1年高値834 円
1年安値280 円
出来高25 千株
市場マザーズ
業種小売業
会計日本
EV/EBITDA19.0 倍
PBR2.1 倍
PSR・会予1.8 倍
ROA12.3 %
ROIC13.7 %
βN/A
決算2月末
設立日2005/2/14
上場日2016/11/29
配当・会予0 円
配当性向11.8 %
PEGレシオ-1.6 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:5.1 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:-17.8 %
純利5y CAGR・予想:-19.1 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別利益率
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
会社の詳細

3【事業の内容】

 当社グループは、『ファッションにエンタテイメントを』を経営理念とし、オリジナルバッグ・財布等の提供を通じて『お客様に非日常のワクワク感を提供する』ことを目指しております。

 当社グループは、当社(株式会社スタジオアタオ)及び連結子会社1社(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト株式会社)の2社で構成されており、オリジナルバッグ等の企画・販売、直営店舗の運営、インターネット店舗の運営、キャラクター商品の企画・販売を主な事業としております。

 なお、当社グループはバッグ及び財布等の企画・販売を主とするファッションブランドビジネスを行う単一セグメントであるため、セグメント情報は記載せず、店舗販売、インターネット販売及びその他(ロベルタ事業等)について記載しております。

 

(1)当社グループが展開するブランドについて

 当社グループは、『ATAO(アタオ)』『IANNE(イアンヌ)』『Roberta di Camerino(ロベルタ ディ カメリーノ)』『ILEMER(イルメール)』の4つのブランドを展開しております。

ブランド名

ブランドの説明

『ATAO』

(アタオ)

当社グループの代表ブランドであり、神戸のファッションエリア旧居留地から始まった日本のブランドです。

基本的なデザインコンセプトは、正統派ラインのトレンチコートに似合うバッグです。トラッド(※1)にとらわれずニュアンスを引き出してくれるようなバッグをイメージしています。チョコレートをモチーフとした市松模様やヴィンテージ感のあるスウェード素材など、使うほどに愛着を持ってもらえるように素材を選んでいるところも特徴です。

財布市場においてL字ファスナーに特徴のある「limo(リモ)シリーズ」をはじめ、トラッド&エレガントなイメージを有し、かつ機能性も重視したバッグや革小物を展開しています。

主要な商品として、「elvy(エルヴィ)」「Candy(キャンディ)」「Dolly(ドリー)」「Mint(ミント)」「Labo(ラボ)」「chivy(チヴィ)」「booboo(ブーブー)」「Dacquoise(ダックワーズ)」「Funcvy(ファンクヴィ)」などのバッグのシリーズ及び「limo(リモ)」「Waltz(ワルツ)」などの財布のシリーズの他「Hippo(ヒッポ)」(スマホカバー)などの小物を取扱っております。

『IANNE』

(イアンヌ)

「子供の頃に夢中になった絵本のワクワクするような世界と、上質なリュクス(※2)の融合」をテーマに、毎年パリで開催され世界各地から出展者、訪問者が参加するアクセサリー・ファッション小物の展示会、プルミエールクラスでデビューしたブランドです。

パリジェンヌたちのライフスタイルに溶けこみ、「大人が楽しむ」ことができるようなバッグや革小物をテーマとしています。オペラ座近くのパサージュ(※3)にギャラリーを構えています。

主要な商品として、「BRENDA(ブレンダ)」「VANESSA(ヴァネッサ)」「KATE(ケイト)」「OLIVIA(オリビア)」「MENZEL(メンゼル)」「IRINA(イリナ)」「ECRIN(エクラン)」「MONIQUE(モニク)」「ROBEPARKER(ローブパーカー)」などのバッグのシリーズと「Nataly(ナタリー)」「LAILY(ライリー)」「RINDA(リンダ)」などの財布のシリーズがあります。

『Roberta di Camerino』

(ロベルタ ディ カメリーノ)

ジュリアーナ・カメリーノが1945年にヴェネツィアで創業したバッグを中心としたファッションブランドであり、1956年には「ニーマンマーカス賞」を受賞しました。トロンプルイユ(だまし絵)のテクニックを施して、ワンピースを着るだけでコーディネイトができあがることを目指したユニークな発想のアイテムが特徴です。グレース・ケリーが持った「Bagonghi(バゴンギ)」など、ロングセラーとなっているバッグを発表しています。

主要な商品として、「UNO(ウノ)」「ADRIA(アドリア)」「PIETRO(ピエトロ)」「NOCE(ノーチェ)」「Bagonghi(バゴンギ)」「Stella(ステラ)」などのバッグのシリーズと「ISAR(イザール)」「LISTON(リストン)」「PERLA(ペルラ)」などの財布のシリーズがあります。また、ヴィンテージベルベットを使用した「MONTY(モンティ)」「CAPRICCIO(カプリッチョ)」などのバッグのシリーズを展開しております。

『ILEMER』

(イルメール)

オリジナルのイラスト、テキスタイルに特化したプレミアムエコバッグを中心に展開するブランドです。当社グループの強みであるオリジナルキャラクターを中心に、1つの型でアート、パターン、風景等異なるカテゴリーで描かれたバリエーション豊富な商品を展開していることが特徴です。

主要な商品として、トートバッグの「WAKUWAKU(ワクワク)」「LUNLUN(ルンルン)」、ハンドバッグの「UKIUKI(ウキウキ)」、ポーチの「DOKIDOKI(ドキドキ)」やポシェット、PC/スマホケース、ぬいぐるみ、サプライズトイの「サプライズハッピードール」「着せ替えワンピース」等があります。

 ※1 traditional style(伝統的なスタイル)

 ※2 優雅、華美

 ※3 ガラス製アーケードに覆われた商業空間

(2)当社グループの主な販路

① 店舗販売

 当社グループは、2020年2月末現在、国内において神戸、大阪、新宿、有楽町、横浜、名古屋等の大都市圏の百貨店・商業施設等に入居している店舗9店(ATAO6店、IANNE3店)を展開するとともに、全国各地の百貨店等において随時イベントを開催し、当社商品を販売しております。また、海外においてパリにIANNEのギャラリー1ヶ所を展開しております。

 

② インターネット販売

 当社グループは、2020年2月末現在、自社直営のインターネット店舗「ATAO OFFICIAL WEB SITE」、「IANNE公式オンラインショップ」を株式会社デジサーチアンドアドバタイジングと協働で運営しております。また、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングが運営するオンラインモール「erutuoc(エルトゥーク)」内でも販売しております。

 

③ その他

(a)ロベルタ事業

 当社グループは、Roberta di Camerinoのマスターライセンサーである三菱商事株式会社より商標の使用、製造輸入販売に関する権利の許諾を受け、国内におけるRoberta di Camerinoの展開を行っており、2020年2月末現在、国内において有楽町に路面店1店を展開するとともに当社グループによる運営サイトを通じたインターネット販売を行っております。また、国内におけるRoberta di Camerinoのサブライセンサーとして、サブライセンシーに商標権の使用許諾を行うことにより、ロイヤリティを受領しております。

 

 ※ROBERTA DI CAMERINO本店は、ブランド価値及び顧客サービスの一層の向上、売上及び利益の拡大並びに効率的な店舗運営の観点から2020年3月29日をもって営業を終了し、総合ショップ「アタオランド」(神戸市中央区)に移転統合しております。

 

(b)ILEMER事業

 当社グループは、キャラクターとブランドを融合させた「ILEMER」の展開を行っております。2020年2月末現在、「アタオランド」内に1店を展開するとともに国内外において当社グループによる運営サイトを通じたインターネット販売を行っております。また、全国各地の百貨店等において随時イベントを開催しております。

 

(3)当社グループのO2O(※)の活用によるブランド戦略

 当社グループは『トレンドに左右されない商品企画と、定番商品を人気商品化するノウハウ』を強みとして、O2Oの施策を活用しながら、自社が提供するオリジナルバッグ等の企画・販売を通してブランドの世界観を構築し、流行に左右されない『ブランドのファン』を生み出すことで長期的・安定的に収益を上げる事業の展開に取り組んでおります。これは、テーマパークのように統一された世界観の中で不変の定番商品や造形があり、お客様が非日常感を味わえる環境を創りだすことにも似ていると考えております。売れている商品を後追いするのではなく、自由な発想で独創的な商品を提案し、それらを人気の定番商品に育てるノウハウを使って、ブームで終わらない強固なブランド創りを目指しております。

 当社グループは、店舗は原則として直営店による運営を行っております。店舗の販売スタッフをブランドPRの最前線の広告塔として考えており、販売スタッフはすべて正社員となっております。そして、創業者やデザイナーによる継続的な社内研修等を通じてブランドの本質を熟知した販売スタッフによる質の高いサービスを提供することによりリピーターの獲得に努めております。

 さらに、オフライン(店舗販売)とオンライン(インターネット販売)の連動及びそれを促進する販売スタッフによるブログ、SNS施策により、オンラインでブランドを知ったお客様がオフラインを訪れて買い物をしていただく一方で、オフラインでブランドを知ったお客様がオンラインを訪れて買い物をしていただくなどの双方向に回遊し、相乗効果を生むように取り組んでおります。

 ※ Online to Offlineの略であり、オンライン(インターネット販売)とオフライン(店舗販売)が融合し、相

互に影響を及ぼすこと。

 

 以上述べた事項を事業系統図に示すと次の通りであります。

 

(画像は省略されました)

※ 当社グループによる直接的な売上でなく、消化卸方式の契約等に基づく百貨店等から一般顧客への売上を示しております。

 

 (注)1 商業施設運営会社との賃貸借契約に基づき、賃借した店舗において、消費者に対して直接販売を行っております。

2 消化卸方式での契約となっており、百貨店内の売場において、消費者に対して直接販売されたものについてのみ百貨店に対し売上が計上される取引となっております。

3 消化卸方式での契約となっており、インターネット上のオンラインショップ運営サイトにおいて、消費者に対して直接販売されたものについてのみ、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに対して売上が計上される取引となっております。

4 生産効率や生産管理の観点から、生産工場(メーカー)、資材業者、皮革業者等を一括で取りまとめる業務を株式会社サカタに委託しております。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次の通りであります。

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用情勢や所得環境の改善などを背景に緩やかな景気回復基調で推移しておりましたが、消費税増税や自然災害の発生、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等により、急速な個人消費の減少、企業収益の悪化等の影響が生じております。

 このような環境の中、当社グループは、「ファッションにエンタテイメントを」を理念とし、オリジナルバッグ・財布等の提供を通じて「お客様に非日常のワクワク感を提供すること」を目指し、引続きインターネット販売や既存店の強化を行っております。また、オンラインショップと店舗の一層の連携を図るべく、引続き販売促進費への投資、SNS活動の強化、自社ブランドのポータルブログを活用したO2O戦略の強化を行ったものの、インターネット広告単価の上昇等に伴う販売促進費の効率化等の影響により、インターネット販売が1,914,734千円(前連結会計年度比8.4%減)、店舗販売が1,994,480千円(同1.6%増)となりました。

 さらに、2019年3月15日にブランド価値向上及び顧客サービスの一層の強化並びに売上及び利益の更なる拡大を図るべく、ATAO神戸本店及びIANNE神戸店を大幅拡張リニューアルし、当社グループが展開するすべてのコンテンツ及び限定品を取り扱う総合ショップ「アタオランド」をオープンいたしました。また、効率的な店舗運営等の観点から、同店の近隣店舗であるATAO大丸神戸店の営業を2019年3月5日をもって終了し、「アタオランド」に移転統合しております。「アタオランド」は、当社グループが展開するすべてのコンテンツを盛り込んだ、全国初の約100坪の大型店舗であり、ブランド発祥の地である神戸から、これまで以上に発信を強化し、他府県からの観光客の取り込みや、海外からの観光客にも訴求できる魅力ある店づくりを行ってまいります。

 加えて、キャラクターブランドであるILEMERについて、サプライズ・ハッピードール等の商品拡充を図りながら、動画クリエーターとコラボしたプロモーション等を実施するとともに、越境ECの展開を開始しております。

 

 以上の結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下の通りとなりました。

 a.財政状態

 当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ388,230千円増加し、2,988,744千円となりました。

 当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ157,719千円減少し、546,342千円となりました。

 当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ545,949千円増加し、2,442,401千円となりました。

 

 b.経営成績

 「アタオランド」のオープンに向けた休業期間やATAO大丸神戸店の移転統合、インターネット広告単価の上昇等に伴う販売促進費の効率化、消費税増税による反動減等の影響により、当連結会計年度の売上高は4,142,804千円(前連結会計年度比1.7%減)となりました。また、「アタオランド」の出店に伴う一時費用の発生等の影響があったものの、インターネット広告に係る販売促進費の効率化等により営業利益は788,043千円(同6.0%増)、経常利益は789,225千円(同5.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は540,108千円(同1.5%増)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、1,913,143千円となり、前連結会計年度末より518,420千円増加いたしました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られたキャッシュ・フローは744,226千円(前連結会計年度比301,786千円の増加)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益771,104千円、たな卸資産の減少額189,601千円による資金の増加があった一方、法人税等の支払額235,538千円による資金の減少があったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用したキャッシュ・フローは118,398千円(前連結会計年度比68,192千円の増加)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出96,229千円によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果使用したキャッシュ・フローは107,408千円(前連結会計年度は190,248千円の獲得)となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出113,249千円があったことによるものであります。

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当社グループは生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。

 

b.仕入実績

 仕入実績については、次の通りであります。

品目

当連結会計年度

(自 2019年3月1日

至 2020年2月29日)

仕入高(千円)

前年同期比(%)

オリジナルバッグ等

1,302,971

72.15

合計

1,302,971

72.15

 (注)1 金額は、仕入価格によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c.受注実績

 当社グループは受注生産を行っておりませんので、該当事項はありません。

 

d.販売実績

 当社グループの事業セグメントは、バッグ及び財布等の企画・販売を主とするファッションブランドビジネスを行う単一セグメントであるため、販売実績について販売の業態別に示すと次の通りであります。

業態

当連結会計年度

(自 2019年3月1日

至 2020年2月29日)

販売高(千円)

前年同期比(%)

インターネット販売

1,914,734

91.6

店舗販売

1,994,480

101.6

その他

233,589

144.3

合計

4,142,804

98.3

 (注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次の通りであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2018年3月1日

至 2019年2月28日)

当連結会計年度

(自 2019年3月1日

至 2020年2月29日)

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

㈱デジサーチアンドアドバタイジング

2,094,896

49.7

1,920,325

46.4

㈱大丸松坂屋百貨店

603,331

14.3

484,410

11.7

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループ経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の通りであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計方針及び見積もり

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準により作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして経営者による会計方針の採用、資産・負債及び収益・費用の計上については会計基準及び実務指針等により見積もりを行っております。この見積もりについては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積もりには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なることがあります。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する分析、検討内容

 財政状態の分析

 a.資産

 当連結会計年度末の資産については、総資産2,988,744千円であり、前連結会計年度末と比較して388,230千円増加しております。主な要因は、現金及び預金が518,420千円、有形固定資産が55,578千円増加したことであります。

 b.負債

 負債合計は546,342千円であり、前連結会計年度末と比較して157,719千円減少しております。主な要因は、長期借入金が113,844千円減少したことであります。

 c.純資産

 純資産は2,442,401千円であり、前連結会計年度末と比較して545,949千円増加しております。主な要因は、利益剰余金が540,108千円増加したことであります。

 

 経営成績の分析

 a.売上高及び売上総利益

 引続きO2O戦略の強化を進めたものの、「アタオランド」のオープンに向けた休業期間やATAO大丸神戸店の移転統合、インターネット広告単価の上昇等に伴う販売促進費の効率化、消費税増税による反動減等の影響により、当連結会計年度の売上高は4,142,804千円(前連結会計年度比1.7%減)となり、売上原価1,492,573千円(同5.8%減)を計上した結果、売上総利益は2,650,230千円(同0.8%増)となりました。

 

 b.販売費及び一般管理費及び営業利益

 販売促進費623,042千円(前連結会計年度比9.8%減)、支払手数料306,421千円(同3.6%減)等を計上した結果、当連結会計年度の販売費及び一般管理費は1,862,187千円(同1.2%減)となり、営業利益は788,043千円(同6.0%増)となりました。

 

 c.営業外損益及び経常利益

 受取家賃1,164千円(前連結会計年度比13.8%増)、保険解約返戻金255千円(前連結会計年度比89.4%減)等により営業外収益1,792千円(同49.9%減)を計上し、営業外費用610千円(同33.9%減)を計上した結果、当連結会計年度の経常利益は789,225千円(同5.8%増)となりました。

 

 d.特別損益及び親会社株主に帰属する当期純利益

 特別損失として減損損失18,071千円を含む18,120千円(前連結会計年度は57千円)を計上し、税金等調整前当期純利益は771,104千円(前連結会計年度比3.3%増)となり、法人税等230,996千円(同7.9%増)を計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は540,108千円(同1.5%増)となりました。

 

 キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載の通りであります。

③資本の財源及び資金の流動性について

 当社グループは、事業運営上必要な運転資金及び設備投資資金等を確保するとともに、経済環境の急激な変化等に備えた財務基盤の強化を図ることを基本方針としております。当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは、業容拡大に伴う仕入、販売促進費、人件費等の運転資本の増加であり、設備投資資金の需要は、主に新規出店や店舗リニューアルによるものであります。所要資金については、内部資金を活用するとともに、必要に応じて金融機関からの調達等により賄うこととしております。

 当連結会計年度末における有利子負債の残高は151,144千円、現金及び現金同等物の残高は1,913,143千円であり、ネット・キャッシュは1,761,999千円となっております。

 

④経営成績に重要な影響を与える要因について

 経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載の通りでありますが、ブランド力の維持、ファッショントレンド、出店、特定取引先との関係等、様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。そのため、市場動向等に留意し、内部管理体制の強化、取引先との関係維持・強化、市場のニーズに合った商品の開発等により、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に対応を行ってまいります。

 

⑤経営戦略の現状と見通し

 当社グループの経営の状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載の通りです。

 今後の見通しにつきましては、引続き「トレンドに左右されない商品企画と、定番商品を人気商品化するノウハウ」を強みとして、O2O戦略の強化を図り、インターネット販売及び店舗販売等の継続的な成長を目指してまいります。

 2019年3月15日にブランド価値向上及び顧客サービスの一層の強化並びに売上及び利益の更なる拡大を図るべく、ATAO神戸本店及びIANNE神戸店を大幅拡張リニューアルし、当社グループが展開するすべてのコンテンツ及び限定品を取り扱う総合ショップ「アタオランド」をオープンいたしました。また、効率的な店舗運営等の観点から、同店の近隣店舗であるATAO大丸神戸店の営業を2019年3月5日をもって終了し、「アタオランド」に移転統合しております。

 「アタオランド」は、当社グループが展開するすべてのコンテンツを盛り込んだ、全国初の約100坪の大型店舗であり、ブランド発祥の地である神戸から、これまで以上に発信を強化し、他府県からの観光客の取り込みや、海外からの観光客にも訴求できる魅力ある店づくりを行ってまいります。

 また、堅調な「ATAO」の店舗及びオンラインショップを継続して強化していくことに加え、「IANNE」「Roberta di Camerino」「ILEMER」の各ブランドの育成及び顧客開拓、オンラインショップと店舗とのさらなる連携強化に積極的に取り組んでまいります。当社グループの主要な関連業界である百貨店を含む小売業界におきましては、今後も厳しい経営環境が続く見通しですが、好調なオンラインショップと店舗を連携させることにより当社グループ全体の売上及びブランド価値の向上を図ってまいります。

 

⑥経営者の問題認識と今後の方針について

 経営者の問題認識と今後の方針につきましては、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載の通り、人材の確保・育成、生産体制の強化、新規販売チャネルの展開等が必要であると認識しております。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 当社グループの事業セグメントは、ファッションブランドビジネス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)

1 製品及びサービスごとの情報

 単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3 主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

 

顧客の名称又は氏名

売上高

㈱デジサーチアンドアドバタイジング

2,094,896

㈱大丸松坂屋百貨店

603,331

 

当連結会計年度(自 2019年3月1日 至 2020年2月29日)

1 製品及びサービスごとの情報

 単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3 主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

 

顧客の名称又は氏名

売上高

㈱デジサーチアンドアドバタイジング

1,920,325

㈱大丸松坂屋百貨店

484,410

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

 当社グループは、ファッションブランドビジネス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

 該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

 該当事項はありません

 

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営方針及び経営戦略

 創業から、当社グループは、『ファッションにエンタテイメントを』を経営理念として、オリジナルバッグ・財布等の提供を通じて『お客様に非日常のワクワク感を提供すること』を目指しております。

 今後も当社グループのブランドであるATAO、IANNE、Roberta di Camerino、ILEMERを中心とした『トレンドに左右されない商品企画』と『定番商品を人気商品化するノウハウ』をもとに、O2O戦略を活かした長期的なブランディングによって、それぞれのブランドの付加価値を高め、安定的に収益を上げる事業を展開してまいります。また、キャラクターとブランドを融合させたエンタテイメントビジネスの強化に向け、中長期的に取り組んでまいります。

 

(2)経営環境及び対処すべき課題

 当社グループを取り巻く環境は、雇用情勢や所得環境の改善などを背景に緩やかな景気回復基調で推移しておりましたが、消費税増税や自然災害の発生、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等により、急速な個人消費の減少、企業収益の悪化等の影響が生じております。こうした状況を踏まえて当社では、以下の課題について特に重要な課題としており、その実現に向けて、引続き積極的に取り組んでまいります。

 

 ① 内部管理体制の強化

 当社グループの円滑な拡大を支えていくために、業況推移を常時正確に把握し、適時・適切に経営判断へ反映させていくことが、従来以上に大切であると考えております。こうした観点から、内部管理体制の一層の充実、管理部門の体制強化を図ってまいります。

 

 ② 人材の確保・育成

 当社グループにとって、店舗従業員等の確保・育成は重要な経営課題であり、優秀な人材確保のため、今後は様々な採用チャネルを活用していく方針です。当期においても新卒採用を継続して行い、店舗運営に必要な人材の確保に努めております。また、転勤のない正社員の採用や時短勤務を取り入れる等、雇用形態や働き方の多様化も図ってまいります。

 

 ③ 生産体制の強化

 当社グループでは、お客様のニーズにより早く、確かな品質で応えることができるような供給システムを構築するため、技術指導等による生産管理委託先及び生産工場の育成に取り組んでおります。

 

 ④ 新規販売チャネルの展開

 当社グループは、継続的な成長及び企業価値の拡大を図り、より多くの消費者ニーズに応えるため、海外進出、キャラクタービジネス、ライセンス事業等の新規販売チャネルの開拓を推進してまいります。そのため、システム投資、広告宣伝費等の追加費用が発生する可能性がありますが、消費者の購買行動の変化に対して適時・適切に対応するとともに、事業拡大に伴う新たなお客様層の獲得を通じて、経営の安定化に取り組んでまいります。

 

 ⑤ 既存のお客様向けサービスの強化

 当社グループは、新規のお客様の獲得に取り組むと同時に、既存のお客様に対するサービス体制の更なる強化を図ってまいります。

 

 ⑥ 模倣品等への対策の強化

 当社グループは、当社グループの商品と混同させてお客様に販売しようとする悪質な模倣品や当社グループの商品画像を悪用した詐欺サイト等については、お客様からの信頼を損ない、また、当社グループのブランド価値を毀損する可能性があると認識しており、この様な行為への対応を更に強化してまいります。

 

 ⑦ 財務体質の強化

 当社グループは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等に伴う経済環境の急激な変化に備えるとともに、中長期的な安定成長を実現させるべく、財務体質の更なる強化を図ってまいります。

 

2【事業等のリスク】

 当社グループの経営成績、株価及び財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには、以下のようなものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありますが、将来において発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。

 

(1)ブランド力の維持について

 当社グループは、法令遵守違反などの不適切な行為が発覚した場合は、速やかに適切な対応を図って参りますが、当社グループに対する悪質な風評が、SNS等のインターネット上の書き込み等により爆発的に発生・流布した場合は、それが正確な事実に基づくものであるか否かにかかわらず、当社グループのブランドイメージが毀損され、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(2)ファッショントレンドについて

 当社グループが属するファッションブランド業界は、一般に流行の変化が激しく、商品のライフサイクルが短い傾向にあります。当社グループは、流行に左右されにくい商品の開発や複数のブランドの展開等により当該リスクの低減を図っておりますが、ファッショントレンドの変化等により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)出店について

 当社グループは、出店を検討している地域にて期間限定ショップを展開し、お客様の動向・趣味嗜好等を総合的に判断して出店しておりますが、競合他社による出店等により売上業績が見込みを下回った場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(4)業績変動について

 当社グループでは、一定の季節変動があること及びインターネット販売におけるプロモーション戦略や出荷時期等の影響により、業績が大きく変動する可能性があります。第15期連結会計年度(自 2018年3月1日 至 2019年2月28日)及び第16期連結会計年度(自 2019年3月1日 至 2020年2月29日)における各四半期連結会計期間及び通期の当社グループの業績は、以下の通りであります。

(単位:千円、%)

 

第15期

 

第1四半期

連結会計期間

第2四半期

連結会計期間

第3四半期

連結会計期間

第4四半期

連結会計期間

連結会計年度

金額

比率

金額

比率

金額

比率

金額

比率

金額

売上高

1,434,576

34.0

862,838

20.5

893,668

21.2

1,023,033

24.3

4,214,117

営業利益

347,920

46.8

207,073

27.8

129,132

17.4

59,512

8.0

743,639

 

 

第16期

 

第1四半期

連結会計期間

第2四半期

連結会計期間

第3四半期

連結会計期間

第4四半期

連結会計期間

連結会計年度

金額

比率

金額

比率

金額

比率

金額

比率

金額

売上高

1,473,681

35.6

934,002

22.6

804,291

19.4

930,829

22.5

4,142,804

営業利益

330,081

41.9

207,899

26.4

158,385

20.1

91,676

11.6

788,043

(注)1 比率は通期の金額に対する各四半期連結会計期間の金額の割合であります。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 

(5)株式会社デジサーチアンドアドバタイジングとの関係について

① 資本的関係について

 株式会社デジサーチアンドアドバタイジングは、当連結会計年度末現在において、同社の代表取締役及び同氏の資産管理会社が合わせて当社の発行済株式総数の19.29%を保有しており、同社は当社の関連当事者となっております。

 当社と同社の間には、インターネット販売に関する営業取引は発生しておりますが、当社役員又は当社従業員と同社役員又は同社従業員との兼務関係、従業員の派遣出向及び受入出向ならびに営業外取引は発生しておりません。

 また、当社グループの事業戦略、人事政策及び資本政策等について、何ら制約等を受けておりません。

 なお、同社の概要は以下の通りであります。

 

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有又は被所有割合

(%)

関係内容

㈱デジサーチアンドアドバタイジング

東京都

渋谷区

50,000

インターネットを応用したビジネスの企画、開発、運営・Webショッピングサイトの制作・コンサルティング・インターネットショップの運営・小売店舗ブランドイメージ構築コンサルティング・上記分野の調査、コンサルティング

被所有

[19.29]

インターネットにおける当社商品の主要販売先、インターネット販売に係る販売促進及びカスタマーサポート業務等の委託先

 (注)「議決権の所有又は被所有割合」欄の[ ]内は、緊密な者による被所有割合で外数であります。

 

   ② 取引関係について

 当社は、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに対して、当社商品の直営サイトである「ATAO OFFICIAL WEB SITE」、「IANNE公式オンラインショップ」における当社商品の販売等を委託しております。

 なお、インターネット販売による当社商品の売上比率は以下の通りとなっております。

 

2018年2月期

2019年2月期

2020年2月期

インターネット販売

52.2%

49.6%

46.2%

店舗販売その他

47.8%

50.4%

53.8%

 また、同社との取引は関連当事者取引に該当しておりますが、当該関連当事者取引が経営の健全性を損なっていないか、その取引が合理的判断に照らし合わせて有効であるか、取引条件は他の外部取引と比較して適正であるか等に特に留意して、当社取締役会で決議を行っております。さらに、毎月の取締役会では前月の同社との取引状況を報告することで透明化を図っております。

 2019年2月期及び2020年2月期における当社グループと株式会社デジサーチアンドアドバタイジングとの取引関係は以下の通りです。

取引の内容

取引金額(千円)

科目

期末残高(千円)

2019年2月期

2020年2月期

2019年2月期

2020年2月期

商品の販売

(注)1

2,094,896

1,920,325

売掛金

92,294

95,592

販売促進費の支払

(注)2

656,761

519,120

未払金

23,992

19,215

手数料の支払

(注)3

257,910

232,421

 (注)1 株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに対し、一般顧客への販売金額に一定の割合を乗じた手数料を控除した金額で商品を販売しております。

2 株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに対し、インターネット広告費用及びカスタマーサポート費用を支払っております。

3 株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに対し、商品の配送費用や代金の回収に係る決済手数料等を支払っております。

4 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

5 取引条件については、市場の実勢価格等を参考にして交渉の上で決定しております。

 当社グループと株式会社デジサーチアンドアドバタイジングは良好な関係を築いており、現時点において当該会社との取引関係等に支障は生じていないものの、同社の経営方針の変更等により、当社グループとの関係に変化が生じた場合あるいは同社に予期せぬ事態が発覚し、当社商品のインターネット販売に影響を及ぼした場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 また、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングとの取引を解消する場合、契約上インターネットサイトに関する知的財産権等及びインターネット販売に係る顧客情報が株式会社デジサーチアンドアドバタイジングに帰属することとされております。当社グループは、自社によるインターネット販売に係るノウハウの蓄積、代替取引先との関係強化、継続的な店舗販売の強化等により、当該リスクの低減を図っておりますが、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングとの取引解消時に他社への切替等が適切に行えない場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)株式会社サカタとの関係について

 当社グループは、生産効率や生産管理の観点等から、生産工場(メーカー)、資材業者、皮革業者等を一括で取りまとめる業務を株式会社サカタに委託しており、同社を通じた商品の仕入比率は、2020年2月期において全体の95.4%となっております。

 当社グループは、同社に代替し得る取引先の確保や各生産工場等との直接契約への切替が可能な関係性の構築等によりリスクの低減を図っておりますが、今後何らかの理由により、安定的な商品の仕入が行えない場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)為替変動について

 当社グループは原則としてメーカーと直接仕入取引を行わず、個別のメーカーを取りまとめる生産管理業務を委託している株式会社サカタに対して仕入価格を提示して商品を仕入れており、株式会社サカタは当社より提示された価格で納品できるように各メーカーと仕入価格の調整を行っております。このため、これまでは当社の商品の仕入価格は殆ど変動せず、安定的な仕入価格で商品の供給を受けておりました。しかしながら、急激な円安の影響により、メーカーからの値上げ要求を受け入れざるを得なくなると、商品の仕入価格が上昇する可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(8)自然災害、事故、感染症発生等のリスクについて

 当社グループは生産、販売拠点ともに日本に集約しているため、国内において大地震や津波、台風、洪水等の自然災害あるいは予期せぬ事故等が発生した場合、店舗施設等に物理的な障害が生じる可能性があります。また、自然災害、事故等によって当社グループの販売活動や物流、仕入活動において支障が発生した場合のみならず、人的被害等が生じた場合、通常の事業活動が困難となり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。また、新型コロナウイルス感染症を含む感染症の発生及び拡大、長期化等に伴い当社グループの店舗休業や消費者の外出自粛及び需要減退、仕入先の生産活動や物流の停止等が発生した場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(9)特定人物への依存について

 当社の代表取締役社長である瀬尾訓弘は、創業者であると同時に創業以来当社の事業推進において重要な役割を担ってまいりました。瀬尾は、商品の企画等、ブランド全体のプロデュースにおいて豊富な経験と知識を有しております。また当社設立以降は、経営方針や事業戦略の決定及びその遂行において重要な役割を果たしております。当社グループでは、人材の育成や権限移譲を進めるなど組織体制の強化を図りながら、瀬尾に過度に依存しない経営体制の整備を進めております。しかしながら、何らかの理由により瀬尾が当社グループの経営執行を継続することが困難になった場合、或いは特定の役職員が当社の業務を継続することが困難になった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(10)人材の確保・育成について

 当社は、取締役7名(うち監査等委員である取締役3名)及び従業員数が66名(2020年2月末現在)と小規模な組織であり、業務執行体制もこれに応じたものになっております。当社グループは、今後の事業拡大に応じて従業員の育成、人材の採用を強化するとともに業務執行体制の充実を図っていく方針でありますが、これらの施策が適時適切に進行しなかった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(11)内部管理体制の充実について

 当社グループは、企業価値の継続的な向上を図るには、コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であると認識しております。業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保のための内部統制システムの適切な運用、さらに健全な倫理観に基づく法令遵守を徹底してまいりますが、事業の急速な拡大により、十分な内部管理体制の構築が追いつかない場合には、適切な業務運営が困難となり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)知的財産権について

 当社グループは、商標権等の知的財産権の保全に努めていますが、第三者による権利の侵害により、企業・ブランドイメージの低下、商品開発の阻害等を招いた場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループでは第三者の知的財産権を侵害しないよう監視・管理を行っておりますが、万一、第三者から損害賠償及び使用差し止め請求等がなされ金銭の支払い等が発生した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(13)個人情報の管理について

 当社グループの事業では、利用者本人を識別することができる個人情報を保有しており、「個人情報の保護に関する法律」が定める個人情報取扱事業者としての義務を課されております。当社グループは、個人情報の外部漏洩・改ざん等を防止するため、個人情報の管理を事業運営上の重要事項と捉え、個人情報管理規程を制定しております。併せて、全社員を対象とした社内教育を通じて関連ルールの存在を周知徹底し、個人情報保護に関する意識の向上を図ることで、同法及び関連法令等の法的規制の遵守に努めております。また技術的対応として、外部からの侵入を防ぐことができる社内回線(VPN)を使用しており、ウィルス対策、情報漏洩防止に繋げております。また、各店舗のすべてのパソコンに設定されているログインパスワードは厳重に管理され、スタッフのみがアクセスできる体制になっており、社内体制の管理、整備に取り組んでおります。

 しかしながら、個人情報が当社グループ関係者や業務提携・委託先などの故意または過失により外部に流出したり、悪用される事態が発生した場合には、当社グループが損害賠償を含む法的責任を追及される可能性があるほか、当社グループの信頼性やブランドが毀損し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(14)システムに関するリスクについて

 当社グループは、サービス及びそれを支えるシステム、並びにインターネット接続環境の安定した稼働が、事業運営の前提であると認識しております。従って、常時データバックアップやセキュリティ強化を施し、安定的なシステム運用体制の構築に努めております。しかしながら、予期せぬ自然災害や事故、ユーザー及びトラフィックの急増やソフトウエアの不具合、ネットワーク経由の不正アクセスやコンピュータウィルスの感染など様々な問題が発生した場合にはサービスの安定的な提供が困難となり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(15)差入保証金について

 当社グループでは、路面店及び商業施設のインショップ店舗出店等に際し、賃貸借契約締結時に保証金を差し入れております。差入保証金の残高は2020年2月末現在、70,333千円であります。当該差入保証金は、期間満了等による賃貸借契約解約時に契約に従い返還されることとなっておりますが、契約に定められた期間満了日前に中途解約した場合は、契約内容に従って違約金の支払いが必要となる場合があります。また、仮にオーナーまたは商業施設が倒産等の事態に陥った場合には、差入保証金の回収ができない可能性もあります。

 

(16)配当政策について

 当社グループは、各事業年度の業績、財務体質の強化、中長期事業戦略などを総合的に勘案し、株主価値を最大化させることを念頭に、資本政策を決定していく方針であります。中でも、利益配分につきましては、経営成績及び財政状態を勘案の上、配当及び自己株式の取得等、最適な時期に最適な手法で行ってまいりたいと考えております。創業以来、当社の事業は拡大を続けており、引き続き、内部留保の充実を図りながら、事業拡大のための投資に資金を投じてまいりますことが、株主価値を最大化するものと考えております。当事業年度につきましては、当期の業績等を勘案して、2020年2月末を基準日として1株当たり5円の配当としております。今後の配当等株主還元の実施につきましても、業容拡大のスピード及び財務体質等勘案の上、適切に決めてまいりたいと考えております。

 配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。なお、内部留保につきましては、財務体質の強化、及び事業拡大資金として、有効に活用してまいります。

2【沿革】

当社創業者の瀬尾訓弘(現当社代表取締役社長)は、当社設立以前より婦人アパレルのデザイナーとして活動しておりましたが、アパレルはトレンドが非常に早く、生産コストを抑えるために中国等で生産する方式に疑問を感じておりました。じっくりモノづくりがしたいと考えていたところ、アパレルに比べてトレンドが緩やかで、季節にも左右されにくいと考えられる、バッグの製造・販売に興味を持ちました。

そこで、出身地である岡山の布と皮革産業で有名な姫路の皮革を使い、地場の職人の技術を生かしたバッグを世に送り出したいと考え、2005年2月に「有限会社スタジオアタオ」を法人成りし、2007年8月には有限会社を改組し、「株式会社スタジオアタオ」を設立しました。

 

年月

概要

2005年2月

有限会社スタジオアタオ設立

2005年7月

バッグブランド「ATAO」を、JFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)の展示会において発表

2006年3月

六本木ヒルズにて期間限定ショップオープン(2006年3月1日~2007年1月31日)

2007年5月

初の路面店、ATAO神戸本店オープン(所在地:神戸市中央区)

2007年8月

株式会社スタジオアタオへ法人改組

2008年9月

ATAO新宿店オープン(所在地:東京都新宿区)

2009年5月

株式会社デジサーチアンドアドバタイジングと「ATAO」ブランドのインターネット販売に関する協働を開始

2009年9月

ATAO神戸本店移店オープン(所在地:神戸市中央区)

2010年4月

広島物流倉庫を開設(2014年2月拡張により移転)

2011年3月

「IANNE」をパリのプルミエールクラスの展示会で発表

2011年3月

IANNE神戸店オープン(所在地:神戸市中央区)

2012年5月

IANNEヒルトン本店オープン(所在地:大阪市北区)

2012年10月

ATAO Villa阪急梅田店オープン(所在地:大阪市北区、2015年1月に取扱店へ変更後2019年5月に取扱い終了)

2012年11月

ATAO大丸神戸店オープン(所在地:神戸市中央区、2019年3月に「アタオランド」に移転統合)

2013年2月

株式会社デジサーチアンドアドバタイジングと「IANNE」ブランドのインターネット販売に関する協働を開始

2013年4月

IANNEパリギャラリーオープン(所在地:フランス パリ)

2014年3月

ATAO Villa有楽町店オープン(所在地:東京都千代田区、2016年11月よりATAO有楽町店)

2015年5月

ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト株式会社の全株式を取得しグループ化

2015年12月

ATAO横浜店オープン(所在地:横浜市西区)

2015年12月

IANNE横浜店オープン(所在地:横浜市西区)

2016年5月

ROBERTA DI CAMERINO本店移転オープン(所在地:東京都千代田区)

2016年5月

公式オンラインショップ「ROBERTA DI CAMERINO」オープン

2016年10月

「ILEMER」ブランドの展開を開始

2016年11月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

2017年3月

IANNE銀座店オープン(所在地:東京都中央区)

2017年11月

ATAO名古屋店オープン(所在地:名古屋市中区)

2018年4月

IANNE新宿店(所在地:東京都新宿区)をIANNE銀座店より移転オープン

2018年4月

ATAO大丸梅田店(所在地:大阪市北区)をIANNEヒルトン本店より移転オープン

2018年9月

ROBERTA DI CAMERINO本店(所在地:東京都千代田区)リニューアルオープン

2018年10月

ATAO有楽町店(所在地:東京都千代田区)拡張リニューアルオープン

2018年11月

ATAO新宿店(所在地:東京都新宿区)拡張リニューアルオープン

2018年11月

新ライン「アトリエアタオ」の展開を開始

2019年3月

アタオ神戸本店及びIANNE神戸店を大幅拡張リニューアルした総合ショップ「アタオランド」(所在地:神戸市中央区)をオープン。同施設内にILEMERブランド初の店舗を出店

2020年1月

ILEMERブランドにて越境ECを開始

 

 

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月29日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

6

24

31

27

5

2,987

3,080

所有株式数

(単元)

11,281

3,903

36,311

9,617

40

66,330

127,482

1,800

所有株式数の割合(%)

8.85

3.06

28.48

7.54

0.03

52.02

100.00

(注)自己株式296株は、「個人その他」に2単元、「単元未満株式の状況」に96株含まれております。

3【配当政策】

 当社グループは、各事業年度の業績、財務体質の強化、中長期事業戦略などを総合的に勘案し、株主価値を最大化させることを念頭に、資本政策を決定していく方針であります。中でも、利益配分につきましては、経営成績及び財政状態を勘案の上、配当及び自己株式の取得等、最適な時期に最適な手法で行ってまいりたいと考えております。創業以来、当社の事業は拡大を続けており、引き続き、内部留保の充実を図りながら、事業拡大のための投資に資金を投じてまいりますことが、株主価値を最大化するものと考えております。

 当社グループは、「取締役会の決議により、毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2020年5月25日

63,748

5

定時株主総会決議

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性6名 女性1名(役員のうち女性の比率14.2%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役社長

瀬尾 訓弘

1976年4月3日

 

2000年4月

株式会社ベルシステム24入社

2002年12月

学校法人河合塾入社

2005年2月

当社設立

代表取締役社長就任(現任)

2015年5月

ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト株式会社代表取締役社長就任(現任)

 

(注)3

3,200,600

取締役

事業部ゼネラルマネージャー

籠谷 雅

1977年7月4日

 

2002年4月

株式会社クリケット入社

2007年3月

有限会社イーコンセプトラブ入社

2009年5月

当社入社

2011年4月

事業部マネージャー

2013年3月

事業部ゼネラルマネージャー

2015年6月

取締役事業部ゼネラルマネージャー就任(現任)

 

(注)3

30,000

取締役

経営戦略室長

長南 伸明

1973年9月9日

 

1996年4月

太田昭和監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)入所

2008年7月

新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)パートナー就任

2015年9月

当社取締役就任

2016年3月

当社取締役経営戦略室長(現任)

2017年7月

株式会社gumi社外取締役就任(現任)

2017年8月

UUUM株式会社社外取締役就任(現任)

2019年5月

SFPホールディングス株式会社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

155,400

取締役

管理部ゼネラルマネージャー

山口 敬之

1980年12月29日

 

2003年4月

 

 

2006年4月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所

公認会計士登録

2015年11月

当社入社執行役員管理部ゼネラルマネージャー就任

2020年5月

当社取締役管理部ゼネラルマネージャー就任(現任)

 

(注)3

3,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

(監査等委員)

松本 浩介

1967年6月2日

 

1987年1月

株式会社リョーマ入社

1998年6月

時刻表情報サービス株式会社取締役就任

1999年6月

時刻表情報サービス株式会社代表取締役就任

2004年7月

株式会社ザッパラス取締役就任

2011年6月

株式会社enish取締役就任

2016年3月

ピクスタ株式会社社外取締役就任(現任)

2016年3月

KLab株式会社社外取締役就任(現任)

2016年5月

当社社外取締役就任

2017年5月

 

2018年6月

 

当社社外取締役(監査等委員)就任(現任)

株式会社サイバー・バズ社外取締役就任(現任)

 

(注)4

-

取締役

(監査等委員)

須田 仁之

1973年7月21日

 

1996年4月

イマジニア株式会社入社

1997年10月

ジェイ・スカイ・ビー株式会社(現 スカパーJSAT株式会社)入社

1999年7月

株式会社コミュニケーションオンライン取締役就任

1999年8月

株式会社デジタルクラブ(現 ブロードメディア株式会社)入社

2002年8月

株式会社コミュニケーションオンライン取締役就任

2002年10月

株式会社アエリア取締役就任

2002年12月

有限会社スダックス設立取締役就任(現任)

2013年2月

弁護士ドットコム株式会社社外監査役就任(現任)

2016年5月

当社社外監査役就任

2017年5月

当社社外取締役(監査等委員)就任(現任)

2017年12月

and factory株式会社取締役就任(現任)

 

(注)4

-

取締役

(監査等委員)

吉羽 真一郎

1973年11月4日

 

2009年1月

森・濱田松本法律事務所パートナー就任

2009年4月

青山学院大学法科大学院客員教授就任

2011年10月

株式会社enish社外監査役就任(現任)

2015年1月

潮見坂綜合法律事務所パートナー就任(現任)

2015年11月

ウォンテッドリー株式会社社外取締役就任(現任)

2017年5月

 

2018年6月

 

当社社外取締役(監査等委員)就任(現任)

株式会社サイバー・バズ社外監査役就任(現任)

2019年4月

 

2019年6月

株式会社ハマイ社外監査役就任(現任)

フリュー株式会社社外監査役就任(現任)

 

(注)4

-

3,389,000

 

 (注)1 取締役松本浩介、須田仁之、吉羽真一郎は社外取締役であります。

2 当社の監査等委員の体制は次の通りであります。

委員長 松本浩介、委員 須田仁之、委員 吉羽真一郎

3 2020年5月25日開催の第16期定時株主総会終結の時から、2021年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 2019年5月30日開催の第15期定時株主総会終結の時から、2021年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠の監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は次の通りであります。

氏     名

(生 年 月 日)

略歴、当社における地位及び担当

(重 要 な 兼 職 の 状 況)

所有する当社の株式数

森下 俊光

(1973年10月9日生)

 

1998年10月

朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所

2002年4月

公認会計士登録

2003年3月

優成監査法人(現太陽有限責任監査法人)入所

2003年11月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所

2011年11月

東京証券取引所自主規制法人出向

2013年6月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)帰任

2016年6月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)退所

2016年7月

株式会社ZAIZEN CFO

2016年7月

当社社外取締役

2016年9月

株式会社ZAIZEN取締役(現任)

2017年9月

株式会社ハウテレビジョン社外監査役(現任)

 

-株

(重要な兼職の状況)

株式会社ZAIZEN取締役

株式会社ハウテレビジョン社外監査役

 

② 社外取締役の状況

 本書提出日現在における当社の社外取締役は3名であります。社外取締役は、業務執行の妥当性、適法性を客観的に評価是正する機能を有しており、企業経営の透明性を高めるために重要な役割を担っております。当社では、社外の視点を踏まえた実効的なコーポレート・ガバナンスの構築を目的に、社外取締役について、豊富な経験、高い見識に基づき、客観性、中立性ある助言を期待しており、当目的にかなう知識と経験を有していること、また会社との関係、代表取締役その他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び主要な使用人との関係を勘案して独立性に問題がないことを社外取締役の選考基準としております。

 なお、社外取締役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所における独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。

 また、社外取締役は、内部監査担当者及び会計監査人と適宜情報共有や意見交換を行い、連携を図っております。

 社外取締役松本浩介氏は、他社の代表取締役や取締役を歴任し豊富な経験や幅広い知識を有しており、特に上場会社のCFOの経験も有していることから、上場会社としてのコーポレートガバナンスや投資家等に対する会社のアカウンタビリティに関する知見も深く、当社のガバナンス体制の充実、強化が期待できると判断しており、社外取締役に選任しております。

 社外取締役須田仁之氏は、上場会社の取締役や監査役等として培われた豊富な経験と高い見識を有しており、当社のガバナンス体制の一層の充実が期待できると判断し、社外取締役に選任しております。

 社外取締役吉羽真一郎氏は、過去に直接会社経営に関与したことはありませんが、弁護士として培われた豊富な経験及び高い見識を有していることに加え、上場会社の社外取締役や社外監査役等を歴任しており、当社のガバナンス体制の一層の充実、強化が期待できると判断し、社外取締役に選任しております。

 各社外取締役並びに各社外取締役の兼職先と当社との間に、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会に毎回出席し、経営に対して独立した立場から監視・監督機能の執行、意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言を行っております。また、会計監査人や内部監査部門とも定期的な情報交換を行っております。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有又は被所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト株式会社

(注)1

東京都

中央区

20,000

イタリアファッションブランド「Roberta di Camerino」の企画管理及び直営店での小売販売

100.0

「Roberta di Camerino」ブランドのライセンス管理

役員の兼任

 (注)1 特定子会社であります。

2 有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度中の設備投資の総額は113,751千円であり、その主なものは、新規出店投資であります。

 

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高

(千円)

当期末残高

(千円)

平均利率

(%)

返済期限

1年以内に返済予定の長期借入金

113,844

114,439

0.26

1年以内に返済予定のリース債務

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

150,549

36,705

0.46

2021年 3月31日~

2023年 6月30日

合計

264,393

151,144

 (注)1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

2 長期借入金の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額

区分

1年超2年以内

(千円)

2年超3年以内

(千円)

3年超4年以内

(千円)

4年超5年以内

(千円)

長期借入金

23,628

11,637

1,440

【社債明細表】

 該当事項はありません。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値4,782 百万円
純有利子負債-1,620 百万円
EBITDA・会予251 百万円
株数(自己株控除後)13,856,704 株
設備投資額114 百万円
減価償却費41 百万円
のれん償却費N/A
研究開発費N/A
代表者代表取締役社長  瀬尾 訓弘
資本金389 百万円
住所東京都中央区銀座三丁目10番9号
会社HPhttp://www.atao.co.jp/

類似企業比較