キッツ【6498】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2017/6/282018/6/262018/11/212019/6/262019/10/242020/7/1
外国人保有比率20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満20%以上30%未満10%以上20%未満
親会社
役員数6人6人6人7人7人8人
社外役員数3人3人3人3人3人4人
役員数(定款)9人9人9人9人9人9人
役員任期1年1年1年1年1年1年
社外役員の選任選任している選任している選任している選任している選任している選任している
買収防衛××××××
役員の状況

5【役員の状況】

男性10名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役社長
(代表取締役)

社長執行役員

堀田 康之

昭和30年
6月18日生

 

昭和53年3月

当社入社

平成9年1月

営業本部中部支社長

平成13年4月

長坂工場長

平成13年10月

㈱キッツエスシーティー常務取締役

平成16年6月

同社代表取締役社長

平成18年4月

当社常務執行役員、バルブ事業部長

平成19年4月

専務執行役員、バルブ事業部長

平成19年6月

取締役、専務執行役員、バルブ事業部長

平成20年6月

代表取締役社長、社長執行役員、バルブ事業部長

平成21年4月

代表取締役社長、社長執行役員(現)

 

(注)3

140

取締役

専務執行役員

名取 敏照

昭和32年
1月20日生

 

昭和55年3月

当社入社

平成11年10月

生産本部茅野工場長

平成16年4月

㈱キッツメタルワークス常務取締役

平成21年7月

同社代表取締役社長

平成22年4月

当社執行役員、生産本部長

平成23年4月

執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

平成23年6月

取締役、執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

平成24年4月

取締役、常務執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

平成25年4月

取締役、常務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

平成26年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

平成29年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長(現)

 

(注)3

33

取締役

 執行役員

村澤 俊之

昭和34年
2月9日生

 

昭和56年3月

当社入社

平成13年4月

経営企画部長

平成21年4月

執行役員、経営企画部長、広報・IR室及び関連事業担当

平成23年4月

執行役員、経営企画本部副本部長、経営企画部、広報・IR室及び関連事業担当

平成23年10月

執行役員、経営企画本部長

平成24年4月

執行役員、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)及び広報・IR室担当

平成26年4月

執行役員、経営企画本部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当

平成28年4月

執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

平成28年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

平成29年4月

取締役、執行役員、管理本部長

平成29年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室、内部統制及びクループリスクマネジメント担当

(現)

 

(注)3

60

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役

 

松本 和幸

昭和20年
9月21日生

 

昭和45年4月

帝人製機㈱ 入社

平成13年6月

同社 取締役

平成15年9月

ナブテスコ㈱ 執行役員

平成16年6月

同社 取締役

平成17年6月

同社 代表取締役社長

平成23年6月

同社 取締役会長

平成25年6月

同社 相談役

㈱トプコン 社外取締役(現)

当社取締役(現)

 

(注)3

4

取締役

 

天羽 稔

昭和26年
12月9日生

 

昭和54年4月

デュポンファーイースト日本支社(現デュポン㈱)入社

平成12年3月

同社 取締役

平成14年3月

同社 常務取締役

平成16年3月

同社 専務取締役 兼 エンジニアリングポリマー事業部 アジア太平洋地域リージョナルディレクター

平成17年7月

同社 取締役副社長

平成18年9月

同社 代表取締役社長

平成25年1月

同社 代表取締役会長 兼 デュポン アジア パシフィック リミテッド社長

平成26年9月

平成27年6月平成28年3月

デュポン㈱ 名誉会長

当社取締役(現)

大塚化学㈱ 監査役(現)

 

(注)3

2

取締役

 

藤原 裕

昭和26年
4月20日生

 

昭和49年4月

三井海洋開発㈱ 入社

昭和62年4月

安田信託銀行㈱(現みずほ信託銀行㈱)入社

平成6年8月

同社 ニューヨーク副支店長

平成8年6月

同社 シカゴ支店長

平成10年8月

オムロン㈱入社

平成17年6月

同社 執行役員、財務IR室長

平成19年3月

同社 執行役員、グループ戦略室長

平成20年12月

同社 執行役員常務、IR企業情報室長

平成25年6月

平成29年6月

ナブテスコ㈱ 社外取締役(現)

当社取締役(現)

 

(注)3

0

常勤監査役

 

近藤 雅彦

昭和27年
9月8日生

 

昭和52年8月

当社入社

平成12年7月

総務人事部長

平成16年4月

執行役員、総務人事部長、労務、環境安全部及び広報・IR室担当

平成22年4月

執行役員、管理本部副本部長、総務人事部、環境安全部及びグループリスクマネジメント担当

平成23年4月

執行役員、管理本部長、グループリスクマネジメント担当

平成24年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

平成26年4月

取締役、常務執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

平成28年4月

取締役、常務執行役員、管理本部及びグループ会社管理部門管掌

平成28年6月

常勤監査役(現)

 

(注)4

33

常勤監査役

 

木村 太郎

昭和34年
8月4日生

 

平成3年12月

当社入社

平成13年6月

経理部長

平成22年4月

管理本部経理統括部長

平成23年4月

執行役員、管理本部副本部長、経理部及び内部統制担当

平成29年4月

 

平成29年6月

執行役員、内部監査室、内部統制及びグループリスクマネジメント担当(現)

常勤監査役(現)

 

(注)5

23

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

監査役

 

髙井 龍彦

昭和27年
2月3日生

 

昭和49年7月

三井金属鉱業㈱ 入社

平成16年6月

同社 執行役員財務部長

 

三井金属エンジニアリング㈱ 社外監査役

平成19年6月

三井金属鉱業㈱ 最高財務責任者(CFO) 兼 上席執行役員財務部長

平成20年6月

同社 常勤監査役

平成23年6月

平成27年6月

㈱ナカボーテック社外監査役

当社監査役(現)

 

(注)6

5

監査役

 

作野 周平

昭和29年
2月17日生

 

昭和52年4月

㈱横河電機製作所(現横河電機㈱)入社

平成11年10月

同社 関連会社統括室長

平成17年4月

同社 執行役員、経営管理本部経理財務センター長

平成20年6月

同社 常務執行役員、経営監査本部長

 平成28年6月

 平成29年6月

横河ソリューションサービス㈱監査役(現)

当社監査役(現)

 

(注)5

0

 

 

 

 

 計

 

305

 

 (注)1.取締役 松本和幸、天羽稔及び藤原裕の3氏は社外取締役であります。なお、当社は3氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

2.監査役 髙井龍彦及び作野周平の両氏は社外監査役であります。なお、当社は両氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

3.平成30年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.平成28年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.平成29年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6.平成27年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性1名 (役員のうち女性の比率8.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

代表取締役社長

社長執行役員

堀田 康之

1955年6月18日

 

1978年3月

当社入社

1997年1月

営業本部中部支社長

2001年4月

長坂工場長

2001年10月

株式会社キッツエスシーティー常務取締役

2004年6月

同社代表取締役社長

2006年4月

当社常務執行役員、バルブ事業部長

2007年4月

専務執行役員、バルブ事業部長

2007年6月

取締役、専務執行役員、バルブ事業部長

2008年6月

代表取締役社長、社長執行役員、バルブ事業部長

2009年4月

代表取締役社長、社長執行役員(現)

 

(注)3

146

取締役

副社長執行役員

名取 敏照

1957年1月20日

 

1980年3月

当社入社

1999年10月

生産本部茅野工場長

2004年4月

株式会社キッツメタルワークス常務取締役

2009年7月

同社代表取締役社長

2010年4月

当社執行役員、生産本部長

2011年4月

執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

2011年6月

取締役、執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

2012年4月

取締役、常務執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

2013年4月

取締役、常務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

2014年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

2017年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長

2019年4月

取締役、副社長執行役員、アジア汎用弁戦略室長(現)

 

(注)3

36

取締役

常務執行役員

村澤 俊之

1959年2月9日

 

1981年3月

当社入社

2001年4月

経営企画部長

2009年4月

執行役員、経営企画部長、広報・IR室及び関連事業担当

2011年10月

執行役員、経営企画本部長

2014年4月

執行役員、経営企画本部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当

2016年4月

執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

2016年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

2017年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室、内部統制及びグループリスクマネジメント担当

2019年4月

取締役、常務執行役員、管理本部長、内部監査室、内部統制、ESG及びグループリスクマネジメント担当(現)

 

(注)3

61

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役

常務執行役員

河野 誠

1966年3月10日

 

1988年4月

当社入社

2008年8月

バルブ事業部海外営業本部プロジェクト営業部長

2011年12月

プロジェクト統括部長

2013年4月

バルブ事業統括本部生産本部生産管理部長

2015年4月

バルブ事業統括本部事業企画部長

2016年4月

執行役員、経営企画本部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当

2017年4月

KITZ Corporation of Asia Pacific Pte. Ltd. CEO & Managing Director及びKITZ Valve & Actuation Singapore Pte. Ltd. Managing Director

2019年4月

当社常務執行役員、バルブ事業統括本部長

2019年6月

取締役、常務執行役員、バルブ事業統括本部長(現)

 

(注)3

14

取締役

松本 和幸

1945年9月21日

 

1970年4月

帝人製機株式会社入社

2001年6月

同社取締役

2003年9月

ナブテスコ株式会社執行役員

2004年6月

同社取締役

2005年6月

同社代表取締役社長

2011年6月

同社取締役会長

2013年6月

同社相談役

株式会社トプコン社外取締役(現)

当社社外取締役(現)

 

(注)3

5

取締役

天羽 稔

1951年12月9日

 

1979年4月

デュポンファーイースト日本支社

(現デュポン株式会社)入社

2000年3月

同社取締役

2002年3月

同社常務取締役

2004年3月

同社専務取締役 兼 エンジニアリングポリマー事業部アジア太平洋地域リージョナルディレクター

2005年7月

同社取締役副社長

2006年9月

同社代表取締役社長

2013年1月

同社代表取締役会長 兼 デュポンアジアパシフィックリミテッド社長

2014年9月

デュポン株式会社名誉会長

2015年6月

当社社外取締役(現)

2016年3月

大塚化学株式会社監査役

2019年3月

同社社外取締役(現)

 

(注)3

3

取締役

藤原 裕

1951年4月20日

 

1974年4月

三井海洋開発株式会社入社

1987年4月

安田信託銀行株式会社

(現みずほ信託銀行株式会社)入社

1994年8月

同社ニューヨーク副支店長

1996年6月

同社シカゴ支店長

1998年8月

オムロン株式会社入社

2005年6月

同社執行役員、財務IR室長

2007年3月

同社執行役員、グループ戦略室長

2008年12月

同社執行役員常務、IR企業情報室長

2013年6月

2017年6月

ナブテスコ株式会社社外取締役(現)

当社社外取締役(現)

 

(注)3

2

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

常勤監査役

近藤 雅彦

1952年9月8日

 

1977年8月

当社入社

2000年7月

総務人事部長

2004年4月

執行役員、総務人事部長、労務、環境安全部及び広報・IR室担当

2010年4月

執行役員、管理本部副本部長、総務人事部、環境安全部及びグループリスクマネジメント担当

2011年4月

執行役員、管理本部長、グループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2012年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2014年4月

取締役、常務執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2016年4月

取締役、常務執行役員、管理本部及びグループ会社管理部門管掌

2016年6月

常勤監査役(現)

 

(注)4

34

常勤監査役

木村 太郎

1959年8月4日

 

1991年12月

当社入社

2001年6月

経理部長

2010年4月

管理本部経理統括部長

2011年4月

執行役員、管理本部副本部長、経理部及び内部統制担当

2017年4月

 

2017年6月

執行役員、内部監査室、内部統制及びグループリスクマネジメント担当

常勤監査役(現)

 

(注)5

24

監査役

髙井 龍彦

1952年2月3日

 

1974年7月

三井金属鉱業株式会社入社

2004年6月

同社執行役員財務部長

 

三井金属エンジニアリング株式会社社外監査役

2007年6月

三井金属鉱業株式会社最高財務責任者(CFO)兼上席執行役員財務部長

2008年6月

同社常勤監査役

2011年6月

2015年6月

株式会社ナカボーテック社外監査役

当社社外監査役(現)

 

(注)6

6

監査役

作野 周平

1954年2月17日

 

1977年4月

株式会社横河電機製作所

(現横河電機株式会社)入社

1999年10月

同社 関連会社統括室長

2005年4月

同社 執行役員、経営管理本部経理財務センター長

2008年6月

同社 常務執行役員、経営監査本部長

2016年6月

 

2017年6月

横河ソリューションサービス株式会社監査役

(現)

当社社外監査役(現)

 

(注)5

1

監査役

小林 彩子

1975年10月14日

 

2000年10月

弁護士登録

2009年1月

片岡総合法律事務所パートナー

2013年9月

慶應義塾大学法科大学院非常勤講師(現)

2018年4月

弁護士法人片岡総合法律事務所パートナー(現)

2019年6月

当社社外監査役(現)

 

(注)6

(注)7

 計

335

 

 (注)1.取締役 松本和幸、天羽稔及び藤原裕の3氏は社外取締役であります。なお、当社は3氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

2.監査役 髙井龍彦、作野周平及び小林彩子の3氏は社外監査役であります。なお、当社は3氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

3.2019年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.2016年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.2017年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6.2019年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

7.小林彩子氏の戸籍上の氏名は中嶋彩子であります。

 

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。

 なお、当社と社外役員との間には特別の利害関係はありません。

 社外取締役松本和幸氏は、ナブテスコ株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営者としての豊富な経験に加え、技術戦略に関する幅広い見識を有しており、2013年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外取締役天羽稔氏は、グローバルに事業を展開するデュポン株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営にかかる豊富な経験に基づく高い見識を有しており、2015年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外取締役藤原裕氏は、金融機関の海外支店責任者を歴任した後、グローバルに事業を展開するオムロン株式会社において財務・IR・グループ戦略を担当する執行役員として活躍され、グローバルな観点からの経営管理に高い見識を有しており、2017年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外監査役髙井龍彦氏は、三井金属鉱業株式会社において、長年同社の経理、財務、管理、経営企画等の業務を担当されたのち、同社の最高財務責任者(CFO)兼上席執行役員及び常勤監査役を歴任され、財務及び会計並びに監査役の職務に関する相当程度の知見を有しているうえ、同社における常勤監査役としての豊富な経験から監査役の職務に精通しており、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定及び取締役の職務執行に対する監視機能の強化及び会計監査人の職務遂行の監視・検証機能の充実に貢献していただくことができると判断しました。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外監査役作野周平氏は、横河電機株式会社において、グループを統括する経営管理部門における幅広い経験と会計・財務に関する相当程度の知見を有するとともに、内部統制・リスク管理・内部監査体制の構築等の経験を通じてコーポレート・ガバナンスに関する見識も備えており、また、現に監査役の職責を果たしていることから、当社の社外監査役として独立した見地から監査役監査機能の強化に貢献いただけるものと判断しました。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外監査役小林彩子氏は、ファイナンス、企業法務、コンプライアンス、M&A、争訟・紛争解決、危機管理その他の幅広い分野において、弁護士として活躍されています。当社は、その豊富な経験・能力を高く評価しており、今後、その知見を活かし、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定及び取締役の職務執行に対する監視機能の強化及び会計監査人の職務執行の監視・検証機能の充実に貢献していただくことができるものと判断しました。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 

 

また当社は、取締役会において下記の社外役員の独立性に関する基準を定めております。

 

「社外役員の独立性の判断に関する基準」

 

当社は、社外役員(社外取締役・社外監査役)が下記①乃至⑫のいずれの事項にも該当しない場合に「独立性」があると判断いたします。

 

① 当社及び当社の子会社(以下「当社グループ」という)の業務執行者(業務執行取締役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者若しくはその他の使用人。以下同じ)または過去10年間において当社グループの業務執行者であった者

② 当社グループを主要な取引先とする者(当社グループに対して製品またはサービスを提供している取引先であって、直近事業年度における取引額[当社グループから支払う額]がその者の年間連結売上高の2%以上の者)またはその業務執行者

③ 当社グループの主要な取引先(当社が製品またはサービスを提供している取引先であって、直近事業年度における取引額[その者が当社グループに支払う額]がその者の年間連結売上高の2%以上である者)またはその業務執行者

④ 当社グループが借入れを行っている主要な金融機関(直近事業年度における当社の連結総資産の2%以上の額を当社に融資している金融機関またはその親会社若しくは子会社)またはその業務執行者

⑤ 当社グループから役員報酬以外に、年間1,000万円を超える金銭その他の財産上の利益を受けている弁護士等の法律専門家、公認会計士または税理士等の会計専門家またはコンサルタントである者(但し、当該財産上の利益を受けている者が法人、組合等の団体である場合は当該団体の理事その他の業務執行者である者)

⑥ 当社グループの法定監査を行う監査法人に所属する者

⑦ 当社グループから年間1,000万円を超える寄付または助成を受けている者(但し、当該寄付または助成を受けている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体の理事その他の業務執行者である者)

⑧ 当社の主要株主(直接保有・間接保有を問わず、直近の事業年度末において議決権保有割合5%以上を保有する株主)または当該株主が法人である場合には当該法人の業務執行者

⑨ 当社グループが大口出資者(当社グループが直近の事業年度末において相手方の議決権の5%以上の出資をしている者)となっている者またはその業務執行者

⑩ 当社グループから取締役(常勤・非常勤)を受け入れている会社またはその親会社若しくは子会社の業務執行者

⑪ 過去3年間において、上記②乃至⑩に該当していた者

⑫ 当社グループの業務執行者のうち業務執行取締役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者の近親者(配偶者または二親等以内の親族。以下同じ)及び上記②乃至⑪に該当する者の取締役、執行役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者の近親者である者

 

③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役及び社外監査役は、監査役会、会計監査人、社外取締役及び内部監査室との四者で構成する「四様監査・監督会合」を定期的に開催し、独立した客観的な立場に基づく情報交換及び認識の共有を図り、監査機能と社外役員の機能の向上に努めております。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性2名 (役員のうち女性の比率15.4%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

代表取締役社長

社長執行役員

堀田 康之

1955年6月18日

 

1978年3月

当社入社

1997年1月

営業本部中部支社長

2001年4月

長坂工場長

2001年10月

株式会社キッツエスシーティー常務取締役

2004年6月

同社代表取締役社長

2006年4月

当社常務執行役員、バルブ事業部長

2007年4月

専務執行役員、バルブ事業部長

2007年6月

取締役、専務執行役員、バルブ事業部長

2008年6月

代表取締役社長、社長執行役員、バルブ事業部長

2009年4月

代表取締役社長、社長執行役員(現)

2020年6月

一般社団法人日本バルブ工業会会長(現)

 

(注)3

154

取締役

副社長執行役員

経営企画本部長

スマート養殖開発部長

名取 敏照

1957年1月20日

 

1980年3月

当社入社

1999年10月

生産本部茅野工場長

2004年4月

株式会社キッツメタルワークス常務取締役

2009年7月

同社代表取締役社長

2010年4月

当社執行役員、生産本部長

2011年6月

取締役、執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

2012年4月

取締役、常務執行役員、生産本部長、NEW KICSセンター担当

2013年4月

取締役、常務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

2014年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長及びNEW KICSセンター長

2017年4月

取締役、専務執行役員、バルブ事業統括本部長

2019年4月

取締役、副社長執行役員、アジア汎用弁戦略室長

2020年4月

取締役、副社長執行役員、経営企画本部長及びスマート養殖開発部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当(現)

 

(注)3

39

取締役

常務執行役員

管理本部長

村澤 俊之

1959年2月9日

 

1981年3月

当社入社

2001年4月

経営企画部長

2009年4月

執行役員、経営企画部長、広報・IR室及び関連事業担当

2011年10月

執行役員、経営企画本部長

2014年4月

執行役員、経営企画本部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当

2016年4月

執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

2016年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当

2017年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室、内部統制及びグループリスクマネジメント担当

2019年4月

取締役、常務執行役員、管理本部長、内部監査室、内部統制、ESG及びグループリスクマネジメント担当(現)

 

(注)3

63

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役

常務執行役員

バルブ事業統括本部長

河野 誠

1966年3月10日

 

1988年4月

当社入社

2008年8月

バルブ事業部海外営業本部プロジェクト営業部長

2011年12月

プロジェクト統括部長

2013年4月

バルブ事業統括本部生産本部生産管理部長

2015年4月

バルブ事業統括本部事業企画部長

2016年4月

執行役員、経営企画本部長、関連事業(伸銅品事業、サービス事業)担当

2017年4月

KITZ Corporation of Asia Pacific Pte. Ltd. CEO & Managing Director及びKITZ Valve & Actuation Singapore Pte. Ltd. Managing Director

2019年4月

当社常務執行役員、バルブ事業統括本部長

2019年6月

取締役、常務執行役員、バルブ事業統括本部長(現)

 

(注)3

15

社外取締役

松本 和幸

1945年9月21日

 

1970年4月

帝人製機株式会社(現ナブテスコ株式会社)入社

2001年6月

同社取締役

2003年9月

ナブテスコ株式会社執行役員

2004年6月

同社取締役

2005年6月

同社代表取締役社長

2011年6月

同社取締役会長

2013年6月

株式会社トプコン社外取締役(現)

当社社外取締役(現)

 

(注)3

6

社外取締役

天羽 稔

1951年12月9日

 

1979年4月

デュポンファーイースト日本支社

(現デュポン株式会社)入社

2000年3月

同社取締役

2002年3月

同社常務取締役

2004年3月

同社専務取締役 兼 エンジニアリングポリマー事業部アジア太平洋地域リージョナルディレクター

2005年7月

同社取締役副社長

2006年9月

同社代表取締役社長

2013年1月

同社代表取締役会長 兼 デュポンアジアパシフィックリミテッド社長

2014年9月

デュポン株式会社名誉会長

2015年6月

当社社外取締役(現)

2016年3月

大塚化学株式会社監査役

2019年3月

同社社外取締役(現)

 

(注)3

3

社外取締役

藤原 裕

1951年4月20日

 

1974年4月

三井海洋開発株式会社入社

1987年11月

安田信託銀行株式会社

(現みずほ信託銀行株式会社)入社

1994年8月

同社ニューヨーク副支店長

1996年6月

同社シカゴ支店長

1998年8月

オムロン株式会社入社

2005年6月

同社執行役員、財務IR室長

2007年3月

同社執行役員、グループ戦略室長

2008年6月

同社執行役員常務、グループ戦略室長

2008年12月

同社執行役員常務、IR企業情報室長

2013年6月

ナブテスコ株式会社社外取締役(現)

2017年6月

当社社外取締役(現)

 

(注)3

3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

社外取締役

菊間 千乃

1972年3月5日

 

1995年4月

株式会社フジテレビジョン入社

2011年12月

弁護士登録

2012年1月

弁護士法人松尾綜合法律事務所入所(現)

2014年12月

株式会社ノエビアホールディングス社外取締役

2018年6月

株式会社コーセー社外取締役(現)

2020年5月

タキヒヨー株式会社社外取締役(現)

2020年6月

アルコニックス株式会社社外取締役(現)

当社社外取締役(現)

 

(注)3

常勤監査役

近藤 雅彦

1952年9月8日

 

1977年8月

当社入社

2000年7月

総務人事部長

2004年4月

執行役員、総務人事部長、労務、環境安全部及び広報・IR室担当

2010年4月

執行役員、管理本部副本部長、総務人事部、環境安全部及びグループリスクマネジメント担当

2011年4月

執行役員、管理本部長、グループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2012年6月

取締役、執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2014年4月

取締役、常務執行役員、管理本部長、内部監査室及びグループリスクマネジメント担当、グループ会社管理部門管掌

2016年4月

取締役、常務執行役員、管理本部及びグループ会社管理部門管掌

2016年6月

常勤監査役(現)

 

(注)4

35

常勤監査役

木村 太郎

1959年8月4日

 

1991年12月

当社入社

2001年6月

経理部長

2010年4月

管理本部経理統括部長

2011年4月

執行役員、管理本部副本部長、経理部及び内部統制担当

2017年4月

 

2017年6月

執行役員、内部監査室、内部統制及びグループリスクマネジメント担当

常勤監査役(現)

 

(注)5

25

社外監査役

髙井 龍彦

1952年2月3日

 

1974年7月

三井金属鉱業株式会社入社

2004年6月

同社執行役員、財務部長

 

三井金属エンジニアリング株式会社社外監査役

2007年6月

三井金属鉱業株式会社最高財務責任者(CFO)兼上席執行役員、財務部長

2008年6月

同社常勤監査役

2011年6月

2015年6月

株式会社ナカボーテック社外監査役

当社社外監査役(現)

 

(注)6

6

社外監査役

作野 周平

1954年2月17日

 

1977年4月

株式会社横河電機製作所

(現横河電機株式会社)入社

1999年10月

同社関連会社統括室長

2005年4月

同社執行役員、経営管理本部経理財務センター長

2008年6月

同社常務執行役員、経営監査本部長

2016年6月

横河ソリューションサービス株式会社監査役

(現)

2017年6月

当社社外監査役(現)

2019年10月

ジャパニアス株式会社社外監査役(現)

 

(注)5

1

社外監査役

小林 彩子

1975年10月14日

 

2000年10月

弁護士登録

2009年1月

片岡総合法律事務所パートナー

2013年9月

慶應義塾大学法科大学院非常勤講師(現)

2018年4月

弁護士法人片岡総合法律事務所パートナー(現)

2019年6月

当社社外監査役(現)

 

(注)6

0

 計

355

 

 (注)1.取締役 松本和幸、天羽稔、藤原裕及び菊間千乃の各氏は社外取締役であります。なお、当社は松本和幸、天羽稔及び藤原裕の各氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

2.監査役 髙井龍彦、作野周平及び小林彩子の各氏は社外監査役であります。なお、当社は各氏を東京証券取引所の上場規則で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出を行っております。

3.2020年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.2020年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.2017年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6.2019年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

7.菊間千乃氏の戸籍上の氏名は吉田千乃であります。

8.小林彩子氏の戸籍上の氏名は中嶋彩子であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名であります。

 社外取締役松本和幸氏は、ナブテスコ株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営者としての豊富な経験に加え、技術戦略に関する幅広い見識を有しており、2013年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外取締役天羽稔氏は、グローバルに事業を展開するデュポン株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営にかかる豊富な経験に基づく高い見識を有しており、2015年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外取締役藤原裕氏は、金融機関の海外支店責任者を歴任した後、グローバルに事業を展開するオムロン株式会社において財務・IR・グループ戦略を担当する執行役員として活躍され、グローバルな観点からの経営管理に高い見識を有しており、2017年から社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督いただいております。当社は、その経験・能力を高く評価しており、今後もその知見を活かした監督と助言を求めるため、引き続き社外取締役をお願いするものであります。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外取締役菊間千乃氏は、テレビ放送のアナウンサーとしてマスメディア等の業務を経験されたのち、各種訴訟・非訴・保全事件などの紛争解決、労働・ガバナンス・危機管理・不祥事対応などの企業法務、エンターテインメント、家事及び少年事件を含む刑事その他幅広い分野において弁護士として活躍されています。同氏は、過去に社外取締役になること以外の方法で会社経営に関与されたことはありませんが、当社は、同氏が法律の専門家として企業法務に精通しており、コーポレート・ガバナンスに関する十分な見識と幅広い経験を取締役会の意思決定機能及び監督機能の一層の強化に活かし、当社グループの企業価値向上に貢献していただくことができると判断しました。

 なお、同氏が所属する弁護士法人松尾綜合法律事務所と当社とは、法律顧問契約を締結しております。同弁護士法人と当社との間には同法律顧問契約に基づく取引がありますが、当社から同弁護士法人に支払われる顧問料金及び法律相談料金等の合計額は、当社の過去3事業年度の年間平均連結売上高の1%未満であり、僅少であります。その他、特別な利害関係はありません。

 社外監査役髙井龍彦氏は、三井金属鉱業株式会社において、長年同社の経理、財務、管理、経営企画等の業務を担当されたのち、同社の最高財務責任者(CFO)兼上席執行役員及び常勤監査役を歴任され、財務及び会計並びに監査役の職務に関する相当程度の知見を有しているうえ、同社における常勤監査役としての豊富な経験から監査役の職務に精通しており、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定及び取締役の職務執行に対する監視機能の強化及び会計監査人の職務遂行の監視・検証機能の充実に貢献していただくことができると判断しました。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外監査役作野周平氏は、横河電機株式会社において、グループを統括する経営管理部門における幅広い経験と会計・財務に関する相当程度の知見を有するとともに、内部統制・リスク管理・内部監査体制の構築等の経験を通じてコーポレート・ガバナンスに関する見識も備えており、また、現に監査役の職責を果たしていることから、当社の社外監査役として独立した見地から監査役監査機能の強化に貢献いただけるものと判断しました。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 社外監査役小林彩子氏は、弁護士として、ファイナンス、企業法務、コンプライアンス、M&A、争訟・紛争解決、危機管理その他の幅広い分野において活躍されています。当社は、その豊富な経験・能力を高く評価しており、今後、その知見を活かし、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定及び取締役の職務執行に対する監視機能の強化及び会計監査人の職務執行の監視・検証機能の充実に貢献していただくことができるものと判断しました。なお、当社と同氏との間には特別の利害関係はありません。

 また、同氏は、東京証券取引所が定める独立性基準ならびに当社が定める「社外役員の独立性の判断に関する基準」を満たしております。

 

 

また当社は、取締役会において下記の社外役員の独立性に関する基準を定めております。

 

「社外役員の独立性の判断に関する基準」

 

当社は、社外役員(社外取締役・社外監査役)が下記①乃至⑫のいずれの事項にも該当しない場合に「独立性」があると判断いたします。

 

① 当社及び当社の子会社(以下「当社グループ」という)の業務執行者(業務執行取締役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者若しくはその他の使用人。以下同じ)または過去10年間において当社グループの業務執行者であった者

② 当社グループを主要な取引先とする者(当社グループに対して製品またはサービスを提供している取引先であって、直近事業年度における取引額[当社グループから支払う額]がその者の年間連結売上高の2%以上の者)またはその業務執行者

③ 当社グループの主要な取引先(当社が製品またはサービスを提供している取引先であって、直近事業年度における取引額[その者が当社グループに支払う額]がその者の年間連結売上高の2%以上である者)またはその業務執行者

④ 当社グループが借入れを行っている主要な金融機関(直近事業年度における当社の連結総資産の2%以上の額を当社に融資している金融機関またはその親会社若しくは子会社)またはその業務執行者

⑤ 当社グループから役員報酬以外に、年間1,000万円を超える金銭その他の財産上の利益を受けている弁護士等の法律専門家、公認会計士または税理士等の会計専門家またはコンサルタントである者(但し、当該財産上の利益を受けている者が法人、組合等の団体である場合は当該団体の理事その他の業務執行者である者)

⑥ 当社グループの法定監査を行う監査法人に所属する者

⑦ 当社グループから年間1,000万円を超える寄付または助成を受けている者(但し、当該寄付または助成を受けている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体の理事その他の業務執行者である者)

⑧ 当社の主要株主(直接保有・間接保有を問わず、直近の事業年度末において議決権保有割合5%以上を保有する株主)または当該株主が法人である場合には当該法人の業務執行者

⑨ 当社グループが大口出資者(当社グループが直近の事業年度末において相手方の議決権の5%以上の出資をしている者)となっている者またはその業務執行者

⑩ 当社グループから取締役(常勤・非常勤)を受け入れている会社またはその親会社若しくは子会社の業務執行者

⑪ 過去3年間において、上記②乃至⑩に該当していた者

⑫ 当社グループの業務執行者のうち業務執行取締役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者の近親者(配偶者または二親等以内の親族。以下同じ)及び上記②乃至⑪に該当する者の取締役、執行役、執行役員、顧問その他役員に準ずる地位にある者の近親者である者

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役及び社外監査役は、監査役会、会計監査人、社外取締役及び内部監査部門との四者で構成する「四様監査・監督会合」を定期的に開催し、独立した客観的な立場に基づく情報交換及び認識の共有を図り、監視・監査機能と監督機能の実効性の向上に努めております。

 

社外役員の選任

2017/6/282018/6/262018/11/212019/6/262019/10/242020/7/1選任の理由
松本 和幸松本和幸氏は、ナブテスコ株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営者としての豊富な経験に加え、技術戦略に関する幅広い見識を有しており、2013年6月より当社の社外取締役として客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督されています。当社は、同氏の経験及び知見を当社の経営に反映していただくとともに、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定機能及び経営監督機能の強化に貢献していただくことができると判断しています。また、同氏は、東証の社外役員独立性判断基準及び当社の社外役員独立性判断基準を満たしており、東京証券取引所に独立役員の届出を行っています。
天羽 稔天羽稔氏は、グローバルに事業を展開するデュポン株式会社の経営者として長年にわたり活躍され、企業経営に係る豊富な経験に基づく高い見識を有しており、2015年6月より当社の社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督されています。当社は、同氏の経験及び知見を当社の経営に反映していただくとともに、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定機能及び経営監督機能の強化に貢献していただくことができると判断しています。また、同氏は、東証の社外役員独立性判断基準及び当社の社外役員独立性判断基準を満たしており、東京証券取引所に独立役員の届出を行っています。
藤原 裕藤原裕氏は、金融機関の海外支店の責任者を歴任した後、グローバルに事業を展開するオムロン株式会社の財務・IR・グループ戦略を担当する執行役員として活躍され、グローバルな視点からの経営管理に高い見識を有しており、2017年6月より当社の社外取締役として、客観的かつ独立した公正な立場で経営を適切に監督されています。当社は、同氏の経験及び知見を当社の経営に反映していただくとともに、独立性・中立性を担保された立場から、取締役会の意思決定機能及び経営監督機能の強化に貢献していただくことができると判断しています。また、同氏は、東証の社外役員独立性判断基準及び当社の社外役員独立性判断基準を満たしており、東京証券取引所に独立役員の届出を行っています。
菊間 千乃-----菊間千乃氏は、テレビ放送のアナウンサーとしてマスメディア等の業務を経験されたのち、弁護士として、各種訴訟・非訴・保全事件などの紛争解決、労働・ガバナンス・危機管理・不祥事対応などの企業法務、エンターテインメント、家事及び少年事件を含む刑事その他幅広い分野において活躍されています。同氏は、過去に社外取締役になること以外の方法で会社経営に関与されたことはありませんが、当社は同氏が法律の専門家として企業法務に精通しており、コーポレート・ガバナンスに関する十分な見識と幅広い経験を取締役会の意思決定機能及び取締役の職務執行に係る監督機能の強化に活かし、当社グループの企業価値向上に貢献していただくことができると判断しています。