カネミツ【7208】のコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス概略

発行日2018/6/222018/11/82018/12/272019/6/212020/6/25
外国人保有比率10%未満10%未満10%未満10%未満10%未満
親会社
役員数6人6人6人6人6人
社外役員数2人2人2人2人2人
役員数(定款)8人8人8人8人8人
役員任期2年2年2年2年2年
社外役員の選任選任している選任している選任している選任している選任している
買収防衛×××××
役員の状況

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 10名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

金光 俊明

1959年8月11日

 

1982年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1987年2月

当社取締役管理部業務課長

1998年12月

当社常務取締役営業技術本部長

1999年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2004年6月

当社代表取締役専務

2006年4月

当社代表取締役専務

営業技術本部長兼生産本部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2007年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役会長

2009年6月

当社代表取締役社長

佛山金光汽車零部件有限公司董事(現任)

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社代表取締役兼社長執行役員(現任)

 

(注)3

614,497

取締役

生産本部長

大西 将隆

1957年2月10日

 

1979年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事(総経理)

2006年6月

当社取締役

2009年6月

当社取締役営業技術本部長

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社取締役兼執行役員営業技術本部長

2012年6月

当社取締役兼執行役員

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2015年6月

当社取締役兼常務執行役員(現任)

2015年10月

JBM Kanemitsu Pulleys Private Limited

取締役

2016年7月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2017年6月

2019年1月

当社生産本部長(現任)

佛山金光汽車零部件有限公司董事長兼総経理(現任)

 

(注)3

14,200

取締役

業務本部長

金光 秀治

1964年11月7日

 

1987年3月

当社入社

1999年3月

当社取締役営業開発部設計開発グループ課長

2002年4月

当社取締役経営推進室長兼生産支援部長

2004年5月

当社取締役経営推進室長

2005年1月

当社取締役経営企画部長

2006年4月

当社取締役業務本部副本部長兼経営企画部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2008年2月

当社取締役業務本部長

2010年4月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役

2011年1月

当社取締役

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2012年4月

当社取締役兼執行役員(現任)

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2014年10月

PT.KANEMITSU SGS INDONESIA

プレジデントコミサリス(現任)

2016年4月

2017年6月

2019年4月

当社業務本部長兼経営企画部長

当社業務本部長

当社業務本部長兼総務部長(現任)

 

(注)3

130,100

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

技術本部長

藤井 直樹

1973年10月11日

 

1992年4月

当社入社

2005年4月

当社営業開発部設計開発グループ課長

2008年2月

当社新技術開発グループ長

2009年4月

当社新技術開発室長

2009年6月

2010年2月

 

2011年1月

2012年4月

2018年10月

当社取締役新技術開発室長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.

KANEMITSU TECHNICAL TRAINING CENTER所長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

当社取締役兼執行役員(現任)

当社技術本部長(現任)

 

(注)4

17,400

取締役

竹治 康公

1957年3月6日

 

1980年4月

㈱三菱銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行

1987年4月

神戸学院大学経済学部助手

1988年4月

同大学経済学部講師

1990年4月

1998年4月

同大学経済学部助教授

同大学経済学部教授(現任)

2005年9月

当社取締役(現任)

 

(注)4

4,300

取締役

林 隆一

1968年7月3日

 

1994年4月

1997月4月

2004年12月

2013年4月

2015年4月

2015年6月

㈱野村総合研究所入社

野村證券㈱金融研究所研究員

野村アセットマネジメント㈱主任研究員

神戸学院大学経済学部講師

同大学経済学部准教授(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)4

4,300

常勤監査役

高橋 康弘

1959年8月9日

 

1984年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部次長

2002年1月

当社取締役三木工場長

2005年5月

当社取締役内部監査室長

2009年4月

当社取締役

2009年6月

当社常勤監査役(現任)

 

(注)5

16,000

監査役

阪東 浩二

1942年7月6日

 

1965年4月

阪東調帯ゴム㈱(現バンドー化学㈱)入社

1981年5月

同社米国駐在員事務所所長

1987年5月

ビー・エル・オートテック㈱に出向

1990年5月

同社取締役

1990年6月

同社常務取締役

1994年6月

同社代表取締役社長

1999年6月

バンドー化学㈱に復職(理事総合企画室長)

2002年1月

同社執行役員経営企画部長

2005年4月

同社執行役員コーポレートスタッフ本部長

2005年6月

同社常勤監査役

2012年6月

当社監査役(現任)

 

(注)6

8,400

監査役

上原 健嗣

1949年12月2日

 

1975年4月

大阪地方裁判所判事補

1978年4月

大阪法務局訟務部付検事

1981年4月

神戸地方裁判所判事補

1985年4月

神戸地方裁判所判事

1986年4月

福岡地方裁判所判事

1989年5月

弁護士登録

1992年3月

上原合同法律事務所開設

2005年9月

当社監査役(現任)

 

(注)5

監査役

廣瀨 敬三

1954年9月29日

 

1978年4月

モロゾフ株式会社入社

1985年4月

同社営業本部名古屋支店営業部チーフ

2000年4月

同社営業本部名古屋支店営業部長

2002年4月

同社営業本部東京支店営業部長

2007年4月

同社経営統括本部人事総務部長

2014年4月

同社常勤監査役

2016年4月

同社監査等委員である取締役(常勤)

2018年4月

2019年6月

同社監査等委員である取締役退任

当社監査役(現任)

 

(注)7

1,000

810,197

 

(注)1.取締役竹治康公及び林隆一は、社外取締役であります。

2.監査役阪東浩二、上原健嗣及び廣瀨敬三は、社外監査役であります。

3.2018年6月21日開催の定時株主総会終結の時から2年間

4.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から2年間

5.2017年6月22日開催の定時株主総会終結の時から4年間

6.2016年6月23日開催の定時株主総会終結の時から4年間

7.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から4年間

8.当社では経営の意思決定の迅速化と業務執行の効率化をさらに進めることを目的として2012年4月より執行役員制度を導入しております。執行役員は取締役兼任を含め2019年6月1日現在で12名であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。社外取締役及び社外監査役の選任にあたっては、会社法及び東京証券取引所が定める基準に加え、当社独自の基準に則り候補者を選定しております。社外取締役は、外部の視点を入れた経営監督機能を強化させるため、専門的な高い知識と豊富な経験を備える者を社外取締役に選任するとともに独立役員として指定しており、中立公正な視点での意見・見解を経営に反映する役割を果たしております。

 当社と当社の社外取締役、社外監査役のうち、竹治康公氏、林隆一氏、阪東浩二氏及び廣瀨敬三氏は当社の株式を所有しておりますが、その他の人的関係、資本的関係又は取引関係及び利害関係はありません。

 社外監査役につきましては、企業活動全般について適正性を判断する上での知見を有する者を監査役に選任するとともに、独立役員として指定し、経営への監視機能を強化しております。

 当社の社外取締役及び社外監査役の選任に関する考え方は以下のとおりです。

<社外取締役>

氏名

選任の理由

竹治康公

大学教授としての専門的かつグローバルな高い知識・豊富な経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

林隆一

自動車業界及びIR・企業分析等に関する豊富な知識と高い見識を有しており、当社の経営に対して的確な助言をいただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

<社外監査役>

氏名

選任の理由

阪東浩二

バンドー化学株式会社の監査役として培われた幅広い知識・経験等を当社の監査体制に反映していただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

上原健嗣

会社経営に関与したことはありませんが、弁護士としての専門的な知識・経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

廣瀨敬三

モロゾフ株式会社の監査役及び監査等委員である取締役として培われた幅広い知識・経験等を当社の監査体制の維持、強化に寄与していただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

 社外監査役のうち、上原健嗣氏の配偶者が、2006年4月1日付で当社の顧問弁護士となっております。

 阪東浩二氏は、当社取引先のバンドー化学株式会社出身であります。同社は、当社株式141,220株(所有割合2.75%)を所有しており、同社とは販売取引もありますが、取引は定型的なものであります。同氏は2009年6月に同社を退職しており、意思決定に対して影響を与えることはないと判断しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会及び重要な会議を通じて内部監査、内部統制、監査役監査及び会計監査の報告を受け必要に応じて意見を表明し、また監査役と定期的に情報交換・意見交換を行い、業務執行から独立した立場で取締役の経営監督機能を果たしております。

 社外監査役は、内部監査室の監査計画及び監査結果並びに会計監査人の監査計画、監査状況及び監査結果について、直接もしくは当社の常勤監査役を通じて報告を受け、客観的かつ中立的な立場から取締役の職務の執行を監査する機能を果たしております。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 9名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

金光 俊明

1959年8月11日

 

1982年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1987年2月

当社取締役管理部業務課長

1998年12月

当社常務取締役営業技術本部長

1999年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2004年6月

当社代表取締役専務

2006年4月

当社代表取締役専務

営業技術本部長兼生産本部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2007年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役会長

2009年6月

当社代表取締役社長

佛山金光汽車零部件有限公司董事(現任)

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社代表取締役兼社長執行役員(現任)

 

(注)3

546,600

取締役

生産本部長

大西 将隆

1957年2月10日

 

1979年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事(総経理)

2006年6月

当社取締役

2009年6月

当社取締役営業技術本部長

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社取締役兼執行役員営業技術本部長

2012年6月

当社取締役兼執行役員

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2015年6月

当社取締役兼常務執行役員(現任)

2015年10月

JBM Kanemitsu Pulleys Private Limited

取締役

2016年7月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2017年6月

2019年1月

当社生産本部長(現任)

佛山金光汽車零部件有限公司董事長兼総経理(現任)

 

(注)3

14,400

取締役

業務本部長

金光 秀治

1964年11月7日

 

1987年3月

当社入社

1999年3月

当社取締役営業開発部設計開発グループ課長

2002年4月

当社取締役経営推進室長兼生産支援部長

2004年5月

当社取締役経営推進室長

2005年1月

当社取締役経営企画部長

2006年4月

当社取締役業務本部副本部長兼経営企画部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2008年2月

当社取締役業務本部長

2010年4月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役

2011年1月

当社取締役

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2012年4月

当社取締役兼執行役員(現任)

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2014年10月

PT.KANEMITSU SGS INDONESIA

プレジデントコミサリス(現任)

2016年4月

2019年4月

2020年4月

当社業務本部長兼経営企画部長

当社業務本部長兼総務部長

当社業務本部長(現任)

 

(注)3

127,400

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

技術本部長

藤井 直樹

1973年10月11日

 

1992年4月

当社入社

2005年4月

当社営業開発部設計開発グループ課長

2008年2月

当社新技術開発グループ長

2009年4月

当社新技術開発室長

2009年6月

2010年2月

 

2011年1月

2012年4月

2018年10月

当社取締役新技術開発室長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.

KANEMITSU TECHNICAL TRAINING CENTER所長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

当社取締役兼執行役員(現任)

当社技術本部長(現任)

 

(注)4

18,000

取締役

竹治 康公

1957年3月6日

 

1980年4月

㈱三菱銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行

1987年4月

神戸学院大学経済学部助手

1988年4月

同大学経済学部講師

1990年4月

1998年4月

同大学経済学部助教授

同大学経済学部教授(現任)

2005年9月

当社取締役(現任)

 

(注)4

4,600

取締役

林 隆一

1968年7月3日

 

1994年4月

1997月4月

2004年12月

2013年4月

2015年4月

2015年6月

㈱野村総合研究所入社

野村證券㈱金融研究所研究員

野村アセットマネジメント㈱主任研究員

神戸学院大学経済学部講師

同大学経済学部准教授(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)4

6,000

常勤監査役

高橋 康弘

1959年8月9日

 

1984年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部次長

2002年1月

当社取締役三木工場長

2005年5月

当社取締役内部監査室長

2009年4月

当社取締役

2009年6月

当社常勤監査役(現任)

 

(注)5

16,600

監査役

上原 健嗣

1949年12月2日

 

1975年4月

大阪地方裁判所判事補

1978年4月

大阪法務局訟務部付検事

1981年4月

神戸地方裁判所判事補

1985年4月

神戸地方裁判所判事

1986年4月

福岡地方裁判所判事

1989年5月

弁護士登録

1992年3月

上原合同法律事務所開設

2005年9月

当社監査役(現任)

 

(注)5

監査役

廣瀨 敬三

1954年9月29日

 

1978年4月

モロゾフ株式会社入社

1985年4月

同社営業本部名古屋支店営業部チーフ

2000年4月

同社営業本部名古屋支店営業部長

2002年4月

同社営業本部東京支店営業部長

2007年4月

同社経営統括本部人事総務部長

2014年4月

同社常勤監査役

2016年4月

同社監査等委員である取締役(常勤)

2018年4月

2019年6月

同社監査等委員である取締役退任

当社監査役(現任)

 

(注)6

3,000

736,600

 

(注)1.取締役竹治康公及び林隆一は、社外取締役であります。

2.監査役上原健嗣及び廣瀨敬三は、社外監査役であります。

3.2020年6月24日開催の定時株主総会終結の時から2年間

4.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から2年間

5.2017年6月22日開催の定時株主総会終結の時から4年間

6.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から4年間

7.当社では経営の意思決定の迅速化と業務執行の効率化をさらに進めることを目的として2012年4月より執行役員制度を導入しております。執行役員は取締役兼任を含め2020年6月1日現在で12名であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。社外取締役及び社外監査役の選任にあたっては、会社法及び東京証券取引所が定める基準に加え、当社独自の基準に則り候補者を選定しております。社外取締役は、外部の視点を入れた経営監督機能を強化させるため、専門的な高い知識と豊富な経験を備える者を社外取締役に選任するとともに独立役員として指定しており、中立公正な視点での意見・見解を経営に反映する役割を果たしております。

 当社と当社の社外取締役、社外監査役のうち、竹治康公氏、林隆一氏及び廣瀨敬三氏は当社の株式を所有しておりますが、その他の人的関係、資本的関係又は取引関係及び利害関係はありません。

 社外監査役につきましては、企業活動全般について適正性を判断する上での知見を有する者を監査役に選任するとともに、独立役員として指定し、経営への監視機能を強化しております。

 当社の社外取締役及び社外監査役の選任に関する考え方は以下のとおりです。

<社外取締役>

氏名

選任の理由

竹治康公

大学教授としての専門的かつグローバルな高い知識・豊富な経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

林隆一

自動車業界及びIR・企業分析等に関する豊富な知識と高い見識を有しており、当社の経営に対して的確な助言をいただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

<社外監査役>

氏名

選任の理由

上原健嗣

会社経営に関与したことはありませんが、弁護士としての専門的な知識・経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

廣瀨敬三

モロゾフ株式会社の監査役及び監査等委員である取締役として培われた幅広い知識・経験等を当社の監査体制の維持、強化に寄与していただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

 社外監査役のうち、上原健嗣氏の配偶者が、2006年4月1日付で当社の顧問弁護士となっております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会及び重要な会議を通じて内部監査、内部統制、監査役監査及び会計監査の報告を受け必要に応じて意見を表明し、また監査役と定期的に情報交換・意見交換を行い、業務執行から独立した立場で取締役の経営監督機能を果たしております。

 社外監査役は、内部監査室の監査計画及び監査結果並びに会計監査人の監査計画、監査状況及び監査結果について、直接もしくは当社の常勤監査役を通じて報告を受け、客観的かつ中立的な立場から取締役の職務の執行を監査する機能を果たしております。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 9名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

金光 俊明

1959年8月11日

 

1982年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1987年2月

当社取締役管理部業務課長

1998年12月

当社常務取締役営業技術本部長

1999年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2004年6月

当社代表取締役専務

2006年4月

当社代表取締役専務

営業技術本部長兼生産本部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2007年11月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役会長

2009年6月

当社代表取締役社長

佛山金光汽車零部件有限公司董事(現任)

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社代表取締役兼社長執行役員(現任)

 

(注)3

546,600

取締役

生産本部長

大西 将隆

1957年2月10日

 

1979年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事(総経理)

2006年6月

当社取締役

2009年6月

当社取締役営業技術本部長

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2011年1月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2012年4月

当社取締役兼執行役員営業技術本部長

2012年6月

当社取締役兼執行役員

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2015年6月

当社取締役兼常務執行役員(現任)

2015年10月

JBM Kanemitsu Pulleys Private Limited

取締役

2016年7月

佛山金光汽車零部件有限公司董事長

2017年6月

2019年1月

当社生産本部長(現任)

佛山金光汽車零部件有限公司董事長兼総経理(現任)

 

(注)3

14,400

取締役

業務本部長

金光 秀治

1964年11月7日

 

1987年3月

当社入社

1999年3月

当社取締役営業開発部設計開発グループ課長

2002年4月

当社取締役経営推進室長兼生産支援部長

2004年5月

当社取締役経営推進室長

2005年1月

当社取締役経営企画部長

2006年4月

当社取締役業務本部副本部長兼経営企画部長

2006年4月

佛山金光汽車零部件有限公司董事

2008年2月

当社取締役業務本部長

2010年4月

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役

2011年1月

当社取締役

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.代表取締役社長

2012年4月

当社取締役兼執行役員(現任)

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

2014年10月

PT.KANEMITSU SGS INDONESIA

プレジデントコミサリス(現任)

2016年4月

2019年4月

2020年4月

当社業務本部長兼経営企画部長

当社業務本部長兼総務部長

当社業務本部長(現任)

 

(注)3

127,400

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

技術本部長

藤井 直樹

1973年10月11日

 

1992年4月

当社入社

2005年4月

当社営業開発部設計開発グループ課長

2008年2月

当社新技術開発グループ長

2009年4月

当社新技術開発室長

2009年6月

2010年2月

 

2011年1月

2012年4月

2018年10月

当社取締役新技術開発室長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.

KANEMITSU TECHNICAL TRAINING CENTER所長

KANEMITSU PULLEY CO., LTD.取締役(現任)

当社取締役兼執行役員(現任)

当社技術本部長(現任)

 

(注)4

18,000

取締役

竹治 康公

1957年3月6日

 

1980年4月

㈱三菱銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行

1987年4月

神戸学院大学経済学部助手

1988年4月

同大学経済学部講師

1990年4月

1998年4月

同大学経済学部助教授

同大学経済学部教授(現任)

2005年9月

当社取締役(現任)

 

(注)4

4,600

取締役

林 隆一

1968年7月3日

 

1994年4月

1997月4月

2004年12月

2013年4月

2015年4月

2015年6月

㈱野村総合研究所入社

野村證券㈱金融研究所研究員

野村アセットマネジメント㈱主任研究員

神戸学院大学経済学部講師

同大学経済学部准教授(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)4

6,000

常勤監査役

高橋 康弘

1959年8月9日

 

1984年4月

(資)金光銅工熔接所(現㈱カネミツ)入社

1999年3月

当社取締役営業開発部次長

2002年1月

当社取締役三木工場長

2005年5月

当社取締役内部監査室長

2009年4月

当社取締役

2009年6月

当社常勤監査役(現任)

 

(注)5

16,600

監査役

上原 健嗣

1949年12月2日

 

1975年4月

大阪地方裁判所判事補

1978年4月

大阪法務局訟務部付検事

1981年4月

神戸地方裁判所判事補

1985年4月

神戸地方裁判所判事

1986年4月

福岡地方裁判所判事

1989年5月

弁護士登録

1992年3月

上原合同法律事務所開設

2005年9月

当社監査役(現任)

 

(注)5

監査役

廣瀨 敬三

1954年9月29日

 

1978年4月

モロゾフ株式会社入社

1985年4月

同社営業本部名古屋支店営業部チーフ

2000年4月

同社営業本部名古屋支店営業部長

2002年4月

同社営業本部東京支店営業部長

2007年4月

同社経営統括本部人事総務部長

2014年4月

同社常勤監査役

2016年4月

同社監査等委員である取締役(常勤)

2018年4月

2019年6月

同社監査等委員である取締役退任

当社監査役(現任)

 

(注)6

3,000

736,600

 

(注)1.取締役竹治康公及び林隆一は、社外取締役であります。

2.監査役上原健嗣及び廣瀨敬三は、社外監査役であります。

3.2020年6月24日開催の定時株主総会終結の時から2年間

4.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から2年間

5.2017年6月22日開催の定時株主総会終結の時から4年間

6.2019年6月20日開催の定時株主総会終結の時から4年間

7.当社では経営の意思決定の迅速化と業務執行の効率化をさらに進めることを目的として2012年4月より執行役員制度を導入しております。執行役員は取締役兼任を含め2020年6月1日現在で12名であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。社外取締役及び社外監査役の選任にあたっては、会社法及び東京証券取引所が定める基準に加え、当社独自の基準に則り候補者を選定しております。社外取締役は、外部の視点を入れた経営監督機能を強化させるため、専門的な高い知識と豊富な経験を備える者を社外取締役に選任するとともに独立役員として指定しており、中立公正な視点での意見・見解を経営に反映する役割を果たしております。

 当社と当社の社外取締役、社外監査役のうち、竹治康公氏、林隆一氏及び廣瀨敬三氏は当社の株式を所有しておりますが、その他の人的関係、資本的関係又は取引関係及び利害関係はありません。

 社外監査役につきましては、企業活動全般について適正性を判断する上での知見を有する者を監査役に選任するとともに、独立役員として指定し、経営への監視機能を強化しております。

 当社の社外取締役及び社外監査役の選任に関する考え方は以下のとおりです。

<社外取締役>

氏名

選任の理由

竹治康公

大学教授としての専門的かつグローバルな高い知識・豊富な経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

林隆一

自動車業界及びIR・企業分析等に関する豊富な知識と高い見識を有しており、当社の経営に対して的確な助言をいただけるものと判断し、社外取締役に選任しています。

<社外監査役>

氏名

選任の理由

上原健嗣

会社経営に関与したことはありませんが、弁護士としての専門的な知識・経験等を当社の経営に活かしていただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

廣瀨敬三

モロゾフ株式会社の監査役及び監査等委員である取締役として培われた幅広い知識・経験等を当社の監査体制の維持、強化に寄与していただけるものと判断し、社外監査役として選任しています。

 社外監査役のうち、上原健嗣氏の配偶者が、2006年4月1日付で当社の顧問弁護士となっております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会及び重要な会議を通じて内部監査、内部統制、監査役監査及び会計監査の報告を受け必要に応じて意見を表明し、また監査役と定期的に情報交換・意見交換を行い、業務執行から独立した立場で取締役の経営監督機能を果たしております。

 社外監査役は、内部監査室の監査計画及び監査結果並びに会計監査人の監査計画、監査状況及び監査結果について、直接もしくは当社の常勤監査役を通じて報告を受け、客観的かつ中立的な立場から取締役の職務の執行を監査する機能を果たしております。

 

社外役員の選任

2018/6/222018/11/82018/12/272019/6/212020/6/25選任の理由
竹治 康公竹治康公氏は当社主要取引銀行の株式会社三菱UFJ銀行(旧株式会社三菱銀行)に勤務されたことはありますが、同行を退職後相当期間経過し、出身会社の意向に影響される立場にはありません。当社は同行以外の複数の金融機関と取引を行っていますので、同行のみへの借入金の依存はなく、同行が当社の意思決定に重要な影響を与えるとの認識はありません。また、竹治康公氏は現在同行を退職され、神戸学院大学経済学部教授として勤務され、当社といたしまして大学教授としての専門的な高い知識・豊富な経験などを当社の経営に活かしていただけるものとし、また、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断し独立役員として指定します。
林 隆一林隆一氏は、野村證券株式会社の研究員として培われた自動車業界など及びIR・企業分析などに関する豊富な知識と高い見識を有し、当社の経営に対して適確な助言をいただけるものとし、また、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断し独立役員として指定します。同社との取引は定型的なものであり、同氏は同グループ会社を2013年3月に退職しており、当社の意思決定に重大な影響を与えるとの認識はありません。