1年高値2,242 円
1年安値1,405 円
出来高1,208 千株
市場東証1
業種小売業
会計IFRS
EV/EBITDAN/A
PBR2.7 倍
PSR・会予N/A
ROA2.1 %
ROIC5.0 %
β0.50
決算12月末
設立日1962/4/4
上場日2014/10/9
配当・会予0 円
配当性向39.6 %
PEGレシオN/A
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・実績:1.7 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・実績:-7.3 %
純利5y CAGR・実績:-11.0 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別利益率
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
会社の詳細

3【事業の内容】

 当社グループは、当社(持株会社)及び子会社9社(2019年12月31日現在)で構成され、レストランの経営を主体としているほか、食品の販売、グループ会社支援等の事業も展開しております。

 当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

(1)当社グループ各社の事業内容等

 当社グループの連結財務諸表における報告セグメントは「レストラン事業」のみであり事業セグメント情報の記載が省略されておりますが、「3.事業の内容」では、当社グループのレストラン事業及びデリバリー事業を「レストラン事業」として記載し、株式会社フロジャポン、株式会社ジャパンカーゴ及び株式会社すかいらーくD&Mの営む事業を「その他」として記載しております。

 

レストラン事業

① 株式会社すかいらーくレストランツ

事業内容:国内におけるファミリーレストラン事業の店舗運営及び食品等の販売

ブランド:ガスト、ジョナサン、バーミヤン、しゃぶ葉、夢庵、ステーキガスト、から好し、グラッチェガーデンズ、藍屋、魚屋路(ととやみち)、Sガスト、chawan、とんから亭、その他

 

ブランドごとのコンセプトとターゲット客層

ブランド名

コンセプト

ターゲットとする客層

ガスト

幅広い客層・利用動機に対応できるファミリーレストラン。洋食を中心に多様なジャンルの料理を提供する「お値打ち感」重視のレストラン。あらゆる年代に対応した幅広いメニューを展開。

30~40代女性を含むファミリー層を中心に、学生・一人客・シニアなどの幅広い客層

ジョナサン

多様なジャンルの質の高いメニューを提供

女性グループやファミリー層を中心に主に都市部にて展開。

20~40代女性を中心としたファミリー層

バーミヤン

家庭では味わえない本格中華をお手頃価格で楽しめる中華レストラン。

食べ応えやボリュームも重視する男性及び、30~40代女性を中心としたファミリー層

しゃぶ葉

美味しいお肉と新鮮野菜が食べ放題のしゃぶしゃぶ専門店。

30~40代ファミリー層を中心に、野菜がたっぷりの健康感と食べ応えを重視する学生など含む幅広い客層

夢庵

季節ごとの美味しい和食を気軽に召し上がれる和食レストラン。

20~30代女性を中心としたファミリー層

ステーキガスト

美味しいステーキとハンバーグを充実のサラダバーとともにお値打ち価格で提供する専門店。

ボリュームや質を重視する男性グループや、30~40代女性を中心としたファミリー層

から好し

唐揚げ専門店の味を気軽に楽しめるお店。

20代~40代の男女及びファミリー層

藍屋

素材や産地にこだわった美味しい本格和食を、おもてなしと暖かい雰囲気の中で味わえるお店。

本格的和食を求めるシニア層及び30~50代女性を中心としたファミリー層

魚屋路(ととやみち)

築地市場から毎日仕入れている新鮮な食材を使った回転寿司店。

30~50代女性を中心としたファミリー層や夫婦連れ

 

② ニラックス株式会社

事業内容:商業施設内のブッフェレストラン事業、カフェ事業、事業所給食、フードコート事業等の展開

ブランド:むさしの森珈琲、グランブッフェ、フェスタガーデン、パパゲーノ、その他

 

③ 株式会社トマトアンドアソシエイツ

事業内容:焼肉バイキング及び関西圏を中心としたファミリーレストランの直営並びにFC事業の展開

ブランド:じゅうじゅうカルビ、トマト&オニオン

 

④ 雲雀國際股份有限公司

事業内容:台湾におけるレストラン事業の展開

ブランド:Skylark、Café Grazie、藍屋、しゃぶ葉、その他

事業の位置づけ:当社から上記ブランドのライセンスを受けて、台湾におけるレストラン事業を展開しております。2004年の当社による同社の関連会社化(なお、2005年には子会社化)以降、ディナーレストランの開発を進め、2019年12月31日現在、61店舗を展開しております。

 

 なお、当社グループのレストランの主要なブランドごとの店舗数及び売上金額等につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③ 生産、受注及び販売の実績 (c)販売実績 (参考)最近2年間の主要ブランド別販売実績」をご参照下さい。

 

その他

① 株式会社フロジャポン

事業内容:商業施設内及び駅構内のケーキ・惣菜販売事業の展開

ブランド:フロプレステージュ

事業の位置づけ:駅ビル・駅中・百貨店・ショッピングセンターなどの施設で、ケーキやタルト等の洋菓子のみを販売する店舗と、サラダ・キッシュ等の洋風惣菜を合わせて販売する店舗を展開しております。

 

② 株式会社ジャパンカーゴ

事業内容:グループ会社の運送事業(マーチャンダイジングセンター・工場から店舗への食材・一般品の配送)

事業の位置づけ:マーチャンダイジングセンターからレストラン店舗への配送をグループ内の会社で行うことにより、当社グループのレストランで使用する食材の温度管理を含む食材管理を一元化しております。また、配送コースを柔軟に組み替えることにより、配送効率の向上に貢献しています。

 

③ 株式会社すかいらーくD&M

事業内容:グループ会社の店舗清掃・保守、売店商品納入及びリネンサプライ

事業の位置づけ:外食店舗特有の汚れや故障に対応できる専門家集団をグループ内で育成することにより、衛生管理の向上や店舗の修理依頼への即時対応など、当社グループのお客様に快適な空間を提供するための店舗運営に重要な役割を果たしています。

 

(注)当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレストランの店舗運営(26店舗)を行っております。

(2)事業内容の一覧

区分

主な事業内容

当該事業に携わる会社

当該事業に含まれる外食系のブランド

レストラン事業

国内

ファミリーレストラン・ブッフェ等の展開及び食品等の販売

株式会社すかいらーくレストランツ、

ニラックス株式会社、

株式会社トマトアンドアソシエイツ

(会社総数 3社)

ガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵、しゃぶ葉、ステーキガスト、から好し、グラッチェガーデンズ、藍屋、魚屋路(ととやみち)、Sガスト、むさしの森珈琲、chawan、とんから亭、グランブッフェ、フェスタガーデン、パパゲーノ、La Ohana、じゅうじゅうカルビ、トマト&オニオン、その他

海外

レストラン等の展開等

雲雀國際股份有限公司、

SKYLARK USA INCORPORATED(注2)、

SKYLARK MALAYSIA SDN.BHD.(注2)

(会社総数 3社)

Skylark、Café Grazie、藍屋、しゃぶ葉、その他

その他

国内

食品の販売、食材等の配送、店舗清掃・保守、売店商品納入及びリネンサプライ等のグループ会社支援事業

株式会社フロジャポン、

株式会社ジャパンカーゴ、

株式会社すかいらーくD&M

(会社総数 3社)

フロプレステージュ

 (注1) 当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレストランの店舗運営(26店舗)を行っております。

(注2) 当連結会計年度末においてレストラン事業を開始しておりません。

 

(3)事業系統図

(画像は省略されました)

 (注3)当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレストランの店舗運営(26店舗)を行っております。

 

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

 

(a)財政状態

 当連結会計年度末における資産、負債及び資本の状況は以下のとおりであります。

 流動資産は366億58百万円で、主にその他の流動資産の減少により、前連結会計年度末に比べ10億78百万円減少いたしました。非流動資産は4,173億21百万円で、主にIFRS第16号「リース」の適用等による有形固定資産の増加及びその他の非流動資産の減少により、前連結会計年度末に比べ1,243億86百万円増加いたしました。

 総資産は4,539億79百万円で前連結会計年度末に比べ1,233億8百万円増加いたしました。

 また、流動負債は975億88百万円で、主に短期借入金の減少及びIFRS第16号「リース」の適用等によるその他の金融負債の増加により、前連結会計年度末に比べ596億89百万円減少いたしました。非流動負債は2,235億74百万円で、主に長期借入金の増加及びIFRS第16号「リース」の適用等によるその他の金融負債の増加により、前連結会計年度末に比べ1,806億33百万円増加いたしました。

 負債は合計3,211億62百万円で、前連結会計年度末に比べ1,209億44百万円増加いたしました。

 資本は合計1,328億17百万円で、前連結会計年度末に比べ23億64百万円増加いたしました。これは主にIFRS第16号「リース」の適用による減少(14億86百万円)、配当金支払いによる減少(61億13百万円)及び当期利益による増加(94億87百万円)によるものであります。

 

 

(b)経営成績

 当社のグループ経営理念は『価値ある豊かさの創造』でありますが、「ひとりでも多くのお客様に 安くておいしい料理を 気持ちのよいサービスで 清潔な店舗で味わっていただく」という私達のミッションを実現し、お客様の生活がより豊かになり、より快適に過ごしていただけるよう、地域に根差した店舗づくりを推進しております。

 

 昨今の厳しい外部環境の中、継続的なお客様の支持を頂くため、2019年も「店舗と従業員への投資」を最重要経営方針と位置付け実行してまいりました。

 

 すかいらーくグループのブランドポートフォリオを通じてお客様の多様なライフスタイルや地域毎のお客様ニーズへ対応し、お客様に最高の店舗体験を味わって頂くために、グループ全体で86店舗の新規出店、62店舗の業態転換、175店舗のリモデル(時代に即したデザインへの刷新)(注1)を行いました。主なハイライトとして、新型ファミリーレストランのポジションにある「しゃぶ葉」やテイクアウト需要にも対応する「から好し」の急速な多店舗展開(2019年度末店舗数 「しゃぶ葉」268店舗、「から好し」66店舗)、滞在型の「むさしの森珈琲」の出店、シニア向け「藍屋」・「夢庵」個室化リモデル実施、「バーミヤン」の地方出店の再開等を積極的に推進いたしました。また店舗環境改善の為の修繕や消耗品への支出強化を行い、お客様の店舗体験改善に努めました。デリバリー事業(宅配)もお客様のオーダーシステムの改善や配送効率化による配達時間の短縮化に取り組み、前年同期比+7.4%の売上成長を実現しました。

 

 また、従業員の働く環境を整えワークライフバランスを向上させるため、店舗営業時間の見直しを行っています。2019年の年末は、従業員が年末年始という大切な時間を家族と過ごせるよう、大みそかから翌日の元旦にかけて全店舗の80%にあたる約2,700店で営業時間を短縮しました。2020年も、2020年1月20日に発表した24時間営業の全店廃止を皮切りに、さらなる営業時間の最適化を図ってまいります。また、2019年9月1日より、グループ全店舗(約3,200店)で敷地内禁煙を実施しています。お客様、そして働く従業員の健康増進と職場環境の改善を目的として、法令に先立ち実施いたしました。

 

 このように、すかいらーくグループは店舗と従業員への投資を積極的に行い、店舗環境の改善と従業員のワークライフバランスの改善に積極的に取り組んでいます。

 

 次に、コスト削減についてですが、まず原価対策として、購買・加工・物流における最適化を継続的に実施しております。店舗で加工していた食材をセントラルキッチンで集中して加工することで生産性を高め、さらにその生産ラインに設備投資を行って生産を自動化するなど、購買から加工、物流、店舗での料理提供に至るまでの全工程を最適化し、業界トップクラスの原価率を実現しています。なお、2019年度の原価率は前年同期比同水準の30.4%となりました。

 

 一般経費は、店舗数の増加、最低賃金の上昇や正社員のベースアップなどを要因とし人件費が増加し、店舗労働時間・水光熱使用量を抑えましたが、販売費及び一般管理費の売上高比率は前年同期より0.2%悪化し63.1%となりました。

 人件費に関しましては、継続的な単価上昇と採用難の高止まりが予測されるため、複合的な対応が必要と考えております。店舗の作業負荷を軽減し従業員が働きやすい職場環境を構築するとともに、デジタル化によるビジネス基盤の強化を図ることで生産性の向上を推進し、人件費の高騰に対応していきたいと考えております。

 

 なお、当連結会計年度では無形資産のうち13億58百万円を減損損失として計上しています。これは、店舗システム開発において、店舗のテーブル端末(デジタルメニューブック)やキャッシュレス決済等の新規機能を追加するなどの方針変更により、改修や転用ができない部分の見積りがおおよそ確定したためであります。

 

 以上の結果、当連結会計年度の売上収益は3,753億94百万円(前年同期比90億34百万円増)、営業利益は205億62百万円(前年同期比22億95百万円減)、税引前利益は167億29百万円(前年同期比18億67百万円減)、親会社の所有者に帰属する当期利益は94億87百万円(前年同期比19億51百万円減)となりました。

 EBITDA(注2)は719億41百万円(前年同期比347億15百万円増)、調整後EBITDA(注3)は762億37百万円(前年同期比369億61百万円増)、調整後当期利益(注4)は100億67百万円(前年同期比27億48百万円減)となりました。なお、EBITDA及び調整後EBITDAの大幅な増加はIFRS第16号「リース」の適用によるものであります。当連結会計年度末時点での店舗数は3,258店舗(期首時点は3,200店舗)となりました。

 

 

(注1)リモデルとは店舗内外の改装であり、当社は毎年約200~300店舗のリモデルを行っております。

(注2)EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金融関連費用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金融関連収益+減価償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費

・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。

・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額となります。なお、第6期を除き、その他の金融関連収益の額は連結純損益計算書上のその他の収益の額と一致しております。

(注3)調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+上場及び売出関連費用+適格上場に伴う会計上の見積変更額

(注4)調整後当期利益=当期利益+上場及び売出関連費用+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に伴う会計上の見積変更額+IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整含む)+調整項目の税効果調整

(注5)上場及び売出関連費用とは、当社株式の上場及び売出し時に発生したアドバイザリー報酬額、上場記念品購入費用等の一時的な費用であり、下記(注6)に記載の適格上場に伴う会計上の見積変更額を含んでおりません。

(注6)当社株式が適格上場(適用される証券法に基づく届出書により、又は当社株式が日本の証券取引所に上場することにより、当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対価とする公募又は売出しがなされることをいう。以下同じ。)の要件を満たすことにより、①当社が当社の役員及び従業員に付与した持分決済型の株式報酬(第1回新株予約権、第2回新株予約権及び第3回新株予約権)(以下「SO」という)及び②当社が当社の役員及び従業員との間で締結したCash-Settled Stock Appreciation Right Agreementに基づき、当該役員等による現金決済型株式評価益権(以下「SAR」という)の全部又は一部の行使が可能となり、また、③当社が当社の役員及び従業員との間で締結したDeferred Compensation Agreement(以下「DC契約」という)に基づき、当社はDC契約の相手方に対し、当該契約で定められた額の金銭(以下「DC」という)を交付する義務が生じることとなりました。SO、SAR及びDCの会計処理に用いる見積りに関しては、適格上場の成立が重要な影響を及ぼしており、当社株式が適格上場の要件を満たしたことに伴い、当該会計処理に用いる見積りに変更が生じました。「適格上場に伴う会計上の見積変更額」とは、SO、SAR及びDCに関する権利確定期間及び失効数の見積りの変更に伴う、当該会計処理に用いる見積りに対する影響額をいいます。

 

 セグメントの業績は次のとおりであります。

ⅰ レストラン事業

 レストラン事業につきましては、外部顧客に対する売上収益は3,658億26百万円(前年同期比85億28百万円増)となりました。

 

ⅱ その他

 その他につきましては、外部顧客に対する売上収益は95億67百万円(前年同期比5億5百万円増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ40百万円増加し、189億49百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られた資金は、678億25百万円(前年同期比362億54百万円増)となりました。これは主に、IFRS第16号「リース」の適用等により減価償却費及び償却費が369億86百万円増加したことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は204億46百万円(前年同期比7億79百万円増)となりました。これは主に、新店・転換・リモデルの店舗投資を含む有形固定資産の取得による支出が21億41百万円増加したこと及び有形固定資産の売却による収入が10億57百万円増加したことによるものであります。なお、当社においては、投資活動による資産の増加から、現金及び現金同等物の支払が行われるまでの期間は、通常1~2ヶ月となります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動により使用した資金は473億50百万円(前年同期比393億1百万円増)となりました。これは主に、IFRS第16号「リース」の適用等によりリース負債の返済による支出が357億43百万円増加したこと、短期借入れによる収入が135億円減少したこと、短期借入金の返済による支出が185億円減少したこと、長期借入れによる収入が950億円増加したこと及び長期借入金の返済による支出が1,071億75百万円増加したことによるものであります。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

(a)仕入実績

 当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、「生産実績」に代えて「仕入実績」を記載いたします。

 当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

前年同期比

(%)

レストラン事業(百万円)

93,884

104.8

その他(百万円)

4,079

102.4

合計(百万円)

97,964

104.7

 (注1)金額は仕入価格によっております。

 (注2)上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

(b)受注実績

 当社グループは見込み生産を行っているため、該当事項はありません。

 

(c)販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

前年同期比

(%)

レストラン事業(百万円)

365,826

102.4

その他(百万円)

9,567

105.6

合計(百万円)

375,394

102.5

 (注1)上記金額は外部顧客に対する売上収益を示しております。

 (注2)上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

(参考)最近2年間の主要ブランド別販売実績

 当社グループの売上及び店舗数を主要なブランドごとに示すと次のとおりであります。

ブランド別売上

セグメントの名称

ブランド名

2018年12月期

2019年12月期

店数

金額

比率

店数

金額

比率

レストラン事業

 

 

百万円

 

百万円

ガスト

1,357

153,256

41.8

1,338

153,981

41.0

ジョナサン

285

40,810

11.1

284

40,057

10.7

バーミヤン

333

37,940

10.4

334

39,590

10.5

しゃぶ葉

202

29,103

7.9

268

35,355

9.4

夢庵

195

21,457

5.9

188

21,573

5.7

ステーキガスト

138

16,541

4.5

137

16,015

4.3

その他

577

58,191

15.9

591

59,255

15.8

その他

その他

113

9,062

2.5

118

9,567

2.5

合計

3,200

366,360

100.0

3,258

375,394

100.0

 (注1)ブランドごとの店数は期末日の直営店舗数を表示しています。フランチャイズ店舗は「レストラン事業その他」に含まれます。

 (注2)ブランドごとの売上金額は直営店舗の合計金額となっております。フランチャイズ店舗への売上金額は「レストラン事業その他」に含まれます。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容、資本の財源及び資金の流動性に関する状況は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たっては、決算日における財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を与えるような経営者の見積り及び予測を必要としております。当社は、過去の実績値や状況を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、見積り及び予測を行っておりますが、前提条件やその後の環境等に変化がある場合には、実際の結果がこれら見積りと異なる可能性があります。なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計方針」に記載しております。

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

(a)経営成績等の状況

(ⅰ)財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度の財政状態及び経営成績の状況につきましては、「3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載したとおりであります。

(ⅱ)キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載したとおりであります。

 

(b)当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因

 当社グループの売上は、経済情勢、消費者の嗜好の変化、他社との競合、天候不順、出店計画等による影響を受け、また当社の費用は、原材料価格、光熱費、不動産賃料、人件費等による影響を受けます。したがって、これらの変動要因が発生し、当社グループによる対応策が功を奏さなかった等の場合は、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループの経営成績に影響を与える他の要因については、「2.事業等のリスク」をご参照下さい。

 

(c)当社グループの資本の財源及び資金の流動性

 当社グループの運転資金需要は主として原材料等のたな卸資産の購入費用の他、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、主に新規出店、ブランド転換工事及び既存店舗の改修(リモデル)といった設備投資等によるものであります。

 当社グループは、短期運転資金に関しましては自己資金及び短期の借入により、設備投資や長期運転資金に関しましては自己資金及び長期の借入により、各々調達することを基本としております。

 

(3)経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

 国際会計基準により作成した連結財務諸表における主要な項目と、日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項

(のれんの償却に関する事項)

 日本基準において、のれんの償却についてはその効果の及ぶ期間を見積り、その期間で償却することとしておりましたが、国際会計基準では国際会計基準移行日以降の償却を停止しております。

 この影響により国際会計基準では日本基準に比べて、販売費及び一般管理費(のれん償却費相当額)が前連結会計年度7,386百万円、当連結会計年度7,387百万円減少しております。

(リースに関する事項)

 当連結会計年度よりIFRS第16号「リース」を適用しています。日本基準においてオペレーティングリースとして費用処理している取引については、国際会計基準では使用権資産とリース負債を計上し、見積ったリース期間にわたり規則的に償却を行っております。また、支払リース料は実効金利法に基づき支払利息とリース負債の返済額に配分しております。

 この影響により、当連結会計年度において、国際会計基準では日本基準に比べて、有形固定資産残高(使用権資産相当額)が122,558百万円増加し、その他の金融負債残高(リース負債相当額)が121,641百万円増加し、販売費及び一般管理費(減価償却費の増加とリース料の減少の純額相当額)が1,080百万円減少し、その他の費用(支払利息相当額)が1,080百万円増加しております。また、営業活動によるキャッシュ・フローで得られた資金が36,419百万円増加し、財務活動によるキャッシュ・フローで使用した資金が同額増加しております。

 

(参考情報)

 当社グループは、経営成績の推移を把握するために、以下の算式により算出されたEBITDA等を重要な経営指標として位置づけており、当連結会計年度及び過去4年間のEBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益の推移は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

回次

国際会計基準

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

決算年月

2015年

12月

2016年

12月

2017年

12月

2018年

12月

2019年

12月

税引前利益

24,717

28,952

23,519

18,596

16,729

(調整額)

 

 

 

 

 

+ 支払利息

3,458

2,749

4,496

4,214

3,816

+ その他の金融関連費用

40

23

107

68

31

- 受取利息

△33

△21

△17

△14

△12

- その他の金融関連収益

△376

△2

△2

△7

△2

+ 減価償却費及び償却費

13,400

13,984

13,464

14,075

51,061

+ 長期前払費用償却費

200

300

260

287

317

+ 長期前払費用(保証金)償却費

12

12

8

7

1

EBITDA(注1)(注4)(注5)

41,418

45,997

41,835

37,226

71,941

(調整額)

 

 

 

 

 

+ 固定資産除却損

1,268

976

722

859

793

+ 非金融資産の減損損失

649

949

720

1,191

3,503

- 非金融資産の減損損失の戻入れ

△32

△15

+ 上場及び売出関連費用(注6)

260

21

+ 適格上場に伴う会計上の見積変更額

(注7)

1,231

調整後EBITDA(注2)(注4)(注5)

44,826

47,890

43,283

39,276

76,237

 

(単位:百万円)

回次

国際会計基準

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

決算年月

2015年

12月

2016年

12月

2017年

12月

2018年

12月

2019年

12月

当期利益

15,120

18,216

15,549

11,438

9,487

 

 

 

 

 

 

会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整(注9)

1,377

 

 

 

 

 

 

(調整額)

 

 

 

 

 

+ 上場及び売出関連費用(注6)

260

21

+ IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(注10)

1,895

882

+ 適格上場に伴う会計上の見積変更額

(注7)

1,231

調整額小計(税引前)

1,491

21

1,895

882

調整額に対する税額(注8)

△566

△5

△518

△301

調整額小計(税引後)

925

16

1,377

581

調整後当期利益(注3)(注4)(注5)

16,045

18,216

16,942

12,815

10,067

 

(注1)EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金融関連費用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金融関連収益+減価償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費

・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。

・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額となります。なお、第6期を除き、その他の金融関連収益の額は連結純損益計算書上のその他の収益の額と一致しております。

 なお、支払利息、その他の費用、受取利息、その他の収益(債務時効消滅益を含む)については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 28.受取利息・支払利息及びその他の収益・費用」をご参照下さい。

(注2)調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+上場及び売出関連費用+適格上場に伴う会計上の見積変更額

(注3)調整後当期利益=当期利益+上場及び売出関連費用+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に伴う会計上の見積変更額+IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整含む)+調整項目の税効果調整

(注4)EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益は国際会計基準により規定された指標ではなく、当社グループが、投資家にとって当社グループの業績を評価するために有用であると考える財務指標であります。当該財務指標は、非現金収支項目や上場及び売出関連費用、期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益並びに適格上場に伴う会計上の見積変更額、IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整含む)等の非経常的な費用項目(通常の営業活動の結果を示していると考えられない項目、あるいは競合他社に対する当社グループの業績を適切に示さない項目)の影響を除外しております。

(注5)当社グループにおけるEBITDA、調整後EBITDA、調整後当期利益は、競合他社の同指標あるいは類似の指標とは算定方法が異なるために、他社における指標とは比較可能でない場合があり、その結果、有用性が減少する可能性があります。

(注6)上場及び売出関連費用とは、当社株式の上場及び売出し時に発生したアドバイザリー報酬額、上場記念品購入費用等の一時的な費用であり、下記(注7)に記載の適格上場に伴う会計上の見積変更額を含んでおりません。

(注7)当社株式が適格上場(適用される証券法に基づく届出書により、又は当社株式が日本の証券取引所に上場することにより、当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対価とする公募又は売出しがなされることをいう。以下同じ。)の要件を満たすことにより、①当社が当社の役員及び従業員に付与した持分決済型の株式報酬(第1回新株予約権、第2回新株予約権及び第3回新株予約権)(以下「SO」という)及び②当社が当社の役員及び従業員との間で締結したCash-Settled Stock Appreciation Right Agreementに基づき、当該役員等による現金決済型株式評価益権(以下「SAR」という)の全部又は一部の行使が可能となり、また、③当社が当社の役員及び従業員との間で締結したDeferred Compensation Agreement(以下「DC契約」という)に基づき、当社はDC契約の相手方に対し、当該契約で定められた額の金銭(以下「DC」という)を交付する義務が生じることとなりました。SO、SAR及びDCの会計処理に用いる見積りに関しては、適格上場の成立が重要な影響を及ぼしており、当社株式が適格上場の要件を満たしたことに伴い、当該会計処理に用いる見積りに変更が生じました。「適格上場に伴う会計上の見積変更額」とは、SO、SAR及びDCに関する権利確定期間及び失効数の見積りの変更に伴う、当該会計処理に用いる見積りに対する影響額をいいます。

(注8)適用税率はそれぞれ、第5期38.0%、第7期25.1%、第8期27.4%及び第9期34.15%であります。

(注9)第8期よりIFRS第9号「金融商品」(2014)を適用しております。これに伴い、金融負債の認識の中止を伴わない条件変更に係る会計方針の変更を遡及的に適用しております。当該変更の影響については、同基準による会計方針の変更がないと仮定した場合の経営指標の数値を示すために、遡及適用に伴う影響額を再調整しております。

(注10)(注9)に記載のとおり、金融負債の認識の中止を伴わない条件変更に係る会計方針の変更を行っておりますが、過年度において公表した経営指標の比較可能性を担保するために、IFRS第9号「金融商品」(2014)の適用後の会計方針に従って計算した支払利息(第8期2,826百万円、第9期1,296百万円)と、適用前の会計方針に従って計算した支払利息(第8期931百万円、第9期415百万円)との差額(第8期1,895百万円、第9期882百万円)を調整しております。

 

6.セグメント情報

 報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、その経営成績を定期的に検討を行う対象となっている事業セグメントを基礎に決定しております。事業セグメントは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成単位であります。

 当社グループは、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、しゃぶ葉、夢庵、ステーキガスト等の事業セグメントを有しており、「レストラン事業」として集約して報告しております。レストラン事業における各事業セグメントは、売上総利益率がおおむね類似した水準にあり、類似した経済的特徴を共有しており、かつ、主にレストランにおけるテーブルサービスを提供する一般消費者向けビジネスとして、食材の調達、加工、調理及び店舗への配送方法も基本的に共通している点で類似しております。

(1)セグメントの収益及び業績

 開示すべき報告セグメントが「レストラン事業」のみとなるため、記載を省略しております。

 

(2)地域別に関する情報

 当社グループは、外部顧客からの国内売上収益が、連結純損益計算書の売上収益の大部分を占めるため、地域別の売上収益の記載を省略しております。

 また、国内所在地に帰属する非流動資産の帳簿価額が、連結財政状態計算書の非流動資産の大部分を占めるため、地域別の非流動資産の記載を省略しております。

 

(3)主要な顧客に関する情報

 当社グループは、一般消費者向けの事業を営んでおり、当社グループの売上収益の10%以上を占める単一の外部顧客(グループ)は存在しないため、記載を省略しております。

 

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)経営方針・経営戦略等

 当社グループは、『価値ある豊かさの創造』という経営理念、「ひとりでも多くのお客様に 安くておいしい料理を 気持ちのよいサービスで 清潔な店舗で味わっていただく」という指針のもと、和洋中をはじめとした各種テーブルレストランを中核事業に、現在、約3,200店舗を展開し、年間約4億人のお客様にご来店いただいております。今後も、それぞれの地域で皆さまに喜ばれ、なお一層必要とされるお店作りを目指してまいります。

 当社グループは、このような経営の基本方針に基づいて事業を展開し、株主利益の増大化を図ってまいります。

 

 当社グループは、EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益を重要な経営指標として位置づけております。

 

 なお、EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益を以下の算式により算出しております。

EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金融関連費用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金融関連収益+減価償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費

・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。

・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額となります。なお、第6期を除き、その他の金融関連収益の額は連結純損益計算書上のその他の収益の額と一致しております。

調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+上場及び売出関連費用+適格上場に伴う会計上の見積変更額

調整後当期利益=当期利益+上場及び売出関連費用+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に伴う会計上の見積変更額+IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整含む)+調整項目の税効果調整

 

(2)経営環境及び対処すべき課題等

 当社グループは、『価値ある豊かさの創造』を経営理念に掲げ、ひとりでも多くのお客様に、安くておいしい料理を気持ちのよいサービスで、清潔な店舗で味わっていただくことをミッションとしています。従業員一丸となって、それぞれの地域で皆さまに喜ばれる店舗づくりを目指すため、顧客のニーズに柔軟に対応し、より強固な企業体制を整備し、市場競争力を向上させる必要があると認識し、以下の施策に重点的に取り組んでいく所存です。

 

①当社グループの強みと経営スタイルの特徴

 日本最大のテーブルサービスレストランチェーンである当社グループは、以下のような強固な事業基盤を有していると考えております。

幅広い顧客ニーズに対応できる多様なブランドポートフォリオを有していること

外食市場におけるリーディングプレーヤーであり、優良な店舗立地を有していること

商品開発から食材の調達、セントラルキッチンでの加工、物流、料理の提供まで自社のネットワークで行う「垂直統合プラットフォーム」を有しており、市場の変化に迅速に対応するスピードとスケールメリットを有していること

卓越した分析能力を有しており、分析結果を経営判断に活用していること

業界最先端のデジタルマーケティングを実施していること

優れた実績を持つ強力且つ経験豊富な経営陣とテーブルサービスレストラン運営に長けた数多くの人財、定着率の高い優秀な店舗スタッフを有していること

 この強固な事業基盤により、当社グループの経営は競合他社にはない以下の特徴を持っております。

(ⅰ)多様な業態を展開し、手頃な価格でのメニューの提供

 当社グループは、和食・洋食・中華・イタリアンなど複数のカテゴリーにおいて、知名度の高い多様な業態を展開しております。また、お手頃な価格設定により、国内消費者の多数を占める幅広い層のお客様にご支持いただいております。

 

(ⅱ)外部環境の変化に対する迅速且つ柔軟な戦略転換や成功確度の高い施策の実施

 当社グループは、外部環境や消費者ニーズの変化を敏感に察知・把握し、その変化に合致する戦略の実行を速やかに行うことで、高収益をあげてまいりました。

 2010年~2013年にはデフレ環境下において店舗配置やブランドポートフォリオの見直しを行いました。2014年~2015年にはインフレ環境下において高単価商品を積極的に開発・導入することにより、客単価上昇が牽引する既存店売上高増加を実現いたしました。2016年~2017年は消費者の嗜好の細分化に対応し、スペシャリティブランドの展開により注力いたしました。2020年以降のフードサービス淘汰の時代を迎えるにあたって、2018年以降は「店舗と従業員への投資」を最優先に実行してまいりました。

 また、新業態をはじめとする当社グループの新たな施策の多くは、既存の事業基盤を活用した施策であるため、成功可能性が非常に高くなっております。

 

②当社グループがとらえる外部環境変化

 当社グループでは、様々な外部環境変化のうち、業績に影響を与えるであろうトレンドを以下の7つと考えております。

(ⅰ)総需要の伸びの鈍化

 人口は減少するものの、外食への1人あたり支出の増加により、2020年頃までは市場規模は横ばいに推移する。また、ファミリーレストラン市場の周辺には、朝食・カフェ・アルコール需要など、大規模な市場が存在している。

(ⅱ)需要の都市部への移動

 利便性を求める層が都市部に移動し、併せて、様々なインフラ維持コストを削減するために政府や自治体も都市中心部への移動を促進する。これにより、人の動きが都市中心に移るとともに、それら中心部を繋ぐ幹線道路沿いの重要性も高まる。

(ⅲ)単身者・女性の社会進出、高齢者層の増加

 相対的に外食への支出割合が高い、単身者や共働き世帯の割合が上昇する。また、資産を持つ高齢者世代は外食に慣れ親しんだ世代であり、食へのこだわりや食を通じたコミュニケーションへの欲求、調理の手間削減などのために今後も積極的に外食を利用する。

(ⅳ)食の嗜好の成熟化

 多くの消費者の食への嗜好が成熟化し目的利用の割合が高まる。これにより、特定のカテゴリーで相対的に安価で質が高いメニューを提供できる専門店ニーズが高くなる。

(ⅴ)消費の二極化

 外食を贅沢の対象とする高価格帯の消費者が一定数存在する一方で、実質賃金が伸び悩んでいることにより節約志向も底堅く、低価格でバリューを訴求するファミリーレストランが伸長する。

(ⅵ)インフレの進展

 新興国における需要の拡大や為替影響により、卸売物価は継続的に上昇する。また、生産年齢人口の減少や景気回復に伴う求人の増加、最低賃金の上昇に伴う時給単価の増によって、人件費は上昇する。

(ⅶ)ファストフード、コンビニエンスストアとの競争領域の重複

 ファストフードやコンビニエンスストアは手軽さだけでなく、食事需要の積極的な取り込みを図り、低価格・少人数での利用シーンにおいてファミリーレストランと競合しつつある。

 これらの環境変化を事業成長の好機ととらえ、外部環境変化に対する迅速且つ的確な施策の実施を通じ、今後も成長を実現してまいりたいと考えております。

 

③当社グループの成長戦略

 当社を取り巻く経営環境は、少子高齢化に伴う労働力の減少や国内外の政治経済等、不透明な状況にあります。一方で、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた景気回復への期待感や右肩上がりのインバウンド需要、消費者のライフスタイルの変化による喫食機会の増加等、成長できる要素も多く存在します。

 2020年以降も継続的に成長を続けていくために、当社は生産性の向上により、人件費増を上回る収益を確保する「営業主導型の構造改革」を実施します。顧客・従業員重視の経営を推進し、継続的な企業価値の向上を目指します。

(ⅰ)店舗における顧客サービスレベルの向上

 今後さらなる成長を目指すためには、生産性の向上が不可欠です。近年深刻化している人件費高騰を乗り越えるため、これまでの店舗業務のあり方を抜本的に見直し、次項に述べるデジタライゼーションの効果によりフロアサービスの約3割を効率化し、その時間を顧客サービスの向上に充当します。

・高度な顧客サービス提供能力を持つマネジャーがフロアで着実に業務に携わることのできる体制を整備します。

・キッチン作業の負荷を軽減するため、購買・生産において加工度を高めた商品の開発・製造を行います。

・マネジャーがスタッフの教育・指導に十分に関わることにより、スタッフの早期戦力化を図り、店舗におけるサービス全体の水準を向上させます。

・営業時間を最適化し、店舗の運営効率を高めます。

 

(ⅱ)デジタライゼーションの強化

 オペレーション改革による生産性向上のための重要な施策として、ITデジタル投資をさらに強化します。2019年に実験を開始した「デジタルメニューブック」の導入を進め、上半期には主要ブランドへの配備が完了します。デジタルプロモーションに関しては新しいテクノロジーをより一層積極的に導入し、お客様とのタッチポイントを強化し、お客様のライフスタイルに寄り添うためのシステムの開発を継続的に行います。また、人件費増に対応するため、店舗オペレーションやバックオフィス業務のデジタライゼーションによる効率化を図り、従業員の作業負荷を低減するとともに、店舗生産性を改善し、店舗運営力の向上を図ります。

・すかいらーくアプリのユーザビリティの向上と機能強化により、よりパーソナライズされたお客様へのサービス強化を図り、プロモーション活動の徹底的な効率化を推進します。

・従業員のデジタルデバイス利活用を促進し、コミュニケーションの円滑化と生産性のさらなる向上に努めます。

・バックオフィス業務の負荷を低減するため、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の導入を拡大・推進します。

(ⅲ)安定的な売上拡大のための客数増を実現

 ライフスタイルの変化に伴い、テーブルサービスレストランの利用目的も多様化しています。お客様のニーズを的確に捉え、メニューを強化してまいります。生産性の向上により生み出された時間をより多くのお客様へのサービスに充てる仕組みを作ることにより、客数増を実現します。

・多店舗を擁するチェーンストアとしての高効率のプロモーションシステムを再構築いたします。

・全国ナショナルチェーンのガストでは、地方の料理や食材を使用したフェアを推進してお客様の来店頻度を高めます。

・全業態でアルコールの強化を行います。料理の併売率を上げることにより、単品価格を上げることなく客単価の向上を達成します。

・お客様の健康向上に資するメニューや低アレルゲンメニューの充実を図ります。

・宅配サービスでは、配達員効率システムおよび自社内多業態合同宅配システムを稼働させます。今後も市場の拡大が見込まれる宅配とテイクアウトの事業を強化します。

(ⅳ)既存店強化と新店出店により売上成長を追求

 当社は日本国内におけるマーケットに対応した出店可能業態を数多く有しており、2020年も計画的に出店します。刻々と変化するマーケットの商圏特性を踏まえ、早期に投資回収ができる立地を厳選します。

・2020年は約90店を出店し、業績の向上に寄与します。

・ブランドポートフォリオ・ストアポートフォリオを明確にし、お客様のニーズに応じた業態を出店します。

・安全性向上およびお客様の快適性向上のため店舗の改修を重点的に行います。

・ピーク時客数増に伴う売上と利益の拡大のため、店舗レイアウトの最適化を行います。

(ⅴ)SDGsの目標を実現するため、レストランとしての使命を果たします

 当社の事業活動が「持続可能な開発目標(SDGs)」と深い関わりがあることを認識し、国連が定めるグローバル目標に即した施策を実行します。調達・生産から店舗運営まで、当社の商品・サービス・企業活動を通じて、社会の発展と地球環境保全に貢献してまいります。

・石油由来の従来型プラスチック製品の削減を推進します。

・調達・生産・料理提供の各過程における食品ロスを削減します。

・生産・物流において排出されるCO2を削減します。

・ダイバーシティを推進し、すべての従業員にとって働きがいのある職場環境を整備します。

・従来進めてきた空調設備や厨房設備の省エネ化を加速します。

・職場環境を改善し、従業員の健康保持・増進およびパフォーマンス向上等に取り組みます。

 私たちの経営理念は『価値ある豊かさの創造』です。「ひとりでも多くのお客様に 安くておいしい料理を 気持ちのよいサービスで 清潔な店舗で味わっていただく」という私たちのミッションを実現し、お客様の生活がより豊かになり、より快適に過ごしていただけるような店舗づくりを目指してまいります。

 

④働き方改革のさらなる推進と環境への取り組み

 当社の持続的な成長を支える重要な基盤は人財です。従業員の働く環境を整えワークライフバランスを向上させるため、これまで店舗の営業時間見直しや、年末年始の店舗営業の見直しなどに取り組んでまいりました。また、女性やシニアの方々の雇用制度の充実にも積極的に取り組んでおり、2015年9月にクルーの定年を正社員同様に65歳に延長しました。さらにその先の雇用区分として「ベテランズクルー制度」を再設定し、上限年齢を70歳までとし、2019年1月にはクルーの定年を75歳にさらに延長しております。

 店舗営業時間の見直しについては、2019年末の大みそかから翌日の元旦にかけて全店舗の80%にあたる約2,700店で営業時間を短縮しました。2020年も、2020年1月20日に発表した24時間営業の全店廃止を皮切りに、さらなる営業時間の最適化を進めてまいります。

 また、2019年9月1日より、グループでの全店舗(約3,200店)で敷地内禁煙を実施しています。お客様、そして働く従業員の健康増進と職場環境の改善を目的として、法令に先立ち実施いたしました。

 

 環境への取り組みとしましては、2019年6月にすかいらーくレストランツ全店で使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止しております。また、2019年12月よりテイクアウト・レジ袋をバイオマスプラスチックに順次変更しています。今後、カトラリーや弁当容器なども順次切り替えていく予定です。

 

⑤食の安全・安心に向けた取組み

 当社グループでは、食材の調達から加工・流通・店舗での調理保管に至るまで、全ての工程で厳格な管理基準を設け、品質管理及び衛生管理を行っております。また、全国8ヶ所にある、マーチャンダイジングセンター内の検査室では、定期的な食品検査を実施し、商品の品質を担保しております。

 2011年以降取り組んだ対策をもとに改定・整備された「安全・衛生に関するマニュアル」を全従業員が常に実行できる体制を継続することにより、食を扱う企業としての社会的責任を再認識し、お客様に信頼いただけるよう安全・安心に向けた取組みを更に強化してまいります。

 

2【事業等のリスク】

 当社グループの事業内容、経営成績及び財政状態等に関する事項のうち、投資者の投資判断に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクは、主として以下のものがあります。

 なお、下記の文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。下記事項は当社グループが事業を継続する上で、予想される主なリスクを具体的に例示したものであり、これらに限定されるものではありません。

(1)経済状況の変化

 当社グループは日本国内におけるレストラン事業を中心としているため、日本国内の景気の変動や、政府の経済政策の影響により、当社グループの事業、業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。特に、日本における消費税の増税等に起因する個人消費の減速、原材料価格・人件費・賃料・水道光熱費の上昇は、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)国内市場環境の変化及び他社との競合

 1997年には約29兆702億円であった日本の外食産業の市場規模は、2011年には約22兆8,282億円にまで縮小しましたが、その後増加基調となり2018年には約25兆7,692億円となりました(出典:日本フードサービス協会「外食市場規模推計」)。今後も少子高齢化の影響等により、大幅な成長を見込むことは難しい状況と認識しております。当社グループは、外食市場において、レストラン・居酒屋チェーンを展開する企業やファストフードチェーンを展開する企業に加え、個人又は家族経営などの飲食店とも競合しており、更に中食・内食市場において惣菜や弁当等を販売するコンビニエンスストアやスーパーマーケットを展開する企業とも競合する可能性があります。これらの当社グループの競合他社は、食品の価格、味や品質、メニューの豊富さ、店舗の立地、施設の魅力、雰囲気や居心地のよさ、スタッフの熟練度、レストランのブランドに対する社会的な評価、ポイントカード等の特典、軽減税率の適用等の税務上の取り扱い等において、当社グループより高い競争力を有する可能性があり、当社グループがこれらの競合他社に対して優位に立てない場合、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 また、日本では、現在のところ、レストランチェーンを展開する企業のレストラン店舗数が国内のレストラン店舗数全体に占める割合は、ファストフードやコーヒーショップのチェーンを展開する企業の店舗数が全体の店舗数に占める割合と比較して相対的に低く、当社グループを含むレストランチェーンが更に成長する余地があると認識しておりますが、国内においてレストランチェーンが今後も成長を続けるとの保証はありません。

 

(3)消費者の嗜好の変化

 当社グループが展開するレストラン事業における売上は、飲食に関する消費者の嗜好や社会的な流行の影響を強く受けます。

 当社グループが消費者の嗜好等を正確に把握又は予測できない場合、ブランド転換や出店予定地域の調査等の施策が功を奏さない場合等においては、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 特に、当社グループのレストラン事業における主力ブランドであるガストは、当社グループにおいて最大の店舗数を有しており、当社グループの売上及び利益でも大きな比率を占めているため、ガストのメニュー・価格帯・サービス等のコンセプトが顧客からの支持を得られない場合は、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)食品事故の発生

 当社グループの中心事業であるレストラン事業においては、食品の安全性確保が極めて重要です。

 食品事故を防ぐために、当社グループでは「すかいらーくグループ品質憲章」を掲げ、HACCPの考え方に基づき、食材の調達から、セントラルキッチンでの製造、店舗への流通、店舗での調理・提供に至るまでに予見されるリスクに対して検証を行い、安全・安心のための厳格な衛生管理ルールを策定し運用しています。例えば、セントラルキッチンで製造する製品は、加工条件が妥当であるかの検証を行い導入し、製造中は重要管理点をモニタリングし、基準に逸脱がないことを確認できた商品のみを出荷しています。また、食材の調達においては厳格な取引基準を設けそれに適合したお取引先からのみ仕入れています。セントラルキッチン、店舗においては、100秒間の手洗いルールと従業員の体調管理を徹底しております。これらのルール遵守の監視体制として、年間12万検体以上の細菌検査により食材の安全性の検証をしている他、工場から店舗のすべての工程について、専管組織である品質管理グループが抜き打ちでモニタリングをしています。食品事故の発生を防ぐためのこれらの施策にも関わらず、当社グループを原因とする集団食中毒など重大な食品事故が発生した場合は、お客様に多大なご迷惑をおかけするばかりか、行政処分はもとより、ブランドイメージや社会的信用の低下、売上の減少、対応費用の発生、民事訴訟の提起等が発生する可能性があります。

 また、仮に、競合他社において食品事故等が発生した場合であっても、レストラン業界全体に対する評判・信用の低下や消費者の外食意欲の低下、事故の原因となった食材の在庫廃棄、入手困難に伴う価格の高騰等により、当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。

 

(5)食材・間接材の調達困難・価格高騰

 当社グループにおいては、国内外のインフレーションの進行、疫病(豚コレラ・鳥インフルエンザ等)の発生、天候不順・異常気象・自然災害・感染症の発生、エネルギーの不足、物流上の障害、政府による輸入制限処置の発動、国際的な漁獲制限、取引先の倒産又は事故・災害による供給停止、食品衛生上の問題又は放射能汚染等による出荷制限・風評被害、為替の変動、増税等により、原材料等の調達不安や価格高騰が発生した場合には、原価率の上昇等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)労務関連

 当社グループでは、正社員、嘱託社員、多くのパートタイム及びアルバイトの従業員が、店舗及びマーチャンダイジングセンター等の業務に従事しております。働き方改革に関連して2019年4月に大企業より順次導入された時間外労働の上限規制、年次有給休暇の取得義務化及び36協定特別条項の見直し、2019年4月に導入される同一労働同一賃金における均等・均衡待遇に対する整備など、有期・無期双方の従業員を取り巻く法規制や労働環境には重大な変化があります。こうした労働関連法規制への対応や労働環境の変化により、当社グループが優秀な社員及びクルーを雇用することが極めて難しくなる可能性や当社グループの人件費が高騰する可能性があります。また、当社グループにおいて労働関連法規制の違反が発生した場合は、規制当局から当社グループの業務改善が命じられること又は従業員からの請求等により、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)人材確保等

 当社グループでは、多くのパートタイム及びアルバイトの従業員が、店舗及びマーチャンダイジングセンター等での業務に従事しております。昨今、一部の外食業者においてパートタイム等の従業員を確保することができず、一部の店舗を閉鎖又は休業した事例が報道されました。当社グループではそのような事例は発生しておりませんが、賃金の上昇、求人費の増加、国内の労働力需要の増加に伴う従業員の確保困難等により採用環境が悪化した場合、当社グループが必要とする数の従業員を適切なコストで確保することができなくなり、必要な数の従業員を確保するための人件費の増加、出店計画等の見直し、一部店舗の一時営業停止等により、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)不動産の賃借

 当社グループの本社及び多くのレストラン店舗は、土地及び建物を第三者から賃借しており、敷金や保証金を賃貸人に対して差入れている物件が大半を占めております。当社グループは、賃貸人に係る与信調査及び与信管理は行っておりますが、予期せぬ賃貸人の破産等が発生した場合は、当該敷金や保証金が回収不能となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 また、当社グループが新規の店舗を出店したり、賃借する建物の老朽化等に伴い店舗を移転せざるを得なくなったり、既存店舗の賃貸借の更新を行う場合において、景気の変動等により賃料相場が上昇したり、賃貸借期間の更新等に係る交渉が不調となったりした場合には、出店先又は移転先の店舗等を確保するまでに一定の時間及び費用を要する可能性や、当社グループが当初策定したとおりのレストラン店舗の出店又は移転が困難となる可能性があるとともに、店舗等に係る賃貸借契約の内容によっては不動産の賃借に係る費用が増加する可能性があり、これらの場合においては、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)天候不順、感染症等

 外食市場における需要は、天候不順、異常気象、災害・紛争等の発生、感染症の発生等により、消費者の外食機会及び外食意欲の減少等に伴って変動する場合があります。当社グループの業績は、天候不順、感染症等による需要の変動の影響を受ける可能性があります。

 

(10)経営陣への依存

 当社グループの経営は、代表取締役会長兼社長の能力と貢献に相当程度依存しております。当該役員のキャリアプラン、健康状態、家庭事情その他の何らかの理由により当該役員が辞任しその代替を確保できない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(11)IT(情報システム)への依存

 当社グループは、食材の仕入れ、配送システム、食品加工等のレストランの運営及び業務を、情報システムに依存しております。プログラムの不具合等やコンピュータ・ウイルス、外部からのサイバー攻撃等により、当社グループの情報システムに様々な障害が生じた場合には、レストランの効率的な運営や消費者に対する食品の適時の提供が阻害され、重要なデータを喪失し、又は対応費用が発生すること等により、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)財務報告に係る内部統制

 当社グループでは、財務報告の信頼性に係る内部統制の構築及び運用を重要な経営課題の一つとして位置付け、グループを挙げて管理体制等の点検・改善等に継続的に取り組んでおりますが、当社グループの財務報告に重大な欠陥が発見される可能性は否定できず、また、将来にわたって常に有効な内部統制を構築及び運用できる保証はありません。更に、内部統制に本質的に内在する固有の限界があるため、今後、当社グループの財務報告に係る内部統制が有効に機能しなかった場合や、財務報告に係る内部統制に重要な不備が発生した場合には、当社グループの財務報告の信頼性に影響が及ぶ可能性があります。

 

(13)多額の借入金及び財務制限条項への抵触

 当社グループは、金融機関を貸付人とする融資契約(シンジケートローン)を締結しており、多額の借入れを行っております。

 当社グループは、既存の借入れがあることから新たな借入れが制約されたり、景気の下降に脆弱であったり、自己資本比率が当社グループよりも高い競合他社と比較して競争力が劣ったりする可能性があります。

 また、当社グループの借入金のうち、融資契約(シンジケートローン)に基づく借入金については、財務制限条項が付されております。これに抵触した場合、貸付人の請求があれば本契約上の期限の利益を失うため、ただちに債務の弁済をするための資金の確保が必要となり、当社グループの財政状態及び資金繰りに影響を及ぼす可能性があるとともに、かかる資金の確保ができない場合は、当社グループの他の借入れについても期限の利益を喪失することが予測され、当社グループの存続に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(14)減損会計の適用

 当社グループは、全国の多様な立地に多様なブランドを出店しております。今後、店舗収益性が低下した場合等には、店舗資産の減損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 また、当社グループは、2019年12月31日現在、1,460億72百万円ののれんを連結財政状態計算書に計上しております。主要なブランドの内訳はガスト(755億42百万円)、ジョナサン(180億17百万円)、バーミヤン(155億83百万円)であり、事業収益性が低下した場合等は、のれんの減損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。なおこれらののれんについては非償却資産であります。

 

(15)外国為替相場の変動

 当社グループは、食材の仕入先が世界各地にわたっており、現時点で外貨建で取引されている食材は全体の一部に留まっておりますが、かかる食材等のコスト及び価格は、直接的又は間接的に、為替の影響を受けます。当社グループは、現時点では為替リスクを軽減するためのヘッジは行っていないため、為替相場の変動により当社グループの事業、業績及び財政状態が悪化する可能性があります。

 

(16)自然災害等

 当社グループは、全国に店舗やマーチャンダイジングセンター等を配置しているため、大規模な地震・風水害・津波・大雪・感染症の大流行等が発生した場合、当社グループの本社や店舗・マーチャンダイジングセンター等の建物・機械設備等が被災し、又は店舗の営業、マーチャンダイジングセンター等の稼動、原材料の物流又は従業員の出勤に支障が生じ、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 また、そうした自然災害等により、ライフライン(水道、電気、ガス)の供給制限や供給停止、物流網の遮断、ガソリン等の調達難による配送・宅配業務の停止、取引先工場・倉庫等の被害、エネルギーや物資の不足、従業員の大規模な欠員等や公共交通機関の障害が発生した場合も、当社グループのレストランやマーチャンダイジングセンター等の稼動に支障をきたし又は顧客が当社グループの店舗に来店できないことにより、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 特に、当社グループのレストラン及びマーチャンダイジングセンター等は、首都圏に集中しているため、首都圏において大規模な災害が発生した場合は、当社グループの事業、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(17)知的財産権

 当社グループは、「ガスト」、「バーミヤン」、「ジョナサン」、「しゃぶ葉」等、当社グループが展開するレストランに係るロゴや、「ガスト チーズINハンバーグ」等のメニューに関する商標は、ブランドイメージやマーケティング上、非常に重要性が高いものと考えております。当社グループは、当該商標を保護するため、適切な国や地域での取得に努めていますが、一部の国・地域によっては十分な知的財産権の取得がされていない可能性があります。

 また、当社グループは、自らの知的財産権を保全するため、当社グループの商標を不正に使用する第三者等に対し訴訟等を提起しなければならない事態が生じる可能性がありますが、当社グループの商標を不正に使用する第三者等を適時に発見できない可能性や、当社が提起した訴訟等において当社の主張が十分に認められない可能性があり、これらの場合には、当社グループの事業、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を与える可能性があります。

 

(18)インターネット等による風評被害

 インターネット上において、当社グループ及びその関係者に関連し不適切な書き込みや画像等の公開によって風評被害が発生した場合、その内容の真偽にかかわらず、当社グループの事業、業績、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。

 また、当社グループの競合他社等に対する風評被害であっても、外食市場全体の社会的評価や評判が下落するものであれば、当社グループの事業、業績、ブランドイメージ及び社会的信用にも影響を及ぼす可能性があります。

 

(19)個人情報の漏洩

 当社グループでは、モバイルアプリの運営、顧客アンケートの実施、宅配事業、テイクアウト事業、ポイントカードの利用、代金の決済等において、多くの顧客の個人情報を保持しております。当社グループは、利用者のプライバシー及び個人情報の保護に最大限の注意を払い、適切な情報管理を行っていますが、不正アクセス等による情報の外部への漏洩や悪用等の可能性を完全に排除することは困難であり、これらの個人情報が外部へ流出した場合、当社グループのブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性や、対応費用の発生等により当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(20)法規制

 当社グループの事業は、食品衛生法、労働基準法、食品表示法、景品表示法をはじめとする様々な法規制による制約を受けております。今後の社会情勢の変化等により、諸法令等の改正や新たな法令等の制定、法令解釈の変更や規制範囲が拡大することで事業活動が制限される可能性があります。その結果、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。このリスクを避けるため、各種法令の改定に対して各主管部門が連携して関連諸法令改定等の周知徹底とその遵守に万全の態勢で臨んでいます。

 

 

2【沿革】

上記「はじめに」に記載したとおり、当社は、2011年2月に設立され、その後、2014年7月1日付でことぶき食品有限会社の主たる事業を承継している旧すかいらーく④を吸収合併し、同社の事業を承継しております。

そこで、以下では、ことぶき食品有限会社の設立から、当社による旧すかいらーく④の吸収合併を経た現在に至る沿革を記載しております。また、ことぶき食品有限会社の設立から旧すかいらーく②の上場廃止までと、当該上場廃止から現在に至るまでの2つに表を分けております。

(ことぶき食品有限会社の設立から旧すかいらーく②のMBOによる上場廃止まで)

年月

事業の変遷

1962年4月

ことぶき食品有限会社を設立

1969年7月

ことぶき食品有限会社が、株式会社ことぶき食品に組織変更

1970年7月

株式会社ことぶき食品が、東京都府中市にファミリーレストラン「すかいらーく」第1号店を出店

1974年11月

株式会社ことぶき食品が、株式会社すかいらーくに商号変更

1977年1月

旧すかいらーく②が、旧すかいらーく①を吸収合併

1977年12月

埼玉県東松山市にセントラルキッチン東松山工場(現 東松山マーチャンダイジングセンター(注))開設

1978年7月

当社の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録

1979年5月

子会社として株式会社サンボ(旧 株式会社ジョナサン)設立

1980年2月

子会社として株式会社オールサービス(現 株式会社テスコ)設立

1982年1月

台湾にすかいらーく1号店がフランチャイズにて出店(現 雲雀國際股份有限公司)

1982年8月

当社の株式が、東京証券取引所市場第二部に株式上場

1984年6月

当社の株式が、東京証券取引所市場第一部に指定

1985年10月

子会社として株式会社ジャパンカーゴ設立(現 当社の連結子会社)

   12月

子会社として株式会社藍屋設立(2000年7月、当社が合併)

1986年8月

株式会社ジョナス(旧 株式会社ジョナサン)の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録(2012年1月、当社が合併)

1987年3月

兵庫県西宮市に関西工場(現 西宮マーチャンダイジングセンター)開設

   10月

子会社として株式会社フロジャポン設立(現 当社の連結子会社)

   12月

子会社として株式会社バーミヤン設立(1999年7月、当社が合併)

 

関連会社としてニラックス株式会社設立(現 当社の連結子会社)

1988年8月

株式会社藍屋の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録

1992年3月

東京都小平市にファミリーレストラン「ガスト」第1号店を出店

1993年12月

株式会社藍屋の株式が、東京証券取引所市場第二部に株式上場(2000年7月、当社との合併時に上場廃止)

1994年3月

子会社として株式会社ビルディ設立(当社が2007年1月に合併)

1997年7月

株式会社バーミヤンの株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録(1999年7月当社との合併時に上場廃止)

1998年4月

子会社として株式会社ジャパンシーアンドシー(現 株式会社すかいらーくD&M)設立(現 当社の連結子会社)

 

子会社として株式会社ジャパンプロダクツマーチャンダイジング(旧 ひばり開発株式会社)設立(当社が2012年1月合併)

2004年4月

ニラックス株式会社を完全子会社化

   7月

株式会社ジョナサンを完全子会社化

2005年2月

喜客来股份有限公司(現 雲雀國際股份有限公司)を子会社化

   9月

子会社として雲雀國際股份有限公司を会社分割により設立(現 当社の連結子会社)

   10月

株式会社小僧寿し本部の株式取得により同社を関連会社化

 

株式会社テスコの株式譲渡により同社を非子会社化

2006年3月

株式会社トマトアンドアソシエイツの株式取得により同社を子会社化(現 当社の連結子会社)

   5月

関連会社である株式会社小僧寿し本部の株式を追加取得して同社を子会社化

   6月

株式会社トマトアンドアソシエイツを完全子会社化

   7月

SNCインベストメント株式会社による当社株式の公開買付け(MBO)実施

   9月

当社の株式が東京証券取引所市場第一部上場廃止

 

株式交換により当社がSNCインベストメント株式会社の完全子会社となる

 

(旧すかいらーく②のMBOによる上場廃止から現在に至るまで)

年月

事業の変遷

2007年7月

SNCインベストメント株式会社が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すかいらーく」に商号変更(旧すかいらーく③)

2009年10月

ファミリーレストラン「すかいらーく」完全閉店

2010年7月

中国上海に全額出資会社上海雲雀餐飲管理有限公司設立(2016年9月 清算)

2011年11月

株式会社BCJホールディングス6が、当社の普通株式を取得し、当社は同社の子会社となる

2012年1月

株式会社ジョナサンを合併

   3月

子会社である株式会社小僧寿し本部の全株式を売却

   4月

株式会社BCJホールディングス6が、当社の普通株式を全て取得し、当社が同社の完全子会社となる

   6月

株式会社BCJホールディングス6が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すかいらーく」に商号変更(旧すかいらーく④)

2014年7月

株式会社BCJホールディングス5が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すかいらーく」に商号変更

2014年10月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場

2015年9月

株式会社すかいらーくレストランツを設立

2016年1月

持株会社体制へ移行

2018年7月

株式会社すかいらーくホールディングスに商号変更(現在の当社)

(注)マーチャンダイジングセンターとは、食材の生産及び流通の双方の能力を有する施設をいいます。なお、当社グループでは、生産能力のみを有する施設を「工場」と呼称しております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

38

24

1,207

220

287

378,623

380,399

所有株式数(単元)

305,231

40,409

94,353

196,967

1,036

1,336,726

1,974,722

30,000

所有株式数の割合

(%)

15.46

2.05

4.78

9.97

0.05

67.69

100.00

3【配当政策】

 当社は将来の事業展開と企業価値の向上に向けた設備投資等に備えて内部留保を確保しつつ株主の皆様に継続的な配当を実施していくことを基本方針とし、業績及び内部留保の充実等を総合的に勘案しながら調整後当期利益ベースで約30%の連結配当性向を目標として中間配当と期末配当の年2回の剰余金配当を安定的に行う方針としております。そのような考えのもと、当事業年度末の配当につきましては、10円とさせていただきました。

 また、会社法第461条に定めるとおり、当社の配当可能限度額は、会社計算規則に基づく事業年度末の剰余金からのれん等の調整額を控除して算出されます。

(注)調整後当期利益=当期利益+上場及び売出関連費用+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に伴う会計上の見積変更額+IFRS第9号「金融商品」(2014)適用に伴う金融負債の条件変更に係る関連損益(会計方針変更による遡及適用に伴う影響額の再調整含む)+調整項目の税効果調整

 当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当につきましては、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2019年8月14日

1,778

9.00

取締役会決議

2020年2月13日

1,975

10.00

取締役会決議

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性1名(役員のうち女性の比率10%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役会長兼社長

谷 真

1951年12月25日

1977年4月  当社(旧すかいらーく②) 入社

1987年12月  ニラックス㈱ 取締役営業本部長

2000年1月  同社 代表取締役社長

2007年1月  同社 代表取締役社長兼 当社

      (旧すかいらーく②) 執行役員HD事業戦略第一グループ管掌

2007年10月  当社(旧すかいらーく③) 常務執行役員第二営業本部長

2008年8月  同社 代表取締役社長

2008年9月  同社 代表取締役社長兼経営企画本部本部長

2011年2月  同社 代表取締役社長兼商品本部本部長

2012年6月  当社(旧すかいらーく④) 代表取締役社長

2014年7月  当社 代表取締役社長

2018年3月  当社 代表取締役会長兼社長(現任)

注3

50,000

取締役常務執行役員

コーポレートサポート本部マネージングディレクター

金谷 実

1959年1月26日

1981年4月  野村證券㈱  入社

2000年6月  ノムラ・インターナショナルPLC欧州アドミニストレーション  部門長

2002年8月  野村證券㈱  決済部経営職

2003年5月  同社  IT戦略部経営職

2004年7月  野村プリンシパル・ファイナンス㈱  執行役員

2008年1月  当社(旧すかいらーく③)  専務取締役

2008年7月  同社  専務取締役  兼  管理本部長

2012年1月  同社  専務執行役員管理本部長

2012年6月  当社(旧すかいらーく④)  執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター

2014年7月  当社  執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター

2015年10月  当社  執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター  兼  人財本部マネージングディレクター

2017年2月  当社  常務執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター  兼  人財本部マネージングディレクター

2017年12月  ㈱フロジャポン  取締役(現任)

2018年3月  当社  取締役常務執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター  兼  人財本部マネージングディレクター

2018年10月  当社  取締役常務執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター  兼  人財本部管掌

2019年4月 当社 取締役常務執行役員コーポレートサポート本部マネージングディレクター(現任)

注3

6,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役常務執行役員

商品開発本部マネージングディレクター

崎田 晴義

1966年4月26日

1999年4月  ㈱フォー・ユー  入社

2001年4月  ㈱エフ・ワイ関東  代表取締役社長

2001年8月  ㈱はなまる  専務取締役

2002年8月  ㈱ティー・プロジェクト  代表取締役社長

2003年9月  ㈱フォー・ユー  取締役

2004年7月  ㈱すかいらーくレプロ  取締役

2008年10月  ニラックス㈱  執行役員

2009年2月  ㈱トマトアンドアソシエイツ  代表取締役社長

2011年10月  ニラックス㈱  代表取締役社長

2015年6月  当社  執行役員

2015年12月  すかいらーく分割準備㈱(2016年1月1日に㈱すかいらーくレストランツに商号変更)代表取締役社長

2017年2月  当社  執行役員マーケティング本部マネージングディレクター

2017年11月  当社 執行役員 兼 ㈱すかいらーくレストランツ  代表取締役社長

2018年3月 当社 取締役執行役員 兼 ㈱すかいらーくレストランツ  代表取締役社長

2018年12月 当社 取締役執行役員建設本部マネージングディレクター

2020年1月 当社 取締役執行役員商品開発本部マネージングディレクター

2020年3月 当社 取締役常務執行役員商品開発本部マネージングディレクター(現任)

注3

5,000

取締役常務執行役員

大川原 利明

1958年2月2日

1980年4月  当社(旧すかいらーく②) 入社

2003年1月  同社 夢庵営業本部長

2005年4月  同社 夢庵営業本部長 兼 執行役員

2008年9月  当社(旧すかいらーく③) 夢庵西日本営業部長

2009年2月  同社 夢庵第一営業部長

2014年10月  当社 夢庵フィールドオペレーション統括グループ フィールドオペレーションディレクター

2016年1月  ㈱すかいらーくレストランツ取締役

2017年6月  同社 取締役副社長

2018年12月  当社 執行役員 兼 ㈱すかいらーくレストランツ代表取締役社長

2020年3月 当社 取締役常務執行役員 兼 ㈱すかいらーくレストランツ代表取締役社長(現任)

注3

600

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

西條 温

1942年7月24日

1965年4月 住友商事㈱ 入社

1993年6月 同社 取締役 米国住友商事会社副社長

1995年6月 同社 メディア本部長

1997年4月 同社 常務取締役

2001年4月 同社 専務取締役 米国住友商事会社 社長

2003年4月 同社 取締役副社長執行役員

2005年6月 住商情報システム㈱ 代表取締役会長

2009年6月 同社 特別顧問

2010年6月 ブラザー工業㈱ 社外取締役(現任)

      住友商事㈱ 顧問

      一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟 理事長

     (2016年6月から会長)

2014年3月 当社(旧すかいらーく④) 社外取締役

2014年7月 当社 社外取締役(現任)

注3

3,000

取締役

田原 文夫

1948年8月7日

1972年4月 農林省入省

1984年9月 静岡県農業水産部水産課長

1987年11月 農林水産省大臣秘書官事務取扱

2000年2月 同省 大臣官房総務審議官

2001年1月 同省 大臣官房長

2003年7月 水産庁長官

2006年8月 社団法人農協共済総合研究所理事長

2009年11月 財団法人海外漁業協力財団理事長

2012年7月 ㈱ヤンマー 非常勤顧問(現任)

      ㈱極洋 非常勤顧問(現任)

2014年3月 当社(旧すかいらーく④) 社外監査役

2014年7月 当社 社外監査役

2018年3月 当社 社外取締役(現任)

注3

1,000

取締役

佐野 綾子

1977年12月9日

2001年4月 ゴールドマン・サックス証券会社(現ゴールドマン・サックス証券㈱)経済調査部

2009年1月 東京西法律事務所(現弁護士法人TNLAW) 入所

2018年10月 東京地方裁判所 民事調停官(現任)

2018年12月 あや総合法律事務所 代表(現任)

2019年3月 当社 社外取締役(現任)

注3

常勤監査役

鈴木 誠

1957年2月11日

1979年4月 当社(旧すかいらーく②)入社

1994年5月 同社 北関東第二事業部長

1999年1月 同社 社長室長

2009年4月 当社(旧すかいらーく③) 社長室長兼内部監査室長

2010年7月 同社 社長室長

2011年3月 同社 常勤監査役

      ㈱フロジャポン 監査役(現任)

      ニラックス㈱ 監査役(現任)

      ㈱トマトアンドアソシエイツ 監査役(現任)

2012年6月 当社(旧すかいらーく④) 常勤監査役

2014年7月 当社 常勤監査役(現任)

2015年12月 すかいらーく分割準備㈱(2016年1月1日に㈱すかいらーくレストランツに商号変更) 監査役(現任)

注4

2,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

監査役

永田 光博

1956年7月9日

1981年4月 ㈱埼玉銀行(現㈱りそな銀行) 入社

1987年6月 ゴールドマン・サックス証券㈱ 入社 企業金融部長

1996年5月 スイス・ユニオン銀行(東京支店) マネージングディレクター

1996年8月 UBS証券㈱ マネージングディレクター

1998年5月 メリルリンチ証券㈱(現メリルリンチ日本証券㈱) マネージングディレクター兼投資銀行部門金融法人部長

2006年10月 代々木上原法律事務所 代表弁護士(現任)

2015年6月 ジェイ・アイ・ピーキャピタル㈱ 社外取締役

2015年12月 ㈱EduLab 社外監査役(現任)

2016年3月 当社 社外監査役(現任)

2017年3月 KHネオケム㈱ 社外取締役

注4

1,000

監査役

青柳 立野

1971年8月8日

1993年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ) 入社

2007年2月 ㈱マスターズ・トラスト会計社(現マスターズトラスト㈱) 入社

2007年7月 ハートワース・パートナーズ㈱ 代表取締役(現任)

2007年8月 ㈱シェア・ジェネレート 取締役

2010年2月 ㈱アムリード 社外監査役

2010年5月 BTホールディングス㈱(現㈱プリマジェスト) 社外監査役

2010年6月 ㈱ミクシィ 社外監査役

2012年6月 同社 社外取締役

2017年3月 当社 社外監査役(現任)

注5

68,600

(注1)取締役西條温、田原文夫及び佐野綾子は、社外取締役であります。なお、当社は西條温、田原文夫及び佐野綾子を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

(注2)監査役永田光博及び青柳立野は、社外監査役であります。なお、当社は永田光博及び青柳立野を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

(注3)2020年3月27日就任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

(注4)2018年3月29日就任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

(注5)2017年3月30日就任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

(注6)当社は執行役員制度を導入しております。執行役員の氏名及び担当は、次のとおりであります。

地位

氏名

担当

常務執行役員

金谷 実

コーポレートサポート本部マネージングディレクター

常務執行役員

崎田 晴義

商品開発本部マネージングディレクター

常務執行役員

大川原 利明

当社の100%子会社である㈱すかいらーくレストランツの代表取締役社長

執行役員

相原 敏明

生産本部マネージングディレクター

執行役員

片山 信行

購買本部マネージングディレクター

執行役員

西田 浩蔵

人財本部マネージングディレクター

執行役員

石川 浩

IT・マーケティング本部マネージングディレクター

執行役員

相澤 拓也

財務本部マネージングディレクター

執行役員

平野 曉

IT・マーケティング本部デピュティマネージングディレクター

 

 

② 社外役員の状況

 当社の取締役7名のうち3名は社外取締役であり、監査役3名のうち2名は社外監査役であります。

<社外取締役>

 社外取締役西條温は、ブラザー工業株式会社の社外取締役であります。同社と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は、当社株式を3,000株保有しておりますが、それ以外に、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。商社勤務時代の経験と経営者としての高い見識を当社の経営に反映し、客観的かつ長期的視点からの助言・監督を行っていただくことにより、当社のコーポレートガバナンス強化に資する人材であると判断したため、社外取締役として選任しております。

 社外取締役田原文夫は、株式会社ヤンマー及び株式会社極洋の非常勤顧問であります。各社と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は、当社株式を1,000株保有しておりますが、それ以外に、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。会社の経営に関与された経験はありませんが、農林水産省及び業界団体での豊富な経験と知見を当社の経営に反映し、客観的かつ長期的観点からの助言・監督を行っていただくことにより、当社のコーポレートガバナンス強化に資する人材であると判断したため、社外取締役として選任しております。

 社外取締役佐野綾子氏は、あや総合法律事務所代表であります。同兼職先と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。また、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。会社の経営に関与された経験はありませんが、証券会社における実務経験や、弁護士としての幅広い知見、税務に関する経験を当社の経営に反映し、客観的かつ長期的視点からの助言・監督を行っていただくことにより、当社のコーポレートガバナンス強化に資する人材であると判断したため、社外取締役として選任しております。

 

<社外監査役>

 社外監査役永田光博は、代々木上原法律事務所代表、株式会社EduLab社外監査役であります。各兼職先と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は、当社株式を1,000株保有しておりますが、それ以外に、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。金融機関での実務経験と弁護士としての豊富な経験と幅広い見識を活かし、当社経営について適切な監査を行っていただくことにより、監査役としての職務を適切に遂行することが出来るものと判断し、社外監査役として選任しております。

 社外監査役青柳立野は、ハートワース・パートナーズ株式会社代表取締役であります。同社と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。また、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。公認会計士・税理士としての豊富な経験と、会計・財務に関する相当程度の知見を活かし、当社経営について適切な監査を行っていただくことにより、監査役としての職務を適切に遂行することができるものと判断し、社外監査役として選任しております。

 なお、当社では、コーポレートガバナンス・コードの要請に基づき、取引所が規定する独立性に関する判断基準に抵触しないこと、及び専門的な知見に基づく客観的かつ適切な経営監視機能が期待でき、かつ、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として独立性に関する判断基準を制定し、当該基準に基づいて独立社外取締役及び独立社外監査役を選任しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会に出席し、会計監査及び内部監査の報告を受け、監査役会との情報交換及び連携を踏まえて必要に応じて意見を述べることにより、これらの監査と連携をとりつつ取締役会の職務執行に対する監督機能を果たしています。また、取締役会の一員として意見及び助言を行い、内部統制部門を有効に機能させることを通じて、適正な業務執行の確保を図っています。

 社外監査役は、監査役会及び取締役会への出席並びに会計監査人からの報告等を通じ、直接又は間接的に、会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより監査の実効性を高めるとともに、高い専門性により監査役監査を実施しています。また、取締役会において内部統制部門の報告に対して意見を述べ、適正な業務執行の確保を図っています。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社すかいらーくレストランツ(注1、2)

東京都

武蔵野市

10

レストラン事業

所有

100.0

当社からの役務の提供等(注3)、人員の出向、債務保証、役員の兼任あり

当社への資金の貸付、債務被保証

ニラックス株式会社

東京都

武蔵野市

100

レストラン事業

100.0

当社からの役務の提供等(注3)、資金の貸付、役員の兼任あり

株式会社トマトアンドアソシエイツ

兵庫県

西宮市

80

レストラン事業

100.0

当社からの役務の提供等(注3)、資金の貸付、役員の兼任あり

雲雀國際股份有限公司

(注1)

台湾省

台北市

NTドル

157,640千

レストラン事業

100.0

ライセンス契約・商標等の使用許諾、役員の兼任あり

SKYLARK USA INCORPORATED

(注4)

米国

イリノイ州

USドル

100千

レストラン事業

100.0

当社からの資金の貸付、役員の兼任あり

SKYLARK MALAYSIA SDN.BHD.

(注4)

マレーシア

クアラルンプール

MYリンギット

1百万

レストラン事業

100.0

当社からの資金の貸付、役員の兼任あり

株式会社フロジャポン

東京都

武蔵野市

10

その他

100.0

当社からの役務の提供等(注3)、役員の兼任あり

株式会社ジャパンカーゴ

埼玉県

東松山市

100

その他

100.0

当社からの配達業務の委託、役員の兼任あり

株式会社すかいらーくD&M

東京都

武蔵野市

20

その他

100.0

当社からの店舗清掃・保守等の委託、売店商品に係る購買業務の委託、役員の兼任あり

(注1)特定子会社に該当しております。

(注2)株式会社すかいらーくレストランツについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 ① 売上高   323,801百万円

② 経常利益   3,944百万円

③ 当期純利益  2,699百万円

④ 純資産額   2,540百万円

⑤ 総資産額   17,972百万円

(注3)役務の提供等とは、当社のビジネスプラットフォームを通じて提供するレストラン運営に関する業務を言います。

(注4)当連結会計年度末においてレストラン事業を開始しておりません。

(注5)有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 2018年1月1日

至 2018年12月31日)

当事業年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

84,856

85.4

86,892

85.5

Ⅱ 労務費

 

7,205

7.2

7,680

7.6

Ⅲ 経費

※2

7,316

7.4

7,037

6.9

当期総製造費用

 

99,377

100.0

101,609

100.0

他勘定振替高

 

△411

 

△210

 

当期仕掛品製造原価

※3

98,966

 

101,399

 

 

 

 

 

 

 

※1 原価計算の方法:当社の原価計算は組別総合原価計算によっており、その計算の一部に予定原価を採用し、期末においてこれによる差額を調整のうえ、実際原価に修正しておりましたが、前事業年度中のシステム変更により2018年7月から予定原価の採用を変更し、全て実際原価により計算する方法に変更しております。

※2 主な経費

前事業年度

(自 2018年1月1日

至 2018年12月31日)

当事業年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

配送費

2,522

百万円

配送費

2,672

百万円

水道光熱費

1,315

 

水道光熱費

1,319

 

減価償却費

1,191

 

減価償却費

1,185

 

 

※3 当期仕掛品製造原価と売上原価の調整表

前事業年度

(自 2018年1月1日

至 2018年12月31日)

当事業年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

当期仕掛品製造原価

98,966

百万円

当期仕掛品製造原価

101,399

百万円

商品及び仕掛品期首たな卸高

577

 

商品及び仕掛品期首たな卸高

562

 

当期商品仕入高

7

 

当期商品仕入高

11

 

合計

99,550

 

合計

101,972

 

商品及び仕掛品期末たな卸高

562

 

商品及び仕掛品期末たな卸高

625

 

他勘定振替高

506

 

他勘定振替高

175

 

商品売上原価

98,482

 

商品売上原価

101,173

 

役務提供原価

71,175

 

役務提供原価

73,598

 

売上原価

169,657

 

売上原価

174,770

 

1【設備投資等の概要】

当社グループでは、当連結会計年度中の設備投資につきましては、グループ全体で新規出店86店舗、ブランド転換工事62店舗、既存店舗の改修(リモデル)175店舗を中心に20,386百万円の設備投資を実施いたしました(使用権資産の取得を除く)。所要資金については自己資金及び借入金を充当いたしました。

なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値438,183 百万円
純有利子負債137,190 百万円
EBITDA・会予N/A
発行済株数197,502,200 株
設備投資額20,386 百万円
減価償却費51,061 百万円
のれん償却費N/A
研究開発費N/A
代表者代表取締役会長兼社長  谷 真
資本金3,634 百万円
住所東京都武蔵野市西久保一丁目25番8号
会社HPhttps://www.skylark.co.jp/

類似企業比較