に進んでいることから、人材の獲得、確保が計画通りに進まなかった場合、長期的視点から当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

2【沿革】

年月

概要

1960年12月

飲料の製造・販売を目的とし、資本金5千万円をもって日米飲料株式会社を、福岡市長浜町一丁目5番地に設立

1961年7月

本店を福岡市天神町92番地に移転

1962年6月
 

ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社と、コカ・コーラ、ファンタの製造・販売に関する契約を締結し、福岡県、佐賀県および長崎県におけるコカ・コーラ、ファンタの製造・販売権を取得

1962年7月

販売を開始

1963年3月

商号を日米コカ・コーラボトリング株式会社に変更

1963年4月

本店を福岡市大字箱崎字葦津ケ浦4127番地の29(現、福岡市東区箱崎七丁目9番66号)に移転

1972年9月
 

ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たに日本コカ・コーラ株式会社と再実施許諾契約を締結

1973年7月

商号を北九州コカ・コーラボトリング株式会社に変更

1994年6月

福岡証券取引所に株式を上場

1996年11月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

1998年6月

東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

1999年2月

北九州コカ・コーラセールス株式会社を設立

1999年6月

北九州コカ・コーラセールス株式会社に営業の一部を譲渡

1999年7月

 

 

山陽コカ・コーラボトリング株式会社と合併し、商号をコカ・コーラウエストジャパン株式会社に変更

同合併により同社の子会社である山陽コカ・コーラセールス株式会社が子会社となる

大阪証券取引所市場第一部および広島証券取引所に株式を上場

2001年4月

三笠コカ・コーラボトリング株式会社の株式を取得し、子会社とする

2002年2月

ウエストジャパンプロダクツ株式会社を設立

2002年4月

 

コカ・コーラウエストジャパンプロダクツ株式会社に営業の一部を譲渡

山陽コカ・コーラセールス株式会社および北九州コカ・コーラセールス株式会社の両社を吸収合併

2002年7月

ベンディング事業を営む子会社4社を統合し西日本ビバレッジ株式会社(2010年1月1日付で吸収合併により消滅)を発足

2002年10月
 

日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たにザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社とボトラー契約を締結

2005年1月
 

ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たにザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社と製造許諾契約およびディストリビューション許諾契約を締結

2006年7月
 

 

 

商号をコカ・コーラウエストホールディングス株式会社に変更し、飲料・食品の販売に関する営業を新設したコカ・コーラウエストジャパン株式会社に承継させる会社分割を実施

近畿コカ・コーラボトリング株式会社を完全子会社とする株式交換を実施

同株式交換により同社の子会社である関西ビバレッジサービス株式会社が子会社となる

2007年4月

南九州コカ・コーラボトリング株式会社に対し出資し、同社が持分法適用の関連会社となる

2008年1月

製造事業を営む子会社2社を統合し、コカ・コーラウエストプロダクツ株式会社を発足

2008年4月

自動販売機関連事業を営む子会社を統合し、コカ・コーラウエスト販売機器サービス株式会社を発足

2009年1月

 

コカ・コーラウエストジャパン株式会社、近畿コカ・コーラボトリング株式会社および三笠コカ・コーラボトリング株式会社を吸収合併し、商号をコカ・コーラウエスト株式会社へ変更

 

 

ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たにザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社とボトラー契約を締結

2010年1月

 

 

営業・販売事業を営む子会社3社を事業別に再編し、ウエストベンディング株式会社(現、コカ・コーラ ボトラーズジャパンベンディング株式会社)、西日本ビバレッジ株式会社、およびコカ・コーラウエストリテールサービス株式会社(現、コカ・コーラ ボトラーズジャパンビジネスサービス株式会社)を発足

2010年10月

キューサイ株式会社の株式を取得し、子会社とする

2013年4月

南九州コカ・コーラボトリング株式会社を完全子会社とする株式交換を実施

2014年1月

南九州コカ・コーラボトリング株式会社を吸収合併

2015年5月

四国コカ・コーラボトリング株式会社の株式を取得し、子会社とする

2017年4月

 

 

 

コカ・コーライーストジャパン株式会社(現、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社)を完全子会社とする株式交換を実施し、商号をコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社に変更

持株会社体制へ移行するため、グループ経営管理事業および資産管理事業を除く一切の事業に関する権利義務を新CCW設立準備株式会社へ承継させる吸収分割を実施

2018年1月

 

商号をコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社へ変更

 

(5)【所有者別状況】

2018年12月31日現在

 

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

73

33

793

514

51

57,668

59,132

所有株式数(単元)

347,582

31,048

707,327

505,996

247

461,562

2,053,762

892,393

所有株式数の割合(%)

16.92

1.51

34.44

24.64

0.01

22.47

100.00

 (注)1.「個人その他」および「単元未満株式の状況」の欄には、当社所有の自己株式がそれぞれ227,930単元および49株含まれております。

2.「その他の法人」および「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式がそれぞれ23単元および60株含まれております。

 

3【配当政策】

当社は株主還元を最大化すべく、成長機会に向けた財務戦略の柔軟性を維持しつつ、資本構成や配当性向を定期的に見直し、内部留保金は持続的な成長に向けた投資にも活用し、事業の成長とさらなる企業価値の向上を追求してまいります。

配当につきましては、積極的な利益還元を行うことを利益配分に関する基本方針としながら、安定的に配当を行うことを最優先とし、IFRS導入後の2019年12月期以降は、上記に加えて親会社の所有者に帰属する当期利益の30%以上を目安とし、業績や内部留保を総合的に勘案のうえ、中間配当および期末配当の年2回、剰余金の配当を実施してまいります。

2018年12月期の配当金は、期末配当金は1株につき25円となり、すでに実施しております中間配当金25円とあわせた1株あたり年間配当金は前期比6円増の50円となりました。

2019年12月期の配当金予想は、上記の基本方針および2019年12月期業績予想を踏まえ、安定的に配当を行うことを最優先として、2018年12月期と同額の1株につき中間配当金25円、期末配当金25円を予定し、年間配当金は50円となる見込みであります。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

2018年8月10日

取締役会決議

4,679

25

2019年3月26日

定時株主総会決議

4,587

25

5【役員の状況】

男性6名 女性3名 (役員のうち女性の比率33.3%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役

社長

カリン・

ドラガン

1966年

10月24日生

 

1993年6月

COCA-COLA LEVENTIS〔コカ・コーラ レバンティス〕入社

2000年1月

COCA-COLA HELLENIC BOTTLING COMPANY(コカ・コーラ ヘレニック ボトリング カンパニー)S.A.入社

2005年1月

同社ルーマニア・モルドバ共和国担当ゼネラルマネジャー 兼 アドミニストレーター

2011年7月

コカ・コーラウエスト㈱専務執行役員

2012年3月

 

同社代表取締役

同社副社長

2013年7月

 

コカ・コーライーストジャパン㈱代表取締役社長

2017年5月

 

 

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕 ボトリング投資グループ

リージョナルディレクター

COCA-COLA FAR EAST LIMITED(コカ・コーラ ファー イースト リミテッド)リージョナルディレクター

2018年1月

 

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕ボトリング投資グループ

プレジデント

2019年3月

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)執行役員

当社副社長

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

執行役員

同社副社長

2019年3月

当社代表取締役(現任)

当社社長(現任)

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

代表取締役(現任)

同社社長(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から1年

代表取締役

副社長 兼 最高財務責任者(財務本部長)

 

ビヨン・イヴァル・ウルゲネス

1968年

4月5日生

 

1997年7月

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕入社

2005年8月

同社 北&西アフリカ ビジネスユニット 財務ディレクター

2008年5月

同社 北&西アフリカ ビジネスユニット 財務ディレクター & ビジネスユニットプレジデント補佐

2009年6月

同社 北&西アフリカ ビジネスユニット GMイノベーション & EA

2010年2月

日本コカ・コーラ㈱ 財務副社長

2013年1月

 

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕

セントラル・イースト&ウエストアフリカグループ 財務ディレクター

2016年4月

同社 欧州・中東・アフリカ(EMEA)グループ

副財務ディレクター

2018年10月

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)

上席執行役員財務本部長

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱上席執行役員財務本部長

2018年11月

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンセールスサポート㈱代表取締役社長

2019年1月

コカ・コーラ ボトラーズジャパンビジネスサービス㈱代表取締役社長(現任)

2019年2月

当社執行役員財務本部長

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱執行役員財務本部長

2019年3月

当社代表取締役(現任)

当社副社長 兼 最高財務責任者(財務本部長)(現任)

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

代表取締役(現任)

同社副社長 兼 最高財務責任者(財務本部長)(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から1年

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

会長

吉松 民雄

1947年

2月10日生

 

1969年3月

近畿コカ・コーラボトリング㈱入社

1997年3月

同社参与

2000年3月

同社取締役

2004年3月

同社常務取締役

2006年3月

同社専務取締役

 

同社専務執行役員

2006年7月

コカ・コーラウエストホールディングス㈱

取締役

 

同社専務執行役員

2007年3月

近畿コカ・コーラボトリング㈱代表取締役

 

同社社長

2009年1月

コカ・コーラウエスト㈱取締役

同社副社長

2009年3月

2010年1月

同社代表取締役

同社社長

2016年6月

西日本鉄道㈱社外取締役(現任)

2017年4月

 

 

 

 

 

2018年1月

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

代表取締役

同社社長

コカ・コーライーストジャパン㈱

代表取締役

同社社長

コカ・コーラ ボトラーズジャパン

ホールディングス㈱(当社)代表取締役

当社社長

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

代表取締役

同社社長

2019年3月

 

当社取締役(現任)

当社会長(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から1年

12

取締役

 

 

吉岡 浩

1952年

10月26日生

 

1975年4月

1979年1月

日本無線㈱入社

ソニー㈱入社

2001年10月

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニ

ケーションズ㈱代表取締役社長

2003年4月

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニ

ケーションズAB CVP

2005年11月

2008年4月

ソニー㈱業務執行役員SVP

同社業務執行役員EVP

2009年4月

2013年7月

 

2017年4月

 

2018年1月

同社執行役副社長

コカ・コーライーストジャパン㈱

社外取締役

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

社外取締役

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)社外取締役(現任)

 

 

2019年3月の定時株主総会から1年

0

取締役

 

 

和田 浩子

1952年

5月4日生

 

1977年4月

 

プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム㈱入社

1998年1月

米プロクター・アンド・ギャンブル社ヴァイスプレジデント、

コーポレートニューベンチャー・アジア担当

2001年3月

ダイソン㈱代表取締役社長

2004年4月

日本トイザらス㈱代表取締役社長 兼 最高業務執行責任者

2004年11月

Office WaDa代表(現任)

2009年5月

㈱アデランスホールディングス社外取締役

2016年6月

㈱島津製作所社外取締役(現任)

2019年3月

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)社外取締役(現任)

2019年3月

 

ユニ・チャーム㈱社外取締役(監査等委員)(予定)

 

 

2019年3月の定時株主総会から1年

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

(監査等委員)

 

イリアル・

フィナン

1957年

6月14日生

 

1984年10月

COCA-COLA BOTTLERS IRELAND,LTD.

ファイナンスディレクター

1991年1月

COCA-COLA BOTTLERS ULSTER,LTD.

マネージングディレクター

1995年6月

COCA-COLA MORINO BEVERAGES

マネージングディレクター

2001年3月

COCA-COLA HELLENIC BOTTLING COMPANY

〔コカ・コーラ ヘレニック ボトリング カンパニー〕S.A. CEO

2004年8月

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕

エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント(ボトリング投資グループ社長)

2012年2月

SMURFIT KAPPA GROUP PLC ディレクター

(現任)

2012年3月

コカ・コーラセントラルジャパン㈱

社外取締役

2013年7月

 

2016年4月

 

2017年4月

 

コカ・コーライーストジャパン㈱

社外取締役

COCA-COLA EUROPEAN PARTNERS PLC

ディレクター(現任)

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

社外取締役(監査等委員)

2018年1月

 

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)社外取締役

(監査等委員)(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から2年

取締役

(監査等委員)

 

ジェニファー・マン

1972年

9月27日生

 

1994年1月

DEKALB MEDICAL CENTER入社

1997年11月

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラ カンパニー〕入社

2015年10月

2017年5月

 

 

 

同社チーフ・オブ・スタッフ

同社チーフ・ピープル・オフィサー

COCA-COLA BOTTLING CO. CONSOLIDATED〔コカ・コーラ ボトリングコンソリデイティッド〕ディレクター(現任)

2019年1月

THE COCA-COLA COMPANY〔ザ コカ・コーラカンパニー〕

シニア・ヴァイス・プレジデント、チーフ・ピープル・オフィサー(現任)

同社グローバル ベンチャーズ プレジデント (現任)

2019年3月

 

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)社外取締役

(監査等委員)(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から2年

取締役

(監査等委員)

 

行徳 セルソ

1959年

1月3日生

 

1983年12月

BRADESCO銀行入社

1985年1月

アンダーセン コンサルティング(アクセンチュア)シニアマネジャー

1996年3月

東芝アメリカ電子部品社情報システムディレクター

1997年12月

i2テクノロジー・ジャパン社

ソリューションサービス・ヴァイスプレジデント

2004年5月

日産自動車㈱ 理事 CIO(チーフ・インフォメーション・オフィサー)

2006年4月

同社執行役員 CIO

2014年4月

同社常務執行役員 CIO

2017年6月

同社監査役

2019年3月

コカ・コーラ ボトラーズジャパン

ホールディングス㈱(当社)社外取締役

(監査等委員)(現任)

西本Wismettacホールディングス㈱

執行役員 グローバルチーフディジタルオフィサー(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から2年

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

(監査等委員)

 

濱田 奈巳

1964年

8月3日生

 

1992年7月

シェアソン・リーマン・ブラザーズ証券会社入社

1996年10月

リーマン・ブラザーズ証券会社ヴァイス・プレジデント

1999年6月

同社シニア・ヴァイス・プレジデント

2004年5月

エイチ・ディー・エイチ アドバイザーズ ジャパンリミテッド代表取締役

2006年12月

エイチ・ディー・エイチ キャピタル・マネジメントPTE LTD プリンシパル

2009年3月

マイル・ハイ・キャピタル㈱共同創業者

マネージング・ディレクター(現任)

2017年8月

エコプレクサス・ジャパン㈱取締役(現任)

2019年2月

ヴエスパーグループジャパン㈱最高執行責任者(現任)

2019年3月

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス㈱(当社)社外取締役

(監査等委員)(現任)

 

2019年3月の定時株主総会から2年

12

 (注)1.取締役 吉岡浩、和田浩子、イリアル・フィナン、ジェニファー・マン、行徳セルソおよび濱田奈巳は社外取締役であります。

2.当社では業務執行の迅速化と責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入しております。なお、執行役員の総員は代表取締役および取締役を含め17名であります。

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱

(注)2、5

東京都

港区

100

飲料・食品の製造・販売

100.0

役員の兼任等 … 有

設備の賃貸借 … 有

コカ・コーラ ボトラーズジャパンベンディング㈱

(注)1

福岡市

東区

80

自動販売機のオペレーション

100.0

(100.0)

――――

FVジャパン㈱

(注)1、6

東京都

港区

100

飲料・食品の販売

100.0

(100.0)

――――

コカ・コーラ ボトラーズジャパンセールスサポート㈱

(注)1

福岡市

東区

80

拠点内勤事業

100.0

(100.0)

――――

㈱カディアック

(注)1

大阪府

泉南市

80

飲料の販売

52.0

(52.0)

――――

コカ・コーラ ボトラーズジャパンベネフィット㈱

(注)1

福岡市

東区

100

不動産事業、保険代理業

100.0

(100.0)

――――

コカ・コーラカスタマーマーケティング㈱

(注)1

東京都

港区

301

飲料の販売

100.0

(100.0)

――――

キューサイ㈱

福岡市

中央区

350

健康食品および化粧品等関連商品の製造・販売

100.0

役員の兼任等 … 有

㈱キューサイファーム島根

(注)1、3、4

島根県

益田市

10

健康食品の製造・販売

49.5

(49.5)

[26.2]

――――

㈱キューサイ分析研究所

(注)1

福岡市

中央区

10

健康食品の製造・販売

51.5

(51.5)

――――

CQベンチャーズ㈱

福岡市

中央区

50

投資事業

100.0

――――

(注)1.議決権の所有割合の( )内の数値は、間接所有割合で内数であります。

2.特定子会社に該当しております。

3.議決権の所有割合の[ ]内の数値は、緊密な者の所有割合で外数となっております。

4.議決権の所有割合は100分の50以下でありますが、実質的に支配していると認められるため、子会社としたものであります。

5.コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社については、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く。)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等(日本基準)     (1) 売上高    876,880百万円

       (2) 経常利益   18,522百万円

       (3) 当期純利益    8,327百万円

       (4) 純資産額  461,515百万円

       (5) 総資産額  623,666百万円

 

6.FVジャパン株式会社については、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く。)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等(日本基準)     (1) 売上高    100,313百万円

       (2) 経常利益    5,195百万円

       (3) 当期純利益    3,307百万円

       (4) 純資産額   28,252百万円

       (5) 総資産額   48,083百万円

 

(2)持分法適用関連会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

㈱アペックス西日本

(注)

大阪市

福島区

64

飲料の販売

34.0

(34.0)

――――

㈱リソーシズ

(注)

香川県

高松市

40

自動販売機関連事業

44.0

(44.0)

――――

 (注)議決権の所有割合の( )内の数値は、間接所有割合で内数であります。

 

 

(3)その他の関係会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の被所有割合(%)

関係内容

ザ コカ・コーラカンパニー

(注)1、2

アメリカ合衆国

ジョージア州

アトランタ

百万米ドル

1,760

清涼飲料水(含む原液)の販売

18.47

(18.47)

役員の兼任等 … 有

 (注)1.議決権の被所有割合の( )内の数値は、間接被所有割合で内数であります。

2.有価証券届出書または有価証券報告書を提出しております。

 

※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度94%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度6%であります。

 販売費及び一般管理費並びに営業費用の主要な費目および金額は次のとおりであります。

 

 前事業年度

(自 2017年1月1日

  至 2017年12月31日)

 当事業年度

(自 2018年1月1日

  至 2018年12月31日)

減価償却費

4,705百万円

1,806百万円

租税公課

1,554

824

賃借料

617

513

業務委託費

12,770

112

役員賞与引当金繰入額

114

85

業績連動報酬引当金繰入額

24

広告宣伝費

5,557

23

退職給付費用

574

6

賞与及び賞与引当金繰入額

1,310

4

販売手数料

7,563

貸倒引当金繰入額

0

1【設備投資等の概要】

 当社グループは、当連結会計年度において当社グループの主要なセグメントである飲料事業を中心に総額53,136百万円の設備投資を実施いたしました。

 主な内容は、販売力強化を目的とした自動販売機等の市場への投入、製造効率改善および新製品対応設備取得であります。

なお、設備投資額には有形固定資産のほか、無形資産を含んでおります。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値482,279 百万円
純有利子負債0 百万円
EBITDA・会予- 百万円
株数(自己株控除後)179,352,746 株
設備投資額- 百万円
減価償却費47,531 百万円
のれん償却費- 百万円
研究開発費- 百万円
代表者代表取締役社長  カリン・ドラガン
資本金15,232 百万円
住所東京都港区赤坂九丁目7番1号
電話番号

類似企業比較