1年高値3,250 円
1年安値1,499 円
出来高71 千株
市場東証1
業種卸売業
会計日本
EV/EBITDA12.8 倍
PBR0.5 倍
PSR・会予0.1 倍
ROAN/A
ROIC4.4 %
β1.31
決算3月末
設立日1947/4/1
上場日1963/8/19
配当・会予60 円
配当性向-29.7 %
PEGレシオ-0.6 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・予想:1.4 %
利益(百万円)
営利5y CAGR・予想:-4.5 %
純利5y CAGR・予想:-9.5 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当グループは、当社、子会社89社及び関連会社20社で構成され、鉄鋼を中心にプライマリー原料、リサイクル原料、食品、石油・化成品、木材及び機械等各種商品の販売を主たる事業とし、さらに鋼材加工、リサイクル金属加工及びアミューズメント施設の管理・運営等の事業活動も行っております。

当グループは、販路開拓に積極的に取り組んでおり、国内外にわたり営業拠点を充実させております。

なお、当グループの事業に係わる位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

また、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。

 

セグメントの名称

主な取扱商品またはサービスの内容

 

主要な関係会社名

鉄鋼事業

主な取扱商品は、条鋼、建設工事、鋼板、特殊鋼、線材、鋼管及び鉄屑であります。

また、加工及び保管等を行っております。

国内

◎エスケーエンジニアリング㈱

◎㈱ダイサン

◎阪和流通センター東京㈱

◎阪和流通センター大阪㈱

◎阪和流通センター名古屋㈱

◎阪和スチールサービス㈱

◎阪和エコスチール㈱

◎三栄金属㈱

◎㈱トーハンスチール

◎ダイコースチール㈱

◎亀井鐵鋼㈱

◎大鋼産業㈱

◎太洋鋼材㈱

◎㈱松岡鋼材

◎㈱カネキ

◎すばる鋼材㈱

◎ジャパンライフ㈱

◎廣内圧延工業㈱

◎山陽鋼材㈱

〇ダイサン物流㈱

○北陸コラム㈱

◆近江産業㈱

◆ステンレスパイプ工業㈱

◆メタルテック㈱

海外

◎HANWA STEEL SERVICE MEXICANA, S.A. DE C.V.

◎HANWA STEEL SERVICE (THAILAND) CO., LTD.

◎PT. HANWA STEEL SERVICE INDONESIA

◎阪和鋼板加工(東莞)有限公司

◎長富不銹鋼中心(蘇州)有限公司

◎HANWA STEEL CENTRE(M) SDN. BHD.

◎日鴻不銹鋼(上海)有限公司

〇SIAM HANWA CO., LTD.

〇HANWA FELLOWS ENGINEERING (THAILAND) CO., LTD.

○HANWA SMC STEEL SERVICE HA NOI CO., LTD.

◆COSMOSTEEL HOLDINGS LTD.

◆SOHBI KOHGEI (PHILS.), INC.

◆SMC TOAMI LLC.

◆SENDO STEEL PIPE JOINT VENTURE CO., LTD.

◆NIPPON EGALV STEEL SDN. BHD.

◆NST SAIGON COIL CENTER CO., LTD.

◆SMC TRADING INVESTMENT JSC.

●SOHBI CRAFT POLAND SP. Z O.O.

プライマリー

原料事業

主な取扱商品は、ニッケル、クロム、シリコン、マンガン及び合金鉄であります。

国内

◎日本南ア・クロム㈱

海外

◆SAMANCOR CHROME HOLDINGS PROPRIETARY LTD.

リサイクル

原料事業

主な取扱商品は、アルミニウム、銅及び亜鉛であります。

また、リサイクル事業を行っております。

国内

◎昭和メタル㈱

◎日興金属㈱

◎正起金属加工㈱

◇阪和メタルズ㈱

海外

◎PT. HANWA ROYAL METALS

食品事業

主な取扱商品は、水産物及び畜産物であります。

国内

◎ハンワフーズ㈱

◎丸本本間水産㈱

○東日本フーズ㈱

海外

◎SEATTLE SHRIMP & SEAFOOD COMPANY, INC.

石油・化成品事業

主な取扱商品は、石油製品、工業薬品、化学品及び廃棄物燃料であります。

国内

◎トーヨーエナジー㈱
◎西部サービス㈱
◎㈲アルファフォルム

◇ティーエスオイルターミナル㈱

海外販売子会社

海外の主要な拠点において当社と同様に多種多様な商品の売買を行っております。

海外

◎HANWA SINGAPORE (PRIVATE) LTD.

◎HANWA AMERICAN CORP.

◎HANWA THAILAND CO., LTD.

◎阪和(香港)有限公司

◎阪和(上海)管理有限公司

◎台湾阪和興業股份有限公司

◎HANWA CANADA CORP.

◎PT. HANWA INDONESIA

〇広州阪和貿易有限公司

〇HANWA (KOREA) CO., LTD.

◇HANWA VIETNAM CO., LTD.

◇HANWA MEXICANA, S.A. DE C.V.

◇阪和商貿(大連)有限公司

◇HANWA (MALAYSIA) SDN. BHD.

◇阪和商貿(青島)有限公司

その他

主な取扱商品は、木材及び機械であります。

また、アミューズメント施設の管理・運営等を行っております。

国内

◎㈱ハローズ

◇㈱阪和アルファビジネス

海外

◇HANWA REINSURANCE CORP.

 

◎連結子会社 ○非連結子会社 ◇持分法適用非連結子会社 ◆持分法適用関連会社 ●関連会社

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 経営成績の状況

当連結会計年度における世界経済は、米国では良好な雇用・所得環境を背景に個人消費などが堅調に推移しましたが、通商政策や外交面での不透明感に加え、新型コロナウイルス感染症の流行により年度末にかけて景気の停滞感が強まりました。欧州では、英国のEU離脱問題などを背景に景況感の悪化が続いたほか、足もとにおいては感染症拡大の影響によりインバウンドを含む個人消費や製造業分野における輸出の減少などが目立ちました。中国では、米国との貿易摩擦の長期化を背景に緩やかな減速傾向が続いていましたが、湖北省から発生が確認された感染症の拡がりを機に、中国全土において経済活動が大幅に縮小しました。その他の新興諸国では、米中貿易摩擦の影響などにより輸出を中心に弱い動きが続いていましたが、感染症の拡大による中国の需要減や供給網の混乱などを受け、東南アジアなどを中心に景気は総じて下振れしました。

また、国内経済は、雇用・所得環境の改善により個人消費などの家計部門が総じて堅調に推移しましたが、企業部門においては輸出環境の低迷に加え、国際商品市況の下落や感染症の流行などにより景況感のさらなる悪化が見られました。

このような環境において、当連結会計年度の売上高は、国内外の鋼材需要が総じて減少傾向にあるなかで当社も取扱数量を減らしたほか、非鉄金属、合金鉄及び石油製品などの商品市況が前連結会計年度に比べて低い水準にあったことなどから前連結会計年度比8.1%減の1,907,493百万円となりました。また利益面では、営業利益はプライマリー原料事業や鉄鋼事業、食品事業の減益などにより、前連結会計年度比5.4%減の27,330百万円に、また経常損益は持分法適用関連会社であるSAMANCORに関する減損処理による損失27,346百万円を持分法による投資損失として営業外費用に計上したことなどから、12,598百万円の損失となりました(前連結会計年度は、23,395百万円の利益)。親会社株主に帰属する当期純損益は、特別損失として投資有価証券評価損などを計上したことなども加わり、13,674百万円の損失となりました(前連結会計年度は、13,914百万円の利益)。

セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

鉄鋼事業

米中貿易摩擦や消費税率引上げによる影響のほか、オリンピック関連工事の一巡などにより鋼材需要が減退傾向にあったなかで、当社の取扱数量も製造業向け・建設土木向けともに減少しました。また、鋼材価格は前連結会計年度に比べると高い水準にはあったものの、需要の減退によりじり安傾向が続いたため、子会社を中心に利幅を確保しづらい状況が続きました。これらの結果、当事業の売上高は前連結会計年度比4.1%減の1,005,403百万円、セグメント利益は前連結会計年度比15.9%減の14,628百万円となりました。

 

プライマリー原料事業

クロム系・マンガン系の合金鉄やステンレス鋼の価格が総じて弱含みで推移したことや、シリコン系合金鉄などの取扱数量が減少したことが収益を下押ししました。また、営業外損益においては、フェロクロム市況の低迷などSAMANCORを取り巻く事業環境の悪化が長引くなかで、同社に対する投資の全額を回収することは困難であると判断し、同社株式に含まれる鉱業権等の期末簿価27,346百万円を全額減損処理した結果、SAMANCORに関する持分法による投資損失が34,914百万円となりました。これらの結果、当事業の売上高は前連結会計年度比14.5%減の259,855百万円、セグメント損益は30,506百万円の損失(前連結会計年度は、5,817百万円の利益)となりました。

リサイクル原料事業

米中貿易摩擦や各国の景気後退懸念などからベースメタルの国際価格が前連結会計年度に比べて弱含みで推移したほか、ステンレスやアルミニウムスクラップなどの取扱数量が減少したことにより減収となりました。一方、銅スクラップ価格の下降局面で安値調達したことによる採算の改善や新規連結したPT. HANWA ROYAL METALSからの利益の上乗せなどから増益となりました。これらの結果、当事業の売上高は前連結会計年度比1.4%減の78,818百万円、セグメント利益は前連結会計年度比51.4%増の2,302百万円となりました。

食品事業

主力品目であるサケ類などで供給過多の状況が続いていたところ、新型感染症の拡大により主要消費国での需要が減退したほか、国内の外食産業における営業自粛なども重なり、商品市況は年度末にかけて下落しました。一方、米国の子会社が取扱品目を拡大したほか、国内において連結子会社の数が増加した影響もあり、売上高は微増となりました。また、利益面ではサケ価格の急落によりたな卸資産評価損が増加したことや為替差益が減少したことなどが下押ししました。これらの結果、当事業の売上高は前連結会計年度比0.4%増の101,754百万円、セグメント損益は144百万円の損失(前連結会計年度は、1,543百万円の利益)となりました。

石油・化成品事業

原油・石油製品の価格は前連結会計年度に比べ低い水準で推移しておりましたが、産油国による協調減産の合意決裂や感染症による需要減衰観測の高まりなどから、年度末にかけて急落しました。また、元売り業界の再編によるスポット取引市場の縮小を受けて、当社における石油製品の取扱数量も減少しました。一方、PKS(パーム椰子殻)をはじめとするバイオマス燃料の販売が着実に収益を伸ばしたほか、船舶燃料におけるSOx(硫黄酸化物)規制を見越した需給変動を捉えて利幅を拡大したことなどが利益に貢献しました。これらの結果、当事業の売上高は前連結会計年度比13.8%減の210,457百万円、セグメント利益は前連結会計年度比92.9%増の4,177百万円となりました。

海外販売子会社

各国経済が縮小傾向にあるなかで、シンガポールでの石油製品の取扱い減少やタイ・台湾などでの非鉄金属の需要の減少、米国での金属原料類の取扱い減少のほか、インドネシアでは鋼材販売が停滞する一方で地場取引比率の増加を背景に現地通貨建資金の調達コストが負担となったことも利益を押し下げました。これらの結果、売上高は前連結会計年度比23.4%減の241,011百万円、セグメント利益は前連結会計年度比54.5%減の466百万円となりました。

その他の事業

木材事業では住宅メーカー向けなどで天井用鋼製下地材をはじめ木材製品以外でも取扱品目を拡大したほか、EUとの経済連携協定(EPA)の発効により欧州製材の関税率が引き下げられたことなどが寄与し、収益を押し上げました。また、機械事業では産業機械分野及びレジャー施設分野の完工収入が収益に貢献しました。これらの結果、売上高は前連結会計年度比3.0%増の85,004百万円、セグメント利益は前連結会計年度比44.9%増の1,400百万円となりました。

 

② 財政状態の状況

当連結会計年度末の総資産は、売上債権や投資有価証券の減少などにより、前連結会計年度末比14.5%減の798,442百万円となりました。

負債は、主に仕入債務や短期借入金の減少などにより、前連結会計年度末比13.5%減の632,344百万円となりました。そのうち、有利子負債は、前連結会計年度末比8.9%減の331,107百万円となり、当連結会計年度末のネット負債倍率は、1.6倍(1.3倍※)となりました。

純資産は、親会社株主に帰属する当期純損失の計上による利益剰余金の減少やその他有価証券評価差額金の減少などにより、前連結会計年度末比18.0%減の166,097百万円となりました。これらの結果、当連結会計年度末の自己資本比率は、前連結会計年度末の20.2%(22.8%※)に対し20.5%(23.6%※)となりました。
※ネット負債倍率及び自己資本比率の( )内の値は、2019年3月に実施した劣後特約付ローン(ハイブリッドロー

ン)50,000百万円について、格付上の資本性(50%)を考慮して算出しております。

 

③ キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ8,859百万円(15.2%)増加し、67,243百万円となりました。

これは主に各事業分野における需要が縮小傾向にあるなかで、当社グループにおける取扱高も前連結会計年度に比べて減少し、追加の運転資金需要が減少したことによるものです。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における営業活動による収入は74,261百万円となり、前連結会計年度に比べ58,844百万円(381.7%)増加しました。これは主に、国内外の鋼材需要などが減少傾向にあるなかで取扱数量が減少したほか、非鉄金属や石油製品などの商品市況が前連結会計年度に比べて低い水準で推移したため、売上債権などが減少し新たな運転資金需要が減少したことによるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における投資活動による支出は24,159百万円となり、前連結会計年度に比べ3,536百万円(17.1%)増加しました。これは主に投資有価証券の取得や長期貸付の実行による支出が増加したことによるものです。

 

この結果、営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローを合計したフリー・キャッシュ・フローは、50,102百万円の収入となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における財務活動による支出は42,314百万円となりました(前連結会計年度は28,132百万円の収入)。これは主に営業活動によるキャッシュ・フローが増加したことなどから、長期借入や社債発行による資金調達を縮小したことによるものです。

 

④ 受注及び販売の実績

 a. 受注実績

   受注実績と販売実績との差異は僅少なため、受注実績の記載は省略しております。

 

 b. 販売実績

   当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

外部顧客への売上高(百万円)

前連結会計年度比増減率(%)

鉄       鋼      事       業

994,269

△4.1

プ ラ イ マ リ ー    

255,660

△13.8

        

77,609

5.1

食       品      事       業

100,615

0.5

石 油 ・ 化 成 品 事 業

201,763

△13.7

海   外  販   売  子  会  社

195,325

△22.9

そ      の      他

82,248

3.1

1,907,493

△8.1

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、前連結会計年度及び当連結会計年度における当該割合が100分の10以上の相手先がないため、記載を省略しております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたっての重要な会計方針につきましては、「第5 経理の状況  1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表  注記事項4 会計方針に関する事項」をご参照ください。なお、有価証券や固定資産の評価、貸倒引当金や賞与引当金等における見積り及び判断・評価については、過去の実績や足元の状況に応じて合理的と考えられる要因等に基づいて行っておりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は異なる場合があります。

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況

売上高は、鉄鋼事業をはじめ各事業分野における需要が総じて縮小傾向にあるなかで取扱数量が減少したほか、非鉄金属、合金鉄及び石油製品などの商品市況が低い水準にあったことから、食品事業を除き各事業セグメントで減収となり、前連結会計年度に比べ8.1%減の1,907,493百万円となりました。このうち、国内売上高は前連結会計年度比0.3%減の1,342,564百万円、海外売上高は前連結会計年度比22.4%減の564,928百万円となりました。

売上原価は、商品価格の下落によりたな卸資産の評価減などが発生した一方、販売数量の減少に伴い仕入数量も減少したことなどから、前連結会計年度に比べ8.4%減の1,827,666百万円となりました。

販売費及び一般管理費は、給料・福利厚生費などの人件費の増加に加え、新規連結した子会社分の経費の増加などにより、前連結会計年度に比べ4.3%増の52,496百万円となりました。

営業外収益は、貸付金や商品仕入れに先立つ前渡金などに対する受取金利が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べ23.5%減の5,327百万円となりました。一方、営業外費用は、持分法適用関連会社であるSAMANCORに関する減損処理を実施したことなどから、持分法による投資損失35,439百万円を計上し、前連結会計年度比262.8%増の45,255百万円となりました。これらの結果、経常損益は当社グループとしては初めての損失となりました。

特別利益は、上場株式の売却に伴う投資有価証券売却益の計上のほか、連結子会社における有休不動産の売却による固定資産売却益の計上などにより、前連結会計年度に比べ189.3%増の1,206百万円となりました。また、特別損失は、期末における株式市場の低迷に伴い主として上場株式に対する投資有価証券評価損を計上したほか、社宅の売却に伴う減損損失を計上したことなどから、前連結会計年度に比べ201.2%増の8,603百万円となりました。

法人税等は、会計上は税金等調整前当期純損失を計上したものの、法人税法上は損金に算入されない費用を加算処理した結果課税所得が生じたため、5,555百万円の計上となりました。

これらの結果、当期純損失は25,550百万円(前連結会計年度は13,825百万円の利益)となり、その内、親会社株主に帰属する当期純損失は13,674百万円(前連結会計年度は13,914百万円の利益)となりました。また、1株当たり当期純損失の金額は336.51円(前連結会計年度は342.41円の利益)となりました。

 

③ 当社グループの経営成績等に重要な影響を与える要因

当社グループの経営成績等に影響を与える要因は、「2 事業等のリスク」に記載の通りです。
 当社の主たる事業である商社事業において、影響が大きいものは、商品価格の動向であります。価格のトレンドや国内外の需給動向を確認しながら、売りと仕入のタイミングを図っていきます。特に在庫取引を行う商品については、買う時期と数量を慎重に判断して行います。鉄鋼事業では流通業向け店売り市場が縮小しており、以前ほど大量の在庫を保有することはなくなったため、市況下落による評価損も昨今は限定的ではあるものの、商品価格の変動幅が過去に比べて大きく変動速度も速くなっており、実需以外の要因も影響を及ぼすため、市況動向の見極めが一層重要になっております。
 次に、当社グループの取引は掛け売りやユーザンスを与えるものも多く、それらは各取引先に対する厳格な審査・与信管理の下に信用枠を設定しています。取引先の信用状態については、常に各営業担当が確認をしており、会社としても社員の与信管理能力の強化や信用保険・ファクタリング等による債権保全に努めておりますが、不測の倒産等が発生した場合には、売上債権の全額を回収できずに貸倒れとなることもあり、全体の損益が影響を受けることがあります。
 海外との取引においては、決済通貨と表示通貨が異なる場合に、表示通貨への換算の際に為替変動の影響を受けます。個別の取引においては、原則として為替予約などにより為替変動による影響を最小限にするように対処しておりますが、決算期末での債権債務の期末レートへの換算替えにおいては、評価損益が発生することがあり、変動幅や速度によっては、全体の損益が影響を受けることがあります。
 資本政策に関しては、当社グループは運転資金や投融資資金を金融機関からの借入や社債発行などにより調達しており、金利変動や金融市場の動向、格付などにより、事業の採算や借入コストが影響を受けます。取引仲介における口銭や手数料収入の利率を金利変動に応じて変動させたり、金利スワップ等でコストの増加を抑制するなどの対応をしてはおりますが、金融市場の大きな変動の中では全体の損益が影響を受けることがあります。
 また、当社グループは、事業領域の拡大や将来収益の源泉を確保するために、既存の商社事業を土台としながら、バリューチェーンのより広い範囲に積極的な事業投資を展開しております。投資に際しては、専門家によるデューディリジェンスの実施や、投資等審査委員会などによる収益性の検証及びリスクの洗い出し等を行っておりますが、当初予定していた事業計画が大きく下振れした場合や予測が困難であった重要な偶発的事象が発生した場合などには、全体の損益が影響を受けることがあります。特に金属資源分野については、収益性のボラティリティが高い傾向にあるため、経営会議や取締役会などにおいて定期的なモニタリングを実施しております。

さらに、当社グループは様々な商品やサービスを取り扱っており、その品質については、仕入先や委託加工先と提携して万全を期していますが、時に品質基準を満たさないもの、不良なものが発生することがありえます。従来、品質に問題があった場合には仕入先や加工先に一義的な保証責任がありましたが、品質欠陥に対する社会的な影響が大きくなっている昨今、商社も品質管理に一層の注意を払うことが必要になっており、その対応によっては保証費用や信用低下などにより全体の損益が影響を受けることがあります。なお、当社では2018年4月より、品質安全環境管理部を新設し、協力業者も含めた品質管理体制の強化を進めています。
 当社グループとしては、上記以外の業績に影響を与えるリスク要因に対しても、あらかじめ可能な限り対処策を講じることで、影響の軽減に努めてまいります。

 

④ 当社グループの資本の財源及び資金の流動性
(キャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、74,261百万円の収入となり、前連結会計年度に比べて381.7%の増加となりました。これは、当連結会計年度においては各国経済が緩やかな減速傾向にあったなかで、各事業分野における需要が縮小し、当社グループの取扱数量も総じて減少傾向にあったほか、非鉄金属や石油製品などの価格が下落したことから、前連結会計年度に比べて売上債権が減少したことなどにより、運転資金需要が縮小したことによります。

投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べて3,536百万円多い24,159百万円の支出となりました。これは、当連結会計年度ではインドネシアにおける高炉一貫普通鋼メーカーである徳信鋼鉄有限公司への出資参画などにより投資有価証券の取得による支出が大きかったことなどによります。

財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度が28,132百万円の収入であったことに対し、当連結会計年度においては42,314百万円の支出となりました。これは、前連結会計年度においては50,000百万円の劣後特約付ローン(ハイブリッドローン)の借入を実行したほか、当連結会計年度においては運転資金需要の減少に対応して、社債の発行などによる資金調達を減らしたことによります。

 

(財務政策)

当社グループは持続可能な企業成長のために必要なレベルの流動性の確保と財務的な健全性・安定性維持を方針としており、資金調達にあたっては、主に長期借入金を利用すると共に、資金調達の多様化を図り、資本市場における社債並びにコマーシャル・ペーパー発行による調達も随時行っております。また、流動性維持のために、金融機関との間で総額120,000百万円のコミットメントライン契約を締結しております。

社債につきましては、市場環境や財政状態の変化に対応した機動的な社債発行を可能にするため、発行登録制度を利用しており、当連結会計年度末現在の国内公募普通社債発行登録枠の未使用枠は、50,000百万円であります。

長期借入金のうち、50,000百万円は劣後特約付きタームローン(ハイブリッドローン)であり、持続可能な企業成長のための資金確保と財務的な健全性の両立を目的として2019年3月に調達を行っております。本ハイブリッドローンは、資本と負債の中間的な性質を持ち、格付機関は残高の50%である25,000百万円を資本と同等に扱っております。

有利子負債の大半は円建てでの調達によるものですが、資産側の通貨属性を考慮した上で負債の通貨を変換するために、適宜通貨金利スワップ、為替予約を締結することで、通貨属性を考慮した資産の内容に見合った調達を図っております。

また、国内子会社については、原則キャッシュ・マネジメント・サービスを導入しており、資金効率化と流動性確保を図っております。

 

⑤ セグメントごとの状況に関する認識及び分析・検討内容

鉄鋼事業の売上高は前連結会計年度に比べ4.1%減の1,005,403百万円、セグメント利益は15.9%減の14,628百万円となりました。鋼材需要は、米中貿易摩擦による輸出環境の低迷や消費税率引き上げによる国内での景況感の悪化のほか、オリンピック関連工事の一巡などもあり弱い動きとなりました。一方、供給面においては、高炉メーカー各社が相次ぎ製鉄所の統合や休止を発表し、減産方針に舵を切るなど、長期的な国内需要の縮小を見据えて生産体制を見直す動きとなりました。このようななか、当社の取扱数量は、店売り・ひも付きともに前連結会計年度に比べて総じて減少し、減収となりました。また利益面については、需要の減退により鋼材価格がじり安傾向となったため、子会社を中心に利幅が縮小したほか、マレーシアにおける持分法適用関連会社NIPPON EGALV STEEL SDN. BHD.の撤退に係る損失を計上したことなどから、減益となりました。

プライマリー原料事業の売上高は前連結会計年度に比べ14.5%減の259,855百万円、セグメント損益は30,506百万円の損失となりました(前連結会計年度は5,817百万円の利益)。中国や欧州経済の減速懸念への高まりなどから、クロム系・マンガン系を中心とした合金鉄価格が弱含みで推移したことや、シリコン系合金鉄の取扱数量が減少したことなどにより減収となりました。また、当社の戦略的資源投資先であるSAMANCORについては、フェロクロム市況の低迷や南アフリカにおける電力コストの上昇などを受けて厳しい経営状況が続いていましたが、同社に対する投資の回収可能性について第三者機関も交えて検証し直したところ、その全額を回収することは困難であると判断し、同社株式に含まれる鉱業権等の期末簿価27,346百万円を全額減損処理することとしました。SAMANCORに関する持分法による投資損失は34,914百万円となり、当社連結決算においても経常損失となりました。

リサイクル原料事業の売上高は前連結会計年度に比べ1.4%減の78,818百万円、セグメント利益は51.4%増の2,302百万円となりました。米中貿易摩擦や各国の景気後退懸念などから、銅やアルミなどのベースメタルの国際商品価格が前連結会計年度に比べて弱含みで推移したほか、ステンレスやアルミニウムスクラップなどの取扱数量が減少したこともあり、減収となりました。一方、利益面については、銅スクラップの価格下落局面で安値調達したことにより利幅を確保したことや、インドネシアにおける銅スクラップリサイクル会社であるPT. HANWA ROYAL METALSを新規連結したことによる利益の上乗せなどもあり、増益となりました。

食品事業の売上高は前連結会計年度に比べ0.4%増の101,754百万円、セグメント損益は144百万円の損失となりました(前連結会計年度は1,543百万円の利益)。売上高については米国における販売子会社であるSEATTLE SHRIMP & SEAFOOD COMPANY, INC.がエビ類を中心に販売を伸ばしたほか、数の子の製造・卸売りを手掛ける丸本本間水産㈱の新規連結化などに伴い若干の増収となりました。一方、当社の主力品目であるサケ類において供給過多に伴う価格下落が続いたほか、新型感染症の影響により国内外で需要が減退したことなどから、水産物の商品市況は年度末にかけて大きく下落しました。これらの結果、たな卸資産評価損の計上額が増加したことや、為替差益が減少したことなどから、減益となりました。

石油・化成品事業の売上高は前連結会計年度に比べ13.8%減の210,457百万円、セグメント利益は92.9%増の4,177百万円となりました。原油や石油製品の価格は前連結会計年度に比べると低い水準で推移していましたが、産油国による協調減産の合意決裂や感染症の影響による需要減衰観測の高まりなどから、年度末にかけて急落しました。また、国内の元売り業界の再編に伴うスポット取引市場の縮小などもあり、当社の石油製品の取扱数量も総じて減少しました。これらの結果、売上高は前連結会計年度に比べて減少しました。一方、PKSや木質チップ・ペレットなどのバイオマス燃料の販売が着実に収益を伸ばしたほか、舶用燃料におけるSox(硫黄酸化物)規制を前に高サルファー重油・低サルファー重油ともに価格の上昇局面で利幅を確保したことにより、大きく増益となりました。

海外販売子会社の売上高は前連結会計年度に比べ23.4%減の241,011百万円、セグメント利益は54.5%減の466百万円となりました。インドネシアにおいては、国内で培った地域戦略の機能を移植し、きめ細かなサービスと顧客ニーズに即応した販売戦略を築くことで鉄鋼などの取扱数量が堅調に推移しましたが、地場取引比率の増加に伴い現地通貨建資金の調達コストが負担となり利益を押し下げました。シンガポールやタイ・台湾においては、各国の経済が縮小傾向にあるなかで、石油製品や非鉄金属の需要の減少を受け、取扱数量を減らしました。これらの結果、当事業セグメントは減収・減益となりました。

その他の事業の売上高は前連結会計年度に比べ3.0%増の85,004百万円、セグメント利益は44.9%増の1,400百万円となりました。木材事業では、住宅メーカー向けの直需取引において、天井用鋼製下地材をはじめ木材製品以外でも取扱品目を拡大し収益を伸ばしたほか、機械事業では、産業機械分野・レジャー施設分野ともに完工収入が収益に貢献しました。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社グループ(当社及び連結子会社)の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、鉄鋼を中心とした各種の商品売買を主たる事業とし、主に取扱商品またはサービスの内容別の営業部門によって事業活動を行っております。

したがって、当社グループは、営業部門を基礎とした事業セグメントから構成されており、「鉄鋼事業」、「プライマリー原料事業」、「リサイクル原料事業」、「食品事業」、「石油・化成品事業」及び「海外販売子会社」の6つを報告セグメントとしております。 

各報告セグメントに属する主な取扱商品またはサービスの内容は、以下の通りであります。

 

鉄鋼事業        :

条鋼、建設工事、鋼板、特殊鋼、線材、鋼管、鉄屑・(加工、保管)

プライマリー原料事業  :

ニッケル、クロム、シリコン、マンガン、合金鉄

リサイクル原料事業   :

アルミニウム、銅、亜鉛・(リサイクル事業)

食品事業        :

水産物、畜産物

石油・化成品事業    :

石油製品、工業薬品、化学品、廃棄物燃料

海外販売子会社     :

(各種商品の売買及びそれらに係る事業活動)

 

(注) 当社グループにおけるサービスの内容は、( )で示しております。

 

 

当連結会計年度より、2019年4月1日付の組織変更に伴い、事業セグメントの区分方法を見直し、報告セグメントを従来の「金属原料事業」「非鉄金属事業」から、「プライマリー原料事業」「リサイクル原料事業」に変更しております。

なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成しており、「3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報」の前連結会計年度に記載しております。

 

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 報告セグメントの利益又は損失は、連結損益及び包括利益計算書の経常利益又は経常損失と調整を行っております。セグメント間の取引価格及び振替価格の決定方法については、市場価格に基づいております。

 

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

   前連結会計年度(自 2018年4月1日  至 2019年3月31日)

 

報告セグメント

鉄鋼事業
(百万円)

プライマリー

原料事業
(百万円)

リサイクル
原料事業
(百万円)

食品事業
(百万円)

石油・
化成品事業
(百万円)

海外販売
子会社
(百万円)


(百万円)

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

1,037,297

296,437

73,847

100,093

233,664

253,495

1,994,837

セグメント間の
内部売上高又は
振替高

10,676

7,421

6,056

1,296

10,585

61,259

97,295

1,047,974

303,858

79,903

101,389

244,250

314,755

2,092,132

セグメント利益

17,393

5,817

1,520

1,543

2,165

1,024

29,464

セグメント資産

494,499

194,717

24,797

45,120

40,319

57,045

856,500

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

3,499

12

308

30

183

58

4,093

のれんの償却額

465

123

82

671

受取利息

241

3,526

1

21

36

200

4,028

支払利息

2,961

5,439

362

557

282

1,779

11,381

持分法投資利益又は損失(△)

△290

74

△51

△267

持分法適用会社
への投資額

3,670

35,493

246

39,410

有形固定資産及び
無形固定資産の
増加額

8,034

52

338

60

144

41

8,671

 

 

 

その他
(百万円)
(注)1

合計
(百万円)

調整額
(百万円)
(注)2

連結財務諸表計上額
(百万円)

売上高

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

79,763

2,074,600

2,074,600

セグメント間の
内部売上高又は
振替高

2,751

100,046

△100,046

82,514

2,174,647

△100,046

2,074,600

セグメント利益

966

30,431

△7,036

23,395

セグメント資産

31,445

887,945

45,362

933,307

その他の項目

 

 

 

 

減価償却費

328

4,421

91

4,513

のれんの償却額

671

671

受取利息

11

4,040

154

4,195

支払利息

204

11,586

△6,533

5,052

持分法投資利益又は損失(△)

192

△75

△75

持分法適用会社
への投資額

1,095

40,505

40,505

有形固定資産及び
無形固定資産の
増加額

458

9,130

76

9,207

 

 

 

(注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、木材事業及び機械事業等を含んでおります。

2  調整額の内容は次のとおりであります。

 (1)セグメント利益の調整額△7,036百万円は、セグメント間取引消去、各事業セグメントに配分していない全社費用が含まれております。全社費用は主に管理部門に係る一般管理費及び収益であります。

 (2)セグメント資産の調整額45,362百万円は、各事業セグメントに配分していない全社資産であり、主に余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産であります。

 (3)減価償却費の調整額91百万円は、主に全社資産に係る減価償却費であります。

 (4)受取利息及び支払利息の調整額(純額)6,688百万円は、セグメント間取引消去、各事業セグメントに配分していない費用及び収益であります。

 (5)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額76百万円は、全社資産の増加額であります。

 

 

   当連結会計年度(自  2019年4月1日  至  2020年3月31日)

 

報告セグメント

鉄鋼事業
(百万円)

プライマリー原料事業
(百万円)

リサイクル
原料事業
(百万円)

食品事業
(百万円)

石油・
化成品事業
(百万円)

海外販売
子会社
(百万円)


(百万円)

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

994,269

255,660

77,609

100,615

201,763

195,325

1,825,244

セグメント間の
内部売上高又は
振替高

11,134

4,195

1,209

1,139

8,693

45,686

72,057

1,005,403

259,855

78,818

101,754

210,457

241,011

1,897,301

セグメント利益又は損失(△)

14,628

△30,506

2,302

△144

4,177

466

△9,076

セグメント資産

410,634

171,092

22,312

44,840

40,338

62,163

751,381

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,074

16

330

111

168

103

4,804

のれんの償却額

363

68

82

514

受取利息

226

1,584

3

27

27

246

2,116

支払利息

2,996

4,231

368

618

257

1,451

9,922

持分法投資利益又は損失(△)

△731

△34,913

31

26

△53

△35,640

持分法適用会社
への投資額

5,086

157

541

1,534

7,320

有形固定資産及び
無形固定資産の
増加額

9,037

80

591

137

318

105

10,270

 

 

 

その他
(百万円)
(注)1

合計
(百万円)

調整額
(百万円)
(注)2

連結財務諸表計上額
(百万円)

売上高

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

82,248

1,907,493

1,907,493

セグメント間の
内部売上高又は
振替高

2,755

74,812

△74,812

85,004

1,982,305

△74,812

1,907,493

セグメント利益又は損失(△)

1,400

△7,676

△4,921

△12,598

セグメント資産

30,254

781,635

16,807

798,442

その他の項目

 

 

 

 

減価償却費

353

5,157

87

5,245

のれんの償却額

514

514

受取利息

13

2,129

12

2,142

支払利息

181

10,104

△4,609

5,494

持分法投資利益又は損失(△)

200

△35,439

△35,439

持分法適用会社
への投資額

1,295

8,616

8,616

有形固定資産及び
無形固定資産の
増加額

893

11,164

432

11,597

 

 

 

(注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、木材事業及び機械事業等を含んでおります。

2  調整額の内容は次のとおりであります。

 (1)セグメント利益又は損失の調整額△4,921百万円は、セグメント間取引消去、各事業セグメントに配分していない全社費用が含まれております。全社費用は主に管理部門に係る一般管理費及び収益であります。

 (2)セグメント資産の調整額16,807百万円は、各事業セグメントに配分していない全社資産であり、主に余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産であります。

 (3)減価償却費の調整額87百万円は、主に全社資産に係る減価償却費であります。

 (4)受取利息及び支払利息の調整額(純額)4,622百万円は、セグメント間取引消去、各事業セグメントに配分していない費用及び収益であります。

 (5)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額432百万円は、全社資産の増加額であります。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

 

鉄鋼
(百万円)

金属原料
(百万円)

非鉄金属
(百万円)

食品
(百万円)

石油・
化成品
(百万円)

その他
(百万円)

合計
(百万円)

外部顧客への売上高

1,162,650

 218,883

168,766

 102,543

 324,171

 97,584

 2,074,600

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

日本
(百万円)

アジア
(百万円)

その他の地域
(百万円)

合計
(百万円)

1,346,927

 616,752

110,921

2,074,600

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

日本
(百万円)

アジア
(百万円)

その他の地域
(百万円)

合計
(百万円)

61,629

7,168

64

68,862

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益及び包括利益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

 

鉄鋼
(百万円)

金属原料
(百万円)

非鉄金属
(百万円)

食品
(百万円)

石油・
化成品
(百万円)

その他
(百万円)

合計
(百万円)

外部顧客への売上高

1,104,606

195,340

 154,852

103,839

250,001

98,852

1,907,493

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

日本
(百万円)

アジア
(百万円)

その他の地域
(百万円)

合計
(百万円)

1,342,564

481,678

83,250

1,907,493

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

日本
(百万円)

アジア
(百万円)

その他の地域
(百万円)

合計
(百万円)

64,328

7,841

2,993

75,162

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益及び包括利益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

報告セグメント

その他

全社・
消去

合計

鉄鋼事業

プライマリー

原料事業

リサイクル

原料事業

食品事業

石油・
化成品事業

海外販売
子会社

 

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

減損損失

251

251

 

 (注) 「全社・消去」の内容は、「建物及び構築物」50百万円、「土地」200百万円及び「その他」0百万円であり
   ます。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

報告セグメント

その他

全社・
消去

合計

鉄鋼事業

プライマリー

原料事業

リサイクル

原料事業

食品事業

石油・
化成品事業

海外販売
子会社

 

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

減損損失

115

67

531

714

288

1,003

 

(注) 「全社・消去」の内容は、「建物及び構築物」191百万円、「土地」95百万円及び「その他」1百万円であり
   ます。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

報告セグメント

その他

全社・
消去

合計

鉄鋼事業

プライマリー

原料事業

リサイクル

原料事業

食品事業

石油・
化成品事業

海外販売
子会社

 

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

当期末残高

1,107

90

136

1,335

1,335

 

 (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を展開しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

報告セグメント

その他

全社・
消去

合計

鉄鋼事業

プライマリー

原料事業

リサイクル

原料事業

食品事業

石油・
化成品事業

海外販売
子会社

 

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

当期末残高

777

22

54

855

855

 

 (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を展開しているため、記載を省略しております。

  

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 会社の経営の基本方針

当社は経営理念として、『私たちは、時代と市場の変化に迅速に対応し、「流通のプロ」として顧客の多様なニーズに応え、広く社会に貢献します。』を掲げております。

この理念の下、顧客第一主義を掲げ、付加価値を高めた商品の流通や顧客ニーズに即応した提案型サービスを提供するユーザー系商社として、「存在感ある商社流通」を追求し、すべてのステークホルダーからの評価・支持を得られる企業価値の向上に努めます。またコンプライアンスを重視し、事業を通じて国際社会や地域社会に貢献することで、「企業の社会的責任」を果たしていきます。

 

(2) 目標とする経営指標

当社グループは、持続的な企業の成長、高収益な事業体質及び安定的な財務基盤の確立を図るため、事業セグメントごとの取扱数量、経常損益並びにグループ全体でのネット負債倍率(Net DER)などを経営上の重要な管理指標としております。また、企業活動の裾野を広げて事業の成長性を量る指標として、新規ユーザー獲得数も採用しております。

なお、2021年3月期の通期業績目標につきましては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が、当社グループの事業活動及び経営成績等に及ぼす影響を本報告書提出日現在において合理的に見積もることが困難であることから、未定としております。今後、公表が可能となった時点で速やかにお知らせいたします。

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

当社グループは、2016年度から2019年度までの4か年にわたる中期経営計画を策定し、重点課題の達成に向けた取り組みを進めてまいりました。中期経営計画の概要は、以下の通りです。
 《テーマ》
  『Sへのこだわり -STEADY, SPEEDY, STRATEGIC- 』
   ~中長期を見据えたSUSTAINABLEな収益体質と経営基盤の強化~
   ① STEADY:既存の事業領域から得られる収益の確保と強化
   ② SPEEDY:グループ企業や国内外の戦略投資からの投資効果の早期実現
   ③ STRATEGIC:4年間で500億円程度の戦略的投資の継続による将来の追加収益の確保
 《業績目標》
   最終年度(2019年度)  売上高2兆1,000億円、経常利益350億円
   新規ユーザー獲得数2,700社(4年間累計)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当連結会計年度において、当中期経営計画の期間が終了したことから、その結果を以下のように総括しております。

(画像は省略されました)


 ① STEADY… 既存の事業基盤からの収益
       (当社子会社及び③に該当する戦略的投資先からの受取配当金を控除した当社単体の経常利益)
  ② SPEEDY… 投資したグループ会社からの収益
       (当社連結子会社の経常利益、非連結子会社からの受取配当金及び持分法投資損益(③に該当する

       戦略的投資対象会社分を除く))
  ③ STRATEGIC…戦略的投資からの追加収益

      (金属資源を中心とする戦略的投資先からの持分法投資損益及び受取配当金)
 

売上高については、最終年度に市況低下、需要減退の影響を受け、未達とはなったものの、ほぼ想定水準を実現しました。

利益面での3つの「S」それぞれの推移は、以下の通りです。

① STEADYについては、2017年度までは、当社の取扱品目の多くが市況上昇局面にあり利益スプレッドが拡大したことに加え、国内外の経済環境の緩やかな成長もあって取扱数量も増加するなど順調な経過となりましたが、計画期間後半は、鉄鋼市況のピークアウトの一方で、仕入れコストの上昇がスプレッドを圧縮した他、米中貿易摩擦やオリンピック関連工事の一巡による需要の減退、外貨建取引の拡大に伴う外貨調達コストの増加も加わり、利益水準としては概ね想定ラインを維持したものの、目標値には若干未達で終了しました。

② SPEEDYについても、計画期間前半は、国内グループ会社を中心に成長を維持し、順調な結果となりましたが、後半は、海外コイルセンターにおけるひも付き価格上昇期の利益スプレッドの剥落や、海外グループ会社での現地通貨安による為替差損の発生により利益が下押しされました。その後、国内の鉄鋼販売グループ会社も景気減速の影響を受けて利益水準を落としたほか、米中貿易摩擦による需要減退影響の顕在化など、停滞感が残る結果となりました。

③ STRATEGICについては、青山控股集団のインドネシアプロジェクトにおいては、製品取引による収益貢献に加え、配当も開始されるなど概ね期待通りの成果となりました。しかしながら、クロム鉱石資源の世界シェアの高さから安定的な収益貢献が期待されたSAMANCOR CHROME HOLDINGS PROPRIETARY LTD. (以下、SAMANCORといいます。)については、2017年度の持分法適用以降の3か年はクロム市況とステンレス鋼需要の停滞期に入り、収益が悪化、当社持分に対する利益は想定を大幅に下回り、2019年度には将来収益見通しの引下げから減損処理を余儀なくされ、多額の損失を計上する結果となりました。

新規ユーザー獲得数の目標については、2,666社と目標にあと一歩及びませんでしたが、取引ユーザーのすそ野を広げる活動は、今後の収益に貢献するものと考えております。

投資に関しては、大型の資源投資があり計画の500億円を上回る768億円となりましたが、SAMANCORで減損処理が発生した他、開発型の投資も多く、その投資効果の多くが次年度以降に現れるもので、当計画期間での直接的な利益貢献は限定的でした。

 

当社は、中期経営計画の最終年度において、当社グループとしては初めての経常損失となったことを真摯に受け止め、2020年度を初年度とする次期の中期経営計画(2020年度-2022年度)においては、財務体質の強化にあらためて努めるとともに、前中期経営計画で種蒔きした国内外での成長機会から漏れなく果実を採るための土台作りと位置づけ、次への発展を見据えて取り組んでまいります。

基本的な事業戦略は前中期経営計画を引き継ぎ、そこか(即納・小口・加工)戦略や東南アジアでの事業展開の強化を通じた収益の最大化などを目指していきながらも、持続的な(Sustainable)成長につなげるための経営基盤の構造(Structural)改革を意識し、以下の施策にも優先的に取り組んでいく所存です。
 (1)財務規律の強化と資本効率の向上
 (2)グループ経営体制の深化
 (3)人材基盤の高度化・多様化
 (4)基幹システムの更改及びHKQC(Hanwa Knowledge Quality Control)の実効性向上
 (5)SDGsへの取り組み及び多様なステークホルダーとの対話促進
 

なお、定量的な目標を含む次期中期経営計画の詳細につきましては、新型感染症の流行の状況が連結業績に与える影響などを踏まえ、2020年度第2四半期決算発表時を目途に公表する予定でおります。

 

(4) 経営環境及び対処すべき課題

新型コロナウイルス感染症の拡大により世界経済の先行きが見通しづらいなか、米国においては、サプライチェーンの分断による企業活動の停滞や、これまで景気を牽引してきた個人消費の失速などが懸念されています。欧州においては、感染症への対策として都市の封鎖や移動・入国制限などが続いており、情勢が長期化した場合には倒産企業の拡がりや雇用環境の悪化などが不安視されます。中国では、政府主導のもと企業の操業は一部で再開していますが、外需の縮小が続くなかで国内経済の回復にも相当程度の時間を要するものと考えられます。その他の新興諸国では、感染症流行による各国での経済活動の抑制を背景に、輸出や設備投資の減少などが当面続いていくことが見込まれます。

国内経済は、貿易摩擦や消費税率引上げの影響に加え、感染症拡大によるオリンピックの開催延期や政府による緊急事態宣言の発動が相次ぎ、急速に停滞感が強まっています。全国的な休業・自粛要請が続くなかで雇用環境の悪化や倒産件数の増加が懸念されるほか、建設工事の中断や製造業における生産活動の抑制など、企業活動の下振れが続くものと思われます。

当社グループとしましては、このような事業環境の中においても、各事業分野における需要動向を的確に把握し、取引先のニーズを反映した適切な販売・在庫政策を進めるとともに、新規取引先を積極的に開拓することにより、業績の維持・向上に注力していく所存です。

当社グループの対処すべき課題としては、以下を認識しております。

営業面では、メーカー・サプライヤーからユーザーにいたるバリューチェーンの各段階の効率化や最適化を実現していくことにより、全体に含まれるあらゆる収益機会を確実にとらえて収益を最大化していく必要があり、そのために自律的な成長と事業の多様性の確保を軸に、攻めの戦略を打ち出していきます。また、「第二の阪和を東南アジアに」をコンセプトに、これからの有望・成長市場である東南アジア域内へモノの輸出から機能の輸出への転換を推進するなど、海外での収益力強化を図ります。

経営管理面では、キャッシュ・フローの重視や保有資産の見直しなど財務規律の強化と資本効率の向上に取り組んでいくほか、事業規模の拡大やグループ会社の増加を踏まえ、部分最適からグローバル最適へと全社の経営資源をより効率的かつ効果的に配分するようグループ経営体制を再構築していきます。また、当社基幹システムの刷新やHKQC(Hanwa Knowledge Quality Control)活動の推進を通じて、引続き業務品質の向上や収益の取りこぼし防止に努めていくほか、幅広い知見を有する人材の育成や多種多様なステークホルダーとの積極的な対話などにも取り組んでまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの経営成績、財政状態及び株価等に影響を及ぼす可能性のあるリスクのうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある事項には、以下のようなものがあると考えております。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 経済状況の変動に係るリスク

当社グループの全世界における営業収入は、当社グループが商品を取り扱っている国または地域の経済状況の影響を受けます。従いまして、日本、アジア、北米、欧州、アフリカ等を含む当社グループの主要市場における景気後退及びそれに伴う需要の縮小などは、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 商品市況の変動に係るリスク

当社グループでは、鉄鋼製品、金属原料、非鉄金属、食品及び石油・化成品等について流通在庫を有しております。これらは市況商品であるため、需給状況や為替動向が市況に与える影響が大きく、市況の変動への適切な対応ができなかった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

なお、非鉄地金や石油製品などについては、商品先渡取引や商品スワップ取引を利用し相場変動等のリスクヘッジに努めておりますが、期末におけるヘッジポジションの状況や商品在庫の種類によってはリスクの軽減効果が十分には得られない場合があります。

 

(3) 為替レートの変動に係るリスク

当社グループの事業には、全世界における商品の仕入と販売が含まれております。各地域における収益、費用、資産、負債を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表の作成のために円換算しております。換算時の為替レートにより、これらの項目の現地通貨における価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が影響を受ける可能性があります。一般に他の通貨に対する円高(特に当社グループの売上の重要部分を占める米ドルに対する円高)は当社グループの輸出取引に対しては悪影響を及ぼしますが、輸入取引には好影響を及ぼし、円安は輸入取引に対しては悪影響を及ぼしますが、輸出取引には好影響を及ぼします。

なお、当社グループでは、先物為替取引や通貨スワップ取引を利用し為替変動のリスクヘッジに努めておりますが、期末における為替ポジションの状況や外貨建資産・負債の保有状況によってはリスクの軽減効果が十分には得られない場合があります。

 

(4) 金利の変動に係るリスク

当社グループは、営業取引及び投融資活動において、金融機関からの借入及び社債等資本市場からの資金調達を行っております。このうち変動金利による調達につきましては、一部に金利スワップ等を利用して金利変動のリスクヘッジに努めておりますが、今後の金利動向によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 株価等の変動に係るリスク

当社グループは、取引先を中心に国内外で市場性のある株式等を保有しており、株価等の変動リスクを負っております。このため、保有する上場有価証券の株価等の動向によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

なお、株式等の保有にあたっては、対象株式を取得することで得られる効果を定量的、定性的に測定し、当社の資金使途として適切であるかどうかを含め保有の合理性を多角的に検証しております。検証の結果、所期の保有目的を達成したものや保有効果が薄れたと判断されたものについては、売却等の手続きを実施しております。


 (6) 取引先の信用に係るリスク

当社グループの事業における売上債権の大部分は、販売先ごとに一定の信用を供与し、掛売りを行ったものであります。当社グループにおいては厳格かつ機敏な与信管理を行っておりますが、必ずしも全額の回収が行われる保証はありません。従いまして、販売先の不測の倒産・民事再生手続等は、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

(7) 事業投資に係るリスク

当社グループは、既存事業の強化や事業領域の拡大等を図るための事業投資を行っております。これらの投資に際しては、投資等審査委員会において検討を行うなど投資内容や投資金額に応じた所定の手続きを経て実行の是非を決定しておりますが、投資先の企業価値の低下や所期の投資採算が確保できない場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、近年当社グループが投資を積極化している金属資源分野については、需給バランス、市況、生産コストなどの変動が大きく、当該投資から得られる収益のボラティリティは他の投資に比べると高い傾向があります。

 

(8) 資金の流動性に係るリスク

当社グループは、営業取引及び投融資活動において、金融機関からの借入及び社債等資本市場からの資金調達を行っております。資金調達に当たっては、資金需要見通しに基づき、手元流動性の確保に努めておりますが、国内外の金融市場の混乱や金融規制の変更、当社グループへの信用格付の引き下げまたは金融機関の融資方針の変更など調達環境に大きな変化が生じた場合には、資金調達の制約や調達コストの増加などにより、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

(9) 国際的活動及び海外進出に潜在するリスク

当社グループは、近年アジア市場や米国、欧州等の市場に対して積極的に事業進出を行っております。これらの海外市場への事業進出には以下に掲げるようないくつかのリスクが内在しております。

① 予期しない法律または関税などの貿易取引規制の変更

② 不利な政治的・経済的変動や国際通貨の変動

③ 人材の採用と確保の難しさ

④ 未整備のインフラが当社グループの活動に悪影響を及ぼす、または当社グループの製品やサービスに対する顧

  客の支持を低下させる可能性

⑤ 企業活動にとって不利な税制度への変更

⑥ テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱

従いまして、これらの事象は当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

(10) 法的規制等に係るリスク

当社グループは、事業を展開する各国において、事業・投資の許認可、国家安全保障またはその他の理由による輸出入及び販売制限、関税をはじめとするその他の貿易取引規制等、様々な政府規制の適用を受けております。また、通商、独占禁止、特許、租税、為替管理、食品の安全規制、環境・リサイクル関連等の法規制の適用も受けております。これらの規制により、当社グループの活動が制限される可能性があるだけでなく、規制への対応がコストの増加につながる可能性もあります。従いまして、これらの規制は当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

(11) 取扱商品の品質に係るリスク

当社グループが提供する製品やサービスについては、仕入先や委託加工先と共同で適切な検査体制の下に提供しているほか、品質安全環境管理部による定期的なモニタリングを行っておりますが、製品やサービスに欠陥があり、製造物責任賠償やリコール等が発生した場合には、多額の費用負担が発生することや、当社グループの社会的信用や企業イメージの低下を招くなど、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(12) 自然災害等に係るリスク

当社グループは、地震等の自然災害やインフルエンザ等の感染症の発生に備えて、危機管理マニュアルや事業継続計画の整備、安否確認システムの導入、耐震対策や防災訓練などの対策を実施しております。しかしながら当社グループの事業所や社員の活動は広範囲に及んでおり、自然災害等が発生した際にはその損害を完全に回避できるものではありません。想定を超える損害が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

なお、足もとにおいては、新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、全社員を対象とするガイドラインを策定の上、在宅勤務や時差出勤の推奨並びに大規模な会合や出張の自粛などを行っており、感染症の拡大防止に努めております。一方、感染症の影響により各国経済が縮小傾向にあるなかで、当社グループが取り扱う商品の需要減退をはじめ、新興国通貨の下落や取引先の信用リスクの高まりなど、業績への下振れリスクが懸念されます。現時点において、当社グループの経営成績及び財政状態に及ぼす影響を合理的に算定することは困難ですが、公表が可能となり次第速やかにお知らせする予定です。

 

(13) 退職給付債務に係るリスク

当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率や長期期待運用収益率等数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されております。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、一般的には将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼします。従いまして、割引率の低下や運用利回りの悪化は当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

 

 

2 【沿革】

1947年4月1日

大阪市東区に主に鉄鋼製品を扱う卸売業として設立
(資本金198,000円 本店:大阪市)

1948年12月

東京出張所(現・東京本社)開設

1952年11月

名古屋出張所(現・名古屋支社)開設

1963年8月

大阪証券取引所上場

1968年9月

HANWA AMERICAN CORP.(現・連結子会社)設立

1970年9月

東京証券取引所上場

1971年7月

阪和(香港)有限公司(現・連結子会社)設立

1972年4月

HANWA SINGAPORE (PRIVATE) LTD.(現・連結子会社)設立

1975年11月

ロンドン事務所(現・ロンドン支店)開設

1976年9月

HANWA THAILAND CO.,LTD.(現・連結子会社)設立

1983年7月

東京支社を東京本社に昇格、二本社制を採用

1992年12月

台湾阪和興業股份有限公司(現・連結子会社)設立

1994年1月

㈱阪和流通センター設立

1995年4月

東北支店(仙台市)、九州支店(現・九州支社(福岡市))開設

1995年7月

阪和貿易(上海)有限公司(現・阪和(上海)管理有限公司(現・連結子会社))設立

1996年2月

㈱ハローズ(現・連結子会社)設立

2000年3月

HANWA CANADA CORP.(現・連結子会社)設立

2000年6月

エコスチール㈱(現・阪和エコスチール㈱(現・連結子会社))設立

2001年3月

㈱阪和流通センターの営業をエイチケイ流通センター東京㈱(現・阪和流通センター東京㈱(現・連結子会社))、エイチケイ流通センター大阪㈱(現・阪和流通センター大阪㈱(現・連結子会社))及びエイチケイ流通センター名古屋㈱(現・阪和流通センター名古屋㈱(現・連結子会社))に譲渡

2001年4月

㈱阪和流通センターを合併

2002年4月

阪和スチールサービス㈱(現・連結子会社)設立

2002年10月

長富不銹鋼中心(蘇州)有限公司(現・連結子会社)へ追加出資し子会社化

2002年11月

PT. HANWA INDONESIA(現・連結子会社)設立

2004年6月

HANWA STEEL SERVICE (THAILAND) CO.,LTD.(現・連結子会社)設立

2005年7月

阪和鋼板加工(東莞)有限公司(現・連結子会社)設立

2006年4月

北海道支店(札幌市)開設

2007年2月

新潟営業所(現・新潟支店(新潟市))、広島営業所(現・中国支店(広島市))開設

 

相互鉄筋工業㈱(現・㈱トーハンスチール(現・連結子会社))の株式を取得

2008年9月

PT. HANWA STEEL SERVICE INDONESIA(現・連結子会社)設立

2009年4月

ヨハネスブルグ支店開設

2009年10月

北関東営業所(現・北関東支店(伊勢崎市))開設

2010年4月

昭和メタル㈱(現・連結子会社)の株式を追加取得し子会社化

 

阪和エコスチール㈱が太洋鋼材㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2010年8月

ダイコースチール㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2010年10月

トーヨーエナジー㈱(現・連結子会社)の株式を取得

 

 

2011年12月

すばる鋼材㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2012年2月

SEATTLE SHRIMP & SEAFOOD COMPANY, INC.(現・連結子会社)の株式を追加取得し子会社化

2012年8月

㈱カネキ(現・連結子会社)の株式を取得

 

廣内圧延工業㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2012年9月

HANWA STEEL SERVICE MEXICANA, S.A. DE C.V.(現・連結子会社)設立

2012年11月

ハンワフーズ㈱(現・連結子会社)設立

2013年1月

PT. HANWA ROYAL METALS(現・連結子会社)設立

2013年10月

三栄金属㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2014年7月

丸本本間水産㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2014年7月

㈱カネキが㈱松岡鋼材(現・連結子会社)の株式を取得

2014年10月

正起金属加工㈱(現・連結子会社)の株式を追加取得し子会社化

2015年4月

大鋼産業㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2015年7月

㈱ダイサン(現・連結子会社)の株式を取得

2015年10月

日興金属㈱(現・連結子会社)の株式を追加取得し子会社化

2015年12月

西部サービス㈱(現・連結子会社)の株式を取得

 

㈲アルファフォルム(現・連結子会社)の株式を取得

2017年4月

亀井鐵鋼㈱(現・連結子会社)の株式を取得

 

山陽鋼材㈱(現・連結子会社)の株式を取得

 

日本南ア・クロム㈱(現・連結子会社)設立

2017年10月

ジャパンライフ㈱(現・連結子会社)の株式を取得

2017年11月

日鴻不銹鋼(上海)有限公司(現・連結子会社)へ追加出資し子会社化

2018年5月

TATT GIAP STEEL CENTRE SDN. BHD.(現・HANWA STEEL CENTRE (M) SDN. BHD.(現・連結子会社))の株式を追加取得し子会社化

 

 

 

(5) 【所有者別状況】

(2020年3月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数

(人)

53

43

317

186

16

10,434

11,049

所有株式数

(単元)

106,470

8,119

56,121

115,332

189

136,616

422,847

47,940

所有株式数
の割合(%)

25.18

1.92

13.27

27.28

0.04

32.31

100.00

 

(注) 1 自己株式1,694,788株は、「個人その他」に16,947単元、「単元未満株式の状況」に88株含まれております。

   2 「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式54単元が含まれております。

 

3 【配当政策】

当社は、株主への継続的な利益の還元を経営の最重要政策の一つとして考えております。株主に対しては安定した配当を継続して実施することを第一義とするとともに、不断に収益力の向上に努め、基礎的な収益水準の上昇とともに戦略的投資からの利益回収状況に合わせて、配当額の増加を目指してまいりました。

当社の剰余金の配当回数は、中間配当と期末配当の年2回を基本的な方針としており、これらの配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会としております。

また、内部留保金につきましては、経営基盤の強化並びに成長事業・新規事業等への積極投資に活用し、当社の企業価値の更なる向上に努めました。

当事業年度の剰余金配当につきましては、既存の事業領域やグループ企業からの収益については厳しい事業環境下にあっても安定的な利益創出力が認められたものの、戦略的投資における減損処理などにより当期純損失となったことから、1株当たり期末配当を25円といたしました。これにより既に実施いたしました中間配当1株当たり75円と合わせた当事業年度の1株当たり年間配当は、前事業年度の1株当たり150円から100円に減配となっております。

なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2019年11月11日

取締役会

3,047

75.00

2020年6月24日

定時株主総会

1,015

25.00

 

 

次年度以降の基本方針につきましては、これまでの方針を踏襲しつつ、株主還元、成長投資及び資本の拡充の均衡を図りながら株主価値のさらなる向上を目指していくよう、次期中期経営計画のなかで提示する所存です。

 

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

男性17名 女性1名 (役員のうち女性の比率5.5%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

代表取締役社長

古川 弘成

1946年10月30日

1969年3月

当社入社

1996年4月

阪和(香港)有限公司副社長 兼 アジア地域副支配人(中国・香港)

1997年6月

当社取締役

2003年4月

当社常務取締役

2005年4月

当社専務取締役

2009年4月

当社代表取締役副社長

2011年4月

当社代表取締役社長(現任)

(注)4

313

取締役
副社長執行役員

加藤 恭道

1955年4月26日

1978年4月

当社入社

2009年4月

当社理事 大阪厚板・鋼板建材・鋼板販売担当

2010年6月

当社取締役

2012年4月

当社取締役常務執行役員

2016年4月

当社取締役専務執行役員

2019年4月

当社取締役副社長執行役員(現任)

[現在の担当]

全社鉄鋼総轄・木材部門統轄

(注)4

259

取締役
専務執行役員

長嶋 日出海

1960年2月15日

1983年4月

当社入社

2011年4月

当社理事 東京厚板・鋼板販売・鋼板建材第一・鋼板建材第二・北海道支店担当

2012年4月

当社執行役員

2015年6月

当社取締役執行役員

2016年4月

当社取締役常務執行役員

2017年4月

当社取締役専務執行役員(現任)

[現在の担当]

名古屋支社長

(注)4

122

取締役
専務執行役員

中川 洋一

1961年8月14日

1986年4月

当社入社

2013年4月

当社理事 経理・関連事業担当 兼 経理部長 兼 関連事業部長

2014年4月

当社執行役員

2015年6月

当社取締役執行役員

2016年4月

当社取締役常務執行役員

2017年4月

当社取締役専務執行役員(現任)

[現在の担当]

リサイクル原料部門・プライマリー原料部門総轄 兼 管理部門・機械部門統轄

(注)4

53

取締役
専務執行役員

倉田 泰晴

1959年9月12日

1982年4月

当社入社

2011年4月

当社理事 アジア地域支配人(アセアン・インド・中東)鉄鋼・機械を除く部門担当 兼 HANWA SINGAPORE(PRIVATE)LTD.会長

2012年4月

当社執行役員

2016年4月

当社常務執行役員

2016年6月

当社取締役常務執行役員

2017年4月

当社取締役専務執行役員(現任)

[現在の担当]

エネルギー部門・食品部門統轄 兼 業務管理担当

(注)4

16

取締役
専務執行役員

畠中 康司

1960年8月30日生

1983年4月

当社入社

2012年8月

当社理事 大阪薄板第一・薄板第二・薄板第三・スチールサービス事業推進担当 兼 東京薄板国際担当補佐 兼 大阪本社薄板第三部長

2013年4月

当社執行役員

2014年6月

当社取締役執行役員

2016年4月

当社取締役常務執行役員

2019年4月

当社取締役専務執行役員(現任)

[現在の担当]

大阪本店長 兼 大阪条鋼部門・大阪鋼板部門・スチールサービス事業推進・九州支社・中国支店・北陸営業所統轄

(注)4

58

 

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

取締役

堀 龍兒

1943年9月3日生

1966年4月

岩井産業㈱(現 双日㈱)入社

1996年6月

日商岩井㈱(現 双日㈱)取締役

2000年6月

同社常務取締役

2002年6月

同社専務執行役員(2003年3月退任)

2003年4月

早稲田大学法学部教授

2004年4月

早稲田大学大学院法務研究科教授(2014年3月退任)

2005年6月

㈱トクヤマ社外監査役(2017年6月退任)

2011年6月

リスクモンスター㈱社外取締役(現任)

2012年6月

㈱T&Dホールディングス社外取締役(2018年6月退任)

2013年4月

学校法人早稲田大阪学園専務理事・学園長(2018年12月退任)

2014年4月

TMI総合法律事務所顧問(現任)

 

早稲田大学名誉教授(現任)

2014年6月

当社取締役(現任)

2016年5月

㈱ニシキ社外取締役(2020年5月退任)

2018年6月

㈱ロッテ社外監査役(現任)

2019年12月

TMIベンチャーズ㈱代表取締役(現任)

(主要な兼職)

リスクモンスター㈱社外取締役

 

㈱ロッテ社外監査役

(注)4

12

取締役

手島 達也

1946年7月12日生

1969年4月

東邦亜鉛㈱入社

1999年6月

同社取締役

2000年6月

同社執行役員

2002年1月

同社常務執行役員

2002年6月

同社常務取締役 兼 常務執行役員

2003年6月

同社代表取締役常務 兼 常務執行役員

2005年6月

同社代表取締役専務 兼 専務執行役員

2006年6月

同社代表取締役社長 兼 最高執行責任者

2008年6月

同社代表取締役社長(2017年6月退任)

2017年6月

同社相談役(現任)

 

古河機械金属㈱社外取締役(現任)

2018年6月

当社取締役(現任)

(主要な兼職)

古河機械金属㈱社外取締役

 

東邦亜鉛㈱相談役

(注)4

14

取締役

中井 加明三

1950年7月30日生

1974年4月

野村證券㈱(現 野村ホールディングス㈱)入社

1995年6月

同社取締役

1999年4月

同社常務取締役

2003年4月

野村アセットマネジメント㈱取締役 兼 専務執行役員

2003年6月

同社専務執行役

 

野村ホールディングス㈱執行役(2006年3月退任)

2008年4月

野村アセットマネジメント㈱顧問(2009年3月退任)

2009年6月

野村土地建物㈱取締役社長(代表取締役)(2012年3月退任)

2011年6月

野村不動産ホールディングス㈱取締役社長(代表取締役)

2012年2月

野村不動産㈱取締役 兼 執行役員

2012年4月

同社取締役社長(代表取締役) 兼 社長執行役員

2012年5月

野村不動産ホールディングス㈱取締役社長(代表取締役) 兼 社長執行役員

2015年4月

野村不動産㈱取締役会長(代表取締役)

2015年6月

野村不動産ホールディングス㈱取締役会長(代表取締役)(2017年6月退任)

2017年4月

野村不動産㈱取締役(2017年6月退任)

2017年6月

同社常任顧問(現任)

 

㈱だいこう証券ビジネス社外取締役(現任)

2018年11月

㈱ビックカメラ社外取締役(現任)

2019年6月

当社取締役(現任)

(主要な兼職)

㈱だいこう証券ビジネス社外取締役

 

㈱ビックカメラ社外取締役

(注)4

8

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

取締役

佐々木 順子

1960年1月12日生

1983年4月

日本アイ・ビー・エム㈱入社

2007年1月

同社執行役員 APAC & ジャパン テクニカル・セールス・サポート(2010年1月退任)

2011年1月

日本マイクロソフト㈱入社 執行役 カストマー・サービス&サポート ゼネラル・マネージャー(2015年1月退任)

2015年2月

㈱WEIC入社

2015年4月

同社取締役 営業本部長(2015年7月退任)

2016年1月

ファイア・アイ㈱入社 バイス・プレジデント(2016年9月退任)

2016年12月

ザルトリウス・ジャパン㈱入社 社長兼経営執行責任者(2018年3月退任)

2018年5月

㈱安川電機社外取締役監査等委員(現任)

2019年6月

三井住友信託銀行㈱社外取締役(現任)

2020年6月

当社取締役(現任)

(主要な兼職)

㈱安川電機社外取締役監査等委員

 

三井住友信託銀行㈱社外取締役

(注)4

取締役
常務執行役員

篠山 陽一

1961年11月8日生

1984年4月

当社入社

2012年4月

当社理事 東京薄板担当 兼 薄板部長

2014年4月

当社執行役員

2017年4月

当社常務執行役員

2017年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

[現在の担当]

東京鋼板部門・新潟支店統轄

(注)4

15

取締役
常務執行役員

口石 隆敏

1958年10月23日生

1981年4月

当社入社

2010年4月

当社理事 東京条鋼建材第一・条鋼建材第二・製鋼原料・鉄構営業・流通販売・東北支店・新潟支店・北関東営業所担当 兼 全社鉄構事業推進調整担当

2010年6月

当社取締役

2010年9月

上海阪飛信息技術有限公司董事長(2020年5月退任)

2012年4月

当社取締役執行役員

2014年6月

当社執行役員

2017年4月

当社常務執行役員

2018年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

[現在の担当]

東京条鋼部門・全社鉄構営業事業・全社製鋼原料事業・東京冷熱事業・北海道支店・東北支店・北関東支店統轄

(注)4

103

取締役
常務執行役員

松原 圭司

1960年11月9日

1983年4月

当社入社

2014年4月

当社理事 中国華東地区総代表 兼 阪和(上海)管理有限公司(董事長総経理)兼 アジア地域線材特殊鋼チタン担当

2015年4月

当社執行役員

2018年4月

当社常務執行役員

2020年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

[現在の担当]

海外営業第一・第二・貿易業務・全社線材特殊鋼事業統轄

(注)4

39

監査役
(常勤)

川西 英夫

1950年3月15日生

1973年4月

当社入社

2005年4月

当社理事 大阪厚板・鋼板販売・鋼板建材担当

2005年6月

当社取締役

2008年4月

当社常務取締役

2012年4月

当社取締役専務執行役員

2014年4月

当社取締役副社長執行役員

2017年6月

当社監査役(常勤)(現任)

(注)5

233

監査役
(常勤)

小笠原 朗彦

1953年9月30日

1976年4月

当社入社

2006年4月

当社理事 非鉄金属・金属原料・特殊金属担当 兼 金属原料部長

2006年6月

当社取締役

2011年4月

当社常務取締役

2012年4月

当社取締役常務執行役員

2013年4月

当社取締役専務執行役員

2018年6月

当社監査役(常勤)(現任)

(注)6

102

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

監査役

名出 康雄

1946年8月14日生

1971年4月

住友重機械工業㈱入社

2001年6月

同社常務執行役員

2003年6月

同社専務執行役員(2007年3月退任)

2006年12月

住友重機械エンバイロメント㈱代表
取締役社長(2010年3月退任)

2010年4月

住友重機械ビジネスアソシエイツ㈱
代表取締役社長(2012年3月退任)

2012年6月

当社監査役(現任)

(注)6

482

監査役

大久保 克則

1954年8月5日生

1978年4月

㈱住友銀行(現 ㈱三井住友銀行)入行

2006年4月

同行執行役員

2010年4月

同行常務執行役員(2013年4月退任)

2013年5月

同行顧問(2018年8月退任)

2014年6月

当社監査役(現任)

(注)7

10

監査役

髙橋 秀行

1957年4月20日生

1980年4月

㈱日本興業銀行(現 ㈱みずほ銀行)入行

2012年4月

㈱みずほフィナンシャルグループ常務執行役員

 

㈱みずほ銀行常務執行役員

 

㈱みずほコーポレート銀行常務執行役員(2013年4月退任)

 

みずほ信託銀行㈱常務執行役員(2014年4月退任)

 

㈱みずほフィナンシャルストラテジー取締役社長(2014年4月退任)

2012年6月

㈱みずほフィナンシャルグループ常務取締役

2013年4月

㈱みずほフィナンシャルグループ取締役副社長

 

㈱みずほ銀行副頭取執行役員

 

㈱みずほコーポレート銀行副頭取執行役員(2013年7月退任)

 

みずほ証券㈱常務執行役員(2014年4月退任)

2014年4月

㈱みずほフィナンシャルグループ取締役(非執行)(2017年6月退任)

2014年6月

㈱みずほ銀行取締役(非執行)(2017年6月退任)

2017年6月

みずほ総合研究所㈱代表取締役社長(2019年6月退任)

2019年6月

共立㈱取締役会長(現任)

 

㈱サンシャインシティ社外取締役(現任)

2020年6月

㈱WOWOW社外監査役(現任)

 

当社監査役(現任)

(主要な兼職)

共立㈱取締役会長

 

㈱サンシャインシティ社外取締役

 

㈱WOWOW社外監査役

(注)6

1,844

 

 

 

(注) 1 当社は、執行役員制度を導入しております。なお、取締役兼務執行役員は9名、専任の執行役員は14名であります。

2 取締役堀龍兒、手島達也、中井加明三、佐々木順子は、「社外取締役」であります。

3 監査役名出康雄、大久保克則、髙橋秀行は、「社外監査役」であります。

4 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 監査役の任期は、2017年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 監査役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 監査役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

8 「所有株式数」には、2020年5月末現在の当社役員持株会における各自の持分株数を含んでおります。

 

 

② 社外役員の状況

当社は社外取締役及び社外監査役には株主を始めとする社外のステークホルダーの代表として、客観的な視座で当社グループの経営判断や業務執行の妥当性・適格性を評価し、見解を表明していただくことを期待しており、それにふさわしい能力及び経験等を有する方を選任しております。

 

社外取締役及び社外監査役一覧(社外取締役4名 社外監査役3名)

役員区分

氏名

選任理由

社外取締役

堀 龍兒

総合商社におけるリスク管理等に長年携わることで培われた専門知識や法律の専門家としての広範な知見に加え、大学教授としての経験も有することから、総合的・多面的な視野から当社の経営判断及び業務執行を監督いただけるものと判断し、取締役に選任いたしました。

社外取締役

手島 達也

長年にわたり非鉄金属製錬会社の経営者を務め、経営を通じて培われた広範な知識と豊富な経験を有していることから、その高い人格・識見に基づき、実践的かつ客観的な立場から当社の経営判断及び業務執行を監督いただけるものと判断し、取締役に選任いたしました。

社外取締役

中井 加明三

長年にわたる証券業界や不動産業界での会社経営を通じて培われた広範な知識と豊富な経験を有しており、特に金融や投資における実践的かつ多面的な立場から当社の経営判断及び業務執行を監督いただけるものと判断し、取締役に選任いたしました。

社外取締役

佐々木 順子

グローバルに展開するIT企業等における経営経験を通じて培われた広範な知識と豊富な経験を有しており、実践的且つ専門的な視点から当社の経営判断及び業務執行を監督いただけるものと判断し、取締役に選任いたしました。

 

社外監査役

名出 康雄

重機メーカーでの豊富な実務経験と、企業経営を通じて培われた広範な知識と豊富な経験を当社の監査に活かしていただけるものと判断し、監査役に選任いたしました。

社外監査役

大久保 克則

金融機関の業務に長年携わることで培われた専門知識と広範な知見に加え、豊富な国際経験も有することから、グローバルな視点で当社の経営を監査していただけるものと判断し、監査役に選任いたしました。

社外監査役

髙橋 秀行

金融機関の業務に長年携わることで培われた金融及び財務に関する専門知識を有しているうえ、経営及び監査に関する経験も豊富に有していることから、これらの知見や経験を活かして適切に当社の取締役会の監査・監督を行っていただけるものと判断し、監査役に選任いたしました。

 

 

社外取締役の手島達也氏は、当社の取引先である東邦亜鉛㈱の代表取締役社長を2017年6月まで務めておりましたが、当社と東邦亜鉛㈱との取引額は当社の年間連結売上高の0.2%未満であり、その規模・性質などに照らして、一般株主との利益相反が生じるおそれがないものと判断しております。

中井加明三氏は、2017年6月まで当社の取引先である野村不動産㈱の業務執行者を務めておりましたが、当社と野村不動産㈱との取引額は当社の年間連結売上高の0.1%未満であり、その規模・性質などに照らして、一般株主との利益相反が生じるおそれがないものと判断しております。

社外監査役の大久保克則氏は、当社の取引先であり、かつ、当社の株式を3.76%保有する株主である㈱三井住友銀行の常務執行役員を2013年4月まで務めておりましたが、退任後既に約7年が経過していることに鑑み、一般株主との利益相反が生じるおそれがないものと判断しております。

髙橋秀行氏は、当社の取引先である㈱みずほ銀行、みずほ信託銀行㈱及びみずほ証券㈱の各社の業務執行者を2014年6月まで務めておりましたが、各社の業務執行者を退いてから約6年が経過していることに鑑み、一般株主との利益相反が生じるおそれがないと判断しております。

また、その他の社外取締役及び社外監査役の現在の兼職先及び過去10年の勤務先については、当社との間に特別な利害関係はありません。

選任に際しての当社からの独立性に関する判断基準としましては、2017年9月26日開催の取締役会において、以下の「社外役員の独立性に関する判断基準」を導入しております。

・当社における社外役員の独立性に関する判断基準について

当社の社外役員(社外取締役及び社外監査役)について、以下の各号いずれの基準にも該当しない場合は、当社は当該社外役員を、独立性を有する者と判断します。

1.当社の大株主(直近の事業年度末において、直接・間接に10%以上の議決権を保有)またはその業務執行者

2.当社が大株主(直近の事業年度末において、直接・間接に10%以上の議決権を保有)となっている者またはその業務執行者

3.当社の主要な取引先(直近の事業年度において、取引金額が当社の年間連結売上高の2%を超える取引先)またはその業務執行者

4.当社の主要な借入先(直近の事業年度末の借入額が当社の連結総資産の2%を超える借入先)またはその業務執行者

5.当社の会計監査人の代表社員または社員

6.当社から役員報酬以外に、直近の事業年度において年間1,000万円を超える金銭その他の財産を得ているコンサルタント、弁護士、公認会計士、税理士等の専門的サービスを提供する者(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者をいう。)

7.当社から直近の事業年度において、年間1,000万円を超える寄付・助成等を受けている者(当該寄付・助成等を受けている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体の業務執行者)

8.過去3年間において上記1.~7.に該当する者

9.上記1.~8.に該当する者の近親者

(注1)業務執行者とは、業務執行取締役、執行役、執行役員及びその他の使用人等をいう。
(注2)近親者とは、二親等以内の親族をいう。

なお、基準のいずれかに該当する者であっても、当該人物が会社法上の社外取締役・社外監査役の要件を充足しており、かつ、当社の現状を鑑みて当該人物が必要な専門性や経験を有するとともに、その知見や視点が当社の経営にとって有益で、独立社外役員としてふさわしいと判断した場合には、判断の理由及び独立社外役員としての要件を充足している旨を対外的に説明することによって、当該人物を当社の独立社外役員候補者とすることができるものとします。

 

③社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と、内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役及び社外監査役は、現時点においては、その活動をそれぞれ取締役会又は監査役会を通じて行っており、社外取締役・社外監査役のみでの当社の内部監査部門、会計監査人及び内部統制部門と連携した活動は特段行っておりません。

 

 

(賃貸等不動産関係)

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 当連結会計年度において重要性が乏しいため記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 当社及び一部の連結子会社では、東京都、大阪府及びその他の地域において、賃貸用のオフィスビル及び倉庫等を

有しております。 

 2020年3月期における当該賃貸不動産に関する賃貸損益は374百万円(主に賃貸収益は売上高に、賃貸費用は売上原
  価に計上)であります。

 また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。

連結貸借対照表計上額(百万円)

 期末時価
 (百万円)

期首残高

期中増減額

期末残高

7,701

△23

7,678

10,328

 

 

(注) 1 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
       2 期中増減額のうち、当連結会計年度の主な減少は、減価償却によるものであります。
       3 期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整
            を行ったものを含む。)であります。

 

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
又は出資金
(百万円)

主要な事業の
内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

エスケーエンジニアリング㈱

東京都中央区

222

鉄鋼事業

100.0

鉄骨工事の現場施工管理

当社所有設備の賃借

役員の兼任等…有

㈱ダイサン

大阪市西区

200

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の仕入及び販売

当社所有設備の賃借

融資

役員の兼任等…有

阪和流通センター東京㈱

千葉県習志野市

100

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の加工及び保管、
金属原料・エネルギー関連製品の保管等

当社所有土地及び設備の賃借

役員の兼任等…有

阪和流通センター大阪㈱

堺市堺区

100

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の加工及び保管の請負等

当社所有土地及び設備の賃借

役員の兼任等…有

阪和流通センター名古屋㈱

愛知県海部郡

飛島村

100

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼・非鉄製品の加工及び
保管等

当社所有土地及び設備の賃借

役員の兼任等…有

阪和スチールサービス㈱

滋賀県甲賀市

100

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

阪和エコスチール㈱

千葉県鎌ケ谷市

100

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の加工及び販売

当社所有土地及び設備の賃借

融資

役員の兼任等…有

三栄金属㈱

大阪市中央区

100

鉄鋼事業

100.0

(3.0)

鉄鋼製品の仕入及び販売

融資

役員の兼任等…有

㈱トーハンスチール

千葉県船橋市

64

鉄鋼事業

100.0

鉄筋の加工及び販売

当社所有設備の賃借

役員の兼任等…有

ダイコースチール㈱

大阪市住之江区

50

鉄鋼事業

100.0

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

亀井鐵鋼㈱

愛媛県松山市

50

鉄鋼事業

100.0

(1.0)

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

大鋼産業㈱

大阪市中央区

35

鉄鋼事業

100.0

(3.0)

鉄鋼製品の販売及び工事の請負

融資

役員の兼任等…有

太洋鋼材㈱

大阪市中央区

10

鉄鋼事業

100.0

(100.0)

鉄鋼製品の加工及び販売

阪和エコスチール㈱の子会社

融資

役員の兼任等…有

㈱松岡鋼材

滋賀県甲賀市

10

鉄鋼事業

100.0

(100.0)

鉄鋼製品の加工及び販売

㈱カネキの子会社

融資

役員の兼任等…有

㈱カネキ

京都府久世郡

久御山町

20

鉄鋼事業

98.5

(1.5)

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

すばる鋼材㈱

大阪市大正区

57

鉄鋼事業

97.0

鉄鋼製品の仕入及び販売

融資

役員の兼任等…有

ジャパンライフ㈱

東京都葛飾区

   60

鉄鋼事業

80.1

鉄鋼製品の販売

融資

役員の兼任等…有

廣内圧延工業㈱

大阪市城東区

100

鉄鋼事業

74.6

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

山陽鋼材㈱

広島市中区

      20

鉄鋼事業

51.0

鉄鋼製品の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

HANWA STEEL SERVICE MEXICANA S.A. DE C.V.

Guanajuato,
Mexico

MXN

870,547千

鉄鋼事業

100.0

(0.0)

北米地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

融資

役員の兼任等…有

HANWA STEEL SERVICE
 (THAILAND) CO., LTD.

Chonburi,
Thailand

THB

576,000千

鉄鋼事業

100.0

(0.0)

アジア地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

役員の兼任等…有

 

 

名称

住所

資本金
又は出資金
(百万円)

主要な事業の
内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

PT. HANWA STEEL SERVICE

INDONESIA

Jawa Barat,
Indonesia

 US$

18,000千

鉄鋼事業

100.0

(1.0)

アジア地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

融資・債務保証

役員の兼任等…有

阪和鋼板加工(東莞)有限公司

東莞、中国

 US$

15,000千

鉄鋼事業

100.0

(40.0)

アジア地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

長富不銹鋼中心(蘇州)有限公司

太倉、中国

US$

18,000千

鉄鋼事業

74.0

アジア地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

HANWA STEEL CENTRE (M) SDN. BHD.

Penang, Malaysia

MYR

40,000千

鉄鋼事業

66.0

アジア地域における鉄鋼製品
の加工及び販売

融資・債務保証

役員の兼任等…有

日鴻不銹鋼(上海)有限公司

上海、中国

RMB

95,000千

鉄鋼事業

55.0

アジア地域における鉄鋼製品の加工及び販売 

債務保証

役員の兼任等…有

日本南ア・クロム㈱

東京都中央区

13,608

プライマリー原料事業

50.1

投資事業

役員の兼任等…有

昭和メタル㈱

川崎市川崎区

20

リサイクル原料事業

100.0

特殊金属の加工、仕入及び販売

役員の兼任等…有

日興金属㈱

北九州市門司区

20

リサイクル原料事業

100.0

特殊金属・非鉄金属の加工及び販売

役員の兼任等…有

正起金属加工㈱

愛知県知多郡

武豊町

20

リサイクル原料事業

97.0

非鉄金属の加工、仕入及び販売

融資

役員の兼任等…有

PT. HANWA ROYAL METALS

Jawa Timur,
Indonesia

US$

3,800千

リサイクル原料事業

51.0

(51.0)

非鉄金属原料の加工及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

ハンワフーズ㈱

東京都中央区

200

食品事業

100.0

水産加工品の仕入及び販売

融資

役員の兼任等…有

丸本本間水産㈱

札幌市西区

20

食品事業

97.0

水産加工品の仕入及び販売

融資

役員の兼任等…有

SEATTLE SHRIMP & SEAFOOD
COMPANY, INC.

Washington,
U.S.A.

US$

300千

食品事業

100.0

(49.0)

役員の兼任等…有

トーヨーエナジー㈱

大阪市中央区

120

石油・化成品事業

100.0

エネルギー関連製品の仕入及び販売

融資・債務保証

役員の兼任等…有

西部サービス㈱

大阪市淀川区

      20

石油・化成品事業

100.0

廃棄物燃料の仕入

融資

役員の兼任等…有

㈲アルファフォルム

大阪市淀川区

   3

石油・化成品事業

100.0

廃棄物燃料の仕入

融資

役員の兼任等…有

HANWA SINGAPORE (PRIVATE)
LTD.

Singapore

US$

129,527千

海外販売子会社

100.0

アジア地域における商品の
仕入及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

HANWA AMERICAN CORP.

New Jersey,
U.S.A

US$

40,000千

海外販売子会社

100.0

北米地域における商品の仕入及び販売

融資・債務保証

役員の兼任等…有

HANWA THAILAND CO., LTD.

Bangkok,
Thailand

THB

612,200千

海外販売子会社

100.0

(0.0)

アジア地域における商品の
仕入及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

阪和(香港)有限公司

香港、中国

HK$

70,000千

海外販売子会社

100.0

アジア地域における商品の
仕入及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

阪和(上海)管理有限公司

上海、中国

US$

2,500千

海外販売子会社

100.0

アジア地域における商品の
仕入及び販売

役員の兼任等…有

台湾阪和興業股份有限公司

台北、台湾

NT$

15,000千

海外販売子会社

100.0

アジア地域における商品の
仕入及び販売

役員の兼任等…有

 

 

名称

住所

資本金
又は出資金
(百万円)

主要な事業の
内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

HANWA CANADA CORP.

Vancouver,
Canada

CAN$

2,300千

海外販売子会社

100.0

(100.0)

北米地域における商品の仕入
及び販売

HANWA AMERICAN CORP.の子会社

役員の兼任等…有

PT. HANWA INDONESIA

Jakarta,

Indonesia

US$

32,100千

海外販売子会社

99.9

(0.0)

アジア地域における商品の
仕入及び販売

融資・債務保証

役員の兼任等…有

㈱ハローズ

東京都中央区

100

その他
(アミューズメント施設の管理・運営)

100.0

資産の販売・賃貸

融資・債務保証

役員の兼任等…有

 

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

近江産業㈱

大阪市大正区

100

鉄鋼事業

37.6

鉄鋼製品の仕入及び販売

役員の兼任等…有

ステンレスパイプ工業㈱

堺市美原区

100

鉄鋼事業

34.1

鉄鋼製品の製造及び販売

債務保証

役員の兼任等…有

メタルテック㈱

東京都墨田区

50

鉄鋼事業

33.3

鉄鋼製品の仕入及び販売

役員の兼任等…有

COSMOSTEEL HOLDINGS LTD.

Singapore

S$

56,324千

鉄鋼事業

28.4

役員の兼任等…有

SOHBI KOHGEI (PHILS.), INC.

Batangas,
Philippines

US$

7,772千

鉄鋼事業