1年高値744 円
1年安値404 円
出来高685 千株
市場東証1
業種銀行業
会計日本
EV/EBITDAN/A
PBR0.3 倍
PSR・会予1.8 倍
ROA0.2 %
ROICN/A
β0.94
決算3月末
設立日1878/3/15
上場日1969/10/1
配当・会予14 円
配当性向23.4 %
PEGレシオ-1.4 倍
売上高(百万円)&収益性(%)
売上5y CAGR・実績:1.5 %
利益(百万円)
営利 CAGR・実績:N/A %
純利5y CAGR・予想:-5.3 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社16社、非連結子会社1社(持分法非適用)及び関連会社3社(持分法非適用)で構成され、銀行業務を中心に、リース業務等の金融サービスに係る事業を行っております。

当行及び当行の関係会社の事業に係わる位置づけは次のとおりであります。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

〔銀行業〕

当行の本店ほか支店142店、出張所7店においては、預金業務、貸出業務、有価証券投資業務、為替業務等を行い、地域に密着した営業活動を積極的に展開しており、グループの中心と位置づけております。

また、連結子会社では、銀行事務代行業務、信用保証業務、クレジットカード業務、有価証券投資業務、投資ファンドの運営業務を行っております。

〔リース業〕

連結子会社のいよぎんリース株式会社において、リース業務等を行っております。

〔その他〕

連結子会社の株式会社いよぎんコンピュータサービスにおいて、情報処理受託業務、ソフトウェア開発業務等を、四国アライアンス証券株式会社において、証券業務を行っております。

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

(画像は省略されました)


 

(注) 1 いよエバーグリーン農業応援ファンド2号投資事業有限責任組合は、新規設立により、当連結会計年度から連結の範囲に含めております。

2 持分法非適用の関連会社大洲まちづくりファンド有限責任事業組合を設立しております。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当行グループ(当行及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当期のわが国経済は、世界経済の減速を背景に輸出が伸び悩む一方、雇用・所得環境の着実な改善を背景に、個人消費は消費税率引き上げの影響を受けながらも持ち直しの動きがみられました。しかしながら、年度末にかけて発生した新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経済環境は一変し、世界的な景気の下振れ懸念が強まりました。

愛媛県経済は、新設住宅着工件数の増加による住宅投資や西日本豪雨の復旧・復興に伴う公共投資の増加が続いておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により地域経済の停滞が予想され、先行きは不透明な状況であります。

このような情勢のもと、当連結会計年度における業績は、次のとおりとなりました。

連結経常収益は、貸出金利息の増加により資金運用収益が増加したことに加えて、リース料収入の増加などにより連結子会社のその他業務収益が増加したことなどから、前年度比2億20百万円増加して1,265億6百万円となりました。一方、連結経常費用は、預金利息及びその他の支払利息の増加により資金調達費用が増加したものの、国債等債券売却損の減少によりその他業務費用が減少したことなどから、前年度比5億35百万円減少して970億93百万円となりました。この結果、連結経常利益は前年度比7億55百万円増加して294億13百万円となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は前年度比3億95百万円増加して189億22百万円となりました。

なお、当行単体の業績は、次のとおりとなりました。

コア業務粗利益は、外国為替売買損益の増加によりその他業務利益が増加したことなどから、前年度比5億92百万円増加して767億68百万円となりました。コア業務純益は、コア業務粗利益の増加に加えて、経費が減少したことなどから、前年度比10億17百万円増加して268億35百万円となりました。経常利益は、信用コストが増加したことに加えて、有価証券関係損益が減少したことなどから、前年度比2億32百万円の増加にとどまり265億81百万円となりました。この結果、当期純利益は前年度比2億40百万円増加して185億2百万円となりました。

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

○ 銀行業

経常収益は、外部顧客に対する経常収益が1,070億88百万円セグメント間の内部経常収益が6億55百万円となり、合計1,077億43百万円となりました。

セグメント利益は前年度比1億68百万円増加して285億30百万円となりました。

○ リース業

経常収益は、外部顧客に対する経常収益が169億5百万円セグメント間の内部経常収益が4億54百万円となり、合計173億59百万円となりました。

セグメント利益は前年度比5億17百万円増加して7億9百万円となりました。

○ その他

経常収益は、外部顧客に対する経常収益が25億13百万円セグメント間の内部経常収益が18億71百万円となり、合計43億84百万円となりました。

セグメント利益は前年度比53百万円増加して1億24百万円となりました。

譲渡性預金を含めた預金等の期末残高は、前年度末比407億円増加して5兆7,287億円となりました。

貸出金の期末残高は、前年度末比2,052億円増加して4兆7,330億円となりました。

有価証券の期末残高は、前年度末比1,387億円増加して1兆7,135億円となりました。

銀行の安全性・健全性を示す連結総自己資本比率(バーゼルⅢ基準)は14.85%となりました。

 

 

② キャッシュ・フローの状況

営業活動によるキャッシュ・フローは、借用金及び債券貸借取引受入担保金の増加等により492億79百万円となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の取得等により△1,340億32百万円となりました。また、財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払等により△57億41百万円となりました。この結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度比905億1百万円減少して7,178億87百万円となりました。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

「生産、受注及び販売の実績」は、銀行業における業務の特殊性のため、該当する情報がないので記載しておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当行グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容
a.経営成績

連結粗利益は前連結会計年度比27億35百万円増加して848億96百万円となりました。また、経常利益は前連結会計年度比7億55百万円増加して294億13百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度比3億95百万円増加して189億22百万円となりました。

 

連結粗利益

資金利益は、貸出金の増加により貸出金運用益が増加したものの、投資信託解約損益の減少により有価証券運用益が減少したことなどから、前連結会計年度比1億68百万円減少して663億75百万円となりました。その他業務利益は、相場動向を捉えた外国債券の売却により国債等債券関係損益が増加したことに加えて、外国為替売買損益やデリバティブ関係損益が増加したことなどから、前連結会計年度比29億79百万円増加して83億5百万円となりました。この結果、連結粗利益は前連結会計年度比27億35百万円増加して848億96百万円となりました。

 

営業経費

営業経費は、戦略的投資の増加により物件費が増加したものの、業務効率化により人件費が減少したことなどから、前連結会計年度比7億7百万円減少して516億53百万円となりました。

 

信用コスト

信用コストは、貸倒実績率の上昇等により一般貸倒引当金繰入額が増加したことに加えて、倒産・ランクダウン等の増加により個別貸倒引当金純繰入額が増加したことなどから、前連結会計年度比8億48百万円増加して73億79百万円となりました。

 

株式等関係損益

株式等関係損益は、株価の下落に伴いETF(上場投資信託)の売却損を計上したことなどから、前連結会計年度比25億2百万円減少して14億47百万円となりました。

 

特別損益

特別損益は、固定資産の減損損失を計上したことなどから、前連結会計年度比4億92百万円減少して△10億21百万円となりました。

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

連結粗利益

 

82,161

84,896

2,735

 

資金利益

 

66,543

66,375

△168

 

役務取引等利益

 

10,291

10,215

△76

 

その他業務利益

 

5,326

8,305

2,979

営業経費

(△)

52,360

51,653

△707

信用コスト

(△)

6,531

7,379

848

 

貸出金償却

(△)

15

20

5

 

個別貸倒引当金純繰入額

(△)

6,359

6,884

525

 

一般貸倒引当金繰入額

(△)

56

360

304

 

偶発損失引当金繰入額

(△)

89

75

△14

 

特定海外債権引当勘定繰入額

(△)

 

その他の債権売却損等

(△)

549

791

242

 

償却債権取立益

 

539

752

213

株式等関係損益

 

3,949

1,447

△2,502

その他

 

1,439

2,101

662

経常利益

 

28,658

29,413

755

特別損益

 

△529

△1,021

△492

税金等調整前当期純利益

 

28,129

28,392

263

法人税、住民税及び事業税

(△)

7,953

7,866

△87

法人税等調整額

(△)

420

233

△187

非支配株主に帰属する当期純利益

(△)

1,227

1,370

143

親会社株主に帰属する当期純利益

 

18,527

18,922

395

 

(注) 連結粗利益 = (資金運用収益-資金調達費用) + (役務取引等収益-役務取引等費用) + (その他業務収益-その他業務費用)

 

b.財政状態

預金等

譲渡性預金を含めた預金等は、個人預金・法人預金ともに順調に増加しており、前連結会計年度比407億円増加して5兆7,287億円となりました。

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

預金等(末残)

5,688,021

5,728,742

40,721

 

うち個人預金

3,423,698

3,512,594

88,896

 

 

貸出金

貸出金は、事業性貸出・住宅ローンを中心とした個人融資ともに順調に増加しており、前連結会計年度比2,052億円増加して4兆7,330億円となりました。

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

貸出金(末残)

4,527,810

4,733,091

205,281

 

うち個人融資(単体)

1,072,463

1,124,311

51,848

 

 

うち住宅ローン

781,086

831,805

50,719

 

 

 

リスク管理債権

リスク管理債権は、前連結会計年度比62億円増加して796億円となりました。なお、貸出金残高に占める割合は1.68%と引続き低水準を維持しております。

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

破綻先債権額

2,142

4,544

2,402

延滞債権額

52,652

57,111

4,459

3ヵ月以上延滞債権額

2,811

2,614

△197

貸出条件緩和債権額

15,883

15,418

△465

合計

73,490

79,690

6,200

 

 

 

 

貸出金残高比率

1.62%

1.68%

0.06%

リスク管理債権に対する引当率

71.94%

72.41%

0.47%

 

 

有価証券

有価証券は、売却及び償還等により国債が減少したものの、外貨外国証券の取得等によりその他の証券が増加したことなどから、前連結会計年度比1,387億円増加して1兆7,135億円となりました。

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

有価証券(末残)

1,574,849

1,713,574

138,725

国債

444,402

335,009

△109,393

地方債

252,660

266,319

13,659

社債

122,721

128,460

5,739

株式

304,579

301,108

△3,471

その他の証券

450,485

682,677

232,192

 

 

連結自己資本比率(国際統一基準)

連結総自己資本比率は、貸出金等の増加によりリスク・アセットが増加したものの、利益の蓄積や有価証券評価益等が増加したことなどから、前連結会計年度比0.47ポイント上昇して14.85%となりました。引き続き、最低所要自己資本比率を十分に上回っております。

 

 

前連結会計年度

(億円、%)(A)

当連結会計年度

(億円、%)(B)

増減(億円、%)

(B)-(A)

1.連結総自己資本比率(4/7)

14.38

14.85

0.47

2.連結Tier1比率(5/7)

14.38

14.83

0.45

3.連結普通株式等Tier1比率(6/7)

14.33

14.73

0.40

4.連結における総自己資本の額

5,859

6,144

285

5.連結におけるTier1資本の額

5,858

6,134

276

6.連結における普通株式等Tier1資本の額

5,838

6,093

255

7.リスク・アセットの額

40,724

41,358

634

8.連結総所要自己資本額

3,257

3,308

51

 

 

 

c.目標とする経営指標の進捗状況

「2018年度中期経営計画」では以下のような2020年度目標を設定しており、実績はおおよそ計画通りに進捗しております。

各施策の実施により、2020年度のコア業務粗利益は目標を達成する見通しですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による信用コストの増加等を想定し、当期純利益は160億円を見込んでおります。

 

項目

2019年度実績

2020年度目標

2020年度予想

コア業務粗利益

767億円

765億円

780億円

 

役務取引等利益

71億円

85億円

80億円

当期純利益

185億円

205億円

160億円

ROE

2.95%

3.00%以上

コアOHR

65.04%

65.00%以下

連結総自己資本比率

14.85%

15.00%以上

不良債権比率

1.55%

2.00%以下

 

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

a.キャッシュ・フローの状況の分析

営業活動によるキャッシュ・フローは、借用金及び債券貸借取引受入担保金の増加等により492億79百万円となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の取得等により△1,340億32百万円となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払等により△57億41百万円となりました。

この結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度比905億1百万円減少して7,178億87百万円となりました。

 

 

前連結会計年度

(百万円)(A)

当連結会計年度

(百万円)(B)

増減(百万円)

(B)-(A)

営業活動によるキャッシュ・フロー

△150,925

49,279

200,204

投資活動によるキャッシュ・フロー

237,490

△134,032

△371,522

財務活動によるキャッシュ・フロー

△4,346

△5,741

△1,395

現金及び現金同等物の期末残高

808,389

717,887

△90,501

 

 

b.資本の財源及び資金の流動性

当行では、地域における信頼性を背景にした安定的な資金調達力が、流動性確保のための基盤となっております。流動性リスク管理につきましては、半期毎に運用・調達のバランスに配慮した資金計画を策定するとともに、月次ベースで予想・実績を作成し、計画との差異を検証しております。また、市場における取引状況に異変が発生していないかチェックを行い、毎月ALM委員会に報告することにより、市場流動性リスクの顕現化による多額の損失発生を未然に防止する体制としております。さらに、運用・調達ギャップや資金化可能な有価証券残高等をALM委員会及び取締役会等へ報告する体制としております。外貨資金につきましては、通貨スワップ等を利用した長期資金調達等によって流動性を確保し、お客さまの外貨資金調達ニーズにお応えしております。なお、固定資産の取得等の資本的支出及び株主還元等につきましては、自己資金で対応しております。

 

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当行グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

 

貸倒引当金の計上

貸倒引当金の算定は、連結財務諸表作成時において入手可能な情報に基づいて合理的な金額を算出しており、会計上の見積りに該当します。当行グループにおける貸出金等(貸出金・支払承諾見返等)の債権が連結貸借対照表上に占める割合は大きく、貸倒引当金の増減が経営成績等に与える影響は大きいため、会計上の見積りにおいて重要なものと判断しております。

当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。

破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそれと同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載されている直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。

上記以外の債権については、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、1年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに必要な修正等を加えて算定しております。

すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産監査部署が査定結果を監査しております。

なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証による回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しております。

連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。

当行の経営者は、貸倒引当金の算出において用いた会計上の見積りは合理的であり、債務者の実態を踏まえて貸倒引当金は適切に計上されているものと判断しております。しかしながら、経済環境の大幅な変化等、予測不能な前提条件の変化等により債務者の区分や担保の処分可能見込額等が変動する可能性があり、この場合には、当行グループが貸倒引当金を増額又は減額する可能性があります。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う経済への影響は一定期間続くものと想定しております。当連結会計年度末の貸倒引当金計上額及び2020年度業績予想における貸倒引当金繰入額への影響については、当行グループが当連結会計年度の末日現在において入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、感染拡大リスクの高まりや終息までの期間の長期化により大きく異なる可能性があります。

 

 

(参考)

(1) 国内・海外別収支

収支の大宗を占める「国内」の資金運用収益は776億1百万円に、資金調達費用は130億円となり、資金運用収支合計は前連結会計年度比1億69百万円減少して663億75百万円となりました。

また、役務取引等収支合計は前連結会計年度比76百万円減少して102億12百万円に、その他業務収支合計は前連結会計年度比29億79百万円増加して83億5百万円となりました。

 

種類

期別

国内

海外

相殺消去額

合計

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

資金運用収支

前連結会計年度

65,255

1,289

66,544

当連結会計年度

64,601

1,774

66,375

うち資金運用収益

前連結会計年度

76,690

3,065

△1,636

78,119

当連結会計年度

77,601

4,580

△2,580

79,601

うち資金調達費用

前連結会計年度

11,435

1,775

△1,636

11,575

当連結会計年度

13,000

2,806

△2,580

13,225

信託報酬

前連結会計年度

3

3

当連結会計年度

2

2

役務取引等収支

前連結会計年度

10,026

261

10,288

当連結会計年度

9,955

257

10,212

うち役務取引等収益

前連結会計年度

14,817

300

15,118

当連結会計年度

15,123

280

15,403

うち役務取引等費用

前連結会計年度

4,790

38

4,829

当連結会計年度

5,167

23

5,190

その他業務収支

前連結会計年度

5,397

△70

5,326

当連結会計年度

8,294

11

8,305

うちその他業務収益

前連結会計年度

24,210

9

24,220

当連結会計年度

25,332

11

25,344

うちその他業務費用

前連結会計年度

18,813

80

18,893

当連結会計年度

17,038

17,038

 

(注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

「海外」とは、当行の海外店であります。

2 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。

3 資金調達費用は金銭の信託運用見合費用(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を控除して表示しております。

 

 

(2) 国内・海外別資金運用/調達の状況

資金運用勘定の平均残高(相殺消去後)は前連結会計年度比2,145億67百万円増加して7兆1,522億52百万円となり、利回りは前連結会計年度比0.01%低下して1.11%となりました。このうち国内においては、貸出金や預け金の増加等により、平均残高は2,082億30百万円増加して7兆1,349億90百万円となり、利回りは前連結会計年度比0.02%低下して1.08%となりました。

資金調達勘定の平均残高(相殺消去後)は前連結会計年度比2,011億24百万円増加して6兆8,897億19百万円となり、利回りは前連結会計年度比0.02%上昇して0.19%となりました。このうち国内においては、預金や譲渡性預金、債券貸借取引受入担保金の増加等により、平均残高は1,955億65百万円増加して6兆8,729億48百万円となり、利回りは0.01%上昇して0.18%となりました。

 

① 国内

 

種類

期別

平均残高

利息

利回り

金額(百万円)

金額(百万円)

(%)

資金運用勘定

前連結会計年度

6,926,760

76,690

1.10

当連結会計年度

7,134,990

77,601

1.08

うち貸出金

前連結会計年度

4,292,665

49,902

1.16

当連結会計年度

4,469,202

50,422

1.12

うち商品有価証券

前連結会計年度

458

5

1.09

当連結会計年度

645

6

0.98

うち有価証券

前連結会計年度

1,456,272

23,539

1.61

当連結会計年度

1,421,205

23,065

1.62

うちコールローン及び買入手形

前連結会計年度

13,597

214

1.58

当連結会計年度

1,288

19

1.52

うち買現先勘定

前連結会計年度

当連結会計年度

6,805

△6

△0.10

うち債券貸借取引支払保証金

前連結会計年度

3,307

62

1.88

当連結会計年度

うち預け金

前連結会計年度

1,049,530

395

0.03

当連結会計年度

1,081,147

393

0.03

資金調達勘定

前連結会計年度

6,677,383

11,435

0.17

当連結会計年度

6,872,948

13,000

0.18

うち預金

前連結会計年度

5,043,612

3,304

0.06

当連結会計年度

5,247,222

4,138

0.07

うち譲渡性預金

前連結会計年度

499,023

100

0.02

当連結会計年度

534,984

104

0.01

うちコールマネー及び売渡手形

前連結会計年度

490,935

421

0.08

当連結会計年度

322,326

337

0.10

うち売現先勘定

前連結会計年度

53,323

625

1.17

当連結会計年度

48,929

716

1.46

うち債券貸借取引受入担保金

前連結会計年度

196,392

1,308

0.66

当連結会計年度

344,414

1,864

0.54

うち借用金

前連結会計年度

393,607

1,402

0.35

当連結会計年度

375,506

1,299

0.34

 

(注) 1 平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎の残高に基づく平均残高を利用しております。

2 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

3 資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度41,095百万円、当連結会計年度43,026百万円)を、資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度3,926百万円、当連結会計年度4,278百万円)及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しております。

 

 

② 海外

 

種類

期別

平均残高

利息

利回り

金額(百万円)

金額(百万円)

(%)

資金運用勘定

前連結会計年度

102,541

3,065

2.98

当連結会計年度

153,448

4,580

2.98

うち貸出金

前連結会計年度

83,229

2,641

3.17

当連結会計年度

129,585

4,049

3.12

うち有価証券

前連結会計年度

18,267

421

2.30

当連結会計年度

22,765

522

2.29

うち預け金

前連結会計年度

67

0

0.00

当連結会計年度

46

0

0.00

資金調達勘定

前連結会計年度

102,828

1,775

1.72

当連結会計年度

152,958

2,806

1.83

うち預金

前連結会計年度

11,211

143

1.27

当連結会計年度

14,290

174

1.21

うちコールマネー及び売渡手形

前連結会計年度

当連結会計年度

2,479

62

2.52

 

(注) 1 平均残高は、日々の残高の平均に基づいて算出しております。

2 「海外」とは、当行の海外店であります。

3 資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度658百万円、当連結会計年度95百万円)を控除して表示しております。

 

 

③ 合計

 

種類

期別

平均残高

利息

利回り

小計
(百万円)

相殺
消去額
(百万円)

合計
(百万円)

小計
(百万円)

相殺
消去額
(百万円)

合計
(百万円)

(%)

資金運用勘定

前連結会計年度

7,029,302

△91,617

6,937,685

79,755

△1,636

78,119

1.12

当連結会計年度

7,288,439

△136,187

7,152,252

82,181

△2,580

79,601

1.11

うち貸出金

前連結会計年度

4,375,895

4,375,895

52,543

52,543

1.20

当連結会計年度

4,598,788

4,598,788

54,472

54,472

1.18

うち商品有価証券

前連結会計年度

458

458

5

5

1.09

当連結会計年度

645

645

6

6

0.98

うち有価証券

前連結会計年度

1,474,540

1,474,540

23,961

23,961

1.62

当連結会計年度

1,443,971

1,443,971

23,587

23,587

1.63

うちコールローン及び買入手形

前連結会計年度

13,597

13,597

214

214

1.58

当連結会計年度

1,288

1,288

19

19

1.52

うち買現先勘定

前連結会計年度

当連結会計年度

6,805

6,805

△6

△6

△0.10

うち債券貸借取引支払保証金

前連結会計年度

3,307

3,307

62

62

1.88

当連結会計年度

うち預け金

前連結会計年度

1,049,597

1,049,597

395

395

0.03

当連結会計年度

1,081,194

1,081,194

393

393

0.03

資金調達勘定

前連結会計年度

6,780,212

△91,617

6,688,595

13,211

△1,636

11,575

0.17

当連結会計年度

7,025,906

△136,187

6,889,719

15,806

△2,580

13,225

0.19

うち預金

前連結会計年度

5,054,823

5,054,823

3,447

3,447

0.06

当連結会計年度

5,261,513

5,261,513

4,312

4,312

0.08

うち譲渡性預金

前連結会計年度

499,023

499,023

100

100

0.02

当連結会計年度

534,984

534,984

104

104

0.01

うちコールマネー及び売渡手形

前連結会計年度

490,935

490,935

421

421

0.08

当連結会計年度

324,806

324,806

400

400

0.12

うち売現先勘定

前連結会計年度

53,323

53,323

625

625

1.17

当連結会計年度

48,929

48,929

716

716

1.46

うち債券貸借取引受入担保金

前連結会計年度

196,392

196,392

1,308

1,308

0.66

当連結会計年度

344,414

344,414

1,864

1,864

0.54

うち借用金

前連結会計年度

393,607

393,607

1,402

1,402

0.35

当連結会計年度

375,506

375,506

1,299

1,299

0.34

 

(注) 1 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。

2 資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度41,754百万円、当連結会計年度43,122百万円)を、資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度3,926百万円、当連結会計年度4,278百万円)及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しております。

 

 

(3) 国内・海外別役務取引の状況

役務取引等収益は前連結会計年度比2億85百万円増加して154億3百万円となりました。一方、役務取引等費用は前連結会計年度比3億61百万円増加して51億90百万円となり、この結果、役務取引等収支は前連結会計年度比76百万円減少して102億12百万円となりました。

 

種類

期別

国内

海外

相殺消去額

合計

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

役務取引等収益

前連結会計年度

14,817

300

15,118

当連結会計年度

15,123

280

15,403

うち預金・貸出業務

前連結会計年度

4,573

297

4,871

当連結会計年度

4,876

277

5,154

うち為替業務

前連結会計年度

3,748

2

3,751

当連結会計年度

3,823

2

3,825

うち証券関連業務

前連結会計年度

1,848

1,848

当連結会計年度

1,829

1,829

うち代理業務

前連結会計年度

1,744

1,744

当連結会計年度

1,402

1,402

うち保護預り・貸金庫業務

前連結会計年度

94

94

当連結会計年度

91

91

うち保証業務

前連結会計年度

295

295

当連結会計年度

295

295

役務取引等費用

前連結会計年度

4,790

38

4,829

当連結会計年度

5,167

23

5,190

うち為替業務

前連結会計年度

1,031

35

1,067

当連結会計年度

1,161

19

1,181

 

(注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

「海外」とは、当行の海外店であります。

2 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。

 

(4) 国内・海外別預金残高の状況

○ 預金の種類別残高(末残)

 

種類

期別

国内

海外

相殺消去額

合計

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

預金合計

前連結会計年度

5,215,884

12,480

5,228,365

当連結会計年度

5,230,802

15,808

5,246,611

うち流動性預金

前連結会計年度

2,903,428

6,579

2,910,008

当連結会計年度

3,033,680

8,170

3,041,850

うち定期性預金

前連結会計年度

2,078,905

5,900

2,084,806

当連結会計年度

2,021,392

7,638

2,029,031

うちその他

前連結会計年度

233,550

233,550

当連結会計年度

175,729

175,729

譲渡性預金

前連結会計年度

459,656

459,656

当連結会計年度

482,131

482,131

総合計

前連結会計年度

5,675,540

12,480

5,688,021

当連結会計年度

5,712,933

15,808

5,728,742

 

(注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

「海外」とは、当行の海外店であります。

2 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金

3 定期性預金=定期預金+定期積金

4 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。

 

 

(5) 国内・海外別貸出金残高の状況

① 業種別貸出状況(末残・構成比)

 

業種別

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(百万円)

構成比(%)

金額(百万円)

構成比(%)

国内(除く特別国際金融取引勘定分)

4,425,405

100.00

4,584,038

100.00

製造業

643,028

14.53

650,562

14.19

農業,林業

3,146

0.07

3,115

0.07

漁業

11,389

0.26

11,918

0.26

鉱業,採石業,砂利採取業

8,614

0.19

7,131

0.16

建設業

116,306

2.63

116,088

2.53

電気・ガス・熱供給・水道業

134,015

3.03

154,410

3.37

情報通信業

22,020

0.50

18,940

0.42

運輸業,郵便業

717,925

16.22

769,705

16.79

卸売業,小売業

511,642

11.56

504,305

11.00

金融業,保険業

174,959

3.95

159,666

3.48

不動産業,物品賃貸業

481,403

10.88

514,007

11.21

各種サービス業

438,574

9.91

467,637

10.20

地方公共団体

234,824

5.31

230,048

5.02

その他

927,554

20.96

976,500

21.30

海外及び特別国際金融取引勘定分

102,405

100.00

149,053

100.00

政府等

金融機関

その他

102,405

100.00

149,053

100.00

合計

4,527,810

4,733,091

 

(注) 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

「海外」とは、当行の海外店であります。

 

② 外国政府等向け債権残高(国別)

該当事項はありません。

 

(6) 国内・海外別有価証券の状況

○ 有価証券残高(末残)

 

種類

期別

国内

海外

相殺消去額

合計

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

国債

前連結会計年度

444,402

444,402

当連結会計年度

335,009

335,009

地方債

前連結会計年度

252,660

252,660

当連結会計年度

266,319

266,319

社債

前連結会計年度

122,721

122,721

当連結会計年度

128,460

128,460

株式

前連結会計年度

304,579

304,579

当連結会計年度

301,108

301,108

その他の証券

前連結会計年度

429,568

20,916

450,485

当連結会計年度

655,754

26,922

682,677

合計

前連結会計年度

1,553,933

20,916

1,574,849

当連結会計年度

1,686,652

26,922

1,713,574

 

(注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。

「海外」とは、当行の海外店であります。

2 「その他の証券」には、外国債券及び外国株式を含んでおります。

3 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。

 

 

(7) 「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務の状況

連結会社のうち、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき信託業務を営む会社は、当行1行であります。

① 信託財産の運用/受入状況(信託財産残高表/連結)

 

資産

科目

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

金額(百万円)

構成比(%)

金額(百万円)

構成比(%)

銀行勘定貸

31

5.07

28

4.92

現金預け金

590

94.93

551

95.08

合計

621

100.00

580

100.00

 

 

負債

科目

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

金額(百万円)

構成比(%)

金額(百万円)

構成比(%)

金銭信託

621

100.00

580

100.00

合計

621

100.00

580

100.00

 

(注) 共同信託他社管理財産については、前連結会計年度末及び当連結会計年度末の取扱残高はありません。

 

② 元本補填契約のある信託の運用/受入状況(末残)

 

科目

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

金銭信託
(百万円)

貸付信託
(百万円)

合計
(百万円)

金銭信託
(百万円)

貸付信託
(百万円)

合計
(百万円)

銀行勘定貸

31

31

28

28

資産計

31

31

28

28

元本

31

31

28

28

負債計

31

31

28

28

 

 

 

(自己資本比率等の状況)

(参考)

自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準(2006年金融庁告示第19号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体ベースの双方について算出しております。

なお、当行は、国際統一基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては基礎的内部格付手法、オペレーショナル・リスク相当額の算出においては粗利益配分手法を採用しております。

また、自己資本比率の補完的指標であるレバレッジ比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準の補完的指標として定めるレバレッジに係る健全性を判断するための基準(2019年金融庁告示第11号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体ベースの双方について算出しております。

 

連結自己資本比率(国際統一基準)

(単位:億円、%)

 

2020年3月31日

1.連結総自己資本比率(4/7)

14.85

2.連結Tier1比率(5/7)

14.83

3.連結普通株式等Tier1比率(6/7)

14.73

4.連結における総自己資本の額

6,144

5.連結におけるTier1資本の額

6,134

6.連結における普通株式等Tier1資本の額

6,093

7.リスク・アセットの額

41,358

8.連結総所要自己資本額

3,308

 

 

連結レバレッジ比率(国際統一基準)

(単位:%)

 

2020年3月31日

連結レバレッジ比率

7.78

 

 

単体自己資本比率(国際統一基準)

(単位:億円、%)

 

2020年3月31日

1.単体総自己資本比率(4/7)

14.58

2.単体Tier1比率(5/7)

14.58

3.単体普通株式等Tier1比率(6/7)

14.58

4.単体における総自己資本の額

5,918

5.単体におけるTier1資本の額

5,918

6.単体における普通株式等Tier1資本の額

5,918

7.リスク・アセットの額

40,570

8.単体総所要自己資本額

3,245

 

 

単体レバレッジ比率(国際統一基準)

(単位:%)

 

2020年3月31日

単体レバレッジ比率

7.54

 

 

 

(資産の査定)

(参考)

資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(1998年法律第132号)第6条に基づき、当行の貸借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているものであって、当該社債の発行が金融商品取引法(1948年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募によるものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに貸借対照表に注記することとされている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)について債務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。

 

1 破産更生債権及びこれらに準ずる債権

破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。

 

2 危険債権

危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。

 

3 要管理債権

要管理債権とは、3ヵ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。

 

4 正常債権

正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外のものに区分される債権をいう。

 

資産の査定の額

 

債権の区分

2019年3月31日

2020年3月31日

金額(百万円)

金額(百万円)

破産更生債権及びこれらに準ずる債権

6,042

6,538

危険債権

46,657

53,227

要管理債権

18,656

18,003

正常債権

4,728,451

4,915,679

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

当行グループの報告セグメントは、当行グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当行グループは、当行及び連結子会社16社(前連結会計年度15社)で構成され、銀行業務を中心に、リース業務等の金融サービスに係る事業を行っております。

従いまして、当行グループは、金融業におけるサービス別のセグメントから構成されており、「銀行業」、「リース業」の2つを報告セグメントとしております。

「銀行業」は、預金業務、貸出業務、有価証券投資業務、為替業務等を行っております。

なお、「銀行業」は、当行の銀行業務と連結子会社の銀行事務代行業務、信用保証業務、クレジットカード業務、有価証券投資業務、投資ファンドの運営業務を集約しております。

「リース業」は、連結子会社のいよぎんリース株式会社において、リース業務等を行っております。

 

2 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

報告セグメントの利益は、経常利益ベースの数値であります。

セグメント間の内部経常収益は、第三者間取引価格に基づいております。

 

 

3 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

 

銀行業

リース業

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客に対する経常収益

107,879

16,301

124,180

2,106

126,286

126,286

セグメント間の内部経常収益

537

483

1,021

2,160

3,181

△3,181

108,416

16,784

125,201

4,266

129,468

△3,181

126,286

セグメント利益

28,362

192

28,554

71

28,626

32

28,658

セグメント資産

7,145,436

55,124

7,200,560

11,166

7,211,726

△46,071

7,165,655

セグメント負債

6,512,183

36,964

6,549,148

4,646

6,553,794

△36,466

6,517,327

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,484

32

4,517

68

4,586

△156

4,430

資金運用収益

78,126

106

78,232

4

78,237

△117

78,119

資金調達費用

11,555

124

11,679

0

11,680

△104

11,575

特別利益

5

5

5

5

(固定資産処分益)

(5)

(5)

(5)

(5)

特別損失

533

533

1

535

535

(固定資産処分損)

(302)

(302)

(0)

(303)

(303)

(減損損失)

(231)

(231)

(231)

(231)

(金融商品取引責任準備金繰入額)

(0)

(0)

(0)

税金費用

8,265

59

8,325

51

8,376

△2

8,374

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

7,535

1

7,536

73

7,610

△83

7,526

 

(注) 1 一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。また、差異調整につきましては、経常収益と連結損益計算書の経常収益計上額との差異について記載しております。

2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、情報処理受託・ソフトウェア開発業及び証券業であります。

3 調整額は、次のとおりであります。

(1) セグメント利益の調整額32百万円は、セグメント間取引消去であります。

(2) セグメント資産の調整額△46,071百万円は、セグメント間取引消去であります。

(3) セグメント負債の調整額△36,466百万円は、セグメント間取引消去であります。

(4) 減価償却費の調整額△156百万円、資金運用収益の調整額△117百万円、資金調達費用の調整額△104百万円、税金費用の調整額△2百万円、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額△83百万円は、セグメント間取引消去であります。

4 セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

 

銀行業

リース業

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客に対する経常収益

107,088

16,905

123,993

2,513

126,506

126,506

セグメント間の内部経常収益

655

454

1,109

1,871

2,980

△2,980

107,743

17,359

125,102

4,384

129,487

△2,980

126,506

セグメント利益

28,530

709

29,239

124

29,364

48

29,413

セグメント資産

7,769,824

61,069

7,830,894

12,515

7,843,410

△47,855

7,795,554

セグメント負債

7,114,784

39,954

7,154,739

6,002

7,160,742

△37,035

7,123,706

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,928

25

4,954

74

5,029

△140

4,888

資金運用収益

79,596

120

79,716

4

79,721

△119

79,601

資金調達費用

13,207

120

13,328

5

13,333

△106

13,226

特別利益

39

39

39

39

(固定資産処分益)

(39)

(39)

(39)

(39)

特別損失

986

986

73

1,060

1,060

(固定資産処分損)

(127)

(127)

(0)

(128)

(128)

(減損損失)

(858)

(858)

(72)

(931)

(931)

(金融商品取引責任準備金繰入額)

(0)

(0)

(0)

税金費用

7,805

234

8,039

56

8,096

3

8,099

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

5,695

4

5,699

61