ブリヂストン【5108】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2017/1/52018/1/122018/3/232018/12/192019/3/252019/5/302019/10/312020/3/25
外国人保有比率30%以上20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満
親会社
役員数11人11人12人12人11人11人11人13人
社外役員数7人7人8人8人8人8人8人8人
役員数(定款)15人15人15人15人15人15人15人15人
役員任期1年1年1年1年1年1年1年1年
社外役員の選任--------
買収防衛××××××××
特になし
特になし
特になし
特になし
特になし
特になし
特になし
特になし
役員の状況

5【役員の状況】

男性15名 女性2名 (役員のうち女性の比率11.8%)

(1)取締役の状況

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

注3

取締役

 

取締役会長

津谷正明

1952年6月22日生

1976年4月 当社入社

2006年1月 当社社長室長

2006年3月 当社執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2011年9月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 CEO

2013年3月 当社代表取締役 CEO

兼 取締役会長

2016年3月 当社取締役 代表執行役 CEO

兼 取締役会長(現)

注2

34

取締役

西海和久

1950年7月29日生

1975年4月 当社入社

2004年4月 当社製造技術開発本部長

2005年1月 当社執行役員

2007年10月 当社常務執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2010年3月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 COO

2016年3月 当社取締役 代表執行役 COO(現)

注2

24

取締役

財津成美

1950年4月23日生

1973年4月 当社入社

2004年2月 当社生産技術管理本部長

2006年10月 当社執行役員

2010年3月 当社常務執行役員

2012年3月 当社取締役 常務執行役員

2013年1月 当社取締役 専務執行役員

2016年3月 当社執行役副社長

2017年1月 当社副社長執行役員

2017年3月 当社取締役(現)

注2

20

取締役

戸上賢一

1955年2月2日生

1977年4月 当社入社

2014年1月 当社経営監査室長

2014年3月 当社執行役員

2016年3月 当社取締役(現)

注2

7

取締役

注1

デイヴィス・

スコット

(Scott Trevor

 Davis)

1960年12月26日生

1990年4月 特殊法人日本労働研究機構

(現独立行政法人労働政策研究・

研修機構)専任研究員

2001年4月 麗澤大学国際経済学部

国際経営学科 教授

2006年4月 立教大学経営学部

国際経営学科 教授(現)

2011年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

翁 百合

1960年3月25日生

1984年4月 日本銀行入行

1992年4月 株式会社日本総合研究所入社

1994年4月 同主任研究員

2000年4月 同主席研究員

2006年6月 同理事

2014年3月 当社社外取締役(現)

2014年6月 株式会社日本総合研究所

副理事長(現)

注2

取締役

注1

増田健一

1963年1月11日生

1988年4月 弁護士(現)

1997年1月 アンダーソン・毛利法律事務所

(現アンダーソン・毛利・友常法律

事務所)パートナー(現)

2011年3月 当社社外監査役

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

注3

取締役

注1

山本謙三

1954年1月21日生

1976年4月 日本銀行入行

2002年2月 同金融市場局長

2003年5月 同ニューヨーク駐在参事

2003年12月 同米州統括役

兼 ニューヨーク事務所長

2005年7月 同決済機構局長

2006年7月 同金融機構局長

2008年5月 同理事

2012年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所 取締役会長(現)

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

照井惠光

1953年7月27日生

1979年4月 通商産業省(現経済産業省)入省

2008年7月 同大臣官房技術総括審議官

2011年1月 同関東経済産業局長

2012年4月 同地域経済産業審議官

2013年8月 特定非営利活動法人テレメータリング推進協議会 理事長(現)

2013年10月 一般財団法人化学物質評価研究機構主席研究員

2016年3月 当社社外取締役(現)

2016年6月 一般財団法人化学物質評価研究機構

理事(現)

注2

1

取締役

注1

佐々誠一

1953年10月12日生

1976年4月 株式会社第一勧業銀行

(現株式会社みずほ銀行)入行

(1978年6月退職)

1983年3月 公認会計士(現)

2008年6月 有限責任あずさ監査法人 専務理事

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

2

取締役

注1

柴洋二郎

1950年8月7日生

1974年4月 株式会社日本興業銀行

(現株式会社みずほ銀行)入行

2003年3月 株式会社みずほ銀行 常務執行役員

2005年4月 株式会社オリエンタルランド 顧問

2007年6月 同取締役 専務執行役員

2009年4月 同代表取締役 副社長執行役員

2013年4月 同取締役

2013年6月 株式会社アミューズ 社外取締役

2015年6月 同取締役副会長

2017年6月 同取締役 副会長執行役員(現)

2018年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

鈴木洋子

1970年9月21日生

1998年4月 弁護士(現)

1998年4月 髙城合同法律事務所入所

2002年11月 鈴木総合法律事務所

パートナー(現)

2018年3月 当社社外取締役(現)

注2

91

 

(注) 1 取締役のうちデイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、社外取締役であります。

     2 取締役の任期は、2018年3月23日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までです。

     3 千株未満の株式数を切捨てて表示しております。

     4 当社は指名委員会等設置会社であります。委員会の体制は、次のとおりであります。

指名委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

監査委員会:山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎、鈴木洋子、財津成美、戸上賢一

報酬委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

 

 

(2)執行役の状況

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

注2

代表執行役

CEO

津谷正明

1952年6月22日生

1976年4月 当社入社

2006年1月 当社社長室長

2006年3月 当社執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2011年9月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 CEO

2013年3月 当社代表取締役 CEO

兼 取締役会長

2016年3月 当社取締役 代表執行役 CEO

兼 取締役会長(現)

注1

34

代表執行役

COO

兼 CTO・技術分掌

西海和久

1950年7月29日生

1975年4月 当社入社

2004年4月 当社製造技術開発本部長

2005年1月 当社執行役員

2007年10月 当社常務執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2010年3月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 COO

2016年3月 当社取締役 代表執行役 COO(現)

注1

24

執行役

副社長

CQMO・品質経営・CSR分掌

兼 グローバル直需・グローバルビジネス

戦略分掌

兼 グローバルソリューション事業・化工品分掌

兼 グローバル鉱山・農機ソリューションカンパニー Chair

兼 化工品ソリューションカンパニー Chair

兼 グローバルソリューション事業管掌

兼 グローバル鉱山・農機ソリューションカンパニー CEO

石橋秀一

1954年1月19日生

1977年4月 当社入社

2004年1月 当社消費財タイヤ事業本部長

2005年1月 当社執行役員

2012年7月 当社常務執行役員

2014年1月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役副社長(現)

注1

9

執行役

副社長

日本タイヤ事業分掌

兼 日本タイヤ事業

SBU Chair

兼 グループ戦略企画分掌

兼 CFO・財務担当

江藤彰洋

1960年4月7日生

1986年4月 当社入社

2010年1月 当社経営企画本部長

2010年7月 当社執行役員

2012年9月 当社常務執行役員

2014年9月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役副社長(現)

注1

5

執行役

副社長

オリンピック・パラリンピック分掌

兼 多角化事業分掌

兼 ブリヂストンスポーツ株式会社

代表取締役会長

兼 ブリヂストンサイクル株式会社

代表取締役会長

西山麻比古

1954年4月27日生

1977年4月 当社入社

2004年1月 当社米州・欧州事業本部長

2005年1月 当社執行役員

2011年1月 当社常務執行役員

2013年1月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役副社長(現)

注1

15

執行役

専務

BRIDGESTONE

AMERICAS, INC.

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

ゴードン・

ナップ

(Gordon Knapp)

1960年2月19日生

2013年6月 BRIDGESTONE AMERICAS TIRE

OPERATIONS, LLC入社

2013年7月 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

取締役

兼 エグゼクティブ・バイスプレジ

デント

2014年3月 当社執行役員

2014年9月 当社常務執行役員

2018年1月 当社執行役専務(現)

注1

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

注2

執行役

専務

BRIDGESTONE EUROPE NV/SA

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

兼 COO

兼 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

取締役会長

パオロ・

フェラーリ

(Paolo Ferrari)

1970年4月10日生

2016年9月 BRIDGESTONE EUROPE NV/SA入社

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

2017年1月 当社常務執行役員

2018年1月 当社執行役専務(現)

注1

88

(注) 1 執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結後最初に招集される取締役会の終結の時までです。

     2 千株未満の株式数を切捨てて表示しております。

     3 略称の意味は、次のとおりです。

       CTO:Chief Technology Officer  CQMO:Chief Quality Management Officer

 

5【役員の状況】

男性14名 女性3名 (役員のうち女性の比率17.6%)

(1)取締役の状況

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

 

取締役会長

津谷正明

1952年6月22日生

1976年4月 当社入社

2006年1月 当社社長室長

2006年3月 当社執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2011年9月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 CEO

2013年3月 当社代表取締役 CEO

兼 取締役会長

2016年3月 当社代表執行役 CEO

兼 取締役会長(現)

注2

35,900

取締役

江藤彰洋

1960年4月7日生

1986年4月 当社入社

2010年1月 当社経営企画本部長

2010年7月 当社執行役員

2012年9月 当社常務執行役員

2014年9月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役 副社長

2019年1月 当社代表執行役 COO

兼 社長

2019年3月 当社取締役 兼 代表執行役

COO 兼 社長(現)

注2

5,400

取締役

注1

デイヴィス・

スコット

(Scott Trevor

 Davis)

1960年12月26日生

1990年4月 特殊法人日本労働研究機構

(現独立行政法人労働政策研究・

研修機構)専任研究員

2001年4月 麗澤大学国際経済学部

国際経営学科 教授

2006年4月 立教大学経営学部

国際経営学科 教授(現)

2011年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

翁 百合

1960年3月25日生

1984年4月 日本銀行入行

1992年4月 株式会社日本総合研究所入社

1994年4月 同主任研究員

2000年4月 同主席研究員

2006年6月 同理事

2014年3月 当社社外取締役(現)

2014年6月 株式会社日本総合研究所

副理事長

2018年4月 株式会社日本総合研究所

理事長(現)

注2

取締役

注1

増田健一

1963年1月11日生

1988年4月 弁護士(現)

1997年1月 アンダーソン・毛利法律事務所

(現アンダーソン・毛利・友常法律

事務所)パートナー(現)

2011年3月 当社社外監査役

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

山本謙三

1954年1月21日生

1976年4月 日本銀行入行

2003年12月 同米州統括役

兼 ニューヨーク事務所長

2005年7月 同決済機構局長

2006年7月 同金融機構局長

2008年5月 同理事

2012年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所 取締役会長

2016年3月 当社社外取締役(現)

2018年6月 オフィス金融経済イニシアティブ

代表(現)

注2

1,000

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

注1

照井惠光

1953年7月27日生

1979年4月 通商産業省(現経済産業省)入省

2008年7月 同大臣官房技術総括審議官

2011年1月 同関東経済産業局長

2012年4月 同地域経済産業審議官

2013年8月 特定非営利活動法人テレメータリング推進協議会 理事長(現)

2013年10月 一般財団法人化学物質評価研究機構主席研究員

2016年3月 当社社外取締役(現)

2016年6月 一般財団法人化学物質評価研究機構

理事(現)

注2

2,200

取締役

注1

佐々誠一

1953年10月12日生

1976年4月 株式会社第一勧業銀行

(現株式会社みずほ銀行)入行

(1978年6月退職)

1983年3月 公認会計士(現)

2008年6月 有限責任あずさ監査法人 専務理事

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

3,000

取締役

注1

 洋二郎

1950年8月7日生

1974年4月 株式会社日本興業銀行

(現株式会社みずほ銀行)入行

2003年3月 株式会社みずほ銀行 常務執行役員

2005年5月 株式会社オリエンタルランド

常務執行役員

2007年6月 同取締役 専務執行役員

2009年4月 同代表取締役 副社長執行役員

2013年6月 株式会社アミューズ 社外取締役

2015年6月 同取締役副会長

2017年6月 同取締役 副会長執行役員

2018年3月 当社社外取締役(現)

2019年2月 株式会社アミューズ 取締役

副会長執行役員 兼 社長代行(現)

注2

取締役

注1

鈴木洋子

1970年9月21日生

1998年4月 弁護士(現)

1998年4月 髙城合同法律事務所入所

2002年11月 鈴木総合法律事務所

パートナー(現)

2018年3月 当社社外取締役(現)

注2

100

取締役

吉見剛志

1964年5月26日生

1988年4月 当社入社

2010年1月 BRIDGESTONE ASIA PACIFIC

PTE.LTD.(シンガポール)派遣

2012年9月 普利司通(中国)投資有限公司(上海)

派遣

2013年10月 当社財務本部長

2017年3月 当社執行役員

2019年3月 当社取締役(現)

注2

1,000

48,600

 

(注) 1 取締役のうちデイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、社外取締役であります。

     2 取締役の任期は、2019年3月22日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までです。

     3 当社は指名委員会等設置会社であります。委員会の体制は、次のとおりであります。

指名委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

監査委員会:山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎、鈴木洋子、吉見剛志

報酬委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

 

 

(2)執行役の状況

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表執行役

CEO

津谷正明

1952年6月22日生

1976年4月 当社入社

2006年1月 当社社長室長

2006年3月 当社執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2011年9月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 CEO

2013年3月 当社代表取締役 CEO

兼 取締役会長

2016年3月 当社代表執行役 CEO

兼 取締役会長(現)

注1

35,900

代表執行役

COO 兼 社長

江藤彰洋

1960年4月7日生

1986年4月 当社入社

2010年1月 当社経営企画本部長

2010年7月 当社執行役員

2012年9月 当社常務執行役員

2014年9月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役副社長

2019年1月 当社代表執行役 COO

兼 社長

2019年3月 当社取締役 兼 代表執行役

COO 兼 社長(現)

注1

5,400

代表執行役

副会長

GBS(グローバルビジネスサポート)分掌

兼 技術・品質経営分掌

兼 グローバル直需・マーケティング戦略分掌

兼 オリンピック・パラリンピック・スポーツ・サイクル・AHL分掌

兼 ブリヂストンスポーツ株式会社

Executive Chair

兼 ブリヂストンサイクル株式会社

Executive Chair

石橋秀一

1954年1月19日生

1977年4月 当社入社

2004年1月 当社消費財タイヤ事業本部長

2005年1月 当社執行役員

2012年7月 当社常務執行役員

2014年1月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役副社長

2019年1月 当社代表執行役副会長(現)

注1

10,000

執行役

副会長

BSAM分掌

BRIDGESTONE

AMERICAS, INC.

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

ゴードン・

ナップ

(Gordon Knapp)

1960年2月19日生

2013年6月 BRIDGESTONE AMERICAS TIRE

OPERATIONS, LLC入社

2013年7月 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

取締役

兼 エグゼクティブ・バイスプレジ

デント

2014年3月 当社執行役員

2014年9月 当社常務執行役員

2018年1月 当社執行役専務

2019年1月 当社執行役副会長(現)

注1

執行役

副社長

BSEMEA分掌

BRIDGESTONE EUROPE NV/SA

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

兼 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

取締役会長

パオロ・

フェラーリ

(Paolo Ferrari)

1970年4月10日生

2016年9月 BRIDGESTONE EUROPE NV/SA入社

取締役

兼 CEO

兼 プレジデント

2017年1月 当社常務執行役員

2018年1月 当社執行役専務

2019年1月 当社執行役副社長(現)

注1

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

執行役

副社長

グローバルPR・GR・サステナビリティ分掌

BRIDGESTONE

AMERICAS, INC.

取締役副会長

兼 CAO

兼 CRO

兼 エグゼクティブ・バイスプレジデント

クリスティーン・カーボウィアック

(Christine Karbowiak)

1953年3月21日生

1992年6月 BRIDGESTONE/FIRESTONE, INC.入社

2010年4月 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

取締役

兼 CAO

兼 エグゼクティブ・バイスプレジデント

2011年3月 当社執行役員

2014年9月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役副社長(現)

注1

執行役

専務

CTO・技術・品質経営分掌

兼 開発管掌

坂野真人

1963年9月18日生

1986年4月 当社入社

2016年7月 タイヤ開発第3本部長

2017年1月 当社執行役員

2018年1月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役専務(現)

注1

執行役

専務

MAA&化工品ソリューション事業分掌

東 正浩

1961年2月11日生

1985年4月 当社入社

2013年1月 グローバル顧客・市場調査室長

2013年10月 当社執行役員

2017年3月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役専務(現)

注1

51,300

(注) 1 執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結後最初に招集される取締役会の終結の時までです。

     2 略称の意味は、次のとおりです。

       GBS:Global Business Support     AHL:Active Healthy Lifestyle

       CAO:Chief Administrative Officer  CRO:Chief Risk Officer

       CTO:Chief Technology Officer    MAA:Mining, Aircraft, Agriculture

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性14名 女性3名 (役員のうち女性の比率17.6%)

(1)取締役の状況

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

 

取締役会長

兼 BRIDGESTONE AMERICAS, INC. 取締役会長

津谷正明

1952年6月22日

1976年4月 当社入社

2006年1月 当社社長室長

2006年3月 当社執行役員

2008年3月 当社取締役 常務執行役員

2011年9月 当社代表取締役 専務執行役員

2012年3月 当社代表取締役 CEO

2013年3月 当社代表取締役 CEO

      兼 取締役会長

2016年3月 当社代表執行役 CEO

      兼 取締役会長

2020年3月 当社取締役会長(現)

注2

37,000

取締役

石橋秀一

1954年1月19日

1977年4月 当社入社

2004年1月 当社消費財タイヤ事業本部長

2005年1月 当社執行役員

2012年7月 当社常務執行役員

2014年1月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役 副社長

2019年1月 当社代表執行役 副会長

2020年3月 当社取締役 代表執行役 CEO(現)

注2

10,200

取締役

江藤彰洋

1960年4月7日

1986年4月 当社入社

2010年1月 当社経営企画本部長

2010年7月 当社執行役員

2012年9月 当社常務執行役員

2014年9月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役 副社長

2019年1月 当社代表執行役 COO

      兼 社長

2019年3月 当社取締役 代表執行役

      COO 兼 社長(現)

注2

7,600

取締役

注1

デイヴィス・

スコット

(Scott Trevor
 Davis)

1960年12月26日

1990年4月 特殊法人日本労働研究機構

      (現独立行政法人労働政策研究・

      研修機構)専任研究員

2001年4月 麗澤大学国際経済学部

      国際経営学科 教授

2006年4月 立教大学経営学部

      国際経営学科 教授(現)

2011年3月 当社社外取締役(現)

注2

取締役

注1

翁 百合

1960年3月25日

1984年4月 日本銀行入行

1992年4月 株式会社日本総合研究所入社

1994年4月 同 主任研究員

2000年4月 同 主席研究員

2006年6月 同 理事

2014年3月 当社社外取締役(現)

2014年6月 株式会社日本総合研究所

      副理事長

2018年4月 株式会社日本総合研究所

      理事長(現)

注2

取締役

注1

増田健一

1963年1月11日

1988年4月 弁護士(現)

1997年1月 アンダーソン・毛利法律事務所

      (現アンダーソン・毛利・友常法律

      事務所) パートナー(現)

2011年3月 当社社外監査役

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

注1

山本謙三

1954年1月21日

1976年4月 日本銀行入行

2003年12月 同 米州統括役

      兼 ニューヨーク事務所長

2005年7月 同 決済機構局長

2006年7月 同 金融機構局長

2008年5月 同 理事

2012年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所 取締役会長

2016年3月 当社社外取締役(現)

2018年6月 オフィス金融経済イニシアティブ

      代表(現)

注2

1,400

取締役

注1

照井惠光

1953年7月27日

1979年4月 通商産業省(現経済産業省)入省

2008年7月 同 大臣官房技術総括審議官

2011年1月 同 関東経済産業局長

2012年4月 同 地域経済産業審議官

2013年8月 特定非営利活動法人テレメータリング推進協議会 理事長(現)

2013年10月 一般財団法人化学物質評価研究機構 主席研究員

2016年3月 当社社外取締役(現)

2016年6月 一般財団法人化学物質評価研究機構

      理事(現)

注2

3,300

取締役

注1

佐々誠一

1953年10月12日

1976年4月 株式会社第一勧業銀行

      (現株式会社みずほ銀行)入行

      (1978年6月退職)

1983年3月 公認会計士(現)

2008年6月 有限責任あずさ監査法人 専務理事

2016年3月 当社社外取締役(現)

注2

3,900

取締役

注1

柴 洋二郎

1950年8月7日

1974年4月 株式会社日本興業銀行

      (現株式会社みずほ銀行)入行

2003年3月 株式会社みずほ銀行 常務執行役員

2005年5月 株式会社オリエンタルランド

      常務執行役員

2007年6月 同 取締役 専務執行役員

2009年4月 同 代表取締役 副社長執行役員

2013年6月 株式会社アミューズ 社外取締役

2015年6月 同 取締役副会長

2017年6月 同 取締役 副会長執行役員

2018年3月 当社社外取締役(現)

2019年4月 株式会社アミューズ 代表取締役

      社長執行役員

2019年6月 同 取締役 副会長執行役員(現)

注2

取締役

注1

鈴木洋子

1970年9月21日

1998年4月 弁護士(現)

1998年4月 髙城合同法律事務所入所

2002年11月 鈴木総合法律事務所

      パートナー(現)

2018年3月 当社社外取締役(現)

注2

600

取締役

原 秀男

1951年12月13日

1977年4月 当社入社

2001年1月 BRIDGESTONE/FIRESTONE INC.(現

      BRIDGESTONE AMERICAS, INC.)(米国)

      派遣

2006年3月 当社執行役員

      BRIDGESTONE AMERICAS HOLDING, INC.

      (現BRIDGESTONE AMERICAS, INC.)

      (米国)派遣

2006年10月 当社執行役員 直需タイヤ販売担当

      兼 モータースポーツ担当

2010年3月 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.(米国)

      派遣

2015年3月 当社フェロー(技術広報担当)

2020年3月 当社取締役(現)

注2

6,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

吉見剛志

1964年5月26日

1988年4月 当社入社

2010年1月 BRIDGESTONE ASIA PACIFIC

      PTE.LTD.(シンガポール)派遣

2012年9月 普利司通(中国)投資有限公司(上海)

      派遣

2013年10月 当社財務本部長

2017年3月 当社執行役員

2019年3月 当社取締役(現)

注2

1,100

71,100

 

(注) 1 取締役のうちデイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、社外取締役であります。

     2 取締役の任期は、2020年3月24日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までです。

     3 当社は指名委員会等設置会社であります。委員会の体制は、次のとおりであります。

指名委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

監査委員会:山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎、鈴木洋子、原秀男、吉見剛志

報酬委員会:デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)、翁百合、増田健一

 

 

(2)執行役の状況

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表執行役 CEO

石橋秀一

1954年1月19日

1977年4月 当社入社

2004年1月 当社消費財タイヤ事業本部長

2005年1月 当社執行役員

2012年7月 当社常務執行役員

2014年1月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役 副社長

2019年1月 当社代表執行役 副会長

2020年3月 当社取締役 代表執行役

      CEO(現)

注1

10,200

代表執行役 COO 兼 社長

兼 BSJP分掌

江藤彰洋

1960年4月7日

1986年4月 当社入社

2010年1月 当社経営企画本部長

2010年7月 当社執行役員

2012年9月 当社常務執行役員

2014年9月 当社専務執行役員

2016年1月 当社副社長

2016年3月 当社執行役 副社長

2019年1月 当社代表執行役 COO

      兼 社長

2019年3月 当社取締役 代表執行役

      COO 兼 社長(現)

注1

7,600

代表執行役 副会長 

Gソリューション戦略・財務・人事分掌

兼 G直需戦略分掌

東 正浩

1961年2月11日

1985年4月 当社入社

2013年1月 グローバル顧客・市場調査室長

2013年10月 当社執行役員

2017年3月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役 専務

2020年3月 当社代表執行役 副会長(現)

注1

5,000

執行役 副社長 

BSAM分掌

BRIDGESTONE AMERICAS, INC. 取締役

兼 CEO 兼 プレジデント 兼 COO

パオロ・

フェラーリ

(Paolo Ferrari)

1970年4月10日

2016年9月 BRIDGESTONE EUROPE NV/SA入社

      取締役

      兼 CEO

      兼 プレジデント

2017年1月 当社常務執行役員

2018年1月 当社執行役 専務

2019年1月 当社執行役 副社長(現)

注1

執行役 副社長 

G-PR・GR・サステナビリティ分掌

BRIDGESTONE AMERICAS, INC. 取締役副会長

兼 CAO 兼 CRO 兼 エグゼクティブ・バイスプレジデント

クリスティーン・カーボウィアック

(Christine Karbowiak)

1953年3月21日

1992年6月 BRIDGESTONE/FIRESTONE, INC.入社

2010年4月 BRIDGESTONE AMERICAS, INC.

      取締役

      兼 CAO

      兼 エグゼクティブ・バイスプレジデント

2011年3月 当社執行役員

2014年9月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役 副社長(現)

注1

執行役 専務 

技術・品質経営分掌

兼 開発管掌

坂野真人

1963年9月18日

1986年4月 当社入社

2016年7月 タイヤ開発第3本部長

2017年1月 当社執行役員

2018年1月 当社常務執行役員

2019年1月 当社執行役 専務(現)

注1

3,100

25,900

(注) 1 執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結後最初に招集される取締役会の終結の時までです。

     2 略称の意味は、次のとおりです。

       CAO:Chief Administrative Officer  CRO:Chief Risk Officer

       役職名における「G」はグローバルを意味します。

 

② 社外役員の状況

当社は、8名の社外取締役を選任しております(2020年3月24日時点)。

当社は、社外取締役が取締役会における議案の審議等について、異なるバックグラウンドや専門領域をベースとした高い見識と豊富な経験をもとに、独自の意見を提言することで、取締役会の適正な意思決定の確保やコーポレート・ガバナンスの強化に貢献することができるものと考えております。

当社の社外取締役については、適正な取締役会構成を確保するため、当社指名委員会にて定めた「取締役指名方針」(末尾に記載の通り)に従い、同委員会における厳正な選定手続きを経て決定されており、選任理由は以下のとおりです。

 

氏名

主な職業

選任の理由

デイヴィス・スコット

(Scott Trevor Davis)

立教大学経営学部国際経営学科 教授

 

社会学・国際経営学に関する高い学術知識や国内外におけるCSRに関する豊富な見識を有し、2011年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。更に指名委員長及びガバナンス委員長として審議の充実等に主導的な役割を果たすと共に、報酬委員として活発な審議に参画しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。

翁 百合

株式会社日本総合研究所 理事長

金融システム及び金融行政に関する豊富な研究経験を有しており、経済及び金融情勢に関する高い見識を活かして、2014年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。2016年以降は、更に報酬委員長として審議の充実及び権限の行使等に主導的な役割を果たすと共に、指名委員として活発な審議に参画しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断しております。

増田 健一

弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー)

国内外の法律事務所において弁護士としての豊富な実務経験、法科大学院教育で会社法を担当するなどの専門性を有し、2011年以降は当社社外監査役として当社グループの監査全般に携わってまいりました。2016年以降は、当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。更に指名委員、報酬委員として活発な審議に参画すると共に、コンプライアンス委員長として主導的な役割を果たしております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。

山本 謙三

オフィス金融経済イニシアティブ 代表

金融市場・金融システムに関する豊富な知識、企業経営及びリスク管理に関する高い見識を有し、2016年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員長として主導的な役割を果たしております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断しております。

 

 

氏名

主な職業

選任の理由

照井 惠光

特定非営利活動法人テレメータリング推進協議会 理事長

産業技術分野に関する幅広い見識、経済産業省における産業政策などの豊富な行政経験を有し、2016年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。

佐々 誠一

公認会計士(公認会計士佐々誠一事務所 代表)

公認会計士として会計監査やコンサルティングの豊富な実務経験を有すると共に、大学・大学院教育にて会計や監査を担当、公認会計士試験委員を務めるなどの専門性を有しております。2016年以降は、当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。

柴 洋二郎

株式会社アミューズ 取締役 副会長執行役員

金融業界やエンターテインメントビジネス業界での豊富な企業経営経験により、高い見識に基づく顧客視点からの価値創造・ビジネス構築への知見を有し、2018年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断しております。

鈴木 洋子

弁護士(鈴木総合法律事務所 パートナー)

弁護士としての高い専門性を有すると共に、他会社・各種法人の社外監査役や監事としての豊富な経験と高い見識を有し、2018年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。

 

当社と特別な利害関係のない社外取締役であるデイヴィス・スコット、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、佐々誠一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、当社における社外取締役の独立性基準に照らし合わせた結果、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことから、独立性のある役員と位置付けております。なお、当社における社外取締役の独立性に関する基準は末尾に記載のとおりです。

また、社外取締役の当社株式の所有状況は、「4(2)① 取締役の状況」に記載のとおりです。

 

【取締役指名方針】

企業理念を具現化していくことができる人格・見識をそなえ、取締役会の一員として業務執行を監督できる経験を有し、当社取締役としての職務遂行に強い意欲があること

 

(社外取締役)

(1)豊富な知見を有し、独立した視点からの的確な判断ができること

(2)当社グループと重大な利害関係がなく、独立性を保つことができること(※)

(※)当社の社外取締役独立性基準に抵触しないこと

 

(社内取締役)

(1)業務に関し広い範囲での知識と経験をそなえていること

(2)取り巻く環境の変化をとらえて適応しつつ、あるべき姿を描くことができる経営能力を有していること

 

【社外取締役独立性基準】

当社は、当社の適正なガバナンスにとって必要な客観性と透明性を確保するために、社外取締役が可能な限り独立性を有していることが望ましいと考えます。

当社は、当社における社外取締役の独立性基準を以下のとおり定め、社外取締役(その候補者も含む。以下同様)が次の項目のいずれかに該当する場合は、当社にとって十分な独立性を有していないものとみなします。

 

1 当社及びその連結子会社(以下「当社グループ」と総称する)の出身者(注1)

2 当社の大株主(注2)

3 次のいずれかに該当する企業等の業務執行者

  (1) 当社グループの主要な取引先(注3)

  (2) 当社グループの主要な借入先(注4)

  (3) 当社グループが議決権ベースで10%以上の株式を保有する企業等

4 当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士

5 当社グループから多額(注5)の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計士、税理士、弁護士、司法書士、弁理士等の専門家

6 当社グループから多額の寄付を受けている者(注6)

7 社外役員の相互就任関係(注7)となる他の会社の業務執行者

8 近親者(注8)が上記1から7までのいずれか(4項及び5項を除き、重要な者(注9)に限る)に該当する者

9 過去5年間において、上記2から8までのいずれかに該当していた者

10 前各項の定めにかかわらず、その他、当社と利益相反関係が生じ得る特段の事由が存在すると認められる者

 

 注1 現に所属している業務執行取締役、執行役、執行役員その他これらに準じる者及び使用人(本基準において「業務執行者」と総称する)及び過去に一度でも当社グループに所属したことがある業務執行者をいう。

  2 大株主とは、当社事業年度末において、自己又は他人の名義をもって議決権ベースで5%以上を保有する株主をいう。大株主が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する業務執行者をいう。

  3 主要な取引先とは、当社グループの製品等の販売先又は仕入先であって、その年間取引金額が当社の連結売上高又は相手方の連結売上高の2%を超えるものをいう。なお、当社グループのタイヤ販売先である自動車メーカー並びにタイヤ原材料仕入先である合成ゴムメーカー及びスチールコードメーカーは取引金額にかかわらず主要な取引先とみなす。

  4 主要な借入先とは、当社グループが借入れを行っている金融機関であって、その借入金残高が当社事業年度末において当社の連結総資産又は当該金融機関の連結総資産の2%を超える金融機関をいう。

  5 多額とは、当該専門家の役務提供への関与に応じて以下に定めるとおりとする。

    (1) 当該専門家が個人として当社グループに役務提供をしている場合は、当社グループから収受している対価(役員報酬を除く)が、年間1千万円を超えるときを多額という。

    (2) 当該専門家が所属する法人、組合等の団体が当社グループに役務提供をしている場合は、当該団体が当社グループから収受している対価の合計金額が、当該団体の年間総収入金額の2%を超えるときを多額という。ただし、当該2%を超過しない場合であっても、当該専門家が直接関わっている役務提供の対価として当該団体が収受している金額が年間1千万円を超えるときは多額とみなす。

  6 当社グループから年間1千万円を超える寄付を受けている者をいう。当該寄付を受けている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者のうち、当該寄付に係わる研究、教育その他の活動に直接関与する者をいう。

  7 社外役員の相互就任関係とは、当社グループの業務執行者が他の会社の社外取締役又は社外監査役であり、かつ、当該他の会社の業務執行者が当社の社外取締役である関係をいう。

  8 近親者とは、配偶者及び二親等内の親族をいう。

  9 重要な者とは、取締役、執行役、執行役員及び部長格以上の業務執行者又はそれらに準じる権限を有する業務執行者をいう。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、決算報告や内部統制システムの整備方針の検討、同整備方針に基づく運用状況の報告等を始めとする取締役会の議案の審議を通じて、直接又は間接的に内部統制部門から報告を受け、実効性のある執行役及び取締役の監督を実施しております。また、社外取締役による監督と内部監査、監査委員会による監査及び会計監査との相互連携については、「4(3)監査の状況」に記載のとおりです。

 

 

社外役員の選任

2017/1/52018/1/122018/3/232018/12/192019/3/252019/5/302019/10/312020/3/25選任の理由
デイヴィス・スコット(Scott Trevor Davis)デイヴィス・スコット氏は社会学・国際経営学に関する高い学術知識や国内外におけるCSRに関する豊富な見識を有し、2011年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。更に指名委員長およびガバナンス委員長として審議の充実等に主導的な役割を果たすと共に、報酬委員として活発な審議に参画しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。デイヴィス・スコット氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
翁 百合翁百合氏は金融システムおよび金融行政に関する豊富な研究経験を有しており、経済および金融情勢に関する高い見識を活かして、2014年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。2016年以降は、更に報酬委員長として審議の充実および権限の行使等に主導的な役割を果たすと共に、指名委員として活発な審議に参画しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き 社外取締役として適任であると判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。翁百合氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
増田 健一増田健一氏は国内外の法律事務所において弁護士としての豊富な実務経験、法科大学院教育で会社法を担当するなどの専門性を有し、2011年以降は当社社外監査役として当社グループの監査全般に携わってまいりました。2016年以降は、当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。更に指名委員、報酬委員として活発な審議に参画すると共に、コンプライアンス委員長として主導的な役割を果たしております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。増田健一氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
山本 謙三山本謙三氏は金融市場・金融システムに関する豊富な知識、企業経営およびリスク管理に関する高い見識を有し、2016年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員長として主導的な役割を果たしております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。山本謙三氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
照井 惠光照井惠光氏は産業技術分野に関する幅広い見識、経済産業省における産業政策などの豊富な行政経験を有し、2016年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。照井惠光氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
佐々 誠一佐々誠一氏は公認会計士として会計監査やコンサルティングの豊富な実務経験を有すると共に、大学・大学院教育にて会計や監査を担当、公認会計士試験委員を務めるなどの専門性を有しております。2016年以降は、当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。佐々誠一氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
柴 洋二郎--柴洋二郎氏は金融業界やエンターテインメントビジネス業界での豊富な企業経営経験により、高い見識に基づく顧客視点からの価値創造・ビジネス構築への知見を有し、2018年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。柴洋二郎氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
鈴木 洋子--鈴木洋子氏は弁護士としての高い専門性を有すると共に、他会社・各種法人の社外監査役や監事としての豊富な経験と高い見識を有し、2018年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化を推進しております。これまでの経験・知見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、当社が上場している各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(「その他独立役員に関する事項」に記載のとおりです)。鈴木洋子氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断しております。
橘・フクシマ・咲江------橘・フクシマ・咲江氏はグローバルな視野をもつ人材に関する高い見識及び国際的な企業経営に関する豊富な知識・経験を有し、2010年以降は当社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。2016年以降は、更に指名委員長として審議の充実及び権限の行使等に主導的な役割を果たすと共に、報酬委員として活発な審議に参画しております。これまでの経験・知見及び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると判断いたします。 また、当社は社外取締役の独立性を確保するため、東京、名古屋、福岡の各証券取引所が定める基準に加え、当社独自に社外取締役の独立性基準を定めております(4.補足説明に記載のとおりです)。橘・フクシマ・咲江氏は、これらの基準を満たしており、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役であると判断いたします。