1年高値540 円
1年安値363 円
出来高1,020 千株
市場東証1
業種その他金融業
会計日本
EV/EBITDAN/A
PBR1.4 倍
PSR・会予N/A
ROA773.4 %
ROICN/A
β0.71
決算3月末
設立日1978/10/23
上場日1993/10/1
配当・会予0 円
配当性向10.5 %
PEGレシオN/A
売上高(百万円)&収益性(%)
売上 CAGR・実績:N/A %
利益(百万円)
営利5y CAGR・実績:-18.9 %
純利5y CAGR・実績:42.1 %
EPS(円) BPS(円)
配当(円)
健全性(%、倍)
セグメント別売上
セグメント別営業利益
セグメント別利益率
会社の詳細

 

3 【事業の内容】

当社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「MUFG」という。)の連結子会社となっており、MUFGは当社の「親会社」にあたります。
 当社グループは、当社、子会社4社及び関連会社1社で構成され、[ローン・クレジットカード事業、信用保証事業、海外金融事業、債権管理回収事業]を主な事業の内容とし、事業活動を展開しております。
 当社グループの事業における位置付け及びセグメントとの関係は、次のとおりであります。
 なお、次の4事業は「第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] (1)[連結財務諸表] [注記事項]」に掲げるセグメントの区分と同一であります 。

 

区分

会社名

主な事業内容

ローン・クレジットカード事業

当社

無担保ローン事業

MasterCard®を主要商品としたクレジットカード事業(包括信用購入あっせん事業)

信用保証事業

当社

信用保証事業

エム・ユー信用保証株式会社

海外金融事業

EASY BUY Public Company Limited

タイ王国における無担保ローン事業

タイ王国におけるインストールメントローン事業(個別信用購入あっせん事業)

ACOM CONSUMER FINANCE CORPORATION

フィリピン共和国における無担保ローン事業

債権管理回収事業

アイ・アール債権回収株式会社

サービサー事業(債権管理回収事業)

その他

エム・ユー・
コミュニケーションズ株式会社

コンタクトセンターの請負及び人財派遣業務等

 

(注)PT. Bank Nusantara Parahyangan, Tbk.は、2019年5月1日に株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社であるPT Bank Danamon Indonesia, Tbk.を存続会社とし、合併しました。

 

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 

(画像は省略されました)


 

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1) 業績

当連結会計年度におけるわが国経済は、個人消費の持ち直しや雇用・所得環境の改善が続く中、緩やかな景気回復基調で推移しました。一方、消費税率引き上げ後の消費者マインドや海外経済の動向、金融資本市場の変動影響に加えて、足元では新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、景気の動向は極めて厳しい状況となりました。今後、感染の更なる拡大や長期化、加えて金融資本市場の変動等の影響により、国内外の経済がさらに下振れするリスクが存在しております。
 ノンバンク業界においては、市場規模が緩やかに拡大しております。一方、利息返還請求は着実に減少しているものの、外部環境の変化等の影響を受けやすいことから、引き続き動向に留意する必要があります。
 このような中、当社グループは「一人でも多くのお客さまに最高の満足を感じていただき、個人ローン市場において社会に信頼されるリーディングカンパニーを目指す」という経営ビジョンを掲げております。当期を初年度とする中期経営計画では、「環境変化にスピード感をもって対応し、持続的成長と企業価値の向上を図るとともに、お客さまの期待を超えるサービスを創出する」という中期経営方針の下、中核3事業と位置付けているローン・クレジットカード事業、信用保証事業、海外金融事業の業容拡大をはかるとともに、市場の健全な発展に寄与してまいります。

 

①前期比分析

 

 

前連結会計年度
(実績)

当連結会計年度
(実績)

前期比

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

比率(%)

営業収益

277,069

279,510

+2,441

+0.9%

 

ローン・クレジットカード事業

144,829

149,266

+4,436

+3.1%

 

信用保証事業

69,341

68,569

△771

△1.1%

 

海外金融事業

56,995

56,314

△681

△1.2%

 

債権管理回収事業

5,893

5,358

△535

△9.1%

営業利益

57,607

75,636

+18,029

+31.3%

 

ローン・クレジットカード事業

11,804

28,056

+16,251

+137.7%

 

信用保証事業

25,241

25,000

△240

△1.0%

 

海外金融事業

19,802

22,394

+2,591

+13.1%

 

債権管理回収事業

390

464

+73

+18.7%

経常利益

58,205

75,104

+16,899

+29.0%

親会社株主に帰属する当期純利益

37,781

59,600

+21,819

+57.8%

 

(注)前連結会計年度(実績)及び当連結会計年度(実績)における「営業収益」及び「営業利益」の金額は、内訳として記載している金融サービス事業別の合計値と差異があります。当該差異については、「第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項](セグメント情報等)[セグメント情報]4 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)」をご参照ください。

 

当連結会計年度における業績は、連結子会社でありましたPT. Bank Nusantara Parahyangan, Tbk.(以下バンクビーエヌピー)の全株式を2019年4月に売却し、連結の範囲から除外したことによる影響が含まれております。営業収益はバンクビーエヌピーの連結除外により銀行業貸出金利息が減少したものの、当社及びタイ王国のEASY BUY Public Company Limited(以下イージーバイ)の営業貸付金利息が増加したことを主因に2,795億1千万円(前期比0.9%増)となりました。一方、営業費用は当社の利息返還損失引当金繰入額の計上額が減少したことを主因として、2,038億7千3百万円(前期比7.1%減)となりました。この結果、営業利益は756億3千6百万円(前期比31.3%増)、経常利益は751億4百万円(前期比29.0%増)となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、バンクビーエヌピーの株式売却により、特別利益に98億7千5百万円、同社がPT Bank Danamon Indonesia, Tbk.との合併に伴い計上した合併関連費用に加え、当社の器具備品の一部を減損処理したことを主因として特別損失に49億6千9百万円計上したことにより、596億円(前期比57.8%増)となりました。

なお、金融サービス事業別の状況については「(2)金融サービス事業別の状況」に記載しております。

 

 

②計画比分析

 

 

当連結会計年度
(計画)

当連結会計年度
(実績)

計画比

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

比率(%)

営業収益

275,500

279,510

+4,010

+1.5%

 

ローン・クレジットカード事業

147,400

149,266

+1,866

+1.3%

 

信用保証事業

68,500

68,569

+69

+0.1%

 

海外金融事業

54,200

56,314

+2,114

+3.9%

 

債権管理回収事業

5,400

5,358

△41

△0.8%

営業利益

87,600

75,636

△11,963

△13.7%

経常利益

87,900

75,104

△12,795

△14.6%

親会社株主に帰属する当期純利益

75,500

59,600

△15,899

△21.1%

 

(注)当連結会計年度(実績)における「営業収益」の金額は、内訳として記載している金融サービス事業別の合計値と差異があります。当該差異については、「第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項](セグメント情報等)[セグメント情報]4 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)」をご参照ください。

 

当連結会計年度における営業収益は、中核3事業の営業収益が計画を上回ったことを主因に、2,755億円の計画に対し+40億1千万円(計画比1.5%増)となり、営業利益は876億円の計画に対し利息返還損失引当金繰入額を計上したことから△119億6千3百万円(計画比13.7%減)、経常利益は879億円の計画に対し、△127億9千5百万円(計画比14.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は755億円の計画に対し△158億9千9百万円(前期比21.1%減)となりました。

なお、金融サービス事業別の状況については、「(2)金融サービス事業別の状況」に記載しております。

 

(2) 金融サービス事業別の状況

① ローン・クレジットカード事業

国内のローン事業においては、新規集客の増加、商品・サービス機能の向上、債権内容の健全性維持等に取り組んでまいりました。
 新規集客の増加については、「はじめてのアコム」のサウンドロゴや商品・サービスの訴求をはかってまいりました。また、YouTube、AbemaTV、LINEへの出稿を行うことで、ターゲットの認知拡大と好感度の向上をはかってまいりました。
 商品・サービス機能の向上については、お客さまの利便性を一層高めるため、ホームページ等のUI/UXの高度化にも継続して取り組んでおります。
 これらの営業活動に加え、与信精度の向上をはじめ、与信研修や応対品質研修などの人材育成強化を通じて、債権内容の健全性維持、応対品質の向上に努めた結果、当連結会計年度末における当社の営業貸付金は8,408億4千7百万円(前期末比2.3%増)となりました。
 国内のクレジットカード事業においては、「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加するとともに、全国の自動契約機コーナーに設置している即時発行機においてICチップ搭載のカードを継続発行するなど、販売促進と利用率向上等に取り組んだ結果、当連結会計年度末における当社の割賦売掛金は750億3千5百万円(前期末比18.8%増)となりました。
 当連結会計年度の営業収益は、営業貸付金利息や包括信用購入あっせん収益が増加したことを主因に1,492億6千6百万円(前期比3.1%増)となりました。
 また、営業利益は、営業費用において利息返還損失引当金繰入額が減少したことを主因に280億5千6百万円(前期比137.7%増)となりました。
 なお、営業収益の計画比においては、営業貸付金利息が計画を上回ったことなどにより、1,474億円の計画に対し+18億6千6百万円(計画比1.3%増)となりました。

 

 

② 信用保証事業

信用保証事業においては、既存提携先との深度あるコミュニケーションに努め、更なる連携強化に取り組んでまいりました。
 既存提携先との連携強化については、適正な審査を継続するとともに、債権内容や広告の効果等に関する分析結果の提供、及び提携先の業績向上や安定成長に向けた各種支援を行いました。
 当連結会計年度末における当社及びエム・ユー信用保証株式会社の信用保証残高は合算で1兆2,332億2千8百万円(前期末比1.7%増)となったものの、当連結会計年度の営業収益は、信用保証収益の減少を主因に685億6千9百万円(前期比1.1%減)、営業利益は、250億円(前期比1.0%減)となりました。
 なお、営業収益の計画比においては、685億円の計画に対し+6千9百万円(計画比0.1%増)となりました。

 

③ 海外金融事業

海外金融事業においては、事業の拡大を目指し、事業を推進してまいりました。
 タイ王国でローン事業を営むイージーバイにおいては、2017年9月にタイ中央銀行による新規貸付基準等の新融資規制が実施されたものの、ブランドイメージ向上、新規集客拡大を目標に、Umay+(ユメプラス)ブランドを積極展開することにより、新規契約件数・営業貸付金残高ともに堅調に増加し、同国内においてトップブランドの地位を築いております。
 インドネシア共和国においては、連結子会社でありましたバンクビーエヌピーの全株式を2019年4月に売却し、連結の範囲から除外しております。
 フィリピン共和国でローン事業を営むACOM CONSUMER FINANCE CORPORATIONにおいては、2018年7月より本格的な営業を開始し、積極的な営業活動を推進しております。
 その他アジア諸国についても、事業展開の可能性を探り、調査活動を推進しております。
 当連結会計年度の営業収益及び営業費用には、バンクビーエヌピーの連結除外による減少影響が含まれており、営業収益は、イージーバイの営業貸付金利息が増加したものの、563億1千4百万円(前期比1.2%減)となり、営業利益は223億9千4百万円(前期比13.1%増)となりました。
 なお、営業収益の計画比においては、イージーバイの業容拡大に加え、為替影響もあったことから、542億円の計画に対し+21億1千4百万円(計画比3.9%増)となりました。

 

④ 債権管理回収事業

 債権管理回収事業においては、買取債権市場の競合環境が激化する中、アイ・アール債権回収株式会社では事業の体質強化や収益力の向上に取り組んでまいりました。
 当連結会計年度の営業収益は、買取債権回収高が減少したことを主因に、53億5千8百万円(前期比9.1%減)となりましたが、金融費用及び貸倒費用の減少を主因に営業利益は4億6千4百万円(前期比18.7%増)となりました。
 なお、営業収益の計画比においては、54億円の計画に対し△4千1百万円(計画比0.8%減)となりました。

 

 

(3) 財政状態の分析

当連結会計年度末における財政状態は、前連結会計年度末に比べ総資産は195億1千8百万円の減少、負債合計は805億1千3百万円の減少、純資産は609億9千4百万円の増加となりました。資産、負債、純資産の増減状況は次のとおりであります。なお、当該増減には、連結子会社でありましたバンクビーエヌピーを連結の範囲から除外したことによる影響が含まれております。

 

(資産の部)

資産の部については、流動資産が94億1千9百万円の減少、固定資産が100億9千9百万円の減少となり、資産合計では195億1千8百万円の減少となりました。流動資産の主な増減内容は、営業貸付金(412億8千2百万円)、割賦売掛金(119億8千5百万円)の増加、銀行業貸出金(483億3千1百万円)などの減少であります。固定資産の主な減少内容は、投資有価証券(30億8千2百万円)、繰延税金資産(22億8千2百万円)、器具備品(20億円)などであります。

 

(負債の部)

負債の部については、流動負債が1,101億3千万円の減少、固定負債が296億1千6百万円の増加となり、負債合計では805億1千3百万円の減少となりました。主な減少内容は、銀行業預金(523億1千9百万円)、借入金・社債などの資金調達残高(110億4千8百万円)、利息返還損失引当金(147億円)などであります。

 

(純資産の部)

純資産の部については、利益剰余金の増加により株主資本が549億円の増加、為替調整換算勘定(51億2千3百万円)の増加、退職給付に係る調整累計額(8億7千5百万円)の減少によりその他の包括利益累計額が42億4千7百万円の増加、非支配株主持分が18億4千6百万円の増加となり、純資産合計では609億9千4百万円の増加となりました。この結果、自己資本比率は5.0ポイント増加し32.4%となりました。

 

(4) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末から1億9千8百万円増加し、825億4千5百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。なお、当該増減には、連結子会社でありましたバンクビーエヌピーを連結の範囲から除外したことによる影響が含まれております。

 

営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益(800億1千1百万円)、減価償却費(35億3百万円)、減損損失(23億7千万円)、貸倒引当金の増加(63億9千6百万円)などの増加要因と、営業貸付金の増加(294億4千4百万円)、利息返還損失引当金の減少(147億円)、法人税等の支払額(138億3千8百万円)、割賦売掛金の増加(119億4千5百万円)などの減少要因により、196億9千8百万円の資金の増加となりました。

 

投資活動によるキャッシュ・フローは、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入が104億1千1百万円、無形固定資産の取得による支出が21億5千1百万円、有形固定資産の取得による支出が14億9千6百万円となったことなどにより、62億1千4百万円の資金の増加となりました。

 

財務活動によるキャッシュ・フローは、借入れ、社債の発行などによる収入が借入金の返済、社債の償還などによる支出を176億6千4百万円下回ったこと、配当金の支払額が46億9千8百万円となったことなどにより、243億3千9百万円の資金の減少となりました。

 

当社グループの資本の財源については、金融機関からの借入や社債の発行等によって資金調達を行っております。また、資金の流動性については、主要銀行とのコミットメントライン契約や当座借越契約など多様な調達手段とあわせて、十分な流動性を確保しております。

 

(5) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。
 
①利息返還損失引当金の算定
  当社のローン事業において、2007年6月17日以前に契約締結したローン商品には「利息制限法」の上限金利を上回るものがあり、当社のお客さまがこの上限金利に基づいた債務を主張し、貸付金の放棄や過剰支払金等の返還を求めた場合、これに応じて貸付金の放棄や支払金等を返還することがあります。

当社における利息返還損失引当金は、利息返還請求の足下の発生状況や外部経営環境等を踏まえ、返還請求見込件数および平均返還見込額等の予測値を用いて算定しています。
 当該見積り及び当該予測値については、将来の不確実な外部経営環境等の変動により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する利息返還損失引当金の金額に重要な影響を与える可能性があります。
 当該見積りについては、見積りと実績の乖離状況を四半期毎に評価し、追加繰入・戻入れ等の必要性について検討しております。
 
②貸倒引当金の算定
 当連結会計年度末において、当社グループの総資産の大半を占めている営業貸付金・割賦売掛金・求償債権につきましては、債権の種類や状況に応じて、債権残高の全部又は一部を貸倒引当金として計上しています。
 貸倒引当金は、債権の種類や状況に応じて、信用リスク管理モデルに基づく分類に応じた貸倒実績率、債権の状況に応じた貸倒実績率、又は回収率等を用いて算定しています。
 当該見積りについては、将来の不確実な経営環境等の変動により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する貸倒引当金の金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

 

 

(6) 営業実績

① 事業別営業収益

 

事業別

前連結会計年度
(自 2018年4月1日
  至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

金額(百万円)

構成割合
(%)

金額(百万円)

構成割合
(%)

金融サービス事業

国内

ローン事業

136,671

49.3

139,646

50.0

クレジットカード事業

8,154

3.0

9,619

3.4

信用保証事業

69,341

25.0

68,569

24.5

債権管理回収事業

5,893

2.1

5,358

1.9

その他

23

0.0

1

0.0

海外

ローン事業

49,692

18.0

54,397

19.5

インストールメントローン事業

83

0.0

87

0.0

銀行業

7,207

2.6

1,829

0.7

合計

277,069

100.0

279,510

100.0

 

(注)事業の区分は、第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項] (セグメント情報等) に合わせて記載しております。

 

② 金融サービス事業の取扱高及び期末残高

(イ) 取扱高

 

事業別

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

金額(百万円)

構成割合
(%)

金額(百万円)

構成割合
(%)

国内

ローン事業

372,240

63.5

379,419

65.9

クレジットカード事業

43,523

7.4

49,221

8.6

債権管理回収事業

2,286

0.4

2,764

0.5

海外

ローン事業

115,154

19.6

133,804

23.2

インストールメントローン事業

731

0.1

807

0.1

銀行業

52,469

9.0

9,736

1.7

合計

586,407

100.0

575,753

100.0

 

(注)1 事業の区分は、第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項] (セグメント情報等) に合わせて記載しております。

 2 上記事業の内容及び取扱高の範囲は次のとおりであります。

 ・ローン事業

直接顧客に金銭を貸付ける取引であり、取扱高の範囲は顧客に対する期中の融資額であります。

 ・クレジットカード事業

クレジットカードによる包括的審査に基づいたあっせん取引であり、取扱高の範囲はクレジットカードによる期中のショッピング信用供与額であります。

 ・債権管理回収事業

債権の買取金額であります。

 ・インストールメントローン事業

クレジットカードは用いず、取引の都度、顧客に対する取引審査・取引判断等を行うあっせん取引であり、取扱高の範囲はクレジット対象額に顧客手数料を加算した金額であります。

 ・銀行業

直接顧客に金銭を貸付ける取引であり、取扱高の範囲は顧客に対する融資額であります。

 

 

 

(ロ) 期末残高

 

事業別

前連結会計年度

 (2019年3月31日

当連結会計年度

 (2020年3月31日

金額(百万円)

構成割合
(%)

金額(百万円)

構成割合
(%)

国内

ローン事業

821,976

73.3

840,877

74.6

クレジットカード事業

63,137

5.6

75,035

6.7

債権管理回収事業

9,435

0.8

9,188

0.8

海外

ローン事業

178,452

15.9

200,833

17.8

インストールメントローン事業

603

0.1

690

0.1

銀行業

48,331

4.3

合計

1,121,936

100.0

1,126,626

100.0

 

(注)事業の区分は、第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項] (セグメント情報等) に合わせて記載しております。

 

③ 店舗数

 

区分

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

店舗

 

 

(店)

1,173

1,051

 

 

④ 利用者数

 

事業別

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

国内

ローン事業

(件)

1,540,012

1,589,340

クレジットカード事業

(名)

426,572

465,012

債権管理回収事業

(件)

359,351

365,986

海外

ローン事業

(件)

1,355,618

1,435,728

インストールメントローン事業

(件)

12,699

14,389

銀行業

(件)

72,463

 

(注)1 事業の区分は、第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] [注記事項] (セグメント情報等) に合わせて記載しております。

 2 上記事業別の利用者数の範囲は次のとおりであります。

 ・ローン事業

 営業貸付金残高を有する口座数

 ・クレジットカード事業

 「MasterCard®」有効会員数

 ・債権管理回収事業

 債権買取額の残高を有する口座数

 ・インストールメントローン事業

 割賦売掛金残高を有する契約件数

 ・銀行業

 銀行業貸出金残高を有する口座数

 

 

 

⑤ 営業貸付金残高の内訳

(イ) 貸付種別残高

 

貸付種別

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

平均
約定
金利
(%)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

平均
約定
金利
(%)

消費
者向

無担保(住宅
向を除く)

2,893,695

99.9

995,223

99.5

17.53

3,023,478

99.9

1,037,468

99.6

17.60

有担保(住宅
向を除く)

1,915

0.1

5,110

0.5

11.58

1,577

0.1

4,206

0.4

11.51

住宅向

2,895,610

100.0

1,000,333

100.0

17.49

3,025,055

100.0

1,041,674

100.0

17.58

事業
者向

無担保

3

0.0

3

0.0

15.00

3

0.0

3

0.0

15.00

有担保

17

0.0

91

0.0

8.90

10

0.0

32

0.0

6.47

20

0.0

95

0.0

9.13

13

0.0

36

0.0

7.30

合計

2,895,630

100.0

1,000,428

100.0

17.49

3,025,068

100.0

1,041,711

100.0

17.58

 

 

(ロ) 業種別残高

 

業種別

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

農業、林業、漁業

建設業

5

0.0

17

0.0

3

0.0

7

0.0

製造業

1

0.0

1

0.0

1

0.0

1

0.0

電気・ガス・熱供給・水道業

情報通信業

1

0.0

4

0.0

運輸業、郵便業

1

0.0

4

0.0

1

0.0

4

0.0

卸売業、小売業

3

0.0

9

0.0

2

0.0

5

0.0

金融業、保険業

1

0.0

3

0.0

1

0.0

3

0.0

不動産業、物品賃貸業

1

0.0

26

0.0

宿泊業、飲食サービス業

2

0.0

11

0.0

教育、学習支援業

医療、福祉

複合サービス事業

サービス業(他に分類されないもの)

5

0.0

14

0.0

5

0.0

14

0.0

個人

2,895,610

100.0

1,000,333

100.0

3,025,055

100.0

1,041,674

100.0

特定非営利活動法人

その他

合計

2,895,630

100.0

1,000,428

100.0

3,025,068

100.0

1,041,711

100.0

 

(注) 個人事業主に対する事業性貸付は、「個人」以外の該当する業種に記載しております。

 

 

(ハ) 担保種類別残高

 

受入担保の種類

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

残高(百万円)

構成割合(%)

残高(百万円)

構成割合(%)

有価証券

 

(うち株式)

(―)

(―)

(―)

(―)

債権

 

(うち預金)

(―)

(―)

(―)

(―)

商品

不動産

5,143

0.5

4,238

0.4

財団

その他

58

0.0

0

0.0

5,201

0.5

4,239

0.4

保証

無担保

995,226

99.5

1,037,472

99.6

合計

1,000,428

100.0

1,041,711

100.0

 

 

(ニ) 貸付期間別残高

 

貸付期間別

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

無担保ローン

リボルビング

2,748,225

94.9

942,685

94.2

2,857,125

94.5

985,150

94.6

1年以下

3,615

0.1

185

0.0

16,118

0.5

457

0.0

1年超5年以下

78,339

2.7

18,351

1.9

90,948

3.0

23,458

2.3

5年超10年以下

47,278

1.6

21,995

2.2

46,264

1.5

19,054

1.8

10年超15年以下

16,179

0.6

11,964

1.2

12,955

0.4

9,304

0.9

15年超20年以下

56

0.0

39

0.0

63

0.0

41

0.0

20年超25年以下

4

0.0

3

0.0

4

0.0

3

0.0

25年超

2

0.0

0

0.0

4

0.0

1

0.0

2,893,698

99.9

995,226

99.5

3,023,481

99.9

1,037,472

99.6

有担保ローン

リボルビング

1,472

0.1

3,767

0.4

1,212

0.1

3,083

0.3

1年以下

5

0.0

13

0.0

3

0.0

5

0.0

1年超5年以下

96

0.0

147

0.0

77

0.0

123

0.0

5年超10年以下

201

0.0

413

0.0

158

0.0

327

0.0

10年超15年以下

67

0.0

242

0.0

62

0.0

211

0.0

15年超20年以下

17

0.0

81

0.0

11

0.0

57

0.0

20年超25年以下

74

0.0

536

0.1

64

0.0

430

0.1

25年超

1,932

0.1

5,201

0.5

1,587

0.1

4,239

0.4

リボルビング

2,749,697

95.0

946,453

94.6

2,858,337

94.5

988,233

94.9

1年以下

3,620

0.1

198

0.0

16,121

0.5

462

0.0

1年超5年以下

78,435

2.7

18,499

1.9

91,025

3.0

23,581

2.3

5年超10年以下

47,479

1.6

22,408

2.2

46,422

1.6

19,381

1.9

10年超15年以下

16,246

0.6

12,206

1.2

13,017

0.4

9,516

0.9

15年超20年以下

73

0.0

120

0.0

74

0.0

98

0.0

20年超25年以下

78

0.0

540

0.1

68

0.0

433

0.0

25年超

2

0.0

0

0.0

4

0.0

1

0.0

合計

2,895,630

100.0

1,000,428

100.0

3,025,068

100.0

1,041,711

100.0

1件当たり平均期間

 

(注)「1件当たり平均期間」は、リボルビングによる契約を含んでおりますので算出しておりません。

 

 

⑥ 資金調達の内訳

 

借入先等

前連結会計年度
(2019年3月31日)

当連結会計年度
(2020年3月31日)

残高(百万円)

平均調達金利
(%)

残高(百万円)

平均調達金利
(%)

金融機関等からの借入

440,933

0.96

439,768

0.77

その他

284,209

0.97

274,325

0.96

 

(社債・CP)

(284,209)

(0.97)

(274,325)

(0.96)

合計

725,142

0.96

714,093

0.84

自己資本

542,754

591,593

 

(資本金)

(63,832)

(―)

(63,832)

(―)

 

(注)「自己資本」は、資産の合計額より負債の合計額及び純資産の部の非支配株主持分の額並びに配当金の予定額を控除し、引当金(特別法上の引当金を含む)の合計額を加えた額を記載しております。

 

 

 

 

⑦ 提出会社の営業実績

(イ) 事業別店舗数及び利用者数

(A) 店舗数及び現金自動設備台数

 

区分

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

店舗

(店)

1,000

938

 

有人店舗

(店)

22

22

 

無人店舗

(店)

978

916

自動契約コーナー数

(台)

1,000ヵ所(1,040)

938ヵ所(978)

ATM

(台)

51,737

51,344

 

自社設置分

(台)

1,014

971

 

提携分

(台)

50,723

50,373

 

(提携先)

(社)

(16)

(16)

 

(注) 上記ローン事業店舗938店舗の他、「貸金業法」に基づき、有人店舗併設の自動契約機(自動契約コーナー22 ヵ所(前事業年度22ヵ所))、店舗外に設置している現金自動設備6台(前事業年度6台)及び、自動契約機等による各種申込・届出受付業務を行うサービスセンター1ヵ所(前事業年度1ヵ所)を店舗として登録しております。

 

(B) 利用者数

 

事業別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

ローン事業

 

(件)

1,539,957

1,589,295

クレジットカード事業

 

(名)

426,572

465,012

 

(注) 上記事業の利用者数の範囲は次のとおりであります。

・ローン事業

営業貸付金残高を有する口座数

・クレジットカード事業

「MasterCard®」有効会員数

 

 

(ロ) 営業収益の内訳

事業別営業収益

 

事業別

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

金額(百万円)

構成割合(%)

金額(百万円)

構成割合(%)

ローン事業

136,674

67.1

139,646

67.5

 

無担保ローン

136,046

66.8

139,076

67.2

 

 

消費者向

136,045

66.8

139,075

67.2

 

  

事業者向

0

0.0

0

0.0

 

有担保ローン

628

0.3

570

0.3

クレジットカード事業

8,154

4.0

9,619

4.7

信用保証事業

58,729

28.9

57,630

27.8

その他

78

0.0

71

0.0

合計

203,636

100.0

206,968

100.0

 

 

 

 

 

(ハ) 金融サービス事業の取扱高及び期末残高

(A) 取扱高

 

事業別

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

金額(百万円)

構成割合(%)

金額(百万円)

構成割合(%)

 

無担保ローン

372,221

89.5

379,405

88.5

 

 

消費者向

372,221

89.5

379,405

88.5

ローン事業

 

事業者向

 

有担保ローン

18

0.0

13

0.0

 

372,240

89.5

379,419

88.5

クレジットカード事業

43,523

10.5

49,221

11.5

合計

415,764

100.0

428,640

100.0

 

(注) 上記事業の内容及び取扱高の範囲は次のとおりであります。

・ローン事業

当社が直接顧客に金銭を貸付ける取引であり、取扱高の範囲は顧客に対する期中の融資額であります。

・クレジットカード事業

クレジットカードによる包括的審査に基づいたあっせん取引であり、取扱高の範囲はクレジットカードによる期中のショッピング信用供与額であります。

 

 

(B) 期末残高

 

事業別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

残高(百万円)

構成割合(%)

残高(百万円)

構成割合(%)

 

無担保ローン

816,742

92.3

836,608

91.3

 

 

消費者向

816,738

92.3

836,604

91.3

ローン事業

 

事業者向

3

0.0

3

0.0

 

有担保ローン

5,201

0.6

4,239

0.5

 

821,943

92.9

840,847

91.8

クレジットカード事業

63,137

7.1

75,035

8.2

合計

885,081

100.0

915,883

100.0

 

 

 

(ニ) 営業貸付金の増減額及び残高

 

項目

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

合計金額
(百万円)

無担保ローン
(百万円)

有担保ローン
(百万円)

合計金額
(百万円)

無担保ローン
(百万円)

有担保ローン
(百万円)

期首残高

803,365

797,288

6,077

821,943

816,742

5,201

期中貸付額

372,240

372,221

18

379,419

379,405

13

期中回収額

323,246

322,383

863

329,942

329,225

716

破産再生更生
債権等振替額

627

621

6

565

549

15

期中貸倒損失額

29,787

29,763

24

30,007

29,763

243

期末残高

821,943

816,742

5,201

840,847

836,608

4,239

平均貸付金残高

812,008

806,357

5,650

833,274

828,491

4,783

 

 

(ホ) 営業貸付金残高の内訳

(A) 貸付種別残高

 

貸付種別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

平均

約定

金利

(%)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

平均

約定

金利

(%)

消費
者向

無担保(住宅向を除く)

1,538,022

99.9

816,738

99.4

15.62

1,587,705

99.9

836,604

99.5

15.56

有担保(住宅向を除く)

1,915

0.1

5,110

0.6

11.58

1,577

0.1

4,206

0.5

11.51

住宅向

1,539,937

100.0

821,848

100.0

15.60

1,589,282

100.0

840,810

100.0

15.54

事業
者向

無担保

3

0.0

3

0.0

15.00

3

0.0

3

0.0

15.00

有担保

17

0.0

91

0.0

8.90

10

0.0

32

0.0

6.47

20

0.0

95

0.0

9.13

13

0.0

36

0.0

7.30

合計

1,539,957

100.0

821,943

100.0

15.60

1,589,295

100.0

840,847

100.0

15.54

 

 

 

(B) 業種別残高

 

業種別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

金額
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

金額
(百万円)

構成割合
(%)

農業、林業、漁業

建設業

5

0.0

17

0.0

3

0.0

7

0.0

製造業

1

0.0

1

0.0

1

0.0

1

0.0

電気・ガス・熱供給・水道業

情報通信業

1

0.0

4

0.0

運輸業、郵便業

1

0.0

4

0.0

1

0.0

4

0.0

卸売業、小売業

3

0.0

9

0.0

2

0.0

5

0.0

金融業、保険業

1

0.0

3

0.0

1

0.0

3

0.0

不動産業、物品賃貸業

1

0.0

26

0.0

宿泊業、飲食サービス業

2

0.0

11

0.0

教育、学習支援業

医療、福祉

複合サービス業

サービス業(他に分類されないもの)

5

0.0

14

0.0

5

0.0

14

0.0

個人

1,539,937

100.0

821,848

100.0

1,589,282

100.0

840,810

100.0

特定非営利活動法人

その他

合計

1,539,957

100.0

821,943

100.0

1,589,295

100.0

840,847

100.0

 

(注) 個人事業主に対する事業性貸付は、「個人」以外の該当する業種に記載しております。

 

(C) 男女別・年令別消費者向無担保ローン残高

 

男女別・年令別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

男性

18~19才

20~29才

300,824

19.6

124,440

15.2

322,654

20.3

131,837

15.8

30~39才

270,684

17.6

159,581

19.5

274,355

17.3

162,203

19.4

40~49才

250,592

16.3

179,468

22.0

247,771

15.6

177,476

21.2

50~59才

180,096

11.7

138,215

16.9

184,538

11.6

141,583

16.9

60才以上

119,256

7.7

61,720

7.6

121,389

7.7

63,738

7.6

1,121,452

72.9

663,426

81.2

1,150,707

72.5

676,839

80.9

女性

18~19才

20~29才

108,880

7.1

34,286

4.2

120,652

7.6

37,570

4.5

30~39才

87,398

5.7

32,558

4.0

89,670

5.6

33,243

4.0

40~49才

98,094

6.4

39,155

4.8

98,793

6.2

39,305

4.7

50~59才

73,787

4.8

31,161

3.8

77,472

4.9

32,513

3.9

60才以上

48,411

3.1

16,151

2.0

50,411

3.2

17,132

2.0

416,570

27.1

153,312

18.8

436,998

27.5

159,765

19.1

合計

1,538,022

100.0

816,738

100.0

1,587,705

100.0

836,604

100.0

 

 

(D) 担保種類別残高

 

受入担保の種類

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

残高(百万円)

構成割合(%)

残高(百万円)

構成割合(%)

有価証券

 

(うち株式)

(―)

(―)

(―)

(―)

債権

 

(うち預金)

(―)

(―)

(―)

(―)

商品

不動産

5,143

0.6

4,238

0.5

財団

その他

58

0.0

0

0.0

5,201

0.6

4,239

0.5

保証

無担保

816,742

99.4

836,608

99.5

合計

821,943

100.0

840,847

100.0

 

 

(E) 貸付金額別残高

 

貸付金額別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

無担保
ローン

10万円以下

198,519

12.9

12,605

1.6

208,938

13.1

13,079

1.6

10万円超
30万円以下

364,068

23.6

77,145

9.4

379,520

23.9

80,075

9.5

30万円超
50万円以下

515,811

33.5

222,960

27.1

532,580

33.5

229,969

27.3

50万円超

459,627

29.9

504,030

61.3

466,670

29.4

513,483

61.1

1,538,025

99.9

816,742

99.4

1,587,708

99.9

836,608

99.5

有担保
ローン

100万円以下

494

0.0

254

0.0

426

0.0

225

0.0

100万円超
500万円以下

1,213

0.1

3,178

0.4

970

0.1

2,540

0.3

500万円超

1,000万円以下

189

0.0

1,270

0.1

162

0.0

1,075

0.1

1,000万円超

5,000万円以下

36

0.0

498

0.1

29

0.0

397

0.1

5,000万円超
1億円以下

1億円超

1,932

0.1

5,201

0.6

1,587

0.1

4,239

0.5

合計

1,539,957

100.0

821,943

100.0

1,589,295

100.0

840,847

100.0

1件当たり平均
貸付金残高(千円)

533

529

 

無担保ローン

531

526

 

有担保ローン

2,692

2,671

 

 

 

(F) 貸付期間別残高

 

貸付期間別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

件数(件)

構成割合
(%)

残高
(百万円)

構成割合
(%)

無担保
ローン

リボルビング

1,435,749

93.2

770,159

93.7

1,482,437

93.3

791,837

94.2

1年以下

978

0.1

142

0.0

999

0.1

130

0.0

1年超5年以下

37,793

2.5

12,444

1.5

44,995

2.8

16,241

1.9

5年超10年以下

47,264

3.1

21,987

2.7

46,251

2.9

19,046

2.3

10年超15年以下

16,179

1.0

11,964

1.5

12,955

0.8

9,304

1.1

15年超20年以下

56

0.0

39

0.0

63

0.0

41

0.0

20年超25年以下

4

0.0

3

0.0

4

0.0

3

0.0

25年超

2

0.0

0

0.0

4

0.0

1

0.0

1,538,025

99.9

816,742

99.4

1,587,708

99.9

836,608

99.5

有担保
ローン

リボルビング

1,472

0.1

3,767

0.5

1,212

0.1

3,083

0.4

1年以下

5

0.0

13

0.0

3

0.0

5

0.0

1年超5年以下

96

0.0

147

0.0

77

0.0

123

0.0

5年超10年以下

201

0.0

413

0.0

158

0.0

327

0.0

10年超15年以下

67

0.0

242

0.0

62

0.0

211

0.0

15年超20年以下

17

0.0

81

0.0

11

0.0

57

0.0

20年超25年以下

74

0.0

536

0.1

64

0.0

430

0.1

25年超

1,932

0.1

5,201

0.6

1,587

0.1

4,239

0.5

リボルビング

1,437,221

93.3

773,927

94.2

1,483,649

93.4

794,921

94.5

1年以下

983

0.1

156

0.0

1,002

0.1

135

0.0

1年超5年以下

37,889

2.5

12,591

1.5

45,072

2.8

16,364

2.0

5年超10年以下

47,465

3.1

22,400

2.7

46,409

2.9

19,374

2.3

10年超15年以下

16,246

1.0

12,206

1.5

13,017

0.8

9,516

1.1

15年超20年以下

73

0.0

120

0.0

74

0.0

98

0.0

20年超25年以下

78

0.0

540

0.1

68

0.0

433

0.1

25年超

2

0.0

0

0.0

4

0.0

1

0.0

合計

1,539,957

100.0

821,943

100.0

1,589,295

100.0

840,847

100.0

1件当たり平均期間

 

(注)「1件当たり平均期間」は、リボルビングによる契約を含んでおりますので算出しておりません。

 

 

(G) 貸付利率別残高

 

貸付利率別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

件数(件)

構成
割合
(%)

残高
(百万円)

構成
割合
(%)

無担保
ローン

年率10.0%以下

93,038

6.0

44,490

5.4

97,475

6.1

45,495

5.4

年率10.0%超15.0%以下

348,729

22.7

374,258

45.6

359,692

22.6

389,873

46.4

年率15.0%超18.0%以下

1,082,229

70.3

390,438

47.5

1,130,539

71.2

401,239

47.7

年率18.0%超20.0%以下

1,081

0.1

1,643

0.2

年率20.0%超

12,948

0.8

5,910

0.7

2

0.0

0

0.0

1,538,025

99.9

816,742

99.4

1,587,708

99.9

836,608

99.5

有担保
ローン

年率10.0%以下

451

0.0

1,592

0.2

391

0.0

1,347

0.2

年率10.0%超15.0%以下

1,480

0.1

3,607

0.4

1,196

0.1

2,891

0.3

年率15.0%超18.0%以下

1

0.0

1

0.0

1,932

0.1

5,201

0.6

1,587

0.1

4,239

0.5

合計

1,539,957

100.0

821,943

100.0

1,589,295

100.0

840,847

100.0

 

 

 

 

 

(ヘ) 資金調達の内訳

(A) 調達別内訳

 

借入先等

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

残高(百万円)

平均調達金利
(%)

残高(百万円)

平均調達金利
(%)

金融機関等からの借入

393,594

0.74

389,345

0.55

その他

230,998

0.55

222,998

0.54

 

(社債・CP)

(230,998)

(0.55)

(222,998)

(0.54)

合計

624,592

0.67

612,343

0.54

自己資本

479,775

517,272

 

(資本金)

(63,832)

(―)

(63,832)

(―)

 

(注) 「自己資本」は、資産の合計額より負債の合計額並びに配当金の予定額を控除し、引当金(特別法上の引当金を含む)の合計額を加えた額を記載しております。

 

(B) 金融機関別内訳

 

金融機関別

前事業年度
(2019年3月31日)

当事業年度
(2020年3月31日)

期首残高
(百万円)

調達額
(百万円)

返済額
(百万円)

期末残高
(百万円)

期首残高
(百万円)

調達額
(百万円)

返済額
(百万円)

期末残高
(百万円)

借入金

都市銀行等

143,023

277,270

116,892

303,401

303,401

101,500

100,704

304,197

地方銀行

40,484

18,035

16,992

41,527

41,527

18,100

17,715

41,912

信託銀行

159,208

158,708

500

500

500

外国銀行

2,700

500

700

2,500

2,500

1,000

1,150

2,350

生命保険会社

18,402

6,000

9,472

14,930

14,930

5,000

9,218

10,712

損害保険会社

4,295

500

1,164

3,631

3,631

500

631

3,500

事業会社(リース・ファイナンス会社等)

2,500

500

940

2,060

2,060

1,096

964

その他の金融機関

26,110

6,700

7,765

25,045

25,045

6,000

5,835

25,210

396,722

309,505

312,633

393,594

393,594

132,100

136,349

389,345

コマーシャル・ペーパー

29,998

159,999

150,000

39,998

39,998

140,000

150,000

29,998

社債(一年以内償還予定を含む)

201,000

25,000

35,000

191,000

191,000

30,000

28,000

193,000

230,998

184,999

185,000

230,998

230,998

170,000

178,000

222,998

合計

627,720

494,505

497,633

624,592

624,592

302,100

314,349

612,343

 

(注) 都市銀行等には、株式会社新生銀行及び株式会社あおぞら銀行を含めて記載しております。

  

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。 

当社は、国内外においてローン・クレジットカード事業を中心とした金融サービス事業を展開しております。

国内では、ローン・クレジットカード事業の他、信用保証事業、債権管理回収事業を中心に、また、海外では、アジアにおいて金融サービス事業を展開しております。

したがって、当社は、「ローン・クレジットカード事業」、「信用保証事業」、「海外金融事業」、「債権管理回収事業」の4つを報告セグメントとしております。

 

2  報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。なお、事業セグメントの利益は営業利益をベースとした数値であり、セグメント間の営業収益は第三者間取引価格に基づいております。

 

3  報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日

 

 

 

 

 

 

 

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

ローン・
クレジット
カード事業

信用保証
事業

海外金融
事業

債権管理
回収事業

 

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

営業収益

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客からの営業収益

144,826