フルキャストホールディングス【4848】

直近本決算の有報
株価:9月18日時点

1年高値2,703 円
1年安値997 円
出来高162 千株
市場東証1
業種サービス業
会計日本
EV/EBITDA8.6 倍
PBR4.1 倍
PSR・会予1.5 倍
ROA21.1 %
ROIC29.6 %
β1.49
決算12月末
設立日1990/9
上場日2001/6/15
配当・会予41 円
配当性向32.0 %
PEGレシオ1.7 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:13.2 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:18.6 %
純利5y CAGR・予想:11.0 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当社グループでは、顧客企業の業務量の増減に合わせタイムリーに短期系人材サービスを提供する「短期業務支援事業」、主にコールセンター及び販売代理店網を主軸とした通信商材等の販売代行業務を営む「営業支援事業」、主に公共施設や一般企業などに対して警備業務等を行う「警備・その他事業」を展開しております。

次の事業区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の報告セグメントの区分と同一であります。

 

短期業務支援事業(短期系人材サービス、イベント系人材サービス、給与管理代行サービス等)

[主な事業体]

株式会社フルキャスト

 

株式会社トップスポット

 

株式会社ワークアンドスマイル

 

株式会社フルキャストシニアワークス

 

株式会社フルキャストポーター

 

株式会社おてつだいネットワークス

 

株式会社フルキャストアドバンス

 

株式会社BOD

 

株式会社BOD・Alpha

 

株式会社フルキャストグローバル

 

ミニメイド・サービス株式会社

 

株式会社Fullcast International

 

 

営業支援事業(代理店販売、コールセンター事業等)

[主な事業体]

株式会社エフプレイン

 

株式会社エムズライン

 

株式会社FSP

 

 

警備・その他事業(警備業務等)

[主な事業体]

株式会社フルキャストアドバンス

 

 

なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 

(画像は省略されました)


 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度の期首から適用しており、財政状態については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会計年度との比較・分析を行っております。

(1)経営成績等の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用関連会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、輸出が引き続き弱含むなかで、製造業を中心に弱さが一段と増しているものの、個人消費の持ち直しの動きが継続していること、消費者物価が上昇テンポは鈍化しつつも緩やかに上昇していること、雇用情勢が改善していることに加えて、設備投資が緩やかな増加傾向にあること等、景気は緩やかな回復基調が続いております。景気の先行きに関しましては、当面、弱さが残るものの、引き続き雇用情勢及び所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあり、緩やかな回復が続くことが期待されます。しかしながら、通商問題を巡る動向、中国経済の先行き、英国のEU離脱等の海外経済の動向や金融資本市場の変動の影響に加え、消費税率引上げ後の消費者マインドの動向等が引き続き景気を下押しするリスクになっていること等から、依然として先行きが不透明な状況が続いております。

人材サービス業界を取り巻く環境においては、有効求人倍率及び完全失業者数が横ばい圏内で推移していること、また、就業者数及び就業率が緩やかな改善傾向を辿っていること等から、先行きに関しましては、引き続き雇用情勢が着実に改善していくことが見込まれております。

このような環境のもと、当社グループでは、当連結会計年度において、「短期業務支援事業の拡充及び周辺領域への種まきと刈り取りを推進する」を目標としたグループ経営を行い、特に主力サービスである「紹介(注1)」、「BPO(注2)」を中心にフルキャストグループ全体の収益を伸長させることを主眼とした営業活動を行ってまいりました。加えて、継続してグループ全体の業務効率化を推し進め、生産性を高めることにより、増益を実現するための体制作りに取り組んでまいりました。

(注)1.主力サービスである「アルバイト紹介」サービスを「紹介」と呼称しております。

2.主力サービスである「アルバイト給与管理代行」サービスに加えて、「マイナンバー管理代行」サービス等その他の人事労務系BPOサービス及び株式会社BODのバックオフィス系BPOサービスを「BPO」と呼称しております。

 

a.経営成績

連結売上高は、主力業務である短期業務支援事業において、逼迫する短期人材需要の基調が継続し44,479百万円(前期比14.5%増)となりました。

利益面では、短期業務支援事業の増収を主因とし、連結営業利益は7,224百万円(前期比22.5%増)となりました。

連結経常利益は、当社の持分法適用関連会社であるAdvancer Global Limited株式について、株価の下落に伴う減損(持分法による投資損失)を計上したものの、営業利益が増益したことにより7,064百万円(前期比33.7%増)となりました。

親会社株主に帰属する当期純利益は、株式会社ディメンションポケッツ株式の譲渡に伴う子会社株式売却益を特別利益に計上したこと等もあり4,644百万円(前期比40.3%増)となりました。

当社グループは、「持続的な企業価値の向上」を重要な経営課題の1つとして位置付けております。「企業価値の向上」は、株主及び投資家の皆様による当社への期待収益を反映した資本コストを上回るROEを実現することであるという考えのもと、ROEを「企業価値向上」を示す目標指標とし、資本効率を重視した経営の実践に取り組んでおります。なお、当社グループは、ROE20%以上を目標指標としております。

当連結会計年度末時点におけるROEは33.3%となり、前連結会計年度末時点の28.4%に比べ4.9ポイント改善し、20%以上を維持しております。

なお、当社グループは、特定技能ビザを取得した外国人労働者を対象とした人材サービス(人材派遣・人材紹介)を提供する新会社「株式会社Fullcast International」を2019年8月30日に設立し、連結子会社としております。同社は、2019年12月1日より営業を開始いたしました。

また、当社グループは、当社グループと株式会社ディメンションポケッツ双方の持続的な企業価値の向上を再検証した結果、2019年12月11日付で、警備・その他事業セグメントに属する同社の全株式を譲渡し、連結の範囲から除外しております。

 

事業別の状況

セグメント別の業績は次のとおりです。

 

i)短期業務支援事業

逼迫する短期人材需要の基調が継続し、主力サービスである「紹介」+「BPO」がけん引したことに加えて、顧客企業の長期人材ニーズにも応えた結果、「派遣」が伸張したことにより、短期業務支援事業の売上高は38,662百万円(前期比15.7%増)となりました。

利益面では、主力サービス及び「派遣」サービスの増収を主因とし、セグメント利益(営業利益)は7,738百万円(前期比17.3%増)となりました。

 

ⅱ)営業支援事業

前期に不採算拠点の整理を行ったこと等の影響はあるものの、営業支援事業の売上高は3,473百万円(前期比4.8%増)となりました。

利益面では、増収したことを主因とし、上期は減収減益であったものの、セグメント利益(営業利益)は168百万円(前期比22.8%増)となりました。

 

ⅲ)警備・その他事業

警備事業において、常駐警備案件の獲得数が増加したことで、警備・その他事業の売上高は2,344百万円(前期比10.5%増)となりました。

利益面では、増収したことを主因とし、販管費率を抑制できたことで、セグメント利益(営業利益)は252百万円(前年同期比39.1%増)となりました。

 

b.財政状態

i)流動性

資産の部では、流動資産が前連結会計年度末に比べて3,941百万円増加し17,969百万円となりました。これは主に、現金及び預金が3,344百万円増加し11,811百万円となったこと及び受取手形及び売掛金が581百万円増加し5,777百万円となったこと等によるものです。
 負債の部では、流動負債が前連結会計年度末に比べて608百万円増加し6,427百万円となりました。これは主に、未払金が144百万円減少し1,267百万円となったことに対し、未払消費税等が317百万円増加し1,206百万円となったこと及び未払法人税等が244百万円増加し1,229百万円となったこと並びに未払費用が189百万円増加し1,221百万円となったこと等によるものです。
 以上の結果、当連結会計年度末の運転資本(流動資産-流動負債)は前連結会計年度末に比べ3,333百万円増加し11,542百万円、流動比率(流動資産÷流動負債×100)は前連結会計年度末の241.0%から279.6%となりました。
 

ⅱ)資本的支出

当連結会計年度において実施した設備投資額は、前期比136百万円増加し434百万円となりました。その主な内訳は、営業拠点の新規出店・移転に伴う有形固定資産の取得で138百万円、社内利用目的の各種ソフトウエア等購入に伴う無形固定資産の取得で208百万円であります。
 2020年12月期の重要な設備投資につきましては、特に予定はございません。
 

ⅲ)有利子負債

当連結会計年度末の有利子負債の総額は前期比253百万円減少し1,000百万円となりました。これは主に株式会社ディメンションポケッツを連結の範囲から除外したことによるものです。

 

ⅳ)純資産

当連結会計年度末の純資産は前連結会計年度末に比べて3,163百万円増加し16,213百万円となりました。これは主に、2018年12月期決算に係る自己株式取得に伴い自己株式が827百万円増加したことに対し、当連結会計年度において剰余金の配当を1,383百万円実施した一方で、4,644百万円の親会社株主に帰属する当期純利益を計上したことにより、利益剰余金が3,261百万円増加したことによるものです。

 

以上の結果、デット・エクイティ・レシオ(有利子負債÷自己資本(注)×100)は前期末の10.0%から6.5%、自己資本比率(自己資本÷総資産×100)は前期末の63.0%から65.8%となりました。
  (注)  自己資本=純資産の部の合計-新株予約権-非支配株主持分
 

v)利益配分に関する基本方針

当社は、総還元性向50%を目標とし、株主への利益還元の充実化を図る方針であります。
今後も、収益力を強化し、経営効率の一層の向上を図ると共に、配当と自己株式取得を合わせた総還元性向50%を目標とした株主還元を実施することにより、ROE20%以上を「企業価値の向上」を示す目標指標とし、その実現を目指してまいります。
 当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当、期末配当共に取締役会であります。
 当期の配当につきましては、当社の持分法適用関連会社であるAdvancer Global Limited株式に係る株価の下落に伴う減損(持分法による投資損失)の計上の影響を除いた親会社株主に帰属する当期純利益に対する総還元性向50%の考えに基づき、前期比8円増配、配当予想比2円増配となる1株あたり40円の配当を通期で実施し、期末では1株につき21円の配当(配当予想比2円増配)及び株式の取得価額の総額991,817,600円を上限に自己株式の取得を実施し、その具体的な取得方法として公開買付による自己株取得を行います。その結果、2019年12月期の上記の考えに基づく総還元性向は50.0%となりますが、親会社株主に帰属する当期純利益に対する総還元性向は53.4%となる予定であります。
 なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
 

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」と言います。)は、前連結会計年度に比べて3,344百万円増加し(前期は904百万円の減少)、当連結会計年度末現在の残高は11,811百万円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

法人税等の支払額が2,208百万円、売上債権の増加額が579百万円であったことに対し、税金等調整前当期利益が7,134百万円、未払消費税等の増加額が331百万円、減価償却費が258百万円、のれん償却額が215百万円、持分法による投資損失が200百万円であったこと等により、営業活動により得られた資金は5,408百万円(前期は得られた資金が4,474百万円)となりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

有形固定資産の取得による支出が226百万円、無形固定資産の取得による支出が208百万円、投資有価証券の取得による支出が43百万円であったことに対し、有形固定資産の売却による収入が241百万円、連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入が132百万円、保険積立金の解約による収入が107百万円であったこと等により、投資活動により得られた資金は8百万円(前期は使用した資金が2,870百万円)となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

配当金の支払額が1,381百万円、自己株式の取得による支出が847百万円であったこと等により、財務活動により使用した資金は2,073百万円(前期は使用した資金が2,508百万円)となりました。

 

③生産、受注及び販売の状況

a. 生産及び受注実績

当社グループは主として生産活動を行っておらず、また短期業務支援事業は、受注から売上計上までの期間が極めて短いため、受注規模を金額で示すことはしておりません。

 

b. 販売実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自2019年1月1日

   至2019年12月31日)

(百万円)

前年同期比(%)

短期業務支援事業

38,662

15.70%

営業支援事業

3,473

4.80%

警備・その他事業

2,344

10.47%

合計

44,479

14.48%

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.セグメント間取引については、相殺消去しております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成には、経営者による会計方針の採用や、資産・負債及び収益・費用の計上及び開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者はこれらの見積りについて、過去の実績等を勘案し、合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り項目特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
 当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。
 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.経営成績等

i)売上高

連結売上高は、主力業務である短期業務支援事業において、逼迫する短期人材需要の基調が継続し44,479百万円(前期比14.5%増)となりました。これをセグメント別に見ますと次のとおりです。

 

・短期業務支援事業

逼迫する短期人材需要の基調が継続し、主力サービスである「紹介」+「BPO」がけん引したことに加えて、顧客企業の長期人材ニーズにも応えた結果、「派遣」が伸張したことにより、短期業務支援事業の売上高は38,662百万円(前期比15.7%増)となりました。

 

・営業支援事業

前期に不採算拠点の整理を行ったこと等の影響はあるものの、営業支援事業の売上高は3,473百万円(前期比4.8%増)となりました。

 

・警備・その他事業

警備事業において、常駐警備案件の獲得数が増加したことで、警備・その他事業の売上高は2,344百万円(前期比10.5%増)となりました。

 

ⅱ)営業費用及び営業利益

売上原価は前連結会計年度に比べ3,469百万円増加し25,665百万円(前期比15.6%増)となった一方で、売上原価率については57.1%から57.7%と、0.6ポイント増加しました。販売費及び一般管理費は前連結会計年度に比べて830百万円増加し11,590百万円(前期比7.7%増)となり、その売上高に対する比率は前連結会計年度の27.7%から1.6ポイント減少し26.1%となりました。その結果、営業利益は前連結会計年度に比べ1,328百万円増加し7,224百万円(前期比22.5%増)となりました。これをセグメント別に見ますと次のとおりです。

 

・短期業務支援事業

利益面では、主力サービス及び「派遣」サービスの増収を主因とし、セグメント利益(営業利益)は7,738百万円(前期比17.3%増)となりました

 

・営業支援事業

利益面では、増収したことを主因とし、上期は減収減益であったものの、セグメント利益(営業利益)は168百万円(前期比22.8%増)となりました

 

・警備事業・その他事業

利益面では、増収したことを主因とし、販管費率を抑制できたことで、セグメント利益(営業利益)は252百万円(前年同期比39.1%増)となりました

 

ⅲ)営業外損益及び経常利益

営業外損益は、当社の持分法適用関連会社であるAdvancer Global Limited株式について、株価の下落に伴う減損(持分法による投資損失)を前連結会計年度に続いて計上したことで、前連結会計年度の610百万円の損失(純額)から160百万円の損失(純額)となりました。経常利益は、当社の持分法適用関連会社であるAdvancer Global Limited株式について、株価の下落に伴う減損(持分法による投資損失)を計上したものの、営業利益が増益したことにより、前連結会計年度に比べて1,779百万円増加し、7,064百万円(前期比33.7%増)となりました。

 

ⅳ)特別利益及び特別損失並びに税金等調整前当期純利益

株式会社ディメンションポケッツ株式の譲渡に伴う子会社株式売却益を特別利益に計上したこと等もあり、特別利益から特別損失を控除した純額は、69百万円の収益となりました。結果、税金等調整前当期純利益は7,134万円(前期比34.6%増)となりました。

 

v)法人税等及び当期純利益

税効果会計適用後の法人税等は前連結会計年度に比べ421百万円増加し2,361百万円となり、当期純利益は4,773百万円(前期比42.0%増)となりました。

 

ⅵ)親会社株主に帰属する当期純利益

株式会社BОDに係る非支配株主に帰属する当期純利益が増加したことに伴い、非支配株主に帰属する当期純利益は129百万円となりました。
 以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に比べ1,334百万円増加し4,644百万円(前期比40.3%増)となりました。1株当たり当期純利益は、124円59銭(前連結会計年度は87円90銭)となりました。
 

b.経営成績に影響を与える大きな要因

当社グループの経営成績に影響を与える大きな要因は「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

c.資本の財源及び資金の流動性

i)資金需要

当社グループの事業活動における資金需要の主なものは、事業活動の維持・拡大を図っていくために必要となる運転資金、営業拠点の新規出店・移転に伴う費用及びシステム投資費用等の設備投資資金があるほか、M&A等の一時的な資金需要があります。

 

ⅱ)資本の財源及び資金の流動性

当社グループでは、事業活動を維持するための適切な資金の確保と、適正水準の流動性の維持及び健全な財政状態の維持を財務の基本方針としつつ、多様な資金調達手段の確保に努めております。
 当社グループが事業活動の維持・拡大を図っていくために必要となる運転資金や設備投資資金の調達は、営業活動から得られるキャッシュ・フローと金融機関からの借り入れにより十分可能であると考えております。
 なお、当社グループは運転資金の効率的な調達を行うため、取引先銀行4行と総額5,600百万円を限度とした当座貸越契約を締結しております。
 有利子負債の状況については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の概要 ①財政状態及び経営成績の状況 b.財政状態 ⅲ)有利子負債」に記載のとおりであります。
 当社グループの資金調達、資金運用等に関する取り組み方針につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注意事項(金融商品関係)」に記載のとおりであります。
 

d.経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、「持続的な企業価値の向上」を重要な経営課題の1つとして位置付けております。
 当社グループは、「企業価値の向上」を示す目標指標をROE20%以上にすると共に、財務の健全性を確保しつつ必要な成長投資を行うための適切な負債水準を維持するためデットエクイティレシオ0.5倍を上限とする方針とし、資本効率を重視した経営を実践すると共に、財務の健全性を確保しながら収益性、成長性のバランスを重視し、企業価値の最大化を図ってまいります。加えて、当社は、総還元性向50%を目標とし、株主への利益還元の充実化を図る方針であります。
 「持続的な企業価値の向上」を実現するための指標 : ROE20%以上維持

「株主還元」に係る指標             : 総還元性向50%

「資本政策の基本方針」を支える指標       : デッドエクイティレシオ0.5倍以下

以上の指標を達成することにより、「持続的な企業価値向上」を実現する。

当社グループは、2018年12月期において、2016年2月12日に公表した中期経営計画について見直しを行っており、その最終年度である2020年12月期において以下の経営指標を達成することを目標としております。

(営業利益)           79億円
 (経常利益)           80億円
 (稼働者数)          320,000人
 (人件費1円あたり売上総利益)   2.6円

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

前連結会計年度(自2018年1月1日  至2018年12月31日)
1.報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、「短期業務支援事業」「営業支援事業」「警備・その他事業」を報告セグメントとしており、「短期業務支援事業」は、顧客企業の業務量の増減に合わせたタイムリーな短期系人材サービスの提供、「営業支援事業」は、主にコールセンター及び販売代理店網を主軸とした通信商材等の販売代行業務、「警備・その他事業」は、主に公共施設や一般企業などに対する警備業務等を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
  報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

 

報告セグメント

合計
(百万円)

調整額
(百万円)
(注)

連結財務諸表計上額
(百万円)

 

短期業務
支援事業
(百万円)

営業
支援事業
(百万円)

警備・
その他事業
(百万円)

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

33,417

3,313

2,122

38,852

38,852

セグメント間の内部売上高又は振替高

20

0

20

△20

33,437

3,313

2,122

38,872

△20

38,852

セグメント利益

6,597

137

181

6,915

△1,019

5,896

セグメント資産

10,477

2,655

1,351

14,483

5,325

19,808

その他の項目

 

 

 

 

 

 

減価償却費

172

5

19

196

28

224

のれん償却額

39

121

160

160

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

96

3

121

219

79

298

 

(注) 1.セグメント利益調整額△1,019百万円には、セグメント間取引消去△20百万円、各報告セグメントに配賦していない全社費用△999百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

3.セグメント資産の調整額5,325百万円は、主に当社本社での長期投資資産(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

4.減価償却費の調整額28百万円は、主に当社本社での建物及び構築物とソフトウエアの償却額であります。

5.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整79百万円は、主に当社本社での建物及び構築物と新システムに係る工具、器具及び備品とソフトウエアであります。

 

当連結会計年度(自2019年1月1日  至2019年12月31日)
1.報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、「短期業務支援事業」「営業支援事業」「警備・その他事業」を報告セグメントとしており、「短期業務支援事業」は、顧客企業の業務量の増減に合わせたタイムリーな短期系人材サービスの提供、「営業支援事業」は、主にコールセンター及び販売代理店網を主軸とした通信商材等の販売代行業務、「警備・その他事業」は、主に公共施設や一般企業などに対する警備業務等を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
  報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

 

報告セグメント

合計
(百万円)

調整額
(百万円)
(注)

連結財務諸表計上額
(百万円)

 

短期業務
支援事業
(百万円)

営業
支援事業
(百万円)

警備・
その他事業
(百万円)

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

38,662

3,473

2,344

44,479

44,479

セグメント間の内部売上高又は振替高

21

1

22

△22

38,683

3,473

2,346

44,501

△22

44,479

セグメント利益

7,738

168

252

8,158

△934

7,224

セグメント資産

12,130

2,904

782

15,816

7,648

23,464

その他の項目

 

 

 

 

 

 

減価償却費

209

5

19

233

25

258

のれん償却額

96

118

215

215

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

159

3

90

252

182

434

 

(注) 1.セグメント利益調整額△934百万円には、セグメント間取引消去△26百万円、各報告セグメントに配賦していない全社費用△908百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

3.セグメント資産の調整額7,648百万円は、主に当社本社での長期投資資産(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

4.減価償却費の調整額25百万円は、主に当社本社での建物及び構築物とソフトウエアの償却額であります。

5.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整182百万円は、主に当社本社での建物及び構築物と新システムに係る工具、器具及び備品とソフトウエアであります。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自2018年1月1日  至2018年12月31日)
1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自2019年1月1日  至2019年12月31日)
1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
前連結会計年度(自2018年1月1日  至2018年12月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自2019年1月1日  至2019年12月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
前連結会計年度(自2018年1月1日  至2018年12月31日)

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

短期業務
支援事業

営業
支援事業

警備・
その他事業

当期償却額

39

121

160

160

当期末残高

808

337

1,146

1,146

 

 

当連結会計年度(自2019年1月1日  至2019年12月31日)

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

短期業務
支援事業

営業
支援事業

警備・
その他事業

当期償却額

96

118

215

215

当期末残高

724

219

943

943

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
前連結会計年度(自2018年1月1日  至2018年12月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自2019年1月1日  至2019年12月31日)

該当事項はありません。

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)会社の経営の基本方針

当社グループは、「持続的な企業価値の向上」を重要な経営課題の1つとして位置付けております。

「企業価値の向上」は、株主及び投資家の皆様による当社への期待収益を反映した資本コストを上回るROEを実現することであるという考えのもと、ROEを「企業価値の向上」を示す目標指標とし、資本効率を重視した経営を実践してまいります。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループは、「企業価値の向上」を示す目標指標をROE20%以上にすると共に、財務の健全性を確保しつつ必要な成長投資を行うための適切な負債水準を維持するためデットエクイティレシオ0.5倍を上限とする方針とし、資本効率を重視した経営を実践すると共に、財務の健全性を確保しながら収益性、成長性のバランスを重視し、企業価値の最大化を図ってまいります。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略

当社グループは、コンプライアンス最優先を経営の基本に据え、持株会社機能を最大限活用したグループ全体のコーポレートガバナンスの徹底及び「短期業務支援事業」を軸とした持続成長可能な事業基盤の確立に取り組んでまいります。

2016年12月期からスタートした「中期経営計画(2016年~2020年)」では、短期事業の更なる強化及び警備事業の拡大を優先的な取組みとし、また、新規事業の検討及びグローバル展開の準備を副次的な取り組みとして構築した基盤に基づき、中期経営計画の最終年度である2020年において過去最高益(※)の更新を目指してまいりました。

その結果、前連結会計年度において、中期経営計画最終年度の営業利益目標である50億円を、2年前倒しで達成し、2019年12月期~2020年12月期の計画値を見直し、更に「2019年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」における業績予想において2020年12月期計画値を上方修正しております

なお、売上高及び利益等の数値目標を見直しておりますが、中期経営計画の前提条件及び経営戦略並びに主要な経営指標の目標水準に関しては、変更はございません。

※ 2006年9月期 営業利益47.2億円

 

(4)会社の対処すべき課題

当社グループは「持続的な企業価値の向上」を実現するために、2016年12月期を初年度とする「中期経営計画(2016年~2020年)」を策定し、その実現に向けて取り組んでおります

計画最終年度となる2020年12月期は、「短期業務支援事業の拡充及び周辺領域の刈り取りを推進し、中期経営計画における最終年度目標を達成する」を主たる経営課題とし、更なる事業成長を目指してまいります。

 

①持続的な企業価値の向上

当社グループは、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (1)会社の経営の基本方針」に記載したとおり、「持続的な企業価値の向上」を重要な経営課題の1つとして位置付け、当社グループの主力事業である短期業務支援事業における「紹介」及び「BPO」サービスの更なる収益拡大を実現すると共に、株主還元を継続して行うことで適正な株主資本の額を維持し、資本効率性を重視した経営の実践に取り組んでまいります。

また、引き続きコンプライアンス最優先の経営を推進し、その維持・向上に努めると共に、全てのステークホ
ルダーからの信頼構築を最優先事項として事業に取り組んでまいります。

 

②「中期経営計画(2016年~2020年)」の実現

当社グループは、2016年12月期を初年度とする5か年計画である「中期経営計画(2016年~2020年)」を策定し、その実現に向けて取り組んでおります

今期は、主要KPIである営業利益、経常利益、人件費1円あたり売上総利益が、修正中期経営計画4年目である2019年12月期の目標を超過いたしました。また、稼働者数は、2019年12月期の目標には届かなかったものの、営業利益目標を達成するに足る稼働者数を確保いたしました。以上の経緯を踏まえ、2020年12月期は、2019年2月8日に発表した修正中期経営計画における2020年12月期目標を更に上方修正し、その達成を目指してまいります

 

    修正中期経営計画 4年目の実績

 

2019年12月期

目標

2019年12月期

実績

達成率

営業利益

68億円

72億円

105.8%

経常利益

69億円

71億円

101.9%

稼働者数

293,000

283,244

96.7

人件費1円あたり売上総利益

2.6円

2.7円

103.8

 

(注) 修正中期経営計画上の稼働者数目標及び2019年12月期実績の稼働者数は、株式会社フルキャスト、株式会社トップスポット、株式会社ワークアンドスマイル、株式会社フルキャストシニアワークス、株式会社フルキャストポーター及び株式会社フルキャストグローバル並びに株式会社フルキャストアドバンスの短期業務支援事業における、BPOを除くサービスに就業したユニーク人数です。

 

(ご参考)

修正中期経営計画(2019年2月8日公表)の概要は次の通りです。 

a) 数値目標

 

2018年12月期

実績

2019年12月期

目標

 2020年12月期

 目標

営業利益

59億円

68億円

79億円

経常利益

53億円

69億円

80億円

稼働者数

266,421人

293,000人

320,000人

人件費1円あたり売上総利益

2.6円

2.6円

2.6円

 

 

b) 主要な経営指標

 以下の通り、変更はございません。

 

  「持続的な企業価値の向上」を実現するための指標 : ROE20%以上維持

  「株主還元」に係る指標             : 総還元性向50%

  「資本政策の基本方針」を支える指標       : デッドエクイティレシオ0.5倍以下

  以上の指標を達成することにより、「持続的な企業価値向上」を実現する。 

 ※「ROE」及び「総還元性向」で使用する当期純利益は、繰越欠損金に対する繰延税金資産の計上に伴う法人税等調整額の影響を除いた親会社株主に帰属する当期純利益(調整後当期純利益)でありましたが、2018年12月期に繰越欠損金を解消したことから、2019年12月期以降は当該影響の調整は行っておりません。

 

c) 対象期間、経営理念及び目標、中期経営計画最終年度に向けた戦略

 変更はございません。

 

 

③2020年12月期目標

当社グループは、「短期業務支援事業の拡充及び周辺領域の刈り取りを推進し、中期経営計画における最終年度目標を達成する」を2020年12月期の目標とし、主力事業である短期業務支援事業の拡充に注力し、加えて、周辺領域の刈り取りを推進することでフルキャストグループ全体の収益を伸張させ増収を果たすと共に、継続してグループ全体の業務効率化を推し進め生産性を高めることで、2019年2月8日に発表した修正中期経営計画における2020年12月期目標を更に上方修正し、達成を目指すため2020年12月期は以下の施策に取り組んでまいります

 

a)「顧客接点の強化

規出店の継続(年間10拠点程度)

東京オリンピックに向けた短期需要の獲得

BPOサービス専従営業要員拡充

b)「求人効率及び稼働率の改善

自社メディアの強化及びメディアを活用することによる採用効率の追求

稼働率改善に向けたマーケティング活動強化

c)「M&A及び新設子会社に係るサービス拡充並びにグローバル事業推進

特定技能外国人紹介サービス及び外国人受入れ支援サービスの推進

M&A及び新設子会社に対する採用及び人的支援の拡充と営業連携強化

家事代行サービスに関する中国地場企業との提携

 

2 【事業等のリスク】

当社グループにおける事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項をここに記載しております。なお、投資者に対する積極的な情報開示の観点から、事業上のリスクに必ずしも該当しないと考えられる事項であっても投資者が投資判断をするうえで、あるいは当社グループの事業活動を理解するうえで重要であると考えられる事項を含めて記載しております。当社グループは、リスク発生の可能性の認識及び発生の回避並びに発生した場合における対応に最大限の努力を払う所存であります。下記事項には、将来に係るリスク要因が含まれておりますが、これらの事項は当有価証券報告書の提出日現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1) グループの事業展開方針について

当社グループは、コーポレートガバナンスを強化すると共に、経営戦略の決定及び戦術実行の迅速化を図ることで企業競争力の強化に努めておりますが、これらの決定及び実行に予想以上の時間を要した場合や、収益への貢献が計画どおり進まなかった場合には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

短期業務支援事業においては、2012年10月1日に施行された労働者派遣法改正法に対応した、「アルバイト紹介」及び「アルバイト給与管理代行」等を展開しております。また、新たなサービスとして、「マイナンバー管理代行サービス」及び「年末調整事務代行サービス」等のBPOサービスを提供しております。加えて、連結子会社である株式会社BODの「バックオフィス系BPOサービス」や、ミニメイド・サービス株式会社の「家事代行サービス」を提供しておりますが、これらの事業収益が見込みどおりに推移しない場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

営業支援事業においては、通信商材等の営業支援、コールセンター業務などを展開しておりますが、同事業の事業収益が見込みどおりに推移しない場合、多額の資金投入を要する場合、販売商品の商品力が低下した場合等には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

今後、当社グループは、既存事業の強化に加えて、新会社の設立や、M&A、業務提携等の手法により、新たな事業を開始する可能性がありますが、新規事業には不確定要因が多く、当該新規事業に係る法的規制や当社グループを取り巻く環境の変化等により、当初期待したシナジー効果が得られず、事業収益が見込みどおりに推移しない場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

また、海外企業の買収によって、当社グループには為替リスク、買収先企業の事業に適用される現地規制に係るリスク及びカントリーリスクが生じます。これらリスクが具現化した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

なお、当社グループは事業シナジーが見込まれない関係会社株式や投資有価証券は売却する方針でありますが、株式保有先の業績悪化による時価又は実質価額の著しい下落などにより、関係会社株式及び投資有価証券並びにのれんに係る減損処理を行うこととなった場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 法的規制について

① 法的規制の変更について

当社グループが行う事業に適用される労働者派遣法、労働基準法、職業安定法、労働者災害補償保険法、健康保険法及び厚生年金保険法、行政手続における特定個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)、出入国管理及び難民認定法(入管法)、電気事業法、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)、その他の関係法令について、労働市場を取り巻く社会情勢の変化などに伴って、改正ないしは解釈の変更などが実施される場合、その内容によっては、当社グループが行う事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

② アルバイト紹介事業について

当社グループでは、職業安定法に基づき、厚生労働大臣の許可を受け有料職業紹介事業を行っております。許可の有効期間は5年であり、更新が必要となった際に第31条の許可の基準に適合せず非継続となった場合、また第32条に定められた許可の欠格事由に該当した場合や許可の取り消し事由に該当した場合には、サービスの提供を継続することができなくなることから、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 派遣事業について

当社グループでは、労働者派遣法に基づき、厚生労働大臣の許可を受け労働者派遣事業を行っております。許可の有効期間は5年であり、更新が必要となった際に第7条の許可の基準に適合せず非継続となった場合、また、関係法令違反や、第6条に定められた許可の欠格事由に該当した場合及び第14条に定められた許可の取り消し事由に該当した場合には、許可の取消、事業廃止命令または事業停止命令を受けることがあります。

当社グループでは、企業コンプライアンス及びリスクマネジメントの強化を図り法令違反を未然に防止するよう努めておりますが、将来何らかの理由により許可の取消等があった場合には、サービスの提供を継続することができなくなることから、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

④ アルバイト給与管理代行等各種事務代行事業について

当社グループにおいては、業務委託契約に基づき、当該契約の顧客企業から独立して委託を受けた業務を行っておりますが、委託業務の未完了や報告遅延により損害賠償債務を負う可能性があります。損害賠償金額によっては、事業効率化などの内部努力によるコスト削減などによって吸収できない場合、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑤ 請負事業について

当社グループにおいては、請負契約に基づく請負事業者として、当該契約の顧客企業から独立して請け負った業務を完遂しております。その業務の遂行にあたっては、労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(昭和61年労働省告示第37号)その他の関係法令に従っております。

請負事業の特性上、生産性のリスクや不良品発生リスクを負っておりますが、このことに対し、事業効率化などの内部努力によるコスト削減などによって吸収できない場合、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑥ 社会保険料負担について

2016年10月1日より、短時間労働者に対する健康保険及び厚生年金保険(社会保険)の適用範囲が拡大されました。当該法改正に伴う連結業績への影響は軽微でありますが、今後、法改正により社会保険及び雇用保険の適用範囲が更に拡大された場合や、顧客企業における人材不足が恒常化し、短期的な人材ニーズがより長期化することで、派遣事業及び請負事業が拡大した結果、社会保険被保険者が増加した場合には、社会保険料負担額が増加することとなります。また、取得・喪失手続きの処理対象件数自体が増加し、事務処理費用が増加する可能性があります。これらに対し、顧客に対する請求金額への転嫁や業務効率化などの内部努力によるコスト削減などによって吸収できない場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 景気の動向について

当社グループの短期業務支援事業を軸とした事業構成は、構造的な要因により働き手不足が継続する現環境下において、景気動向の影響は受けにくくなってきてはいますが、当社グループの想定を上回る景気の悪化等があった場合、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 顧客企業及びスタッフのデータベース管理について

当社グループは、顧客企業のニーズに合った最適任者の迅速なマッチングを行い、スタッフ配置の効率化を図るため、スタッフの勤務態度や職種ごとの経験並びに顧客企業に関する情報などをデータベース化し管理しております。

データベース化した情報は、サーバーの故障などに備えバックアップを行っており、またサーバー自体は万が一のトラブルに陥った場合に備え複数台での冗長化された構成にて運用しておりますが、地震などの災害、サイバー攻撃、人為的なミスやその他の原因によりサーバーが同時に停止するなどのトラブルが発生し、システムが停止する事態に陥った場合、業務に支障をきたす結果となり、当社グループの事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。

今後とも必要に応じて情報化投資を進め、コストやサービス面での差別化を図っていく計画でありますが、これらの投資が必ずしも今後の売上増加に結びつくとは限らず、投資効率が悪化する可能性があります。

個人情報を含むデータの管理につきましては、明確な取扱基準を定めるとともに、システムに対するアクセス権限の厳格化や内部監査の強化などを通じて、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、改ざん、漏洩等の予防に努めておりますが、何らかの原因により情報が漏洩する事態が発生した場合、当社グループに対する社会的信用が失墜し、売上高の減少や損害賠償の請求などをもたらす結果となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) スタッフに係る業務上の災害及び取引上のトラブルについて

① アルバイト紹介事業について

求人に応募したスタッフの選定において、当社の過失により顧客先企業の求人条件を逸脱したスタッフを選定し、紹介した場合に、顧客先企業より契約違反により訴訟の提起またはその他の請求を受ける可能性があります。当社グループは、法務担当者を配して法的危機管理に対処する体制を整えておりますが、訴訟の内容及び金額によっては当社グループの事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

② 派遣事業について

スタッフが派遣先での業務遂行に際して、または派遣先での業務に起因して、死亡、負傷した場合、または疾病にかかった場合には、労働基準法及び労働者災害補償保険法その他の関係法令上、使用者である当社グループに災害補償義務が課せられます。(なお、顧客企業にあたる派遣先事業主には、労働安全衛生法上の使用者責任があり、スタッフに対して民事上の安全配慮義務があります。)

当社グループは、スタッフに対する安全衛生教育を徹底するとともに、怪我や病気を未然に防ぐため、作業に関する注意事項の掲示及び配布を実施することで、安全に対するスタッフの意識向上を促しております。また、労働者保護の観点から、労災上積保険として、事業総合賠償責任保険などに加入しておりますが、これらの保険がカバーする範囲を超える災害が万が一発生した場合、労働契約上の安全配慮義務違反や不法行為責任などを理由に、当社グループが損害賠償責務を負う可能性があります。

 また、スタッフによる派遣先での業務遂行に際して、スタッフの過失による事故や顧客企業との契約違反またはスタッフの不法行為により訴訟の提起またはその他の請求を受ける可能性があります。当社グループは、法務担当者を配して法的危機管理に対処する体制を整えておりますが、訴訟の内容及び金額によっては当社グループの事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 従業員確保と定着について

当社グループでは、従業員の定着を図るため、従業員研修の充実化や、従業員のモチベーションを向上させるための施策などに取り組んでおりますが、今後、当社グループの人材が必要以上に流出するような場合には、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) 為替リスクについて

当社グループでは、海外事業者との営業取引や海外関係会社からの受取配当金の受取等の外貨建て取引において、現地通貨により取引を行っているため、日本円に換算する際の為替変動リスクを負っています。また、海外関係会社の財務諸表は原則として現地通貨で作成後、連結財務諸表作成のため円換算されております。したがって、決算時の為替レートにより、現地通貨における価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が当社グループの経営成績及び財務諸表に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(8) 会計制度、税制等の変更について

当社グループが予期しない会計基準や税制の新たな導入、変更により、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

2 【沿革】

1990年9月

東京都港区に㈱リゾートワールドを設立。

1992年9月

商号を㈱フルキャストとする(現社名㈱フルキャストホールディングス)。

1992年10月

短期業務請負業を開始。

1994年10月

東京都渋谷区に本社を移転。

1995年1月

大阪市中央区の㈱フルキャスト大阪(注)とフランチャイズ契約を締結。

1995年9月

東京都新宿区に㈱成和サービス(注)を設立。

1996年1月

東京都小平市に㈱エントリー(注)を設立。

1997年10月

㈲フルキャストレディ(注)(1999年10月に株式会社に改組)を設立。

1998年5月

㈱神奈川進学研究会を㈱フルキャストウィズに改称。

1998年10月

㈱フルキャストウィズ一般労働者派遣業 許可取得。

1999年1月

ファクトリー事業部を新設、工場ライン請負事業を開始。

 

㈲フルキャストレディ(注)一般労働者派遣業 許可取得。

1999年4月

㈱フルキャストウィズ職業紹介事業 許可取得。

1999年6月

㈱フルキャスト大阪(注)、㈱エントリー(注)、㈱デュアル・サポート(注)を吸収合併。

1999年11月

㈱フルキャストシステムコンサルティング(注)を設立。

2000年3月

フルキャスト人事コンサルティング㈱(注)を設立、同年4月に㈱フルキャストウィズの人事コンサルティング事業部を譲受、事業を開始。

2000年9月

㈱フルキャストファクトリーを設立、同年10月にファクトリー事業部を譲受、事業を開始。

2001年6月

株式を店頭市場(現・東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。

2002年4月

セントラル自動車㈱、大昌工業㈱との合弁により㈱フルキャストセントラルを設立し、自動車部門に特化した工場ライン請負事業を開始。

2002年10月

㈱フルキャストウィズと㈱フルキャストシステムコンサルティングが合併し、㈱フルキャストテクノロジーに改称。

 

㈱フルキャストレディの営業の一部を吸収分割により承継。㈱フルキャストレディはオフィス系短期業務請負・派遣に特化し、㈱フルキャストオフィスサポート(注)に改称。

2003年1月

㈱フルキャストオフィスサポート(注)職業紹介事業 許可取得。

 

フルキャスト人事コンサルティング㈱が㈱フルキャストオフィスサポート(注)と合併。

2003年9月

株式を東京証券取引所市場第二部に上場。

2004年6月

㈱アパユアーズを株式交換により完全子会社化。

2004年7月

㈱フルキャストテクノロジー一般労働者派遣業 許可取得。

2004年9月

東京証券取引所市場第一部銘柄に指定を受ける。

2004年10月

㈱フルキャストファイナンスを設立。

2004年11月

一般労働者派遣業 許可取得。

2005年3月

㈱ヒューマン・リソーセス総合研究所(注)を株式譲受により完全子会社化。
東北楽天ゴールデンイーグルスホームスタジアム「フルキャストスタジアム宮城」命名権取得(2007年10月に契約解消と愛称の使用を辞退)。

2005年6月

ADR(米国預託証券:American Depositary Receipt)プログラム設立。

2005年10月

㈱フルキャストオフィスサポートが㈱ヒューマン・リソーセス総合研究所と合併し、㈱フルキャストHR総研(注)に改称。

 

アジアパシフィックシステム総研㈱を第三者割当増資及び株式譲受により子会社化。
㈱フルキャストテクノロジーがJASDAQ証券取引所(現・東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。

2006年5月

日本相互警備保障㈱(現社名㈱フルキャストアドバンス(現・連結子会社))を株式譲受により完全子会社化。

2006年6月

㈱エグゼアウトソーシング(現社名㈱エフプレイン(現・連結子会社))を株式譲受により完全子会社化。

2007年5月

㈱インフォピーを株式交換により完全子会社化。

2007年6月

ネットイットワークス㈱を株式譲受等により子会社化。

2007年7月

㈱アパユアーズの全保有株式を創業者に譲渡。

2008年10月

会社分割により純粋持株会社体制へ移行し、商号を㈱フルキャストホールディングスとする。なお、営業に関する全事業は、㈱フルキャストHR総研(注)が承継。

2008年11月

キヤノン電子㈱によるアジアパシフィックシステム総研㈱の株式公開買付けに応募し、全保有株式を譲渡。

2009年3月

㈱インフォピーの全保有株式を譲渡。

2009年5月

㈱フルキャストファイナンスの全保有株式を譲渡。

2009年6月

㈱フルキャストファクトリー、㈱フルキャストセントラルの全保有株式を譲渡。

2009年8月

ネットイットワークス㈱の全保有株式を譲渡。

2010年6月

当社並びにグループ会社の本社機能を統合(㈱フルキャストテクノロジー、㈱イーストコミュニケーション(現社名㈱エフプレイン(現・連結子会社))、㈱エーコーシステム(現社名㈱エフプレイン(現・連結子会社))を除く)。

2011年5月

㈱フルキャストマーケティング(現社名㈱エフプレイン(現・連結子会社))の株式を一部譲渡及び同社が実施した第三者割当増資により持分法適用関連会社へ異動。

 

㈱夢真ホールディングスによる㈱フルキャストテクノロジーの株式公開買付に応募し、全保有株式を譲渡。

2012年4月

㈱おてつだいネットワークス(現・連結子会社)を株式譲受により完全子会社化。

2012年10月

労働者派遣法改正法の施行により㈱フルキャスト、㈱トップスポットにおいて「アルバイト紹介」及び「アルバイト給与管理代行」サービス開始。

2016年1月

「マイナンバー管理代行」サービスを開始。

2016年2月

㈱ワークアンドスマイルを設立し、同年7月に事業を開始。

2016年3月

㈱ビートの株式を取得し、持分法適用関連会社化。

2016年8月

㈱ディメンションポケッツの株式を取得し、連結子会社化。

2016年10月

「年末調整事務代行」サービスを開始。

2016年11月

㈱フルキャストシニアワークスを設立し、2017年3月に事業を開始。

2017年1月

持分法適用関連会社の㈱エフプレインの株式を取得し、連結子会社化。

2017年3月

㈱フルキャストポーターを設立し、同年7月に事業を開始。

2017年5月

「住民税更新事務代行」サービスを開始。

2018年1月

㈱BODの株式を取得し、連結子会社化。

2018年6月

㈱デリ・アートの株式を取得し、持分法適用関連会社化。

2018年6月

㈱フルキャストグローバルを設立し、同年10月に事業を開始。

2018年8月

Advancer Global Limitedの株式を取得し、持分法適用関連会社化。

2018年8月

ミニメイド・サービス㈱の株式を取得し、連結子会社化。

2019年3月

日本電気サービス㈱の株式を取得し、持分法適用非連結子会社化。

2019年8月

㈱Fullcast Internationalを設立し、同年12月に事業を開始。

2019年12月

㈱ディメンションポケッツの全保有株式を譲渡。

 

 

(注)現社名㈱フルキャスト(現・連結子会社)

(5) 【所有者別状況】

(2019年12月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

27

17

30

156

8

3,924

4,162

所有株式数
(単元)

67,321

9,026

188,681

74,072

52

45,663

384,815

4,900

所有株式数
の割合(%)

17.49

2.35

49.03

19.25

0.01

11.87

100.00

 

(注) 1. 自己株式1,328,352株は、「個人その他」に13,283単元、「単元未満株式の状況」に52株含まれております。

 2. 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が10単元含まれております。

 

 

3 【配当政策】

当社は、総還元性向50%を目標とし、株主への利益還元の充実化を図る方針であります。

今後も、収益力を強化し、経営効率の一層の向上を図ると共に、配当と自己株式取得を合わせた総還元性向50%を目標とした株主還元を実施することにより、ROE20%以上を「企業価値の向上」を示す目標指標とし、その実現を目指してまいります。

当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当、期末配当共に取締役会であります。

当期の配当につきましては、当社の持分法適用関連会社であるAdvancer Global Limited株式に係る株価の下落に伴う減損(持分法による投資損失)の計上の影響を除いた親会社株主に帰属する当期純利益に対する総還元性向50%の考えに基づき、前期比8円増配、配当予想比2円増配となる1株当たり40円の配当を通期で実施し、期末では1株につき21円の配当(配当予想比2円増配)及び株式の取得価額の総額991,817,600円を上限に自己株式の取得を実施することを2020年2月7日開催の取締役会で決議しております。その結果、2019年12月期の上記の考えに基づく総還元性向は50.0%となりますが、親会社株主に帰属する当期純利益に対する総還元性向は53.4%となる予定であります

内部留保につきましては、今後の事業展開への備えとシステムの整備及び社員教育といった社内体制の充実等に充当することにより、継続的な成長を実現するための事業基盤整備に努める予定であります。

なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

2019年8月9日

取締役会決議

706

19

2020年2月7日

取締役会決議

780

21

 

 

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0.0%) 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数
(株)

取締役
会長

平 野 岳 史

1961年8月25日生

1984年4月

株式会社ハーベストフューチャーズ入社

1990年9月

株式会社リゾートワールド(現 株式会社フルキャストホールディングス)設立 代表取締役社長

2006年7月

株式会社フルキャストマーケティング(現株式会社エフプレイン)代表取締役社長

2007年9月

当社取締役

2009年12月

当社取締役相談役

2015年3月

当社取締役会長(現任)

2017年4月

株式会社エフプレイン代表取締役会長
(現任)

2018年10月

Advancer Global Limited Director
(現任)

(注)2

代表
取締役
社長
CEO

坂  巻  一  樹

1970年9月30日生

1989年4月

株式会社エーアイ通商入社

1995年2月

株式会社フルキャスト(現 株式会社フルキャストホールディングス)入社

2005年10月

株式会社フルキャストHR総研(現 株式会社フルキャスト)代表取締役

2007年10月

株式会社フルキャスト執行役員業務推進部長

2008年10月

同社執行役員東海・関西営業部長

2009年6月

同社代表取締役

2011年12月

当社取締役

2013年1月

株式会社フルキャスト代表取締役社長
(現任)

2014年1月

当社代表取締役社長CEO(現任)

(注)2

101,926

取締役

石 川 敬 啓

1967年7月22日生

1990年9月

株式会社リゾートワールド(現 株式会社フルキャストホールディングス)専務取締役

2000年9月

株式会社フルキャストファクトリー代表取締役

2006年4月

株式会社フルキャストセントラル代表取締役

2012年1月

株式会社スタートライン取締役(現任)

2012年5月

株式会社ビート代表取締役社長

2014年12月

ビートテック株式会社代表取締役社長

2016年3月

当社取締役(現任)

2016年4月

株式会社ビート代表取締役会長(現任)

2017年1月

ビートテック株式会社代表取締役会長
(現任)

(注)2

154,600

取締役

貝 塚 志 朗

1961年10月3日生

1990年9月

株式会社リゾートワールド(現 株式会社フルキャストホールディングス)専務取締役

2002年5月

株式会社フルキャストテクノロジー(現 株式会社夢テクノロジー)代表取締役

2002年10月

有限会社インタービズ取締役(現任)

2010年2月

株式会社リアヴィオ代表取締役(現任)

2013年9月

株式会社ディメンションポケッツ代表取締役(現任)

2016年4月

合同会社IPM代表社員(現任)

2016年6月

合同会社One Suite代表社員
(現任)

2017年3月

当社取締役(現任)

(注)2

125,200

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数
(株)

取締役
常勤監査等委員

佐々木  孝  二

1945年8月2日生

1966年4月

東京国税局 入局 総務部総務課勤務 以後各税務署にて勤務

1984年12月

税理士試験合格

1995年6月

中野税務署特別国税調査官で退官

1995年9月

佐々木税務会計事務所開設

1999年12月

当社社外監査役

2008年9月

株式会社フルキャストHR総研(現 株式会社フルキャスト)監査役

2016年3月

当社取締役(常勤監査等委員)(現任)

(注)3

9,600

取締役
監査等委員

上 杉 昌 隆

1965年7月31日生

1995年4月

弁護士登録(東京弁護士会)

1999年4月

上杉法律事務所開設

2003年6月

アムレック法律会計事務所共同経営者

2003年6月

デジタルアーツ株式会社監査役

2004年6月

ネクスステック株式会社監査役

2012年12月

株式会社エフプレイン社外監査役

2013年12月

株式会社セレス社外監査役(現任)

2014年11月

株式会社Aiming社外監査役(現任)

2015年3月

桜田通り総合法律事務所開設(共同経営者・現任)

2016年3月

当社取締役(監査等委員)(現任)

2016年6月

デジタルアーツ株式会社取締役(監査等委員)(現任)

(注)3

取締役
監査等委員

戸 谷 英 之

1979年1月5日生

2003年10月

新日本監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)入所

2007年6月

公認会計士登録

2007年7月

清和監査法人(現 RSM清和監査法人)パートナー

2013年6月

株式会社エフプレイン社外監査役

2014年7月

株式会社いちごホールディングス社外監査役(現任)

2015年12月

株式会社エフプレイン監査役(現任)

2016年3月

当社取締役(監査等委員)(現任)

2016年7月

清和監査法人(現 RSM清和監査法人)代表社員(現任)

(注)3

391,326

 

 

(注) 1.取締役 佐々木孝二、上杉昌隆及び戸谷英之は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

2.監査等委員以外の取締役の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2020年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

3.監査等委員である取締役の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4.監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
委員長 佐々木 孝二  委員 上杉 昌隆  委員 戸谷 英之

5.代表取締役 坂巻一樹の所有株式数には、フルキャストホールディングス役員持株会における持分を含めた実質持ち株数を記載しております。

 

②社外役員の状況

A. 社外取締役の人的関係、資本的関係又は取引関係のその他の利害関係の概要

社外取締役3名につきましては、当社株式を以下のとおり保有しております。

(2020年3月30日現在)

会社における地位

氏名

持株数(株)

常勤監査等委員

佐々木 孝 二

9,600

監査等委員

上 杉 昌 隆

監査等委員

戸 谷 英 之

 

 

戸谷英之氏の兼職先である株式会社エフプレインは、当社の連結子会社であります。

その他の当社社外役員の重要な兼職先と当社との間に特別な利害関係はありません。

 

B. 社外取締役の機能及び役割並びに選任状況に対する考え方

当社においては、社外取締役を選任するにあたり、以下の考え方に基づき選任しております。

(社外取締役)

・社外取締役は、業務執行全般の監督機能強化及び経営の透明性を確保する観点からガバナンスの豊富な経験及びその専門性並びに経営に対する客観性を鑑み、適任である人物を選任する。

・社外取締役の選任目的に適うよう、新たな社外取締役の選任においては、株式会社東京証券取引場が定める独立役員の独立性の判断基準に加えて、当社独自の「社外役員の独立性に関する基準」に基づき、その独立性を客観的に判断する。

・企業経営者を社外取締役とする場合は、当該取締役の本務会社との取引において利益相反が生じる可能性もあるが、個別案件での利益相反には取締役会での手続きにて適正に対処する。

 

(参考)社外役員の独立性に関する基準

 当社は、コーポレートガバナンス強化の一環といたしまして、当社の社外取締役について、以下のとおり、当社が独立性を判断するための基準を定めております。

 

《役員の独立性要件》
 当社の独立役員は、会社法及び会社法施行規則に定める社外取締役であるとともに、株式会社東京証券取引所など国内の金融商品取引所が定める独立性要件に加えて、以下の要件を満たす者をいう。
 

 1. 以下のいずれにも該当しない者

(1)当社の親会社の業務執行者又は業務執行者でない取締役

(2)当社の兄弟会社の業務執行者

(3)当社又は当社子会社(以下、「当社グループ」という。)を主要な取引先とする者又はその業務執行者

(4)当社グループの主要な取引先又はその業務執行者

(5)当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者をいう。)

(6)最近1年間において、上記(1)から(5)までのいずれかに該当していた者

(7)次の①から③までのいずれかに掲げる者(重要でない者を除く)の二親等以内の親族

   ① 上記(1)から(6)に掲げる者

   ② 当社の子会社の業務執行者

   ③ 最近1年間において、②又は当社の業務執行者に該当していた者

 2. 独立役員としての職務を果たすことが出来ない、その他の事情を有していないこと。

 3. 上記1から2のいずれかに該当する場合であっても、当該人物が実質的に独立性を有すると判断した場合には、社外役員選任時にその理由を説明・開示することで、独立役員として選任することができる。
 

注 1.「業務執行者」とは、業務執行取締役、執行役、執行役員その他の使用人をいう。

2.「主要な取引先」とは、当社グループとの取引において、支払額又は受取額が、当社グループ又は取引先の直近事業年度における年間連結売上高の2%以上を占めている企業をいう。

3.「当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ている」とは、直近事業年度において役員報酬以外に、当社グループから1,000万円以上の金銭その他の財産上の利益を得ている者をいう。

 

 

 

 

監査等委員である社外取締役佐々木孝二氏、上杉昌隆氏及び戸谷英之氏については、業務執行全般の監督機能強化及び経営の透明性を確保する観点から、ガバナンスの豊富な経験及びそれぞれが有する専門性、経営に対する客観性を鑑み、適任であるとの判断から選任しております。なお、株式会社東京証券取引所が企業行動規範の「遵守すべき事項」として規定している独立役員(一般株主と利益相反が生じる恐れのない社外取締役又は社外監査役をいう。)として指定し、同証券取引所に届け出ています。

なお、佐々木孝二氏については税理士の資格を、上杉昌隆氏については弁護士の資格を、戸谷英之氏については公認会計士の資格を有しております。

 

③監査等委員である社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

監査等委員である社外取締役は取締役会において、議案・審議等に必要な発言を適宜行うと共に、取締役(監査等委員であるものを除く。)の職務の執行及び取締役会決議における意思決定過程が適正であるかどうか等の観点から、議案・審議等につき、必要に応じ、意見を述べております。

監査等委員と内部監査部門は、監査計画の策定や内部監査の結果報告等を通じて相互の連携を図っております。また、監査等委員会において、会計監査人でありますPwCあらた有限責任監査法人より、監査計画、監査結果等の詳細な説明が適時行われております。

内部統制部門(人事・法務部)は、内部統制の整備・運用状況の有効性評価の結果を取りまとめ、取りまとめた結果を代表取締役社長CEOが、取締役会及び監査等委員会並びに会計監査人に適時に報告しております。また、財務報告に係る内部統制の重要な役割を担うものによる不正及び重要な内部統制の変更があった場合にも、取締役会及び監査等委員会並びに会計監査人に適時に報告しております。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名  称

住 所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関 係 内 容

(連結子会社)
 株式会社フルキャスト
(注3,6)

東京都
品川区

100

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

  株式会社トップスポット

東京都
品川区

113

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

  株式会社ワークアンドスマイル

東京都
品川区

80

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

  株式会社フルキャストシニアワークス

東京都
品川区

80

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・ 
 借入

 株式会社フルキャストポーター

東京都
品川区

80

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・ 
 借入

 株式会社フルキャストグローバル

東京都
品川区

80

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、業務受託、システム貸与等のサービスを提供しております。

・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・ 
 借入

株式会社Fullcast International

東京都
品川区

50

短期業務支援事業

51.0

・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名 

  株式会社おてつだいネットワークス

東京都
品川区

50

短期業務支援事業

100.0

・当社の賃借建物の一部を事務所
 用として転貸しております。
・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

 株式会社BOD

東京都
豊島区

20

短期業務支援事業

51.0

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・ 
 借入

 株式会社BOD・Alpha

東京都
豊島区

20

短期業務支援事業

51.0

(51.0)

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

 ミニメイド・サービス株式会社

東京都
渋谷区

30

短期業務支援事業

100.0

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・ 
 借入

 株式会社エフプレイン
 

東京都
港区

80

営業支援事業

78.2

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

・役員の兼任等:2名

 株式会社エムズライン

東京都
港区

1

営業支援事業

78.2
(78.2)

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

 株式会社FSP

東京都
港区

1

営業支援事業

78.2
(78.2)

・経営指導、システム貸与等のサービスを提供しております。

  株式会社フルキャストアドバンス

東京都
品川区

50

短期業務支援事業

100.0

・当社の賃借建物の一部を事務所
 用として転貸しております。
・経営指導、業務受託、システム
 貸与等のサービスを提供して
 おります。
・役員の兼任等:1名
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

警備・その他事業

  株式会社フルキャストビジネスサポート

東京都
品川区

9

全社

100.0

・当社の賃借建物の一部を事務所
 用として転貸しております。
・業務受託、システム貸与等の
 サービスを提供しております。
・資金援助等:運転資金の貸付・
 借入

(持分法適用関連会社)
 株式会社ビート


神奈川県
横浜市
 

50

業務請負
労働者派遣事業

30.0

・役員の兼任等:1名

 株式会社デリ・アート


東京都

千代田区

 

43

労働者派遣事業

20.0

 Advancer Global Limited

(注2)


シンガポール

 

百万シンガポールドル

 41

雇用サービス

施設管理サービス

25.8

・役員の兼任等:1名

(持分法適用非連結子会社)

 日本電気サービス株式会社

 東京都
港区

90

電気料金削減
サービス  

20.0

 

(注) 1. 連結子会社の主要な事業の内容欄には、事業の種類別セグメント区分の名称を記載しております。

2. Advancer Global Limitedの資本金については、2019年6月末現在の金額であります。

3. 特定子会社であります。

4.議決権の所有割合の( )内数字は、間接所有割合(内数)であります。

5.有価証券届出書または、有価証券報告書を提出している会社はありません。

6.株式会社フルキャストについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等                                 (単位:百万円)

 

株式会社フルキャスト

売上高

29,525

経常利益

4,673

当期純利益

3,214

純資産額

3,343

総資産額

7,570

 

 

※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

 

 

前第2四半期連結累計期間

 

当第2四半期連結累計期間

 

(自2019年1月1日

 

(自2020年1月1日

 

 至2019年6月30日)

 

 至2020年6月30日)

給与及び賞与

1,983

百万円

 

2,147

百万円

雑給

676

 〃

 

635

 〃

法定福利費

425

 〃

 

450

 〃

退職給付費用

35

 〃

 

52

 〃

地代家賃

420

 〃

 

470

 〃

求人費

252

 〃

 

133

 〃

貸倒引当金繰入額

5

 〃

 

△2

 〃

 

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度における設備投資額は434百万円であり、その主な内訳は、営業拠点の新規出店・移転に伴う有形固定資産の取得で138百万円、社内利用目的の各種ソフトウエア等購入に伴う無形固定資産の取得で208百万円であります。

 

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高
(百万円)

当期末残高
(百万円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

1,000

1,000

0.67

1年以内に返済予定の長期借入金

15

1年以内に返済予定のリース債務

2

2

1.50

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

237

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

6

4

1.50

2021年1月1日~

2023年6月30日

その他有利子負債

合計

1,261

1,006

 

(注)1.平均利率については、期末借入残高に対する加重平均利率を記載しております。

2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額

 

区分

1年超2年以内

(百万円)

2年超3年以内

(百万円)

3年超4年以内

(百万円)

4年超5年以内

(百万円)

 

リース債務

2

2

1

 

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値53,012 百万円
純有利子負債-10,274 百万円
EBITDA・会予6,173 百万円
株数(自己株控除後)36,708,548 株
設備投資額434 百万円
減価償却費258 百万円
のれん償却費215 百万円
研究開発費N/A
代表者代表取締役社長CEO  坂 巻 一 樹
資本金2,780 百万円
住所東京都品川区西五反田八丁目9番5号
会社HPhttps://www.fullcastholdings.co.jp/

類似企業比較