サンエー化研【4234】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2018/6/282019/6/272019/7/122020/6/26
外国人保有比率10%未満10%未満10%未満10%未満
親会社
役員数7人6人6人6人
社外役員数1人1人1人1人
役員数(定款)8人8人8人8人
役員任期2年2年2年2年
社外役員の選任選任している選任している選任している選任している
買収防衛××××
経営一般の課題として認識しておりますが、具体的な買収防衛策の導入はしておりません。
経営一般の課題として認識しておりますが、具体的な買収防衛策の導入はしておりません。
経営一般の課題として認識しておりますが、具体的な買収防衛策の導入はしておりません。
経営一般の課題として認識しておりますが、具体的な買収防衛策の導入はしておりません。
役員の状況

5【役員の状況】

男性10名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役会長

(代表取締役)

 

藤岡 宣隆

昭和25年5月1日生

昭和48年4月 当社入社

平成18年6月 執行役員袋井工場長兼掛川工場長

平成19年4月 執行役員東京営業統括兼東京営業第2部長

平成19年6月 取締役東京営業統括兼東京営業第2部長

平成23年4月 代表取締役社長兼東京営業統括

平成27年4月 代表取締役社長兼研究所長

平成29年4月 代表取締役社長

平成30年4月 代表取締役会長(現任)

(注)3

84,000

取締役社長

(代表取締役)

生産部長

山本 明広

昭和29年12月12日生

昭和55年4月 当社入社

平成19年6月 執行役員研究所長

平成20年4月 執行役員掛川工場長

平成23年4月 執行役員研究所長

平成23年6月 取締役研究所長兼人事部管掌

平成27年4月 取締役生産部長兼資材部管掌

平成27年12月 灿櫻(上海)商貿有限公司董事(現任)

平成29年4月 常務取締役生産部長

平成30年4月 代表取締役社長兼生産部長(現任)

(注)3

34,500

常務取締役

東京営業統括兼開発部管掌

櫻田 武志

昭和37年8月17日生

昭和62年4月 当社入社

平成23年6月 執行役員東京営業第3部長

平成26年6月 取締役東京営業第3部長

平成27年2月 長鼎電子材料(蘇州)有限公司董事長(現任)

平成27年4月 取締役東京営業統括兼東京営業第3部長

平成29年1月 取締役東京営業統括兼開発部管掌

平成30年6月 常務取締役東京営業統括兼開発部管掌(現任)

(注)3

24,500

取締役

掛川工場長兼掛川WEST工場長

大橋 宏行

昭和29年6月18日生

昭和48年4月 当社入社

平成25年6月 執行役員掛川工場長兼製造部長

平成27年6月 取締役掛川工場長

平成28年4月 取締役掛川工場長兼掛川工場WEST工場長

平成29年4月 取締役袋井工場長兼生産技術部長

平成30年6月 取締役掛川工場長兼掛川工場WEST工場長(現任)

(注)3

17,900

取締役

関西支店長

芝 彦尚

昭和34年11月9日生

平成17年7月 当社入社

平成26年6月 執行役員経理部長

平成29年4月 執行役員関西支店副支店長

平成29年6月 取締役関西支店長(現任)

(注)3

24,500

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

R&Dセンター所長

山本 元

昭和38年12月24日生

平成2年4月 当社入社

平成25年6月 執行役員袋井工場長兼生産技術部長

平成29年4月 執行役員掛川工場長兼掛川WEST工場長

平成30年6月 取締役R&Dセンター所長(現任)

(注)5

14,500

取締役

 

藤澤 廣一

昭和25年9月20日生

昭和48年4月 東京証券取引所入社

平成13年6月 同社上場審査部長

平成14年6月 同社決済管理部長

平成17年6月 株式会社日本証券クリアリング機構取締役事務統括長

平成18年6月 同社常務取締役事務統括長

平成27年3月 レッドフォックス株式会社常勤監査役

平成27年6月 当社取締役(現任)

平成30年1月 株式会社魚金常勤監査役

(注)3

1,200

常勤監査役

 

鈴木 直樹

昭和28年2月11日生

昭和51年4月 三幸株式会社(現・新生紙パルプ商事株式会社)入社

平成14年7月 同社管理本部財務部長

平成18年4月 同社大阪支店経理部長

平成23年6月 同社常勤監査役

平成25年6月 当社監査役

平成27年6月 当社常勤監査役(現任)

平成28年6月 東邦樹脂工業株式会社監査役(現任)

(注)4

監査役

 

宮本 貞彦

昭和31年12月4日生

昭和62年1月 三幸株式会社(現・新生紙パルプ商事株式会社)入社

平成9年6月 同社取締役管理本部副本部長

平成17年10月 同社取締役東京本店経理部長兼総務部長

平成21年6月 同社理事極東高分子株式会社出向

平成24年4月 同社営業統括本部本部長付部長

平成26年6月 同社常勤監査役(現任)

平成27年6月 当社監査役(現任)

(注)4

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

監査役

 

飯崎 充

昭和31年11月9日生

昭和54年4月 日綿実業株式会社(現・双日株式会社)入社

平成15年5月 中央青山監査法人入所

平成17年2月 昭和パックス株式会社入社

平成22年6月 同社執行役員経理部長兼経営企画室長

平成25年6月 同社取締役管理本部長兼経理部長兼総務人事部長兼経営企画室長

平成28年6月 当社監査役(現任)

平成29年6月 昭和パックス株式会社常務取締役管理本部長兼経理部長兼経営企画室長(現任)

(注)4

 

 

 

 

 

201,100

(注)1.取締役 藤澤廣一は、社外取締役であります。

2.監査役 鈴木直樹、宮本貞彦及び飯崎充は、社外監査役であります。

3.平成29年6月28日開催の定時株主総会 終結の時から2年間

4.平成28年6月28日開催の定時株主総会 終結の時から4年間

5.前任者の辞任に伴う就任であるため、当社定款の定めにより、前任者の任期満了の時までであります。なお、前任者の任期は、平成29年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。

6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

佐藤 誠一

昭和36年2月27日生

昭和58年4月 当社入社

平成24年4月 東京営業第一部長

平成28年4月 人事部長

平成29年4月 人事総務部長(現任)

8,900

上河 義章

昭和39年3月14日生

昭和61年3月 昭和パックス株式会社入社

平成20年6月 同社富山工場長

平成22年6月 同社亀山工場長

平成27年3月 同社総務人事部長(現任)

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役

会長

藤岡 宣隆

1950年5月1日

1973年4月 当社入社

2006年6月 執行役員袋井工場長兼掛川工場長

2007年6月 取締役東京営業統括兼東京営業第2部長

2011年4月 代表取締役社長兼東京営業統括

2015年4月 代表取締役社長兼研究所長

2017年4月 代表取締役社長

2018年4月 代表取締役会長(現任)

(注)3

89,800

代表取締役

社長

山本 明広

1954年12月12日

1980年4月 当社入社

2007年6月 執行役員研究所長

2008年4月 執行役員掛川工場長

2011年4月 執行役員研究所長

2011年6月 取締役研究所長兼人事部管掌

2015年4月 取締役生産部長兼資材部管掌

2015年12月 灿櫻(上海)商貿有限公司董事(現任)

2017年4月 常務取締役生産部長

2018年4月 代表取締役社長兼生産部長

2019年4月 代表取締役社長 (現任)

(注)3

39,000

常務取締役

東京営業統括

櫻田 武志

1962年8月17日

1987年4月 当社入社

2011年6月 執行役員東京営業第3部長

2014年6月 取締役東京営業第3部長

2015年2月 長鼎電子材料(蘇州)有限公司董事長(現任)

2015年4月 取締役東京営業統括兼東京営業第3部長

2017年1月 取締役東京営業統括兼開発部管掌

2018年6月 常務取締役東京営業統括兼開発部管掌

2019年4月 常務取締役東京営業統括(現任)

(注)3

27,100

取締役

関西支店長

芝 彦尚

1959年11月9日

2005年7月 当社入社

2014年6月 執行役員経理部長

2017年4月 執行役員関西支店副支店長

2017年6月 取締役関西支店長(現任)

(注)3

26,500

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

R&Dセンター所長兼生産部長兼資材部管掌

山本 元

1963年12月24日

1990年4月 当社入社

2013年6月 執行役員袋井工場長兼生産技術部長

2017年4月 執行役員掛川工場長兼掛川工場WEST工場長

2018年6月 取締役R&Dセンター所長

2019年4月 取締役R&Dセンター所長兼生産部長兼資材部管掌 (現任)

(注)3

16,100

取締役

藤澤 廣一

1950年9月20日

1973年4月 東京証券取引所入社

2001年6月 同社上場審査部長

2002年6月 同社決済管理部長

2005年6月 株式会社日本証券クリアリング機構取締役事務統括長

2006年6月 同社常務取締役事務統括長

2015年3月 レッドフォックス株式会社常勤監査役

2015年6月 当社取締役(現任)

2018年1月 株式会社魚金常勤監査役(現任)

(注)3

2,200

常勤監査役

鈴木 直樹

1953年2月11日

1976年4月 三幸株式会社(現・新生紙パルプ商事株式会社)入社

2002年7月 同社管理本部財務部長

2006年4月 同社大阪支店経理部長

2011年6月 同社常勤監査役

2013年6月 当社監査役

2015年6月 当社常勤監査役(現任)

2016年6月 東邦樹脂工業株式会社監査役(現任)

(注)4

監査役

宮本 貞彦

1956年12月4日

1987年1月 三幸株式会社(現・新生紙パルプ商事株式会社)入社

2005年10月 同社取締役東京本店経理部長兼総務部長

2009年6月 同社理事極東高分子株式会社出向

2012年4月 同社営業統括本部本部長付部長

2014年6月 同社常勤監査役(現任)

2015年6月 当社監査役(現任)

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

監査役

飯崎 充

1956年11月9日

1979年4月 日綿実業株式会社(現・双日株式会社)入社

2003年5月 中央青山監査法人入所

2005年2月 昭和パックス株式会社入社

2010年6月 同社執行役員経理部長兼経営企画室長

2013年6月 同社取締役管理本部長兼経理部長兼総務人事部長兼経営企画室長

2016年6月 当社監査役(現任)

2017年6月 昭和パックス株式会社常務取締役管理本部長兼経理部長兼経営企画室長(現任)

(注)4

200,700

(注)1.取締役 藤澤廣一は、社外取締役であります。

2.監査役 鈴木直樹、宮本貞彦及び飯崎充は、社外監査役であります。

3.2019年6月26日開催の定時株主総会 終結の時から2年間

4.2016年6月28日開催の定時株主総会 終結の時から4年間

5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

佐藤 誠一

1961年2月27日生

1983年4月 当社入社

2012年4月 東京営業第一部長

2016年4月 人事部長

2017年4月 人事総務部長(現任)

8,900

上河 義章

1964年3月14日生

1986年3月 昭和パックス株式会社入社

2008年6月 同社富山工場長

2010年6月 同社亀山工場長

2015年3月 同社総務人事部長

2019年3月 同社経営企画室長(現任)

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。

 社外取締役 藤澤廣一氏は、日本取引所グループの株式会社東京証券取引所において、上場審査部長、決済管理部長、その後同グループの株式会社日本証券クリアリング機構において、常務取締役事務統括長などの要職を歴任した後、2015年3月にレッドフォックス株式会社の常勤監査役に、同年6月に当社の社外取締役に選任されましたが、2017年3月にレッドフォックス株式会社の常勤監査役を辞任し、2018年1月より株式会社魚金の常勤監査役に就任しております。

 藤澤廣一氏は、当社株式を2,200株保有しておりますが、そのことも含めて当社と同氏は特別な利害関係になく、前述した同氏の出身会社や直近の所属先と当社との間にも特別な利害関係はありません。

これらのことから、取締役 藤澤廣一氏の立場は当社の社外取締役としての独立性を十分に備えているものと判断しております。

 藤澤廣一氏の社外取締役への選任理由については、わが国金融商品市場の公正な運営と健全な発展を支えてきた株式会社東京証券取引所並びに株式会社日本証券クリアリング機構に長年在籍し、培ってきた同氏の幅広い知識と経験が、当社のコーポレート・ガバナンスの強化に活かされると期待できることから、社外取締役として適任と判断いたしました。なお、同氏の職歴及び立場は一般株主との利益相反の関係にないことから、同氏を当社の独立役員に指定しております。

 当社常勤の社外監査役 鈴木直樹氏は、新生紙パルプ商事株式会社において、財務部長、経理部長を歴任した後、2011年6月に同社の常勤監査役に選任され、2013年6月より当社の非常勤監査役を兼務しておりましたが、2015年6月25日の当社株主総会終了後に開催された監査役会において常勤監査役に就任いたしました。なお、当社と同氏との間に特別な利害関係はありません。

 また、鈴木直樹氏の出身会社である新生紙パルプ商事株式会社と当社との関係についてですが、新生紙パルプ商事株式会社は、当社の主要株主であり、商社として当社と広範囲に営業取引を行っております。取引内容は、当社製品の販売取引と原材料の仕入取引であり、それぞれの取引規模から、同社は当社にとって重要な取引先に該当すると判断されます。しかし、鈴木直樹氏は、既に同社を退職し、2015年6月に退任するまで同社の常勤監査役として、同社取締役の業務執行に対する適法性・適正性の監査を行う立場にありました。また、鈴木直樹氏は当社株式を保有しておりません。これらのことから、監査役 鈴木直樹氏の立場が当社の社外監査役としての独立性を損なうものではないと判断しております。

 社外監査役 宮本貞彦氏は、新生紙パルプ商事株式会社において、東京本店経理部長兼総務部長及び営業統括本部部長を歴任した後、2014年6月に同社の常勤監査役に、2016年6月に当社の社外監査役に選任され、現在に至っております。なお、当社と同氏との間に特別な利害関係はありません。

 また、宮本貞彦氏が監査役として就任している新生紙パルプ商事株式会社と当社との関係については前述したとおりですが、現在、同氏は同社において業務執行を行いうる立場にないだけでなく、同社の監査役として、同社取締役の業務執行に対する適法性・適正性の監査を行う立場にあります。また、宮本貞彦氏は当社株式を保有しておりません。これらのことから、監査役 宮本貞彦氏の立場が当社の社外監査役としての独立性を損なうものではないと判断しております。

 社外監査役 飯崎充氏は、昭和パックス株式会社において、経理部長兼経営企画室長を経験した後、2013年6月に同社の取締役に、2016年6月に当社の社外監査役に選任されましたが、2017年6月に同社の常務取締役となり、現在に至っております。なお、当社と同氏との間に特別な利害関係はありません。

 また、飯崎充氏が常務取締役管理本部長として就任している昭和パックス株式会社と当社との関係についてですが、昭和パックス株式会社は、当社の主要株主であり、当社と営業取引を行っております。ただし、取引内容は、当社製品の一般ユーザーとしての通常の取引であり、取引規模及び取引内容から見ても株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断されるものです。また、飯崎充氏は当社株式を保有しておりません。これらのことから、監査役 飯崎充氏の立場が当社の社外監査役としての独立性を損なうものではないと判断しております。

 このように、鈴木直樹氏、宮本貞彦氏、飯崎充氏とも、企業経営に関する幅広い知識を有しているだけでなく、当社の事業内容や業界事情にも精通しており、当社の社外監査役として適任と判断いたしました。

 なお、社外監査役 飯崎充氏については、前述したとおり、当社の主要株主である昭和パックス株式会社の業務執行取締役ではありますが、同社は当社の重要な取引先には該当せず、同氏の職歴及び現在の立場は一般株主と利益相反の関係にありませんので、当社の独立役員に指定しております。

 また、当社と昭和パックス株式会社及び新生紙パルプ商事株式会社は、それぞれ互いに相手先の主要株主であることから、相互に相手先の経営を監視するため、社外監査役の相互就任を行っております。

 

 ところで、当社においては、社外取締役及び社外監査役の選任に当たり、社外役員としての独立性に関する基準または方針を明確に定めたものはありません。しかし、会社法上の社外性に関する要件を満たし、会社経営に関する幅広い知見と豊富なビジネス経験を有する人材を、主要株主の推薦あるいは同意を得た上で個別に経営会議で審査し、社外役員候補者として取締役会に諮ることとしております。なお、社外監査役候補者については、取締役会に諮る前に監査役会の同意を得ることとしております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 当社の内部監査は、業務執行部門から独立し、社長直轄の組織として設置された内部監査室によって行われております。内部監査の計画及び実施結果等の情報は、通常、社長へ申請または報告する際に常勤の社外監査役へも回付されており、常勤監査役が必要と判断した場合は、他の社外監査役へも通知されます。また、社外取締役に対しては、要請を受けた場合に提供することとしております。

 監査役監査については、取締役会において報告または審議される事項の法令及び定款並びに会社諸規程に対する適法性・適正性の確認が含まれますが、社外取締役及び社外監査役とも同様に実施しており、情報共有がなされております。また、常勤監査役は、それ以外の監査役監査によって収集した情報を、自らが必要と判断した場合は他の社外監査役へ、社外取締役から要請を受けた場合は社外取締役へ、それぞれ提供しております。

 会計監査については、会計監査人との間で定期的に行われる監査報告会の中で、会計監査人より会計監査に関する報告がなされており、指摘事項等の情報が共有されるとともに、社外取締役及び社外監査役が実施した監査の進捗及び結果についても意見交換がなされております。

 また、当社は、内部統制に関する事務局を経営企画室に置き、この内部統制事務局に経理部を加えた内部統制部門が、内部統制に関する基準やルールを立案し、自ら運用するとともに他部門の運用状況をチェックしております。この内部統制部門との関係ですが、当該部門の所管業務は社外取締役や社外監査役の監査の対象であり、他の部門の監査においても関連するため、要請を受ければ当該部門から社外取締役または社外監査役に対して業務の進捗状況や問題点等を報告し、財務・会計及び内部統制に関する資料を提出するなど、監査の有効性・効率性確保のための必要なサポートを行う関係にあります。

 

 

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役

会長

藤岡 宣隆

1950年5月1日

1973年4月 当社入社

2006年6月 執行役員袋井工場長兼掛川工場長

2007年6月 取締役東京営業統括兼東京営業第2部長

2011年4月 代表取締役社長兼東京営業統括

2015年4月 代表取締役社長兼研究所長

2017年4月 代表取締役社長

2018年4月 代表取締役会長(現任)

(注)3

96,700

代表取締役

社長

山本 明広

1954年12月12日

1980年4月 当社入社

2007年6月 執行役員研究所長

2008年4月 執行役員掛川工場長

2011年4月 執行役員研究所長

2011年6月 取締役研究所長兼人事部管掌

2015年4月 取締役生産部長兼資材部管掌

2015年12月 灿櫻(上海)商貿有限公司董事

2017年4月 常務取締役生産部長

2018年4月 代表取締役社長兼生産部長

2019年4月 代表取締役社長 (現任)

(注)3

45,900

常務取締役

東京営業統括

櫻田 武志

1962年8月17日

1987年4月 当社入社

2011年6月 執行役員東京営業第3部長

2014年6月 取締役東京営業第3部長

2015年2月 長鼎電子材料(蘇州)有限公司董事長(現任)

2015年4月 取締役東京営業統括兼東京営業第3部長

2017年1月 取締役東京営業統括兼開発部管掌

2018年6月 常務取締役東京営業統括兼開発部管掌

2019年4月 常務取締役東京営業統括(現任)

(注)3

31,000

取締役

関西支店長兼奈良工場長

芝 彦尚

1959年11月9日

2005年7月 当社入社

2014年6月 執行役員経理部長

2017年4月 執行役員関西支店副支店長

2017年6月 取締役関西支店長

2020年1月 取締役関西支店長兼奈良工場長(現任)

(注)3

28,800

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

R&Dセンター所長兼生産部長兼資材部管掌

山本 元

1963年12月24日

1990年4月 当社入社

2013年6月 執行役員袋井工場長兼生産技術部長

2017年4月 執行役員掛川工場長兼掛川工場WEST工場長

2018年6月 取締役R&Dセンター所長

2019年4月 取締役R&Dセンター所長兼生産部長兼資材部管掌 (現任)

(注)3

18,400

取締役

藤澤 廣一

1950年9月20日

1973年4月 東京証券取引所入社

2001年6月 同社上場審査部長

2002年6月 同社決済管理部長

2005年6月 株式会社日本証券クリアリング機構取締役事務統括長

2006年6月 同社常務取締役事務統括長

2015年3月 レッドフォックス株式会社常勤監査役

2015年6月 当社取締役(現任)

2018年1月 株式会社魚金常勤監査役(現任)

(注)3

3,400

常勤監査役

佐藤 誠一

1961年2月27日

1983年4月 当社入社

2012年4月 東京営業第一部長

2016年4月 人事部長

2017年4月 人事総務部長

2020年6月 管理本部長付部長

2020年6月 常勤監査役(現任)

2020年6月 新生紙パルプ商事株式会社監査役(現任)

2020年6月 東邦樹脂工業株式会社監査役(現任)

(注)4

8,900

監査役

宮本 貞彦

1956年12月4日

1987年1月 三幸株式会社(現・新生紙パルプ商事株式会社)入社

2005年10月 同社取締役東京本店経理部長兼総務部長

2009年6月 同社理事極東高分子株式会社出向

2012年4月 同社営業統括本部本部長付部長

2014年6月 同社常勤監査役(現任)

2015年6月 当社監査役(現任)

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

監査役

飯崎 充

1956年11月9日

1979年4月 日綿実業株式会社(現・双日株式会社)入社

2003年5月 中央青山監査法人入所

2005年2月 昭和パックス株式会社入社

2010年6月 同社執行役員経理部長兼経営企画室長

2013年6月 同社取締役管理本部長兼経理部長兼総務人事部長兼経営企画室長

2016年6月 当社監査役(現任)

2017年6月 昭和パックス株式会社常務取締役管理本部長兼経理部長兼経営企画室長(現任)

(注)4

233,100

(注)1.取締役 藤澤廣一は、社外取締役であります。

2.監査役 宮本貞彦及び飯崎充は、社外監査役であります。

3.2019年6月26日開催の定時株主総会 終結の時から2年間

4.2020年6月25日開催の定時株主総会 終結の時から4年間

5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

大関 豊

1965年12月9日生

1991年11月 当社入社

2018年4月 台北営業所長(部長)

2019年4月 東京営業第2部長

2020年6月 人事総務部長(現任)

8,033

望月 健太郎

1958年9月12日生

1981年4月 全国農業協同組合連合会(全農)入会

2014年2月 全農・本所・グループ会社統括部長

2014年4月 JA全農ミートフーズ株式会社非常勤監査役

2014年4月 株式会社えひめ飲料非常勤監査役

2016年4月 昭和パックス株式会社出向 農産統括部専任部長

2017年4月 昭和パックス株式会社入社 農産統括部専任部長

2017年6月 同社執行役員農産統括部長兼農産部長

2020年3月 同社執行役員営業本部長補佐(現任)

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。

 社外取締役 藤澤廣一氏は、日本取引所グループの株式会社東京証券取引所において、上場審査部長、決済管理部長、その後同グループの株式会社日本証券クリアリング機構において、常務取締役事務統括長などの要職を歴任した後、2015年3月にレッドフォックス株式会社の常勤監査役に、同年6月に当社の社外取締役に選任されましたが、2017年3月にレッドフォックス株式会社の常勤監査役を辞任し、2018年1月より株式会社魚金の常勤監査役に就任しております。

 藤澤廣一氏は、当社株式を3,400株保有しておりますが、そのことも含めて当社と同氏は特別な利害関係になく、前述した同氏の出身会社や直近の所属先と当社との間にも特別な利害関係はありません。

これらのことから、取締役 藤澤廣一氏の立場は当社の社外取締役としての独立性を十分に備えているものと判断しております。

 藤澤廣一氏の社外取締役への選任理由については、わが国金融商品市場の公正な運営と健全な発展を支えてきた株式会社東京証券取引所並びに株式会社日本証券クリアリング機構に長年在籍し、培ってきた同氏の幅広い知識と経験が、当社のコーポレート・ガバナンスの強化に活かされると期待できることから、社外取締役として適任と判断いたしました。なお、同氏の職歴及び立場は一般株主との利益相反の関係にないことから、同氏を当社の独立役員に指定しております。

 社外監査役 宮本貞彦氏は、新生紙パルプ商事株式会社において、東京本店経理部長兼総務部長及び営業統括本部部長を歴任した後、2014年6月に同社の常勤監査役に、2015年6月に当社の社外監査役に選任され、現在に至っております。なお、当社と同氏との間に特別な利害関係はありません。

 また、宮本貞彦氏が監査役として就任している新生紙パルプ商事株式会社と当社との関係については前述したとおりですが、現在、同氏は同社において業務執行を行いうる立場にないだけでなく、同社の監査役として、同社取締役の業務執行に対する適法性・適正性の監査を行う立場にあります。また、宮本貞彦氏は当社株式を保有しておりません。これらのことから、監査役 宮本貞彦氏の立場が当社の社外監査役としての独立性を損なうものではないと判断しております。

 社外監査役 飯崎充氏は、昭和パックス株式会社において、経理部長兼経営企画室長を経験した後、2013年6月に同社の取締役に、2016年6月に当社の社外監査役に選任されました。その後、同氏は2017年6月に同社の常務取締役となり、現在に至っております。なお、当社と同氏との間に特別な利害関係はありません。

 また、飯崎充氏が常務取締役管理本部長として就任している昭和パックス株式会社と当社との関係についてですが、昭和パックス株式会社は、当社の主要株主であり、当社と営業取引を行っております。ただし、取引内容は、当社製品の一般ユーザーとしての通常の取引であり、取引規模及び取引内容から見ても株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断されるものです。また、飯崎充氏は当社株式を保有しておりません。これらのことから、監査役 飯崎充氏の立場が当社の社外監査役としての独立性を損なうものではないと判断しております。

 このように、宮本貞彦氏、飯崎充氏とも、企業経営に関する幅広い知識を有しているだけでなく、当社の事業内容や業界事情にも精通しており、当社の社外監査役として適任と判断いたしました。

 なお、社外監査役 飯崎充氏については、前述したとおり、当社の主要株主である昭和パックス株式会社の業務執行取締役ではありますが、同社は当社の重要な取引先には該当せず、同氏の職歴及び現在の立場は一般株主と利益相反の関係にありませんので、当社の独立役員に指定しております。

 また、当社と昭和パックス株式会社及び新生紙パルプ商事株式会社は、それぞれ互いに相手先の主要株主であることから、相互に相手先の経営を監視するため、社外監査役の相互就任を行っております。

 ところで、当社においては、社外取締役及び社外監査役の選任に当たり、社外役員としての独立性に関する基準または方針を明確に定めたものはありません。しかし、会社法上の社外性に関する要件を満たし、会社経営に関する幅広い知見と豊富なビジネス経験を有する人材を、主要株主と協議をした上で個別に経営会議で審査し、社外役員候補者として取締役会に諮ることとしております。なお、社外監査役候補者については、取締役会に諮る前に監査役会の同意を得ることとしております。

 

③ 社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 当社の内部監査は、業務執行部門から独立し、社長直轄の組織として設置された内部監査室によって行われております。内部監査の計画及び実施結果等の情報は、通常、社長へ申請または報告する際に常勤監査役へも回付されており、常勤監査役が必要と判断した場合は、社外監査役へも通知されます。また、社外取締役に対しては、要請を受けた場合に提供することとしております。

 監査役監査については、取締役会において報告または審議される事項の法令及び定款並びに会社諸規程に対する適法性・適正性の確認が含まれますが、社外取締役及び社外監査役とも同様に実施しており、情報共有がなされております。また、常勤監査役は、それ以外の監査役監査によって収集した情報を、自らが必要と判断した場合は社外監査役へ、社外取締役から要請を受けた場合は社外取締役へ、それぞれ提供しております。

 会計監査については、会計監査人との間で定期的に行われる監査報告会の中で、会計監査人より会計監査に関する報告がなされており、指摘事項等の情報が共有されるとともに、社外取締役及び社外監査役が実施した監査の進捗及び結果についても意見交換がなされております。

 また、当社は、内部統制に関する事務局を経営企画室に置き、この内部統制事務局に経理部を加えた内部統制部門が、内部統制に関する基準やルールを立案し、自ら運用するとともに他部門の運用状況をチェックしております。この内部統制部門との関係ですが、当該部門の所管業務は社外取締役や社外監査役の監査の対象であり、他の部門の監査においても関連するため、要請を受ければ当該部門から社外取締役または社外監査役に対して業務の進捗状況や問題点等を報告し、財務・会計及び内部統制に関する資料を提出するなど、監査の有効性・効率性確保のための必要なサポートを行う関係にあります。

 

 

社外役員の選任

2018/6/282019/6/272019/7/122020/6/26選任の理由
藤澤 廣一藤澤廣一氏は、わが国金融商品市場の公正な運営と健全な発展を支えてきた(株)東京証券取引所及び(株)日本証券クリアリング機構の出身であり、前者においては上場審査部長及び決済管理部長、後者においては常務取締役事務統括長という要職を歴任しております。そのような職歴を通じて備わった同氏の高い倫理観や専門的知見は、当社経営の健全性確保などコーポレート・ガバナンスの強化に活かされるものと認められることから、2015年6月、同氏を当社の社外取締役として招聘し、現在に至っております。 また、同氏については、その職歴から一般株主との利益相反の関係にありませんので、当社の独立役員に指定しております。