三井住友フィナンシャルグループ【8316】

直近本決算の有報
株価:5月24日時点

タグを追加
1年高値4,722 円
1年安値3,546 円
出来高4,100 千株
市場東証1
業種銀行業
会計日本
EV/EBITDAN/A
PBR0.5 倍
PSR・会予N/A
ROA0.4 %
ROICN/A
営利率N/A
決算3月末
設立日2002/12
上場日2002/12/1
配当・会予180.0 円
配当性向32.7 %
PEGレシオ-24.3 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・実績:4.3 %
利益(百万円)
営利 CAGR・実績:N/A %  純利5y CAGR・実績:2.0 %
Loading...
EPS(円)
Loading...
BPS(円)
Loading...
配当(円)
Loading...
健全性(%、倍)
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
セグメント別売上
単一セグメント、もしくはIFRS / USGAAPのため、データがありません。
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社(うち連結子会社347社、持分法適用会社75社))は、銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務、システム開発・情報処理業務などの金融サービスに係る事業を行っております。

なお、当社グループは、お客さまの様々なニーズへの対応力をグループベースで一層強化するため、お客さまセグメント毎に事業戦略を立案・実行する枠組みとして、平成29年4月1日より、事業部門制を導入しております。これにより、従来「銀行業」、「リース業」、「証券業」、「コンシューマーファイナンス業」及び「その他事業」で区分していた報告セグメントを、当連結会計年度から「ホールセール事業部門」、「リテール事業部門」、「国際事業部門」、「市場事業部門」及び「本社管理」に変更しております。

それぞれの報告セグメントが担当する業務は以下のとおりであります。
ホールセール事業部門:国内の大企業及び中堅企業のお客さまに対応した業務
リテール事業部門  :国内の個人及び中小企業のお客さまに対応した業務
国際事業部門    :海外の日系・非日系企業等のお客さまに対応した業務
市場事業部門    :金融マーケットに対応した業務
本社管理      :上記各事業部門に属さない業務等


 各事業部門(「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げる「セグメント情報」の区分と同一)における当社及び当社の関係会社の位置付け等を事業の系統図によって示すと次のとおりであります。

なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しております。これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

(画像は省略されました)


 

(参考) 当社の組織図

 

                                                                          (平成30年6月28日現在)

(画像は省略されました)


 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会やグループ経営会議が、経営資源の配分の決定や業績評価のために、定期的に経営成績等の報告を受ける対象となっているものであります。

当社グループは、お客さまの様々なニーズへの対応力をグループベースで一層強化するため、お客さまセグメント毎に事業戦略を立案・実行する枠組みとして、平成29年4月1日より、事業部門制を導入しております。これにより、従来「銀行業」、「リース業」、「証券業」、「コンシューマーファイナンス業」及び「その他事業」で区分していた報告セグメントを、当連結会計年度から「ホールセール事業部門」、「リテール事業部門」、「国際事業部門」、「市場事業部門」及び「本社管理」に変更しております。

それぞれの報告セグメントが担当する業務は以下のとおりであります。

ホールセール事業部門:国内の大企業及び中堅企業のお客さまに対応した業務

リテール事業部門  :国内の個人及び中小企業のお客さまに対応した業務

国際事業部門    :海外の日系・非日系企業等のお客さまに対応した業務

市場事業部門    :金融マーケットに対応した業務

本社管理      :上記各事業部門に属さない業務等

 

2  報告セグメントごとの利益又は損失の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一でありますが、複数の事業部門の協働により取引を獲得した際には、社内管理会計の取扱いに則り、実際の収益額に基づき算定した金額を協働した事業部門に計上しております。

また、前連結会計年度については、上記の変更を踏まえて作成した報告セグメントごとの利益又は損失の金額に関する情報を記載しております。

なお、資産につきましては、事業セグメント別の管理を行っておりません。

 

3 報告セグメントごとの利益又は損失の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

ホールセール
事業部門

リテール
事業部門

国際事業部門

市場事業部門

本社管理等

合計

連結粗利益

776,358

1,313,920

566,109

346,779

△82,424

2,920,742

経費

△344,840

△1,041,120

△241,153

△50,153

△135,167

△1,812,433

その他

45,689

12,080

38,447

8,129

△79,792

24,552

連結業務純益

477,207

284,880

363,403

304,754

△297,384

1,132,860

 

(注) 1  損失の場合には、金額頭部に△を付しております。

2 「その他」には、持分法投資損益及び社内管理上の協働収益を含めております。

3 「本社管理等」には、内部取引として消去すべきものを含めております。

 

当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

ホールセール
事業部門

リテール
事業部門

国際事業部門

市場事業部門

本社管理等

合計

連結粗利益

772,949

1,311,727

631,950

356,150

△91,725

2,981,050

経費

△347,864

△1,027,674

△280,658

△53,936

△106,065

△1,816,197

その他

53,576

15,516

46,933

17,575

△94,607

38,992

連結業務純益

478,661

299,569

398,225

319,789

△292,398

1,203,845

 

(注) 1  損失の場合には、金額頭部に△を付しております。

2 「その他」には、持分法投資損益及び社内管理上の協働収益を含めております。

3 「本社管理等」には、内部取引として消去すべきものを含めております。

 

 

4  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

(単位:百万円)

利益

金額

連結業務純益

1,132,860

その他経常収益(除く持分法による投資利益)

176,704

その他経常費用

△303,710

連結損益計算書の経常利益

1,005,855

 

(注)  損失の場合には、金額頭部に△を付しております。

 

当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

(単位:百万円)

利益

金額

連結業務純益

1,203,845

その他経常収益(除く持分法による投資利益)

201,759

その他経常費用

△241,491

連結損益計算書の経常利益

1,164,113

 

(注)  損失の場合には、金額頭部に△を付しております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

1  サービスごとの情報

    報告セグメントごとの情報と類似しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 経常収益

(単位:百万円)

日本

米州

欧州・中近東

アジア・オセアニア

合計

3,747,786

493,079

461,876

430,502

5,133,245

 

(注) 1  一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

2  当社、国内銀行連結子会社(海外店を除く)及びその他の国内連結子会社の取引に係る経常収益は「日本」に分類しております。また、国内銀行連結子会社の海外店及び在外連結子会社の取引に係る経常収益は、海外店及び各社の所在地を基礎とし、地理的な近接度等を考慮の上、「米州」「欧州・中近東」「アジア・オセアニア」に分類しております。

3  「米州」にはアメリカ合衆国、ブラジル連邦共和国、カナダ等が、「欧州・中近東」には英国、ドイツ連邦共和国、フランス共和国等が、「アジア・オセアニア」には中華人民共和国、シンガポール共和国、オーストラリア連邦等が属しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

米州

欧州・中近東

アジア・オセアニア

合計

1,621,388

245,816

1,223,456

10,981

3,101,642

 

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成29年4月1日  至  平成30年3月31日)

1  サービスごとの情報

    報告セグメントごとの情報と類似しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 経常収益

(単位:百万円)

日本

米州

欧州・中近東

アジア・オセアニア

合計

4,168,743

553,871

564,813

476,744

5,764,172

 

(注) 1  一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

2  当社、国内銀行連結子会社(海外店を除く)及びその他の国内連結子会社の取引に係る経常収益は「日本」に分類しております。また、国内銀行連結子会社の海外店及び在外連結子会社の取引に係る経常収益は、海外店及び各社の所在地を基礎とし、地理的な近接度等を考慮の上、「米州」「欧州・中近東」「アジア・オセアニア」に分類しております。

3  「米州」にはアメリカ合衆国、ブラジル連邦共和国、カナダ等が、「欧州・中近東」には英国、ドイツ連邦共和国、フランス共和国等が、「アジア・オセアニア」には中華人民共和国、シンガポール共和国、オーストラリア連邦等が属しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

米州

欧州・中近東

アジア・オセアニア

合計

1,645,637

626,147

1,192,015

11,330

3,475,131

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

固定資産の減損損失は、報告セグメントに配分しておりません。
前連結会計年度における減損損失は、49,460百万円であります。
当連結会計年度における減損損失は、49,900百万円であります。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

(単位:百万円)

 

ホールセール
事業部門

リテール
事業部門

国際事業部門

市場事業部門

本社管理等

合計

当期償却額

681

4,019

1,063

23,507

29,272

当期末残高

12,950

58,140

5,495

241,991

318,578

 

 

当連結会計年度(自  平成29年4月1日  至  平成30年3月31日)

(単位:百万円)

 

ホールセール
事業部門

リテール
事業部門

国際事業部門

市場事業部門

本社管理等

合計

当期償却額

681

4,019

1,006

19,517

25,225

当期末残高

7,416

54,120

4,197

206,469

272,203

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

該当ありません。

 

当連結会計年度(自  平成29年4月1日  至  平成30年3月31日)

該当ありません。

 

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。

 

(1) 経営方針、経営戦略等
① 経営方針

当社グループは、以下の経営理念のもと、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」を目指してまいります。

 

○お客さまに、より一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する。
○事業の発展を通じて、株主価値の永続的な増大を図る。
○勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る。

 

② 経営環境

当年度を顧みますと、海外では、新興国において、資源価格の底入れや景気刺激策の実施等を背景に経済成長率が総じて上昇したほか、先進国においても、米国経済や欧州経済が堅調な消費に支えられて回復傾向を維持しました。わが国の経済も、企業業績が概ね好調に推移する中、雇用・所得環境の改善を通じて個人消費が持ち直したこと等から、緩やかな回復基調が続きました。

わが国の金融資本市場におきましては、日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」のもとで、当年度末にかけて短期金利はマイナス0.07%前後、長期金利は0.05%前後となりました。円相場は、昨年末まで総じて110円から114円の範囲で推移しましたが、その後、米国や中国の貿易政策を巡る不確実性等から円高に転じ、当年度末には106円台前半となりました。日経平均株価は、好調な企業業績や欧米における堅調な株価等を背景に、昨年9月以降上昇に転じ、本年1月には平成3年以来の高値となる2万4千円台を記録しました。その後、米国における株価下落等を受け、当年度末にかけて2万1千円台前半まで下落しました。

こうした中、昨年5月に、金融機関と金融関連IT企業等(いわゆる「フィンテック企業」)が連携・協働して技術革新を進めていくことを目的とした「銀行法等の一部を改正する法律」や、債権関係の規定を見直す「民法の一部を改正する法律」等が成立しました。また、昨年12月に、バーゼル銀行監督委員会が、銀行の自己資本比率等に関する国際的な規制の枠組み(いわゆる「バーゼルⅢ」)の見直しに係る最終規則文書を公表しました。

 

③ 経営戦略

当社グループは、グループ総合力の結集と構造改革の推進により、お客さまに価値ある商品・サービスを適時に提供し、お客さまに選ばれる金融グループとして、持続的成長と企業価値の更なる向上を目指してまいります。そのための施策として、平成29年度からの3年間を計画期間とする中期経営計画で掲げた以下の3つの基本方針に則った取組みを加速してまいります。

 

○規律を重視した事業展開
○強みに重点を置いた成長戦略の推進
○持続的成長を支えるグループ・グローバルベースの運営高度化

 

 

④ 経営指標

本中期経営計画では、資本効率・資産効率・経費効率の改善に取り組み、下表の3項目を最終年度の平成31年度の財務目標として掲げております。

 

<連結財務目標(平成31年度)>

資本効率

ROE

7~8%程度

経費効率

経費率

平成28年度(62.1%)比
△1%程度低下

健全性

普通株式等Tier1比率

10%程度

 

※ バーゼルⅢ最終化時ベース。普通株式等Tier1から「その他有価証券評価差額金」、リスクアセットから株式評価益見合い分を控除。

 

(2) 対処すべき課題

当社グループは、中期経営計画の2年目にあたる平成30年度の基本方針を、「中期経営計画の加速」としております。中期経営計画で掲げた3つの基本方針に則った取組みの加速により、お客さまに価値ある商品・サービスを適時に提供し、お客さまに選ばれる金融グループとして、持続的成長と企業価値の更なる向上を目指してまいります。

 

① 規律を重視した事業展開

金融機関を取り巻く環境は、当面は総じて堅調に推移することが見込まれますが、一方で、マイナス金利の継続やデジタル化による手数料率の低下等の構造的要因による収益への下押し圧力や、業種を超えた競争激化が想定されるほか、国際的な金融規制の強化も予定されております。当社グループでは、こうした環境下でもボトムライン収益の持続的成長を実現するため、資本効率、資産効率及び経費効率の向上に向けたビジネスモデル改革を加速し、規律を重視した収益性の高い金融機関を目指してまいります。

具体的には、国内の安定的な収益基盤における競争優位性を維持しつつ、優先的に資源投入するビジネスを選別することで、引き続き、資本効率の良い収益構造への転換を進めていくとともに、国際的な金融規制の強化を踏まえ、資産の総額もコントロールしてまいります。

加えて、デジタル技術を活用した業務の効率化や、グループ内での業務基盤の共有化を進め、グループ全体の生産性向上と効率化を推進してまいります。

 

② 強みに重点を置いた成長戦略の推進

当社グループの競争優位性と事業の成長性をもとに定めた以下の「7つの戦略事業領域」に重点を置き、安定的な収益基盤である国内事業の一層の強化、海外事業における成長戦略の推進及び将来の成長に向けた新たな強みづくりに取り組んでまいります。

 

<7つの戦略事業領域>

・本邦ナンバーワンの個人向け金融ビジネスの実現

・本邦中堅企業向けビジネスにおける優位性の拡大

・国内外の大企業向けビジネスにおける存在感の拡大

・高採算かつグローバルに強みがある金融商品の提供におけるトップクラスの地位の確立

・「アジア・セントリック」の進化

・市場関連業務の収益力強化

・当社グループ独自の付加価値の高い信託・資産運用ビジネスの構築

 

 

具体的には、4つの事業部門において、次の取組みを推進してまいります。リテール事業部門におきましては、株式会社三井住友銀行とSMBC日興証券株式会社が一体となり、お客さま本位の資産管理型ビジネスの強化を加速し、預り資産の拡大を図ってまいります。また、個人のお客さま向けの店舗について、デジタル技術を活用した次世代型店舗への転換を加速してまいります。ホールセール事業部門におきましては、中堅企業のお客さまに対しまして、貸出に加え、課題に応じた解決策をグループベースでご提供し、収益性の向上に努めてまいります。大企業のお客さまに対しましては、高度化・複雑化するお客さまのニーズに対し、グループ・グローバルベースでの一体運営を一層進めることにより、サービス提案力を一段と向上させてまいります。国際事業部門におきましては、海外のお客さまに対しまして、貸出に加え、為替取引や債券・株式の引受け等のお客さまのニーズへの対応力を強化し、お取引の複合化を推進してまいります。また、航空機リースや貨車リース等の高採算かつ当社が強みを持つビジネスの強化を進めてまいります。加えて、「アジア・セントリック」の進化につきましては、インドネシアにおいてマルチフランチャイズ戦略を更に推進してまいります。市場事業部門におきましては、株式会社三井住友銀行とSMBC日興証券株式会社の国内外の拠点の連携を通じ、機関投資家のお客さまに運用商品を提供する体制を一層強化してまいります。

 

③ 持続的成長を支えるグループ・グローバルベースの運営高度化
イ.ビジネスにおける可能性を最大化する経営体制

当社は、事業部門制のもと、グループ・グローバルベースで、当社グループの経営資源を最大限活用してまいります。具体的には、グループ各社が、統一された経営戦略のもとで、商品・サービス提供力を強化することによって、幅広いお客さまの多様なニーズに的確にお応えしてまいります。更に、企画・管理機能を高度化し、人員・システム投資額等をグループベースでコントロールすることで、全体最適の観点から資源の投入を行ってまいります。加えて、本年4月には、当社グループのマスターブランドを「SMBC」と定めておりますが、この新たなグループブランドのもと、グループ一体となった取組みを加速し、お客さまへのサービスを一層向上してまいります。

これらの取組みのほか、グローバル金融グループとしての社会的使命を果たすべく、「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向けた取組みも進めてまいります。

 

ロ.デジタル化の推進

社会のデジタル化、キャッシュレス化が急速に進展する中、当社グループは、様々な新しい技術を積極的に取り入れ、当社グループの生産性向上・業務効率化や経営基盤の高度化並びにお客さまの利便性向上や新規ビジネスの創造等、あらゆる分野でデジタル化を推進いたします。

デジタル技術を活用した生産性向上、経営基盤の高度化につきましては、マネー・ローンダリング等の防止にかかる規制対応において、人工知能を活用した対応強化と業務効率化に引き続き取り組んでまいります。

また、お客さまの利便性向上や新規ビジネスの創造等につきましては、株式会社ポラリファイにおいて、生体認証技術を活用したサービスの提供を拡大していくほか、オープンイノベーション拠点「hoops link tokyo」において、多種多様な外部企業とアイデアをともに創造するワークショップ「SMBC Brewery」を展開してまいります。更に、決済業務におきましては、事業者向けの次世代決済プラットフォームの構築についてGMOペイメントゲートウェイ株式会社と提携協議を開始するなど、お客さまに対する新しいキャッシュレス決済の機会の創出に向けた取組みを推進し、わが国におけるキャッシュレス化の推進を先導してまいります。

 

当社グループは、お客さま本位の業務運営を一層推進するとともに、上記の取組みにおいて、着実な成果をお示しすることにより、お客さま、株主・市場、社会からのご評価を更に高めてまいりたいと考えております。

 

2 【事業等のリスク】

当社及び当社グループの事業その他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項や、その他リスク要因に該当しない事項であっても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項について記載しております。また、これらのリスクは互いに独立するものではなく、ある事象の発生により他の様々なリスクが増大する可能性があることについてもご留意ください。なお、当社は、これらリスク発生の可能性を認識したうえで、発生を回避するための施策を講じるとともに、発生した場合には迅速かつ適切な対応に努める所存であります。

本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。

 

(1)  近時の国内外の経済金融環境

 国際金融資本市場の変動や国内外の景気の下振れ、資源価格の急激な下落等が生じた場合、国内外の取引先の経済活動が困難となり、当社グループの不良債権残高や与信関係費用が増加したり、当社グループの資本及び資金調達が難しくなること等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)  保有株式に係るリスク

① 株式価値の低下リスク

 当社グループは市場性のある株式等、大量の株式を保有しております。国内外の経済情勢や株式市場の需給関係の悪化、発行体の経営状態の悪化等により株式の価値が低下する場合には、保有株式に減損処理及び評価損等が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 株式の処分に関するリスク

 当社グループは、大幅な株価下落をもたらすストレス環境下においても十分に金融仲介機能を発揮できる財務基盤を確保する観点から、政策保有株式の削減計画を策定し、本計画に取り組んでおります。この株式削減に伴い、売却損失が発生する可能性があるほか、取引先が保有する当社株式が売却されて当社の株価に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)  トレーディング業務、投資活動に係るリスク

 当社グループは、デリバティブ取引を含む多種多様な金融商品を取扱うトレーディング業務や債券、ファンド等への投資を行っているため、当社グループの経営成績及び財政状態は、金利、為替、株価、債券価格、商品価格等の変動リスクに常に晒されております。例えば、金利が上昇したり債券の格付が引き下げられたりした場合、当社グループが保有する国債等の債券ポートフォリオの価値に影響を及ぼし、売却損や評価損等が発生する可能性があります。また、主要国の金融政策の変更、市場の低迷等により流動性が低下し適切な価格形成がなされない場合や、世界的な市場の混乱や経済金融環境の悪化が長期化・深刻化する場合等には、当社グループが保有する金融商品の市場価格等が大幅に下落し、多額の評価損や減損処理が発生し、これらの結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)  為替リスク

 当社グループは、保有する外貨建資産及び負債について、必要に応じて、為替リスクを回避する目的からヘッジを行っておりますが、為替レートが急激に大きく変動した場合等には、多額の評価損等が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(5)  自己資本比率規制等

① 自己資本比率規制

 バーゼル銀行監督委員会は、平成22年12月に、銀行の自己資本に関する国際的な基準の詳細を示す「バーゼルⅢ:より強靭な銀行および銀行システムのための世界的な規制の枠組み」を公表しました。

 バーゼルⅢは、従来の自己資本規制(バーゼルⅡ)に比べ、優先株が普通株式等Tier1に算入されないことやTier2に算入可能な劣後債の要件が厳格化されるなど、資本の質的側面が強化されたことに加え、自己資本比率の最低水準の引き上げや各種バッファー(資本保全バッファー、カウンター・シクリカル・バッファー、G-SIBバッファー)の導入により、資本の量的側面の強化を図るものであり、平成25年3月期より段階的に適用されております。また、バーゼル銀行監督委員会は、平成29年12月に、バーゼルⅢの見直しに係る最終規則文書を公表しており、当該見直し後の規制は平成34年から段階的に適用される予定です。

 当社グループは海外営業拠点を有しておりますので、連結自己資本比率を平成18年金融庁告示第20号に定められる国際統一基準以上に維持する必要があります。また、当社の連結子会社である株式会社三井住友銀行も海外営業拠点を有しておりますので、連結自己資本比率及び単体自己資本比率を平成18年金融庁告示第19号に定められる国際統一基準以上に維持する必要があります。

 加えて、当社の連結子会社のうち海外営業拠点を有していない株式会社SMBC信託銀行は、平成18年金融庁告示第19号に定められる国内基準以上に自己資本比率を維持する必要があります。

 当社グループ又は当社の国内銀行子会社(株式会社三井住友銀行、株式会社SMBC信託銀行)の自己資本比率がこれらの基準を下回った場合、金融庁から、自己資本の充実に向けた様々な実行命令を自己資本比率に応じて受けるほか、業務の縮小や新規取扱いの禁止等を含む様々な命令を受けることになります。また、海外銀行子会社については、現地において自己資本比率規制が適用されており、現地当局から様々な規制及び命令を受けることになります。その場合、業務が制限されること等により、取引先に対して十分なサービスを提供することが困難となり、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 当社グループ及び当社の銀行子会社の自己資本比率は、当社グループ各社の経営成績の悪化、自己資本比率の算定方法の変更及び本項「事業等のリスク」に記載する様々な要因が単独又は複合的に影響することによって低下する可能性があります。さらに、例えば次のような要因により自己資本比率が低下する可能性があります。

 

イ.繰延税金資産の自己資本比率規制上の自己資本算入額に関する上限

 わが国の自己資本比率規制において、普通株式等Tier1資本に算入できる繰延税金資産に制限を設けることが規定されております。かかる規制により、当社グループ及び株式会社三井住友銀行等の銀行子会社の自己資本比率規制上の自己資本の額が減少し、自己資本比率が低下する可能性があります。

 

ロ.繰延税金資産の貸借対照表計上額

 当社グループは、現時点における会計基準に従い、繰延税金資産を貸借対照表に計上しております。繰延税金資産の回収可能性については、一時差異等のスケジューリングや課税所得を合理的に見積もって判断していますが、一時差異等のスケジューリングが変更になった場合や課税所得が見積もりを下回ることとなった場合、又は法人税率の引き下げ等の税制改正がなされた場合には、当社グループの繰延税金資産が減額され、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼし、自己資本比率が低下する可能性があります。

 

ハ.資本調達手段

 自己資本比率の算定においては、その他Tier1資本調達手段及びTier2資本調達手段の自己資本算入に加え、平成25年3月以前に調達した適格旧資本調達手段についても自己資本算入に関する経過措置が設けられております。一定の要件を満たす適格旧資本調達手段は、当該経過措置の範囲内で自己資本に算入することが認められておりますが、自己資本算入期限が到来した際に、市場環境の変化等によっては、その他Tier1資本調達手段、Tier2資本調達手段への借換え等が困難となり、当社グループの自己資本の額が減少し、自己資本比率が低下する可能性があります。

 

 

② その他の規制

 平成27年11月、金融安定理事会(FSB)はG-SIBsに対して適用される新たな規制である総損失吸収力(TLAC)規制の枠組みを公表しました。平成30年4月には、金融庁が当該規制に係る枠組みの整備の方針に係る文書の改訂版を公表しており、当該規制に基づき、当社グループは、平成31年から一定比率以上の総損失吸収力(TLAC)を維持することが求められることになります。

 また、バーゼル銀行監督委員会は、平成22年12月に、銀行の流動性に関する国際的な基準の詳細を示す「バーゼルⅢ:流動性リスク計測、基準、モニタリングのための国際的枠組み」を公表しており、新たな規制である流動性カバレッジ比率(LCR)が段階的に適用されているほか、安定調達比率(NSFR)についても、平成26年10月に最終規則文書が公表され、今後の導入が予定されております。平成29年12月には、バーゼルⅢの見直しに係る最終規則文書の中で、G-SIBsに対する追加的要件を含むレバレッジ比率規制の枠組みが最終化されております。

 

 こうした金融規制強化の動向を踏まえ、当社グループでは、強靭な資本基盤の構築等の施策に取り組んでおりますが、これらの施策が、企図するとおりの十分な成果を発揮しない可能性があります。

 

(6)  他の金融機関との競争

 当社グループは、国内外の銀行、証券会社、政府系金融機関、ノンバンク等との間で熾烈な競争関係にあります。また、今後も国内外の金融業界において金融機関同士の統合や再編、業務提携が行われる可能性や、フィンテック等の新技術の台頭により競争環境に変化が生じる可能性、他業種から金融業への進出が加速する可能性があることに加え、金融機関に対する規制や監督の枠組みがグローバルに変更されること等により競争環境に変化が生じる可能性があります。こうした競争環境下で当社グループが競争優位を確立できない場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)  信用リスク

① 不良債権残高及び与信関係費用の増加

 当社グループは、貸出金等の債権について、劣化に対する予防策やリスク管理を強化するなど、信用リスクに対して様々な対策を講じております。また、自己査定基準、償却引当基準に基づき、その信用リスクの程度に応じて、担保処分等による回収見込額及び貸倒実績率等を勘案した貸倒引当金を計上しております。しかしながら、国内外の経済動向の変化、取引先の経営状況の変化(業況の悪化、企業の信頼性を失墜させる不祥事等の問題の発生等)、担保価値及び貸倒実績率の変動等により、取引先の業種や規模の大小等に関わらず、幅広いセグメントで貸倒引当金及び貸倒償却等の与信関係費用や不良債権残高が増加する可能性があり、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 取引先の業況の悪化

 当社グループの取引先の中には、当該企業の属する業界が抱える固有の事情等の影響を受けている企業がありますが、国内外の経済金融環境及び特定業種の抱える固有の事情の変化等により、当該業種に属する企業の財政状態が悪化する可能性があります。また、当社グループは、債権の回収を極大化するために、当社グループの貸出先に対する債権者としての法的権利を必ずしも行使せずに、状況に応じて債権放棄、デット・エクイティ・スワップ又は第三者割当増資の引受、追加貸出等の金融支援を行うことがあります。これら貸出先の信用状態が悪化したり、企業再建が奏功しない場合には、当社グループの与信関係費用や不良債権残高が増加する可能性があり、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③ 他の金融機関における状況の変化

 世界的な市場の混乱等により、国内外の金融機関の経営状態の悪化等により当該金融機関の資金調達及び支払能力等に問題が発生した場合には、当社グループが問題の生じた金融機関に対する支援を要請されたり、当社グループが保有する金融機関の株式が減価したり、金融機関宛与信に関する与信関係費用が増加する等の可能性があります。また、他の金融機関による貸出先への融資の打ち切り又は回収があった場合には、当該貸出先に対して当社グループが追加融資を求められたり、貸出先の経営状態の悪化又は破綻により、当社グループの与信関係費用や不良債権残高が増加する可能性があり、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)  当社グループのビジネス戦略

 当社グループは、銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務等の各種金融サービスを行うグループ会社群によって構成されており、平成29年5月に公表した、平成29年度から平成31年度までの3年間を計画期間とする中期経営計画において、中長期ビジョンとして「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」を掲げ、このビジョンの実現に向けた様々なビジネス戦略を実施してまいります。しかしながら、これらのビジネス戦略は、世界的な市場の混乱やわが国における金融緩和政策の長期化等の経済金融環境、事業環境の影響等により、必ずしも奏功するとは限らず、当初想定した成果をもたらさない可能性があります。

 

(9)  当社の出資、戦略的提携等に係るリスク

 当社グループはこれまで、銀行業務、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務等における様々な戦略的提携、提携を視野に入れた出資、買収等を国内外で行ってきており、今後も同様の戦略的提携等を行っていく可能性があります。しかし、こうした戦略的提携等については、①法制度の変更、②経済金融環境の変化や競争の激化、③提携先や出資・買収先の業務遂行に支障をきたす事態が生じた場合等には、期待されるサービス提供や十分な収益を確保できない可能性があります。また、当社グループの提携先又は当社グループのいずれかが、戦略を変更し、相手方との提携により想定した成果が得られないと判断し、あるいは財務上・業務上の困難に直面すること等によって、提携関係が解消される場合には、当社グループの収益力が低下したり、提携に際して取得した株式や提携により生じたのれん等の無形固定資産、提携先に対する貸出金の価値が毀損したりする可能性があります。これらの結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(10)  業務範囲の拡大

① 国内の業務範囲の拡大

 規制緩和等に伴い、当社グループは新たな収益機会を得るために業務範囲を拡大することがありますが、それに伴い、新たなリスクに晒されます。当社グループが業務範囲を拡大するにあたり、精通していない業務分野に進出した場合又は競争の激しい分野に進出した場合等において、当社グループの業務範囲の拡大が奏功しない又は当初想定した成果をもたらさない可能性があります。

 

② 海外の業務範囲の拡大

 経済のグローバル化が進展する中で、当社グループは、海外業務を拡大しております。海外業務の拡大に伴い、当社グループは、金利・為替リスク、現地の税制・規制の変更リスク、社会・政治・経済情勢が変化するリスク等に直面し、結果として、想定した収益を計上することができない、又は損失を被る可能性があります。また、地政学リスクの高まりや、海外の特定地域又は国の経済が悪化すること等により、当該地域又は国の貸出先及び金融機関の信用が低下し、当社グループが損失を被る可能性があります。これらの結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(11)  子会社、関連会社等に関するリスク

 当社グループは、グループ内の企業が相互に協働して営業活動を行っております。これらの会社の中には、当社グループの中核的業務である銀行業務と比較して業績変動の大きい会社やリスクの種類や程度の異なる業務を行う会社もあります。当社グループがこれら子会社等への投資から便益を受けることができるかどうかは不確定であり、それらの会社の業績が悪化する可能性もあります。また、当社グループは、状況に応じて、子会社等に対して追加出資等を行う可能性があります。これらの結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)  退職給付債務

 当社グループの年金資産の運用利回りが長期期待運用収益率を下回った場合や退職給付債務を計算する前提となる割引率等の基礎率を変更した場合等には、退職給付費用や退職給付債務の増加等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(13)  資本及び資金調達に関するリスク

 当社及び株式会社三井住友銀行を含む当社グループ各社の格付が低下するなどした場合には、当社グループの国内外における資本及び資金調達の条件が悪化する、もしくは取引が制約される可能性があります。また、世界的な市場の混乱や経済金融環境の悪化等の外部要因によっても、当社グループの国内外における資本及び資金調達の条件が悪化する、もしくは取引が制約される可能性があります。このような事態が生じた場合、当社グループの資本及び資金調達費用が増加したり、外貨資金調達等に困難が生じたりする等、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(14)  分配可能額

 持株会社である当社は、その収入の大部分を傘下の銀行子会社等から受領する配当金に依存しております。一定の状況又は条件の下では、会社法、銀行法、その他諸法令上の規制又は契約上の制限により、当該銀行子会社等が当社に対して支払う配当金が制限される可能性があります。また、銀行子会社等の財政状態の悪化により実質価額が著しく低下した場合には、銀行子会社等の株式に係る減損処理の実施により当社の経営成績及び財政状態が悪化し、会社法その他諸法令上の規制等により、当社株主への配当及びその他Tier1資本調達手段である永久劣後債への利息の支払い等が困難となる可能性があります。

 

(15)  業績目標及び配当予想の修正

 当社が公表する業績目標及び配当予想は、公表時点における様々な不確定要素をもとに算出しております。従って、国内外の経済金融環境が変化した場合や予想の前提となった条件等に変化があった場合には、上場する金融商品取引所の規則に基づいて、業績目標及び配当予想を修正する可能性があります。

 

(16)  決済リスク

 当社グループは、国内外の多くの金融機関と多様な取引を行っております。金融システム不安が発生した場合又は大規模なシステム障害が発生した場合に、金融市場における流動性が低下する等、決済が困難になるリスクがあります。また、非金融機関の取引先との一定の決済業務においても取引先の財政状態の悪化等により決済が困難になるリスクがあります。これらが顕在化した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(17)  オペレーショナルリスク

 当社グループが多様な業務を遂行していく上では、内部の不正行為、外部からの不正行為、労務管理面や職場環境面での問題の発生、お客さまへの商品勧誘や販売行為等における不適切な行為、自然災害等による被災やシステム障害等に伴う事業中断及び不適切な事務処理等、内部プロセス・人・システムが適切に機能しないことや外部で発生した事象により、損失が発生する可能性があります。これらのオペレーショナルリスクが顕在化した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

① 事務リスク

 当社グループは、事務に関する社内規程等の整備、事務処理のシステム化、本部による事務指導及び事務処理状況の点検等により適正な事務の遂行に努めておりますが、役職員等が事務に関する社内規程等に定められたとおりの事務処理を怠る、あるいは事故・不正等をおこした場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 情報システムに関するリスク及びサイバー攻撃

 当社グループが業務上使用している情報システムにおいては、安定的な稼働を維持するためのメンテナンス、バックアップシステムの確保等の障害発生の防止策を講じ、また、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定し、システムダウンや誤作動等の障害が万一発生した場合であっても安全かつ速やかに業務を継続できるよう体制の整備に万全を期しております。しかしながら、これらの施策にもかかわらず、品質不良、人為的ミス、サイバー攻撃等外部からの不正アクセス、コンピューターウィルス、災害や停電、テロ等の要因によって、情報システムに、システムダウン、誤作動、不備、不正利用を含む障害が発生する可能性があります。

 特に、近年のデジタル技術の著しい発展により、インターネットやスマートフォンを利用した取引が増加している一方、サイバー攻撃手法の高度化・巧妙化も進んでおり、金融機関をとりまくサイバーリスクは高まっております。加えて、取引先や業務委託先等の第三者のシステムを経由したサイバーリスクにも直面しております。

 以上の認識の下、当社グループは、経営主導でサイバー攻撃に対するセキュリティ対策の強化をより一層推進することを定めた「サイバーセキュリティ経営宣言」を策定しており、経営会議・取締役会での議論・検証の下、適切なリソースを配分するほか、専担部署を設けた上で有事の際のマニュアルの整備や、インターネットバンキング等のサービスでのセキュリティ対策の充実等を行うことを定めておりますが、これらの方策も最新の攻撃に対しては万全でない可能性があります。

 これらの要因により、当社の情報システムに障害が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(18)  お客さまに関する情報の漏洩

 当社グループは、お客さまに関する膨大な情報を保有しており、情報管理に関する規程及び体制の整備や役職員等に対する教育の徹底等により、お客さまに関する情報の管理には万全を期しております。しかしながら、内部又はサイバー攻撃等外部からのコンピューターへの不正アクセスや役職員等及び委託先の人為的ミス、事故等によりお客さまに関する情報が外部に漏洩した場合、お客さまからの損害賠償請求やお客さま及び市場等からの信頼失墜等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(19)  各種の規制及び法制度等

① コンプライアンス体制等

 当社グループは業務を行うにあたり、会社法、銀行法、独占禁止法、金融商品取引法、貸金業法、外為法、犯罪収益移転防止法及び金融商品取引所が定める関係規則等の各種法規制の適用を受けております。また、海外においては、それぞれの国や地域の規制・法制度の適用、及び金融当局の監督を受けております。加えて、各国当局は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止に関連し、国際社会の要請に基づいた各種施策を強化しており、当社グループは、国内外で業務を行うにあたり、これらの各国規制当局による各種規制の適用を受けております。さらに、当社は、米国証券取引所上場会社として、米国サーベンス・オクスリー法や米国証券法、米国海外腐敗行為防止法等の各種法制の適用を受けております。

 当社グループは、法令その他諸規則等を遵守すべく、コンプライアンス体制及び内部管理体制の強化を経営上の最重要課題のひとつとして位置付け、グループ各社の役職員等に対して適切な指示、指導及びモニタリングを行う体制を整備するとともに、不正行為の防止・発見のために予防策を講じております。しかしながら、役職員等が法令その他諸規則等を遵守できなかった場合、法的な検討が不十分であった場合又は予防策が効果を発揮せず役職員等による不正行為が行われた場合には、不測の損失が発生したり、行政処分や罰則を受けたり、業務に制限を付されたりするおそれがあり、また、お客さまからの損害賠償請求やお客さま及び市場等からの信頼失墜等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 経済制裁対象国との取引に係るリスク

 本邦を含む各国当局は、経済制裁対象国や特定の団体・個人等との取引を制限しております。例えば、米国関連法規制の下では、米国国務省が経済制裁対象国と指定している国等と米国人(米国内の企業を含む)が事業を行うことを、一般的に禁止又は制限しております。また、米国政府は、イラン制裁関連法制等により、米国以外の法人、個人に対しても、イランの指定団体や指定金融機関との取引等を規制しております。当社グループは、本邦・米国を含む各国の法規制を遵守する体制を整備しておりますが、既に米国財務省外国資産管理室(OFAC)に自主開示している取引を含めて、当社グループが行った事業が法規制に抵触した場合には、関連当局より過料等の処分を受ける可能性や厳しい行政処分等を受ける可能性があります。なお、取引規模は限定的でありますが、当社の銀行子会社の米国以外の拠点において、米国法令等を含む各国関連法規の遵守を前提として、経済制裁対象国と銀行間取引を行う場合があり、経済制裁対象国との取引が存在すること等により当社グループの風評が悪化し、お客さまや投資者の獲得あるいは維持に支障を来す可能性があります。それらにより、当社グループの株価、業務、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 各種の規制及び法制度等の変更

 当社グループが国内外において業務を行う際には、様々な法律、規則、政策、実務慣行、会計制度及び税制等の適用を受けております。これらが変更された場合、もしくは、新たな規制等が導入された場合には、当社グループの業務運営、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(20)  災害等の発生に関するリスク

 当社グループは、国内外の店舗、事務所、電算センター等の施設において業務を行っておりますが、これらの施設は、地震等の自然災害、停電、テロ等による被害を受ける可能性があります。また、各種感染症の流行により、当社グループの業務運営に支障が生じる可能性があります。当社グループは、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定しておりますが、被害の程度によっては、当社グループの業務が停止し、当社グループの業務運営や経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(21)  有能な人材の確保

 当社グループは幅広い分野で高い専門性を必要とする業務を行っておりますので、各分野において有能で熟練した人材が必要とされます。お客さまに高水準のサービスを提供するため、役職員の積極的な採用及び役職員の継続的な研修を行うこと等により、経費が増加する可能性があります。また、当社グループは、他の銀行及び証券会社等と競合関係にあるため、有能な人材を継続的に採用し定着を図ることができなかった場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(22)  リスク管理方針及び手続の有効性に関するリスク

 当社グループは、リスク管理方針及び手続を整備し運用しておりますが、新しい分野への急速な業務の進出や拡大に伴い、リスク管理方針及び手続が有効に機能しない可能性があります。また、当社グループのリスク管理方針及び手続の一部は、過去の経験に基づいた部分があることから、将来発生する多様なリスクを必ずしも正確に予測することができず、有効に機能しない可能性があります。その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(23)  重要な訴訟等

 当社グループは、国内外において、銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務等の各種金融サービスを行うグループ会社群によって構成されており、付加価値の高い金融サービスを幅広く提供しております。こうした業務遂行の過程で、損害賠償請求訴訟等を提起されたり、損害に対する補償が必要となる可能性があり、その結果によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(24)  金融業界及び当社グループに対する否定的な報道

 金融業界又は当社グループを対象として、様々な問題に関する否定的な内容の報道がなされることがあります。これらの中には憶測に基づいたものや、必ずしも正確な事実に基づいていないと思われるものも含まれておりますが、報道された内容が正確であるか否かにかかわらず、又は当社グループが報道された内容に該当するか否かにかかわらず、これらの報道がお客さまや投資者等の理解・認識に影響を及ぼすことにより、当社グループの信用や当社の株価が悪影響を受ける可能性があります。

 

(25)  財務報告に係る内部統制に関するリスク

 当社は、金融商品取引法に基づいて、財務報告に係る内部統制の有効性を評価し、その結果を記載した内部統制報告書の提出を義務付けられております。また、当社は、米国証券取引所上場会社として、米国サーベンス・オクスリー法に基づいて、財務報告に係る内部統制等の評価も義務付けられております。

 当社は、会計処理の適正性及び財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制評価規程等を制定し、財務報告に係る内部統制について必要な体制を整備しております。しかしながら、財務報告に係る内部統制が有効でない場合には、当社の財務報告に対するお客さま及び投資者等からの信頼を損ない、その結果、当社の株価が悪影響を受ける可能性があります。

 

(5) 【所有者別状況】

(平成30年3月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

8

353

81

6,762

1,178

333

260,929

269,644

所有株式数
(単元)

4,778

3,998,204

786,823

1,241,951

6,532,794

4,560

1,556,023

14,125,133

1,930,090

所有株式数
の割合(%)

0.03

28.31

5.57

8.79

46.25

0.03

11.02

100.00

 

(注) 1  自己株式3,884,968株は「個人その他」に38,849単元、「単元未満株式の状況」に68株含まれております。

2  「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ29単元及び48株含まれております。

3  「単元未満株式の状況」の欄には、株主名簿上は株式会社三井住友銀行名義となっておりますが、実質的に保有していない株式が60株含まれております。

 

 

3 【配当政策】

当社は、年2回、中間配当と期末配当として剰余金の配当を行うことを基本としておりますが、期末配当は株主総会の決議事項、中間配当は取締役会の決議事項とし、中間配当につきましては、取締役会の決議により毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。

また、当社は、健全性確保、株主還元強化、成長投資をバランスよく実現し、持続的な株主価値の向上を図ることを資本政策の基本方針とし、配当は持続的な利益成長を勘案し累進的に行うものとし、配当性向は次期中期経営計画期間中を目処に40%を目指す方針としております。なお、累進的配当とは、減配せず、配当維持もしくは増配を実施することであります。

上記方針の下、当事業年度の普通株式1株当たりの配当金につきましては、前事業年度比20円増配の170円といたしました。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下の通りであります。

 

決議年月日

株式の種類

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

平成29年11月14日

取締役会

普通株式

112,844

80

平成30年6月28日

定時株主総会

普通株式

126,950

90

 

 

5 【役員の状況】

男性20名 女性1名 (役員のうち女性の比率4.8%)

(1)取締役の状況

(平成30年6月28日現在)

役名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)

取締役会長

宮 田 孝 一

昭和28年11月16日生

昭和51年4月

株式会社三井銀行入行

平成15年6月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成18年10月

同常務執行役員

平成21年4月

同取締役兼専務執行役員

平成22年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ専務
執行役員

平成22年6月

同取締役

平成23年4月

同取締役社長
株式会社三井住友銀行取締役

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役会長(現職)
株式会社三井住友銀行取締役会長(現職)

(注)2

29,651

取締役

國 部   毅

昭和29年3月8日生

昭和51年4月

株式会社住友銀行入行

平成15年6月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成18年10月

同常務執行役員

平成19年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常務
執行役員

平成19年6月

同取締役

平成21年4月

株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員

平成23年4月

同頭取兼最高執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役社長

株式会社三井住友銀行取締役辞任

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役 執行役社長(現職)

(注)2

49,839

取締役

髙 島   誠

昭和33年3月31日生

昭和57年4月

株式会社住友銀行入行

平成21年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成24年4月

同常務執行役員

平成26年4月

同専務執行役員

平成28年12月

同取締役兼専務執行役員

平成29年4月

同頭取(現職)

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

24,195

取締役

荻 野 浩 三

昭和33年5月9日生

昭和56年4月

株式会社三井銀行入行

平成22年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成23年4月

同常務執行役員

平成25年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常務
執行役員

平成25年6月

同取締役

平成26年4月

株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役兼副社長執行役員

株式会社三井住友銀行取締役兼副頭取執行役員(現職)

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役執行役副社長(現職)

(注)2

17,119

 

 

役名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)

取締役

太 田   純

昭和33年2月12日生

昭和57年4月

株式会社住友銀行入行

平成21年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成24年4月

同常務執行役員

平成25年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常務
執行役員

平成26年4月

同専務執行役員
株式会社三井住友銀行専務執行役員

平成26年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役

平成27年4月

株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役兼副社長執行役員

株式会社三井住友銀行取締役辞任

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役 執行役副社長(現職)

平成30年3月

株式会社三井住友銀行取締役兼副頭取執行役員(現職)

(注)2

18,919

取締役

谷 崎 勝 教

昭和32年4月12日生

昭和57年4月

株式会社住友銀行入行

平成22年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成23年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
IT企画部長

平成25年4月

株式会社三井住友銀行常務執行役員

平成27年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ専務
執行役員
株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員
(現職)

平成27年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役

平成29年4月

同取締役兼専務執行役員

平成29年6月

同取締役 執行役専務(現職)

(注)2

14,675

取締役

夜 久 敏 和

昭和37年3月3日生

昭和59年4月

株式会社住友銀行入行

平成24年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
人事部長

株式会社三井住友銀行執行役員

平成26年4月

同常務執行役員

平成28年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常務
執行役員

平成29年3月

株式会社三井住友銀行取締役兼常務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ専務
執行役員

株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員
(現職)

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役 執行役専務(現職)

(注)2

15,849

取締役

寺 本 敏 之

昭和33年9月15日生

昭和56年4月

株式会社三井銀行入行

平成20年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成23年4月

同常務執行役員

平成26年4月

同取締役兼専務執行役員

平成27年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ専務
執行役員

平成27年6月

同取締役

平成28年4月

株式会社三井住友銀行取締役

平成28年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常任
監査役
株式会社三井住友銀行監査役(現職)

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

8,500

 

 

役名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)

取締役

三 上   徹

昭和35年8月27日生

昭和59年4月

株式会社住友銀行入行

平成18年4月

株式会社三井住友銀行法務部長

平成25年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ総務部部付部長

平成27年4月

株式会社三井住友銀行本店上席推進役

平成27年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常任
監査役

平成29年6月

同取締役(現職)

(注)2

1,300

取締役

久 保 哲 也

昭和28年9月24日生

昭和51年4月

株式会社住友銀行入行

平成15年6月 

株式会社三井住友銀行執行役員

平成18年7月

同常務執行役員

平成20年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ常務
執行役員

平成21年4月 

同専務執行役員

株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員

平成23年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ副社長執行役員

株式会社三井住友銀行取締役兼副頭取執行役員

SMBC日興証券株式会社取締役

平成23年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役

平成25年3月

同取締役辞任

株式会社三井住友銀行取締役辞任

平成25年4月 

SMBC日興証券株式会社代表取締役社長

平成28年4月 

同代表取締役会長(現職)

平成28年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

7,731

取締役

松 本 正 之

昭和19年4月14日生

昭和42年4月

日本国有鉄道入社

昭和62年4月

東海旅客鉄道株式会社入社

平成16年6月

同社代表取締役社長

平成22年4月

同社代表取締役副会長

平成23年1月

同社取締役辞任

平成23年1月

日本放送協会会長

平成26年1月

同協会退職

平成26年4月

東海旅客鉄道株式会社特別顧問(現職)

平成27年6月

株式会社三井住友銀行取締役

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)
株式会社三井住友銀行取締役退任

(注)2

300

取締役

アーサー M.
ミッチェル

昭和22年7月23日生

昭和51年7月

米国ニューヨーク州弁護士登録(現職)

平成15年1月

アジア開発銀行ジェネラルカウンセル

平成19年9月

ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所入所

平成20年1月

外国法事務弁護士登録(現職)
ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所外国法事務弁護士(現職)

平成27年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

100

取締役

山 崎 彰 三

昭和23年9月12日生

昭和45年11月

等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)入所

昭和49年9月

公認会計士登録(現職)

平成3年7月

監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)代表社員

平成22年6月

同監査法人退職

平成22年7月

日本公認会計士協会会長

平成25年7月

同協会相談役(現職)

平成26年4月

東北大学会計大学院教授

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

100

 

 

役名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)

取締役

河 野 雅 治

昭和23年12月21日生

昭和48年4月

外務省入省

平成17年8月

同省総合外交政策局長

平成19年1月

同省外務審議官(経済担当)

平成21年2月

ロシア駐箚特命全権大使

平成21年5月

兼アルメニア・トルクメニスタン・ベラルーシ
駐箚特命全権大使

平成23年3月

イタリア駐箚特命全権大使

平成23年5月

兼アルバニア・サンマリノ・マルタ駐箚特命全権大使

平成26年9月

退官

平成27年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

取締役

筒 井 義 信

昭和29年1月30日生

昭和52年4月

日本生命保険相互会社入社

平成16年7月

同社取締役

平成19年1月

同社取締役執行役員

平成19年3月

同社取締役常務執行役員

平成21年3月

同社取締役専務執行役員

平成22年3月

同社代表取締役専務執行役員

平成23年4月

同社代表取締役社長

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

平成30年4月

日本生命保険相互会社代表取締役会長(現職)

(注)2

取締役

新 保 克 芳

昭和30年4月8日生

昭和59年4月

弁護士登録(現職)

平成11年11月

新保法律事務所(現新保・洞・赤司法律事務所)弁護士(現職)

平成27年6月

株式会社三井住友銀行監査役

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)
株式会社三井住友銀行監査役辞任

(注)2

300

取締役

桜 井 恵理子

昭和35年11月16日生

昭和62年6月

Dow Corning Corporation入社

平成20年5月

東レ・ダウコーニング株式会社取締役

平成21年3月

同社代表取締役会長・CEO(現職)

平成23年5月

Dow Corning Corporationリージョナルプレジデント-日本/韓国

平成27年2月

ダウコーニング・ホールディング・ジャパン株式会社(現ダウ・シリコーン・ホールディング・ジャパン株式会社)代表取締役社長(現職)

平成27年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役(現職)

(注)2

500

189,078

 

(注) 1 取締役 松本正之、同 アーサー M.ミッチェル、同 山崎彰三、同 河野雅治、同 筒井義信、同 新保克芳、同 桜井恵理子の7氏は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

2 取締役の任期は、平成30年6月28日開催の定時株主総会での選任後平成30年度に関する定時株主総会の終結の時までであります。

3 当社は指名委員会等設置会社であります。委員会の構成及び委員長については、以下のとおりであります。
指名委員会:筒井義信(委員長)、宮田孝一、松本正之、アーサー M.ミッチェル、河野雅治、桜井恵理子
監査委員会:松本正之(委員長)、寺本敏之、三上 徹、山崎彰三、新保克芳
報酬委員会:新保克芳(委員長)、宮田孝一、國部 毅、アーサー M.ミッチェル、筒井義信、桜井恵理子

 

(2)執行役の状況

(平成30年6月28日現在)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)


執行役社長
(代表執行役)
 

グループ
CEO

國 部   毅

(注)1

(注)1

(注)2

(注)1


執行役
副社長
 

グループ
CRO

荻 野 浩 三

(注)1

(注)1

(注)2

(注)1

執行役
副社長

ホールセール事業部門長

成 田   学

昭和34年3月29日生

昭和56年4月

株式会社住友銀行入行

平成20年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成23年4月

同常務執行役員

平成25年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
常務執行役員

平成25年6月

同取締役

平成26年4月

同取締役辞任

株式会社三井住友銀行取締役兼専務
執行役員

平成27年4月

同専務執行役員

平成29年3月

同取締役兼専務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
副社長執行役員

株式会社三井住友銀行取締役兼副頭取
執行役員(現職)

平成29年6月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
執行役副社長(現職)

(注)2

17,341

執行役
副社長
(代表執行役)

グループ
CFO兼
グループ
CSO

太 田   純

(注)1

(注)1

(注)2

(注)1


執行役専務
 

グループ
CIO兼  グループ  CDIO

谷 崎 勝 教

(注)1

(注)1

(注)2

(注)1

執行役専務

グループ
CCO兼
グループ
CHRO

夜 久 敏 和

(注)1

(注)1

(注)2

(注)1

執行役専務

国際事業
部門長

大 島 眞 彦

昭和35年9月13日生

昭和59年4月

株式会社三井銀行入行

平成24年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成26年4月

同常務執行役員

平成29年3月

同取締役兼常務執行役員

平成29年4月

同取締役兼専務執行役員

平成30年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ執行役専務(現職)
株式会社三井住友銀行専務執行役員  

(現職)  

(注)2

16,549

執行役専務

リテール
事業部門長

田 村 直 樹

昭和36年7月9日生

昭和59年4月

株式会社住友銀行入行

平成24年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
リスク統括部部付部長

株式会社三井住友銀行執行役員

平成27年4月

同常務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
常務執行役員

平成30年4月

同執行役専務(現職)
株式会社三井住友銀行専務執行役員

(現職)

(注)2

9,217

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数(株)

執行役専務

市場事業
部門長

宗 正 浩 志

昭和37年2月1日生

昭和60年4月

株式会社住友銀行入行

平成25年4月

株式会社三井住友銀行執行役員

平成27年4月

同常務執行役員

平成29年4月

株式会社三井住友フィナンシャルグループ
常務執行役員

平成29年6月

同執行役常務

平成30年4月

同執行役専務(現職)

株式会社三井住友銀行専務執行役員 

(現職)

(注)2

7,617

計(注)3

50,724

 

(注) 1 「5 役員の状況 (1)取締役の状況」に記載されております。

2 執行役の任期は、平成30年6月から平成30年度に関する定時株主総会の終結後最初に招集される取締役
会の終結の時までであります。

3 所有株式数の合計に取締役を兼務する執行役の所有株式数は算入しておりません。

株価(1年)
期間を変更
Loading...
PER(1年/会予)
期間を変更
Loading...

その他企業情報

企業価値17,828,497 百万円
純有利子負債12,432,396 百万円
EBITDA・会予- 百万円
発行済株数1,414,443,390 株
設備投資額- 百万円
減価償却費281,535 百万円
のれん償却費25,225 百万円
研究開発費- 百万円
代表者執行役社長   國 部   毅 
資本金2,338,743 百万円
住所東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
電話番号東京(03)3282-8111(大代表)

類似企業比較