1年高値1,780 円
1年安値984 円
出来高10 千株
市場ジャスダック
業種サービス業
会計日本
EV/EBITDA11.6 倍
PBR2.8 倍
PSR・会予2.6 倍
ROA7.3 %
ROIC8.5 %
β0.47
決算3月末
設立日1990/7
上場日2000/7/21
配当・会予28 円
配当性向58.7 %
PEGレシオ-20.3 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:7.0 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:-1.7 %
純利5y CAGR・予想:-2.0 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社エフアンドエム)、子会社2社により構成されております。

 当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

アカウンティングサービス事業………個人事業主及び小規模企業に対する経理代行を中心とした会計サービス

コンサルティング事業…………………中堅中小企業の総務経理部門に対する各種情報提供サービス

ISO及びプライバシーマークの認証取得支援

「ものづくり補助金」等の補助金受給申請支援

ビジネスソリューション事業…………税理士・公認会計士のボランタリーチェーン「TaxHouse」

認定支援機関である税理士・公認会計士事務所の対応力向上を支援する「経営革新等支援機関推進協議会」

社会保険労務士事務所の経営を支援する「SR STATION」

クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」シリーズの販売

不動産賃貸事業…………………………当社が所有するオフィスビルの賃貸

その他……………………………………連結子会社エフアンドエムネット株式会社のシステム開発事業

パソコン教室の本部運営及びFC指導事業

 

[事業系統図]

(画像は省略されました)

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善が続く中で、消費税増税や相次ぐ自然災害等による一時的な消費の停滞がありながらも、緩やかな回復基調で推移しておりました。しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、国内外の経済活動への影響や金融資本市場の変動等への懸念から、極めて先行き不透明な状況となっております。当面の間、企業の業況判断は厳しい状態が続くものと思われますが、当社グループの経営成績等に大きな影響は出ておりません。

 このような経済状況のもと、当社グループはストック型ビジネスの基盤をより強固にすべく、前期に引き続き主要事業の会員数の増加に努めるとともに、サービス内容の拡充と業務の効率化に取り組んでまいりました。

 

(財政状態)

(ⅰ)資産

当連結会計年度末における流動資産は41億39百万円となり、前連結会計年度末に比べ5億30百万円減少しました。これは主に受取手形及び売掛金が1億17百万円、その他(流動資産)が81百万円増加した一方、現金及び預金が7億24百万円減少したことなどによるものです。

固定資産は47億88百万円となり、前連結会計年度末に比べ5億38百万円増加しました。これは主にソフトウエアが3億87百万円、投資有価証券が71百万円、繰延税金資産が52百万円増加したことなどよるものです。

この結果、総資産は89億27百万円となり、前連結会計年度末に比べ8百万円増加しました。

(ⅱ)負債

当連結会計年度末における流動負債は13億2百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億45百万円減少しました。これは主に未払法人税等が1億96百万円、その他(流動負債)が67百万円減少したことなどによるものです。

固定負債は1億32百万円となり、前連結会計年度末に比べ36百万円減少しました。これは主に長期借入金が50百万円減少したことなどによるものです。

この結果、負債合計は14億34百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億82百万円減少しました。

(ⅲ)純資産

当連結会計年度末における純資産合計は74億92百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億90百万円増加しました。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益6億64百万円が計上された一方、剰余金の配当3億60百万円が計上されたことなどによるものです。

この結果、自己資本比率は83.6%(前連結会計年度末は80.4%)となりました。

 

 なお、特筆すべき重要な資本的支出の予定及びそれに伴う資金の調達は当面ありません。

 

(経営成績)

 当連結会計年度の経営成績は、売上高75億63百万円(前年同期比6.2%増)、営業利益9億51百万円(同32.2%減)、経常利益9億66百万円(同31.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益6億64百万円(同34.3%減)となりました。

 セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

(ⅰ)アカウンティングサービス事業

 アカウンティングサービス事業は、生命保険営業職員を中心とする個人事業主及び小規模企業に対する経理代行を中心とした会計サービスになります。

 同事業では前期から引き続き既存チャネルを深耕し、会員数の安定的な増加に注力すると共に、アプリ利用促進に伴うサービス提供体制の構築を進めました。

 その結果、当連結会計年度末(2020年3月31日)の会計サービス会員数は68,936名(前連結会計年度末比2,577名増)となりました。

 この結果、アカウンティングサービス事業における当連結会計年度の売上高は33億22百万円(前年同期比3.3%増)、営業利益は11億21百万円(同16.4%増)となりました。

(ⅱ)コンサルティング事業

 コンサルティング事業は、中堅中小企業の総務経理部門に対する各種情報提供サービスの「エフアンドエムクラブ」、ISO及びプライバシーマークの認証取得支援、「ものづくり補助金」をはじめとした補助金受給申請支援等になります。

 「エフアンドエムクラブ」については、地域金融機関等と新たな連携契約の締結を進めると共に、既に連携済みの金融機関とは共催セミナー及び行員向けの勉強会や営業研修の開催、営業同行などを通じて関係強化に注力することで、営業機会の増強に努めました。また会員企業向けには、働き方改革関連法の施行に伴い対処が必要な事柄について解説した動画を、会員専用サイトにコンテンツとして追加するなどして、提供サービスの拡充に努めました。

 その結果、当連結会計年度末(2020年3月31日)のエフアンドエムクラブ会員数は6,379社(前連結会計年度末比171社増)となりました。

 ISO及びプライバシーマークの認証取得支援については、食品事業者全般にわたって義務化が進められているHACCPの需要への対応に、引き続き注力しました。

 「ものづくり補助金」をはじめとした補助金受給申請支援については、平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」として、1次公募と2次公募を合わせて573件の申請支援を行いました。その結果、採択されたのは、単独で支援した165件と金融機関との連携によるものを合わせ、計数百件に上りました。

 また3年分として3,600億円が計上された令和元年度補正予算の中小企業生産性革命推進事業における「ものづくり補助金」については、5次締め切り(2021年2月申請)までが確定しており、申請支援を進めています。

 この結果、コンサルティング事業における当連結会計年度の売上高は29億64百万円(前年同期比2.3%増)、営業利益は9億81百万円(同1.7%減)となりました。

(ⅲ)ビジネスソリューション事業

 ビジネスソリューション事業は、士業向けコンサルティング、及び企業向けITソリューションの提供等になります。

 士業向けコンサルティングとしては、ワンストップ・ファイナンシャルショップを目指す税理士・公認会計士のボランタリーチェーン「TaxHouse」、認定支援機関である税理士・公認会計士事務所の対応力向上を支援する「経営革新等支援機関推進協議会」、社会保険労務士事務所の経営を支援する「SR STATION」となります。

 「経営革新等支援機関推進協議会」では各地で定期的な勉強会を継続開催すると共に、会員事務所が顧問先企業に対する最適な資金調達の支援や、事業承継・M&Aに関わる多岐にわたる支援事項を総合管理できるコンサルティングシステムを活用して、従来の会計業務以外の分野での事業活動を支援しました。

 その結果、当連結会計年度末(2020年3月31日)の「TaxHouse」の加盟事務所数は364件(前連結会計年度末比3件減)、「経営革新等支援機関推進協議会」の会員数は856件(同227件増)、「SR STATION」の加盟事務所数は179件(同14件減)となりました。

 企業向けITソリューションの提供としては、年末調整・労働保険・社会保険などの人事業務を時短できるクラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」シリーズの販売となります。「オフィスステーション」シリーズは、社会保険労務士や税理士等の士業と企業の双方で利用が可能となるマイナンバー管理システム「オフィスステーション マイナンバー」、各種労務関連手続きを電子申請できるシステム「オフィスステーション 労務」、ペーパーレスで年末調整が完了する「オフィスステーション 年末調整」、各種情報端末でいつでも給与明細を閲覧できる「オフィスステーション Web給与明細」、有休の付与・取得・残日数管理を行える「オフィスステーション 有休管理」で構成されております。

 労務手続きを巡っては、電子申請義務化を定めた厚生労働省令が公布され、2020年4月1日から大企業(資本金または出資金が1億円を超える法人など)における社会保険・労働保険に関する一部手続きの電子申請が義務化されたため、対象となる企業においては電子申請が可能なシステムの情報収集やトライアル利用が進んでおります。

 それらの動きに合わせ、第2四半期では「オフィスステーション」シリーズの認知度向上を目的に、俳優の菅田将暉さんと山中崇さんを起用した広告宣伝活動を行いました。テレビCM制作、民放キー局での放映、主要駅構内・電車・タクシーでの交通広告、ゴルフ場での広告、ビジネス雑誌への広告掲載、ならびに積極的なWebマーケティング活動などを幅広く行ったことにより、成果は一定程度得られたと考えております。これら一連の活動において発生した費用のほぼ全額が、これまで主だった広告宣伝活動を行っていなかった前連結会計年度と比較して増額となり、利益を押し下げる要因となりました。

 また、商品の性質上、成約までにはトライアル利用期間を含むこと、さらに他社製品や国が提供しているオンライン申請窓口の「e-Gov」との比較検討等が行われることが多く、売上への貢献に相応の時間を要しています。

 機能拡充としては、ユーザーのスムーズなデータ連携実現のため、freee株式会社が運営する「人事労務freee」とのAPIによるサービス連携機能を新たにリリースしました。引き続きHR領域のシステムベンダーとのAPI連携を重ねることでユーザビリティ向上に努め、「オフィスステーション」シリーズの販路拡大を推進いたします。

 その結果、当連結会計年度末(2020年3月31日)の「オフィスステーション」シリーズの利用は、企業が4,786件(前連結会計年度末比1,988件増)、士業が1,394件(同346件増)となりました。

 この結果、ビジネスソリューション事業における当連結会計年度の売上高は9億55百万円(前年同期比39.5%増)、営業損失は4億77百万円(前年同期は90百万円の営業利益)となりました。

(ⅳ)不動産賃貸事業

 不動産賃貸事業は、当社が所有するオフィスビルの賃貸収入で安定した収益を計上しております。当連結会計年度の売上高は1億12百万円(前年同期比1.0%減)、営業利益は33百万円(同1.8%減)となりました。

(ⅴ)その他事業

 その他事業は、連結子会社エフアンドエムネット株式会社のシステム開発事業、パソコン教室の本部運営及びFC指導事業等になります。エフアンドエムネットでは、「オフィスステーション」シリーズを中心としたエフアンドエムが販売する商品などのグループ内向け開発が大部分を占めました。

 パソコン教室の本部運営及びFC指導事業においては、受講生に対する積極的なカウンセリングによる継続率の向上に努めました。

 この結果、その他事業における当連結会計年度の売上高は2億6百万円(前年同期比0.3%増)、営業利益は74百万円(同42.9%増)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当社グループの資本政策は、安定的・継続的な利益還元に努めると共に、収益性向上を図るため、企業価値向上につながる投資を行うことを基本方針としています。

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ7億24百万円減少(前年同期比17.0%減)し、35億32百万円となりました。

 当連結会計年度末における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果、得られた資金は5億93百万円(同60.2%減)となりました。これは主に税金等調整前当期純利益9億62百万円、減価償却費3億91百万円などがあった一方、法人税等の支払5億28百万円、売上債権の増加1億22百万円などがあったことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果、使用した資金は9億12百万円(同215.4%増)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出1億44百万円、無形固定資産の取得による支出6億62百万円、投資有価証券の取得による支出1億円などがあったことによるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果、使用した資金は4億4百万円(同10.1%増)となりました。これは長期借入金の返済による支出50百万円、配当金の支払3億60百万円などがあったことによるものです。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 該当事項はありません。

b.受注実績

 該当事項はありません。

c.販売実績

 当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

前年同期比(%)

アカウンティングサービス事業(千円)

3,322,641

103.3

コンサルティング事業(千円)

2,964,904

102.3

ビジネスソリューション事業(千円)

955,674

139.5

不動産賃貸事業(千円)

112,920

99.0

報告セグメント計(千円)

7,356,140

106.4

その他(千円)

206,922

100.3

合計(千円)

7,563,063

106.2

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

 主要3セグメントにおいては、いずれも会員制ビジネスであるため主たる売上は会費収入となります。売上高の伸長は会員数の増加と原則的に比例するため、会員数を安定的に増加させることが事業の成長には不可欠な要素となります。また、収益力の向上を図ることが優先課題であると認識していることから、売上高営業利益率と売上原価率を注視し、その変動要因の把握に努めております。これらについてのセグメントごとの具体的な取り組みと振り返りは次の通りとなります。

[アカウンティングサービス事業]

 主なマーケットである生命保険営業職員のチャネルで会員数が増加しました。なお、同営業職員数は18.9万人(2018年度月平均実働数 出所:株式会社保険研究所『インシュアランス生命保険統計号(令和元年版)』)であり、今後も拡大の余地は十分に見込めるものと考えております。また、昨今政府が働き方改革の一環として副業を推進していることを受け、シェアリングエコノミーサービス提供者が急激に増加しており、2030年度には11兆円を超える市場規模になると予測されています。その中には確定申告に慣れていない人が少なくないことから、関連業界が啓発のためのイベントを開くなど支援に取り組んでいることは、同事業においては追い風のひとつとなっております。当社グループでも提供している、スマートフォンで帳簿付けが行える会計アプリは数多く存在していますが、活用にあたっては、手間がかかることや入力内容の間違いに気付きにくいこと、また一定程度の税務知識が必要であるなどの課題があります。同事業で提供している会計サービス「カルク」は、必要経費の領収書・レシート、売上に関する書類を封筒に入れて送り、計算結果や書類の提出状況を後日アプリで確認できるサービスです。そのため、前述の課題を解消することが可能であり、マーケットの拡大に伴う需要の増加は充分に期待できるものと考えております。営業活動においては、これまでの対面型に加えてWebマーケティングを推進し、一部のセミナー等は専用のアプリを用いて行うなどして、契約までの導線を新たに確保し、一定の成果をあげております。

 費用の圧縮については、AIの活用による主に処理工程における業務効率化を進めました。AI学習には相応の時間を要するため、現時点で劇的な費用圧縮には貢献しておりませんが、顧客増に比例した処理量の増大に対処する人員増加のペースを緩やかにしていることが、売上原価率ならびに営業利益率の改善に貢献していると考えております。

[コンサルティング事業]

 主な収益はエフアンドエムクラブの運営によるものです。売上拡大のためには、新規会員企業獲得のための営業活動を強化すると共に、長くサービス利用を継続していただくための取り組みが必要となるため、契約継続率に注目しております。同事業の売上高は前期を上回ったものの、エフアンドエムクラブ会員の増加ペースは鈍化いたしました。

 

2018年3月期

2019年3月期

2020年3月期

期末会員数

増減数

期末会員数

増減数

期末会員数

増減数

エフアンドエムクラブ会員数

5,876

292

6,208

332

6,379

171

 その要因は、会員の新規獲得が進まなかったことと、契約継続率が計画を下回ったことになります。新規獲得が進まなかった背景は、ビジネスソリューション事業における「オフィスステーション」シリーズの販売強化のため、期中に人員を一時的に異動させたことで営業人員が減少したことになります。営業機会の増強にはパートナーとなる地域金融機関との連携が重要となりますが、先義後利を指針に据えた活動は高く評価をいただいており、業務提携済みの地域金融機関は1年間で33行庫増え115行庫となりました。今後も開拓を進めると共に、良好な関係の元で営業活動を継続いたします。契約継続率が計画を下回った要因については、対面のニーズに対応しようとしたことによる面談頻度のコントロール不足、コンサルタント各人の習熟度に依存したフォロー活動が充分な顧客満足に至らなかったことなどであると考えております。今後はコロナ禍によって一気に進んだオンライン面談の普及を足掛かりに、対面による面談以外の複数の接触機会を設けていきます。また、会員企業への支援について、企業ごとの課題解消のためのロードマップをより踏み込んで検討すること、支援にあたって提供するサービスの種類や方法、進捗状況の見える化を進めることなどにより、契約継続率の改善に努めます。

 エフアンドエムクラブの拡販は地域金融機関との連携によるところが大きいため、それに伴うフィーの支払いが発生しますが、あくまでも変動費であり、営業基盤と販売力強化のためには必要な費用だと認識しております。新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として打ち出されている、給付金をはじめとした様々な支援の活用について、多くの相談がパートナーである地域金融機関に寄せられている現在の状況は営業機会の増強につながります。2021年3月期は主に下半期に向けた「エフアンドエムクラブ」の営業活動強化に伴い、手数料支払いは増える見込みです。また同セグメントにおいては、令和元年度補正予算分「ものづくり補助金」の公募要領が変更になったことに伴い、関連する売上の一部が翌期に繰り越されることが利益を押し下げることになります。その一方で、通年公募になったことでより多くの企業の支援を行える見込みであり、この影響は一時的なものであると認識しております。

[ビジネスソリューション事業]

 税理士・公認会計士事務所向けサービスである「経営革新等支援機関推進協議会」の会員獲得が計画を下回ったことが、同事業の売上を押し下げました。「経営革新等支援機関」の認定制度は、2018年7月9日から更新制が導入されたことで、同認定が事業活動上必須と言っても過言ではない税理士・公認会計士事務所にとっては、実績作りが絶対条件となります。「経営革新等支援機関推進協議会」では、実務に役立つノウハウやツールを提供しているため、このような背景を追い風に営業活動を進めました。ただ、税理士・公認会計士事務所においては、中小企業経営の実務支援はこれまでの業務に追加される取り組みとなるため、時間の確保や対応できる事務所職員の育成などが課題となり、会員獲得を計画通り進めることができませんでした。これについては、財務・事業承継・M&Aの継続的な支援が可能になるコンサルティングシステムの積極活用を推進することで契約へのハードルを下げ、営業活動を強化してまいります。

 「オフィスステーション」シリーズの拡販については計画通り進めることができましたが、広告宣伝活動に関する費用を期中で増額したことにより利益を大きく押し下げました。当連結会計年度は、同事業での利益貢献は無いものとして計画しておりましたが、費用の増額によりそのマイナス幅が大きくなり、全社の経営成績に多大な影響を与えることとなりました。しかしながら、行政手続きに関するSaaSビジネスにおいて法改正が行われることは、またとない大きなビジネスチャンスであるため、この時期に費用をかけて認知度を一気に上げることが、その後の事業展開において不可欠であると考えました。今後も、費用は減額するものの継続して広告宣伝活動は行ってまいります。投下した費用の回収は先となりますが、他の2つのセグメントでのビジネスと違い、提供するものがサービスではなくシステムであるため、契約先に対する個別のフォロー工数がかからず営業利益率の高いビジネスとなります。そのため、まずはユーザー数を増やすことで面を取る戦略を展開してまいります。

 「オフィスステーション」シリーズは利便性向上のため、機能追加や新しいプロダクトの開発を継続して行うことから、減価償却費が増額となり売上原価率を押し下げる要因となりますが、開発計画については内容を十分精査することでコストコントロールを行います。

 

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

 当社グループは、強固な財務体質を保持しつつ、企業価値向上に資する成長投資を行うべく、戦略的に経営資源を配分することを財務戦略の基本方針としています。強固な財務体質の維持については、自己資本比率を指標としておりますが、当連結会計年度の自己資本比率は83.6%と、リスク耐性及び健全性において問題のないレベルだと認識しております。

 経営資源の配分については、収益力の高い既存事業の強化・成長に貢献する投資と、事業経営の基盤である人材育成への投資を最優先しながら、生産性向上のためのIT活用及び新規事業育成のための投資も継続して行います。投資については、フリー・キャッシュ・フローを有用な指標と考えております。当社グループではフリー・キャッシュ・フローを、営業活動により獲得されたキャッシュ・フローと投資活動により支出されたキャッシュ・フローの合計として定義しております。この指標は戦略的投資や負債返済に充当可能な資金の純額となると考えており、以下の通りフリー・キャッシュ・フローを算出しております。

(単位:百万円)

 

2019年3月期

2020年3月期

増減

営業活動によるキャッシュ・フロー

1,489

593

△896

投資活動によるキャッシュ・フロー

△289

△912

△623

フリー・キャッシュ・フロー

1,199

△319

△1,519

 当連結会計年度においては、ビジネスソリューション事業において「オフィスステーション」シリーズの拡販における活動の一環として、認知度向上を目的に広告宣伝活動を行いました。当年度で取り組んだ背景には、2020年4月1日から大企業(資本金または出資金が1億円を超える法人など)において社会保険・労働保険に関する一部手続きの電子申請義務化という法改正があります。テレビCM、交通広告、雑誌への広告掲載、Webマーケティング活動などを行いましたが、これまでは主だった広告宣伝活動を行っていなかったため、これらの活動において発生した費用のほぼ全額が前年度と比較して増額となり、営業キャッシュ・フローを大きく押し下げました。また、「オフィスステーション」シリーズの開発を強化したことで固定資産の取得が進み、投資活動による支出を増加させました。収益貢献開始は2022年3月期以降になりますが、成長力・収益力の両面から今後の成長エンジンと考えており、政府のデジタル・ガバメント実行計画の推進に合わせ、着実な拡販や収益力の強化に万全を期すことで、投資回収をしてまいります。引き続き、利益成長によるキャッシュの創出力を高めながら、資本コストと財務の柔軟性のバランスを考慮した資本構成を維持してまいります。

 資金調達については、円滑な事業活動に必要なレベルの流動性の確保と財務の健全性・安定性維持を基本方針としております。当社グループのビジネスモデルでは大型の設備投資は発生しないため、そのための資金調達の必要性はありませんが、事業展開に伴う資金需要には機動的に対応するため、充分な現金及び現金同等物を保有しています。現金及び現金同等物の保有額については厳密な目標を設けておりませんが、金融情勢などを考慮しつつ、安全性ならびに流動性の高い短期金融商品で運用しています。

 株主還元については、安定的・継続的な利益還元に努めていくことを原則とし、事業活動を通じて創出した利益を成長分野へ投資することで、長期的なEPSの成長に応じた配当水準の向上に努めてまいります。

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、特に下記の会計方針が、当社グループの重要な判断に影響を及ぼすと考えております。

[繰延税金資産]

 当社グループは、繰延税金資産について、実現可能性が高いと考えられる金額へ減額するために評価性引当額を計上しております。評価性引当額の金額を算定するに当たっては、将来の利益計画を慎重に検討したうえで将来の回収可能見込額を算定し、繰延税金資産との差額を評価性引当額として認識しております。

[固定資産の減損処理]

 当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社は、サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱うサービスについて国内の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

 したがって、当社は、事業本部を基礎としたサービス別のセグメントから構成されており、「アカウンティングサービス事業」、「コンサルティング事業」、「ビジネスソリューション事業」及び「不動産賃貸事業」の4つを報告セグメントとしております。

 「アカウンティングサービス事業」は生命保険営業職員を中心とする個人事業主及び小規模企業に対する経理代行を中心とした会計サービスを提供しております。「コンサルティング事業」は中堅中小企業の総務経理部門に対する各種情報提供サービスの「エフアンドエムクラブ」、ISO及びプライバシーマークの認証取得支援、「ものづくり補助金」をはじめとした補助金受給申請支援等を行っております。「ビジネスソリューション事業」は士業向けコンサルティング、及び企業向けITソリューションの提供を行っております。士業向けコンサルティングとしては、ワンストップ・ファイナンシャルショップを目指す税理士・公認会計士のボランタリーチェーン「TaxHouse」、認定支援機関である税理士・公認会計士事務所の対応力向上を支援する「経営革新等支援機関推進協議会」、社会保険労務士事務所の経営を支援する「SR STATION」となります。企業向けITソリューションの提供としては、クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」シリーズの販売となります。「不動産賃貸事業」は当社が所有するオフィスビルの賃貸を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

 報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却前)ベースの数値であります。

 セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸

事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

3,216,248

2,898,041

684,869

114,008

6,913,168

206,348

7,119,517

セグメント間の内部売上高又は振替高

2,803

4,321

8,700

15,825

491,523

507,348

3,216,248

2,900,845

689,191

122,708

6,928,994

697,871

7,626,866

セグメント利益

963,315

998,014

90,905

34,603

2,086,839

51,842

2,138,681

セグメント資産

922,922

144,769

495,873

1,494,406

3,057,972

402,009

3,459,981

その他の項目 (注)2

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

125,698

6,940

119,797

35,382

287,818

6,047

293,866

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

135,585

27,234

233,308

1,840

397,968

4,686

402,655

(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、連結子会社エフアンドエムネット株式会社のシステム開発事業、パソコン教室の本部運営及びFC指導事業等を含んでおります。

2.減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額には長期前払費用とその償却額が含まれております。

 

当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸

事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

3,322,641

2,964,904

955,674

112,920

7,356,140

206,922

7,563,063

セグメント間の内部売上高又は振替高

1,498

5,183

8,700

15,382

946,802

962,184

3,322,641

2,966,403

960,858

121,620

7,371,522

1,153,724

8,525,247

セグメント利益又は損失(△)

1,121,594

981,103

477,558

33,965

1,659,105

74,065

1,733,170

セグメント資産

954,169

159,339

992,179

1,460,121

3,565,810

497,003

4,062,814

その他の項目 (注)2

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

139,139

9,980

201,769

34,756

385,646

26,816

412,463

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

168,488

3,082

632,734

472

804,776

137,299

942,076

(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、連結子会社エフアンドエムネット株式会社のシステム開発事業、パソコン教室の本部運営及びFC指導事業等を含んでおります。

2.減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加額には長期前払費用とその償却額が含まれております。

 

4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

(単位:千円)

売上高

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

6,928,994

7,371,522

「その他」の区分の売上高

697,871

1,153,724

セグメント間取引消去

△507,348

△962,184

連結財務諸表の売上高

7,119,517

7,563,063

 

(単位:千円)

利益

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

2,086,839

1,659,105

「その他」の区分の利益

51,842

74,065

セグメント間取引消去

1,616

1,498

のれんの償却額

△300

△300

全社費用(注)

△658,538

△686,562

固定資産の調整額

△76,801

△95,873

連結財務諸表の営業利益

1,404,655

951,931

(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(単位:千円)

資産

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

3,057,972

3,565,810

「その他」の区分の資産

402,009

497,003

全社資産(注)

5,791,720

5,400,969

その他の調整額

△332,176

△535,917

連結財務諸表の資産合計

8,919,526

8,927,867

(注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社資産であります。

(単位:千円)

その他の項目

報告セグメント計

その他

調整額

連結財務諸表計上額

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

減価償却費

287,818

385,646

6,047

26,816

△4,672

△20,246

289,193

392,216

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

397,968

804,776

4,686

137,299

△27,816

△70,312

374,839

871,764

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 「セグメント情報」に同様の記載をしているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

 該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  2019年4月1日  至  2020年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 「セグメント情報」に同様の記載をしているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

 該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  2019年4月1日  至  2020年3月31日)

 該当事項はありません。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸事業

その他(注)

全社・消去

合計

当期償却額

300

300

当期末残高

670

670

(注)「その他」の金額は、連結子会社エフアンドエムネット株式会社に係る金額であります。

 

 なお、2010年4月1日前に行われた子会社の株式取得により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸事業

その他(注)

全社・消去

合計

当期償却額

181

181

当期末残高

1,455

1,455

(注)「その他」の金額は、連結子会社エフアンドエムネット株式会社に係る金額であります。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸事業

その他(注)

全社・消去

合計

当期償却額

300

300

当期末残高

369

369

(注)「その他」の金額は、連結子会社エフアンドエムネット株式会社に係る金額であります。

 

 なお、2010年4月1日前に行われた子会社の株式取得により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

アカウンティングサービス事業

コンサルティング事業

ビジネスソリューション事業

不動産賃貸事業

その他(注)

全社・消去

合計

当期償却額

181

181

当期末残高

1,274

1,274

(注)「その他」の金額は、連結子会社エフアンドエムネット株式会社に係る金額であります。

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

 該当事項はありません。

 

 

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営方針

 当社グループは、あらゆる事業者のバックオフィス業務の改善に貢献することを使命とし、金融機関をはじめとしたさまざまなパートナー様と共にご支援を行っております。中でも日本の事業者の99%を占めながら、情報を入手しにくいことで不利益を受けることが多い個人事業主と中堅中小企業のご支援に注力してまいりました。時代に応じた有益で価値あるサービスをリーズナブルな価格で提供する「サービスの水道哲学」を企業哲学として、いただいた報酬以上の価値を顧客に提供することを事業のコンセプトとしております。そして全社員が愛される人物となり、「関わる全ての人と企業が物心両面で豊かになれる」ことを、事業活動を行う上での目標とし、わが国経済の活性化に貢献できる経営に努めております。

 

(2)経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは当面、収益力の向上を図ることが優先課題であると認識しております。従いまして、経営成績や事業の進捗を把握する上で、売上高営業利益率と売上原価率の変動要因の把握を重視しています。また、ビジネスソリューション事業においては「オフィスステーション」シリーズの拡販のための手段の一つとして、フリーミアムでサービスを展開してまいります。これについては利用者数を重要指標として捉えております。

 今後の施策としましては、引き続き各セグメントにおいて、マーケティングオートメーションも積極的に取り入れ、会員数を増大させることによるストック部分の売上高を着実に増加させてまいります。また、AI活用を推進することで処理工程において生産性の向上を図ること、さまざまなITツールを活用し業務効率化を追求することなどを通して、全社的なローコストオペレーションに継続して取り組んでまいります。

 

(3)経営環境

 国内景気は企業収益や雇用・所得環境の改善が続く中で、消費税増税や相次ぐ自然災害等による一時的な消費の停滞がありながらも、緩やかな回復基調で推移すると思われましたが、新型コロナウイルス感染症の急激な流行拡大は行動制限や経済活動の縮小を引き起こし、多くの企業の事業活動に甚大な影響を及ぼしております。

 このような状況のもと、当社グループといたしましては、引き続きあらゆる面でコスト競争力を追求し改善を継続的に進めると共に、時流を捉えた事業展開をしてまいります。

 昨今、政府は行政手続きの電子化を強く推進しており、その一環として2020年4月1日から大企業(資本金または出資金が1億円を超える法人など)における一部の労務手続きの電子申請が義務化されました。生産性向上の観点からも、こうしたITを活用したバックオフィスの効率化は、企業規模を問わず急速に進んでいくものと思われます。特にHR領域においては、クラウドサービスと高機能デバイスの急速な普及により、使い勝手の良いインターフェースのサービスが次々と登場していることなどを背景に、国内HRテック市場は2023年には1,000億円を超えると予測されています。当社グループでは労務・人事業務のIT化支援として、年末調整や労務手続きを劇的に変える「オフィスステーション」シリーズを提供しておりますが、今後ますます大きなチャンスを迎えることになるものと考えております。

 また企業は生産性向上の一環として、経理・財務、総務・人事、法務、情報システムなど間接部門の業務を外部委託する動きが強まってきています。このシェアードサービスやアウトソーシングを希望する企業が増加する流れは、当社グループにとってはマーケットの拡大であり、全事業の成長速度を加速させる機会と捉えております。今後も各事業間のシナジーを高め、更なるワンストップ・サービスの構築を図ってまいります。

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

① 更なるシナジーを生む事業体制の強化

 当社グループはバックオフィスの業務改善を使命として事業活動を展開しておりますが、バックオフィス全般のコンサルティングサービスを提供できる点は、他にはない当社の強みであると認識しております。「生産性向上」は企業規模を問わず、各社各様の取り組みが行われておりますが、最近では新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの拡大により生産性が上がる可能性があるといった閣僚の発言などもあり、IT活用の促進スピードは更に速度を増していくものと思われます。財務・労務・人材育成・情報提供の各方面に加え、設備投資及びIT導入のサポートを強化し、全社の力を結集して、あらゆる事業者の活性化に貢献してまいります。

 

② 業務効率化による利益率向上への取り組み

 利益率向上のための取り組みとして、業務効率化は不可欠であると認識しております。その実現に向けて、各セグメントにおける業務処理工程の見直し、高度な判断を必要としない比較的単純な情報処理、顧客からの問い合わせ等に対する一次対応にITを積極活用してまいります。特にアカウンティングサービス事業においてはAI技術を帳票の処理工程で活用することが、作業者の習熟度向上に頼ったオペレーションからの脱却を可能にし、処理量の増大及び処理時間の短縮に大きく資するものと考えております。また、オンラインシステムやアプリなどを活用することで顧客との接点や接触回数を増やしつつ、効率的なサービス提供体制を構築してまいります。

 

③ 優秀な人材の確保と育成

 当社グループの今後の更なる成長を実現するためには、優秀な人材の確保及び育成が重要な課題であると認識しております。採用後は「他社で3年で学ぶことを1年でマスターする」の教育方針に基づき、新入社員全員を基幹事業であるアカウンティングサービス事業に従事させて、同期同士で切磋琢磨できる競争環境の中で3倍速の成長を支援しております。当社グループの唯一最大の財産は「人」であり、各人の能力向上が経営成績向上の重要な原動力となるため、今後も新卒採用を積極的に行ってまいります。また、採用した人材が定着することが、顧客との関係性の強化や提供サービスの高品質化を加速させ、そのことが経営成績の安定化につながります。テレワークや労働時間の見直しなどで働き方改革を推進し、社員の能力が最大限発揮できる環境づくりや研修制度を充実させることで、組織体制の強化に取り組んでまいります。合わせて人材採用・育成体制を強化することで、持続的な成長を支える重要資本である人材に対する中長期的な投資を継続してまいります。

 

④ コーポレート・ガバナンスの強化

 持続的な成長と企業価値向上のためには、コーポレート・ガバナンスが適切に機能することが不可欠であると認識しております。当社グループが事業活動を行う上では、顧客の個人情報や会員企業の各種機密情報等を扱うことも多く、業務フローの厳格な運用、継続的かつ定期的な社内教育の実施、保管データへのアクセス制限などのシステム運用整備を行ってまいりました。今後も事業規模の拡大に対応した内部管理体制の整備を進め、より適正かつ効率的な経営を遂行し、事業基盤の強化に努めてまいります。

 

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)ストックオプションの付与について

 当社は、2015年9月1日付で、当社取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、同じ。)及び当社子会社の取締役並びに当社及び当社子会社の従業員に対し、第6回新株予約権(ストックオプション)263,000株を発行いたしました。2020年3月31日現在の潜在株式数は167,000株となり、発行済株式数の1.1%に相当します。当該新株予約権の行使により、当該割合において当社株式に希薄化が生じる可能性があります。

 また、当社グループは、今後も経営成績向上に対する意欲や、優秀な人材を確保することを目的に、ストックオプションを当社ならびに当社子会社の取締役、監査役及び当社業務提携先の取締役及び従業員に付与する可能性があり、その場合には、さらなる株式価値の希薄化が発生する可能性があります。

(2)主要事業の対象マーケットについて

 生命保険会社営業職員マーケットは、一時期の生命保険業界の再編等での減少ペースと比べ、下げ止まりは認められるものの、今後の各生命保険会社の施策及び経営環境により、再び減少ペースが加速する可能性があります。

 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響により各事業セグメントにおいて、主に第1四半期における新規顧客獲得のための活動は制限を余儀なくされるため、それを織り込んだ計画としており、第2四半期以降にまで影響が及ぶ可能性は低いと考えております。しかし本格的な経済活動再開後に発生する可能性があると言われている感染拡大第2波の規模が非常に大きく、かつ当社グループが講じている対抗策が有用でない場合は、新規契約獲得が計画通り進まない可能性があります。

 それらの場合、当社グループの経営成績に悪影響を与える可能性があります。

(3)海外での業務委託について

 当社グループではアカウンティングサービス事業の原価低減策のひとつとして、記帳作業の一部を中華人民共和国のシンセンに位置する企業に業務委託しております。こうした海外への業務委託においては、予期せぬ法律または規制の変更、テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱等のリスクが内在しております。このような事象が発生した場合、当社グループのサービスが円滑に提供できなくなり、経営成績に悪影響を与える可能性があります。

(4)個人情報の管理について

 当社グループが一般個人及び法人向けに提供するサービスにおいて、その従業員等を含む個人情報等をサーバー等に管理する場合があり、採用している様々なネットワークセキュリティにも拘らず、不正アクセス及びその他事由により個人情報の流出等の可能性は存在しております。このような個人情報の流出等が発生した場合、当社グループに対する損害賠償の請求、訴訟、行政官庁等による制裁、刑事罰、その他の責任追及がなされる可能性があります。また、これらの責任追及が社会的な問題に発展し当社グループが社会的信用を失う可能性があります。

(5)減損会計について

 当社グループでは、本社が所在する自社所有物件のほか、全国に営業拠点やパソコン教室直営店舗などが所有する事業用固定資産があり、また毎期積極的に開発費を投じている社内業務システムや販売用システムがあります。将来的に不動産の下落及び経営成績によってそれらの減損処理が必要となった場合は、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

(6)許認可を要する事業について

 当社グループの事業の一部においては、経営革新等支援機関などの関係省庁での許認可を必要とする事業を行っております。今後関連法規の改正などによっては、同事業の提供する一部のサービスを継続できなくなる可能性があります。

 

2【沿革】

年月

事項

1990年7月

大阪府吹田市豊津町9番2号に資本金5,000千円で株式会社フラワーメッセージを設立し生命保険の営業職員を対象としたフラワー・ギフト事業を開始

1991年12月

東京都港区芝5丁目19番1号に東京営業所を設置

1992年7月

生命保険の営業職員を対象とした記帳代行事業を開始するため大野税理士事務所と合弁で有限会社大野会計センターを設立

1992年10月

記帳代行事業の東京地区進出に伴い東京営業所を東京都港区芝5丁目14番14号に移転し、千原税理士事務所と合弁で有限会社千原会計センターを設立

1992年12月

大阪府吹田市豊津町31番27号に本社を移転

1993年7月

記帳代行事業による中部地区進出のため、名古屋市東区泉1丁目1番31号に名古屋営業所を設置

1993年7月

東京営業所を東京都港区三田3丁目5番21号に移転

1993年12月

商号を株式会社エフアンドエムに変更するとともに会社の目的を法人及び個人事業主の帳簿の記帳代行業並びに経営及び営業コンサルティング等に変更

1994年4月

記帳代行業の拡大に伴い、本社を大阪府吹田市豊津町12番38号に移転し、フラワー・ギフト事業を廃止

1995年9月

中堅中小企業の総務部門の充実を図ることを目的として、総務コンサルティング事業を開始

1995年10月

総務コンサルティング事業の開始に伴い、東京及び名古屋営業所を各々支社に昇格

1996年9月

名古屋支社を名古屋市中区錦3丁目2番32号に移転

1997年3月

記帳代行事業を当社に統合化するために、有限会社大野会計センターの当社出資持分40%を大野税理士に譲渡し、有限会社千原会計センターの当社出資持分48.3%を千原税理士に譲渡して合弁関係を解消

1997年6月

東京支社を東京都品川区東五反田5丁目10番25号に移転

1998年4月

記帳代行事業を財務コンサルティング事業に名称を変更

1998年5月

福岡営業所を福岡市博多区博多駅東1丁目14番3号に設置

1999年4月

仙台営業所を仙台市宮城野区榴ヶ岡4丁目2番3号に設置

1999年6月

株式会社エコミックより生命保険営業職員への記帳代行業に関する事業を譲受

2000年4月

福岡支社を福岡市博多区博多駅南1丁目3番6号に移転

 

財務コンサルティング事業をアウトソーシング事業に名称を変更

 

総務コンサルティング事業をエフアンドエムクラブ事業に名称を変更

2000年7月

大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場

2000年9月

エフアンドエムネット株式会社を設立(現・連結子会社)

2001年5月

本社を大阪府吹田市江坂町1丁目23番38号に移転

2001年11月

名古屋支社を名古屋市中区栄2丁目8番13号に移転

2003年4月

仙台支社を仙台市青葉区堤町1丁目1番2号に移転

2003年12月

東京支社を東京都品川区南大井1丁目13番5号に移転

2006年5月

福岡支社を福岡市博多区博多駅東2丁目6番1号に移転

2006年6月

札幌支社を札幌市北区北7条西2丁目6番地に設置

2006年9月

一般事業者として全国初の信用金庫代理業の許可を取得

2006年10月

シニア向けパソコン教室のFC募集開始

2006年12月

東京支社を東京都中央区京橋1丁目2番5号に移転

2009年5月

名古屋支社を名古屋市中村区名駅南1丁目21番19号に移転

2011年12月

仙台支社を宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号に移転

2015年4月

沖縄支社を沖縄県那覇市前島2丁目21番13号に設置

2015年4月

一般社団法人マイナンバー推進協議会を設立(現・連結子会社)

2015年12月

札幌支社を札幌市中央区大通西1丁目14番2号に移転

2018年10月

札幌支社を札幌市北区北七条西4丁目4番3号に移転

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

6

12

19

29

1

1,644

1,711

所有株式数(単元)

15,388

357

74,287

12,173

16

53,365

155,586

800

所有株式数の割合(%)

9.89

0.23

47.75

7.82

0.01

34.30

100

 (注)1.自己株式1,121,542株は、「個人その他」に11,215単元及び「単元未満株式の状況」に42株を含めて記載しております。

2.「その他の法人」の欄には証券保管振替機構名義の株式が33単元含まれております。

3【配当政策】

 当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり27円の配当(うち中間配当13円)を実施することを決定しました。

 内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術・開発体制を強化し、さらなる事業展開を図るために有効投資してまいりたいと考えております。

 当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2019年11月14日

187,653

13

取締役会決議

2020年6月25日

202,130

14

定時株主総会決議

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性1名 (役員のうち女性の比率10.0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役社長

森中 一郎

1961年2月13日

 

1990年7月

当社設立

 

当社代表取締役社長就任(現任)

2000年9月

エフアンドエムネット株式会社取締役就任(現任)

2009年11月

合同会社モリナカホールディングス代表社員就任(現任)

 

(注)3

453,600

専務取締役

営業統括管掌

小林 裕明

1961年7月25日

 

1991年11月

当社入社

1999年4月

当社エフアンドエムクラブ事業本部長

1999年6月

当社取締役就任

2001年5月

当社営業全般管掌

2001年10月

当社アウトソーシング事業本部長

2002年4月

当社営業全般管掌

2004年6月

当社常勤監査役就任

2007年6月

当社取締役就任

2007年6月

当社エフアンドエムクラブ事業本部管掌

2008年4月

当社アウトソーシング事業本部管掌

2008年6月

当社常務取締役就任

2009年4月

当社営業統括管掌(現任)

2011年6月

当社専務取締役就任(現任)

 

(注)3

118,800

取締役

田辺 利夫

1960年12月7日

 

1992年12月

当社入社

1999年4月

当社アウトソーシング事業本部長

1999年6月

当社取締役就任

2000年4月

当社アウトソーシング事業本部長

2001年5月

当社アウトソーシング事業本部管掌

2003年4月

当社アウトソーシング事業本部長兼名古屋支社長

2005年4月

当社管理本部長

2007年6月

当社常勤監査役就任

2009年6月

当社取締役就任(現任)

2009年6月

当社管理本部長

 

(注)3

37,800

取締役

奥村 美樹江

1964年1月30日

 

1990年7月

当社入社

1991年6月

当社取締役就任

2001年5月

当社内部監査室室長

2005年4月

当社アウトソーシング事業本部管掌

2006年6月

当社常務取締役就任

2008年8月

当社金融法人企画本部長

2009年6月

当社常勤監査役就任

2011年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

327,200

取締役

原田 博実

1970年8月28日

 

2000年9月

エフアンドエムネット株式会社入社

2001年5月

当社入社

2003年4月

エフアンドエムネット株式会社取締役就任

2003年4月

当社管理本部長

2005年4月

当社アウトソーシング事業本部長

2006年4月

当社マーケティング統括本部長

2006年6月

当社取締役就任(現任)

2007年4月

当社タックスハウス事業本部管掌

 

(注)3

11,100

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

営業顧問

山本 武司

1942年6月8日

 

2002年4月

当社入社

2003年4月

当社東日本営業本部長

2004年9月

当社顧問

2006年6月

当社取締役就任(現任)

2009年4月

当社営業顧問(現任)

 

(注)3

2,200

取締役

本橋 信次

1959年7月16日

 

2000年9月

エフアンドエムネット株式会社入社

2003年4月

同社代表取締役社長就任

2011年6月

当社取締役就任

2018年6月

エフアンドエムネット株式会社取締役会長就任(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

10,500

取締役

(監査等委員)

西川 洋一郎

1942年5月24日

 

1998年1月

当社入社

1999年6月

当社常勤監査役就任

2000年9月

エフアンドエムネット株式会社監査役就任(現任)

2004年6月

当社取締役就任

2006年4月

当社管理本部長

2006年6月

当社常務取締役就任

2009年6月

当社営業顧問

2011年6月

当社常勤監査役就任

2015年6月

当社取締役(監査等委員)就任(現任)

 

(注)4

21,100

取締役

(監査等委員)

大野 長八

1948年12月27日

 

1986年8月

株式会社ベンチャー・リンク取締役就任

2000年4月

大野アソシエーツ代表(現任)

2006年8月

株式会社ガイアックス社外取締役就任

2007年6月

当社社外監査役就任

2015年6月

当社取締役(監査等委員)就任(現任)

 

(注)4

1,000

取締役

(監査等委員)

宗吉 勝正

1949年10月13日

 

1968年4月

大阪国税局入局

2002年7月

豊岡税務署長

2008年7月

高松国税局長

2009年9月

宗吉勝正税理士事務所所長(現任)

2010年6月

株式会社上組社外監査役就任(現任)

2015年6月

当社取締役(監査等委員)就任(現任)

 

(注)4

2,200

985,500

 (注)1.大野長八氏及び宗吉勝正氏は、社外取締役であります。

2.当社の監査等委員会については次のとおりであります。

委員長 西川洋一郎、委員 大野長八、委員 宗吉勝正

なお、西川洋一郎は常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は、情報収集

その他監査の実効性を高め、監査・監督機能を強化するためであります。

3.2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.2019年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

 

② 社外役員の状況

 当社は、専門的な知識や経験、能力等を当社取締役会の監督機能の強化によるコーポレート・ガバナンスの一層の充実に活かすことを目的に社外取締役を2名選任しており、独立役員として東京証券取引所に届け出ております。当該社外取締役は毎月開催される取締役会に出席し、業務執行部門から独立した公正にして中立な立場から経営の監督とチェック機能の役割を果たすとともに、取締役会の議案について議決権を行使いたしております。

 社外取締役大野長八氏は、大野アソシエーツ代表であります。当社と兼職先との間には特別の関係はありません。

 また、大野氏は当社株式を1,000株保有しておりますが、その他に当社との資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。

 社外取締役宗吉勝正氏は、宗吉勝正税理士事務所所長及び株式会社上組の社外監査役であります。当社と兼職先との間には特別の利害関係はありません。

 また、宗吉氏は当社株式を2,200株保有しておりますが、その他に当社との資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。

 当社は社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはありませんが、その選任に際しては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを個別に判断しております。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会及び会計監査との関係は、監査結果について年度末及び必要に応じて、監査等委員及び会計監査人とディスカッションを実施し、妥当性・適正性を確保するために適宜必要な発言を行うことで相互連携を図っております。

 内部監査室は、会計監査人と監査結果等について定期的に情報交換を行うなどの連携を図っております。また、常勤である監査等委員とも密な情報・意見交換を行うことで連携を図っています。

 

(賃貸等不動産関係)

当社では、大阪府において、賃貸収益を得ることを目的として賃貸オフィスビルを所有しております。なお、当該賃貸オフィスビルの一部については、当社及び一部の連結子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産としております。

当該賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。

(単位:千円)

 

賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

連結貸借対照表計上額

 

 

 

期首残高

2,140,584

2,127,810

 

期中増減額

△12,773

△46,294

 

期末残高

2,127,810

2,081,516

期末時価

1,892,000

1,945,000

 (注) 1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。

2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は設備投資(41,676千円)であり、主な減少額は減価償却(54,411千円)であります。当連結会計年度の主な増加額は設備投資(8,602千円)であり、主な減少額は減価償却(54,897千円)であります。

3.期末の時価は、不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額であります。

 

また、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する損益は、次のとおりであります。

(単位:千円)

 

賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

賃貸収益

114,008

112,920

賃貸費用

85,627

85,113

差額

28,380

27,806

その他(売却損益等)

(注)賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、サービスの提供及び経営管理として当社及び一部の連結子会社が使用している部分も含むため、当該部分の賃貸収益は、計上されておりません。なお、当該不動産に係る費用(減価償却費、修繕費、保険料、租税公課等)については、賃貸費用に含まれております。

4【関係会社の状況】

連結子会社

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

エフアンドエムネット株式会社

大阪府吹田市

58,000

その他

100.0

当社システムを開発している。

役員の兼任あり。

一般社団法人マイナンバー推進協議会

大阪府吹田市

その他

マイナンバー制度の導入を支援している。

役員の兼任なし。

(注)「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

 

 

【売上原価明細書】

 

 

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

  至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

  至 2020年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

人件費

 

 

 

 

 

 

 

給料手当

 

170,563

 

 

176,619

 

 

雑給

 

216,280

 

 

226,944

 

 

賞与

 

79,057

 

 

50,629

 

 

法定福利費

 

76,089

 

 

74,942

 

 

退職給付費用

 

1,521

 

 

2,165

 

 

福利厚生費

 

160

 

 

 

 

賞与引当金繰入額

 

39,204

582,875

29.1

37,971

569,272

27.0

経費

 

 

 

 

 

 

 

外注費

 

52,564

 

 

55,232

 

 

旅費交通費

 

26,210

 

 

14,778

 

 

通信費

 

80,586

 

 

83,474

 

 

光熱費

 

18,991

 

 

17,502

 

 

消耗品費

 

26,187

 

 

21,747

 

 

保険料

 

158

 

 

156

 

 

修繕費

 

7,249

 

 

580

 

 

図書費

 

186

 

 

98

 

 

租税公課

 

19,380

 

 

20,543

 

 

支払手数料

 

167,050

 

 

152,655

 

 

印刷費

 

18,492

 

 

8,740

 

 

リース料

 

204

 

 

 

 

賃借料

 

28,092

 

 

18,826

 

 

減価償却費

 

288,290

 

 

385,847

 

 

支払報酬

 

59,416

 

 

61,380

 

 

業務委託料

 

578,620

 

 

637,751

 

 

雑費

 

2,985

1,374,668

68.5

2,876

1,482,193

70.3

商品売上原価

 

 

 

 

 

 

 

期首商品棚卸高

 

3,237

 

 

3,322

 

 

商品仕入高

 

47,875

 

 

56,850

 

 

期末商品棚卸高

 

3,322

47,790

2.4

3,342

56,830

2.7

売上原価合計

 

 

2,005,334

100.0

 

2,108,297

100.0

 

 

※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

 前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

  至  2019年9月30日)

 当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

  至  2020年9月30日)

給与手当

676,753千円

742,431千円

賞与引当金繰入額

244,765

230,877

退職給付費用

10,611

13,702

貸倒引当金繰入額

9,135

3,518

1【設備投資等の概要】

 当社グループでは、業務の効率化を目的とした業務システム等の投資など総額821,211千円の設備投資を実施いたしました。

 主な投資は以下のとおりであります。

セグメントの名称

投資内容

金額(千円)

アカウンティングサービス事業

業務システム等開発

124,798

ビジネスソリューション事業

販売用システム等開発

502,837

その他

販売用アプリ開発

43,405

パソコン及び什器

32,106

オフィスレイアウト変更

29,714

全社

ファイルサーバー入替

29,924

OA機器等入替

11,817

なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高

(千円)

当期末残高

(千円)

平均利率

(%)

返済期限

短期借入金

1年以内に返済予定の長期借入金

50,040

50,040

0.4

1年以内に返済予定のリース債務

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

74,900

24,860

0.4

2021年

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

その他有利子負債

124,940

74,900

 (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。

2.1年以内に返済予定の長期借入金は、連結貸借対照表上「短期借入金」に含めて表示しております。

3.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。

 

1年超2年以内

(千円)

2年超3年以内

(千円)

3年超4年以内

(千円)

4年超5年以内

(千円)

長期借入金

24,860

 

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値17,737 百万円
純有利子負債-3,297 百万円
EBITDA・会予1,532 百万円
株数(自己株控除後)14,456,501 株
設備投資額821 百万円
減価償却費392 百万円
のれん償却費N/A
研究開発費N/A
代表者代表取締役社長  森中 一郎
資本金942 百万円
住所大阪府吹田市江坂町1丁目23番38号
会社HPhttps://www.fmltd.co.jp/

類似企業比較