1年高値3,920 円
1年安値2,618 円
出来高3,800 株
市場ジャスダック
業種小売業
会計日本
EV/EBITDAN/A
PBR4.8 倍
PSR・会予N/A
ROAN/A
ROICN/A
β0.27
決算3月末
設立日1982/8/31
上場日1999/11/12
配当・会予0 円
配当性向0.0 %
PEGレシオN/A
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・実績:2.4 %
利益(百万円)
営利 CAGR・実績:N/A %
純利 CAGR・実績:N/A %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

3 【事業の内容】

当社は、飲食店の経営、物販商品の製造販売、及び文化事業(美術館)の運営を主な事業内容とし、事業活動を展開しております。

また、次の2部門は「第5  経理の状況  2  財務諸表等  注記事項(セグメント情報等)」のセグメントの区分と同一であります。

 

(1) 事業本部について

当社は、和食及び洋食料理のディナーレストランの経営と物販商品の開発・製造及び販売を行っております。2020年3月末現在の店舗数は和食料理店7店舗、洋食料理店8店舗、洋菓子店4店舗になります。

和食料理店(和食事業)は、うかい鳥山(いろり炭火焼料理)、うかい竹亭(懐石料理)、とうふ屋うかい 大和田店・とうふ屋うかい 鷺沼店・東京 芝 とうふ屋うかい(とうふ料理)、銀座 kappou ukai・六本木 kappou ukai(割烹料理)の営業を行っております。

洋食料理店(洋食事業)は、八王子うかい亭・横浜うかい亭・銀座うかい亭・あざみ野うかい亭・表参道うかい亭・六本木うかい亭(鉄板料理)、グリルうかい 丸の内店(グリル料理)、ル・プーレ ブラッスリーうかい(ブラッスリー)の営業を行っております。

洋菓子店(物販事業)は、アトリエうかい たまプラーザ・アトリエうかい トリエ京王調布(製菓工房・店頭販売)、アトリエうかい エキュート品川・アトリエうかい 阪急うめだ本店(店頭販売)の営業を行っております。

 

(2) 文化事業について

当社は、箱根ガラスの森を運営しております。

箱根ガラスの森では、ヴェネチアン・グラスの美術工芸品の展示及び併設するミュージアム・ショップでの商品販売、レストラン等の営業を行っております。

 

 

当社の事業系統図は、次のとおりであります。

 

(画像は省略されました)


 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、2020年3月31日現在において判断したものであります。
 

1 経営業績

(1)  全般的な営業の概況

当事業年度におけるわが国の経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって緩やかな回復基調で推移しておりましたが、当事業年度の終盤に発生した新型コロナウイルス感染症の影響を受けて大幅に下押しされており、極めて厳しい状況となっております。

当社が属する外食産業においては、顧客の嗜好が多様化して業種・業態を超えた企業間との競合が激化するなか、人材不足を背景に人材関連コストの上昇が一層進み、業績に影響を与える個人消費も消費増税の影響や国内外の不安定な経済動向並びに物価上昇に対する警戒感もあって本格的に消費マインドが改善するまでには至らず、厳しい経営環境が続きました。

このような経営環境のなか、当社は確実な成長と安定した収益基盤の確保を目指し、経営課題として①人材の確保・育成、②ブランドの研鑽、③物販事業の成長促進、④ブランド発信の4つの課題に取り組み、更なる成長に向けた強固な経営体制づくりに努めてまいりました。

とりわけ「人材の確保・育成」は将来を見据えるうえで最優先課題であると捉え、前事業年度に引き続き当社理念を共有できる優秀な人材を確保・育成していくこと、そして従業員が夢と希望をもって働ける環境整備に注力し、営業体制の基盤強化を図りました。

「ブランドの研鑽」「ブランド発信」では、新たな魅力の創造として当社の店舗に初めてご来店いただくお客様にも気軽に楽しんでいただける新たなメニューの開発・導入を一部店舗で進め、2019年4月には『うかい鳥山』においてお客様ご自身で炭火焼を楽しんでいただく「いろり炭火焼鶏コース」を、同年6月には『とうふ屋うかい 大和田店』において季節の味覚を楽しめる「味楽コース」をそれぞれ投入し、幅広く情報を発信して集客に努めました。

「物販事業の成長促進」では、同年4月に東京・神奈川で展開してきた洋菓子店「アトリエうかい」の新店舗を阪急うめだ本店(大阪府大阪市北区)へ出店いたしました。この新店『アトリエうかい 阪急うめだ本店』は、当社において西日本における初めての常設店であり、連日多くのお客様に足をお運びいただき好調に推移いたしました。加えて、この出店が当社ECサイトの利用を押し上げる等の相乗効果をもたらし、さらには西日本の方々にも当社を知っていただく良い機会となりました。

これらの取り組みにより第2四半期の業績は前年同期に対し増収増益となり、計画に対しても堅調に推移しておりました。しかしながら、2019年10月に関東甲信や東北地方を襲った台風第19号により当社を取り巻く環境が大きく変わり、旗艦店の一つである『うかい鳥山』の建物及び設備に甚大な損傷を受け、一時的な休業及び使用可能な施設での限定営業を余儀なくされ、また『箱根ガラスの森』でも、同台風の影響で施設への主要交通路である国道138号線が2カ月半に渡り通行止めとなる等、非常に厳しい外部環境となりました。さらには、新型コロナウイルス感染症が国内で拡大し、外出自粛による消費マインドの低下や当社店舗における臨時休業及び営業時間短縮等が業績に影響を与えた結果、当事業年度の売上高は13,288百万円(前年同期比4.5%減)と大幅な減収となりました。

 

利益面においては、減収の影響に加え、戦略的な人材の確保・育成と労働環境の整備に伴う人材関連費用の増加等により、261百万円の営業損失(前事業年度は228百万円の営業利益)、283百万円の経常損失(前事業年度は196百万円の経常利益)となりました。加えて台風第19号により損傷を受けた建物等の復旧費用及び固定資産の滅失による損失313百万円を特別損失に、同災害に対する保険金収入として249百万円を特別利益に計上したこと、また保有する固定資産の資産価値を勘案し、2店舗について減損処理による特別損失157百万円等を計上した結果、495百万円の当期純損失(前事業年度は96百万円の当期純利益)となりました。

なお、期末配当につきましては、当事業年度の業績及び財政状態を鑑み、誠に遺憾ではございますが、見送らせていただきました。

 

 

(2)  当事業年度の業績全般

当事業年度の業績は、以下のとおりです。

 

売上高

(百万円)

営業利益又は

営業損失(△)

(百万円)

経常利益又は

経常損失(△)

(百万円)

当期純利益又は

当期純損失(△)

 (百万円)

1株当たり
当期純利益又は
1株当たり
当期純損失(△)

(円)

2019年3月期

13,912

228

196

96

18.44

2020年3月期

13,288

△261

△283

△495

△94.70

増減率

△4.5%

 

 

事業の種類別セグメントの状況は、次のとおりであります。

〔事業本部〕

和食事業・洋食事業は、お客様のニーズの多様化に合わせて空間・料理・サービスをより良いものへと磨いていくとともに、それぞれの店舗が持つ独自の魅力を活かした企画・イベントの開催や季節に合わせた新メニューをお客様にご提案して継続的な来店機会の創出と新規顧客の獲得を図ってまいりました。しかしながら、前事業年度から続いている和食郊外店舗における集客の伸び悩みは解消するまでには至らず、加えて『うかい鳥山』が2019年10月の台風第19号により建物及び設備に甚大な損傷を受け、10月12日から11月5日の25日間と2020年2月2日から3月3日までの31日間、復旧及び改修工事に伴い臨時休業を余儀なくされ来客数が大幅に減少いたしました。さらには、3月に入り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を大きく受け、前年同期に比べ減収となりました。

一方、物販事業は、既存の常設店や当社ECサイト、百貨店の催事出店での販売等により売上が伸長し、加えて新店『アトリエうかい 阪急うめだ本店』の寄与もあり、前年同期に比べ大幅な増収となりました。

この結果、事業本部の売上高は12,231百万円(前年同期比3.7%減)となりました。

 

〔文化事業〕

文化事業は、『箱根ガラスの森』において2019年4月から11月まで「2019年特別企画-アドリア海の新しい風、芸術と技の結晶- ピカソ・シャガールたちのヴェネチアングラス彫刻展」を開催いたしました。この特別企画展を柱に、様々な企画展やイベントを開催して多くのお客様にご来館いただけるように細やかなプロモーションや旅行会社をはじめとする企業への営業の強化を行いました。特に当事業年度のゴールデンウィークは初の10連休となり、「ゴールデンウィーク親子で楽しむ『ヴェネチア仮面祭』」と題して、当館において人気の高い企画である「ヴェネチア仮面祭」をこの期間に初めて開催し、さらには2019年特別企画展との連動企画として、小中学生を対象としたデザイン画コンテストを実施するなど、ご家族向けの企画を充実し集客に努めました。これらの活動の効果もあり、第2四半期までは来館者数が順調に推移しましたが、台風第19号により当館への主要交通路である国道138号線の寸断が客足に大きく影響し、第3四半期は来館者数が大幅に減少いたしました。第4四半期に入り、交通路の復旧が進んだことで減少していた客足が回復しつつありましたが、2020年3月の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛の影響で再び集客に打撃を受け、この結果、文化事業の売上高は1,057百万円(前年同期比13.1%減)となりました。

 

 

(3)  生産、受注及び販売の状況

① 生産実績

該当事項はありません。

 

② 受注状況

該当事項はありません。

 

③ 販売実績

当事業年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

事業本部

12,231,401

96.3

文化事業

1,057,538

86.9

合計

13,288,939

95.5

 

 

イ  事業本部収入実績

区分

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

飲食販売収入

10,702,280

92.7

商品販売収入

1,529,120

133.1

合計

12,231,401

96.3

 

 

 

(各事業所の状況)

事業所名

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

来客数(人)

前年同期比(%)

和食事業

 

 

うかい鳥山

90,612

74.3

うかい竹亭

42,693

95.8

とうふ屋うかい大和田店

70,503

94.3

とうふ屋うかい鷺沼店

68,717

87.9

東京芝とうふ屋うかい

151,141

87.7

銀座 kappou ukai

11,011

87.4

六本木 kappou ukai

10,277

94.4

小計

444,954

86.4

洋食事業

 

 

八王子うかい亭

45,819

95.0

横浜うかい亭

56,814

93.0

銀座うかい亭

45,463

95.6

あざみ野うかい亭

44,427

95.0

表参道うかい亭

36,770

92.6

グリルうかい丸の内店

31,014

94.4

ル・プーレ ブラッスリーうかい

35,621

89.1

六本木うかい亭

9,748

90.7

小計

305,676

93.5

合計

750,630

89.1

 

 

ロ  文化事業収入実績

区分

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

入場料等収入

468,756

88.1

商品販売収入

396,639

82.8

飲食販売収入

192,142

93.5

合計

1,057,538

86.9

 

 

 

(各事業所の状況)

事業所名

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

来客数(人)

前年同期比(%)

箱根ガラスの森

405,644

89.1

合計

405,644

89.1

 

 

ハ  店舗形態別販売実績

区分

当事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

事業本部

和食事業

うかい鳥山

885,610

75.8

うかい竹亭

456,017

92.7

とうふ屋うかい大和田店

472,337

95.6

とうふ屋うかい鷺沼店

518,723

92.8

東京芝とうふ屋うかい

2,240,842

90.4

銀座 kappou ukai

279,090

94.4

六本木 kappou ukai

277,795

95.2

5,130,417

88.8

洋食事業

八王子うかい亭

790,572

96.1

横浜うかい亭

1,106,286

93.3

銀座うかい亭

1,236,570

99.2

あざみ野うかい亭

734,557

95.3

表参道うかい亭

940,677

95.8

グリルうかい丸の内店

328,175

96.9

ル・プーレ ブラッスリーうかい

152,367

99.0

六本木うかい亭

358,932

93.7

5,648,139

96.0

物販事業

1,379,447

140.7

その他

73,936

135.2

小計

12,231,401

96.3

文化事業

箱根ガラスの森

1,057,538

86.9

小計

1,057,538

86.9

合計

13,288,939

95.5

 

 

 

2 財政状態

当事業年度末における資産、負債及び純資産の状態は以下のとおりであります。

 (1) 資産の部

当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べ131百万円減少し、10,905百万円(前事業年度比1.2%減)となりました。主な要因は、現金及び預金が91百万円、原材料及び貯蔵品が47百万円、その他流動資産が278百万円それぞれ増加したのに対し、売掛金が300百万円、有形固定資産が258百万円減少したことによるものであります。

 (2)  負債の部

当事業年度末における負債は、前事業年度末に比べ467百万円増加し、6,378百万円(前事業年度比7.9%増)となりました。主な要因は、借入金の総額が462百万円、未払金が202百万円それぞれ増加したのに対し、買掛金が109百万円、未払法人税等が76百万円それぞれ減少したことによるものであります。

 (3) 純資産の部

当事業年度末における純資産は、前事業年度末に比べ598百万円減少し、4,527百万円(前事業年度比11.7%減)となりました。主な要因は、配当金の支払い及び当期純損失の計上による減少により利益剰余金が589百万円減少したことによるものであります。

 

3 キャッシュ・フロー

当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ91百万円増加し、371百万円(前事業年度は279百万円)となりました。

当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果、獲得した資金は9百万円(前事業年度は599百万円の獲得)となりました。主な要因は、収入の内訳として減価償却費544百万円、災害損失313百万円、減損損失157百万円、売上債権の増減額300百万円、支出の内訳として税引前当期純損失515百万円、仕入債務の増減額109百万円、災害による損失の支払額205百万円、法人税等の支払額124百万円があったこと等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果、支出した資金は261百万円(前事業年度は729百万円の支出)となりました。主な要因は、支出の内訳として有形固定資産の取得により249百万円の支出があったこと等によるものであります。 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果、獲得した資金は344百万円(前事業年度は175百万円の支出)となりました。主な要因は、収入の内訳として短期借入金の純増額1,250百万円、支出の内訳として長期借入金の返済による支出787百万円、配当金の支払による支出94百万円があったこと等によるものであります。

 

当社の資本の財源及び資金の流動性については、事業に必要な資金を安定的に維持確保することを基本方針としております。

当社の資金需要は、運転資金及び設備投資資金であります。運転資金は、主に原材料費や人件費、店舗賃借料及び店舗運営に関わる費用であり、設備投資資金は、既存設備の改修や情報システム関連の投資、新規出店によるものであります。

これらの資金需要につきましては、営業キャッシュ・フローで充当し、必要に応じて短期借入金及び長期借入金等による資金調達にて対応しております。

なお、当社は安定的かつ効率的な資金調達を行うため、取引金融機関と当座貸越契約を締結しております。また、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化の可能性に備え、手元資金を厚くすることを目的に、2020年4月及び6月に取引金融機関とコミットメントライン契約を締結いたしました。

 

4 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表を作成するにあたっては、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定は実際の結果と異なる可能性があります。

このうち、当社の財務諸表の作成にあたり用いた重要な会計方針については、「第5 経理の状況 2 財務諸表等〔注記事項〕」に記載しておりますが、特に以下の会計方針は、経営者の会計上の見積りの判断が財政状態及び経営成績に重要な影響を及ぼすと考えております。

なお、会計上の見積りに対する新型コロナウイルス感染症の影響については、次の仮定を加味した予測数値により実施しております。

新型コロナウイルス感染症の拡大による東京都及び神奈川県を対象とした緊急事態宣言の発令を受け、当社は2020年4月8日から一部を除いた店舗で臨時休業及び臨時休館を実施しております。その後、5月25日に緊急事態宣言が解除され、6月1日より全ての店舗で営業を再開しておりますが、再開後の集客等の回復は第2四半期以降も緩慢なものになり、その影響は2021年3月まで一定程度続くものと仮定しております。

(固定資産の減損処理)

当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、主に各店舗を基本単位とし、資産のグルーピングを行い減損の兆候の判定を行っております。減損の兆候がある資産グループについて、当該資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額がこれらの帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。

減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、減損処理が必要となる可能性があります。

(繰延税金資産)

当社は、繰延税金資産について定期的に回収可能性を検討し、当該資産の回収が不確実と考えられる部分に対して評価性引当額を計上しています。回収可能性の判断においては、将来の課税所得見込額と実行可能なタックス・プランニングを考慮して繰延税金資産を計上しています。

繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、回収懸念額の見直しを行い繰延税金資産の修正を行うため、当期純損益額が変動する可能性があります。

(退職給付引当金)

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見積額に基づき計上しております。

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については給付算定式基準によっております。

数理計算上の差異については、その発生時に費用処理をしております。また、過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用処理をしております。

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社が判断したものであります。

(1) 経営方針

当社は企業理念として、基本理念「利は人の喜びの陰にあり」、経営精神「当社にかかわるすべての人々を大切にし、そしてそのすべての人々により大切にされる企業でありたい」、店舗理念「100年続く店づくり」を掲げております。

当社のステークホルダーの皆様を大切にし、そして大切にされる企業になることこそ100年続く企業への道筋であると考え、全従業員がこの理念を共通の指針として行動し、当社の事業活動を通して多くの方に喜び、感動、豊かさ、絆、和みなどをご提供して社会に貢献できることを第一義に、魅力ある企業をつくりあげてまいります。

 

(2) 経営環境

① 事業を行う市場の状況

当社が属する外食産業を取り巻く環境は、国内の人口減少と少子高齢化に伴うライフスタイルの変化や価値観の多様化により、業種・業態を超えた企業間での顧客獲得競争が一層の激しさを増していくことが予想されます。加えて、食の安全安心に対する消費者意識の高まりや人材不足を背景とした人件費及び人材採用関連費の上昇といった問題への対応もあり、今後も厳しい経営環境が継続するものと想定されます。

 

② 顧客動向

当社では、近年都心店舗における集客力は増加している一方で、郊外店舗は緩やかな減少傾向にあります。この要因のなかには国内の人口減少を背景とする地域の空洞化や既存顧客が高齢化してきたことによる世代交代も影響しているのではないかと考えております。

 

③ その他の特筆すべき状況

<新型コロナウイルス感染症の影響>

今後の経営環境について、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴い、日本をはじめ世界全体で過去に例を見ない厳しい経済状態が続くと想定されます。
 当社においても、政府・自治体の方針に沿った店舗営業の自粛対応等、事業活動を行う上で制約を受けており、今後の業績に大きな影響を及ぼす状況にあります。

 

<『うかい鳥山』の被災について>

 当事業年度、当社の旗艦店である『うかい鳥山』は、2019年10月に襲来した台風第19号により建物及び設備に甚大な損傷を受けるという、未曽有の自然災害に見舞われました。復旧にあたっては、やむを得ず同年10月12日から11月5日の25日間と、2020年2月2日から3月3日までの31日間を集中工事期間に当て、臨時休業いたしました。その他の期間も使用可能な施設での限定的な営業を余儀なくされ、業績に大きな影響を受けました。

この被災に対し、当社はお客様に安心してご利用いただける環境を整えること、またより一層お客様が心地よいと感じていただける施設にすることに集中し、1日でも早い完全復旧を目指し復旧及び改修工事を進めております。なお、当事業年度末現在、多くの建物並びに設備は復旧しておりますが、一部工事は続いており、翌事業年度内に完全復旧する予定です。

 

(3) 中期経営戦略

① 経営戦略の基本方針

当社は、既存事業の安定した収益基盤のもとで新規事業を創出、発展させていくという方針を掲げており、収益性と成長性を兼ね備えた企業を目指してまいります。

 

② 中期経営戦略

当社は、以下4つの戦略を中期経営戦略として定め、「成長に向けた基盤構築」に取り組んでいく方針であります。

・ブランドの向上と確立(オンリーワンの店づくり)

・安定的な収益基盤の再構築

・戦略的・中長期的な人材育成

・財務体質の改善

 

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

① 特に優先度の高い対処すべき事業上及び財務上の課題
<新型コロナウイルス感染症への対応について>

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、お客様をはじめ、株主様、お取引先様、従業員の安全を最優先とし、政府・自治体の方針に沿った店舗営業の自粛の他、全従業員一人ひとりが行うことができる感染予防対策の徹底並びに出勤の自粛や時差出勤の活用等を推進し、感染拡大を防ぐ取り組みを行っております。

それと同時に、この事態の収束後、速やかに企業活動を復旧できるよう準備も行っております。その一つとして、お客様とのつながりを大切にしたいという思いから、うかいの味をご自宅で楽しんでいただけるよう、一部店舗にてテイクアウトの販売を2020年5月16日より開始いたしました。

また、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化を見据えた政府が推奨する「コロナ時代の新たな日常」により、今後新たな生活スタイルへと移行していくことが考えられます。当社としては、変えてはいけないものを守ると同時に変化する生活スタイルにも柔軟に対応し、食を通じて多くの方に幸せを感じていただける、新たなサービスの形を検討してまいります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する可能性に備え、経営の安定化を図るべく、手元資金を厚くすることを目的として、2020年4月及び6月に取引金融機関4行と機動的な資金調達が可能となるコミットメントライン契約を締結いたしました。今後も各金融機関と緊密な連携を図り、環境の変化に柔軟に対応できる関係性を構築してまいります。

 

<財務体質の改善>

機動的な経営を実現するために、財務的基盤を安定させることが重要であると考え、キャッシュ・フロー改善を推進いたします。設備投資や経費の適正な見直し等を基本に収益力の向上に努め、財務体質の改善に取り組んでまいります。

具体的には、オペレーションを見直し、お客様にご迷惑をおかけしない部分でのシステム活用の推進や各店舗の立地による繁閑状況に応じた人員の効率的配置等、業務効率の改善を図ってまいります。また、経費構造も今一度見直し、販売費及び一般管理費の適正化を進めてまいります。

 

 

② その他の優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

中期経営計画の実現に向け、喫緊で対処すべき課題は以下のとおりです。

<既存店舗の成長促進>

当社は、これまで「お客様に喜びや感動を味わっていただきたい」という想いで出店した一つひとつの店舗を大切に成長させてまいりました。当社にとって、この既存店舗の安定的な成長とブランドの浸透が事業活動を行う上での支柱であり、今後も持続的成長を遂げるために既存店の成長促進を図ってまいります。

飲食事業では、お客様のニーズの多様化に合わせた運営体制の見直しや既存のメニュー構成の見直しの他、新たなメニュー開発を進め、お客様にわざわざ足を運んでいただき「また来よう」と思っていただけるような新たな魅力づくりに注力してまいります。また、喫緊の課題となっている郊外店舗の集客力の底上げについては、各店舗がそれぞれ研鑽してきた魅力を改めて掘り起こし、その魅力を継続して情報発信していくことで集客に繋げていきたいと考えております。

物販事業では、「アトリエうかい」の既存4店舗の成長促進を図り、継続的な利益を追求してまいります。特に、2019年4月にオープンした『アトリエうかい 阪急うめだ本店』 は、西日本でのブランド認知度向上に大きく貢献しており、今後もブランド発信拠点として情報発信力を高めてまいります。また、ライフスタイルの変化に伴い、「うかいの余韻をご家庭へ」という物販事業のコンセプトの下、「食」に関する物販の商品開発にも力を入れてまいります。

文化事業では、様々な企画展やイベントを立案、実行し、引き続き多くのお客様にご来館いただけるように細やかなプロモーションや旅行会社をはじめとする企業への営業の強化を図ってまいります。

 

<優秀な人材の育成>

お客様の気持ちを感じ取り接客をする、人による温もりが感じられる「おもてなし」は当社のブランドの魅力の一つであり、この「おもてなし」を深化させていくことが更なるブランドの魅力をつくり、今後の当社の成長に繋がっていくと考えております。そのため、当社では「おもてなし」に必要不可欠な優秀な人材を育成していくことを重要課題の一つと位置づけて、研修及び制度の拡充に取り組んでまいります。特に人材の育成においては、理念や目的を共有することを重視しており、そのためにあらゆる階層向けに研修を充実させ、社内で共有を図ってまいります。また、人員の定着率の向上に対しても、スタッフがよりモチベーションを感じることのできる人事制度、評価制度の改定、教育研修制度の充実を図ることで改善につなげてまいります。

 

(5) 配当について

配当につきましては、当事業年度の業績及び財政状態を鑑み、誠に遺憾ではありますが、期末配当を無配とさせていただきました。翌事業年度以降、一日も早く復配できる体制を整え、株主の皆様のご期待に応えられるよう努力する所存であります。

 

 

2 【事業等のリスク】

(1) 方針

当社は、事業活動に関わるあらゆるリスクを的確に把握し、リスクの発生頻度や経営への影響を低減し、事業の継続、安定的発展を確保していくため、2016年12月に全社的なリスクマネジメント推進に関わる課題・対応策を協議・承認する組織として、取締役会の下にリスク管理委員会を設置しております。

リスク低減に関する協議・承認を行うため、リスク管理委員会を毎年、年4回定時開催し、新たなリスクの候補の検討、また特定したリスクについて、固有リスクの評価、統制活動の決定、統制活動の有効性の評価、残余リスクの評価、リスク対策の優先度を協議・承認を行い、その結果を取締役会に適宜、報告しております。

 

(2) リスク管理委員会におけるリスクマネジメント体制

(画像は省略されました)


 

構成メンバー

委員長を社長とし、常任委員に常務会メンバー、非常任委員に経営企画室、管理部メンバーという構成メンバーで組織し、事務局長を経営企画室長としております。またテーマに応じて非常任委員その他の従業員を随時柔軟に招集して開催しております。

 

主な役割と権限

・リスクマネジメント取組全体の方針・方向性の検討、協議・承認

・各リスクテーマ共通の仕組みの検討、協議・承認

・リスクマネジメントに関する年次計画、予算措置、是正措置の検討、協議・承認

・必要に応じ社内外から必要なノウハウや協力の取付検討、協議・承認

・分科会の組成指示、リスクマネジメント推進の進捗管理

・各現場でのリスクマネジメント推進の指示、進捗管理

・情報の収集と社内外開示の実施策検討、協議・承認

・上記に関する取締役会への定期的な報告

 

個別リスクの分科会

個別リスクの検討課題ごとに具体策を検討・実行するための分科会を実務担当者から選出、編成しております。

各分科会の主な役割と権限、内容は以下のとおりです。

・主な役割と権限

リスク管理委員会からの指示に基づく所管テーマの具体的対策検討、マニュアル化

所管テーマの対応策に関する各職場への周知徹底策検討、実行

・各分科会の内容

経営リスク分科会(契約、与信、資金繰り、減損、債務超過、社内事務、知的財産)

労務・安全衛生分科会労務(負傷、疾病、労務、安全衛生)

コンプライアンス分科会(法令違反、外部犯罪、社内不正)

防災リスク分科会(防災訓練、安否確認)

環境リスク分科会(環境リスク)

品質管理分科会(食品衛生管理、品質管理)

情報システム分科会(ネットワーク障害、顧客情報・個人情報漏洩、安否確認)

雇用・人事リスク分科会(人材流出、海外派遣社員)

 

【リスクの設定イメージ】

(画像は省略されました)


 

リスク管理委員会、及び各分科会により新たなリスクの候補の洗い出し、及びリスクの特定を行います。特定したリスクについて、固有リスクの評価、統制活動の決定、統制活動の有効性の評価、残余リスクの評価、リスク対策の優先度を分析し、対策を策定、実施いたします。また同時に特定したリスクに実施した対策をモニタリング、及び評価を行い、改善するサイクルを回しております。

 

(3) 個別のリスク

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。  

特に重要なリスク

分類

項目

リスクの内容

リスクへの主要な取り組み

経営成績等の状況の異常な変動

売上減少

・新型コロナウイルス感染症による来客数減少。

・新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言による営業自粛。

・新型コロナウイルス感染症予防、拡大防止対策を徹底。お客様に安心して店舗を楽しんでいただけるよう取り組む。

・テイクアウト販売等、新たなお客様ニーズの創出による収益力の向上。

資金繰り

・新型コロナウイルス感染症による売上減少。

・新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言による営業自粛により売上減少。

・取引金融機関4行と総額73億円のコミットメントライン契約を締結。運転資金を確保。

固定資産の減損損失

・キャッシュ・フローを生み出す資産グループの収益性の低下、事業計画の未達。

・策定した事業計画のモニタリング実施。

期中業績のモニタリングにより顕在化する減損兆候判定前の資産グループに対する積極的な施策の実行。

繰延税金資産の減少

・課税所得の減少、会社分類の変更、税制改正に伴う税率変更による繰延税金資産の取り崩し。

事業計画で合理的に見積った課税所得の範囲内で繰延税金資産を計上。

・経営環境等の変化などを踏まえ適宜見直しを実施。

純資産悪化

・新型コロナウイルス感染症に伴う利益の減少による純資産悪化の可能性。

経費支出の内容見直し、圧縮による利益の向上。

・エクイティファイナンス等の考察。

その他投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項

BCP再構築

・想定を上回る事象によるBCPの機能不全。

社内各組織から選抜した人材によるプロジェクトチームを組成し、早期にBCPの再構築を図る。

自然災害

・事業停止による機会損失や復旧コストの発生。

・従業員の危害発生。

・営業停止店舗から可能店舗へのお客様、従業員・食材の集中。

・営業停止店舗の早期営業再開を図るため、工事業者等の事前選定を実施。

・食材調達先の分散等の適正な仕入先の選定。

・従業員の安否確認、情報共有化システムを導入。従業員の安否確認、店舗の営業再開を早期に実現する体制を構築。

・各種保険の加入及び加入検討。保険加入後、保険内容の適宜見直し。

疫病

・疫病流行に伴う事業の一時停止による機会損失。

・コミットメントライン契約等による運転資金の確保を検討。

・国や業界団体のガイドラインに沿った感染拡大予防対策を行い、店舗運営を実施。

金利変動

・有利子負債の金利上昇に伴う支払金利コストの増加。

・有利子負債調達時の固定型金利、または変動型金利を慎重に選択。

・事業計画策定時、支払利息を精緻に算出し、計画に織り込む。

財務制限条項抵触

・財務制限条項抵触により期限の利益を喪失する可能性。

・事業計画策定時の確認、また期中業績のモニタリングを実施し、財務制限条項に抵触しないよう注視する。

景気後退

・景気後退による業績悪化。

・月次ベースでの予実管理を強化し、景気後退局面において迅速に対策が打てる体制を構築。

 

 

②重要なリスク

分類

項目

リスクの内容

リスクへの主要な取り組み

経営成績等の状況の異常な変動

棚卸資産の

管理

・虚偽記載等の不正会計(架空在庫、利益の水増し等)。

・毎月実地棚卸を実施し、在庫状況を把握。

・第2四半期及び本決算時は、会計監査人、当社管理部及び内部監査室による棚卸実査を実施。また会計監査人、当社の内部監査室で内部統制ウオークスルーを実施。

重要な訴訟事件等の発生

役員への訴訟

及び株主代表訴訟

・訴訟により財務への影響、ブランドの毀損に発展。

・役員に対する法令遵守(善管注意義務の徹底)の周知徹底。

第三者による権利侵害

・商標権侵害による機会損失やブランド毀損。

・新規出店時の適切な商標登録手続きの実施。

・既登録済み商標の適宜見直し。

・海外でのなりすまし商標を防ぐ為、海外での商標登録を実施。

・商標権侵害の監視体制を強化。

 

 

その他投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項

食品表示法

違反

・アナフラキシーショックによる消費者被害。

・消費者への賠償責任。

・営業停止による機会損失の発生。

信用失墜等。

・物販商品、店舗店頭土産品の食品表示ラベルを社内専門部署で統括する体制を構築。

・飲食店での予約受付時、料理注文時における食物アレルギー有無の確認徹底。

異物混入

・消費者への賠償責任。

・営業停止による機会損失の発生。

・信用失墜等。

・食材納品時、調理時の食材・調理道具の確認徹底。

・仕入業者への確認徹底を啓蒙。

・製菓事業におけるISO22000認証による食品安全体制の構築。

労務問題

・過重労働、健康障害等の発生。

・労務管理体制の充実。健全な労使関係の構築。従業員の健康管理の徹底、法令遵守の啓蒙に努める。

・各事業所に衛生管理者を任命し、毎月衛生委員会を開催。

・定期健康診断、産業医による健康相談を実施。

・労務管理状況を内部監査室により定期的に評価。評価後、改善提案がなされている。

人権問題

・パワハラ、セクハラ、差別等による訴訟の可能性。

・従業員に対して社内規程(コンプライアンスマニュアル等)に沿った行動を指導、また各種社内研修を実施。

・内部通報制度の周知、運用の徹底。

情報漏洩

・個人情報、特定個人情報、顧客情報、営業秘密の漏洩の可能性。

・社内規程の整備。社内情報へのアクセス管理。情報管理を統一し、クラウド環境で一元管理。顧客情報を本社での一括管理等を実施。

・社内規程に基づく業務の徹底。

・各種情報に関する諸教育(概念・漏洩事件・ペナルティー等)を継続して実施。社員の理解を深める。

食材価格の

変動

自然災害、安全性問題、物流の寸断等による仕入価格上昇の可能性。

・食材を適切なロットで分散して仕入れることにより安定した仕入れ体制を構築。体制構築により年間を通して食材の価格、供給、品質の安定を実現。

・取引先との関係強化を図り、仕入れ体制を更に強固にする。

・食材の確保が困難な場合、臨機応変に他の旬の食材によるメニューに変更し、機会損失を回避する。

・料理内容、調理方法の創意工夫により原価の安定を図る。

株価低下

・資金調達の難化。

・人材確保の難化。

・敵対的買収リスクの増加。

・収益の改善、財務内容の向上に注力し、株価向上に努める。

・適時適切なIR活動を実施。

企業イメージの低下

・ブランド毀損による業績への影響。

・法令、社内規程を遵守し、不適切な行為の防止に努める。

・従業員に対する法令、社内規程遵守を啓蒙。

風評及び

クレーム

・風評及びクレーム低下による業績への影響。

・クレームに対する適切な対応の実施。

・原因解消に向けた速やかな対応の実施。

・苦情対応管理マニュアルの整備、運用。

人災、事故

・近隣住民への被害発生の可能性。

多額の賠償金等の発生の可能性。

信用失墜。

・防火、防災管理体制の整備。定期的な訓練の実施。

・各種保険の加入及び加入検討。保険加入後、保険内容の適宜見直し。

 

 

 

(4) その他

(継続企業の前提に関する重要事象等について)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、日本政府による緊急事態宣言、各自治体からの外出自粛要請により、当社は、一部を除いた店舗で臨時休業及び臨時休館を実施いたしました。この結果、2020年4月及び5月に関して、当社の来客数は減少し、売上高が著しく減少しております。

また、緊急事態宣言の解除により同年6月1日から全ての店舗の営業を再開いたしましたが、再開後の集客等の回復には一定期間を要すると考えられることから、資金繰りに懸念が生じており、継続企業の前提に関する重要事項を生じさせるような状況が存在しております。

このような状況を解消するために、当社は財務基盤を安定させることが重要であると考え、キャッシュ・フロー改善を推進し、設備投資や経費の更なる見直し等を基本に収益力の向上に努め、財務体質の改善に取り組んでまいります。また、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する可能性に備え、経営の安定化を図るべく、手元資金を厚くすることを目的として、2020年4月及び6月に取引金融機関4行と総額7,300百万円の機動的な資金調達が可能となるコミットメントライン契約を締結いたしました。

これらの対応策により、当社は、継続企業の前提に重要な不確実性は認められないものと判断しております。 

 

 

2 【沿革】

当社(形式上の存続会社、うかい商事株式会社  1982年8月31日設立、本店所在地  東京都八王子市)は、1990年10月11日を合併期日として、株式会社うかい(実質上の存続会社、1968年3月25日設立、本店所在地  東京都八王子市)及び株式会社横浜うかい(1983年12月10日設立、本店所在地  神奈川県大和市)を吸収合併し、株式会社うかいに商号を変更いたしました。

なお、当社は関係会社との業務の一体化を目的として1997年4月1日を合併期日とし、株式会社コレクト(1990年5月18日設立、本店所在地  東京都八王子市)を吸収合併しております。

 

(画像は省略されました)


(事業の変遷)

年月

事項

1964年12月

東京都八王子市にうかい鳥山創業。

1968年3月

東京都八王子市に株式会社うかい鳥山を設立。

1974年12月

東京都八王子市に八王子うかい亭を開店。

1975年11月

東京都八王子市にうかい竹亭を開店。

1978年5月

株式会社うかい鳥山を株式会社うかいに商号変更。

1982年8月

うかい商事株式会社(現:株式会社うかい)を設立。

1983年12月

神奈川県大和市に株式会社横浜うかい(横浜うかい亭)を設立。

1990年10月

うかい商事株式会社が株式会社うかい及び株式会社横浜うかいを合併。同時にうかい商事株式会社は株式会社うかいに商号変更。

1993年11月

東京都八王子市にとうふ屋うかい 大和田店を開店。

1996年8月

神奈川県足柄下郡箱根町に箱根ガラスの森を開設。

1997年4月

株式会社コレクトを吸収合併。

1997年11月

山梨県南都留郡富士河口湖町に株式会社河口湖うかいを設立。

1999年9月

山梨県南都留郡富士河口湖町に河口湖オルゴールの森を開設。

1999年11月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

2001年3月

東京都八王子市にウカイリゾートを開店。

2001年10月

神奈川県川崎市宮前区にとうふ屋うかい 鷺沼店を開店。

2003年12月

東京都中央区銀座に銀座うかい亭を開店。

2004年12月

ジャスダック証券取引所(現:東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場。

2005年9月

東京都港区芝公園に東京 芝 とうふ屋うかいを開店。

2005年12月

神奈川県横浜市青葉区にあざみ野うかい亭を開店。

2007年3月

株式会社河口湖うかいに河口湖オルゴールの森を事業譲渡。

 

 

年月

事項

2007年11月

東京都渋谷区神宮前に表参道うかい亭を開店。

2009年7月

ウカイリゾートを閉店。

2009年9月

東京都千代田区丸の内にGRILLうかい(現:グリルうかい 丸の内店)を開店。

2011年3月

子会社の株式会社河口湖うかいの株式の一部を売却し、非連結化。

2013年7月

神奈川県横浜市青葉区にアトリエうかい たまプラーザを開店。

2014年4月

東京都中央区銀座に銀座 kappou ukaiを開店

2016年9月

アトリエうかい 八王子工房(東京都八王子市)がISO22000の認証取得を受ける。

2017年2月

東京都千代田区大手町にル・プーレ ブラッスリーうかいを開店。

2017年7月

東京都港区高輪にアトリエうかい エキュート品川を開店。

2017年9月

東京都調布市にアトリエうかい トリエ京王調布を開店。

2017年11月

御盟晶英酒店股份有限公司(台湾・高雄市)と業務提携し、台湾・高雄市にうかい亭高雄(カオシュン)を開店。

2018年3月

東京都港区六本木に六本木うかい亭及び六本木 kappou ukaiを開店。

2019年1月

御盟建設股份有限公司(台湾・高雄市)と業務提携し、台湾・台北市にTHE UKAI TAIPEIを開店。

2019年4月

大阪府大阪市北区にアトリエうかい 阪急うめだ本店を開店。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数
(人)

11

12

83

7

2

3,619

3,734

所有株式数
(単元)

4,354

356

27,245

100

2

20,287

52,344

1,540

所有株式数の割合
(%)

8.32

0.68

52.05

0.19

0.00

38.76

100.00

 

(注)自己株式1,281株は、「個人その他」に12単元及び「単元未満株式の状況」に81株を含めて記載しております。

     

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題の一つと位置付けております。財務基盤の健全性の確保と中長期的な安定配当の継続とのバランスを勘案し、株主の皆様へ適正に利益還元することを基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、この配当の決定機関は、株主総会であります。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、2020年3月期の業績及び財政状態を鑑み、誠に遺憾ではありますが、無配とさせていただきます。

内部留保資金の使途につきましては、財務体質の強化を図りながら、更なる成長への戦略投資に充当していきたいと考えております。

なお当社は、「取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨定款で定めております。

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

 男性13名 女性1名 (役員のうち女性の比率7.1%) 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役会長

鵜飼 正紀

1963年3月15日

1985年4月

フランス料理店トントン・コリーヌ入社

1986年7月

当社入社

1988年4月

当社うかい竹亭支配人

1989年11月

当社取締役

1990年5月

㈱コレクト代表取締役社長

1990年8月

当社取締役うかい竹亭店長

1993年10月

当社取締役営業統括

1997年11月

㈱河口湖うかい取締役

2002年3月

当社取締役社長室長

2006年3月

当社取締役副社長

2008年1月

うかい商事㈱代表取締役(現任)

2009年7月

当社顧問

2013年6月

当社取締役会長(現任)

(注)3

550,000

代表取締役社長

大工原 正伸

1958年2月8日

1988年1月

当社入社

1988年12月

当社横浜うかい亭料理長

1993年8月

当社八王子うかい亭・横浜うかい亭総料理長

1993年10月

当社開発事業部次長兼八王子うかい亭・横浜うかい亭総料理長

1998年6月

当社取締役開発事業部長

2006年3月

当社常務取締役開発事業部長

2006年7月

当社常務取締役管理本部長

2007年5月

㈱河口湖うかい取締役

2008年3月

当社専務取締役管理本部長

2008年6月

当社専務取締役

2009年6月

当社代表取締役社長(現任)

(注)4

8,360

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役専務
事業本部長兼経営企画室担当

紺野 俊也

1964年6月27日

1988年11月

レストランパンタグリュエル入社

1991年3月

当社入社

1993年11月

当社横浜うかい亭副料理長

1996年9月

当社横浜うかい亭料理長

2003年3月

当社洋食事業部総料理長

2006年3月

当社執行役員洋食事業部総料理長

2006年7月

当社執行役員洋食事業部副部長

2008年3月

当社執行役員洋食事業部長

2008年6月

当社取締役洋食事業部長

2009年12月

当社取締役洋食事業部長兼営業推進室長

2011年2月

当社常務取締役営業本部長

2012年5月

当社常務取締役営業本部長兼海外戦略室長

2012年11月

当社常務取締役営業本部長

2014年5月

当社常務取締役営業本部長兼営業戦略室長

2014年11月

当社常務取締役営業本部長

2016年2月

当社専務取締役営業本部長

2017年3月

当社専務取締役事業本部長兼経営企画室担当

2020年6月

当社代表取締役専務事業本部長兼経営企画室担当(現任)

(注)4

2,800

常務取締役
管理本部長兼文化事業部担当

峰尾 亨

1956年5月17日

1976年6月

㈱うかい鳥山(現:当社)入社

1996年5月

当社八王子うかい亭店長

2002年6月

当社河口湖オルゴールの森館長

2003年9月

当社銀座うかい亭店長

2005年6月

当社洋食事業統括部長

2005年11月

当社執行役員洋食事業部長

2006年2月

当社取締役

2006年3月

当社常務取締役

2008年3月

当社常務取締役営業推進室長

2009年12月

当社常務取締役経営企画室長

2010年5月

㈱河口湖うかい取締役

2012年11月

当社常務取締役

2014年5月

当社常務取締役管理本部長

2018年2月

当社常務取締役管理本部長兼文化事業部担当(現任)

(注)3

3,680

取締役
文化事業部長兼箱根ガラスの森館長

岩田 正崔

1939年7月6日

1964年4月

㈱大丸本社入社

1986年2月

同社梅田店営業推進部長

1989年9月

同社本部販売促進部長兼㈱大丸クリエーション取締役

1991年9月

同社東京店美術部長兼営業本部美術部部長

1996年7月

当社入社、箱根ガラスの森館長

1998年6月

当社取締役箱根ガラスの森館長

2002年3月

当社取締役文化事業部長兼箱根ガラスの森館長(現任)

2007年2月

㈱河口湖うかい代表取締役

(注)4

1,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役
企画推進部長

松崎 城康

1970年12月28日生

1995年4月

日本水産観光株式会社入社

1996年8月

株式会社バーニーズジャパン入社

2000年2月

当社入社

2004年5月

当社横浜うかい亭店長

2005年10月

当社あざみ野うかい亭店長

2009年12月

当社洋食副事業部長兼あざみ野うかい亭店長

2011年2月

当社執行役員営業推進室長

2012年9月

当社執行役員和食事業部長

2016年2月

当社執行役員和食事業部長兼営業推進室長

2017年3月

当社執行役員企画推進部長兼営業推進室長

2019年5月

当社執行役員企画推進部長

2020年6月

当社取締役企画推進部長(現任)

(注)4

2,003

取締役
物販事業部長兼品質管理室長

渡辺 登美男

1964年2月24日生

1990年8月

当社入社

2004年11月

当社ウカイリゾート店長

2007年2月

当社八王子うかい亭店長

2011年2月

当社洋食事業部副事業部長兼八王子うかい亭店長

2011年10月

当社営業本部洋食事業部長

2012年9月

当社執行役員洋食事業部長

2014年10月

当社執行役員営業戦略室長

2016年2月

当社執行役員物販事業部長

2017年3月

当社執行役員物販事業部長兼品質管理室長

2020年6月

当社取締役物販事業部長兼品質管理室長(現任)

(注)4

2,436

取締役
飲食事業部長

笹野 雄一郎

1971年1月12日生

1992年4月

菱栄観光開発株式会社入社

2000年3月

当社入社

2003年10月

当社ウカイリゾート料理長

2007年2月

当社銀座うかい亭料理長

2011年3月

当社銀座うかい亭総料理長

2013年10月

当社洋食事業部総料理長

2016年2月

当社執行役員洋食事業部総料理長

2018年8月

当社執行役員総料理長兼海外戦略室長

2020年4月

当社執行役員飲食事業部長

2020年6月

当社取締役飲食事業部長(現任)

(注)4

1,059

取締役
経営企画室長

斎藤 寿美子

1960年12月23日生

1981年4月

三谷セキサン株式会社入社

2007年9月

当社入社

2007年9月

当社管理部経理課長

2009年12月

当社管理部課長兼経営企画室課長

2017年3月

当社経営企画室室長

2018年8月

当社執行役員経営企画室長

2020年6月

当社取締役経営企画室長(現任)

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

吉田 光男

1948年11月13日

1972年4月

サントリー㈱(現:サントリーホールディングス㈱)入社

1991年4月

同社国際部部長

2001年3月

同社取締役

2003年3月

同社取締役財経本部長

2005年3月

サントリーフーズ㈱取締役副社長兼サントリー㈱顧問

2006年3月

㈱ティップネス代表取締役社長

2009年3月

サントリービア&スピリッツ㈱(現:サントリー酒類㈱)常勤監査役

2015年6月

当社取締役(現任)

(注)3

取締役

渡邊 啓司

1943年1月21日

1975年10月

プライスウォーターハウス会計事務所(現:PwCあらた有限責任監査法人)入所

1987年7月

青山監査法人(現:PwCあらた有限責任監査法人)代表社員

Price Waterhouse Coopers(現:PwCあらた有限責任監査法人)Partner

1995年8月

監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)入所

1996年4月

同所代表社員

2000年6月

いちよし証券㈱社外取締役

2003年7月

Deloitte Touche Tohmatsu

Global Middle Markets Leader

2008年6月

㈱朝日工業社社外取締役(現任)

2010年6月

SBIホールディングス㈱社外取締役

2011年3月

㈱青山財産ネットワークス社外取締役(現任)

2017年6月

SBIインシュアランスグループ㈱社外取締役(現任)

2017年6月

北越紀州製紙㈱(現:北越コーポレーション㈱)社外監査役(現任)

2018年6月

当社取締役(現任)

(重要な兼職の状況)

㈱朝日工業社社外取締役

㈱青山財産ネットワークス社外取締役

SBIインシュアランスグループ㈱社外取締役

北越コーポレーション㈱社外監査役

(注)4

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

常勤監査役

佐藤 喜彦 

1955年7月11日

1978年4月

サントリー㈱(現:サントリーホールディングス㈱)入社

1999年10月

モンテ物産㈱出向 取締役総務部長

2003年3月

サントリー㈱ 東京経理センター長

2006年9月

㈱ティップネス出向 経理部長

2007年3月

同社 取締役経理部長

2009年4月

サントリービア&スピリッツ㈱(現:サントリー酒類㈱)出向 営業推進第2部審査部長

2012年7月

㈱大治 取締役統括管理部長

2013年11月

㈱共立メンテナンス 経営企画部担当部長

2014年1月

㈱共立フーズサービス 管理部長

2019年1月

同社顧問

2019年6月

当社監査役

2020年6月

当社常勤監査役(現任)

(注)5

監査役

久保田 勇一

1945年2月19日

1963年3月

大中証券㈱入社

1967年2月

㈱アラスカ入社

1974年8月

㈱うかい鳥山(現:当社)入社

1977年9月

当社八王子うかい亭料理長

1983年11月

当社八王子うかい亭店長

1992年6月

当社横浜うかい亭店長

2003年3月

当社洋食事業統括部長兼八王子うかい亭店長

2005年3月

当社内部監査役

2010年12月

当社内部監査室長

2011年6月

当社常勤監査役

2020年6月

当社監査役(現任)

(注)5

監査役

西牧 良悦

1946年7月23日

1975年7月

東京国税局査察部査察官

1997年7月

船橋税務署副署長

2002年7月

東京国税局実査官(NPO)

2003年7月

東京国税局資料調査課長

2004年7月

東京上野税務署長

2006年9月

税理士登録

2007年4月

拓殖大学非常勤講師

2008年6月

当社監査役(現任)

2011年6月

㈱昭和システムエンジニアリング 社外監査役(現任)

(重要な兼職の状況)

㈱昭和システムエンジニアリング 社外監査役

(注)5

 

 

 

 

571,338

 

 

(注)1.取締役 吉田光男及び渡邊啓司は、社外取締役であります。

 2.監査役 佐藤喜彦及び西牧良悦は、社外監査役であります。

 3.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

 4.2020年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

 5.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 6.取締役 松崎城康、渡辺登美男及び笹野雄一郎の所有株式数には、2020年3月31日現在の当社従業員持株会を通じての保有分が含まれております。なお、同3名は同年6月29日開催の当社第38回定時株主総会により選任され、現在、当社従業員持株会の規約に基づき、持分引出等の退会に際しての処理を行っております。

 7.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数
(株)

金澤 優

1958年1月2日生

1986年4月

弁護士登録(第一東京弁護士会所属)

1992年5月

米国ニューヨーク州弁護士登録

1998年1月

紀尾井坂法律特許事務所所属弁護士

2000年6月

三井倉庫株式会社(現:三井倉庫ホールディングス株式会社)社外監査役

2001年7月

小坂・山﨑法律事務所(現:丸の内第一綜合法律事務所)パートナー弁護士(現任)

2015年8月

公認会計士登録

 

 

②  社外役員の状況

当社の社外取締役は2名であります。

社外取締役吉田光男氏は、長年にわたり経営の第一線に携わっており、経営者としての豊富な経験と幅広い見識から経営管理の専門的な知見を有しており、独立的な立場から職歴、経験、知識等を活かして当社の経営に対する適切な監督を行い、企業統治における意思決定の透明性に寄与していただけるものと判断し社外取締役として選任しております。当社と同氏とは人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。また、同氏は、一般株主と利益相反が生じるおそれがない社外取締役であることから、東京証券取引所に独立役員として届け出ております。

社外取締役渡邊啓司氏は、会計専門家としての豊富な経験と専門知識を有しており、会計専門家としての客観的立場から当社の経営に対する適切な監督を行い、企業統治における意思決定の透明性に寄与していただけるものと判断し社外取締役として選任しております。当社と同氏とは人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。また、同氏は、一般株主と利益相反が生じるおそれがない社外取締役であることから、東京証券取引所に独立役員として届け出ております。

当社の社外監査役は2名であります。

社外監査役佐藤喜彦氏は、他社で長年にわたり財務部門に従事あるいは管掌した経験から経営管理の専門的な知見を有しており、職歴、経験、知識等を活かして、当社取締役の業務執行の監査に留まらず、企業統治における意思決定の透明性に寄与していただけるものと判断し社外監査役として選任しております。当社と同氏とは人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。また、同氏は、一般株主と利益相反が生じるおそれがない社外監査役であることから、東京証券取引所に独立役員として届け出ております。

社外監査役西牧良悦氏は、税理士として専門的な知見を有しており、財務及び会計の観点から監査体制の強化を図ることができるものと判断し社外監査役として選任しております。当社と同氏とは人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。

社外監査役2名は、それぞれ専門的な知見から監視、監督機能を発揮しており、外部からの客観的、中立的な経営の監視機能は、十分に機能する体制が整っているものと判断しております。

また当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性について特段の定めはありませんが、専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督または監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として選任しております。

 

③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との関係は、内部監査は、内部監査室が行っており、業務活動に関して、運営状況、業務実施の有効性及び効率性、コンプライアンスの状況等について監査を行い、その結果を代表取締役社長に報告するとともに、主管部所に業務の改善及び適切な運営に向けての助言や勧告を行っております。また、内部監査室は、監査役とも密接な連携をとっており、監査役は、内部監査状況を適時に把握できる体制になっております。

監査役は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社の業務全般について、常勤監査役を中心として計画的かつ網羅的な監査を実施しております。また、取締役会その他重要な会議に出席し、意見を述べるほか、取締役からの聴取等を通じ、監査を実施しております。監査役3名は独立機関としての立場から、適切な監視を行うため定期的に監査役会を開催し、打合せを行い、また、会計監査人を含めた積極的な情報交換により連携をとっております。

また、内部監査室、監査役会及び会計監査人は、定期的に会合を実施することで情報交換及び相互の意思疎通を図っております。

4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

 

【売上原価明細書】

1.事業本部収入原価

 

 

前事業年度

(自 2018年4月1日
 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日
 至 2020年3月31日)

区分

注記
番号

金額(千円)

構成比
(%)

金額(千円)

構成比
(%)

1.飲食収入原価

 

 

 

 

 

(1)材料費

 

2,786,950

45.8

2,520,122

42.7

(2)労務費

 

1,937,217

31.8

2,004,353

33.9

(3)経費

 

779,934

12.8

790,633

13.4

飲食収入原価

 

5,504,101

90.4

5,315,109

90.0

2.商品売上原価

 

398,331

6.5

434,611

7.4

3.その他売上原価

 

189,203

3.1

159,096

2.7

合計

 

6,091,636

100.0

5,908,817

100.0

 

 

 

 

 

 

 

(注)事業本部収入原価は、実際総合原価計算によっております。

 

2.文化事業収入原価

 

 

前事業年度

(自 2018年4月1日
 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日
 至 2020年3月31日)

区分

注記
番号

金額(千円)

構成比
(%)

金額(千円)

構成比
(%)

1.入場料等収入原価

 

 

 

 

 

(1)人件費

 

42,035

9.5

45,729

11.2

(2)経費

 

131,605

29.6

130,225

31.9

入場料等収入原価

 

173,641

39.1

175,954

43.1

2.商品売上原価

 

208,744

47.0

173,750

42.6

3.飲食収入原価

 

61,977

13.9

58,452

14.3

合計 

 

444,362

100.0

408,157

100.0

 

 

 

 

 

 

 

(注)文化事業収入原価は、実際総合原価計算によっております。

 

1 【設備投資等の概要】

当社は、事業本部・文化事業のブランド価値の更なる向上と競争力強化を図るため、計画的に設備投資を実施し、各店の設備の改善・充実をしております。当事業年度の設備投資額は、総額456百万円でありました。主なものは、2019年10月の台風第19号により損傷を受けた『うかい鳥山』の建物や設備の復旧及び改修工事費用の他、その他既存店に対するリニューアル工事費用等であります。

重要な設備の売却はありません。

 

株価(1年)
期間を変更
PER(1年/会予)
期間を変更

その他企業情報

企業価値21,565 百万円
純有利子負債3,819 百万円
EBITDA・会予N/A
株数(自己株控除後)5,234,659 株
設備投資額456 百万円
減価償却費544 百万円
のれん償却費N/A
研究開発費N/A
代表者代表取締役社長 大工原 正伸
資本金1,297 百万円
住所東京都八王子市南浅川町3426番地
会社HPhttps://www.ukai.co.jp/

類似企業比較