川田テクノロジーズ【3443】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2017/6/302018/2/282018/7/52018/12/192019/7/22020/6/29
外国人保有比率10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満10%以上20%未満
親会社
役員数6人6人6人6人7人9人
社外役員数2人2人2人2人2人4人
役員数(定款)8人8人8人8人8人13人
役員任期2年2年2年2年2年1年
社外役員の選任選任している選任している選任している選任している選任している選任している
買収防衛××××××
役員の状況

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役社長

代表取締役

川田 忠裕

1962年11月16日

 

1985年5月

川田工業㈱入社

2005年6月

同社代表取締役社長(現)

2009年2月

2018年6月

当社代表取締役社長(現)

カワダロボティクス㈱代表取締役社長(現)

 

(注)5

58

常務取締役

経営企画・財務・IR担当

渡邉   敏

1960年6月18日

 

1983年4月

川田工業㈱入社

2008年4月

同社常務取締役経営企画・財務・IR担当

2009年2月

当社取締役経営企画・財務・IR担当

2011年6月

当社常務取締役経営企画・財務・IR担当(現)

2019年6月

川田工業㈱専務取締役経営企画・財務・IR担当(現)

 

(注)5

6

取締役

非常勤

川田 琢哉

1966年7月18日

 

1991年4月

川田工業㈱入社

2001年6月

川田建設㈱取締役経理部長

2003年4月

佐藤工業㈱取締役経営企画担当

2010年6月

川田工業㈱取締役大阪支社長

2012年6月

川田建設㈱代表取締役社長(現)

2017年6月

当社取締役(現)

 

(注)5

34

取締役

総務部長兼コンプライアンス担当

井藤 晋介

1954年8月31日

 

1979年4月

川田工業㈱入社

2014年9月

大日本コンサルタント㈱取締役業務管理・内部統制担当

2016年10月

当社総務部長

川田工業㈱執行役員総務部長

2017年6月

当社取締役総務部長兼コンプライアンス担当(現)

 

川田工業㈱取締役総務部長兼コンプライアンス担当

2019年6月

同社常務取締役総務部長兼コンプライアンス担当(現)

 

(注)5

0

取締役

グループ経営戦略室長

山崎 一樹

1960年4月1日

 

1984年4月

自治省入省

2002年4月

福岡市財政局財政局長

2007年6月

2014年11月

京都市副市長

総務省消防庁消防大学校長

2018年5月

当社入社 総務部VISION推進担当部長

2019年6月

当社取締役グループ経営戦略室長(現)

 

(注)5

取締役

非常勤

山川 隆久

1956年12月28日

 

1985年4月

弁護士登録

1985年4月

石原寛法律事務所入所

2001年3月

㈱ベルパーク社外監査役(現)

2002年4月

ルネス総合法律事務所開設(現)

2015年5月

ミニストップ㈱社外取締役(現)

2015年6月

当社社外取締役(現)

 

(注)5

取締役

非常勤

高桑 幸一

1952年3月21日

 

1974年4月

北陸電力㈱入社

2007年6月

同社常務取締役原子力本部副本部長

2009年6月

2016年6月

同社常勤監査役

同社嘱託(現)

 

2017年4月

当社社外取締役(現)

国立大学法人富山大学経済学部客員教授(現)

 

(注)5

0

監査役

常勤

山田  勇

1959年7月3日

 

1982年4月

川田工業㈱入社

2009年6月

東邦航空㈱監査役(現)

2014年4月

当社経理部経理担当部長

川田工業㈱経理部経理担当部長

2017年6月

当社常勤監査役(現)

川田工業㈱監査役(現)

 

(注)7

0

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

監査役

非常勤

岡田 敏成

1958年8月26日

 

1981年4月

川田工業㈱入社

2013年4月

同社鋼構造事業部管理部管理・業務担当部長代理

2015年9月

同社常勤監査役(現)

2016年6月

当社監査役(現)

 

(注)6

1

監査役

非常勤

高木 武彦

1945年1月23日

 

2001年7月

金沢国税局長

2002年7月

税務大学校長

2003年8月

税理士登録

2008年6月

㈱丸井グループ監査役(現)

2010年6月

当社社外監査役(現)

川田工業㈱監査役(現)

 

(注)6

監査役

非常勤

髙木 繁雄

1948年4月2日

 

1971年4月

㈱北陸銀行入行

2002年5月

同行代表取締役頭取

2003年9月

㈱ほくぎんフィナンシャルグループ(現 ㈱ほくほくフィナンシャルグループ)代表取締役社長

2012年6月

当社社外監査役(現)

川田工業㈱監査役

2016年7月

㈱北陸銀行 特別参与(現)

 

(注)6

103

(注)1 取締役社長 川田忠裕氏と取締役 川田哉氏は兄弟であります。

2 取締役 山崎一樹氏は、取締役社長 川田忠裕氏の義弟であります。

3 取締役 山川隆久及び高桑幸一の両氏は、「社外取締役」であります。

4 監査役 高木武彦及び髙木繁雄の両氏は、「社外監査役」であります。

5 取締役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 監査役 岡田敏成、高木武彦及び髙木繁雄の3氏の任期は、2016年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 監査役 山田勇氏の任期は、2017年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

 

② 社外役員の状況

 当社は、提出日(2019年6月28日)現在、山川隆久氏及び高桑幸一氏の2名を社外取締役として選任し、高木武彦氏及び髙木繁雄氏の2名を社外監査役として選任しています。当社と各社外取締役及び各社外監査役との間には、人的関係又は取引関係等の特別な利害関係はありません。なお、社外取締役の山川隆久氏及び高桑幸一氏並びに社外監査役の高木武彦氏を独立役員として東京証券取引所に届出をしています。

 当社が社外取締役及び社外監査役を選任する際には、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する基準又は方針を参考にし、十分な独立性が保たれるのか、一般の株主との利益相反が生ずる恐れがないかを慎重に検討した上で、責務を果たせる人格と知見を有する人物を選任しています。当社の社外取締役及び社外監査役は、外部企業の経営者や専門家としての豊富な知識と経験に基づき、取締役などに対し率直に意見を述べ、企業の健全性を確保するとともに、経営監視機能強化に対する実効性を高めています。

 山川隆久氏につきましては、弁護士としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主にコンプライアンスの観点から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。高桑幸一氏につきましては、経営者としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主に経営の専門的見地から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。また、社外取締役の両氏は、経営陣から独立した立場であり、一般株主と利益相反が生じる立場ではありません。

 高木武彦氏につきましては、現在及び過去において、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はないため、一般株主と利益相反が生じる立場ではありません。
 髙木繁雄氏につきましては、株式会社北陸銀行の特別参与であります。なお、同行は、当社株式の4.82%(所有株式の割合)を保有し、当社のメインバンクでありますが、社外監査役個人が特別の利害関係を有するものではありません。また、同氏が就任した経緯についても、メインバンクからの働きかけを受けたものではなく、メインバンク出身者であることを配慮したものでもありません。当社は、同氏の人格と知見が極めて優れた人物であると判断し招聘したものであり、一般株主と利益相反が生ずる恐れがないと判断したからであります。

 社外取締役は、取締役会において社外の独立した視点からの貴重な意見と大所高所に立脚した有用な助言を通じ、経営全般に対して監督を行うとともに、取締役及び監査役との意見交換等を行っています。なお、取締役会の議案等については、資料に基づき社外取締役に事前説明を行うこととしています。

 社外監査役は、常勤監査役及び監査室並びに総務部、経営管理部及び経理部より適時に業務執行状況の報告並びに取締役会の議案等の事前説明を受けています。また、常勤監査役を通じてグループ各社における内部監査・会計監査の状況に関する情報を入手し、各監査役と意見交換を行うことにより、経営監視機能強化に対する実効性を高めるとともに、中立的・客観的な視点から監督・監査を行うことで企業の健全性を確保しています。

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 内部監査部門として、監査室を設置しており、提出日(2019年6月28日)現在4名の職員が所属しています。監査室は、内部監査計画に基づき、法令はもとより社内規程等の手順を含むコンプライアンス、会社法・金融商品取引法による内部統制システムの有効性を確認しています。

 また、監査室が実施する内部監査計画について、監査役は事前に説明を受け、監査上の指示を行うとともに、内部監査結果の報告を受けています。なお、監査役は自らの監査業務の補助として監査室員に必要な業務を命ずることができることとしています。

 監査役は、会計監査人の監査計画について、事前の説明を受け、会計監査人の監査には必要に応じて立ち会い、会計監査人が必要とする業務監査結果を提供しています。また、監査役は会計監査人から監査の都度、報告及び説明を受けることにより、監査過程で得られる情報並びに客観的な経営数値の分析情報を得ています。

 なお、監査役の知見につきましては、常勤監査役山田勇氏は、長年にわたり当社グループの経理部門に携わり、財務及び会計に関する幅広い知識と豊富な経験を有し、監査役岡田敏成氏は、当社グループの主力事業である鋼橋部門において営業・管理部門を歴任するなど事業部門に対する豊富な知識と会社運営に関する高い知見を有しています。また、社外監査役の高木武彦氏は、国税局長、税務大学校長を歴任し、国税庁退官後は、税理士として活躍していることから財務及び会計に関する高い知見を有し、社外監査役髙木繁雄氏は、豊富な企業経営経験により、さまざまな分野に関する豊富な知識と経験と財務及び会計に関する高い知見を有しています。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役社長

代表取締役

川田 忠裕

1962年11月16日

 

1985年5月

川田工業㈱入社

2005年6月

同社代表取締役社長(現)

2009年2月

2018年6月

当社代表取締役社長(現)

カワダロボティクス㈱代表取締役社長(現)

 

(注)5

58

常務取締役

経営企画・財務・IR担当

渡邉   敏

1960年6月18日

 

1983年4月

川田工業㈱入社

2008年4月

同社常務取締役経営企画・財務・IR担当

2009年2月

当社取締役経営企画・財務・IR担当

2011年6月

当社常務取締役経営企画・財務・IR担当(現)

2019年6月

川田工業㈱専務取締役経営企画・財務・IR担当(現)

 

(注)5

6

取締役

非常勤

川田 琢哉

1966年7月18日

 

1991年4月

川田工業㈱入社

2001年6月

川田建設㈱取締役経理部長

2003年4月

佐藤工業㈱取締役経営企画担当

2010年6月

川田工業㈱取締役大阪支社長

2012年6月

川田建設㈱代表取締役社長(現)

2017年6月

当社取締役(現)

 

(注)5

34

取締役

総務部長兼コンプライアンス担当

井藤 晋介

1954年8月31日

 

1979年4月

川田工業㈱入社

2014年9月

大日本コンサルタント㈱取締役業務管理・内部統制担当

2016年10月

当社総務部長

川田工業㈱執行役員総務部長

2017年6月

当社取締役総務部長兼コンプライアンス担当(現)

 

川田工業㈱取締役総務部長兼コンプライアンス担当

2019年6月

同社常務取締役総務部長兼コンプライアンス担当(現)

 

(注)5

0

取締役

グループ経営戦略室長

山崎 一樹

1960年4月1日

 

1984年4月

自治省入省

2002年4月

福岡市財政局財政局長

2007年6月

2014年11月

京都市副市長

総務省消防庁消防大学校長

2018年5月

当社入社 総務部VISION推進担当部長

2019年6月

当社取締役グループ経営戦略室長(現)

 

(注)5

取締役

非常勤

山川 隆久

1956年12月28日

 

1985年4月

弁護士登録

1985年4月

石原寛法律事務所入所

2001年3月

㈱ベルパーク社外監査役(現)

2002年4月

ルネス総合法律事務所開設(現)

2015年5月

ミニストップ㈱社外取締役(現)

2015年6月

当社社外取締役(現)

 

(注)5

取締役

非常勤

高桑 幸一

1952年3月21日

 

1974年4月

北陸電力㈱入社

2007年6月

同社常務取締役原子力本部副本部長

2009年6月

2016年6月

同社常勤監査役

同社嘱託(現)

 

2017年4月

当社社外取締役(現)

国立大学法人富山大学経済学部客員教授(現)

 

(注)5

0

監査役

常勤

山田  勇

1959年7月3日

 

1982年4月

川田工業㈱入社

2009年6月

東邦航空㈱監査役(現)

2014年4月

当社経理部経理担当部長

川田工業㈱経理部経理担当部長

2017年6月

当社常勤監査役(現)

川田工業㈱監査役(現)

 

(注)7

0

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

監査役

非常勤

岡田 敏成

1958年8月26日

 

1981年4月

川田工業㈱入社

2013年4月

同社鋼構造事業部管理部管理・業務担当部長代理

2015年9月

同社常勤監査役(現)

2016年6月

当社監査役(現)

 

(注)6

1

監査役

非常勤

高木 武彦

1945年1月23日

 

2001年7月

金沢国税局長

2002年7月

税務大学校長

2003年8月

税理士登録

2008年6月

㈱丸井グループ監査役(現)

2010年6月

当社社外監査役(現)

川田工業㈱監査役(現)

 

(注)6

監査役

非常勤

髙木 繁雄

1948年4月2日

 

1971年4月

㈱北陸銀行入行

2002年5月

同行代表取締役頭取

2003年9月

㈱ほくぎんフィナンシャルグループ(現 ㈱ほくほくフィナンシャルグループ)代表取締役社長

2012年6月

当社社外監査役(現)

川田工業㈱監査役

2016年7月

㈱北陸銀行 特別参与(現)

 

(注)6

103

(注)1 取締役社長 川田忠裕氏と取締役 川田哉氏は兄弟であります。

2 取締役 山崎一樹氏は、取締役社長 川田忠裕氏の義弟であります。

3 取締役 山川隆久及び高桑幸一の両氏は、「社外取締役」であります。

4 監査役 高木武彦及び髙木繁雄の両氏は、「社外監査役」であります。

5 取締役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 監査役 岡田敏成、高木武彦及び髙木繁雄の3氏の任期は、2016年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 監査役 山田勇氏の任期は、2017年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

 

② 社外役員の状況

 当社は、提出日(2019年6月28日)現在、山川隆久氏及び高桑幸一氏の2名を社外取締役として選任し、高木武彦氏及び髙木繁雄氏の2名を社外監査役として選任しています。当社と各社外取締役及び各社外監査役との間には、人的関係又は取引関係等の特別な利害関係はありません。なお、社外取締役の山川隆久氏及び高桑幸一氏並びに社外監査役の高木武彦氏を独立役員として東京証券取引所に届出をしています。

 当社が社外取締役及び社外監査役を選任する際には、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する基準又は方針を参考にし、十分な独立性が保たれるのか、一般の株主との利益相反が生ずる恐れがないかを慎重に検討した上で、責務を果たせる人格と知見を有する人物を選任しています。当社の社外取締役及び社外監査役は、外部企業の経営者や専門家としての豊富な知識と経験に基づき、取締役などに対し率直に意見を述べ、企業の健全性を確保するとともに、経営監視機能強化に対する実効性を高めています。

 山川隆久氏につきましては、弁護士としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主にコンプライアンスの観点から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。高桑幸一氏につきましては、経営者としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主に経営の専門的見地から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。また、社外取締役の両氏は、経営陣から独立した立場であり、一般株主と利益相反が生じる立場ではありません。

 高木武彦氏につきましては、現在及び過去において、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はないため、一般株主と利益相反が生じる立場ではありません。
 髙木繁雄氏につきましては、株式会社北陸銀行の特別参与であります。なお、同行は、当社株式の4.82%(所有株式の割合)を保有し、当社のメインバンクでありますが、社外監査役個人が特別の利害関係を有するものではありません。また、同氏が就任した経緯についても、メインバンクからの働きかけを受けたものではなく、メインバンク出身者であることを配慮したものでもありません。当社は、同氏の人格と知見が極めて優れた人物であると判断し招聘したものであり、一般株主と利益相反が生ずる恐れがないと判断したからであります。

 社外取締役は、取締役会において社外の独立した視点からの貴重な意見と大所高所に立脚した有用な助言を通じ、経営全般に対して監督を行うとともに、取締役及び監査役との意見交換等を行っています。なお、取締役会の議案等については、資料に基づき社外取締役に事前説明を行うこととしています。

 社外監査役は、常勤監査役及び監査室並びに総務部、経営管理部及び経理部より適時に業務執行状況の報告並びに取締役会の議案等の事前説明を受けています。また、常勤監査役を通じてグループ各社における内部監査・会計監査の状況に関する情報を入手し、各監査役と意見交換を行うことにより、経営監視機能強化に対する実効性を高めるとともに、中立的・客観的な視点から監督・監査を行うことで企業の健全性を確保しています。

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 内部監査部門として、監査室を設置しており、提出日(2019年6月28日)現在4名の職員が所属しています。監査室は、内部監査計画に基づき、法令はもとより社内規程等の手順を含むコンプライアンス、会社法・金融商品取引法による内部統制システムの有効性を確認しています。

 また、監査室が実施する内部監査計画について、監査役は事前に説明を受け、監査上の指示を行うとともに、内部監査結果の報告を受けています。なお、監査役は自らの監査業務の補助として監査室員に必要な業務を命ずることができることとしています。

 監査役は、会計監査人の監査計画について、事前の説明を受け、会計監査人の監査には必要に応じて立ち会い、会計監査人が必要とする業務監査結果を提供しています。また、監査役は会計監査人から監査の都度、報告及び説明を受けることにより、監査過程で得られる情報並びに客観的な経営数値の分析情報を得ています。

 なお、監査役の知見につきましては、常勤監査役山田勇氏は、長年にわたり当社グループの経理部門に携わり、財務及び会計に関する幅広い知識と豊富な経験を有し、監査役岡田敏成氏は、当社グループの主力事業である鋼橋部門において営業・管理部門を歴任するなど事業部門に対する豊富な知識と会社運営に関する高い知見を有しています。また、社外監査役の高木武彦氏は、国税局長、税務大学校長を歴任し、国税庁退官後は、税理士として活躍していることから財務及び会計に関する高い知見を有し、社外監査役髙木繁雄氏は、豊富な企業経営経験により、さまざまな分野に関する豊富な知識と経験と財務及び会計に関する高い知見を有しています。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率11.1%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役社長

代表取締役

川田 忠裕

1962年11月16日

 

1985年5月

川田工業㈱入社

1997年6月

同社取締役航空事業部長

2003年6月

同社常務取締役管理本部副本部長兼航空・機械事業部長

2005年6月

同社代表取締役社長(現)

2009年2月

2018年6月

当社代表取締役社長(現)

カワダロボティクス㈱代表取締役社長(現)

 

(注)5

60

常務取締役

経営企画・財務・IR・コンプライアンス・法務担当

渡邉   敏

1960年6月18日

 

1983年4月

川田工業㈱入社

2001年6月

同社取締役経理部長

2008年4月

同社常務取締役経営企画・財務・IR担当

2009年2月

当社取締役経営企画・財務・IR担当

2011年6月

当社常務取締役経営企画・財務・IR担当

2019年6月

川田工業㈱専務取締役経営企画・財務・IR担当(現)

2020年6月

当社常務取締役経営企画・財務・IR・コンプライアンス・法務担当(現)

 

(注)5

7

取締役

非常勤

川田 琢哉

1966年7月18日

 

1991年4月

川田工業㈱入社

2001年6月

川田建設㈱取締役経理部長

2003年4月

佐藤工業㈱取締役経営企画担当

2005年6月

川田工業㈱執行役員橋梁事業部東京営業部長

2008年3月

同社常務執行役員橋梁事業部長

2010年6月

同社取締役大阪支社長

2012年6月

川田建設㈱代表取締役社長(現)

2017年6月

当社取締役(現)

 

(注)5

33

取締役

経理部長 兼 経営管理

部長 兼 総務担当

宮田 謙作

1956年10月17日

 

1979年4月

㈱北陸銀行入行

2011年4月

当社入社 経理部財務担当部長

 

川田工業㈱入社 経理部財務担当部長

2011年8月

当社経理部長

 

川田工業㈱経理部長

2012年4月

川田工業㈱執行役員経理部長

2013年6月

同社取締役経理部長(現)

2014年6月

当社経理部長兼経営管理部長

2020年6月

当社取締役経理部長兼経営管理部長兼総務担当(現)

 

(注)5

3

取締役

非常勤

山川 隆久

1956年12月28日

 

1985年4月

弁護士登録(東京弁護士会)

1985年4月

石原寛法律事務所入所

2001年3月

㈱ベルパーク社外監査役(現)

2002年4月

ルネス総合法律事務所開設(現)

2015年5月

ミニストップ㈱社外取締役(現)

2015年6月

当社社外取締役(現)

 

(注)5

取締役

非常勤

高桑 幸一

1952年3月21日

 

1974年4月

北陸電力㈱入社

2007年6月

同社常務取締役原子力本部副本部長

2009年6月

2016年6月

同社常勤監査役

同社嘱託(現)

 

2017年4月

当社社外取締役(現)

国立大学法人富山大学経済学部客員教授(現)

 

(注)5

0

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

(監査等委員)

常勤

井藤 晋介

1954年8月31日

 

1979年4月

川田工業㈱入社

2005年11月

同社橋梁事業部海外営業部次長

2007年11月

大日本コンサルタント㈱海外事業部次長

2014年9月

同社取締役業務管理・内部統制担当

2016年10月

当社総務部長

川田工業㈱執行役員総務部長

2017年6月

当社取締役総務部長兼コンプライアンス担当

 

川田工業㈱取締役総務部長兼コンプライアンス担当

2019年6月

同社常務取締役総務部長兼コンプライアンス担当

2020年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

 

川田工業㈱監査役(現)

 

(注)6

1

取締役

(監査等委員)

非常勤

髙木 繁雄

1948年4月2日

 

1971年4月

㈱北陸銀行入行

1998年6月

同行取締役

2002年6月

同行代表取締役頭取

2003年9月

㈱ほくぎんフィナンシャルグループ(現 ㈱ほくほくフィナンシャルグループ)代表取締役社長

2012年6月

当社社外監査役

2016年7月

㈱北陸銀行 特別参与(現)

2020年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

 

(注)6

取締役

(監査等委員)

非常勤

福地 啓子

1959年1月7日

 

1981年4月

東京国税局入局

2008年7月

税務大学校教授

2013年7月

国税庁長官官房国際業務課国際企画官

2018年3月

金沢国税局長

2019年8月

税理士登録(現)

2020年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

 

川田工業㈱社外監査役(現)

 

(注)6

106

(注)1 2020年6月26日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監査等委員会設置会社に移行しています。

2 取締役社長 川田忠裕氏と取締役 川田琢哉氏は兄弟であります。

3 取締役 山川隆久及び高桑幸一の両氏は、「社外取締役」であります。

4 取締役(監査等委員) 髙木繁雄及び福地啓子の両氏は、「社外取締役」であります。

5 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 取締役(監査等委員)の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

② 社外役員の状況

 当社は、独立役員である社外取締役を4名選任しています。

 社外取締役には豊富な経験と見識に基づき、当社の経営全般に対する意思決定への参画、及び経営の監督を行うこと、また、監査等委員である社外取締役には取締役(監査等委員である取締役を除く。)の業務執行に対する監督及び監査を独立した立場から行うことをそれぞれ期待しています。

 社外取締役山川隆久氏は、弁護士としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主にコンプライアンスの観点から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。

 社外取締役高桑幸一氏は、経営者としての豊富な経験及び幅広い見識を有しており、主に経営の専門的見地から社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。

 監査等委員である社外取締役福地啓子氏は、長年にわたり国税局において税務に関する業務に従事し、税務に関する豊富な経験・識見を有しており、これらの知見と実績等を踏まえ、独立した立場から、当社の経営に対する監査・監督機能強化に貢献いただき監査等委員である社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。

 監査等委員である社外取締役髙木繁雄氏は、豊富な企業経営経験に基づく財務及び会計に関する高い知見を有しており、これらの知見と実績等を踏まえ、独立した立場から、当社の経営に対する監査・監督機能強化に貢献いただき監査等委員である社外取締役として職務を適切に遂行できるものと判断しています。

 なお、当該独立役員である社外取締役4名と当社との間には、人的関係、資本関係、取引関係その他利害関係はありません。

 髙木繁雄氏は、株式会社北陸銀行の特別参与であり、同行は、当社株式の4.82%(所有株式の割合)を保有し、当社のメインバンクでありますが、社外取締役個人が特別の利害関係を有するものではありません。また、同氏が就任した経緯についても、メインバンクからの働きかけを受けたものではなく、メインバンク出身者であることを配慮したものでもありません。当社は、同氏の人格と知見が極めて優れた人物であると判断し招聘したものであり、一般株主と利益相反が生ずる恐れがないと判断したからであります。

 当社においては、社外取締役を選任するための独立性に関する基準及び方針を、東京証券取引所が指定を義務付ける一般株主と利益相反は生じるおそれのない独立役員の独立性に関する判断基準を参考に定め、同基準に基づき、選任しています。当社の独立性基準の概要は、以下に該当しないものであります。

 1.2親等以内の親族が、当社子会社の業務執行者

 2.本人又は2親等以内の親族が、当社の主要な取引先の業務執行者

 3.本人又は2親等以内の親族が、当社を主要な取引先とする会社の業務執行者

 4.本人又は2親等以内の親族が、当社から役員報酬以外に多額の金銭等を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家

 5.本人又は2親等以内の親族が、当社の監査法人に所属する者

 6.本人又は2親等以内の親族が、当社から多額の寄付を受けている団体の業務執行者

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、主として取締役会等への出席を通じて、内部監査・会計監査及び内部統制についての報告を受け、適宜必要な意見を述べることが可能な体制を構築し、経営の監督機能を強化しています。

 また、常勤監査等委員を中心に内部統制部門・会計監査人と連携を取り、経営の監視・監督に必要な情報を共有しています。社外取締役は、これらの情報及び取締役会等への出席を通じて、内部監査・監査等委員会監査・会計監査及び内部統制についての報告を受け、必要な意見を述べています。

社外役員の選任

2017/6/302018/2/282018/7/52018/12/192019/7/22020/6/29選任の理由
山川隆久弁護士としての豊富な経験と知識を有し、その専門的見地から当社の経営全般に提言していただくことにより、当社のコーポレート・ガバナンス強化ができると判断したため、当社の社外取締役として就任して頂いております。同氏に対して顧問弁護士報酬を支払っておりましたが、その金額は月額約10万円であり、当社が他の弁護士に支払っている報酬と同程度であり、かつ、当社が定める社外役員の独立性に関する基準に照らしても当社から多額の報酬を得ているものとはいえません。また、同氏との契約内容は、一般的な法解釈についてのアドバイスや実務対応についての助言が主たるものであり、その他の独立役員の属性として、規定にある項目に該当するものはありませんでした。したがって、同氏と一般株主との間に利益相反が生じる恐れが無いと判断しています。
高桑幸一北陸電力(㈱)の取締役、常勤監査役を務め、経営者としての豊富な経験および幅広い見識を有しており、当社の経営を強化するため社外取締役に適任と判断しております。 また、同氏は、当社及び当社子会社との間に特別の利害関係もなく、当社の経営陣から独立した立場で社外取締役の職責を担っていただくものであり、一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと考えます。
髙木繁雄-----2012年6月より、当社の社外監査役を務めておりますが、金融界での貴重な経営に基づく財務・会計に関する専門的な識見及び他の企業での社外監査役としての実績に基づき、当社の監査を実施しております。また、当社グループの主要借入先で、株主でもある北陸銀行の取締役を務めておりましたが、2013年6月に退任し、現在は同行の特別参与の職にあって、業務執行者には該当しておりません。したがって、同氏と直接利害関係を有するものではなく、一般株主との利益相反が生じるおそれはないものと考えます。
福地啓子-----国税局長、税務大学校教授を歴任し、国税庁退官後は税理士として活躍しており、その専門的知識と経験を基に社外者としての客観的立場から社外取締役をお願いするものであります。 また、同氏は、当社及び当社子会社との間に特別の利害関係もなく、当社の経営陣から独立した立場で社外取締役の職責を担っていただくものであり、一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと考えます。